FC2ブログ

カレーとまゆげ


先日、お友だちがやっているボランティアのお手伝いをしてきました。
ひとりで子どもを育てているシングルママ・パパがお互いに知りあって、
日ごろの悩みなどを話しあったり、子どもたちが一緒に遊んだりできる会の
お夕食のしたくを手伝ったんです。
メニューはカレーとおみそ汁とからあげ、サラダとフルーツポンチ

おとなが行水できるサイズの巨大お鍋にたまねぎ大10個を炒め、
にんじん10h本皮ごとぶつ切り、じゃがいもは何個切ったか・・・
お鍋がそれだけ大きいと、火も大きくないといけません。
汗だくになって、全身を使ってかきまわします。
腕、筋肉痛の予感です。

女性ばかりなので、そのあいだずっとおしゃべりしているわけですが

仲間はせんぶで10人ほど。
料理と会場セッティングの2班に分かれたのですが、
厨房が暑すぎるので、みんなときどき冷房のきいた会場のほうに避難。
すると会場係が代わりに厨房へ行ってくれるので、人員はぐるぐる交代。

初めての人たちとたくさんおしゃべりする楽しいひととき。
なのですが、暑すぎて内容を忘れました

いままでひとり親のことなんてあまり考えたことがなかったというか
自分に子どもがいないのでそもそも視界からはずれているんだったりして
パパママの話を聞いていると、ああそんな苦労があるんだなぁ、って思ったり、
こういう会でおなじ境遇の人と友だちになれるのはとても嬉しいことなんだって
わかったり。子どもたちは花火をして遊んだそうです。
わたしはロッキーちゃんのごはんがあるので、暗くなるまえに帰ったけど。


そのロッキーちゃんは・・・


↓換毛でまゆげができてきたのですが・・・
InkedInkedDSC_0020_LI_compressed.jpg


↓反対側はすごく勇ましくて
DSC_0024_compressed.jpg


↓勇ましすぎて見るたびふきだしちゃう
DSC_0021_compressed.jpg


なんでこんなことになるかというと、毛の根元が黒く、先のほうは茶色だから。
うちの子たちは真っ黒や真っ白だったので、まゆげができたことはありませんでした。

そんなわけで最近は まゆげ とか まゆこ と呼ばれているロッキーちゃん。
それでもちゃんと自分が呼ばれていることがわかる賢いロッキーちゃん、
ただいま里親募集中です


それから、温泉うさぎさん、ただいま預かり先急募しています。
わたしのうさ友、かにこさんのブログをご覧ください



↓ぼくもまゆげあったら勇ましかったな
IMG_7100_convert_20181120042643.jpg
↑おひげあったらかっこよかったかな




ロッキーちゃんにおひげができませんように。









スポンサーサイト



Category: お友だち

初スマホケース


・・・スマホケースを買いました・・・ ポッ



↓海くんスマホケース
DSC_0065_compressed.jpg
↑・・・という商品名ではありませんが・・・


火をふきそうに疲れていたたかわいそうな老齢スマホのかわりに
先週やっとあたらしいものを購入しました。
機械音痴のわたしでも扱えるよう、そしてドイツ語がちゃんと使えるように、
またしてもSONY Xperiaの、でももっとずっと進化したものを。

最新のものは、まるで筆箱のように長~~~いんです。
本気でお習字用の筆くらいの長さがあるんです。
(ところで筆箱ってすでに死語なんでしょうか)
その分重さも増してわたしには扱いづらいったらないので、
それより以前の機種に決めました。古いものより2.5cm長いですが。

重くてつるつるです。
古いものは裸で何回落としても大丈夫、丈夫で頑丈でしたけど、
このつるつるはぜったい落とすし、ぜったい割れる。 
そう思って、初めてのスマホケース購入に至ったのです。

これは、先月お会いしたうさ友のメリィさんが持っていたのとおなじシリーズ。
おそろいです そしておそろいさんは今日もうひとり増えました、うふふ。


それにしても・・・日本って通信料すごく高いんですね



めずらしくフレッシュな話題、つい昨日(おお・・!)の話なのですが、
お友だちが「帰国祝いに」と、御殿場につれていってくれました
メインは、カトリック系の神山復生病院で働いているシスターを訪ねることと、
ドイツビールのあるドイツレストラン(らしきところ)でランチすること


↓バスを降りるとそこには風鈴の道が
DSC_0040_compressed.jpg


↓夏の青空と緑に涼しげに映える風鈴たち
DSC_0037_compressed.jpg


ただ、かなり風が強かったのと、蝉が大合唱していたのと、なにかのイベントの
練習の音楽が響いていたのとでなかなか聴覚的カオスな世界でした。
下界は34℃のところ、山のうえは30℃。
のはずなのですが、それでも死ぬほど暑かったです・・・


↓昼間なのにきらきらなドイツレストラン
DSC_0032_compressed.jpg
↑ドイツ人ならぜったい飲まない、-2℃のきんきんビールを販売中


・・・? なんで凍らないんだろう?


↓涼しくて広くて、すてきな空間
DSC_0031_compressed.jpg
↑そしてふたりが頼んだのはスパゲティボロネーゼ


↓すぐそばにかわいい教会が!と思ったら
DSC_0045_compressed.jpg
↑ただの結婚式場だった・・・


チャペルの壁に十字架もついていましたが・・・なぜか中心ではなくすみっこ(笑)




↓神山復生病院入り口の聖ベルナデッタ像は
DSC_0050_compressed.jpg
↑フランスからはるばる船ではこばれてきたのだそう


なんか密林のなかに立ってるみたいですが 夏の植物ってすごい。


↓ここを訪ねたもうひとつの目的は
DSC_0059_compressed.jpg
↑Xperiaの縦写真はいつも長い


↓この聖堂のステンドグラス
DSC_0054_compressed.jpg
↑いつも教会で仲良くしてもらっているお友だちが作ったもの


写真だと光がつよくてよく見えませんが、ベージュをつかってあるんです。
なのでとても品よくおちついて、それでいて青の透きとおる色あい。
患者さんたち、この光に慰められるだろうな。


シスターのあたたかい笑顔にみとれて、病院の記念館をみて、
少しずつ涼しくなってきた風にスカートをめくられつつ、駅へ。
朝7時に合流してから夜8時半にお別れするまでしゃべりっぱなし。
お友だちはわんちゃんと暮らしていたので、その子たちの話や、
わたしのうさぎたちの話も。
思想や文学や信仰や映画や世界の社会問題の話も。
いろんな分野の話ができて、しかも共感できる友だちって貴重です。




そして調べたところ、謎が解けました!!!


  ビールの凝固点は マイナス7℃   












Category: お友だち

嗅覚と湿度


先週、フランスはパリから帰省しているお友だちの竹内さん(仮名)と
その11歳の娘さんと横浜でデートしてきました

竹内さんはむかしハイデルベルクでいっしょに働いた元同僚です。
フランスに嫁いで娘さんが生まれてからは、

娘さん2歳のときに東京で、娘さん7歳のときにハイデルベルクで、
娘さん10歳の去年の秋にパリで、そして今回は横浜で、

再会しました。


娘さんはフランスで暮らしていても母親とは日本語で話すので
日本語はぺらぺらです。でも、これは日独ハーフの和田さん(仮名)も
言っていましたが、親としか話さないと敬語を覚える機会がないんですって。
それから、フランスの学校にかよって一日中フランス語ですごしているので、
母親と日本語で会話をする時間はそれに比べるとかなり少ない。
だから、同い年の日本の子どもよりもかなり語彙が少ないことに。
なので、娘さんと話していると「それってなに?」と訊かれることがあります。
説明したあと、フランス語ではなんていうの?とおそわってみましたが、
すでにひとつも覚えていません・・・ 
娘さんのほうはちゃんと日本語を覚えたと思われ。

次回の再会はどこになるのでしょうね。いまから楽しみです



↓ハイデルベルクのおみやげ屋さんで
DSC_0005_124_compressed.jpg
↑るり子が買ってくれたラベンダーのサシェ


あ、うさぎだ、と思って、うさ友さんへのおみやげにしようかな、と考えて、
でもあんまりかわいくないかなと思っていたら横からるり子の手がのびて、
うさぎね、これははなこのためにあるのよ!と言って買ってくれました
なので、これはわたしのものになったのです。
ちなみに、ひとつしかありませんでした。


ラベンダーのかおり、大好きです
実はるり子邸に住んでいたころも、ラベンダーのつまった袋をもっていて、
たんすのなかに入れてありました。開けるたびにひろがるラベンダー畑。

ところがですね、その袋も今回のうさぎサシェも日本にもってきたらにおいが違うんです。
たしかにラベンダーのにおい。なんだけど、なんか感じ悪いにおいが混ざってる。
ドイツにいたときのように、いいにお~いとすーはーする気になれません。。。

おなじように、ドイツで愛用していたマグノリアのかおりのデオドラント、
なんだかきつすぎて・・・そう、やっぱり感じの悪いにおいなんです
おそらく、空気がちがう、湿度がちがう、ことに原因があるようで・・・
おなじように、ドイツでおいしいと思って食べていたお菓子なども、
日本で食べると甘すぎてしつこすぎてあまりおいしくない・・・

これはいまのところただの「予想」です。
空気がパリパリ顔にはヒビ、の寒い季節になったら、あらためてすーはーしてみます。




一時涼しかったドイツ。
ふたたびアフリカからの風が吹き、四捨五入すると40℃、な気温だそう。






Category: お友だち

ムーミン展にいったよ


口のなかの縫われたとこ、今日やっと抜糸していただきました♪
これでやっとふつうににっこりできるように
傷が盛りあがって違和感あるし、まだほっぺ腫れてますけどね
それともこれは単なるたるみ・・・!?
いやでも左右非対称だし
まだ腫れてるのだと思いたい。


それはまだわたしがたるんで 腫れていなかった日のこと。
85年ぶりに六本木へお出かけしてきました。
ここでクリスマス期だけ開催されるドイツクリスマスマーケットに、
2年だか3年連続でアルバイトとして参加したんですけど、
行くたび新鮮・・・ 道、忘れてます


↓ここで開催されているムーミン原画展に
DSC_0037_20_convert_20190513104419.jpg
↑お友だちのgeohkingさんといっしょに行ったんです


お会いするのははじめてのgeohkingさんは、はりねずみジョー君のママで
キャバリアのマックス君のママでもあります。
わたしにはりねずみのかわいさを教えてくれた恩人で、
いつもコメント欄でお話しさせていただいている、大好きなお友だちです。



↓この展望台への階段をあがったところで待ちあわせ・・・
DSC_0038_38_convert_20190512221237.jpg
↑デートまえのときめきの時間(笑)


あらかじめお互いの目印を決めてあったおかげもあって、
小公女のように品のいい黒のワンピースを着たgeohkingさんは
すぐにわたしを見つけて手をふってくれました

ちょうどお昼の時間だったので、そのため空いているであろう原画展を見て、
そのあとちょっと遅めのランチにしよう、というのはわたしの提案でしたが、
やっぱり初対面だからまずはおしゃべり、がよかったかな、、、
だってなかに入ってしまったら基本みなさん静かに絵を見ますからね
なんてちょっと後悔しましたが、ムーミンの世界にかこまれて絵を楽しみながら、
ときどき目があうたびgeohkingさんはあたたかな笑顔を向けてくれて、
なんか、やだどうしよう、この人すごく好きかも、ともじもじしてしまいました。


原画展、とってもとっても良かったです。
ムーミンの、あの決して甘くない物語世界と挿絵が大好きなので、
わたしの持っていた本には未収録だった絵もたくさんあって
本番まえの練習スケッチなどもたくさんあって、
ムーミン以外、物語以外の作者の仕事もたくさん見られて、
見ごたえのある内容でした。もう一回行っちゃいたいかも・・・♡


↓出口のところに、写真撮影できるコーナーが設けてありましたよ
poiuy3erf_convert_20190512220836.png


↓ツーショット
ygfrgg_convert_20190512220737.png
↑うふふふふ


そのあと、やっと向かいあってすわってのおしゃべりタイム。
いえ、ランチタイムです。
ただ、店員さんたちが八百屋さんかお寿司屋さんのように元気がよくて
少々、お互いの声が聞こえにくい状況でしたが・・

わたしは初対面だとどうしても舞いあがってしまって、
脳の回路が混線して部分的にショートしたりしてしまうので、
聞きたかったこと、話したかったこと、感じたかったことの半分も
達成できなかったのが残念ですが
かわいいジョー君を包んでいたあたたかい手と握手してもらって
こうして実際に知りあえて本当によかったです


大好き、はどんどん増えていくんですね。
嫌いなものにはそう滅多に出会わないばかりか、
むかし苦手だったものが時(歳)とともに平気になっていったりして
(残る課題はバッタとネギとトンボだ・・・)
だから、未来には希望しかない。←短絡的


geohkingさん、すてきなお誘いありがとうございました





Category: お友だち

ドイツからのお客さま


口内炎みたいだとおもうんだけど、もう何か月も治らないし、
しかもさいきんまたひとつ増えた、という件で口腔外科を受診したところ、
組織検査のために口のなかを一部切って縫われました・・・

目で見ると1㎝もない傷なんだけど口のなかだとやたら大きく感じるし、
噛んだり飲んだりといったあらゆる動作には、
思っていたより口のなか全体を使うんだな、と実感しております。
片頬腫れた顔でお出かけしていますが、
糸がつれて痛くてにっこりできないので不愛想な女になっています
今日で3日目。
まだ腫れひかないなー。


この頃あちこち傷んでいて(←食品かい)、休むべきなのか
それとも運動して活性化させるべきなのか悩むところですが、
精神的には上昇中です (←暑くなったら落ちるであろう)


そんなわけで、すごくいまさらだけど何月でしたっけ和田さんが来たのは・・・
4月のあたまでしたね。すでに過去ですがそのことを書いておこうと思います。
・・・いざ書こうとすると、すでに記憶がぼやけていますが・・・(←老化)

この来日があったから、2月末のお別れがひとりぶん軽くなったのでした。



↓和田さんお泊り用にはもちろんうさぎなベッドを用意しましたよ
DSC_0013_70_convert_20190408181732.jpg
↑といっても、和田さんはうさ飼いではありませんが・・・


駅で感動の再会をしてから、まっすぐうちに来てもらいました。
はなこ母がつくった「ふつうの日本のおうちごはん」に和田さん大喜び。
こういうのって観光客の立場だと滅多に味わえませんからね。

肉じゃがや餃子、おつけもの、お味噌汁、めかぶ、白いごはん。
ちょっと多いかと思ったおかずがきれいになくなりましたよ


ドイツではだいたい2週間にいちどは会っておしゃべりしていた和田さん。
ひと月ちょっとのブランクですが、すごーくすごーく久しぶりな気分でした。
そしていつもドイツを背景に会っていた和田さんが実家のテーブルで
コッペパンを抱いてすわっているのを見るのは珍妙な気分でした


↓はなこ母の愛犬・コッペパン(仮名)
DSC_0024_2_convert_20190410154109.jpg
↑パン色だし、長ーいから


いっしょにコッペパンの散歩にいって、ごはんを食べて、お茶を飲んで。
その間、もちろんしゃべりっぱなし。
はなこが消えたあとのドイツの、共通の知人たちの消息とか。

この時点では、わたしは帰国してひと月で
家族以外の人たちにはほとんど会っていなかったのですが、
それでも頭が日本モードにちゃんと切りかわっていたのでしょうか。
和田さんは日本語ぺらぺらですが、思考はドイツ人なので
やっぱりなんだかあらためて、ああこの感じドイツだなぁ、なんて思いました。
良くも悪くも曖昧さのない、個の論理的整合性をもとめられる会話というか←曖昧


晴れすぎた翌日はふたりで遊びに出て、


↓海が見たいという和田さんの希望で海方面へ歩きだし
KIMG0370_convert_20190408193453.jpg

↓海岸に降りられる場所はないかしら、と探しまわり
KIMG0384_convert_20190408193508.jpg

↓途中出会ったおじいちゃんの案内ですすみ
KIMG0367_convert_20190408193438.jpg

↓こんな山道をひたすら歩きました
KIMG0361_convert_20190408193426.jpg
↑ドイツの森とはまるで種類のちがう木々

↓海を奈落の底のほうにながめながら
KIMG0363_convert_20190407203638_20190408194206657.jpg


そして残念ながらタイムアウト。
和田さんの電車の時間に間にあわなくなるので、
途中で右折して駅方面に戻りました。
あたらしいお友だちのおじいちゃんとは住所、メールアドレスを交換しましたよ


↓遅いお昼ごはんはこんなのでした
sdfghjk_convert_20190408193641_convert_20190410124559.png
↑嬉しそうな和田さん(笑) ぜんぶ食べました

↓手前ははなこのです
KIMG0420_convert_20190407203503_20190408194229f21.jpg
↑わたしは残してしまいました・・


和田さんは、子どものころに体で覚えたことは忘れない、って言うんです。
でもそれ嘘だと思うんです。わたし、自転車乗れなくなりましたから。
そしてドイツにいたあいだに、お箸もさらに苦手になってしまいました・・・
これ、スプーンついててラッキー。笑われつついただきました・・・


こんながっつりお昼を食べたあと、
和田さんは親戚の方のおうちへと旅だっていきました。

そして後日、こんどは横浜デート。山下公園や中華街にいきましたよ。
和田さんはこの日、ドイツの家族友人たちへおみやげを買ったのですが


↓そのとき取りだしたエコバッグがなつかしすぎる
DSC_0003_107_convert_20190420114129.jpg
↑よく買いものにいったスーパーのバッグでした

↓いっしょにお茶
DSC_0020_51_convert_20190420114326.jpg
↑きれいなストロベリーティー


場所が場所だし、ちょっとおしゃれなカフェだったので仕方ないのですが
ケーキセットのお値段に和田さんはびっくりしていました。
たしかにドイツだったらケーキはこの3倍くらいの大きさで
お値段は半分以下かもしれない・・・ 
このケーキはそれなりにおいしかったし美しかったけど。
ドイツと比べてしまったら日本はお高くて生きていかれそうもない。

ドイツは医療費もただだったので、そんな制度に甘やかされた(?)わたしは
このまえ歯医者さんでうっかりお会計をせずに帰ろうとしてしまいました・・






Category: お友だち