FC2ブログ

ビーチの正体


日曜日。
はなこ地方はこのところ日中30℃ほどの真夏日が続きましたが、
月曜日からは気温がさがって雨が降るとの予報だったので、
ドイツ人たちはチャンスを逃すまいと屋外で夏を謳歌したようです。

わたしの某友人もお昼からプールに出かけ、夕方アイスカフェまえで待ちあわせ。
体調がいまいちで1000mしか泳げなかったと会うなりぼやいて
わたしの頭を混乱させました。少ない、っていうニュアンスの話みたいなんだけど・・

 1000m = 1km

↑不安になって確認してしまった。。。25mのプールなら 40往復


いっしょにアイスを食べたあと、炎天下のネッカー岸辺を散歩するという、
ドイツ人みたいな日曜の過ごしかたをしてきました。
まあ、待ちあわせが5時だったので、日差しも多少やわらいでいましたが・・

日本でも夏の海水浴場はこんな感じかもしれませんが、
この川岸も暑い日はすごい人出です。
芝生にころがったり、バーベキューをしたり、ギターを弾いたり、
バレーボールやバドミントンをしたり、踊ったりしゃべったり。

去年もそうでしたが、そこに野鳥がまざって普通に過ごしているという・・


↓矢印のところがハイデルベルク城
ijuhyg.jpg


↓夏の日差しをたのしむ人と鳥
DSC_0049_9_LI_convert_20180423230002.jpg


↓おいしいの、もってる?
DSC_0056_10_convert_20180423225807.jpg
↑ごめんね~、なにも持ってないよ


↓たまにちょっかいを出す子どもがいても
DSC_0054_10_convert_20180423225905.jpg
↑鳥のほうも負けていません、というより鳥が勝つ


芝生にすわって知人のギター弾き語りを聞きながら日光浴
たっぷりビタミンを補充しましたので今年はもうじゅうぶん・・・

そして、なぜ旅行記をあとまわしにしてこんなこと書いているのかというと、
ここで衝撃的な事実を知ったからなんです。

↓ビーチバレーボール場
DSC_0058_10_convert_20180423045412.jpg

前回、海から遠く離れた内陸のスポーツクラブの種目に
なぜビーチバレーボールがあるのだろうと書きましたが、

どうやら 砂場 であることがポイントのようです。。。
でもでも、ビーチって普通、海辺の、海岸の砂の部分のことですよね。
海が必要ないんならサンドバレーかデザートバレーと呼ぶべきでは・・・
(サハラ砂漠で試合してもビーチバレーなのか!?)

友だちによると、バレーボールとビーチバレーボールとでは
試合をする人数も、ボールの受けかたといったルールにもちがいがあって、
そのルールにのっとって砂のうえでするならばそれはビーチバレーなのだそう。
砂に足が埋もれて、普通のバレーボールよりずっと疲れるのだそう。


夜7時を過ぎて涼しい風が吹くころ、寒いと言って上着を出すドイツ人たち。
これから先、温暖化の未来を生きのびるのは彼らにちがいない。


・・・明日はついに行きますよー、ゴスペル!
どんな歌でしょうね?どんな人たちがいるんでしょう?
あたらしい出会いにわくわくです







スポンサーサイト
Category: お友だち

和太鼓コンサート


25日の日曜日、またしてもお友だちの和田さん(仮名)に誘っていただいて、
大阪の和太鼓グループ「鼓宮舞」(こくぶ)のコンサートに行ってきました

↓ハイデルベルクの某音楽学校が会場です
DSC_0011_17_convert_20180326210024.jpg

↓和太鼓と尺八の演奏です
DSC_0006_21_convert_20180326210724.jpg
↑収益の一部は熊本の復興のための寄付になるそう


何年もまえに日本で、坂東玉三郎さまの歌舞伎と和太鼓のコラボを
母といっしょに観にいったことがあってそれはそれはすばらしかったので、
この日のコンサートもとっても楽しみでした。

音楽学校の発表会のためのホールだったのですが、あまり広くなく

↓会場のいちばん後ろからでも舞台までこの距離
DSC_0014_11_convert_20180326210135.jpg

↓わたしたちの席はまえから2列目
DSC_0013_15_convert_20180326210107.jpg


このスペースであれだけの太鼓では耳が辛いかもしれない・・・
と思ってこっそり耳栓を用意していたはなこですが(←超失礼)
たしかに音はものすごかったけど、やっぱりすばらしかったです!!
振動。鼓膜だけじゃなくからだにぶつかってくる音。すごくかっこいい!

現地在住日本人やそのハーフの子どもたちがたくさん来ていたし、
日本文化に興味のあるドイツ人もたくさん。満席でした。

この日はあと2人の男性がいっしょだったのですが、
彼らはふたりとも和太鼓部に入っていて、自分たちも叩くんです。
なので夢中になって目が輝かせて、手で膝を叩きながら見入っていました。
ドイツ人たちもみんな総立ちで拍手の嵐。すごい盛りあがりでした。
すごくたのしかったです
日本文化っていいな~。


↓この日から夏時間になったので
DSC_0019_11_(1)_convert_20180326210207.jpg
↑夜7時半でこんなに明るい!

↓日曜日の夜なのにトラムが10分おきに来る・・(感涙)
DSC_0016_11_convert_20180326210232.jpg

↓月のある空(電線つき)
DSC_0021_13_(1)_convert_20180326210528.jpg


元夫のおじさん(仮名)を悪くいうわけではありませんが、
彼は「将来収入につながること以外はただの無駄」という考えの持ち主でした。
たとえば大人のわたしがいまからフルートを習ったとしても
いつかプロになって収入を得る、なんてことはありえません。だったらそれは無駄。
趣味とか、暮らしの喜び、心の糧、という意味では評価しなかった。
わたしの価値観とは真逆ですが、いっしょに暮らしてると気がつかないうちに
いろんなことをおじさんの価値観で見て、あきらめるようになってました。

だけど最近ハイデルベルクでいろんな知りあいができて、友だちができて、
その人たちがみんな好きなことに夢中になって一生懸命で、楽しんでるんです。
若い人も、わたしより年上の人も。
そしてそういう人たちはみんなとても魅力的です。話していて楽しい。
人間に深さと奥行きと厚みがある(←どれもおなじ意味かも・・)

始めてはみたけどやっぱり向いてなくてやめた、なんていうことでも、
経験した、ということが確実に身になってるのがわかります。
なので、ひとつを深くつきつめるのもすばらしいけど、
たくさんのことを自分に経験させるのも大切なんだと思います。

いちばんいいのは、ひとつを大切に深めていきつつ、
ちがうこともいろんなことも、浅くてもいいからとにかくやってみる、ってことかな。

そんなわけなので、いまいちはなこ分野じゃないかな、と思っていたけど
ゴスペル、やってみます!!イースター休暇のあとに。






Category: お友だち

ゴスペルコンサート


↓このまえ、ついにスピーカーを買いました!
DSC_0002_11_convert_20180214053432.jpg
↑なんだかはなこってばお金持ちみたいじゃなーい(笑)?

わたしは携帯音楽プレイヤーしか持っていないので、常にヘッドフォンを使っていました。
耳に悪いのは重々承知で、長い時間聞かないように気をくばり音量にも気をつけて、
ストレスを感じつつ聞いているうえに同居人(猫山さんやるり子)から
呼んだのに聞こえなかったの?というクレームまであり、ちっともいいことがない。
でもCDプレイヤーみたいな大きなものは置く場所にこまる。
スピーカーだけなら小さいけど、音が悪いに決まっている。

↑こういう偏見がなぜかあったのですが、
たまたま期間限定でお値段がさがっていたこのソニーのスピーカーを
この値段なら試してみてもいいか程度の気持ちで買ってみたのですが、
黄色くてかわいいし(←)、想像以上にすごくよかったんです
いままで聞こえなかった音も聞こえる!すごーい

そんなわけで音楽環境が進化して、次元があがった気分の毎日です


↓るり子邸の雲
DSC_0010_18_convert_20180310021536.jpg


ベンチが凍るほど寒かった日から数日で一気に気温があがったはなこ地方。
しばらく日中は13~15℃ほどある日々がつづき、
体調を崩す人続出、職場は病欠続出。
わたしもなんだか気分が優れなかったのですが、やっと体が慣れた、と思ったら
この週末はまた-5℃までさがり、雪がつもりました・・・

↓おでこを冷やしながら出勤・・・
DSC_0005_12_convert_20180320041123.jpg

↓日中は晴れるけど空気はきんきんのハイデルベルク
DSC_0010_17_convert_20180310021520.jpg

↓空気は澄んで景色はきれいです
DSC_0011_14_convert_20180310021603.jpg


道端に雪がのこる18日の日曜日、お友だちの和田さん(仮名)といっしょに
ちかくの教会でのゴスペルコンサートに行ってきました♪

↓ステンドグラスがすてきなプロテスタント教会
DSC_0014_10_convert_20180320041227.jpg
↑左のモニターに歌詞(英語)が映しだされます

↓和田さんのお友だちも出演
DSC_0017_9_convert_20180320041253.jpg
↑みんな元気で楽しそうに歌っていてすてきでした

ただ、みんなリズムにのってからだを左右に揺らしているのはいいんだけど、
それが自由に好き勝手なほうに揺れているので全体としてみるとばらばら(笑)
日本だったらたぶん揃えますよね、最初は右へ、とか。

わたしのとなりにすわった女の人もスマホで写真を撮っていたのですが
その人が画面を親指とひとさし指でぐいーんと広げて、
つまり写真を拡大するのとおなじ容量でズームにして撮影していて・・・
わたしも試しに自分のスマホでやってみたらズームになるじゃないですか!!!
スマホを買ってもらって5年、ズームができなくて不自由していたわたしは
すごーく嬉しくてひとりでじたばたしてしまいましたが
まわりにはゴスペルにノリノリ、としか思われなかったようでセーフ。

ゴスペルって、これまでたまたまあまり聴く機会がなかった未踏分野なので
知ってる曲はひとつもありませんでしたけど、合唱や合奏って楽しいですよね
団員募集してるからやってみない?と言われてちょっと嬉しくなっちゃいましたが
ゴスペルの歌声ってけっこう力強いからなぁ・・わたしの声は向いていないような。

↓某ローゼンタール社今年の新作うさぎ
DSC_0011_15_convert_20180310021627.jpg
↑値札がどこにもないあたりに売る気のなさを感じる某百貨店

7か国語ぺらぺら、というだけでもすごいのに
それは持てる才能のほんの一部でしかないという天才・和田さん。
こういう人ってすごく憧れちゃう。
わたしもすこしでもいろんなことができるように、いろんな経験をしたいけど
いったい世の天才と呼ばれる人たちはどうやって時間を工面してるんだろ?
おなじ時間内に、あきらかにわたしより多くを達成しているような。
やっぱり頭の回転速度がポイントなのかしら~(わたしは遅い女


↓おまけ・ハイデルベルクのスタバ
DSC_0009_15_convert_20180310021423.jpg





Category: お友だち

ライトアップと花火


(お仕事に)4日行って2日やすみ、5日行って2日やすみ、
という、奇跡のように楽な日々がこのところ続いています

と書きはじめて数日おいてしまったので、過去形になりました。
奇跡のように楽な日々が続いていました。
この職場でそんなラッキーは長くは続かないのです。

はなこ友人知人も、猫山友人知人も家にエアコンがあるという人はなく、
みんな室温が28℃や30℃になっていてふうふう言っている模様。
顔をあわせると暑い暑いもうだめだという話ばかり。
日本でも、どうしてドイツ(ヨーロッパ)にこれだけ暑い日が続くのかという
気象学的な説明をテレビでとりあげていたようですね。
(↑と、はなこ母が言っていました)

幸い暑さに波があって、30℃超えが1週間ほど続いたあとは
20~25℃が数日続くのではなこは蘇ります。生き返ります。
お年寄りなどははこの温度差にやられているようですが。

そんな、来週からはかなり涼しくなるよ!という予報のあったすごく暑い土曜日。
お友だちと一緒に、ハイデルベルク城ライトアップと花火を見るために
19時に待ちあわせして行ってきました

↓待ちあわせ場所
DSC_0080_1_convert_20170710184719.jpg
↑夜7時の快晴、青空・・・


お友だちは通訳さんで、日独ハーフの和田さん(仮名)です。
彼女の在独日本人の友だちと、ネッカー川の岸辺で合流することに。


↓写真右手、山の中腹にあるのがお城
DSC_0082_1_convert_20170710184809.jpg
↑左手の川岸草原が目的地

↓ここでピクニックをしながら暗くなるのを待ちます
IMG_0682_convert_20170711031301.jpg
↑橋のうえに見えているのがお城

到着したのは19時半くらいでしたが、まだど炎天です。じりじりです。
この時季のドイツは22時すぎまで暗くならないので、
ライトアップ&花火の開始時間も遅いのです。
それまでの間、ここでドイツ人たちがなにをしているのかというと、
火をおこしてバーベキューをしたり、肌を露出して芝生に転がり紫外線を浴びたり、
バレーボールをしたり音楽を流して踊ったりといろいろです。
座ったり寝転がったりほかのことをしている人たちのあいだで
バレーボールなんてやるものだから、ときどき被害が・・・
ぶつけたほうもぶつけられたほうもたいして気にしない様子でしたが・・・

和田さんのお友だち、川岸で会ったので河辺さん(仮名)としますが、
このひとはギターを弾きながら歌うひとです。
歌っていると楽器を持ったひとたちが寄ってきて加わり、
最初3人だったのに12人くらいのグループに。
いったい、誰と誰が実際に顔見知りなのかよくわからない状態。
しかも日本人、ドイツ人、イギリス人、アフリカ人、イラン人、その他ごちゃまぜ。
それでも同じゴザ(←)にすわり同じものを食べているとなんとなく仲良しに。

↓写真中央がはなこグループ
IMG_0702_convert_20170711031614.jpg
↑グループを離れてわたしが何をしていたかというと・・・

↓鳥を撮りにいったんです(←ダジャレ)
IMG_0687_convert_20170711031333.jpg

↓たくさんいるー
IMG_0690_convert_20170711031353.jpg

↓ちびさんたちも
IMG_0692_convert_20170711031418.jpg

↓ひとがそばにいても平気です
IMG_0693_convert_20170711031440.jpg

↓平気でひとの群れに突入します
IMG_0698_convert_20170711031508.jpg

↓ときどき「シャーッ!」と威嚇したりして
IMG_0699_convert_20170711031532.jpg

↓寝ていたのに飛びおきた男性w
IMG_0700_convert_20170711031553.jpg

パトカー、警官がどっさりいました。
あの防弾チョッキって、暑いだろうな・・・
でもあれって胴体部分だけ防弾しても頭が出てたらどうなんでしょうね。
銃撃戦になったら頭も引っ込むとか(←亀か)、訓練を受けたひとはちがうのかしら。

亀といえば、胸に大きく「亀」と書かれたTシャツを着たドイツ人男性が
グループのなかにいたんです。漢字で、亀。
それはなにと訊いたら、ドイツでの日本アニメのイベントで買ったTシャツだそう。
彼は動物介護士で、現在の職場では爬虫類を担当しているので
「亀」は自分にふさわしいと思ったのだとかw


ギターや太鼓を持ってあつまってるひとたち、みんな即興で演奏するんです。
ところで、河辺さんは日本語で日本の歌謡曲らしいのを歌いはじめました。
メロディー、やっぱり日本っぽいんです。
知らない曲ですから、みんな数小節はただ聞いています。
そののち各自の楽器で即興で演奏に加わるのですが、
アフリカ人たちの太鼓のリズム、なんだかやっぱりアフリカンなんですよ・・・
日本の歌謡曲だったものが一気に国籍不明な曲にwww
わたしはタンバリンでの参加でした。

↓暗くなるにつれ人が増えます
DSC_0084_1_convert_20170710184830.jpg
↑開始時刻22時を大幅に過ぎて

↓お城が赤くライトアップされ(なんか梅干しにしか見えない・・)
DSC_0089_1_convert_20170710184919.jpg
↑そのうえにある白いしみが花火です・・・


遠い、というのもありますが、それ以前に花火の規模が小さい・・・
日本の花火を知っている人にはどうしてもしょぼく思える。

ドイツでは新年を迎えるときに個人が家の庭から花火をあげます。
もちろん一般家庭用、素人向けですから、大したものではないんです。
ハイデルベルク城の花火をいっしょに見ていたドイツ人のひとりが
この新年の素人花火と大差ないよね、などと仰るので・・・
いやいや、一応こっちはプロがあげてるんだからそれはないでしょ!
と笑ってしまいましたが・・・言われるとそう思えてくる。。。


↓対岸の山のうえから満月がのぼってきました
DSC_0091_1_convert_20170710184939.jpg


ドイツ人たちもそちらを見て、花火より月のほうがきれいじゃない?
なんて言っていましたが・・・わたしもそう思ったけど礼儀正しく黙っていたのに。
なんか言われたい放題ですね(笑) せっかくの花火。

ライトアップも花火も15分程度だったでしょうか。
なんか、アレですね、コレって花火というより、
花火を理由に集まってみんなでピクニックしながら楽しく過ごすほうがメインっぽい。


↓はなこ、ふたたび終電の女
DSC_0097_1_convert_20170710185011.jpg
↑天井と電車のあいだに月が


そして予報どおり月曜日から気温が下がりはじめ、
雷がなって大雨が降り、空気はすっかり涼しくみずみずしくなりました
はなこは死んだり蘇ったりのくり返しです。
金曜日までは朝晩12℃、日中23℃ほどの日々がつづくようです


でも、暑い暑いもうだめだと言っているけど、ドイツの夏って短いんですよね。
少しは楽しむように努力しようかしら。




Category: お友だち

村山さんちの午後


ドイツ・はなこ地方、今週に入ったら一気に暑くなりました。
一時は最高気温29℃を記録。湿度も高くて仕事のあとは汗だくです。
通勤や仕事、そのあとの買いものなど運動量は変わりないのに
暑いといつもの5倍くらい体力をつかうような気がします。くたくた。
帰宅してシャワーしたあとはくにゃ~んとなってしまいます。
はなこひきこもりシーズンの到来。

そんなわけで(?)最近はもっぱら読書にはまっています。
シャワーでさっぱりしたら飲みものをつくって本の世界へ。



週5日、正社員として働くようになってふた月がすぎました。
いいですね、毎月決まった額のお給料がはいってくる安心。
病気でやすんでもお給料には響かない安心。
お財布にもよゆうができて、ちょこっとうれしいものを買えるようにもなりました。
なので、本だって遠慮なく(←だれに)買えちゃうんです。うふふ


先日、旧はなこ村に用事があって出かけていき、
ついでにお友だちの村山さんちに寄ってお昼ごはんをいただきました


↓これはデザートのいちごケーキ
DSC_0013_convert_20170522233955.jpg
↑いちごとカカオの生地ってよくあいます

このまえ日本風のチーズケーキを焼いたのよ、と村山さんが言うのでびっくりして
日本風チーズケーキってなんだろう、お醤油とか使うんだろうか、と高速で考えました。
村山さんが ほら、とみせてくれたレシピ名はたしかに「ジャパニーズチーズケーキ」。
ドイツのチーズケーキとちがうのは、ドイツではQuark(凝乳)を使うところが
クリームチーズになっているところ。それはいいんだけど・・・
なぜそれが「日本風」とよばれるんだろう・・・

おいしかったそうです。
あまりふっくらとしなかった、と言っていたけれど。

↓そんな村山さんがこんなものをくださいました
IMG_0611_convert_20170522234131.jpg

これはドイツ語で「メモリー」と呼ばれるゲームで、日本語ではなんだろう。。。
2枚おなじ絵柄のあるカードをぜんぶ裏がえしにしてテーブルに広げて、
おなじカードをたくさん集めたほうが勝ち、というやつ。
うさぎといえばはなこ、という思考回路が脳内に完成している村山さん。
さっそくごはん後のテーブルのうえで遊んでみましたが、

↓違いが微妙な絵がけっこうあってけっこうむずかしい
IMG_0612_convert_20170522234159.jpg


相変わらず来年度の落第が懸念されているこの家の息子くんは
来週からの2週間の休暇のあいだ、いちばん成績の悪い英語をなんとかすべく
マルタ島にある英会話学校短期集中コースに島流しにされることになったそうですw
英語というと英国、なイメージですが、英国はとっても物価が高い。
その点マルタ島はとっても良心的なのだそうで、利用するドイツ人は多いらしいです。
息子くんの場合1日5時間×10日間の授業料は48000円。
滞在は、数人と同室なのですが3食つきで2週間、なんと14400円。
(↑1ユーロ120円で計算しています)
すごーい そんなのわたしも行きたーい


それはともかく、ずっとまえから知っているお友だちとのおしゃべりって
心の栄養、元気をくれますね。
暑さや疲れで体がしょぼくれてると、気持ちもそれに引きずられがちですが
おしゃべりしてごはんをいただいて、ゲームして笑ったりして、
そんなささやかな喜びがとってもおおきなちからになる。


ところで、村山さんはいつもわたしにエプロンを貸してくれるんです。
料理をてつだったり食べたりするのに、服を汚さないように。
自分はしません。自分のはただの室内着だからどうでもいいのだそうです。
自分はしないのに村山さんはいろんなエプロンをもっていて、
このまえ出してくれたのはスペインで買ったというひらひらフリルのフラメンコ風。
今回のは白に水色ストライプの、ちょっとむかしの看護婦さん風。
うしろでリボンを結んでくれ、やだかわいい似あう似あう!と毎回喜ぶのです・・・
エプロンが似あうといわれて喜んでいいのかなんだか微妙なんですが・・・

そういえばわたしも、猫山さんはパジャマ姿が最高にかわいいと思っています。
本人に言う気はないけれど。



Category: お友だち