FC2ブログ

休暇前後のはなし


首がのびるほど楽しみに待ちわびていた
おじいちゃんもるり子もお留守ウィーク は一瞬で過ぎさり、
まだ先のことと思っていた母の来独日がきたかと思ったら
あっという間に2週間の滞在を終えて帰っていき、
たのしかった日々をじゅうぶん反芻する間もなくふと気づけば
空港で見送ったあの日からもう2週間になります。
さっき10月になったと思ってたのに、すでに10月のお給料が口座に。
10月ももう終わりです。

旅行中おやすみしていた聖歌隊の練習、やすんだのは2回だけなのですが、
行ったらあたらしい曲が4曲も増えていました。
しかも1曲は8ページある曲で、すでに4ページめまで進んでいました。
楽譜お持ち帰りで次回までに予習復習しておこう、と思っていたのに、
なにもしないまま今夜はまた練習の日です。

人生って、こんなふうに終わっていくんですね。
ときが流れるのはほんとうにはやい。


ちいさな子どもの成長ってはやいな、と思うことがよくありますが、
おじいちゃんの変化のスピードもかなりのはやさです。

おじいちゃんは家のなかで帽子をかぶりダウンジャケットを着て、
下はパンツ一丁で歩いていました。

数か月まえにもそういうことがあったんです。
でもそのときは指摘したらもう慌てふためいて「これは失礼しました」と狼狽し
大急ぎで自室にもどっていったんです。

ところが最近は「はあ、それがどうしかしましたか」という反応。
羞恥心をなくしたのか、
下着で人前にでることはマナー違反であるという常識を忘れたのか。

そして先日はついに全裸デビュー。

キッチンでるり子とおしゃべりしていたとき、扉のむこうから
おじいちゃんが歩きまわったり階段をおりたりのぼったりしてる音が
ずっとしていたんです。その足音が近づいてきたと思ったら扉がさっと開かれ、
「やあやあ、おはよう!おそろいですね!」とハイテンションな声が響き、
見るとそこには素っ裸のおじいちゃんが、タオルで前だけ隠して立っていました。

ショックでなにも言えない(らしい)るり子に代わってわたしが下を見ないようにして
そんな恰好じゃ風邪をひくから上に行って服を着てきてね、と言うと、
おじいちゃんは「そのとおりだ!」と大声をだして出ていきました。
おじいちゃんはときどき元気溌剌、テンションの高い人になるのですが、
そういうときにむしろ常軌を逸した行動をとるのです。

るり子は黙りこんで、窓のそとを見ています。
おじいちゃんは自室にたどりつくころにはたいてい、
なにをするべきだったか忘れてしまうので、
いつもはるり子がいっしょにあがっていって介助するのですが
このときは動こうとしませんでした。

わたしは食事のしたくやゲームや塗り絵の相手をするけれど
身体的な手助けはしなくていいことになっているので、
でもこのときはるり子が固まっているのでどうしようかと思ったのですが、
やっぱりそこまでするのは抵抗があるので部屋に引っ込みました。

15分後、ふたたびおじいちゃんが下におりていく足音が聞こえ・・案の定。
服を着てこいって言ったでしょーーー!!!!
とるり子の怒鳴る声が響きました。



ところで、9月後半のおじいちゃん1週間ショートステイですが。

そのあいだ、るり子がバス旅行に出かけて留守だったことはブログに書きました。
ところが、るり子がおじいちゃんにもつに入れわすれたものが数点あったので、
頼まれて一度とどけにいったんです。
滞在2日目でした。

おじいちゃんはわたしの訪問を喜んで紳士的にお礼を言い、
持っていったわすれもの+ピールを嬉しそうにうけとりました。
ここは病院で自分は入院しているのだと思っていたようですが
(訂正しませんでした。本人にとって介護施設とどっちがましとも思えないから)
おちついて、くつろいでいたように見えました。


↓さっそく乾杯
dfgty_convert_20181029200739.png


↓たしかに病院とほとんどなにも違わない・・
DSC_0023_29_convert_20181029200848.jpg


↓自分の部屋がわかるように
DSC_0024_25_convert_20181029200819.jpg
↑名札のしたにはいろんな動物さんのお写真が


ところが、夜になるとるり子邸の電話が何度も鳴るんです。
ある晩などはほとんど5分おき。留守電メッセージ着信ランプは点滅。
これが実はおじいちゃんからで、留守電には何十件もメッセージが入っていたそう。
わたしが以前働いていた施設では、認知症の人には電話はわたしませんでしたが・・

そしてある日ひとりで外に出て帰れなくなってしまい警察のお世話に。
連絡をうけた娘の恵子が引きとって施設に連れかえりましたが、
施設ではそもそもおじいちゃんがいないことに気づいていなかったそうです


4泊5日のバス旅行から帰ってきたるり子は、
おじいちゃんの滞在を延長、けっきょくぜんぶで12日間の滞在になりました。
もっと延長したかったけど空きがなかったみたいです。
そんなわけで、はなこ母が到着したとき、おじいちゃんはいませんでした。




↓おまけ
DSC_0015_31_convert_20181021051441.jpg
↑はなこ母とハイデルベルクで食べたうす焼きピザ

大~きいけどうすくてパリパリしていて軽いので、けっこう食べられちゃう。
これはサラミとたまねぎとチーズでした。






スポンサーサイト

休暇のおわり


ご無沙汰しておりました。

10月はじめにドイツにきたはなこ母は2週間滞在して、
昨日15日のゆうがた、フランクフルト空港から帰っていきました

おなじ空港で出迎えたのはずいぶんむかしのことのような気がするのに
いっしょだった2週間はあっという間にすぎたような。

母がくるまえのドイツは、真夏から一気に晩秋になったような感じで
るり子邸にもはなこ勤めさきにも暖房が入り、
母が到着した日も寒くて、わたしは上着のしたにセーターを着ていました。

ところが、


↓母が来独したとたんこの陽気
DSC_0008_47_convert_20181016202226.jpg
↑まぶしくて目が見えない太陽光線

気温は24~27℃。
でも直火焼きにされるともっと熱い。
はなこ母は日本とはちがう日射しの強さに驚いていました。

それでも毎日がんばって出かけては、


↓ハイデルベルクに来たら外せないハイデルベルク城へ行ったり
DSC_0029_27_convert_20181016202708.jpg

↓ショッピングをたのしんだり
DSC_0002_52_convert_20181016205518.jpg

↓ドイツの新幹線にのってパリへ行ったり
DSC_0040_18_convert_20181016202338.jpg
↑マンハイム発パリ・東駅行き

↓はるか遠くに見える凱旋門
DSC_0015_36_convert_20181016202254.jpg

↓毎日地下鉄にのってあちらこちらを観光
DSC_0006_58_convert_20181016202201.jpg
↑フランス語は見ため(綴り)と正体(発音)がちがうので難しい

↓セーヌ川クルーズをたのしんだり
DSC_0133_6_convert_20181016205348.jpg

↓ノートルダム寺院でミサに参加したり
DSC_0005_51_convert_20181016202115.jpg



はなこ母が来る!というので村山さんがランチに招待してくださったり、
和田さんに来てもらってるり子もいっしょにすき焼きを食べたり、
東山さんご夫婦が車で観光に連れていってくれたり、
パリでは現地在住日本人の友だちに会ったり、
たのしいこといろんなことたくさんの、充実した嬉しい毎日でした。

毎日かなりの距離を歩いたので、母には大変だったかと思うのですが、
毎日元気に嬉しそうに歩いて、写真をいっぱい撮って楽しんでくれたようです

明日からはまた仕事。またいつもの日常がはじまります。
今回の旅行のこと、少しずつブログに書いていこうと思っています。
が、いつものごとく、まずは写真の選別という難関が・・・


↓おまけ
DSC_0047_19_convert_20181017032632.png
↑凱旋門のうえにのぼれるって知らなかった






オルガンコンサート


23日の日曜日におじいちゃんはホームへショートステイに、
24日の月曜日早朝にるり子はバス旅行へと出かけていきました。

待ちに待って首が伸びきってしまったわたしは月~金までひとり
・・だったのですが、5日間って短いですね 
ほとんど5秒でおわりました

金曜日の夜に帰ってきたるり子はさっそく康夫さん(仮名・96歳)を
安心させてあげようと部屋を訪ねて「いま帰ってきたからね!」と報告しましたが、
康夫さんには「・・・いままでいなかったの?」と言われていました

ショートステイのおじいちゃんについてはるり子留守中にいろいろあったのですが
それ以前の話がたまっているのでそれはまたいつか。


23日の日曜日にはちょっとした嵐がきました。
ドイツによくある、雷+暴風雨です。
わたしは教会でのパイプオルガンコンサートに行っていたのですが、
聖堂いっぱいに響くオルガンの音に匹敵する音量の暴風でした
大騒ぎをして短時間で過ぎ去りましたが、被害がでた場所もあったみたい。

↓本番まえ、リハーサル中
DSC_0001_61_(1)_convert_20180930044729.jpg
↑この、中央に天井からさがっている十字架なのですが


↓なにでできているのか透明で、
DSC_0005_45_convert_20180930044915.jpg
↑ゆっくりと向きが変わるたびに色も変わるんです


でも、大抵は背景のせいでこんな↑赤みがかった色か白が多いんですけど、


↓いちどコンサートの最中に
DSC_0004_48_convert_20180930044851.jpg
↑全面、海色になっていたのをはじめて見ました!
(これはそのときの画像ではありません)


↓パイプオルガンはすばらしい音色でした
DSC_0003_52_convert_20180930044825.jpg


↓いちど弾いてみたい、音を出してみたいな
DSC_0002_50_convert_20180930044802.jpg
↑鍵盤好きの夢ですよね(←そうだろうか)


↓たくさんいた観光客が
DSC_0006_53_convert_20180930044937.jpg
↑嵐で一掃された市役所まえ広場



↓ベッドのうえの海くんスペース
DSC_0033_21_convert_20180930045053.jpg


↓命日には白いばらをかざりました
DSC_0036_20_convert_20180930045112.jpg


↓命日を覚えていてくれて、海に話しかけてくれた人たち
DSC_0037_22_convert_20180930045133.jpg
↑コメントやメッセージをくれた人たちみんなにありがとう


この日はだれもいなかったので、静かに思いのままに過ごすことができました。
いままで踏みだすことをためらっていた足に魔法がかかって
なんの力もいらずにかろやかに一歩まえにすすめた日でした。



コンサートのあと、友だちと入ったカフェの店員さんがとても感じがよくて、
ドイツも変わったよね、なんて話をしました。
むかし、ヨーロッパ数か国で某テレビ局が接客態度を調査していたのですが
たしかドイツはワースト1位か2位だった。それが納得の不親切さだったんです。
(うろ覚え情報ですみません
わたしが当時勤めていたお店に来店された日本人観光客から
「どこそこのお店で人種差別をされた!」という話をよく聞いたものです。
それは人種差別じゃないんですよ、誰に対しても差別なく平等に感じが悪いんです、
と慰めましたが信じてもらえたかどうか・・

あれから183年の歳月が過ぎ、ドイツは感じのいい国になりました。
183年まえにドイツに来たきりの母にも、この変化を見てもらいたい。
そんな願いがこのたび叶うことになりました。

来月2日にはなこ母が来るんです 明後日です

わたしも2週間の休暇をとって、まだ見ていないハイデルベルクや
その周辺のすてきな場所をいっしょに訪ねたいと思っています。
休暇中はブログを更新する時間はないかもしれませんが、
インスタグラムでちょこちょこ報告できたらな、と思っています


パリにも行っちゃいますよー


↓るり子邸からのゆうやけ
DSC_0034_23_convert_20180926034241.jpg

↓とっても宇宙的
DSC_0030_22_convert_20180926033345.jpg



明日から5日もひとり~って思ってたの、
たしか2日くらいまえのはずなんだけどな・・(←まだ言ってる)






おじいちゃんの誕生日


月曜日はおじいちゃんの86歳のお誕生日でした

娘の恵子や、るり子のお友だちなど女性ばかり数人があつまってお祝い。
おじいちゃんは男性は苦手ですが、女性には甘えます。
特にお客さまは優しくしてくれますし、お誕生日ですからね。
この日ばかりはみんながにこにこ、すわっているだけでお砂糖をまわしてくれ、
スプーンを渡してくれ、コーヒーを何回もおかわりしてケーキ食べほうだい。

普段も、るり子やわたしになんでもやってもらいたがるのですが、
本人の運動機能のため、できることはすべて自分でしてもらいます。
この日はまわりの人たちになんでもやってもらってやさしくしてもらって、
すっかり幸せな気持ちだったのでしょう。
わたしが帰宅して遅れて席についたとき、
おじいちゃんはすっかり幼児化しており、赤ちゃん言葉をしゃべっていました

いつもはもちろんちゃんとした言葉を話すんです。でもこの日は舌ったらずに
「お誕生日なのにわんわんはもらえないの?」と言い(普段は「犬」って言うんです)
となりに座っていた人が、
わんわんは毎日朝晩おさんぽにつれていかなきゃいけないし、
おふろに入れてブラシをかけてあげたりいっぱい大変なお仕事があるのよ、
ぜんぶできる? と言うと、「できにゃ~い」と・・・



さいわい、お客さまが帰った夕飯の時間には元にもどっていましたが・・怖

↓お誕生日のケーキその1(ぜんぶで5種類)
DSC_0026_19_convert_20180921042744.jpg
↑いちばん平和そうだったりんごとナッツのケーキ

ほかのはクリームどっかりこでちょっと健康に危機感が・・・


実はこの家にはもうひとり、おじいちゃんの兄・康夫さん(仮名)がいるんです。
康夫さんは96歳だけど頭ははっきりしており、自分でなんでもできるので、
ほぼ独立してほかの家族とは無関係に暮らしています。
でも、ときどきなにか失敗をして、るり子が尻ぬぐいをしないといけないことが。

このまえは携帯電話。毎月しゃべり放題の宣伝につられて契約してしまい、
50ユーロの請求書がきてから慌てて解約をるり子に依頼。。。
この人は床屋さんや歯医者さんの予約をする以外、電話なんてつかわないんです。
一度サインした以上、契約破棄には違約金が発生しますよね。
そこをるり子が出かけていき、高齢ゆえに内容をよく理解していなかったと説明、
なんとか頼みこんで違約金なしで解約してもらったのですが、
初回分50ユーロは払わなければいけないことに。

そんな康夫さん、この日おじいちゃんのお祝いの席で
今度は「スマホがほしい」と言いだしたんです。
テレビのCMで、いま契約するとスマホ本体は無料!というのを見たらしく、
無料ならぜひほしい!と言うのです・・・
「契約」のところは落ちて「無料」のところが頭のなかで輝きを放っている。

るり子やまわりの人たちみんなが一斉射撃を開始。
契約なんてされたら、あとでまたるり子が困りますからね。
スマホは無意味で価値がなく、いかに扱いが難しいうえに使うとバカになるか(←)
など、さんざんスマホを貶めたので、写真を撮ろうと自分のを手にしていたわたしは
それをこっそりポケットに隠して窓の外を見ているふりをしましたが、
さきほどからテーブルのしたでスマホでメールを打っていた恵子は
話を聞いていたのかいなかったのか、平然と作業を続けていました(大物・・)

るり子自身はスマホを持ってるんですよ。ときどきわたしのところにも(
深夜0時すぎにビデオ通話の着信があります(←操作ミスによる)


↓太陽ぎらぎら30℃
DSC_0002_43_convert_20180921042221.jpg
↑暑いけど、すこしずつ紅葉してる(のか、日焼けしたのか)


そういえばケーキの話ついでなのですが、

このまえお友だちの和田さん(仮名)とかわいいカフェでお茶しました。
去年の夏、うさ友メリィさんとはいったお店です。

↓和田さんが頼んだオレンジクリームのケーキ
DSC_0019_22_convert_20180921043031.jpg
↑わたしはお茶だけ

このグリーンのチェックのテーブルクロス、おしゃれなケーキ。
ウェイトレスさんたちはバイエルン州の民族衣装を着ていて、
とってもヨーロッパ ドイツのカフェ というお店なのですが

メニュー表紙に書かれていた「Seit 1886」(創業1886年)を見た和田さんが、
へえ、すごい、明治19年創業 だって! と言ったので・・・

即座に計算できるところがすごくてびっくりだけど、ドイツのカフェで明治と言われても・・
純粋ヨーロッパだったカフェの光景が一瞬ゆがんでみえました。




ハイデルベルクの動物園


おじいちゃんは食べたことを忘れて1日になんども食べる。
甘いものが大好きなので、特にプリンやケーキはなんども食べる。
お砂糖をたっぷりいれたコーヒーも1日になんども飲む。
そのたびにあたらしいカップを使うので、
10セットのカップとソーサーのはいった棚は1日で空になる。


それで眠れなくなって深夜に徘徊し、またコーヒーを入れたりするので
るり子としてはもうたまらないわけです。
きれいさっぱり忘れていて、しかも自分はぜったい正しいと信じている人には
なにを言っても無駄だとるり子もわかっているのですけど、
やっぱり人間ですから、何日かに1回は言ってみたくなるのでしょう。
「30分まえにも飲んだじゃない!それで今日は6杯めよ!」

もちろん、おじいちゃんには覚えがないので、
「今日は1杯も飲んでない!」と言いはるわけです。
るり子の頭越しに目があったわたしに向かって頭を振って見せ、
鼻息荒く「るり子は頭がおかしい!」とまで。

るり子としては、それはこっちのセリフでしょーーーーっ!! と
10回に1回くらいは火を噴いてしまうわけです。

いや、るり子、よく我慢してると思うよ・・・ 普通なかなかできないよ。


るり子は、はなこは滅多に腹をたてなくて心が広くて優しい、と思ってるみたい。
でもね、それは違います。他人って、第三者って、優しくできるんですよね。
介護士のお友だち、立花さん(仮名)も言っていました。
身内はどうしても感情的になる、って。
あんなことも忘れちゃって、こんなこともできなくなっちゃって・・・と
腹をたてたり悲しくなったり情けなく思ったり。
だから介護は、本当は家族ではなく他人にまかせるほうがいい、とも。


なんてことを伝えたことはありませんが、さいきんるり子は
おじいちゃんを介護施設に1週間お試し入居させることを決めたんです。
わたしが帰国したあとのこともそろそろ考えているもよう。
専門の家政婦さん的な人を住みこみでやとうか、施設に入れるか。
1週間、プロの方々が様子をみたうえでアドバイスなどももらえるみたい。

そしてその1週間のあいだ、るり子はお友だちと旅行に出かけるんです。

・・・・・・。

わたし・・・・・。

1週間、ひとりです

猫山さんとのふたり暮らしも、るり子たちとの3人暮らしも楽しいけど、
やっぱり相手のペースに振りまわされることってどうしてもありますよね。
誰かといっしょは楽しい。
だけど、ひとりでじっくり集中したいときに邪魔されたり、
礼儀上、食べたくないものでもいっしょに食べたり(←主にケーキの集中砲火)
どんなに疲れていても時間帯によっては倒れていられないときもあったり。

たまには思いきり好きなだけ寝坊したり、
中断させられることなく5時間も6時間も書きもの読みものに集中したりしたい。
・・・というのが、最近のわたしの切実な望みだったんです。わがままかもですが・・・


↓このまえ、ハイデルベルクの動物園にいってきました
DSC_0003_46_convert_20180912040917.jpg

↓檻と檻とのあいだがこんななので
DSC_0005_39_convert_20180912041812.jpg
↑つぎの動物にお目にかかるまでにやたら歩きますが・・

↓はいってすぐのところにシカさんがいました
DSC_0009_36_convert_20180912041842.jpg


園内では動物にエサを与えることはもちろん禁止なのですが、
なにかあげる人がいるんでしょうね~
シカさんは、わたしの姿を見るなり走りよってきました。

柵のまえにある説明書きにあった名前を、帰宅してから調べてみたら・・

↓マエガミジカ、っていう種類だったんです!
DSC_0010_39_convert_20180912041912.jpg


前髪・・・? と思って撮ってきた写真を拡大してよく見てみたら・・・


↓な~んだ、なにもおいしいもの持ってないの・・・と立ち去る横顔に
DSC_0017_20_convert_20180912041947.jpg
↑ほんとだ!前髪がある・・!!


↓朝日にてらされるフラミンゴさんたち
DSC_0028_21_convert_20180912042119.jpg

↓手前の柵のうえにいる鳥さんを撮ったつもり
DSC_0024_21_convert_20180912042051.jpg

↓・・・・・だれもいない
DSC_0030_19_convert_20180912042149.jpg
↑広すぎてどこになにがいるのやら

↓こちらはガラスのむこうのデグーさん
DSC_0034_20_convert_20180912042216.jpg
↑まるっとしていてかわいい


ところどころ工事中で閉鎖されていて、いつもより狭かったらしいですが
それでもぜんぶを見るのにかなり歩いて疲れたのでじゅうぶんでした。
広かったうえに新学期がはじまった平日の午前中だったので
ほかの来園者とはほとんど出会いませんでした。

別世界状態。



ひとりきりの1週間、お友だちを呼んでいいのよ、とるり子が言うので
だれかにお泊りにきてもらっちゃおうかなーうふふ