白亜紀の思い出

ある日なんの脈絡もなく白亜紀のことを思い出しました。
わたしが中学3年生だったときのこと。
連休中にどこかへ旅行に行ったという担任の先生が、
おみやげに「うさぎの足のお守り」を買ってきてくれたのです。

なんでも○○神社(←忘れた)で売られている受験のお守りで、
みんなの合格を祈願し、買ってきてくれたのだそうです。
ただ、約40人いる生徒に対してうさぎの足は20個。
在庫の都合か予算の都合か、残りは「合格祈願」と書かれた
ただの黄色いえんぴつ。
「まず、うさぎがほしい人、並んで」

最初からえんぴつと決めて残ったのは、
わたしを含めてたった5、6人でした。
当時はまだうさ飼いではありませんでしたが、
なんの動物にせよそんな残酷なものはいらない、と思ったのと、
殺されてもがれた生き物の足がお守りになると信じるなんて、
頭のなかに花が咲きすぎなんじゃないの、と思ったから。

そのことを先日なぜか思い出して、
いったいなぜうさぎの足がお守りになるのか調べてみました。

いろんな説があって、うさぎは生命力のシンボルである、というものや、
逃げ足の速さから危険を回避する力がある、というもの。
悪魔から防御する力がある、とするもの。

あとは罠(むかしの、鉄製の罠)にうさぎの足だけが残っている、
ということがあったことから、
足をちぎっても生き延びる力=事故にあっても生き延びる、として
バイカーのお守りとして人気があったらしいです。

うさぎの骨や皮膚はもろいので、足をちぎって生き延びたというよりは
たぶん挟まれた衝撃で以下省略。

現在では本物を使うことは稀で、フェイクファーを用いてキーホルダーに・・
と書かれているので安心したのですが、某通販ショップでは本物を
レッドやパープルやブルーなどに染めたチャームを販売、
売り切れの色もあったりするらしい。

おかげで今朝方、海の右手がもげてしまうという悪夢にうなされました。
目が覚めて、かわいいおててがちゃんとあることを確認して、
ああ、今日も世界は美しい、と思ったのでした。

↓おじさんにパイナップルをもらったよ
IMG_5380_convert_20130929042857.jpg

↓本当はもっと大きかったのに、
 はなこが「少しだけよ」と言って持ってっちゃったんだ
IMG_5381_convert_20130929042949.jpg

おじさん(夫)は、ほしがるだけあげるのが愛情と誤解してるからね、
わたしは海のために心を鬼にしてるのよ・・・わかってくれないだろうけど。

↓昨日行ったスーパーにはたくさんのおじいさんが
DSC_0128_convert_20130929042801.jpg


私信 欧州在住のSさん、そちらももうクリスマスグッズ並んでますか!?
   ピーターラビット色のうさちゃんは、白より換毛中の模様が目立ちますよね。
   ふわふわの冬毛になる準備中ですね。人間も温かく過ごしましょうね。





スポンサーサイト

2ヶ月経過

海が発病して2ヶ月が過ぎました。
面会を終えて病院を出るたびに、
海に会えるのはこれで最後かも、と思った日々も
そろそろいい思い出に・・・なることはありませんが(笑)!

体重も1.45㎏に増え、動きも活発になり、
軟膏タイムの逃亡技術は日々向上しています。
スピードがあがっただけでなく、
飼い主の周りをサンボのトラ並みにぐるぐる走ることで
飼い主の目を回そうという魂胆(?)です。
溶けたらバターじゃなくて、ホワイトチョコになるかな!?

↓軟膏タイム
IMG_5363_convert_20130926013711.jpg

↓見てるときには滅多に開いてくれません、左眼
IMG_5365_convert_20130926013752.jpg

首が左に傾いているため、よけいに開きにくいみたいです。
逆に右眼はひっぱられる形になって、普段より大きく開いています。
首は、完全には無理でも多少は良くなる、と皆さん励ましてくれます。
まだまだ時間がかかるんだろうな。

うさ友うずらさんが斜頚マッサージのやりかたを教えてくれました。
うさぎの先生によると必ず「マッサージしてもいい?」と訊いてから。
「いいよ」と言ってくれたときだけ、するのだそうです。
でも素人なので、やっぱり難しい。
本当にこの位置であっているのか、強すぎたらまずいんじゃないか、
逆にあんまりそっとやっても意味ないんじゃないか、とかいろいろ。

↓軟膏も「やってもいい?」って訊いてからにしてよね(怒)!
snap_usablog7716_201394123259.jpg
↑「やだ」って言うに決まってるから、訊かないよ


ドイツのスーパーにはクリスマスのお菓子が並んでいます。
サンタクロースのチョコレートとか、
スパイス入りケーキをチョコでつつんだものとか。
気がはやいですよね、いくらなんでも。
でも売れているようです。

海へのクリスマスプレゼントは何にしようかな。



海パーツ

最近、従来のチャレンジャー精神を発揮して
せまいところ、変なところを選んで歩く海さん。

ソファとわたしの間のすきまとか、
ペレットケースとごみ袋の間とか
たたんだ洗濯物のうえだとか。

よろけてるんだから、安全なところを歩いてほしいのですよ
こちらとしては・・・

↓楽しいほうがいいんだもん
IMG_5346_convert_20130924181343.jpg

最近、ペレットを食べない海さん。
朝与えたものをちびちびぐずぐずたま~につまみ、
夜にはほとんどなくなってるかな、といった程度。
なので、通常の半分以下しか食べていません。
(普段は朝夜の2回なので)
牧草はたくさん食べてるし、
野菜とおやつは大喜びなので、
心配して騒ぐほどのことはないと思うのですが。が。
でも食べて~

↓おてて
IMG_5352_convert_20130924181438.jpg
この左手なのですが、しょっちゅうなめなめするので
かぴかぴになってしまいました。
頭が左に傾いているため左手が舐めやすいらしく、
毛づくろいしようとして失敗、転倒してしまったときなどに
八つ当たりなのか照れ隠しなのか、
すごいいきおいでなめなめするのです。

↓ついでにお口
IMG_5353_convert_20130924181521.jpg
↑ちゅーしたくなりますねぇ

↓おめめ
IMG_5354_convert_20130924181636.jpg
↑撮影者が黒い影をおとしています・・・

↓はなこ、うるさい!!
snap_usablog7716_201392112045.jpg
↑いま瞑想中なの!!

・・・鼻の穴も撮りたかったのに(涙)


では、それは次回のお楽しみということで!



お散歩日和

ずーっとじとじとと暗く雨ばかりだったドイツ、はなこ地方。
昨日午後からじわじわと晴れてきて、
今日、日曜日はてらてらぴかぴかと快晴でした!久しぶり!

土曜日は夫の運転で買い出しに行くのが恒例の我が家。
海のためにずっと近隣で済ませていましたが、
昨日は2ヶ月ぶりにちょっと離れた大きな街まで出かけました。
わたしの冬用の靴(底が厚いの)や、海の毛布を買いました。

↓これ、ぼくのクリスマス毛布?
IMG_5312_convert_20130922205407.jpg
↑そうだよ!すごく大きいから、
 冬になったら寒くないようにケージを覆ってあげるからね。

そして日曜日の午後には、デルフリ村をお散歩。
暑くもなく寒くもなく、お散歩するのにふさわしいお天気。
海も一緒に来られたら、きっと気持ちよくて喜んだろうな。

↓デルフリ村のシンボル、古い要塞(現在も住居として使用中)
IMG_5321_convert_20130922235002.jpg

↓ひつじたちや
IMG_5328_convert_20130922225154.jpg

↓にわとりくん
IMG_5340_convert_20130922225342.jpg

↓そしてがちょうたちもいます!
IMG_5334_convert_20130922225808.jpg

馬やヤギたちもいました。
ああ、馬糞のかおり。

暑くもなく寒くもなく、と思っていましたが、
2時間も歩いたら汗だくになりました・・・
久しぶりの健康的な肉体疲労。
海にたくさんたんぽぽを摘んできました。

↓最近あちこちぐんぐん歩く海
IMG_5308_convert_20130922205506.jpg
↑おーい、秘密基地から5mも離れてますよー


ドイツの歯ブラシ

軟膏タイムに逃亡をはかる海、
ぐんぐんスピードアップしてきました!
うさぎらしい急な方向転換や、
うなぎ逃げの術を駆使するので、
これまでほどあっさり捕まらなくなりました。

ずっと油断していたけど、
そろそろ充電コードやウォークマンのイヤホンなど、
切断被害に遭いやすいものたちを避難させなくては。

↓ソファにのせても以前はじっとしていたのに
IMG_5300_convert_20130920202519.jpg
↑落ちますよ、うさぎ様!


さて、今日は先日夫が買ってきた歯ブラシのレポートです。
使用中の歯ブラシは馬の歯ブラシのよう、と思っていたのですが、
「小さすぎて使いにくい」とのことで、「正しいサイズ」を買ってきました。
↓それがこれです!
IMG_5289_convert_20130920202045.jpg
↑「お靴洗うブラシ?」

XXLとあるので、もっと小さいのもあるのでしょうが、
夫の頭部の大きさはドイツ人男性としては平均。

↓わたしの愛用品デ●ターシステマとの比較
IMG_5291_convert_20130920202235.jpg
↑まあ、これは若干小さめのブラシなのですが、それにしてもね

わたしにちょうどいい歯ブラシは、こちらではなかなか見つからず、
無理して使っていたら以前口内炎だらけになったので、
妹に持ってきてもらったり、お友だちに送っていただいたりして、
棚のなかに安心なストックがたくさんあります♪


↓これ、うさブログじゃなかったんだね?
IMG_5297_convert_20130920201958.jpg
↑「ドイツ日記」っていうタイトルだから、どっちもありなのよ



初めての遠出

今日は海が病気になって以来、初めての遠出をしてきました。
ここから20km離れた街、ハイデルベルクでお友だちと待ち合わせ。
これまでも近所にお買いものとか、夫の実家を訪ねたりなど、
2~3時間の外出を何回かしていましたが、今日は6時間弱。
電車でお出かけのため、車みたいにすぐにばびゅーんとは
帰ってこられないのが不安でしたが(30分に1本しかないし)
海は無事にお留守番してくれました!

そして、帰宅して声をかけたらすぐに反応して、
頭を上下にふりながら(←喜んでいるらしい仕草)近寄ってきました。
外から帰ってきたときの、うさぎ部屋の幸せなにおい。
うさぎと牧草の、天国みたいな暖かいにおい。

↓お留守番できたの、えらい?
IMG_5276_convert_20130916202210.jpg
↑えらいよ、海。大好きだよ!

秘密基地から出て歩きまわるようになった海は、
最近、軟膏タイムに逃げるようになりました。
抱きあげようとするとするりと逃げ、ダッシュで走るのです。
実は大して速くなく、楽に捕まえられるスピードなのですが、
本人は「すごくダッシュしてる」つもりらしいので、
ちょっと間をあけてから捕まえるようにしています(←気遣い)

小鳥のように軽かった体は重みが増してしっかりしてきて、
嫌がって暴れると、以前のように楽には押さえられません。
頼もしいです!

↓ハイデルベルクのケーキ屋さん
DSC_0111_convert_20130918025215.jpg

↓これも
42758423_1999523628_82large.jpg


お友だちとお茶を飲みながらおしゃべりしてきました。
夫以外の人間としゃべるのは久しぶりです。
ケーキはとっても大きくて、たぶん日本のケーキの4倍くらい。
高さ10cm、長さ15cm、幅8cmくらいでしょうか・・・
この半分の大きさの、ちがうケーキを2つ、ならまだいいのですが、
ひとつのケーキがこれだけ大きいと後半は「うへー」です。
もう今日は夕飯食べられない、と思って、
「これ全部食べたら今日はもう・・・」と言いかけたら、
ドイツ人の友人は頷きながらあとを引きとって
「・・・夕飯までなにもいらないわね」と言いました。


久しぶりのおしゃべりやお店めぐり、楽しかったです。



海の悩み

↓ぼく、ここでこうやって寝るのが好きなんだ
IMG_5275_convert_20130914190819.jpg

ふわふわの毛布によりかかって、
ほっぺは座布団にのせるんだ。

こうすると楽ちんだし、安心だよ。

でもさ、すぐ隣が出入り口のドアなんだけど、
ときどきここがいきなり開いて、はなこが飛びこんでくるんだ。

ハト時計だったら出てくるのは小さくてかわいいハトだけど、
はなこの頭はぼく全部と同じくらいの大きさがあるから、
ドアが開いてそれが飛びこんでくるのって、
うとうといい夢見ているときだとよけいに、
すごくすごくびっくりしちゃうんだ。

はなこはホラー映画は大嫌いっていつも言ってるのにね。

↓ぼくだって怖いのはきらいだよ
IMG_5284_convert_20130914190935.jpg




申しわけありません、うさぎ様。
たしかに、自分の体サイズの頭が飛びこんできたら、
それは立派にB級ホラーですね。
そうやってうさぎ様に顔をこすりつけて、
キスをするのが大好きなんです。
でも今後は自粛します・・・たぶん。



ぐんぐん歩け

ケージのなかにいるときは、
牧草を食べたり毛づくろいしたりうとうとしたり。

ケージから出ているときは、
秘密基地で牧草を食べたり毛づくろいしたりうとうとしたり。

要するにほとんど歩かない海。
ケージと秘密基地、狭いスペース内でちょっと移動するだけ。
やっぱり具合が良くないときは狭いところが安心なのかも。
部屋の真ん中で降ろしても、すぐに秘密基地に向かいます。

その海が3日ほどまえから変わってきました。
秘密基地から出て探検するようになったのです。
距離にしたら、基地から1mも離れないのですが、
床に転がっているハンドクリームを見にいったり、
おやつの袋を見つけて「これください」と言ったり、
少しずつ好奇心が出てきたみたいです。

↓左眼も、少しだけど開いています
IMG_5248_convert_20130913182955.jpg
↑乾燥たんぽぽを食べているところ

ソファに座って本を読んでいたら、海に足をツンツンされました。
ずっと、わたしが海のところへ行って海にさわる、というパターンだったのに、
海のほうから「ねえねえ」と言ってきてくれるとは!

おやつを出しても、以前の海はじっと立ったままもじもじしたり、
頭をゆらゆらさせて待っているだけだったのですが、
今朝は自分からぐんぐん歩いてそばまで来ました。
ひたすら受け身、待つ身だった海が、自分から近寄ってくる!
感動のあまり鼻をかんでいたら、
早くちょうだいよ、と手をかじられました・・・

↓眠いよ
IMG_5256_convert_20130913182729.jpg

↓眠いよ
IMG_5258_convert_20130913182827.jpg

↓がまんできないよ
IMG_5262_convert_20130913182917.jpg

以前よりも首がやわらかくなったというか、余計傾いたというか、
以前はこの体勢で頬が床につく、ということはなかったのですが、
いいのか悪いのか・・・

飼い主も最近やたらと眠いです。介護疲れか夏の疲れか。
夜中に二度ほど「牧草ないよー!」と起こされるせいもあるのですが、
意識が戻るのは夫が出かけたあと・・・とか・・・

ドイツは寒いです。雨のせいで薄暗く、気温は15℃くらい。
日本も早く涼しくなって、さわやかで気持ちのいい秋が来ますように。

↓歩いたあとは、いい夢みてね
IMG_5220_convert_20130913183122.jpg
↑ぼー・・・






笑顔

ドイツは朝晩冷え込むようになりました。
日中は、先週末には30℃ほどあったのですが、
今週は18℃くらい。
室温も25℃ほどあったのが、22℃。
人間だと、布団なしにじっと寝ていると冷えてきます。

うさぎはどうなんだろう・・・・?

以前の海なら、へやんぽ中は好きな場所を選べたし、
ケージ内でも寒ければきゅうきゅうと丸くなって、
暑ければのびーんとしていたので、
こちらにもわかりやすかったのですが、今はそうはいきません。
22℃ならまだ寒くはないと思うけど、病気だし、
今までのように顔を見れば大体わかる、というわけにはいかなくなりました。

↓今日はソファにのせてもらったんだ
DSC_0104_convert_20130910171522.jpg
↑高いところ、好きだったけど、いまはちょっと怖いよ

海は以前はよく笑う子でした。
欝滞を起こしたときは口をへの字にして具合悪そうな顔をしていても、
薬が効いてきて楽になると、わたしを見上げてにっこりしたのです。

↓笑顔の海(日本で去年撮影)
42758423_1816346249_224large.jpg
↑ぼけてるうえに、携帯で撮影したので小さいし、背景がちらかってますが。
 これはうさ友うずらさんの紹介で、インターネットテレビ「うさぎのおめめ」に
 投稿、採用されて記念品をいただいたときの写真です。

いまの海は、そもそも顔を正面から見ることができません。
なんとかして見ようと床に耳をこすりつけてみると、
海のほうは右眼でわたしを見ようとしてよけいに顔を傾けてしまう(苦笑)

↓これは、カメラを床に置いてなんとか撮ったもの
DSC_0098_convert_20130910171309.jpg
↑「はなこ、なに苦労してるの?」

完全に90度ですね。。。

撫でるとぐりぐり言います。
ぐっすり眠っているとき、むーむー言うときがあります。
きっとなにか嬉しい夢を見ているのでしょう。
そんなとき、わたしの目には見えなくてもいいから、
笑顔でいてくれたらいいな、と思うのです。

↓「たんぽぽはおいしいから、これでも喜んでるんだよ」
DSC_0099_convert_20130910171344.jpg
↑「無表情に見えるかもしれないけどさ」

そろそろぼちぼち暖房の出番です。


海さんのペレット

飼い主はなこは先週水曜日に歯医者さんに行ったのですが、
金曜日の夜にがしがし歯を磨いていたら、
詰めものが取れてしまいました・・・がーん・・・でした。
歯医者さんはどこも週末はお休みですから。

でも、ラッキーなことにちっとも痛くなかったので、
救急医療センターなどに駆け込むこともなく、
さきほど行って詰めなおしてもらいました。

そしてその帰りに、海のたんぽぽをどっさり採ってきました。

↓土手にみずみずしいたんぽぽがたくさんあるのです
IMG_5244_convert_20130909195938.jpg
↑フェンスの向こうはサッカー場です

バッタがたくさんいます・・・
わたしは虫は平気なのですが、なぜかバッタだけは大の苦手で、
家のドアのまえに小さいのが1匹いただけで
もう家には入れないくらいだったのですが、
海のためならバッタの群れに手をつっこんでも平気・・・
いや、歳をとると怖いものってなくなっていくんですね。
そんな自分がバッタより怖いです。

↓こんなつぶらな目で見られたら、なんでもしてあげたくなります
IMG_5246_convert_20130909195859.jpg



海のペレットはずっとGEXのプレミアムラビットフードでした。
これは以前うさ友のミミさんが、うちの子たちへの
クリスマスプレゼントに送ってくれたもので、
海も大好きで「もっとー」と催促するほどよく食べたのですが、
病気になったらなぜか食べなくなってしまったのです。
アルファルファ主体だから、味が濃厚なのかな?
さっぱりしてるほうがいいのかな?と、
いろいろ手持ちのサンプルをあげてみた結果、気に入ってくれたのは
OXBOWのナチュラルサイエンス アダルトラビットフード(←名前長いよ)

調べまくったのですが、なぜかドイツでは販売されていないらしいOXBOW。
日本から送ってもらいました・・・いつもすみません、父。
トマトっぽいにおいとハーブの風味が食欲をそそるのかも。
たしかに、ちょっとおいしい・・・
商品説明にも「術後や体調のすぐれないときに」と書かれています。

↓これは夫が買っておいてくれた、ドイツのペレットです
IMG_5202_convert_20130909195725.jpg

↓中身
IMG_4722_convert_20130621041844.jpg
↑ペレットだけではなく、乾燥にんじん、穀類、豆のフレークが入っています

この豆のフレークなのですが、むかしドイツで飼っていた先代うさぎが
尿路結石になったとき、獣医さんにまっさきにやめるように言われたものなのです。
現在かかっている獣医さんも、ペレットはあげないほうがいい、と言うのですが、
彼が言うのはこういう↑ペレットのこと。
日本で売られているものとはかなり違うのです。

この↑ような嗜好性の高い、うさぎが喜んで食べるものではなく、
健康によく必要な栄養をしっかりとることのできるペレット、現在捜索中。
毎回日本から送ってもらうのは送料がー・・・


↓秘密基地からずりずり這い出して、空を眺める海
IMG_5233_convert_20130909195815.jpg
↑動けないから、食べる以外楽しいこともないんじゃないかな、
 と気になるのですが・・・

↓「まえにも言ったけど」
IMG_5234_convert_20130909210600.jpg
↑「ぼくは人生の達人だから、なにもしてなくても楽しめるんだ」




私信 欧州在住のSさん、応援ありがとうございます。
   日本男児海、がんばってますよー!!


起きますように

ゆうべは夫の姪の誕生パーティに行ってきました。
ドイツって、大人でも自分の誕生パーティをするのです。
友だちや家族を呼んで。たくさんのお料理とケーキとで。
姪はもう成人で、ボーイフレンドと一緒に住んでいます。

彼女は海に会ったことはないけど、海の病気のことは知っていて、
「どんな具合なの?」と聞いてくれたので、写真を見せました。

↓秘密基地で野菜を食べる海
IMG_5237_convert_20130906184242.jpg
↑お皿だとうまく食べられないので、直置きです

姪はどういう方向で見たらいいのかわからない、みたいに
首を傾げてしばらく眺めたあと、くすっと笑って
「へんてこねぇ」と言いました・・・

ちょっとびっくりしました。
わたしにはすごくすごくかわいく見えるんだけど!
もちろん、わたしにはわかっています。
すべてのうさ飼いは、親ばかという病にかかっていることを。
そして、斜頸のうさぎを見たことのない非うさ飼いには、
「へんてこ」に見えてもしかたのないことを。
でもさ・・・普通言うか、面と向かって!

↓気にするなよ、はなこ
IMG_5236_convert_20130906183859_convert_20130906183933.jpg
↑野菜がおいしいことのほうが大事だよ

そうだね。でもペレットもちゃんと食べてくださいよ、うさぎ様。

↓母がクリームケースを送ってくれました
IMG_5241_convert_20130906184031_convert_20130906184107.jpg

旅行などの際にクリームを小分けして持っていくケース、
海には通院のときにおやつを入れて持っていったり、
検査用の糞を入れて持っていったりするのに便利なのです。

海ちゃん、がんばれ~ というお手紙つきでした。
奇跡が起きますように と書いてありました。


看病と介護に無我夢中でとにかく生きてくれるようにと
必死だった数週間がすぎて少し落ち着いてみると、
ふと、海はこのままなんだろうか、と思ったりもするのです。
跳ねて飛んで走って耳をふっていた姿を思い出したりするのです。
ひとつ得られるともっとほしいなんて、贅沢かなぁと思いつつも。

でもここまで良くなったのも奇跡なら、
このさきにもたくさんの奇跡が待ってるかもしれない。
できることを一所懸命やったその先で、
奇跡が起きますように。

↓このりぼんのついてるほうを糞入れにしようね
IMG_5242_convert_20130906184206.jpg



え、そっちがおやつ入れじゃないんですか、うさぎ様!?



アクアライトがきたよ

発病してから1ヶ月半。今日で6週間です。
体重は1・41㎏まで戻りました。
動けないぶん運動量も減っているので、
食べ物で体重を増やしても増えるのは脂肪だけで
肝心の筋肉のほうは増えてくれませんよね・・・?
多めに与えていたペレット、以前の量に戻すことにしました。


↓海、相変わらず首は傾いたままだし、
IMG_5199_convert_20130903032504.jpg

↓1日のほとんどはうとうとと休んでいるのですが、
IMG_5213_convert_20130903032840.jpg

↓たまにはこんなこともします(動きが速いのでぶれてますが)
IMG_5204_convert_20130903032554.jpg
↑「えいっ」

IMG_5207_convert_20130903032634.jpg
↑「どうだ!」

IMG_5208_convert_20130903032714.jpg
↑「とおっ!」

IMG_5211_convert_20130903032752.jpg
↑「ふう・・・」



そんながんばっている海に、先日日本から贈りものが届きました♪

↓海の大好きなアクアライトりんご味20箱!
IMG_5222_convert_20130903032924.jpg
↑写真はその一部です


アクアライトは(人間の)乳幼児用電解質補給イオン飲料。
甘くておいしいのでうさぎも喜んで飲みますし、
「点滴と同じ効果がある」とのことで日本のうさぎの先生もお勧めです。
普段、お出かけ時の水分補給には原液を3~5倍に希釈したものを、
病気のとき、脱水の心配があるときは原液のままあげていいそうです。
いただいたこれは粉末ですが、日本にはペットボトルのものが売られていて、
りんごだけではなく、白ぶどう味もあります。


↓それから飼い主には日本のお菓子!
IMG_5231_convert_20130903033131.jpg
↑この写真もその一部ですが、
 その他クッキーやおせんべいなども入っていました♪

クッキーなんてドイツにもあるでしょう、とよく言われるのですが、
やっぱり日本のものと味が微妙にちがうのです。
スパゲティなどもそうですが、やっぱり日本のは日本の味がする。
だから日本に帰国してご飯を食べに行くと、
スパゲティもハンバーグもピザも日本の味がして嬉しいのです。
日本の味は、日本食とは限らないのです。不思議ですが。

もったいなくてなかなか食べられないのですが、
この日はさっそくクッキーを1枚いただきました。
ありがとう、まみちゃん。おいしかったよ!

IMG_5226_convert_20130903033012.jpg
↑さっそく飲む飲む

↓そしてまた・・・
IMG_5223_convert_20130903171657.jpg
↑「とおっ!」