FC2ブログ

空につづく道


あたたかでふわふわな海を最後に撫でてから
今日で3年がすぎました。

わたしという人間のはんぶんで毎日の暮らしを楽しみながら、
音楽を聴いたりお友だちと出かけたりおしゃべりしたり
あたらしいことをはじめたり失敗したりを楽しみながら、
もうはんぶんではつづきの世界、空のさきの世界に焦がれながら、
どうしてもというときにはいつでも自分で行かれるんだということが
どんなにおおきな励ましと慰めを与えてくれるか、
そして世の中にはおなじようにそれがあることで生きていかれる人が
たくさんいるんだということを知ったりしながら、

3年がたちました。



IMG_6434_convert_20140317214818_convert_20180927015828.jpg





海とのおわかれのことは、当時のブログで報告しました。
だけど、あそこに書いたことはぜんぶ本当のことだけど、
起ったことのぜんぶではありません。

あのときは、この記憶をとどめてこれからを生きていくのは辛すぎる、
そうするにはこのさきは長すぎる、遠すぎてもう歩けそうにない、
そう思っていました。

ぜんぶを知っているのは(話したのは)、この世のなかにふたりだけ。
そのひとりがそのときにくれた言葉で、
そのことをなんとか受けとめて納得することができたと思います。
時間はかかったけど。





↓お耳かいかい、気持ちいい~
IMG_7106_convert_20180926034323.jpg


↓もっと~ 
IMG_7107_convert_20180926034336.jpg
↑つぶれたうえにピンボケ しあわせなじかん


↓ぼく、今日で3歳になるんだから
IMG_7441_convert_20180906043340.jpg
↑昨日よりパワーアップして、もっとすごいんだよ!


↓だからこんな写真のせるのやめて
IMG_5730_convert_20180926034640.jpg
↑もうあんよのケアも目薬もいらないんだからね!


たくさんの、たくさんのしあわせな時間
あたたかなふわふわ時間
青いひとみに見つめられた時間

いつまでも、ずっとそこにあるもの

過去におこったことは決して変えられないし、変わることもない。
それが悲しいこともあるけど、心強いときだってあるね。
ずっとそこにあるんだよ、永遠にね。


IMG_6262_convert_20180926034305.jpg



3年がたって、
いまもわたしが歩いてるこの道はまっすぐ空につづいてる。
空と地面の境目がきえる場所が見えてくる日をたのしみに、
道のうえにあるものぜんぶをきちんと見て感じて聞いて、
まえむきでもうしろむきでも傘に穴があいていてもいいから。
いっしょに歩いてくれるみんなと、これからも。


そしていつか帰国して準備がととのったら、
あのときに言葉をくれたうさ友さんのところから
うさぎさんをお迎えしたい、そうできたらいいな、と思っています。





海、3歳のお誕生日、おめでとう。







スポンサーサイト
Category: ペットロス

どんなきみでも



海のことがまるごとだいすき。
それには条件なんてひとつもないんだ。

だから

やんちゃで元気いっぱいだった海も
いたずらばかりしてあれこれ壊した海も
おなかの痛い海も
病気をして入院してた海も
不自由なからだになってもにこにこしてた海も
どんな海もぜんぶだいすき。

充電器のコードを噛みきられても
買ったばかりの陶器のうさぎを割られても
ひと晩眠れずにおなかをあたためた夜も
心配で泣きつづけた日々も
うれしくて心から笑った毎日も
どれもおなじにだいじ。

そしてそれはいまも変わらない。
条件なんてないんだ。

だから、

死んでしまってもうここにはいない海のこともだいすき。
いなくてもさわれなくてもふわふわじゃなくてもあたたかくなくても。


お別れしたときの悲しみや衝撃はとてもとても大きくて深いから
大きくて深い傷になっていつまでも残る。
でもそれはわたしだけの問題であって、いまの海には関係ない。
思い出すたびに自分で頭を叩きわりたいような気分になるけど、
そこに立ちどまっているのはわたしだけで、海は先へと走ってく。

何度も思いかえして自分を痛めつけることも、
もう考えない、忘れようって努力することにも意味なんかなくて
ただ、その傷そのものには大きな意味があることに気づいた。

だって海がこう言うから。


↓どんな心の傷もね、それは鍵なんだよ、はなこ
IMG_6255_convert_20170923024853.jpg
↑いつかふさわしい時がきたら、ぴったりあう鍵穴を持つ扉に必ず出会えるからね



2年経ったね。
2年もかかっちゃったよ、
海がほんとうにいまもそこにいるってわかるまで。

見えないからさわれないからふわふわじゃないからあたたかくないから、
わたしの知ってた、無邪気で人間の事情なんてわからない海じゃないから、
すぐわからなくて時間かかっちゃった。



いつも話を聞いてくれて、考えや気持ちを率直に話してくれて、
甘くて薄い優しさでただわたしの言葉に同調するんじゃなくて、
しっかりと強く根を張った意見をぶつけてくれる、
天の国に小さな家族がいる友だちが助けてくれたおかげで
いろんなものが見えてきた。

息を吹きかけただけでひらひらと揺れる1枚のわたしの半紙に
思索の半紙を何枚も重ねて少しずつ本になっていくのを助けてくれる。
Cさん、いつもありがとう。


さあ、海、今夜はどんなおしゃべりをしようか。


↓おしゃべりよりバナナがいいよ!
DSCN0959_convert_20170920171448.jpg





Category: ペットロス

おくりもの


海は午前0時すぎに帰天したので命日は27日なのですが
わたしにとっては26日の深夜がお別れのときでした。
あれから1年。
長かったような、短かったような。
あのふわふわに最後に触れたのは1年もまえだったかしら。

何度も心に描いて、幾度も触れ幾度も抱きしめた1年。

ふわふわの手触りや安心する体温や愛しい重さを
本当に感じたように思えるまで何度も幾度も思い描いた1年。


DSC_0571_convert_20160713223134.jpg


一緒に暮らしていたときもいつも海のこと考えてたけど
寒くないか、暑くないか、快適に過ごしているか考えていたけど
いなくなってからはもっと海そのもののことを考えてたと思う。


DSC_0569_convert_20160713223014.jpg


海のケージにはいつもペット用ヒーターが入っていたのですが、
そのコードには齧り防止蛇腹ガードがついていて、
海が内側からそれをひっぱるとコードがケージ金網をこすって
ガガガガガーッ!というかなり派手な音が出たんです。
海はわたしを呼ぶのにそれを使っていました。

毎朝、目を覚ますと力いっぱいそれをひっぱって、
おひさまの笑顔で顔を出しおはようと言う。
扉を開けてスロープをセットするのを待ちかねて
喜びではじけんばかりの勢いで飛びだし、
わたしがスロープを片づけご飯を用意するあいだ、
部屋中を走りまわる。


うれしいね
うれしいね
朝がきたよ

おはよう 
おはよう!


言葉がなくても、喜びって伝染する。
見てるとこちらもうれしくなってきて、
疲れていようとこれから仕事だろうと外は嵐だろうと
朝がうれしくなってきてわたしまでにこにこしてしまう。

そしてわかったのは、喜びというのは心に跡を残すということ。
海がいなくなってからも心のどこかにその名残りがあって、
喜ばしい感覚がときどき揺らめく。
疲れていたりこれから仕事だったり海だってもういないし
うれしいことなんてこれといってないときでも。
わたしが取りこんだ海の一部が うれしい って言う。

もらったもの
おひさまのよろこび
おくりもの

それを我がものとし、ふくらませ、誰かに分けること伝えること。
それができたら、それはきっと天の国の花になって
海もぴょんさんもみんなもそれを見てきっと喜んでくれる。


IMG_5299_convert_20160717210324_201609091854036b9.jpg


IMG_5395_convert_20160717210439_2016090918544785e.jpg


あなたたちがそこにいるから天の国とつながる。
そこから言葉が降ってくる。
伝えて、天の花をここに咲かせたい。

天と地とで同じ花が咲く。
天の国と連動していく。


海、天に生まれて1年。

1歳、おめでとう。





Category: ペットロス

9月


8日はわたしの先々代黒うさぎテディの
17日は一時預かりっこのシエルちゃんの
そして27日は海の命日。

そんな9月の最初の日に
うさ友さんちのうさちゃんがお空に旅立ちました。

9月はどうしてこんなに多いんだろ。
夏をがんばってのりこえて、そのぶん体力が落ちちゃうのかな。
若い子元気な子ならちょっとした食欲不振で済んでも、
そうじゃない子たちにとっては。


そんな9月。
ちょっと沈んでた9月。濃霧たちこめてた9月。

うさ友anbouさんちの黒い子アンちゃんが、お空に帰ってしまいました。
テディと同じ8日のことでした。
同じ黒いネザーどうし、命日がおそろいだなんて・・・

ずっと続いてた食欲不振とスナッフル。よくなったり悪くなったりしながら。
お薬に手伝ってもらいながら一所懸命がんばっていたアンちゃん。
アニマルコミュニケーションを受けたときに
コミュニケーターさん(動物とお話しができるひと)を通して
「ママのこと、大好き!」と言っていたアンちゃん。
ママにその大事なひとことを伝えることができてよかったよね。


↓大好きだったクッションのうえのアンちゃん
a.jpg


ボールさんや、ママお手製の黒うさ模様のご飯皿、
うさ友さん手作りの陶器の牧草入れ、
海ともおそろいの、足裏にやさしいマット。
愛情いっぱいの愛用グッズにかこまれて暮らした日々。

今年1月にお会いしたとき、
黒うさぎのネックレスを嬉しそうに見せてくれたanbouさん。
アンちゃんも大好きだったにちがいないその笑顔が
また戻ってきますように・・・


そして今朝、またおともだちうさちゃんの訃報が入りました。


ああ、なんだかどんどんここよりも天国のほうが
ずっとずっと親しく幸せなよい場所になっていきます。
みんないる。
9月はその扉が大きく開く月なのかな。


ぐぅちゃん
アンちゃん
茶太郎さん


そちらでどうかどうか幸せに。







Category: ペットロス

ひと晩で


満月のゆうべ、たったひと晩のうちに、
ふたりのうさ友さんのうさぎがお空に帰ってしまいました。


心よりご冥福をお祈りいたします。


DSC_0516_convert_20160622174746.jpg






後悔は地上のもの。
天上は喜びでいっぱい。


正解がわからないから、
どんなに全力を尽くしても後悔の余地はたくさん。
助からないなら家から送ってあげたかった、って思うけど
そうなっていたらこんどは
病院に連れていったら助かったかも、って思うに決まってる。
治らないやけどみたいに、いつまでも痛い。


生だけ受けとることはできない。
死もあって、はじめて丸ごとのあの子なんだから。
やけどの傷だって、一緒に暮らした日々が
たしかにあったというその証拠。


後悔も痛みも涙も残された者のもの。
お空のみんなは嬉しそうに幸せそうに
笑って走って跳ねまわっているにきまってるから、
それなら、
この傷がどんなに痛くたってかまわない。


そしてもしかすると、この傷こそが
あちらにつながる窓なのかもしれないとときどき思う。
ここを通って、
続いていく日々の穏やかさや幸せやあたたかさや
あの子へのありがとうが、空まで届くのかもしれない。


届くなら、それはもっと嬉しくなる。









Category: ペットロス