再び通院

お久しぶりです。
またしてもご無沙汰しておりました。
またしても海が体調を崩しておりました

前回とまったく同じ症状です。
食べない、出さない、動かない。
翌日の朝一ですぐに病院へ行きました。

またしてもお腹がガスでいっぱい。
お腹は動いてぐるぐる言っているのにが出ない。
1回の通院では良くならずに、翌日も病院へ行ったところも
前回と同じ・・・ 大量の輸液と注射も前回とおそろい・・・
今回はさらに排便を促すためのパラフィン油が処方されました。

そして2日半の便秘期間を経てやっと出た
これまた前回と同じ普段の4倍ほどの、粘液に包まれたもの。
そのあとは渋滞していた後続が続々と出て、
海はすぐにすっきりとした顔になってご飯を食べはじめました

これをなんとか出そうとがんばっている海はかわいそうでした
なんにもしてやれない、なんの手助けもできない辛さ。

相手が動物でもヒトでも、
どんなことでもしてあげるよ、っていうくらい愛していても、
気持ちだけあっても実際はなにもできないことがどれだけ多いか。
なんだかヒトという存在の悲しさを突きつけられるのです・・・に。

獣医さんの言うとおり、暑さと気温の変化と年齢が原因なのか、
それとも他になにかあるのか・・・

前日の夜、メロンを食べさせたのがいけなかったとか??

↓ひとつ取っていいよ、と言ったらあっちこっちかじって味見をし、
DSC_0445_convert_20150719211528.jpg
↑一番おいしかった(らしい)のを取りだして食べる海

↓あとははなこが食べていいよ
DSC_0443_convert_20150719211425.jpg
↑ぼくの歯型つき、倍おいしいよ!


元かかりつけでもらった強制給餌用粉末、ドイツメーカーのもの、
未開封のものがまだあったので、前回はそれをあげていました。
でも、ものすごく嫌がって抵抗するんですね。
まあ、病人食なんておいしくはないだろうし、
シリンジで無理やり口に突っ込まれるのは不愉快に違いない。
そう思っていました。

今回、もう在庫がなかったのでひと袋お願いしたのですが、
いただいたのはこれ。

↓OXBOWのクリティカルケア
DSCN1739_convert_20150718023105.jpg
↑日本ではおなじみの強制給餌粉末ですね

これ、海は喜んでシリンジに吸いついてくるんです。
どんどん飲み込んでくれるのですぐに終わります。
前回は嫌がって暴れるので周りに飛び散って
えらいことになっていたのに・・・そんなに味がちがうの???

OXBOWは海の大好きなものをいろいろ出しているメーカーです。
ここのバーリービスケットは大好きなおやつだし(高いけど
皮膚・毛並み用サプリもこのメーカーのもの。
病気のときも喜んで食べてくれるなんて、本当にありがたいです


・・・で、ブログに書こうと思っていたことがたくさんあったはずなのに
寝不足の頭から流出して行方がわからなくなってしまいました
明日はやっとお休みなので、少しゆっくりして頭を復活させなくては。






スポンサーサイト

40℃の週末のこと・胃腸停滞

この週末、ドイツ・はなこ地方は本気で猛暑でした
木曜日からすでに暑く、土日はサハラ砂漠でした
土曜日の予想最高気温が40℃、
予想なので、実際には39.9℃だったのか
46℃(←はなこ的体感)だったのかは不明ですが、
冬の女、はなこには地獄のようでした。

そんな、引きこもる以外健康を守るすべのない週末に
海が体調を崩してしまいました・・・
結果を先にお話しすると、いまは回復に向かっています。
が、この週末は猛暑と不安とのダブルパンチでした
少し痩せたかも(←ほのかな期待w)

40℃の土曜日、連れ出すのはためらいましたが、
手遅れになると困るので保冷剤と一緒に海をかごに入れて
車のクーラーをがんがん効かせて病院へいってきました。

金曜日の夜からをせず食べなくなった海。
レントゲンを撮ってもらったところ、お腹はガスでぱんぱん。
心配していた胃に異物や腸閉塞などはなく、
おそらくここ数日の気温差と猛暑による胃腸停滞だとのこと。
高齢の子には多いんですよこういう天候のときには。
ましてこういう障害のある子は体力消耗しやすいですし。
・・・だそうです。

ある獣医さんが言っていたのですが、
彼にとってうさぎで一番怖いのは胃腸停滞なのだそうです。
手術をしたうさぎで、手術そのものはうまくいったのに
ショックかストレスか、胃腸がまったく動かなくなってしまい、
けっきょくそのままお空に・・・
ということが実際あったそうです。

ぶっとい注射器でリンゲル液を2本分打たれ、
胃腸を動かす注射を打たれ、海はぶよぶよになってしまいました。
ガスを抜く薬と、腹痛を和らげる薬をもらい、
帰りの車のなかでは牧草をつまんでいました。

輸液ってかなりの量を一度に入れますけど、
体に吸収されるまでに時間がかかるんですよね。
腹部がぶよぶよの海は横たわることも体を伸ばすこともできず
ずっと大儀そうに座っていて逆に疲れ果ててしまったのか、
ひと晩経っても一向に回復せず、お腹もむしろさらに張ってきて。

予想最高気温39℃の日曜日。
また病院へ行きました。

そこでまた輸液をたっぷりと打たれ、今度は浣腸をしてもらいました。
そして排便を促す薬をプラス。

注射をしてもらって薬も飲ませているのに、一向に胃腸が動かない。
外は酷暑、病院の待合室には冷房がない、輸液のせいで休めない。
ずっとまともに食べてないから体力も落ちているはず。
わたしは日曜日の朝の時点で、
もう海は助からないのではないかと思ってひとりぼろ泣きでした
そして日曜日の夕方にいびつなを見たときはさらに。

↓うさ耳マットのうえで休む本日の海
DSCN1692_convert_20150706223745.jpg
↑3日分の疲れがたまっているのでしょう、ぐったりです

それでもが出て、
好きなものだけですが、食べ始めているので、
時間がかかるかもしれないけど良くなってくれるはず。

そして今日月曜日は30℃。すばらしいです
え、30℃?じゅうぶん暑いですよね?
でも40℃のあとでは、10℃涼しいわけですから
外の空気がすがすがしく感じられます。

そして明日も30℃台ですが、水曜日は23℃の予報です。
いまのところ海は冷房のある居間で休養していますが、
水曜日になったら海部屋に戻してもだいじょうぶかな。

ところで、病院は日曜日は急患のみの対応なのですが、
待合室にはわんちゃんとねこちゃんが数匹いました。
みんなこの暑さでやられてしまったのでしょうか・・・


うさぎの病気・ムコイド腸炎

体調を崩してから約2週間が経過した海は
もうすっかり元気になっていつも通りに過ごしています。
ブログ更新おさぼりのせいで海を心配してくださったみなさま、
ごめんなさい。そしてありがとう。

↓もう元気だよ!
DSCN1403_convert_20150514204208.jpg
↑ごはんもいっぱい食べてるよ!


2週間まえの金曜日は、ドイツは祝日でした。
(そして今日、木曜日も祝日です・・・
お昼ごろから何も食べなくなり、●をせず、動かなくなった海。
最初はうったいだと思って、しばらく様子を見たあと
常備薬を飲ませました。いつもは1~2時間もすれば良くなるのですが
このときはまったく改善が見られず。
耳が冷えていたのでヒーターとカイロとで暖めました。
普段のうったい時とちがうのは、やたらと水を飲むこと。
そしてうさぎらしくない無色透明なおしっこをたくさんしました。

土曜日の朝にやっと少し出た透明な粘液に包まれた●、
うったい後の●とは明らかに違います。
そして診断結果は「ムコイド腸炎」 (Mucoid Enteritis)
ムコイドは、ここでは粘液のことです。

これは、なんらかの原因で本来弱酸性であるべき腸内環境が変化し、
悪玉菌が増殖、メタンなどの毒ガスが発生。
子うさぎなら陽性毒血症で亡くなることもあるそうです。

この悪玉ガスから腸内粘膜を守るために粘液が分泌され、
それが●と一緒に出てくるので異常事態に見えますが、
粘液自体は腸ががんばった証拠なので問題はないそうです。
そして腸内の毒素を薄めるために多飲になるとのこと。

そのあとまた粘液に包まれたいつもと違う●がたくさん出て、
それから普通の●が普通に出るようになりました。
印象としては、これが渋滞していたために
後続がストップしていた感じ。

多飲多尿には他の原因(腎不全とか)もありえるし、
海の場合はエンセファリトゾーン再燃の可能性もあるということで
(エンセは主に脳、目の角膜、腎臓などに症状が出ます)
月曜日には血液検査もしてもらいました。
こちらの結果は数値に異常なしでした。

↓そうだよ、こんなに元気なんだってば
DSCN1364_convert_20150513201945.jpg
↑異常なしにきまってるでしょ

治療方法としては

1.抗菌剤、抗炎剤などによる援護射撃
2.下痢止めなどによる腸粘膜の保護
3.消泡剤でガスを小さくして排泄を促す
4.繊維質の積極的な補給

などがあるそうですが、
大人うさぎは基本的に自然治癒することが多いので
これらは必須ではないとのことです。

病院では一応(?)抗菌剤バイトリル6日分が出ましたが
あまりに嫌がるのでストレスが大きそうなのと
あまりにひどいにおいなので(←主観)2日分しか与えませんでした・・

バイトリル。
ニューキノロン系抗菌剤。
これは微生物から作られる抗生物質とはちがって、
人工的、化学的に合成された薬剤です。
漢方薬など自然由来の薬もすごいにおいのものがありますが、
バイトリルのにおいはなんだか生理的に嫌なにおい(←主観)
味自体は、苦くてまずいですがそれほど激烈ではありません。
ただ、そのにおいと風味が(←主観)
おまけにそのせいかおしっこも薬くさくなってしまって
マットを洗っても1度では落ちないというものすごさ・・・
(いえ、決してバイトリルの悪口をいうつもりでは
おしっこのにおいは、腸炎の影響もあるかもしれませんしね。
ちなみにバイトリルはお腹にとっても優しいお薬です(←褒めておく)


牧草もおやつも食べず●をせず、と
一見うったいと区別がつきにくい症状なのですが、
海の場合、わたしが気付いたこととしては、
うったい時とちがって、

1.良いお顔をしている、目がいきいきしている

2.食べないけど、おいしいものに興味を示す
  ものによっては食べることもある

3.多飲多尿

4.撫でるとぐりぐり言って喜ぶ


注 うさぎには個体差があります。
  これはあくまで海の場合ですので、あまり参考にせず
  おかしいと思ったらすぐに病院へ行ってください。



ムコイド腸炎は回復までに時間がかかるそうです。
海も、●の出が悪い、粘液●が出る、などを何回かくりかえして、
ここ2~3日はすっかりいつも通りになっています。


しばらく日本の梅雨のように蒸し暑かったはなこ地方ですが、
おととい嵐が通り過ぎてからはまた涼しくなりました。
このまま秋になりますように。


ムコイド腸炎の●の画像を追記で載せました。
ご覧になりたい方は「続きを読む」をクリックしてください。

↓↓↓
続きを読む »

ぐんぐん良くなれ

エンセファリトゾーンという病気については以前から耳にしていたし、
うさ友さんのうさぎさんにもかかった子がいたし、
斜頸のうさちゃんの写真も見たことがあったのですが、
眼震、ローリングを目の当たりにしたのは今回が初めて。
あまりのことに、もうこの子助からない!と思いました。

ローリングというのは、海くらい(1.5㎏くらい)の魚を釣って、
すぐにバケツに移そうとしてつかむ感じに似ているかもしれない。
ものすごい力でびちびち暴れるし、すべるし、
両手の力では足りずに全身を使うような、
怖いくらい思いがけない筋力で抵抗しますよね、魚。
しかもそれが回転するような感じ。

海も、ぐるんぐるん回転してしまうので、
手からすべり出ていきそうで、まるっきり白うなぎ状態。
近くの家具にぶつかりでもしたら、自分の力で骨折しかねない。
無理に押さえつけたりしたら、腰を傷めかねない。
回転するたびに下になっている目をあちこちに叩きつけてしまうので、
もうこちらは目を覆ってしゃがみこみたい気分になったものです。
まあ、2週間もするとさすがに多少慣れますが。

月曜日までは寝たきり+そんな病的な状態だった海。
火曜日に一度立ってみたら嬉しくてしかたなく、
転んでも何度も起きあがってどんどんコツをつかみ、
今ではかごのなかでも4つ足をついて食べたり眠ったりしています。
毛づくろいしようとして転んでも、2,3回の回転でとまって
またひとりで起き上がれるようになりました!

↓昨日は大好きなベランダの扉のまえまで自力で歩きました。
IMG_5057_convert_20130808135133.jpg
↑雨が降って地面が濡れていたので、出るのは遠慮してもらいましたが

↓窓辺で外の風に吹かれて気持ちよさそう。
IMG_5060_convert_20130808135216.jpg
↑向こうに転がっているのは植木鉢です。夜中、強風だったので・・・

↓一所懸命がんばって、両手で顔を洗います。
IMG_5061_convert_20130808135310.jpg
↑が、このすぐあと、転倒・・・

IMG_5053_convert_20130806201114.jpg
↑先日届いた数々。

一番左に写っているEar Spotという耳垢除去液、
液体を耳に入れて変なことになったらどうしようと心配だったので
まずは飼い主で人体実験してみました。
別にどうということなかったです。耳垢、取れなかったけど。
溜まってなかったから?それともうさぎじゃないからかな。
でもやっぱり怖いから使うのは通院前日にしよう・・・

手前のアイローションは、じゅくじゅくしてしまっている左の目、
軟膏を塗るまえにごみを洗い流してあげたくて買ったのですが。
が!
下になっている目にどうやって点眼するかは考えていなかった・・・

IMG_5063_convert_20130808135442.jpg
↑すっかり腫れて開かなくなってしまった左目。
 起き上がれるようになったから、きっと少しずつ良くなるね。


そんな暖かい目で床を歩く海を見つめていた飼い主。
海はよたよたとバックしながら、こちらに向かってきました。
座っているわたしの膝にお尻から乗り上げてきて・・・
次の瞬間、膝に広がる夏の夜の太陽のような、熱い感触。

・・・・・・。

海、飼い主をトイレとして使用。



あれから2週間

ご無沙汰しておりました。
飼い主、寝不足からか痴呆化が進んでおり、
ブログを書こうにも日本語の文法をどこかに置き忘れていました。
しかたないですね、歳ですから。

Ezを発症したのは火曜日だったので、今日はちょうど2週間目です。
昨日できたことが今日はできなくなっていたり、
おさまったと思ったローリングが悪化したり、
ペレットを食べたと思ったらまた食べなかったり。
1歩進んで1歩戻る。
けっきょく最初の地点から1mmも変わっていないんじゃないかと
思って落ち込んでみたり、将来が不安になったり。

が。
先に本日の報告をさせていただきますが・・・
海、さきほど初めて自分の力で立ちあがり、歩いたのです!!!
歩いたといっても、這いずったのと大して違いませんし、
同じところを回るか、バックするかのどちらかで
距離にしたら1mも移動していないのですが、
見ている飼い主は堤防決壊ものでした。

IMG_5048_convert_20130806200748.jpg
↑敷き物のうえからバックで遠ざかる海

IMG_5050_convert_20130806195452.jpg
↑すみっこに挟まる海
 うさ友るこ丸さんが愛をこめて送ってくれたペットシーツのうえで
 牧草を自分でつまんで食べています

よろよろだしふらふらしてるけど、本人はとても誇らしそう。
久しぶりにお水をお皿から思う存分飲めて嬉しそう。
ずっとシリンジで、むせたら怖いからゆっくり少しずつ飲ませていたので。

●一週間の経過

水曜日 病院へ。体重1.49㎏(普段は1.55くらい)
    腫れあがった左目のために軟膏をもらう。

木曜日 ペレットと生野菜を普通に食べる。
    牧草はいっさい口にしないので、強制給餌も少々。

金曜日 抗生剤バイトリル終了。

土曜日 軟便→ローリングのため下半身がとんでもないことに。
    そして日本から海のための嬉しいお見舞いの品が届く。

↓るこ丸さん、いつも本当にありがとう。心遣いに思わず涙が。
IMG_5031_convert_20130806192150.jpg

横になっているのに飽きたのか、上体を起こしたがる↓
IMG_5032_convert_20130806192035.jpg
↑自由にならない手足でもがいて、ずりあがっていく。
 届く範囲を自分で舐めてきれいにしている。
 軟便のためマットの洗濯が間に合わず、バスタオルを使用。

日曜日 一瞬目を離したすきにかごから飛び出してしまい、
    水の入ったコップやペレットケースを倒し跳ね飛ばし、
    本人は床に倒れていた。飼い主真っ青。幸い怪我なし。

月曜日 軟便のおかげですっかり臭い子に・・・
    ウェットティッシュで拭いてもきれいにならないので
    毛ごと刈ってしまったけど、数時間後にまた汚れるので
    そのうちハゲになってしまうのを恐れ、自粛。 

火曜日 頼んでおいたケアグッズ、水のいらないシャンプーや
    目や耳の洗浄液、足裏のケアクリームなどが届く。
    ローリングがひどく、マット交換の間抱いているのも困難に。
    仕方ないので床に寝かせ、足で押さえつけながら作業(←虐待?)
    そしたら、ふとした拍子に自分で起き上がり、立った!!


しかしですよ、一度自分で歩くことができた海は、もうかごには入りたくない。
両手両足に精一杯の力を入れて立っているのがやっとなので、
そのままでは眠れない。けど、久しぶりに動いて疲れて眠い。
横になって寝なさいとかごに戻すと、大暴れ。
両手で顔を洗おうとしたり、耳をかこうとしてバランスを崩すと、
パニックになってまたローリングしてしまうので、目が離せない・・・

↓立ってるの、疲れるだろうに・・・
IMG_5046_convert_20130806200604.jpg
↑でも目に生気が戻ってきた感じ
    
よかったね。立てるようになってよかったね。嬉しいね。
首を傾げて自慢げに立っているあなたの姿は、
これまででいちばんかわいい。



私信 欧州在住のSさん、応援ありがとうございます!
   外国でうさぎが病気、怪我などをすると本当に辛いですよね。
   Sさんのうさちゃん、もうすっかり良くなりましたか?
   わたしと海からよろしく伝えてくださいね。