日帰りフランス


Job Ticketという、職場から提供される定期券をつかっています。

ふつうは定期券というと〇〇駅から××駅のあいだのみ有効だとおもいますが、
このチケットはすごーく広範囲で有効、あちこちに行かれちゃうんです。
しかも週末と祝日は5人までいっしょにただで電車やバスに乗れちゃう。
使わない手はありません。
週末祝日がおやすみ、ということが滅多にないはなこですが、
先週末にチャンスが到来、150年来のお友だち、トルコ人の東山さんといっしょに
土曜日に国境をこえてフランスのヴィサンブールという街へいってきました
ハイデルベルクから電車で2時間弱の旅です

隣駅はドイツ、という国境の街なので風景はドイツとあまり変わらず、
どこでもドイツ語が通じるし、メニューも2か国語が併記されていました。
道ゆくひとびとが話す言葉はフランス語なのですが、あまり
フランスに来たわ 感はなかったかもしれません(笑)


まずは街の地図を入手すべく、観光局のある市庁舎に向かったところ・・・


↓市庁舎まえには市場が出ていました
IMG_0988_LI_convert_20171010031207.jpg
↑これはせっけん屋さんです

↓新鮮なお野菜、くだもの、お洋服・・
IMG_0991_convert_20171010031310.jpg

↓これが市庁舎です
IMG_1070_convert_20171010032203.jpg
↑ちょっと遠すぎた・・

小さな街で、徒歩でかるく行かれる範囲にたくさんの見どころがあります。

↓街のカトリック教会
IMG_0994_convert_20171010031406.jpg

↓街を取りかこんでいた古い城壁
IMG_1023_convert_20171010031740.jpg
↑なんか、無理やり通った跡、みたいなんだけど

↓いたるところに川があって
IMG_1024_convert_20171011023412.jpg

↓橋のある光景がとてもすてき
IMG_0999_convert_20171010031509.jpg

↓秋のやわらかい日差しがそそぐ緑
IMG_1015_convert_20171010031643.jpg
↑ゆたかな時間

↓とちゅう、1着20ユーロのセールを見る東山さん
IMG_1074_LI_convert_20171010032245.jpg
↑けっきょく買いませんでした

↓プロテスタント教会の扉のかわいいノブ
IMG_1043_convert_20171010031927.jpg

↓ふるくて素朴な教会の聖堂で
IMG_1044_convert_20171010032014.jpg

↓東山さんもわたしもお祈りのキャンドルを灯しました
IMG_1045_convert_20171010032054.jpg

日本人が基本的には仏教徒なのとおなじに東山さんもイスラム教徒ですが、
入口がちがってもおなじ神さまよね、といつもふたりで言いあっていて、
それが何教の聖堂であってもきちんと礼儀と誠意を示す東山さん。

↓雨の予報を裏切って1日中青空でした
IMG_1063_convert_20171010032124.jpg
↑でも風はとてもつめたかった

この地方の名物はフラムクーヘンという薄焼きピザなのだそうで、

↓おしゃれな雰囲気のレストランで
IMG_1085_convert_20171010032320.jpg

↓たまねぎとマッシュルームのをいただきました
IMG_1086_LI_convert_20171010032426_convert_20171010034858.jpg
↑いただきます の東山さん(じつはひと口もう食べてあるw)

でも・・・いくら薄いとはいえ大きすぎ・・・
ふたりで半分ずつにすればよかった・・・ けっきょく残りはお持ちかえり。
ほかにはフランスらしく、カエルの足 とか かたつむり がありました。


↓さすがフランスと思ったのは、ケーキがとてもおしゃれでかわいかったこと
IMG_1092_convert_20171010032455.jpg
↑帰りの電車まで時間があったのでここでお茶しました

が、かわいかったけど甘すぎて味はいまいちだったかも・・


なんの話がきっかけだったか、この日東山さんが
見返りを求めずに愛することができるのは神だけである、と言っていました。
なにかシリアスな話の途中だったような気がしますが(←忘れてるし)
それはたしかにそのとおり。

わたしはうさぎを愛しているけど、かわいい、という見返りを受けています。
本気でかわいくない、むしろ害をなす存在を愛することができるかと言われたら
こたえは いいえ、に決まっている。
この日の朝、薄暗いなかで部屋を出てスリッパにつっこんだ足が
冷たい水たまりにびしゃっ!とはまったばかり。
トイレのしつけのできていない野良猫ミオのしわざでした。

もちろん、トイレを使えないのを承知で、夜は寒くてかわいそう、と家に招きいれ、
そのまま寝てしまった誰かが悪いのであって、ミオに罪がないのはわかっています。
でも愛せない。
ぜったいにいやだ。
スリッパかえせ。






スポンサーサイト
Category: フランス