どんなきみでも



海のことがまるごとだいすき。
それには条件なんてひとつもないんだ。

だから

やんちゃで元気いっぱいだった海も
いたずらばかりしてあれこれ壊した海も
おなかの痛い海も
病気をして入院してた海も
不自由なからだになってもにこにこしてた海も
どんな海もぜんぶだいすき。

充電器のコードを噛みきられても
買ったばかりの陶器のうさぎを割られても
ひと晩眠れずにおなかをあたためた夜も
心配で泣きつづけた日々も
うれしくて心から笑った毎日も
どれもおなじにだいじ。

そしてそれはいまも変わらない。
条件なんてないんだ。

だから、

死んでしまってもうここにはいない海のこともだいすき。
いなくてもさわれなくてもふわふわじゃなくてもあたたかくなくても。


お別れしたときの悲しみや衝撃はとてもとても大きくて深いから
大きくて深い傷になっていつまでも残る。
でもそれはわたしだけの問題であって、いまの海には関係ない。
思い出すたびに自分で頭を叩きわりたいような気分になるけど、
そこに立ちどまっているのはわたしだけで、海は先へと走ってく。

何度も思いかえして自分を痛めつけることも、
もう考えない、忘れようって努力することにも意味なんかなくて
ただ、その傷そのものには大きな意味があることに気づいた。

だって海がこう言うから。


↓どんな心の傷もね、それは鍵なんだよ、はなこ
IMG_6255_convert_20170923024853.jpg
↑いつかふさわしい時がきたら、ぴったりあう鍵穴を持つ扉に必ず出会えるからね



2年経ったね。
2年もかかっちゃったよ、
海がほんとうにいまもそこにいるってわかるまで。

見えないからさわれないからふわふわじゃないからあたたかくないから、
わたしの知ってた、無邪気で人間の事情なんてわからない海じゃないから、
すぐわからなくて時間かかっちゃった。



いつも話を聞いてくれて、考えや気持ちを率直に話してくれて、
甘くて薄い優しさでただわたしの言葉に同調するんじゃなくて、
しっかりと強く根を張った意見をぶつけてくれる、
天の国に小さな家族がいる友だちが助けてくれたおかげで
いろんなものが見えてきた。

息を吹きかけただけでひらひらと揺れる1枚のわたしの半紙に
思索の半紙を何枚も重ねて少しずつ本になっていくのを助けてくれる。
Cさん、いつもありがとう。


さあ、海、今夜はどんなおしゃべりをしようか。


↓おしゃべりよりバナナがいいよ!
DSCN0959_convert_20170920171448.jpg





スポンサーサイト
Category: ペットロス

おくりもの


海は午前0時すぎに帰天したので命日は27日なのですが
わたしにとっては26日の深夜がお別れのときでした。
あれから1年。
長かったような、短かったような。
あのふわふわに最後に触れたのは1年もまえだったかしら。

何度も心に描いて、幾度も触れ幾度も抱きしめた1年。

ふわふわの手触りや安心する体温や愛しい重さを
本当に感じたように思えるまで何度も幾度も思い描いた1年。


DSC_0571_convert_20160713223134.jpg


一緒に暮らしていたときもいつも海のこと考えてたけど
寒くないか、暑くないか、快適に過ごしているか考えていたけど
いなくなってからはもっと海そのもののことを考えてたと思う。


DSC_0569_convert_20160713223014.jpg


海のケージにはいつもペット用ヒーターが入っていたのですが、
そのコードには齧り防止蛇腹ガードがついていて、
海が内側からそれをひっぱるとコードがケージ金網をこすって
ガガガガガーッ!というかなり派手な音が出たんです。
海はわたしを呼ぶのにそれを使っていました。

毎朝、目を覚ますと力いっぱいそれをひっぱって、
おひさまの笑顔で顔を出しおはようと言う。
扉を開けてスロープをセットするのを待ちかねて
喜びではじけんばかりの勢いで飛びだし、
わたしがスロープを片づけご飯を用意するあいだ、
部屋中を走りまわる。


うれしいね
うれしいね
朝がきたよ

おはよう 
おはよう!


言葉がなくても、喜びって伝染する。
見てるとこちらもうれしくなってきて、
疲れていようとこれから仕事だろうと外は嵐だろうと
朝がうれしくなってきてわたしまでにこにこしてしまう。

そしてわかったのは、喜びというのは心に跡を残すということ。
海がいなくなってからも心のどこかにその名残りがあって、
喜ばしい感覚がときどき揺らめく。
疲れていたりこれから仕事だったり海だってもういないし
うれしいことなんてこれといってないときでも。
わたしが取りこんだ海の一部が うれしい って言う。

もらったもの
おひさまのよろこび
おくりもの

それを我がものとし、ふくらませ、誰かに分けること伝えること。
それができたら、それはきっと天の国の花になって
海もぴょんさんもみんなもそれを見てきっと喜んでくれる。


IMG_5299_convert_20160717210324_201609091854036b9.jpg


IMG_5395_convert_20160717210439_2016090918544785e.jpg


あなたたちがそこにいるから天の国とつながる。
そこから言葉が降ってくる。
伝えて、天の花をここに咲かせたい。

天と地とで同じ花が咲く。
天の国と連動していく。


海、天に生まれて1年。

1歳、おめでとう。





Category: ペットロス

9月


8日はわたしの先々代黒うさぎテディの
17日は一時預かりっこのシエルちゃんの
そして27日は海の命日。

そんな9月の最初の日に
うさ友さんちのうさちゃんがお空に旅立ちました。

9月はどうしてこんなに多いんだろ。
夏をがんばってのりこえて、そのぶん体力が落ちちゃうのかな。
若い子元気な子ならちょっとした食欲不振で済んでも、
そうじゃない子たちにとっては。


そんな9月。
ちょっと沈んでた9月。濃霧たちこめてた9月。

うさ友anbouさんちの黒い子アンちゃんが、お空に帰ってしまいました。
テディと同じ8日のことでした。
同じ黒いネザーどうし、命日がおそろいだなんて・・・

ずっと続いてた食欲不振とスナッフル。よくなったり悪くなったりしながら。
お薬に手伝ってもらいながら一所懸命がんばっていたアンちゃん。
アニマルコミュニケーションを受けたときに
コミュニケーターさん(動物とお話しができるひと)を通して
「ママのこと、大好き!」と言っていたアンちゃん。
ママにその大事なひとことを伝えることができてよかったよね。


↓大好きだったクッションのうえのアンちゃん
a.jpg


ボールさんや、ママお手製の黒うさ模様のご飯皿、
うさ友さん手作りの陶器の牧草入れ、
海ともおそろいの、足裏にやさしいマット。
愛情いっぱいの愛用グッズにかこまれて暮らした日々。

今年1月にお会いしたとき、
黒うさぎのネックレスを嬉しそうに見せてくれたanbouさん。
アンちゃんも大好きだったにちがいないその笑顔が
また戻ってきますように・・・


そして今朝、またおともだちうさちゃんの訃報が入りました。


ああ、なんだかどんどんここよりも天国のほうが
ずっとずっと親しく幸せなよい場所になっていきます。
みんないる。
9月はその扉が大きく開く月なのかな。


ぐぅちゃん
アンちゃん
茶太郎さん


そちらでどうかどうか幸せに。







Category: ペットロス

ひと晩で


満月のゆうべ、たったひと晩のうちに、
ふたりのうさ友さんのうさぎがお空に帰ってしまいました。


心よりご冥福をお祈りいたします。


DSC_0516_convert_20160622174746.jpg






後悔は地上のもの。
天上は喜びでいっぱい。


正解がわからないから、
どんなに全力を尽くしても後悔の余地はたくさん。
助からないなら家から送ってあげたかった、って思うけど
そうなっていたらこんどは
病院に連れていったら助かったかも、って思うに決まってる。
治らないやけどみたいに、いつまでも痛い。


生だけ受けとることはできない。
死もあって、はじめて丸ごとのあの子なんだから。
やけどの傷だって、一緒に暮らした日々が
たしかにあったというその証拠。


後悔も痛みも涙も残された者のもの。
お空のみんなは嬉しそうに幸せそうに
笑って走って跳ねまわっているにきまってるから、
それなら、
この傷がどんなに痛くたってかまわない。


そしてもしかすると、この傷こそが
あちらにつながる窓なのかもしれないとときどき思う。
ここを通って、
続いていく日々の穏やかさや幸せやあたたかさや
あの子へのありがとうが、空まで届くのかもしれない。


届くなら、それはもっと嬉しくなる。









Category: ペットロス

うさぎの瞳

草食動物の多くは、とっても穏やかな目をしていますよね。
うさぎさんも、かわいらしくて優しい目をしています。
それは、子うさぎのころからそうなんですけど、
大人になると変わってくると感じた方、いませんか?


わたしの初めてのうさぎテディは3歳半までしか生きなかったので、
もっと若いころと比べて特に変わった印象は受けませんでした。
2代目のぴょんさんのときに感じたんです。
歳をとるほど深みが増すというか、表現が難しいんですけど、
撫でているときにわたしを見上げる大きな目に溢れているのは
暖かさ、優しさ、愛情、慈愛。そして深い信頼。
とにかく、なんともいえない目で見るんですよね。
観音様の目のよう。
と、当時は表現していました。


もちろん、大好きなおやつの袋に突進してくる姿には
慈愛なんてかけらもありませんでしたが(笑)


それに気づいたのは、ぴょんさんが7歳くらいのときでした。
当時4歳だった海には、感じたことはありませんでした。


IMG_7204_convert_20151113204518.jpg


海も同じような深い目でわたしを見るようになったのは
たぶん、1年ほどまえからでした。
ぴょんさんと同じ、暖かな感情に溢れた瞳で見つめるんです。


撫でているとき、添い寝をしているときにふと見ると、
なんともいえない、大きくて深い深い目でじっとわたしを見ていて。
間近だから、吸い込まれそうで。
海にこんな目で見てもらえる自分はなんて幸せで光栄なんだろう、
そう思いつつも同時になにか少し悲しくなるような瞳でした。
なんでそんな目をしてるの?って訊いたこともあります。
答えがないのはもちろん、
次の瞬間いきなりがばっと頭をあげて
わたしの顔面を殴打してくださったりするのですが。


写真にうまく撮れたことはありません。
写真にすると、どうもあの深みはあらわれていない気がします。


大人になるとこんな目をするようになるのかな、と思ったのですが、
今、よく考えてみると、ぴょんさんも海も
それは最後の1年ほどだったかもしれません。


以前、あるうさ友さんが
言葉の通じない、種の異なる存在と信頼関係を築けることは
実はとてもとてもすごいことなのだ、と言っていました。
その信頼、絆は、人間同士より強くなり得るのだ、って。


↓ベッドのうえでグルーミング
IMG_6396_convert_20151113204227.jpg

↓この手の持ち主が羨ましくてなりません
IMG_6392_convert_20151113204046.jpg

↓このときのはなこは本当にわかってたかな
IMG_6393_convert_20151113204135.jpg

↓自分がいまどんなに愛しい存在に触れているのか
IMG_6395_convert_20151113204159.jpg

↓自分がいまどんなに幸せな人間なのか
IMG_6397_convert_20151007163240.jpg


昨日の仕事のミスをうじうじ悔やんだり
今日はあと掃除とアイロンがけもしなくちゃと考えたり
明日の午後のお出かけには何を着ていこうか悩んだり
わたしは海がわたしに向かってきたほどまっすぐ純粋には
海に向かっていなかった気がする。


「いま」を100%生きることは、ヒトにはなかなか難しい。



このまえ、DVDを見ました。

↓ずっとまえから見たかった映画「大いなる沈黙へ」
46acb29b9d947_convert_20151114213601.jpg



修道院のなかに流れる時間をただ撮影したものです。
修道僧たちの「時間」。
「生活」といえるほどの物語性はありません。
沈黙の修道院なので祈りの言葉以外の声はなく、
聖歌以外の音楽もなく、聞こえるのは鐘の音と虫の羽音。
約3時間、それだけです。

これがいまのわたしにはとっても良かった。
見ているうちに疲れた心も頭も空っぽになっていって、
見ているうちにそこをなにか違うものが満たしていく。
神さまの領域、海のいる場所にちょっと近づいたような気もち。
100%の「いま」。


あまりお勧めはしませんw
特殊だし、人によってはすごく好きになるかもしれないけど、
人によっては退屈で眠くなっちゃうと思うので


魂が洗われたような気持ちになりました。


予告編は こちら で見られます。









Category: ペットロス