FC2ブログ

はなこ母がきたよ3/3


パリからもどったのが水曜日の夜。
それから母が帰国する月曜日まではなんだかあっという間でした。

翌日はゆっくり休むことにして、
パリで買ったおみやげをこれは誰に、あれは誰に、と分けたりして、
おしゃべりしつつのんびり過ごしました。すくなくとも午前中は。
午後からはまた街をぶらぶらしに行ったけど。

母のドイツ滞在、後半のすてきな予定は すき焼きパーティー でした。
母はこのために日本から高野豆腐やしいたけを持ってきていたんです。
アジアショップにはわたしが探したかぎり焼き豆腐はなかったので、高野豆腐で。
しらたきはありました
イレギュラーなメンバーだったのは芽キャベツくらいで、あとは日本のすき焼きです

お友だちの和田さん(仮名)が、すき焼きのつくりかたを覚えたいと言っていたんです。
そこで、るり子のキッチンで母が説明しながらお料理。
おじいちゃんはもともと食べ慣れたもの以外は嫌がるせいもあって
るり子が18時まえにパンやプリンといっしょに寝室に押しこめてしまいました

牛肉は和田さんが買ってきてくれました。
お肉屋さんに、できるかぎりりうすくスライスして、と頼んだそうだけど、
日本にある「すき焼き用のお肉」よりはやっぱり厚みがありました。
(↑ハムをスライスする機械をつかったそうです)


↓炊き込みごはんとおみそ汁も
1539461661887_convert_20181027051654.jpg
↑はい、ナイフとフォークでいただきました(人物はるり子、和田さん、はなこ)


ひさしぶりの日本の味はとってもおいしくて、たくさん食べちゃいました。
お昼に食べた巨大ハンバーガーのおかげでお腹いっぱいだったんだけど。

和田さんは母にいまの日本のあれこれについて話を聞いたりして、
ふたりともとってもたのしかったみたい
るり子はしらたきがお気に入りでしたよ。
芽キャベツが意外とよかった。




凄まじい快晴の日曜日は、トルコ人のお友だち東山さん(仮名)ご夫婦が
車で迎えにきてSpeyerにつれていってくれました
東山さんは、わたしがはじめてドイツにきて通っていた語学学校で
となりの席だったお姉さんです。かれこれ2世紀くらいのつきあいになります。


↓母とはなこのうしろにあるのが、有名な大聖堂
y5juhm_convert_20181027051725_convert_20181106185252.jpg
↑ツーショットは今回はじめてかもしれない・・

↓東山さんにポーズを指示されるご主人と
DSC_0019_33_convert_20181027052030.jpg
↑自分もフレームにはいっていることに気づいていない母

↓大聖堂は実際に見ると奥行きがあってすごい迫力です
DSC_0034_32_convert_20181027051953.jpg
↑母はここでもキャンドルを灯していました

↓街をお散歩して、カフェの外席でアイスコーヒーを
DSC_0118_6_convert_20181106203118.jpg
↑外だとけっこう排気ガスだし、夏だと虫も飛んでくるけどやっぱり気持ちいい

・・・・・・かも。
もうすこし涼しかったら。

といっても、冷房なしなので店内のほうがむし暑いということも

↓もうひとつ、東山さんおきにいりの教会は
DSC_0067_13_convert_20181027051843.jpg
↑青の天井がすばらしく美しい

↓ここでもパイプオルガンの演奏(練習)をしていて
DSC_0070_11_convert_20181106203201.jpg
↑はなこ母は大喜びで動画を撮っていました


おふたりが夕飯をごちそうしてくれました

↓またしてもお外の席で
45serdftg_convert_20181027051640.jpg
↑東山さんとご主人とはなこ

ご主人のことも2世紀まえから知っていますが、
以前はもっと、なんというか立派な体型でいらしたんです。
そのままでは健康に問題があって必死にダイエットをしたと聞いていましたが
すっかり痩せて、道ですれちがってもわからないくらいに

↓母とわたしの飲みものはアイスティー
DSC_0134_7_convert_20181106205107.jpg
↑母のはラズベリー、わたしのはレモン グラスがとってもかわいい


ご主人は最近マツダの車を買ったのだそうで(届くのは来年1月だとか)
母と車の色について盛りあがっていました。マツダの赤はきれいなんだとか?
とてもやわらかく賢い東山さんのことも好きになってくれたようで、
言葉がつうじないなりにあれこれコミュニケーションして
通訳(はなこ)がトイレに行っているあいだなども滞りなく会話していた模様
暗くなり、肌寒くなるまでおしゃべりしました。


↓仏像が飾られているショーウィンドウのまえで
po7u6ytrgfd_convert_20181027051740_convert_20181106185137.jpg
↑ポーズをとる母とご主人・・・

仏像の膝のうえに商品が飾ってあったりして母びっくりw


ドイツとパリの思い出をぎっしりつめたスーツケースをもって
翌日は空港へ。バス乗り場まではるり子が送ってくれました。
母はずっと、帰りたくないなぁ、と言っていました。
それくらいドイツが気に入ってくれて本当によかった



↓空港はおそろしい
DSC_0010_43_convert_20181106220759.jpg


出迎えるときは、バカンスな雰囲気が心楽しくてわくわくする場所なのですが
見送りや、自分が日本を去るときにはまるで刑務所のように寒々しく見える(←主観)


↓2時間のあいだにこれだけの飛行機が飛ぶなんて
DSC_0007_42_convert_20181027052056.jpg
↑それを考えるのもおそろしい・・・


そのうち帰国するから、
これまでみたいに次に会えるのは1年や2年後、ってわけじゃないから
とくに悲しいつもりはなかったんだけど、別れる段になるとやっぱり・・・
いえ、母が最初に泣いたからつられちゃったんですよ~ しくしく
お見送りで、6歳くらいのハーフの女の子が、
たぶん、日本から遊びにきていたおばあちゃんのお見送りなんでしょうね、
立ちつくして、税関のむこうをみてずーっとしくしく泣いているんです。
うつるからやめて~

数世紀ドイツで暮らして、そのなかで誰かが遊びにきては帰っていったり、
わたしが帰国してまたドイツへもどったり、たくさんのお別れがありました。
とくに祖父母なんかは、もうこれきり会えないかもしれない、と思うのでしょうね。
わたしが最後の訪問を終えて祖父母宅を去るときはいつも、
門のまえでずーっとずーっとずーっと手をふっていて・・・
いちばん別れが悲しそうだった父方の祖母はいまも健在ですが(←余計)


母が帰還して3週間。ドイツは(ふたたび)晩秋になりました。
そろそろひと月用コンタクトレンズの替えどきです。







スポンサーサイト
Category: ドイツ旅行

はなこ母がきたよ2/3


ここに載せる写真を選びながらあらためてながめていると
なんだか不思議だな~としみじみ思うことがあってそれはなにかというと
わたしのドイツでの友だちとはなこ母がいっしょにうつっている写真なのでした。


わたしにとってドイツで暮らしながらつくりあげてきたはなこワールドと
日本にもっているそれのふたつは、はっきり分かれた別の世界。
あちらの友人のことをこちらの友人に話したりはしていても、
そのふたつは混ざりあうことなくそれぞれ独立していたんです。


いつもひとりで歩くるり子邸への坂道を母とのぼったり、
いつも利用しているスーパーでいっしょに買いものしたり、
職場のテラスにいっしょに立ったり、
いつもひとりですわる食卓のむかいに母がすわっていたり。
いっしょに飲むお茶。持ってきてくれたおみそ汁。
でもやっぱり母だからすぐなじんで、いるのが普通になるのもはやく。

いま写真をみてるとあらためて、やっぱりなんだかすごく特別な時間だったと思う。



毎日が昨日よりもっと晴れてるみたいな日々のなかのある1日は、
電車で20分ほどのちいさな町、Neckarsteinachへ。
この町は、先月行ったことは行ったけどなんにも見られなかったという
むかつく出来事のあった場所なのですがその話は後ほど、ということで、


↓この日、母といっしょに見られてよかった
DSC_0003_56_convert_20181021051116.jpg


↓4つの城を持つ町、として有名で
kujgh_convert_20181021052524.png
↑母のうしろ、ネッカー川沿いにそのうちのふたつが見えています

↓かんかん照りのなか歩いて
DSC_0025_27_convert_20181021051823.jpg
↑山をのぼってそのうちのひとつにたどり着いたはずが

なぜかそのひとつを通過してそのもうひとつむこうまで行っていた悲劇(←)

↓でも眺めはすばらしかったです
DSC_0022_28_convert_20181021051717.jpg
↑晴れすぎてるけど、晴れてる意味はあった

↓歩いてるひとの多くはハイキング装備
DSC_0024_28_convert_20181021051753.jpg


↓山をおりてから入ったカフェの
DSC_0034_27_convert_20181021052349.jpg
↑ほどよい甘さのアイスコーヒーと半分このケーキがおいしかった


↓ハイデルベルクいきの遊覧船
DSC_0031_28_convert_20181021052223.jpg


↓電車で20分だけど、船だと1時間半くらいかかるんだけど、
DSC_0006_57_convert_20181021051213.jpg
↑ゆったり川岸の景色を見ながら戻ることに

↓女王シルヴィア号
DSC_0004_52_convert_20181021051147.jpg


とうぜん、ドイツ人たちは競って炎天下の甲板へ。
屋根があって陰になる室内にとどまったのはわたしたちのほか数名だけ。


↓まぶしすぎて写真が暗くなってしまう・・・
DSC_0009_44_convert_20181021051323.jpg
↑はれはれなのはまあラッキーなんだろうけど・・・


母のラッキー、天候の次はパイプオルガン。
どこの教会でも、はいると演奏かリハーサルか練習をしていて、
練習だと1曲ぜんぶを弾きとおすことはしないんだけど
それでもパイプオルガンのすばらしい音色、響きをたのしめました


↓どこの教会でも、はいるとかならずキャンドルを灯す母
DSC_0035_24_convert_20181024045314.jpg
↑なにをお祈りしていたのかな?


この次の日、パリへむかいます






Category: ドイツ旅行

はなこ母がきたよ1/3


はなこ母がドイツにきたのは10月2日火曜日の夜でした。

前回の記事にも書きましたが、そのころのドイツはちょっと晩秋だったんです。
外気温は忘れましたが、室温はほうっておくと17℃程度に。
暖房をいれても明け方はちょっと肌寒いかな、というくらい。
(↑夏用のおふとんと半袖パジャマだったせいも)

なので、上着のしたにセーターを着こんでお出迎え


↓和田さんの娘さんのおさがり(笑)
2018102123361734b_convert_20181022003722.jpg
↑ちょっと大きいけどかわいいうさぎさんセーター


一方、到着した母はうすいコート一枚。
日本がとても暑かったので、ドイツの寒さが想像できなかったみたいで、
だいじょうぶかな、まあわたしのコートを着てもらえばいいかな、と考えましたが、
母が来たとたん、ドイツ・はなこ地方に夏がもどってきました・・・


電車だとどうしても乗りかえがあるし時間がかかりすぎるので、
今回はエアポートシャトルバスを使いました。
空港内のミーティングポイントにすわって待っていれば
運転手さんが迎えにきて荷物まで持ってくれるという優れもの
1時間でハイデルベルクに到着です!

はなかい部屋に入ってすぐ、海は母に抱っこしてもらい話しかけてもらいましたよ
海、よかったねぇ、ママがきたよ!
(↑海にとってわたしは「はなこ」、はなこ母は「ママ」なのでした)

そして母には滞在中、枕元に海がいるはなこベッドをつかってもらいました。
わたしはそのひとつうえの階にある、キッチンと隣あった部屋で寝起き。
ここは最上階で、電波が届かないのかほとんどネットにつながらないんです・・
ので、ブログ更新はできませんでした いえ、時間もなかったし。

飛行機の旅と時差で疲れていたら1日家でゆっくりしてもいいしね、
と思っていましたが、はなこ母はぴちぴちしていて翌日から毎日たくさん歩きました


↓この日は祝日、お店がおやすみなので閑散としているメインストリート
tghbn_convert_20181021052750.png
↑母は開いているおみやげ屋さんをよろこんで見てまわり、

↓到着翌日にして日本のお友だちへのおみやげを購入
yhgf_convert_20181021052850.png

↓登山電車でこのお城までひと駅です
pol_convert_20181021052627.png

↓お城のテラスには観光客がどっさり
DSC_0027_26_(1)_convert_20181021051847.jpg
↑崩れそうな壁がちょっとこわい・・

↓お城から見おろすハイデルベルク旧市街
DSC_0029_26_(1)_convert_20181021052151.jpg

↓有名な橋のうえも観光客でいっぱい
DSC_0027_27_(1)_convert_20181021051912.jpg

↓晴れ女の威力
DSC_0028_27_(1)_convert_20181021051940.jpg
↑晴れてきた・・・

↓おみやげ屋さん
DSC_0018_31_convert_20181021051549.jpg




ところで、べつのある日。やはり晴れ
わたしが元夫・おじさんと暮らしていたおじさん村での親しい友だち、
ドイツ人の村山さん(仮名)が、わたしたちをランチに招待してくれました


↓おじさん村入り口にいつもいるヤギたち
DSC_0003_54_convert_20181021051022.jpg
↑ずっと6匹だったのに、この日は5匹しかいなかった・・・


村山さんは「ほっかいどう」というかぼちゃと生姜をつかったスープ、


↓ぐるぐるはバルサミコ酢だそう
DSC_0008_45_convert_20181021051259.jpg


それから画像はないのですが、サーモンにチーズとナッツをのせてオーブンで焼いて
ポテトといんげんを添えたもの、マンゴームースを作っていてくれました

かぼちゃのスープというとクリーム系で甘みのあるものがおおい気がしますが、
このぐるぐるスープは塩味で、生姜がかなり利いていてとてもおいしかった
村山さんは母が日本からもってきたおせんべいやもなかを喜び、
わたしが通訳をしていろんな話をしましたが、
日本語ができなくて直接母と話せないことをとても残念がっていました。
それはもちろん母も同様。
そうはいっても通訳を介しても話題は尽きずとても楽しかったようで
スープ以外一枚も写真を撮らずにおわってしまいました(笑)


はなこ母はわたしにもいろんなすてきなものを持ってきてくれましたよ
歯ブラシとか

わたしはそのうち帰国するので、その際にはたくさんのものを空輸しないといけないので
母もそこを考えて消耗品だけを厳選して(笑)持ってきました。
おせんべいやたまごボーロ、カレールウ、具の入ったおみそ汁のもと、靴下。
チキンラーメン、雷おこし、茎わかめのなんとか。
高野豆腐と乾燥しいたけ←これはあとですき焼きにつかうのです。


つづく




Category: ドイツ旅行