FC2ブログ

ドイツ最終日


ドイツ出国時に手荷物検査を受けたとき、
わたしのずっしりと重いリュックサックが引っかかりました。
おさいふやポーチや本など、係のおじさんが中身を出してチェックします。
リュックのいちばん底から出てきたのは、ふろしきで包んだ海の骨壺。
おじさんがわたしに目で「開けてもいい?」と訊いたので
もちろんですと答えたあと、うさぎの遺骨です、とつけたしました。
そうしたらおじさんはふろしきをほどく手をとめて「おお!」というと、
なかを見ることをせずに、すぐにまた包みなおしてくれました。 

・・・・・


海はこうして、2013年4月とは逆の方向の飛行機にのって
またいっしょに日本に戻ってきました。





ドイツ最後の日には、うさ友ゆりさんのおうちにお邪魔しました。

ゆりさんははじめは空港まで見送りにきてくれるはずだったんです。
だけど、空港いきシャトルバスのつごうで搭乗時間まですこし時間があったので
空港から車ですぐのゆりさんのおうちに寄って、
ゆりさんのかわいい子さんたちにご挨拶できることになりました。


↓元気に牧草をもりもり食べて
DSC_0022_40_convert_20190112050857_20190316180025b32.jpg
↑いい●をころころ出してるふたり


↓ゆりさんが出してきてくれた大好物のりんごの木を
DSC_0022_48_convert_20190316180105.jpg


↓いつもはシャイであまりそばに来てくれないクロップファーくんも
DSC_0019_52_convert_20190316180052.jpg
↑この日はわたしの手から食べてくれました

↓フリッツィーちゃんはいつも積極的
DSC_0024_44_convert_20190316180128.jpg


↓いつもはすぐ物陰にかくれてしまうクロップファーくんが
DSC_0025_47_convert_20190316180118.jpg
↑この日はかわいい姿をずっと見せてくれました


↓ゆりさんがだしてくれた、ドイツ最後のドイツのケーキ
DSC_0031_46_convert_20190316180138.jpg
↑いちばん右はケシの実のケーキ


これ、日本では見たことがないので、きっとなつかしくなるだろうな。
わたしにとっての「ドイツの味」。

ずっと病気で寝込んでいてごはんを食べていなかったせいで
回復してからも少しずつしか食べられなくて
ドイツで好きだったものを最後にもう一度、なんてことができなかったので
ゆりさんのおうちでこれを食べられてよかった

主にパンのはなしで、アレはドイツのほうがおいしいけど、
ソレは日本のほうがずっとおいしい、なんておしゃべりをしながら。
ドイツってパンの種類がおそろしく豊富でどれもおいしいんだけど、
日本みたいなおかずののったパン・・やきそばパン(は、なくてあたりまえだけど)や
コーンマヨネーズやグラタンみたいなのがのったようなパンって皆無です。
甘いパンはた~くさんありますし、そちらは日本よりおいしいかな、って
思うけど・・・これからの季節だともれなくハチさんがついてきますけどね
(↑菓子パンの糖衣をかじってるんです、ショーケースのなかですでに)

そのあと、ふたたびゆりさんに車で空港まで送ってもらいました。
みじかい時間だったけどおしゃべりできて、うさぎさんたちに会えてよかった。


6年まえに海と乗ったときとはちがう航空会社だったけど、
おなじ席・・・いちばん後ろの、すぐ後ろが壁の席・・・をとりました。
そして爆睡。
機内食はもちろん、
お友だちみんながすごくいい!って言っていた映画も無視で。

となりの席の日本人のおじさまに、
この飛行機のファーストクラスに〇×何子が乗ってるんだって!と
言われ、???誰ですかそれ???としか返せず、
彼の興奮に水を注いで機内ですでにカルチャーショックでありました
(有名な女優さんだったらしい)





スポンサーサイト
Category: うさ友さん

帰国しています


直前まで病院通いをして薬を飲んでいましたが、
なんとか無事に飛行機に乗ることができ、帰国して数日が経ちました。
へろへろよれよれなのは病で体力を消耗したせいと、
あと時差ぼけもあるのかな・・・
逆はいいんだけど、ヨーロッパ→日本 はきついんですよね
しかもパソコンが未だにドイツ時間を表示しているものだから、
見ると「午前3時か~・・・眠・・・」となってしまう。
これ、自動では変わらないんですね・・・

そんなわけで、帰国しました。

ずっと、週に3日仕事のあとに鍼とマッサージに通っていて忙しくて、
治療にかよっているはずなんだけど疲れていて、
アレをアレしなきゃ、とか、誰それに会いにいかなくちゃ、とかあっても、
2月になったら仕事もおわって時間がたっぷりできるのだから、と
帰国準備に伴うあれこれぜんぶを2月送りにしていたんです。
その2月が、1日から体調不良でつぶれました。まるごと。完璧に。

そのため、完了できなかった手続き、会ってお別れを言えなかった人、
最後に買いだめしておきたかったアレ、みんなへのおみやげなども
けっきょく諦めるしかなく こんなはずじゃなかったんだけどな


↓るり子邸での最後のゆうやけ
DSC_0009_78_convert_20190306095054.jpg
↑はなこ、ゆうやけがきれいよー、と呼ぶるり子の声


↓2月末のドイツは暖かくなって春めいて
DSC_0008_80_convert_20190306112624.jpg
↑これから気持ちよくなってく季節(庭仕事の季節・・)


そろそろイースターで、街にはうさぎグッズも顔をだしていました。
なので買いものできなかったのはまあよかったのかも・・・?


ドイツでは、病気というとチキンスープなんです。
まるごとチキンを買ってきて煮込んだスープ。
るり子はわたしのためにこれを作ってくれたのですが、食べられず・・・

つぎには、バターとたまごと牛乳で栄養たっぷりのパンケーキを。
申しわけないけど、それも食べられませんでした・・・

わたしは食にこだわりがないほうで、特に日本食がいい!とは思わないのですが、
今回帰ってきたらやっぱり、特に病気のときには、やわらかいおうどんや
やさしい味のお味噌汁や大根の煮物などがお腹にやさしくておいしくて、
ちゃんと食べられるし身になって力になる感じ


↓桃のお節句にはこんなのも
DSC_0061_20_convert_20190306095847.jpg
↑ドイツの村山さん(仮名)にもこの画像を送りました


ブログに書こうと思っていたドイツ暮らしのあれこれも今や過去になりましたが、
少しずつ書いていこうと思っています。クリスマスのこととか(←・・・)



↓さよならのハイデルベルク
reehg_convert_20190306100034.png
↑空港いきのバス乗り場



ブログのタイトル、どうしようかなぁ。








Category: 愚痴っぽい

未だに病人です


またしてもご無沙汰しております。

まず仕事を辞めた翌日から具合を悪くしたのが最初です。
薬を飲んで5日ほどおとなしくしていましたが、
帰国をまえにいろいろと用事があったので、ぼちぼち動いていました。

そのあと、10日あたりから高熱と咳にやられてまったく動けない状態に。
咳で一睡もできず、熱でごはんも食べられず、1週間以上寝込みました。
どうしても会っておきたい人に会うために、そのあと2日がんばって外出しましたが、
それ以外はだるくてろくに動けず、今日に至ります・・・

はなこ人生最悪です。
なんて強力なインフルエンザなんだ・・・!!と思っていましたが、
この家の高齢者たち、誰にもうつってない・・・
うつさないように全力で気をつけたとはいえ、一緒に暮らしているのに
みんなぴんぴんしている・・・ わたしひとりで重病人(笑)
ええ、ほかにも、わたしと接触した人で体調を崩したという人、
ひとりもいないんです。

なにより最悪なのは熱で脳がやられたのかどうか、
知能ががた落ちして、ちょっとややこしいことはもうこなせず、
友だちと話していても話の要点がわからず、返事も遅れること・・・
ドイツのこと、ブログに書きたいことがいっぱいあるのに、あったのに、
写真を選んだり縮小したり、ブログを書くのって体力要るんだな、と思う。

しばらくおやすみします。
つぎに更新するときはもう日本にいるかなぁ。







Category: 愚痴っぽい

世界の終わりな事件


ご無沙汰しております。みなさまお元気でしょうか。

わたしは約2年間働いたホテルでの仕事が1月末でおわって、
おわった途端ウイルスにやられて寝込んでおりました

仕事を辞めれば健康保険は自己負担になりますが、
るり子からの、あと少しなんだから保険なしでもだいじょうぶじゃない?
なんていう悪魔の囁きに気持ちが揺らいだこともありましたが
万が一を考えてちゃんと延長しておいてよかったです。
病院にいって抗生物質をもらって病人みたいになってました。

ドイツもあと少しだから、友だちに会ったりあちこち出かけたりしたいのに。
したいはずなのに、したいという気持ちすら起こらない日々でした。

でも、いいこともあったんですよ!
わたしの定期券、となりの州やフランスにも行けちゃう、
すごく広範囲で有効なすばらしい定期券は、仕事を辞めると失効するんです。
なので、でも出かけるたびにいちいち切符を買うのは大変なので、
市内のトラム・バスのみ乗り放題の一か月チケットを買わなくちゃ、
と思っていたところ・・・

なんとこれは会社が手続きしてくれるのではなく自己申告で、
病で出遅れて2月ぶんがすでに引き落とされていたため、
今月いっぱい使えることになったんです

ちなみに お仕事定期券は月額43ユーロ
市内のみの定期券は74ユーロです。


さて、昨日は事件がありました。大事件です!
今日の新聞は一面はもちろん、3ページほどその事件に割いてありました。
なんたって、

↓まるで世界の終わりのよう
DSC_0003_94_convert_20190209060406.jpg
↑・・・ですよ!


なにがあったって・・・ 水が半日つかえなかった。
それだけの話です
もっとも、それはあとから言えばそうなる、という話で、
事件当初はいつまで続くのかまったくわからなかったのですけどね。

誰かが、蛇口から青い水が出た、と通報したのが発端です。
常にテロを厳重警戒しているせいもあるのだと思いますが、
そのためハイデルベルク全市で水道水の使用禁止令がでたんです。
トイレを流すのはOK、でも飲むのはもちろん、シャワー、手洗いもNG。

るり子邸ではいつもの平和な一日でした。
るり子がたまたまラジオをつけたらそう言っていたので、
あら、いつまでかしらね~、なんていう程度で、
飲み水ならミネラルウォーターがあるので別にこまることもなく。
夕方には解除されて、一日は平和なままおわりました。

なので、今朝新聞を見てびっくりです
そんな大変な事件だったとは・・・
たしかに、カフェ、レストランなどは急遽閉店、学校は閉鎖、
病院では手術の延期、患者さんの食事は予備の冷凍食品を解凍して、
などなど不便があったよう。


↓スーパーマーケットは軒並みミネラルウォーター品切れ
DSC_0002_90_convert_20190209060508.jpg
↑空っぽになったお水の棚


お店のまえでインタビューを受けた人は、「みんなパニックになっていた」と。

そうだったのか。
おなじ事件でも、おなじ警告をうけても、ずいぶん違うものですね。
わたしは日本に送る荷物が5kgを超えないようあれこれ詰めかえていたし、
(5kgを超えると10kgとおなじ値段になるので↑)
るり子はおじいちゃんに、
奥さん、これからは親しみをこめてあなたをるり子と呼んでもいいですか、
と訊かれて不機嫌になっていたし、水どころじゃなかったのです(笑)

ラジオやテレビをつけなくて、知らないまま過ごした人だっていたのでしょうね。




↓シリーズ・ティッシュの写真
DSC_0004_86_convert_20190124052206.jpg
↑外箱も中身も100%リサイクルペーパー


なぜかリサイクルじゃないものより高い。
けど、すこしでも環境にいいものを使いたい。
けど、これで鼻かむとトイレットペーパーのにおいがする・・・



1週間同棲した恋人のヘンリーが死んでしまってしょんぼりです。
熱出していて、あと外が0℃前後だったせいもあって、
彼の大好きなアブラムシを見つけてあげられなかったんです









外国の外国人


わたしにはたくさんの非ドイツ人の友人、知りあいがいますが、
彼らはみんな、わたし同様かなり長いことドイツに住んでいます。

シリア人、トルコ人、カザフスタン人、イラン人、アルバニア人、
エジプト人、クロアチア人、ロシア人、韓国人、モロッコ人・・・その他いろいろ。


そして彼らはみんな、自分はもうその出身国の人間ではないような気がする、
って言います。わたしもそうです。日本人ではない気がする。

ドイツで暮らす、ということ、
場所ではなくドイツ人社会のなかで暮らす、ということは
日本で、日本社会にあわせて形づくられた自分のままでは無理で、
いちど自分を壊すか溶かすかして、あたらしい型にあわせないといけません。
そうやって、ドイツ社会でうまく生きようとがんばっているうちに
どうしても日本人としてのアイデンティティーは崩れていくのかも。

もちろん、かといってその非ドイツ人たちが、ではドイツ人になっていくのかというと
それは、国籍の話ではなく民族性の問題で、ほぼ100%ありえないと思います。
小さいときから住んでいるのでない限り、その国の人間になることはたぶん決してない。


わたしにとっては日本とドイツの大事さ、重さは完全におなじです。
どっちのほうがいい、なんてことはない。
どちらもまったくおなじに、大好きな部分があり嫌いな部分がある。
どちらもわたしの故郷だし、同時にどちらも異国。
じゃあ、そういうわたしはなんなのかっていうと、なんだか根無し草みたいな。


けっきょく、日本人とかドイツ人とかは関係なくて、
そしてそれはわたしだけの話じゃなくて、最終的、究極的にはただ、
わたしという人間である、っていうことだけが残るのかも。


↓お友だちとランチ
DSC_0017_45_convert_20190124052230.jpg
↑ブルーベリーとマンゴーのアイスティー


お友だちの娘さんがアルバイトしているお店に行ったんです
彼女が担当しているテーブルがどこかを訊いて、そこに席をとって。
こちらではチップをわたすのですが、それはテーブルの担当者に入るので、
せっかくならその娘さんにあげたいから。

まだ18歳の娘さんは姿勢がよくて、細い腰にエプロンのリボンをきゅっとしめて、
てきぱきと気持ちよく、かわいらしい笑顔で働いていました
若いっていいなぁ(笑)


↓お店のなかを撮ったらボケたんだけど
DSC_0018_50_convert_20190124052250.jpg
↑それがなんだかおもしろい味をだしている(と自分では思う)



そんなふうだから、暮らすためにドイツにきた当初は精神的にかなり辛く、
だけどそのうちドイツにしっかりあってくると楽になって自分になって、
そしてこんどは日本に帰ったときが、おなじようにすごく辛いんです。
こんどは日本社会にあわせないといけない。
「ドイツでのわたし」を内的に解体しないといけない。

もちろん、休暇で何週間、というときはなんでもありません。
おなじように、旅行や遊びなら、どこへいってもだいじょうぶ。

Ohne Wurzel。根っこがない。
どこの出身だろうと、みんなおなじような表現をするのがなんかすごい。



↓おまけ ドイツのティッシュペーパー
DSC_0002_90_convert_20190124052111.jpg


↓鳥さんの目つき
DSC_0003_88_convert_20190124052144.jpg



ティッシュは4枚重ねなので、いつも2枚ずつに分けて使いますw