雪どけ


ながいあいだ氷点前後をうろうろしていたはなこ地方、
おとといあたりからプラス℃になり、日中は10℃近くになっているようです。
(毎日チェックしているわけではないけど)

寒かったせいなのか高騰しまくっているお野菜価格、そろそろ下がるかな・・
毎日猫山さんとふたりでバケツ一杯食べていた野菜いろいろサラダ、
食べられなくなってもう何日たつか・・・
安定してお安いのはじゃがいも、にんじん、たまねぎだけなので
このごろこればかり、変化をつけるべく肉類の出番が増えています。 


それでも進むとしたらその先には春しかありえないわけで。
秋や冬になることはないわけで。
お花屋さんにはチューリップが並びはじめました!!


貧乏でも節約しなければならないときでも貯金しなくてはいけないときでも
どうしてもどうしても誘惑に負けてついつい買ってしまう。
誰にもそんなもののひとつやふたつはあると思いますが、、わたしの場合は



1.うさぎグッズ

2.音楽

3.チューリップ


なので、店頭でチューリップを見るとすごくすごく困るんです 

春。
悩ましい季節ですね。

まだ2月だけど。



先日、うさ友のtomo_tomoさんから海カレンダーが届きました!!

tomo_tomoさんは毎年海カレンダーを作ってくださるんです。
最初のカレンダーは海と一緒に記念撮影しました。
ふたつめのは去年わたしが帰国したときにいただいて、
みっつめがこのまえ猫山家のポストに届きました


↓今年もまた一緒にすごそうね
DSC_1697_convert_20170127202400_20170204190846c7c.jpg
↑絵はがきは「だるまにはまった海くん」ですw

うさぎだるまの絵なんて初めて見ました!
このブログから写真を選んで印刷して、手間をかけて作ってくださるtomo_tomoさん、
いつも本当にありがとう



そしてうさ友ナオミさんからも嬉しいものが届きましたよ


↓心までぽかぽかうさぎさん靴下と
DSC_1753_convert_20170205203153.jpg
↑招福まめ熊手

説明文によると、「福をトリこみ、金運をかき集める縁起物」なのだそうです!
金運・・・ほしいですね(笑) チューリップが買えるくらいは(←)


↓それからすばらしき日本の伝統(?)うさぎガチャ!
DSC_1696_convert_20170127202325.jpg
↑ケーキの王様、海くんです


ナオミさん、あたたかい贈りものをありがとう
今年もよろしくね。



プラス℃にあがり、雨が降ったりしたもので
長いこと景色を白く染めあげていた雪がついに溶けて消えました。

朝、ブラインドをあげたら白かった庭が緑になっていて、
何日も何日も冷たい雪の下に閉じこめられていた草たちがちゃんと緑なので
とても感動してしまいました・・・ えらいね。がんばったね。


↓もみの木以外は裸の枯れ木だけど
DSC_1747_convert_20170204190752.jpg
↑芽吹いたらあっという間に緑になるんだろうな


春の喜びを損なうのは、春の次に来るのが夏だという事実なのですが、
春が来ればイースターも来るわけなので、春の喜びはやっぱり損なわれないのです。





スポンサーサイト
Category: うさ友さん

ぴょんさんに


今日はぴょんさんの4年目の天国記念日


日本の実家のはなこ父から、差出人のわからない荷物が届いたと連絡が。
開けてもらったら、プリザーブドフラワーが出てきました。


1484728406056_convert_20170118182258.jpg


ぴょんさんにお花がとどいたよ。


誰からなのかわからないけど、
たぶん、あの人からだろうなって思ってるけど、
ぴょんさんの命日を覚えていてくれてありがとう。


ありがとう。



Category: うさ友さん

世界のどこかで


世界のどこかで、いまこの瞬間もだれかがわたしを思ってくれている。

というような詩を読んだことがあります。
いつのどこのだれの詩かはわかりませんし、
この一行しか覚えていないのですが。

見知らぬだれかが「ブログ読みました」とメールをくれる。
「海くんのこと大好きです」と言ってくれる。

高校卒業以来会っていなくて存在さえ忘れていた友だちから
今年もよろしくね、とメールが届く。

わたし自身はこのところ新しいことが山盛りの山積みで
周りの人に思いを馳せる気持ちの余裕があまりないのですが、
そんなときに遠い日本からの思いやりが届くとこの詩を思い出します。

わたしが明後日のほうを見ているときにも
わたしのほうを見てくれている人がいる。


このまえ(というか、去年)嬉しい贈りものたちが届きましたよ

コロン・コロンなうさぎのなっちゃんから
DSC_1629_convert_20170108001024.jpg
↑白うさぎのICカードステッカーとまかないこすめのハンドクリーム

スカイツリータワーで買ってくださったうさぎの絵のついたハンドクリームは
「634mの景観がもっと晴れやかになるような香り」とのこと(笑)
どんな香りかというと・・・
ほんのり柑橘系のさわやかなの混じったやさしい香り。
スカイツリーは遠すぎるけど、今度高台に行ったときに使ってみましょう。
もっと晴れやかになるように。

↓うさ友keiさんからはうさぎのマスキングテープときれいなカード
DSC_1580_convert_20170108000619.jpg
↑それから白ガチャうさぎさんたちが!!

以前から日本のガチャクオリティーはすばらしすぎると思っていましたが
ここまでくるともはや芸術。しかも最近うさぎもの増えてますか?
日本にいたらしょっちゅうガチャガチャするようですね・・・
そんな自分がばっちり想像できて怖いです。

その翌日にるこ丸さんから、

↓白うさカードと白うさピルケース
DSC_1571_convert_20170108000500.jpg
↑これにはなにか大事なものを入ようっと


それからこれ・・・

↓かわいいはりねずみ手ぬぐいとうさぎ塗り絵と・・・
DSC_1579_convert_20170108000558.jpg
↑と・・・

・・・2月から始まるカーニバルにぴったりかしら。
これつけて仮装行列に参加しようかな。
いやいや、いまの気温でそんなことしたら顔面凍結しますが。
マスク、はがれなくなっちゃう


みんな、すてきなものや怖いものをいっぱいありがとう




海くんのブログを初めから読みました、と言ってくださった方がいて、
わたし自身はずっと読めずにいたのですが、
昨日、最初のころの記事をちょろっと読んでみました。

やっぱりだめですね~。泣いちゃいます。
海と一緒に過ごした幸せな日々。病気になってからの日々。あの夏のにおい。
だけどこうしてあらためて見てみると、
寝たきりからやっと自分で立てるようになったころの海の写真は、
普通のうさぎの姿とは違ってしまっているけど、
傾いた首で一生懸命立っている姿はなんて・・・

なんて愛しくて尊い、尊くて愛しい姿なんだろう。

こんなにすばらしい子がわたしの人生の6年間を一緒に生きてくれた。
それを思うと涙がとまらなくなってしまいました。
悲しいんじゃないです。感動、かな。

感謝かな。


一緒に過ごした日がどんどん遠くなる。
再会できる日がどんどん近づいてくる。


↓はなこ地方、今日も大雪
DSC_1652_convert_20170110202654.jpg


気温は0℃なのでもともとたいして寒くないのですが(-10℃に比べたら)
雪かきをするとぽかぽかになり、しまいには汗をかいてしまいます。
あちー・・・

汗をかいてシャワーを浴びるという、夏のようなことをしているはなこ。




Category: うさ友さん

うさ奈さんちのお客さま


寝こんでいた猫山さんが復活した火曜日、
うさ奈さんにお誘いいただいて、仕事のあとおうちにお邪魔しました。
ケルンに住んでいるうさ奈さんのうさ友さんがこちら方面に観光に来るので
2泊3日でそのうさぎぽーちゃんを預かることになったのだそうです

午後遅くに到着するはずのお友だち、なおさんとぽーちゃんを待って、
うさ太郎さんもこの日は自宅でお仕事しつつ待機していました。

↓はなこまで来てみんな集まって
DSC_1404_(1)_convert_20161221043556.jpg
↑なにがはじまるの?

なおさんとボーイフレンドのJさんと暮らしているぽーちゃんは男の子。
ドイツ生まれ、ドイツ育ちの4歳だそうです。
キャリーに入って車に乗ってうさ奈さんハイムに到着したぽーちゃんは

↓目の周りのくっきりラインがきれいなまっしろさん
DSC_1427_convert_20161221043713.jpg
↑持参のドイツ製ケージのなかでちょっぴり緊張しています

↓お耳はまっくろ
DSC_1422_convert_20161221043650.jpg
↑お背中にもおしゃれな模様が


なつかしいです。
わたしのドイツ生まれの黒うさテディも使っていました。
こういうケージと網なしトイレと牧草フィーダー、そして給水ボトル。
ケージは同じサイズ、同じ仕様。
色はぽーちゃんのケージのほうがかわいくておしゃれです。


↓おとな4人がぽーちゃんのケージをかこむ
DSC_1408_convert_20161221043625.jpg
↑その間、はなこはうさ太くんをひとり占めにw

↓そのあとソファにすわったなおさんに寄っていって
DSC_1450_convert_20161221043805.jpg

↓しきりににおいを嗅ぐうさ太くん
DSC_1452_convert_20161221043831.jpg

ぽーちゃんのケージは同じ部屋でも反対側に置いてあって
手前に荷物が置いてあったのでうさ太くんの位置からはよく見えないんです。

↓でもなんかにおいするよ!
DSC_1459_convert_20161221043856.jpg

↓なんだろう、誰がいるんだろう?
DSC_1461_convert_20161221043920.jpg

↓ぽーちゃんがいるよ!
DSC_1432_convert_20161221043736.jpg

ぽーちゃんのほうは初めてのおうちに来て初めての人間にかこまれて
おやつも食べずにお鼻ふかふかさせていましたが、
この時点ではうさ太くんに気づいていたのかどうか。
どちらも未去勢のうさぎ男子ふたり、この後どういう展開を見せるのか、
一緒に2泊するわけにもいかず、わたしはすっかり暗くなってから
病み上がりの猫山さんの待つ猫屋敷に帰りました。


帰ったら・・・


↓そこには執念のクリスマスツリーが・・・!!
DSC_1469_convert_20161221194111.jpg


熱がさがったばかりなのに、なんという執念・・・
というか、体力すごいな

枝がうえのほうまでバランスよくついているとってもすてきなツリーなのに
猫山さんはそれでもあまり気に入っておらず、
ほかにいいのがなかったから仕方なくこれにした、と言うのです。
ツリーのまえでそんなこと言ったらかわいそう、と言ったら
キッチンに移動しましたがw 

いい香りのする、とっても良い子ですよ。
枝をにぎって握手して、仲間と並んでお日さまをあびていた日々を思・・・

・・・ だからいやなんですよ、ほんもののツリーは・・・



そしてキッチンに移動したらそこには。

↓この家の住人その3、猫山ベイビー(←名前)
DSC_1466_convert_20161221194050.jpg

流しのなかに猫。

ありえない・・・。




Category: うさ友さん

ローマのおともだち


8月12~14日まで、
イタリアはローマ在住のうさ友メリィさんが遊びに来ていました


↓こんなすてきなおみやげを持って
DSC_0757_convert_20160815172250.jpg
↑シャンプーハット


ドイツ・スイス旅行中の2泊2日(3日目は早朝発だったので)を
ハイデルベルクで過ごしたメリィさん。
1泊目ははなこ家に、2泊目はうさ奈さんハイムにお泊り。

連日30℃超えというローマから来たメリィさん。
待ちあわせをした金曜日は14℃くらいだったでしょうか。
雨で肌寒かったんです・・
家からメリィさん用にジャケットやスカーフ、腹巻きを持参。
ハイデルベルク駅でうさ奈さんと3人でこんにちは。

メリィさんは、会長さんという大きなたれ耳さんと暮らしています。
イタリアへうさぎと渡航するにあたってネットでいろいろ調べていて
この海ブログを見つけてお声をかけてくれたのが最初でした。
海のこと、応援してくれて一緒に喜んでくれて一緒に悲しんでくれて。
そんなメリィさん、やっぱり初めて会う感は皆無でした!
3人ですぐに、むかしからの仲良しさんみたいになれました

↓まずは暖かいところでランチをしながら
DSC_0717_convert_20160814211305.jpg
↑観光の計画をたてようと思っていたけど

・・・おしゃべりが弾んでかなり長居しちゃいましたねーw
ここは某百貨店の屋上だったのですが、その後
エスカレーターでくだりながら各階の売り場に喜ぶメリィさん。

↓時期的にちょうどバイエルンの民族衣装が並んでいました
DSC_0721_convert_20160814211425.jpg
↑バイエルン州でのオクトーバーフェストと関係しているらしい

↓メリィさんは帽子のついたカチューシャが気にいって
DSC_0723_convert_20160814211726.jpg
↑店員さんに説明をうけ

↓会長さん(←うさぎ)に買おうかなと言いつつ試着
mr.jpg
↑かわいいー

↓うさ奈さんはこちらが気にいった模様
usanasan.jpg
↑すごく嬉しそうな笑顔です(見えないけど)

その後、両側にお店がずらりと並び観光客が集中する
ハイデルベルクのメインストリートを寄り道しながら歩いて、
高台にあるハイデルベルク城へ徒歩で向かいます。

↓急勾配
DSC_0731_convert_20160814212319.jpg
↑ケーブルカーもあるんですけど、若いから徒歩で

ものすごーく古い建物なので仕方ないんですけど、
いつもどっかしら補強・改装工事してるんですよね。
なのでこのときも一部足場を組んであるところを歩いたのですが、
すけすけではるか遠くに足の下の地面が見えるので
生きた心地がしませんでした 撮影しているよゆうなんか・・・

↓やっと到着
DSC_0734_convert_20160814212501.jpg

↓ガイドブックに必ず載っているハイデルベルクの景色
DSCN2531_convert_20160814212923.jpg

↓いま歩いてきた通りも見えます
DSCN2533_convert_20160814213125.jpg


この対岸に「哲学者の道」というコースがあって、
そこからだとお城と街が一緒に一望。
でも、お城のテラスにいるとお城は巨大すぎてうまく写りません・・


↓ふたりの後ろの、この建物(?)が撮影スポット
dfv.jpg
↑みんなこの窓から顔をのぞかせるんです

↓もちろん撮りましたとも!
zertz.jpg
↑もうちょっと右に寄ればよかった・・・

↓お城を背景に
oijuhg.jpg
↑・・・ 背景より人物と地面を優先に撮りました(←)


この日はメリィさんには海部屋に泊まってもらいました。
メリィさんはうさぎグッズいっぱいの部屋を喜んでくれて、
海にもいっぱい話しかけてくれました
あれ、ひとりでしゃべってる?と思うと海ケージに向かっていて。
実際に会うことはなかったのにブログを通して海を知ってくれていて
思ってくれて、お話ししてくれる。嬉しいです

朝起きたときにも海におはようを言ってくれて、
次の電車までの短い時間でしたがはなこ村をお散歩してから
ハイデルベルクのうさ奈さんハイムに向かいました。

↓うさ太郎さんもいらして、みんなで楽しいティータイム
DSC_0747_convert_20160816035055.jpg

↓メリィさんはうさ太くんに大喜び
DSCN2561_convert_20160816035409.jpg

小っちゃ~いと言っていました。
うさ太くん1・5kg。
メリィさんの会長さんは2・5kgあるそうです。抱き心地よさそう

↓にぎやかですね~・・とうさ太くん(?)
DSC_0754_convert_20160816035457.jpg
↑ねむねむタイムだったんだよね

ローマのおもしろい話をたくさん聞かせてくれました!
わたしも5年ほどまえにローマに1週間滞在したことがあるのですが、
やっぱり観光だけでは見えない部分ってたくさんありますね!
ドイツも同じくですが・・・

「憎むようになって初めて、ひとはその国を知る」
という日本人の言葉を以前読んだことがあります。

憎む、というのはちょっと大げさだとしても、
いい面しか見えてないうちはその国をわかっていない、
っていうのはすごく納得です。
どの国も、日本と同じにいい面悪い面両方ありますものね。

↓メリィさんからはこんなにかわいいうさグッズをたくさんと
DSCN2565_convert_20160814220631.jpg

↓イタリアのパスタやにしんのオイル漬け、リゾットのもと
DSCN2569_convert_20160816165010.jpg
↑(写ってないけど)オリーブオイルなどをいただきました

↓うさ奈さんからこのまえ旅行に行ったコンスタンツから
DSCN2570_convert_20160816165734.jpg
↑かっこいい野うさぎさんとハリネズミさん

それからおしゃれな虫除けリングをいただきましたよ。
日本製です。
森をウォーキングするときに手首か足首につけてみます!

それから・・・

↓こんな子も
DSC_0755_convert_20160814211016.jpg
↑ぷぷぷ 眉毛があるー(笑)

映画「ペット」に出てくる白うさぎのスノーボール。
ぬいぐるみがちょっとほしくなってたところだったので嬉しい


メリィさんはうさ奈さんハイムに一泊しうさ太くんと触れあって
翌日曜日の朝早く、チューリッヒへと旅立っていきました。
(と、うさ奈さんから連絡が)

わたしはといえば、
メリィさんが泊まってメリィさんのにおいが残る海部屋が
1泊しかしなかったのになんだか空っぽになっちゃって
2日しか一緒にいなかったのにすごく親しい存在になっていて
家族が帰っちゃったみたいな気分になりました。
初めて会ったのにしっくりなじむ。
個性的なのにやわらかい。
勇敢だけどかわいらしい。
出会えてよかった。

人生はどんどん豊かになってく。


みんな(うさ太郎さん、うさ奈さん、うさ太くん、ゆりさん、はなこ)で
メリィさんに会いにいこうか、なんてうさ奈さんと言っていたのですが、
車だと 12時間 かかるのだそうです・・・

そうなるとうさ太くんはちょっと厳しいですよね。
そしたらわたしはまたうさ太くんシッターとしてお留守番でも。
ローマもすてきだけど、
うさ太くんとふたりきりも同じくらいすてきですから





Category: うさ友さん