FC2ブログ

クッキーファクトリー


たしか12月17日だったと思うんです、
クリスマスカードをだしたのは。

そしてそれが届いたのは、

ドイツ国内 12月22日
イタリア 12月27日
フランス 12月29日
オーストラリア 1月2日
日本は地域によって差があるのか、12月22~25日


そして隣国ポーランドへは、昨日(1月16日に)届いたそうです・・・





さて、クリスマスのはなし、いまさら編です。

ドイツ人ってクリスマスにはクッキーを焼きまくるんです。
基本的にはクリスマスケーキってなくて、クリスマスクッキー。
12月に入ると大量に焼いて、きれいな缶に保存します。
クリスマス前後にお友だちのうちに行くと、お茶のお供に出てきます。

わたしもこれまで何回か村山さん(仮名)のおうちで
クッキーづくりを手伝わせてもらいましたが、今回は都合があわず・・・

が、その代わり(?)に和田さん(仮名)が、ふた家族ぶん一気に焼く!と鼻息荒く、
大量の道具をかついで来てくれました るり子の鼻息もかなり荒くて、
スーパーひと棚買い占めレベルの材料を用意していました・・・


↓和田さんがレシピの分量を倍にしてどんどん生地をつくります
DSC_0020_34_convert_20181225052522.jpg


ドイツってバターが安いんです。250gがだいたい200円くらい。
2年くらいまえはその半分の値段だったのですが、あがったんです
なので、日本だったらこんな使いかたできないよね、という豪快さで、
250gをナイフでざくざくカットして小麦粉とたまごと一緒にボウルに投入。
4種類焼いたので、4種類ぶんの生地をつくるのにバター4つ以上使用・・・


↓たまごはいくつ使ったことやら・・・
DSC_0021_35_convert_20181225052543.jpg


↓4種類のうちのひとつは型でぬくバタークッキー
DSC_0032_36_convert_20181225052616.jpg
↑ハートや星やツリーは定番だけど

↓イチョウの型ってはじめて見た・・・
DSC_0034_36_convert_20181225052726.jpg
↑焼くまえのすがた

そのほかは、

↓オブラートに生地をスプーンでのせるだけのココナツクッキーや
DSC_0037_33_convert_20181225052750.jpg
↑焼いたあとのすがた

手で三日月の形にととのえて焼くアーモンドクッキーなどを焼きましたが、

↓こちらはアーモンドとヘイゼルナッツの粉をたくさんつかうんです
DSC_0026_34_convert_20181225052646.jpg
↑そうして完成した生地は

・・・ じゃがいもそっくり

↓ほら
DSC_0040_26_convert_20181225052828.jpg
↑手前がはなこ作じゃがいも、むこうは和田さん作ごぼう

↓ついでにナメクジもつくりました
DSC_0039_29_convert_20181225052809.jpg
↑和田さんがナメクジという日本語を最近覚えた記念に


これらはすべてオーブンで10~15分。
なので焼いているあいだにつぎをつくって並べ、出してすぐにつぎを入れ、
あいまにはなこ作チキンカレーをみんなで食べて、またつくり・・・
完成したクッキーにパウダーシュガーをかけたり、チョコレートをぬったり。
なんと!おわったのは開始から6時間後でした!

クッキーの半分をつめた缶を持って和田さんが帰ったのは夜の10時すぎ。

村山さんちのクッキーづくりは家庭的であたたかい雰囲気でしたが、
今回のこれは工場レベルでした。
パン屋さんなどで売られている手作りクッキーがやたら高い理由がわかった。

だけど、大きなボウルいっぱいのバターとたまごと小麦粉のなかに
生地をこねるために手を入れるのは至福でした。すごい贅沢な気分

そんなわけで今年のクリスマスは、和田家とるり子家とでおなじクッキーを。



余談。

↓今年のクリスマスマーケットのホットワインのカップ
DSC_0011_60_convert_20181225052323.jpg
↑2018とはいったハイデルベルクオリジナル

年によって色もデザインもちがうのですが、今回のは大人っぽい黒。
濃い紺色、という人もいますが、わたしには黒に見えるよ?

これ↑はお友だちへのプレゼントに購入したもの。






スポンサーサイト

おとまり


けっきょく大晦日と元旦だけでなくその後も臨時の職場で働き、
週末はおやすみで月曜日からは正規のお仕事。
しかも鍼が週に2回、マッサージが1回あるので週に3日は病院通い。
そのほかにもなにかと雑用がどっさりあって、
そのひとつ、ドイツ語の検定試験(←雑用)が今日おわりました。

学校の試験とちがって「試験範囲」なるものがあるわけではないので
なにが出るかは運の問題で、事前に準備できることは大してなかったのですが、
それでも終わるとなんというか心によゆうが戻ってきたというか、
ちょっと気をぬいて深呼吸できるようになりました。


↓雪のなか、いってきました
DSC_0021_39_convert_20190112050827.jpg


受験者はみんな外国人で、ドイツ語のレベルもそれぞれです。
なので、大事な注意事項はなんどもくりかえされます。
そのなかのひとつは、スマホの持ちこみ禁止。
みんな、用意されたビニール袋に名前を書いた紙といっしょにスマホをいれ、
試験官に預けなくてはいけません。

まだ持っている人はいませんか?
持っているのが見つかったら、その場で落第になりますからね。

そう何度も言ったあとで、ひとり受験者が足りないことに気づいた試験官。
〇〇さんはどこ?というと、彼女といっしょに来た友だちらしい女性が
電話をしてくると言って外に出ていったんです、いま呼びだします!と言って
ポケットからスマホを出し・・・ 

試験開始まえだったので、見逃してもらえましたけどね・・・


↓帰りがけにお茶したデパートの最上階カフェから
DSC_0018_49_convert_20190112050655.jpg

↓寒そうだけど、気温は0℃
DSC_0013_57_convert_20190112051506.jpg

↓トラム・バス乗り場
DSC_0014_49_convert_20190112050731.jpg




先週末は、以前から予定していたうさ友ゆりさん宅へおとまりに


↓ゆりさんのかわいい子さんたちに会ってきました
DSC_0022_40_convert_20190112050857.jpg


↓ふたりとも冬毛でもこもこです
DSC_0015_51_convert_20190112050931.jpg


このときはまだ雪は降っていなかったけど、ずっと外にいると寒いので、
夏にお邪魔したときみたいにベランダにすわって
うさぎたちを愛でながらおしゃべり、というすてきなことは残念ながらできず

でも、日帰りとちがっておとまりだとゆっくりおしゃべりできますね♪
お茶をたくさんいただいて、
ゆりさんが焼いてくれたココナツの香ばしいケーキをたくさん食べて。
うさぎの話、音楽の話、ドイツ生活の話、仕事の話・・・などなど。
ゆりさんとわたしの大好きなピアニストの曲をBGMに。


↓またいつか会いにいきたいな
DSC_0025_39_convert_20190112205227.jpg
↑かわいいかわいい、ふくふくのふたり


ゆりさんち近所にある、トルコ料理のレストランではやめのランチ。
バイキングなんです。熱くて濃い、おいしいお茶も飲みほうだい。
たくさんの食材をふんだんに使ったおいしいお料理。
日本では「1日30品目」なんていいますけど、
この日はここで30品目クリアしたと思います!

ゆりさんとも話したんだけど、ドイツ人って全然30品目いかないんですよね。
へたをすると1食「肉とじゃがいも」の2品目、なんてこともじゅうぶんある。
わたしの義理両親は、お昼にはちゃんと料理したお肉や野菜を食べたけど
朝と晩は、パンとチーズとハムだけでした。
それでも、だから病気がちということもなく、大きく頑丈なんですよね。
彼らが健康のために重視するのは、日光浴と運動と新鮮な空気かな。


↓乗りかえのマンハイム駅構内にあったプレゼビオ
DSC_0002_86_convert_20190112051050.jpg

↓うさぎさんがいました
DSC_0001_96_convert_20190112051120.jpg


↓日曜日には気温があがって雨が降るそう
DSC_0020_38_convert_20190112050801.jpg
↑この景色、もっと見ていたいのにな





Category: うさ友さん

2018年ラスト


昨日、30日にるり子邸に戻りました。

ホテルの部屋は暖房がしっかり効いて暖かかったけど乾燥がひどくて
毎晩あらった靴下をほしたけど喉がからからになって咳がでて、
昨日は一日中のど飴、それでも咳がとまらない状態でした・・・

が、今朝になったら一転して鼻水女に。そして咳は完全に消え去りました。
かわりばんこというところがなんていうか・・・親切ですね

今日、明日は臨時の仕事が入っておりまして、
いつもとはちがうホテルの応援にいっています。
このまえ、ドイツ人がホテルの部屋に持ちこむ私物について書きましたが、
今日ははいった部屋ははなこドイツホテル史上第一位のすばらしさでした
3連泊の男性おひとりさまなのですが、まくら、毛布、陶器の歯みがきコップのほかに
カセット・CDプレイヤー、そしてカセット20個ほど、CD10枚ほどを
つくえのうえに並べてあったんです。

わたしも旅行にいくとき、Blue toothのスピーカーを悩みましたが、
どのくらいの音量が隣室の迷惑になるかわからないし、
ちいさな音で遠慮しながら聴くくらいならイヤホンでいいや、と断念。

この人は満足のいく、これだけ持ってきた甲斐のある音で聴いているのでしょうか。


↓ヴュルツブルクの宮殿
DSC_0008_66_convert_20181230060537.jpg
↑正面いりぐち

↓教会の尖塔がいくつもみえます
DSC_0010_63_convert_20181230060823.jpg

↓庭園には無料ではいれるんです
DSC_0015_49_convert_20181230061015.jpg
↑近所の人たちが犬の散歩をしています

↓むこうに、このまえ行ったマリエンベルクの要塞が
DSC_0023_42_convert_20181230061105.jpg

↓冬だからちょっとさみしい庭園だけど
DSC_0029_40_convert_20181230061200.jpg
↑春には花が咲いてきっとすばらしいはず

↓ハイデルベルクのとは外側も内装もちがうトラム
DSC_0012_54_convert_20190101051843.jpg
↑これはシーボルト博物館いき

降りたらすぐまえがホームセンターだったので、
博物館よりまずこっちに飛びこみました。小動物コーナーがあったから。
うさぎさん、いましたよ~。においをおもいきり吸いこんできました!
(ドイツは生体販売はしないと言われていますが、それは犬猫に限り、です

ヴュルツブルクのトラム、アナウンスがすごくかわいいんです
ハイデルベルクのは、録音で男性か女性の声が
つぎの停留所は〇〇です、って言うんですけど、ここのは子どもの声なんです
路線によって(?)ちがう声なのですが、なかには舌足らずすれすれな子もいて
ほのぼのしちゃいました

↓これもハイデルベルクにはない
DSC_0016_49_convert_20190101051802.jpg
↑胡椒つきプレッツェル(ひと口かじってある)

いま、ドイツは夜の10時まえですが、日本はもう来年なんですね。
新年あけましておめでとうございます。
みんなが喜びあふれる第九みたいな1年を迎えられますように

わたしはるり子といっしょにベルリンフィルのニューイヤーコンサートを聴いて、
明日も仕事なのでそろそろ寝ます。
どうせ0時には花火の音で起きちゃうだろうけど


↓来年の海手帳
DSC_0017_42_convert_20190101051612.jpg
↑来年もいっしょだよ


おやすみなさい。




Category: ドイツ旅行

あちこち散策


前回のブログで、クリスマスイブに康夫96歳に告白されたと書きましたが、
それは記憶ちがいで 実はそれは12月半ばあたりの事件でした。

海外在住のるり子長女の聡子(仮名)がきてお茶会が催されたある日のこと。
いつもは最上階の自室にこもりっきりの康夫も、ネクタイをしめて出席しました。
そしてその席で、テーブルをまわってコーヒーはいかが?をしていたわたしに
もう50歳若かったらあなたと結婚したのに、と言ったんです。

最初、なにか聞き間違えたにちがいないと思ったわたしに、
るり子が親切にくり返してくれました・・・ もう50年若かったらあなたと結婚した・・・
もちろん冗談なんだけど、あまりに突発的だったので焦りました

こういうとき、頭の回転のはやい人なら場を白けさせることなく、
みんなで笑ってなごやかに終わるようなうまいことを言えるのだと思うけど、
残念ながらそういう機転の利かないわたしはつい笑ってしまい、
康夫もいっしょになって えへへ と笑っていました。・・・やれやれ
(しかしほかの人たちは笑っていなかった・・・)


↓そんなわけで今日もヴュルツブルクです
DSC_0004_77_convert_20181228062156.jpg
↑というか、30日までいます

ここは見るところはそれなりにあるけど、観光名所を見るなら
1日か2日もあればじゅうぶん。なのでるり子には、
4泊5日もしたら退屈するんじゃない?しかもひとりでは、と言われました。
いやいや・・・ 名所を見るだけが旅行じゃないんですよ(←偉そう)
たとえば・・・

↓聖キリアンのパン屋さん(←)でのんびり朝ごはんしたり
DSC_0004_78_convert_20181229065057.jpg

↓ごみ箱の写真を撮ったり
DSC_0127_9_convert_20181228064348.jpg
↑上部はフレームにいれてません、ばっちいから

↓朝のマイン川を眺めてぼーっとしたり(しかし寒い)
DSC_0016_47_convert_20181228062508.jpg

↓山のうえに見えるマリエンベルク要塞まで登ります
DSC_0009_62_convert_20181228062321.jpg

↓あんまり「要塞」っていう感じしないかも
DSC_0013_53_convert_20181228062402.jpg
↑これならハイデルベルク城のほうが要塞っぽい気も(←主観)

↓こんな階段を
DSC_0023_41_convert_20181228062620.jpg
↑ひたすら黙々とのぼります

↓要塞中庭はこんなかんじ
DSC_0048_20_convert_20181228062928.jpg

↓ここからの眺めはすばらしいんです
DSC_0060_19_convert_20181228062823.jpg

↓この眺めのためにみんなあがってくるのかも
DSC_0062_15_convert_20181228063040.jpg
↑博物館などの見どころもあるんだけど、あまり人はいってなかった・・

↓でもなんかハイデルベルクと似てるかも
DSC_0073_10_convert_20181228063138.jpg

↓さっき渡ってきた橋
DSC_0075_12_convert_20181228063226.jpg

↓光がいっぱい 
DSC_0077_10_convert_20181228063413.jpg
↑ハイデルベルクはくもりで寒いのだそう

↓のぼるにもおりるにも20分のコースと
DSC_0083_10_convert_20181228063518.jpg
↑40分と45分のコースがあって

↓とうぜん20分をとって再びマイン橋へ
DSC_0088_11_convert_20181228063719.jpg
↑むかいのは聖キリアン大聖堂です

↓この日はこの大聖堂の博物館を見学しました
DSC_0128_9_convert_20181228064446.jpg

主にキリストの磔刑をテーマにした絵画や彫刻が展示されていましたが、
館内は広くて四角い部屋ではなく、いろんな角度にななめになった壁が
せまい空間をつくりだすかたちになっていて、
おかげでほかの来館者のすがたがほとんど見えないんです。
静かだから、人がいるのかいないのか・・こういう絵にかこまれてひとりって
ちょっと怖いよと思っていると、壁から突然誰かがすがたをあらわすので
もっと怖いという・・・ 相手もそんな顔をしていましたがw

↓前日はコンサートでたくさんの人がいた大聖堂
DSC_0094_11_convert_20181228063817.jpg

↓おちついて写真を撮ってきました
DSC_0098_9_convert_20181228064142.jpg

↓パイプオルガンがとてもすてきでした
DSC_0099_9_convert_20181228064014.jpg


ホテルはとても快適です。
ただ、水のせいかシャンプーのせいか、髪がひどいことになってしまって
パサパサでスカスカ。重さをなくしてまったくまとまらず。前衛芸術みたいな髪型に。
ドラッグストアでミニシャンプーを買ってきて、今日はやっとなんとかなりました

気温が低いので、乾燥しているせいもあったかも。
今日は雨。




Category: ドイツ旅行

ヴュルツブルク初日


24日の午後からはじまったクリスマスも今日26日でおわり、
明日からはお店も通常営業になります。

クリスマス鬱、クリスマスストレスという言葉があるくらい、
一年で最大のイベントなだけに気合いも準備も大変そう。
しかもドイツではクリスマスは家族のイベントなんですね。
なので、一緒に過ごす家族のいない人は
普段の倍、さみしい思いをすることになります。

さみしい人はさみしくて鬱になり、
家族がたくさんいる人はそのぶん準備に時間とお金がかかり、
いずれにしてもストレス半端ないようで・・・

世間に満ちる、この、
「クリスマスなんだからとびきり特別に楽しく喜ばしく過ごさなくては」
という強迫観念、なんなのでしょう・・・
わたしにとってはクリスマスは心の問題なので、
べつにひとり部屋でパンとミルクの晩ご飯だっていいと思うのですが・・・
というかむしろそのほうがクリスマスを思うにはふさわしいような気も・・・

なんて言ってはいけませんね
るり子がわたしをも家族の一員として扱ってくれたので
わたしもそれなりのクリスマスのストレス楽しさを経験できました

ブログに書きたいと思っているのは

1.プレゼントストレスで頭がショートした村山さんとランチ
2.和田さんとクリスマスクッキーを6時間かけて焼いた
3.クリスマスイブお茶会で康夫96歳に告白された
4.クリスマス当日、聖歌隊の本番。

などなど、いろいろあるのですが、そんな楽しくも疲れる日々の果てに、
いま、ヴュルツブルクにきています


↓ヴュルツブルク
DSC_0019_39_convert_20181227051827.jpg
↑なんの建物かは不明、明日調べる


このまえ、プチ旅行にいってきますなんて楽しげ(?)に書きましたが、
実はかなり切実に疲れていて、ただひたすらひとりになりたかったんです
家にいるとなにをしていてもおじいちゃんに中断させられ、集中できない。
おじいちゃんが部屋にこもって出てこないときでも、それが30分でも数時間でも、
いつ来る?もう来る?まだ? と神経がぴりぴりしてけっきょく集中できない。

るり子はいつも、
ドイツにいるあいだにドイツのきれいな街をたくさん見ていって、と言ってくれるので、
この旅行にも喜んで送り出してくれました

そんなわけで鈍行で2時間半のんびりと流れる風景をながめて、
到着したヴュルツブルク。旅行中の気温は-2℃から+5℃くらい。
パソコンと湯たんぽ、電気ケトルを持参(笑)
電気ケトルがないと部屋で好きなだけお茶を飲めませんからね

今日は着いたのが午後だったので、夕方からのコンサートが唯一の予定。

↓広場にこんなかわいい子が
DSC_0022_37_convert_20181227051920.jpg

↓ハイデルベルクにはないパン屋さん
DSC_0023_40_(1)_convert_20181227051955.jpg
↑Kilian(キリアン)というのはこの街の守護聖人の名前です

クリスマスの祝日3日めの今日は、この聖人の名前を持つ教会、
聖キリアン大聖堂にて、バッハのクリスマスコンサートがおこなわれました。

↓すばらしい聖堂と音響にうっとり
fdvb_convert_20181227082256.jpg

↓奥にあるのが聖キリアン大聖堂
DSC_0052_20_convert_20181227053648.jpg

↓街もクリスマスデコレーションでとてもきれい
DSC_0041_28_convert_20181227053620.jpg
↑すごく寒かったけど

↓これは午後5時半です
DSC_0039_29_convert_20181227052034.jpg
↑まっくら・・・


駅の売店でほうれん草のパイみたいなパンとお水を買ってお部屋へ。
いいですねぇ、しずかにひとり、音楽を聴きながらパソコンにむかって
お茶をたくさん飲む。

わたしはホテルに勤めているので、いろんな宿泊客を見ています。
1泊はないけど、研修や学会などで何泊もする人の部屋には入ります。
そうすると、人ってほんといろいろで、
電気ケトルはもちろん、マイカップ(←陶器で重い)やスプーンも持参の人、
まくらや毛布持参の人、ぬいぐるみをいくつもお連れのかた、
あと、目覚まし時計を3つ、枕元に置いてる人など、いろんな人がいます。

わたしは旅行というと必要最低限な衣類や洗面具だけを持ち、
あくまでも観光重視と思っていましたが、ホテルライフを楽しむなら
こんなふうに自分のお気に入りグッズやこだわりグッズを持ちこんで
部屋での時間をリラックスして過ごすのってなんかいいなぁ と思って、
いいなぁ、と思ったことはすぐ真似する派ですので(笑)今回さっそく。

明日はおもいきり寝坊をして、お昼からどこかへ行こうかな。





Category: ドイツ旅行