オランダ旅行3/3


その3 ハーレム


というのはわたしたちが2泊した街の名前です。

アムステルダムもそうでしたが、北海が近いので湿度がたかく
カモメが飛びかっている運河の街です。


↓駅からホテルへむかう道
DSC_0001_25_convert_20180515005607.jpg

↓街のシンボル、聖バフォ教会のすぐ近くがホテルです
DSC_0090_8_convert_20180515010107.jpg

↓教会まえの広場はきっと
DSC_0086_9_convert_20180515010047.jpg
↑週末には市場が出て賑わうはず

↓ドイツとちがって煉瓦色やグレーなどの建物が多い
DSC_0104_7_convert_20180515010159.jpg
↑どれもすてき

↓カフェのまえにはたくさんのテーブルと椅子が並んでいますが
DSC_0017_15_convert_20180515005635.jpg
↑この日は寒かったので、ひとりしか座っていませんでした

ホテルはこの聖バフォ教会のすぐ裏にあります。
事前にうさ奈さんとLINEであれこれ相談して決めたホテルなのですが、
口コミには「うるさい」というものがありました。
中心街ど真ん中(←?)ですから、仕方ないといえば仕方ないですが・・

すぐ向かいがレストランだったのですが、わたしたちが泊まったときは静かでした。
週末にはもしかすると遅くまで大勢が食べたり飲んだりして
ちょっと騒々しいのかもしれませんね。
あと、教会のすぐ隣なので、鐘の音が聞こえます。

ヨーロッパはどんな街にも教会があって(街の規模によってはたくさんの)、
毎時間とか毎半時間とか、へたをすると15分おきに鐘が鳴ります。
わたしは慣れているのでまったく気にならないのですが、
そうじゃない日本人にはうるさく感じられるのかも???

↓窓辺のはなこ
1523383049657_convert_20180515045523.jpg
↑うさ奈さん撮影

うさ奈さんは、うさ友ブラックノールさんにいただいたという、
「黄金マスク」を日本から持ってきてくれたんです。
顔に貼って15分、とかいう、いわゆる保湿パックなのですが、
ツタンカーメン顔負けの黄金色なんです・・・

これをふたりしてこのホテルで貼りつけて、
この↑、うさ奈さんが100均で見つけたといううさ耳をつけて
撮影会をしました・・・撮影会なんて平和なものではありませんでしたが。
もう吹きだしちゃって写真を撮るのが難しいんです。
うさ奈さんが金ピカの輝く顔ですごく真面目な顔をしていたのが
もうおかしくておかしくてお腹がよじれて笑いがとまらず・・・
腹筋運動するより効きましたな。

↓翌日は聖バフォ教会へ
DSC_0083_7_convert_20180515010019.jpg
↑活版印刷を発明したコスターさんの銅像が

↓この教会がなぜ有名なのかというと
DSC_0078_7_convert_20180515005959.jpg

↓モーツァルトが10歳のときに弾いたという
DSC_0067_8_convert_20180515005935.jpg
↑パイプオルガンがあるからです

ヘンデルが弾いたこともあるそうです。
残念ながら彼らがすわって触れた鍵盤部分は見られないのですが・・


↓教会の反対側にはアイスクリーム屋さん、向こうは洋服屋さん
DSC_0107_6_convert_20180515010136.jpg
↑教会の建物の一部です

↓街をお散歩していたら
DSC_0047_10_convert_20180515005914.jpg

↓幸運な偶然 ちょうど跳ね橋があがるところでした!
DSC_0024_17_convert_20180515005659.jpg

↓あがりきったところで、船がとおります
DSC_0028_16_convert_20180515005721.jpg

↓なにを運んでいるのでしょう
DSC_0030_16_convert_20180515005745.jpg

↓なかなかのスピードで去っていきます
DSC_0035_15_convert_20180515005810.jpg

↓2隻の船をとおしたあと、橋はまた閉じて
DSC_0039_16_convert_20180515005831.jpg

↓待っていた人々が渡ります
DSC_0043_11_convert_20180515005853.jpg


跳ね橋というとゴッホの描いた「アルルの跳ね橋」が有名です。
わたしの祖母の家の暖炉のうえには、この絵が飾ってあったので
わたしは子どものころから暖炉にのっては(お行儀悪い!)しみじみ眺めたものです。

子どもって、おなじ絵を見ても大人とは入りこむ深さがちがいますよね。
わたしも子どものころに見た絵はすべて単なる風景ではなく、
空気のにおいも風の強さも草の感触も流れる水音も知っています。
背景はちがうけど、本物の跳ね橋を見ることができて嬉しかった

ドイツへのバスは15時発だったので、
チェックアウトしたあと、駅のちかくでお昼を食べて乗り場にむかいます。

↓店内から外をながめる
DSC_0119_5_convert_20180515050225.jpg

↓ミートボールに次ぐ(?)オランダ名物のコロッケ
DSC_0118_5_convert_20180515045559.jpg
↑お皿が大きすぎてトレイからはみだしてます

お腹いっぱいになったら電車にのって、ふたたびスローターダイク駅へ。
おととい降りたバス停から、緑の2階だてバスに乗りこみます。

おもしろかったのは、1階席に「ビジネスクラス席」と札が貼ってあって、
乗りこむ人たちみんな、
チケット確認の運転手さんに上へ行くように指示されていたのですが、
どういうわけかわたしのチケットとパスポートを手にとった運転手さんは、
1階にすわっていいよ、空いてるから快適だよ、とウィンク。
???????

そもそもこのバスは全席料金一律のはずで、ビジネスもなにもないはず・・
そして最終的に「ビジネスクラス」にすわったのはうさ奈さんとわたし、
あともう一組、英語を話す若い女性2人の2組だけでした。

なぜ。
いったいなにを基準に上と下に分けているのか・・・
性別で分けているのではありません。2階席にも女性はいました。
年齢・・っていうわけでもなさそう
ほんと謎でした。降りるとき訊けばよかったーーー!!
でもおかげで静かで空いていてほんと快適でした

ぐんぐんぐんと7時間強かけて南下し、ドイツで下車して気づきます。
ドイツ、湿度低い!というか、オランダ湿度ほんとに高かった!
この湿度の低さが肌や髪になじんで快適です
やはり老後は、日本でも海なし県に住みたいものです。

最後にアムステルダムの写真をすこし。

↓大都会らしい人の数
DSC_0120_5_LI_convert_20180515223507.jpg

↓トラムや自転車
DSC_0126_4_LI_convert_20180515223605.jpg

↓大都会らしいヘアスタイル
DSC_0128_5_convert_20180515223857.jpg

↓駅まえ運河
DSC_0132_6_convert_20180515223922.jpg





スポンサーサイト

オランダ旅行2/3


その2 キューケンホフ公園


去年、来年も行きたいな行かれるかな、といっていたキューケンホフ。
本当に今年も行くことができました

↓2018年版パークガイドブックと入場券
IMG_2036_convert_20180507043415.jpg
↑ペラペラ海くんもいっしょでした

あまり出番はなかったけど・・・わたしの未熟な撮影技術のせいで
なぜって手前の海にピントをあわせると背景がぼやけ、
背景にあった!と思うと手前の海が・・といった具合でして

↓また来たよー!!
IMG_1917_convert_20180507050527.jpg


去年訪れたのは4月の末、今回はそれより2週間ほどはやかったし、
この冬はとても長く例年より寒かった、というのもあるのでしょうね。
チューリップ、ほとんど咲いていませんでした・・
ドイツでも、暖かい日がつづいたあとで一気にマイナス15℃ほどまで
さがったおかげで、ふくらんでいたつぼみがだめになってしまった、
というのが多かったみたい。オランダはもっと寒いのでなおさらかと


↓咲いてるところもあるんだけど
DSC_0224_3_convert_20180507050324.jpg

↓ほとんどのチューリップはまだつぼみ
DSC_0279_1_convert_20180515004935.jpg

↓ヒヤシンスや水仙は咲いていました
IMG_1978_convert_20180508024333.jpg

↓いいにおい
IMG_1981_convert_20180508024350.jpg
↑ひろい庭があったらこんな植えかたしてみたい。でも川もほしいな(←欲深)

↓こちらは水仙
IMG_2024_convert_20180508024612.jpg
↑木々がまだ裸です

↓いつ降るかわからない予報、くもり空
IMG_2013_convert_20180508024548.jpg
↑人々もなんだか寒そうに見えます

↓屋内のチューリップはきれいに咲いてました
IMG_1943_convert_20180508024138.jpg

↓いろんな品種
IMG_1958_convert_20180508024257.jpg

↓いろんな色
IMG_1961_convert_20180508024314.jpg

↓いろんなチューリップがあったけど
IMG_1946_convert_20180508024200.jpg

↓わたしはこういう「チューリップ」なチューリップがすき
IMG_1953_convert_20180508024240.jpg

↓光に満たされてる花のかたち
DSC_0156_5_convert_20180507043525.jpg

↓横はヒヤシンス、縦はまだ咲いていないチューリップ
IMG_1999_convert_20180508024527.jpg

↓去年は本当に適当に無計画に出かけただけで
IMG_1998_convert_20180508024509.jpg
↑開花状況なんて調べもせずにいったけど

↓それにしてはすばらしい幸運に恵まれたんだなと思う
IMG_1985_convert_20180508024441.jpg


↓小動物広場は今年もあって白うさぎもいたけど
IMG_1931_convert_20180508022016.jpg
↑からだの大きな赤い目さんで、海には似ていませんでした

↓あまり咲いていなくても
DSC_0259_1_convert_20180508021926.jpg
↑光があたるとやっぱりきれい

↓今年も世界各国からたくさんの観光客がきていました
DSC_0220_3_convert_20180507043450.jpg

↓うしろの建てものはおみやげ屋さん
DSC_0285_1_convert_20180507050419.jpg


去年は「おみやげ」というものを事前に考えていなくて、
ゴッホ美術館にいろんなグッズやゴッホミッフィーが売られているのを見て
はじめてそのことに思いいたったのですが
そのための予算もかばんのなかのスペースも用意がなかったので・・・
ので・・・ キューケンホフでちょっぴりのチューリップグッズを買っただけ。
おみやげが足りなくなって、自分用に買ったものも人にあげてしまったので、
今年はそれと同じものを、今度こそ自分用に買いました!
けど・・買ってしまうと別になくてもよかったような気になるのはなぜw

↓おみやげ屋さんそのものは魅力的だけど
DSC_0287_1_convert_20180507050507.jpg
↑チューリップ、かわいい~

↓そういえばこんな牛さんがいまして
IMG_2010_convert_20180507050557.jpg
↑この子のミニチュア版も売られていました(やたら高かった!)

↓アイスを食べながら歩いている観光客に羨望のまなざしをそそぐ
IMG_2011_convert_20180507050612.jpg
↑いいなぁー、アイス・・・ ←よだれ


牛さんの代わりに、わたしたちもアイスを買って食べましたよ
ひろい空のした、花畑を見ながら食べるアイスはとってもおいしかったです





オランダ旅行1/3


その1 風車と木靴の街

4月の10日から2泊3日で、ふたたびオランダにいってきました!
去年とおなじく、長距離バスは午前1時ハイデルベルク発、
朝の8時すぎにアムステルダムに到着です。

↓これは帰りに撮った写真ですが
DSC_0132_7_convert_20180505052951.jpg
↑こんな2階建てのバスで行って帰ってきました

すっかりおなじみになった緑の車体、FLIXBUS。
とても安くあちこちにいかれてとても便利です(←宣伝)

今回はドイツに遊びにきていたうさ友うさ奈さんといっしょに、
去年よりもオランダらしいオランダを見てきましたよ。
なんたって初日からオランダといえばこれ!みたいな風車と木靴を。



↓なつかしいアムステルダム中央駅
IMG_1742_convert_20180505053434.jpg
↑全体を写真に入れるのが難しい・・・

↓駅のコインロッカーに荷物を預けて
IMG_1751_convert_20180505053836.jpg
↑駅の裏にあるバス乗り場へ

↓バスのなかの、ICカードをピッってする機械
IMG_1758_convert_20180505053655.jpg
↑わたしたちのは紙の切符でしたけど

↓バスからの眺め
IMG_1764_convert_20180505053715.jpg
↑のどかでいいな

ドイツからの長距離バスのなかではもちろんほとんど寝ていませんので
ぽかぽかに日のあたるバスにすわっているともう大変です
眠~~~い

が、ふわふわとバスを降りてよろよろと進んださきにこんな看板を見て

↓ようこそ
IMG_1765_convert_20180505055241.jpg
↑ばっちり目が覚めます

そしてそこからすこし歩くと、見えてきました!

↓きゃー
DSC_0065_7_convert_20180505055322.jpg


↓ここは風車と木靴の街
IMG_1797_convert_20180505055453.jpg
↑ザーンセ・スカンス

↓わたしはうさ友さんがつくってくれた海くんTシャツでいきました
1523382639712_LI_convert_20180505191151.jpg
↑撮影・うさ奈さん

↓いっしょにきたよ!
IMG_1829_convert_20180505063330.jpg
↑うさ太くんの分身と海の分身

海のぬいぐるみ。
これは海がお空に帰ったばかりの当初、
ケージのなかに骨壺がある光景がさみしくて悲しくて、
この、胴体部分が袋になったぬいぐるみを壺にかぶせてあったんです。
安定せずに首がまがっていたり仰向けになったりして大変そうなのでやめて、
でも、このにこにこした顔がなんだか海みたいで、
以来海の代わりになっていつもわたしの枕元にいるんです。
日本にも、去年のオランダにもポーランドにもいっしょにいきました。

↓木靴がデザインされた家
DSC_0080_6_convert_20180505191240.jpg

↓大きな木靴も!!
DSC_0081_3_convert_20180505191305.jpg
↑駆けよるうさ奈さん

もちろん、この巨大な靴を履いて写真を撮りましたよ
ここは小さな街なのですが、とてもオランダらしくかわいらしくて
観光客もいっぱい。おみやげ屋さんもあるし、木靴工場見学もできます。

↓木靴の博物館内
IMG_1801_convert_20180505063147.jpg

↓工場の歴史
IMG_1803_convert_20180505063209.jpg

↓実際につくってるところを見せてくれます
IMG_1814_convert_20180505063247.jpg
↑機械なんだ・・ 手で彫るのかと思ってた

↓写真や動画を撮る観光客たちの頭上には
IMG_1812_convert_20180505063309.jpg
↑かわいい色の木靴たち(売りもの)

↓おみやげ屋さん、かわいいー
IMG_1822_convert_20180505230200.jpg
↑さすがオランダ、木製のチューリップもあります

↓人が普通に住んでいるかわいい家々
DSC_0090_7_convert_20180505191408.jpg

↓そぞろ歩く観光客たち
DSC_0086_8_convert_20180505191344.jpg

↓野鳥もまざっています(矢印のところ)
IMG_1871_LI_convert_20180505194033.jpg

↓オランダの衣装を着たミッフィーちゃん
IMG_1863_convert_20180505063352.jpg
↑隣はチューリップのなにか・・

↓いいなぁ、住みたくなっちゃう
IMG_1876_convert_20180505194844.jpg

↓この日はお天気がよく、でも涼しくて気持ちよく
IMG_1854_convert_20180505194715.jpg

↓眠いのも忘れてはしゃいだ、すてきな一日でした
IMG_1844_convert_20180505194654.jpg

↓そうそう、チーズも売ってた!
DSC_0114_2_convert_20180505191455.jpg

↓オランダ!っていう感じですよね、この丸いチーズ
DSC_0116_3_convert_20180505191517.jpg


↓去年もきたけど
IMG_1782_convert_20180505192119.jpg

↓今年はじめて見たオランダらしい風景
IMG_1771_convert_20180505063118.jpg



このあとアムステルダムまでもどって、小さなお店で夜ごはんを食べましたよ。
去年はオランダのこれ、というものは食べませんでしたが(←食に興味なし)
今回は名物らしいミートボールとマッシュポテトをいただきました





いつもどおりの


うさ友さんといっしょの、12日間の休暇がおわって
オランダ2泊3日旅行からも無事にもどり、
またいつもどおりの日々がはじまりました。


↓なつかしいアムステルダム・スローターダイク駅
IMG_1729_convert_20180416034957.jpg


↓そのとなりには去年もお世話になったコンビニがありまして
IMG_1728_convert_20180416035021.jpg


↓こんなチーズがありました(買わなかったけど)
DSC_0046_12_convert_20180416035045.jpg


↓キューケンホフには今年も白うさぎさんがいました
IMG_1933_convert_20180416035130.jpg


はなこ、現在疲労困憊、電池残量完全0状態でございます。
しばらく充電します。