ヒーター事情

お腹がすっかり良くなって、よいお顔になった海さん。
部屋に入っていくと、秘密基地から出てきて頭を振り、
まん丸のかわいい目で見つめるのです・・・
お野菜?りんご?と期待している目です。
わたしの訪問を喜んでいるわけではありませんので。

・・・

このとき、頭をぶんぶん振るので、
このかわいい顔がちっとも写真に撮れないのです。
もうぶれぶれ。白い幽霊のよう。
そういえば今夜はお化けや骸骨が出没する夜ですな。

↓これ好きなのーなんで1個しかくれないの?
IMG_5563_convert_20131031174658.jpg

↓それはサプリだから、朝晩1個ずつで十分なのよ
IMG_5564_convert_20131031174754.jpg
↑しょぼん

ドイツのペットヒーターを検索していたら、
質問サイトみたいなのを発見しました。
なにか質問すると、知識のある見知らぬ人が答えてくれるというアレ。

うさぎにヒーターを買ってあげたいのですが、どこを探しても見つかりません。
売っているお店をご存知のかた、いらっしゃいますか。

おお、それはわたしも知りたい!と思って10ほどある回答を見ると・・・

うさぎにはヒーターは必要ありません。

うさぎには毛皮があります。

マイナス20℃でも大丈夫です。

心配なら床材の牧草をたくさん敷いてください。

野生のうさぎはどうしてると思ってるのですか。

・・・・・・・・・・・等々。

質問者からの返信はありませんでした。
わたし同様、おそらくがっかりしたものと思われます。

たしかに、ドイツはなこ地方ではうさぎはペットというより家畜、
外で(食用に)飼っている人のほうが恐らく多いはずです。
うちのななめ向かいに住むブリーダーさんも庭で飼っていて
(庭に小型マンションみたいな木製の小屋がある)
冬には正面に古毛布をかぶせて冷気を遮断すると言っていました。

もともとそういう飼われかたをしている子なら(しかも代々)
冬に備えて毛や脂肪を蓄えるのかもしれませんが、
それでもマイナス20℃はないだろうと思うのですが・・・
病気の子や高齢の子はどうするんでしょうね。

↓久しぶりのおやつ
IMG_5571_convert_20131031174844.jpg
↑アヒルには分けてあげないんだもん


私信 欧州在住のSさん、
   一時帰国されるのですね!
   日本でのクリスマス(?)やお正月を楽しんでらしてください♪
   うさちゃんはお留守番寂しいけど、おいしいお土産を
   楽しみに待っててくれると思いますよ!
   

スポンサーサイト

ヒーターの悩み

おとといの夜中に雷が鳴り響き、バケツ雨が降ったはなこ地方。
翌朝にはすばらしい快晴で、気温も上がり18℃になっていました。

 ↓秋晴れ~
 IMG_5528_convert_20131027235416.jpg

海を抱いてベランダに出てみました。
海は鼻を動かして空を見ていた・・・ように見えましたが、
喜んでいたのかどうかは不明です。

海部屋には暖房が入っていていつも暖かいのですが
ヒーター、夜には自動的に切れてしまうのです。
夜11時にとまり、明け方5時にまた入る。
この6時間で、当然室温は下がります。
いまは下がるといっても1℃かそこらなのですが、
本格的な冬になったらそれだけでは済みません。
そこでペット用ヒーターがほしいのですが。

遠赤外線のパネルヒーターは体を内側からぽかぽかにするし
血行も良くしてくれるのでこれがほしかったのですが、
いまの海ケージは転んだときのために
四方をバスタオルで囲って壁を作ってあります。
パネルヒーターって、うさぎ本人がその前にいないと意味ないですよね?
バスタオルの上に設置すると高すぎて、海の耳にしか当たらない。
ケージの底、トレイに置くのも無理です。
マット敷きつめてあるし、いまの海はトイレが使えないので、
マット外したらヒーターが濡れてしまう。
ケージの屋根?だと高すぎて暖かくないんじゃないかな。
どうだろう。斜頚の子ってどうしてるのかな。

やっぱりここは板状のペットヒーターでしょうか・・・

海部屋を海はうさぎ飛びで歩きまわるのですが、
首が傾いているため、基本的には右回りに進んでしまいます。
右に向かいつつ、首をレーダーのように動かして位置を確認し、
軌道修正しながら進むので、目的地までまっすぐは歩けません。

うさぎ飛びとはいえまだまだバランスが危ういので、
ケージの出入口、トイレなどの段差はまるで無理です。
ケージにスロープをつけても、右側に寄っていってしまうので
やったことないけど、きっと途中で落ちてしまうと思います。
そんなわけでいつも抱っこで出入りしています。

↓なのに変なところをわざわざ選んで歩きます
IMG_5538_convert_20131028183553.jpg
↑ケージ掃除中のマットのうえ

話は変わって、
日本にはもうとっくに2014年の手帖が出ているのでしょうね。
わたしの今年のスケジュール帳はこれでした↓
IMG_5542_convert_20131028183214.jpg
↑なかにもいっぱいうさぎの写真が載っているんです

来年のもAmazonで見つけました。買わなくては。
ドイツではうさぎどころかかわいいデザインのものなんてないのです。

↓お願いうさぎのお守り、ケージにつけました
IMG_5545_convert_20131028183456.jpg
↑真ん中のうさぎはとんぼ玉のぴょんさんです
 お友だちが特注で作ってもらってくれたもので、
 ぴょんさんの模様がお顔にも背中にもちゃんとついてるんですよー
 これもここで海を見守っているのです

お守りうさぎの持ってる短冊には「再発しませんように」と書きました。
どうか、そうなりますように。



たくさんクリスマス

まだときどきお腹がごろごろきゅうという海。
野菜少なめ、床下には湯たんぽ。
それでもどんどん元気な顔になってきました。
表情、ちがうんですよね。病気のときと、元気なとき。

明け方、寝ぼけたのか「出たいよー」と騒いでいたので、
ベッドに連れてきて2時間ほど一緒に眠りました。
もうすっごく幸せなんです。このひととき。
海も安心しきってお腹出して、ぐりぐり言いながら寝ていて、
布団をかけてくっついているのでぽかぽかになって、
夢を見てぱたぱたさせてる耳に頬を叩かれたりして。

↓ほんとはいつもベッドがいいんだけどな
IMG_5520_convert_20131025210603.jpg
↑そうね、でも飼い主は熟睡できないんですよ

昨日はお薬をがんばって元気になって治療終了した海に、
ご褒美のおやつが届きましたよー!

↓もうクリスマス来たの?
IMG_5499_convert_20131025203907.jpg
↑いい子にはいつでもクリスマスが来るんだね
 るこサンタさんが運んでくれたんだよ

↓イタリアンライグラスはもうすぐなくなるところだったので
IMG_5496_convert_20131025203947.jpg
↑良かったね、海!すごい人気でもうほぼ売り切れなんだって

↓そして飼い主もいい子だったので(!?)プレゼントが
IMG_5517_convert_20131025210522.jpg
↑これもぼくの?           ↑これはあたしのよ しっしっ

いいえ、わたしのです。ほら、「大人の」って書いてあるでしょ。

さっそくポッキーをいただきました。
ああ、日本の味。なぜだか図書館へ向かう道に立っている気が(←謎)

↓あとはね、ほら、こんなすてきなお守りもくれたよ
IMG_5501_convert_20131025204026.jpg
↑おねがい兎のお守り、海のケージにつけてあげるからね。

↓おねがいしてもいいの?
IMG_5486_convert_20131025203823.jpg
↑じゃあね、世界のうさぎさんたちが幸せになりますように

↓それははなこが願うから、海は自分のことにしたら?
IMG_5522_convert_20131025210649.jpg
↑じゃあ、たくさんおやつがもらえますように!

・・・・・他に願うことないの・・・・・別にいいけど。

↓すごーい、もう叶ったよ!!
IMG_5504_convert_20131025213231.jpg
↑お守り、すごいね!ありがとう、るこサンタさん


海が元気で嬉しそうな顔をしているときがいちばん幸せ。
世界中のうさぎみんながこんなお顔でいますように。

 



元気です

海さん、月曜日には下痢が治まり、
火曜日にはすっかりいい●になりました!
食欲も戻って、ペレットももりもり食べています。

黒いお薬は月曜日までだったのですが、
その最後の晩には(元気が出たせいか)素晴らしく抵抗し、
おかげでこんなお顔になっちゃいました↓
IMG_5464_convert_20131023213755.jpg
↑「こんなお顔撮らないでよっ」
 撮っただけでなく、全世界に向けて公開する飼い主。


このまえ、スーパーで柿を見つけて買いました。
その名も「Kaki」。スペイン産です。
これがとっても大きくて柿色で立派だったので、
大きさがわかるように海と並べて写真を撮ろうとしました。

↓が、置いたとたんにかぶりつく海
IMG_5466_convert_20131023213104.jpg
↑「がりっ!」

海は初めてのものや食べなれないものには用心深い性格。
そしてうちでは柿をうさぎにあげたことはありません。
だから、並べてもぜったい大丈夫だと信じていたのに!

相変わらず生野菜は少なめです。
なので、みずみずしいものに飢えてるのかも・・・哀れな

ここしばらくは寝るまえに入れた牧草が朝まで残っていたのですが、
今日(の午前3時ごろ)、久しぶりに「牧草ないよー!」と起こされました。

↓左目、開いてきました。
IMG_5469_convert_20131023213150.jpg
↑右耳マッサージ中です。
 撮影のためにひっぱっているわけではありませんので。

↓おまけ。ドイツのパン。
IMG_5429_convert_20131010040923.jpg
↑1個30円くらい。

柿は意外にもおいしかったです。また買おう。



下痢さんその後

金曜日に病院で注射してもらい、お薬をもらった海。
今日、日曜日には下痢はとまって、普通の●になりました。
でも食欲がなくあまり食べていないので、
●も少ないです・・・
まだ体力が戻っていない状態なので心配ですが、
あまり心配しないように気をつけています。
伝わっちゃいますからね。

↓タオルにくるんだ湯たんぽに寄り添ってねんね
IMG_5462_convert_20131020203810.jpg

↓黒いお薬とうん●で汚れたお顔
IMG_5460_convert_20131020203656.jpg
 
↓それでもかわいいこのおてて
IMG_5461_convert_20131020203734.jpg
↑なにこのかわいすぎるおてて!(←・・・)


水気の多いもの、生野菜などは控えてください、と言われたけど、
他のものは食べてくれません。乾燥パインなど甘いものは食べるけど、
ペレットも牧草もけっこうです、です。

女の子うさぎのぴょんさんが避妊手術をしたあとも、
淡白な味の葉っぱばかりほしがって、他のものは食べなかったことがあります。
きっと具合の悪いときはそういうものがおいしいんだろうな。
人間でいうと、お豆腐とかかき氷?
なのに野菜を控えなくてはいけないとは!

でも、奥の手ペレットは少し食べてくれました。
奥の手ペレットとは、普段はあげないはちみつが入っているペレットです。
栄養士さんが考える、由緒正しいご飯ではなく、
ハンバーガーやフライドポテトみたいなジャンク系。
でも、このほうが子どもは喜ぶんですよね。
こういうときのために、こちらも用意してあるのです。

アクアライト、本当に助かってます、まみちゃん。
濃度を上げて与えたおかげで脱水を起こさずに済んでいるようです。

うさぎの神さま。
早く良くなりますように。




私信 欧州在住のSさん、
バナナ、うさちゃんと分け合ってるんですね。微笑ましいです♪
野菜の水気は、やはり言われましたか。でも野菜のおいしさはやはり新鮮さと
みずみずしさですよね。量を減らすのもなんだか切ないです。
安心してお仕事に行かれるようになってよかったですね!




お腹不調

前回のブログで調子に乗りすぎたせいでしょうか。
それとも下心がすけすけすぎたせいでしょうか。
海さん、下痢で病院に行きました・・・

木曜日にちょっと●が少ないなぁと思っていたのですが、
金曜日には水っぽい下痢。
しかもそこで転んでしまったのと、
自分でなんとかきれいにしようとしたせいで、
お顔も体もうん●まみれ・・・
寝たきりだったころを思い出します。
付着した軟便に泣かされたものでした。

↓お腹壊してしょんぼりなの
IMG_5449_convert_20131019173723.jpg
↑午後なので眠たいだけかも

熱もなく体重も変化なくよく動くので、
一応持参した便を検査のために提出しましたが、
薬を飲めば恐らく1~2日で良くなるのでは、とのこと。

その薬はまたしてもアバウトに「1日1回袋の4分の1」・・・

↓なんかすごい薬です
IMG_5452_convert_20131019173635.jpg
↑まっくろー!イカスミ!?砂鉄!?

りんごジュースに溶かすとほとんど墨ですが、味はありません。
無味無臭なので、海は抵抗なくシリンジから飲んでくれました。
一夜明けたら、ちょっと緩いかな、という程度になってました。

ただ、水気のあるものはあまりあげないように、とのこと。
野菜が大好きな海は、夜と朝のご飯タイムにわたしを見上げて
「お野菜は?お野菜は??」と訊くのでかわいそうで・・・

↓徹底的に拭いたあと少し干してしおしおになったのを少しだけあげました
IMG_5458_convert_20131019173553.jpg

↓これじゃ足りないよ・・・
IMG_5459_convert_20131019173452.jpg

乾燥したのなら大丈夫かもと思ってにんじんを細くスライスし、
ヒーターの上に大量に載せて乾かしています。
これが5分の1くらいに縮んじゃうんですよね。
たしかにすごい水分量。

下痢は体力を奪ってしまうので、早く治ってくれるといいです。
実は飼い主もお腹を壊していますが、これはラクトーゼアレルギー。
ドイツのほうが牛乳が濃いのか、ドイツで暮らしてしばらくすると
必ず出るんです。日本ではなんともないのに。
いえ、飼い主の話はどうでもいいんですが。

早く良くなってくれますように。




かいぶろ

↑かいのブログ、の略です。
 海のお風呂のことではありません。

このブログ、ちょっとなんだかすごいんです。
これまで海の様子をいろいろ書いてきました。
たとえば、
うまく横になれないのであまり眠れない、とか
逃げるけど大して速くないのですぐつかまる、とか
野菜は喜ぶけどペレットをあまり食べない、とか。

それが、書いた翌日か次の日には改善されるんです。
だから、いただいたコメントにお返事をするときには、
状況がちがっている、ということになっちゃうことも。

そして。
わたしは前回、海はティモテができない、と書きました。
そしてさきほど、当然のようにティモテしている海を見て
お茶を吹いたところです・・・

このブログ、すごいかも・・・
だったらわたしは何回も書きます。それが覆されるように。
海の首、傾いたままなんです。傾いたままなんです。
左目、見えてないみたいなんです。見えてないみたいなんです。

さ、二日後に期待・・・
いえ、こういうことは実は下心があるとだめなんですよね。

さきほどティモテしてたのは右の耳。
右耳を両手で挟もうとして、頭を右に向けて起こします。
すると頭がまっすぐにかなり近くなって、左目もちゃんと開きます。
そうすると、黒目がちゃんと目のほぼ真ん中に来るのです!
見えてるのかどうかは不明ですが。
すごーい、海。すばらしい!!

↓採血のため剃られたおみ足
IMG_5443_convert_20131016030036.jpg

↓なにげに敷き物と同じ皮膚の色
IMG_5442_convert_20131016025957.jpg
↑ゆえに足に穴があいてるように見えます

このまえ、初めてスーパーでチンゲン菜を見つけました!
いままでは見たことなかったし、あるとしたらアジアショップ、
しかも疲れて萎びたものしか見たことなかったのです。

↓でもこれはドイツ産
IMG_5444_convert_20131016025920.jpg
↑他の野菜に比べると若干割高かも
 Pak Choiだって。何語?

バリエーションが広がりつつある海の野菜メニュー。
もちろん、どの野菜も芯は人間様の食卓にのぼります。
うさ飼い家の常識ですよね。

↓海式おやつの食べ方
IMG_5448_convert_20131016025821.jpg
↑男子らしくワイルドにいくぜ


私信 欧州在住のSさん、いつも応援ありがとうございます!
   そちらにはうさちゃんが喜ぶお野菜はたくさんあるのでしょうか。
   やはりうさちゃんのために牧草の種など工夫されているのですね。
   そろそろ冬支度でしね。どうぞ暖かく過ごされますように。



海さんのお耳

ちゃんと聞こえています。ちゃんと音や声に反応します。

でも、うさぎのお耳って、いろんな音を拾おうと、
いつもくるくるレーダーのように動いていますよね。
海にはその動きがまったくないんです。

顔は転ぶことなく両手で上手に洗えるようになりました。
後ろ足でお耳かきかきもできます。
ただ、ティモテはまったくできません。
耳を両手で挟んで口元まで持ってきてお掃除する、
あのかわいいしぐさはまったくしないのです。

頭をまっすぐに起こせないのと同じ理屈で、耳を動かせないのかな。
もっとも、あれをするには首を柔軟に回せないといけませんしね。
たまに指で押して耳を下げてあげると、
両手ではさんで一所懸命舐めてきれいにしようとします。
でも、自分ではやってみようともしてない感じ。

↓いつもこの位置のままのお耳
IMG_5294_convert_20131013033950.jpg
↑耳翼はときどきコットンで拭いてあげます

さて、今日はちょっと意地悪をしてみました。
耳を動かせるのかどうか確かめたくて、海の嫌がることをしてみたんです。
それは・・・口笛。
せめて不快感を軽減するために、曲はバッハのカンタータで。←意味ないから

最初、海は丸い右目をさらにまん丸にして固まりました。
そして、しばらくしたら主に右ですが、耳をちゃんと動かしました!
特に低音部が不快なようです。
音のくる方向を特定しようとする動作をちゃんと見せてくれました!
下になっている左耳も、それなりにぱたぱたしているみたい。

耳がこちらに向けられ、わたしの顔をじっと見つめる海。
わたしは、誰が吹いてるんだろうねぇ、という顔をして
あらぬ方を眺めるふりをしてみました。が、バレてました。

やおら秘密基地から出てわたしのまえまでまっすぐ歩いてくると、
わたしを睨みつけたまま足ダンしたのです・・・
そのあとも周りをぐるぐる走りながら足ダンする海。
走りながら足ダン・・・高等技術です。
許してーもうやめてー

そして居間に逃げてきて、こうしてブログを書いているわけです。

↓まったくはなこのやることといったら・・・ぷんすかぷん!
snap_usablog7716_2013106211511.jpg
まあ大目に見てあげなさいよ、仕方ないじゃない、ヒト科だもの↑



治療終了

血液検査の結果が出て、海のEzの治療は完全に終了となりました!
再発の可能性はゼロではないけど、
それはそうなったときに対処するしかないようです。

ビタミンB剤も終了。
海、もうお薬入りバナナはもらえません。

↓バナナ、もらえないの?りんごのすりおろしも!?
IMG_5372_convert_20131010202432.jpg
↑もう毎日はもらえないよ。たまにならもちろんあげるよ!

首の傾きについては、病院でできることはもうなく、
左目については動物専門眼科医がいるとのお話を伺いました。

左目は右目の半分ほど開いているのですが、
瞳孔部分が地平に沈んでいる形になっており、
外から見えるのは薄青い光彩部分だけ。
これでは見えるはずもないのですが、
たとえ黒目の位置が戻ったところで視力には期待できないようです。

よければ眼科医に紹介状を書いてくれるとのことですが、
かなり遠方のため、まだ未定になっています。
もっと海の体力が回復したら、また考えようかな。

↓海部屋を走る海
IMG_5422_convert_20131010040839.jpg

海、けっこう走るの速いんです。
後ろ足の力がついてきて、捕まえようとすると激しく床を蹴って
手から飛び出し、転んでもすぐに起き上がってさらに逃げます。
うさぎらしいうさぎ跳び。後ろ足で立って顔を洗ったり、
わたしの膝に「ねえねえ」と両手をかけたり、食●したり、
動きにほぼ不便はないように見えます。
秘密基地やケージ、ドアやおやつ棚との位置関係もわかっています。

ところが海部屋以外の部屋、
たとえば以前は大好きでよく駆け回っていた居間に連れていくと、
もうまるで歩けないのです。
家具の位置も方向もわからず、おろおろと首を動かし、目を見開き、
匂いを必死で嗅ぎ、4つ足で這いつくばるようにして数歩進むだけ。
大好きだった遊び場、ベランダも同様。

この様子から予想するに、多分片目で見て把握することはできていないのです。
海部屋はすっかり知り尽くしていて、目を閉じていても歩けるのでしょう。
海部屋に戻すと、本当にほっとした様子でまたうさぎらしく跳ねはじめるのです。
これでは、動物病院などでは再病人化してもしかたないのかも・・・

↓おやつーおやつー おやつください
IMG_5426_convert_20131010041009.jpg
↑海部屋では、以前の海そのままの振る舞いです。
 いいえ、おやつはあげません。食べ過ぎてます!


左黒目の日没化は、首の傾きが改善されればよくなるのでしょうか。
いまの状態では、両目が見えていても正しく役に立つのか不明です。
そこのところは、それこそ眼科に行かないとわからないんだろうな。
悩みます。寒くならないうちに・・・でも遠いよなぁ・・・ふう。

↓余談。ドイツのクリスマスのお菓子。激甘。
IMG_5428_convert_20131010041055.jpg
↑わたしはおやつ食べてもいいんですよ。ふふふ。←いじわる




4時間の別離

本日は海の血液検査の日でした。

エンセファリトゾーンの薬が終わって6週間後に行われる検査。
そのために、2週間まえに電話をいれて予約をとりました。
「では、8時に預けに来てください」と言われて目のまえが真っ暗に。
「預けないといけないんですか!?」ときいたら、
「若干時間もかかりますし、当院では検査の際には預けてもらうんです」
ぐずってみたけど、仕方ありません。その時間で予約しました。

ぐずぐず言ったので、来ないと思われたのかどうか、
前日に病院から電話がかかってきて「本当に来ますね?」と
聞かれちゃいましたよ・・・

そして今朝8時に預け、お迎えは12時ということに。
海のいない空のケージ。
いい機会だからケージと海部屋を徹底掃除。
海のいない4時間。
ベランダに翻る洗濯もの。

↓すぐにおうちに帰れるの?
DSC_0133_convert_20131008214616.jpg
↑そうだよ、今日はお泊りしなくていいからね。

ところで、海は家ではうさぎらしく跳ね、毛づくろいし、食●しているのですが、
病院内では病人らしくふるまわなくては、とでも思うのでしょうか。
まるで2ヶ月まえに戻ったような病人くささ。
キャリーのなかにほとんど仰向けにひっくり返り、
起こそうと手を入れると「いやだよいやだよ」とローリング。

↓帰れるとなったらまた立ち上がるんですけどね・・・
DSC_0134_convert_20131008214655.jpg
↑もう車のなかです。

たった4時間だけど、海がいないと火が消えたよう。
採血された海の足は毛を剃られてはげちょろけ。
これから冬になるのに、なんだか寒そう。

でもおうちに戻ってケージに入った海は、
それまでの興奮して鼻ふかふか状態からみるみるほどけて、
安心したとってもかわいいお顔になりました。
やっぱりおうちがいちばんだよね、海。

検査結果は明後日わかります。




赤外線ランプとワイン

わたしの夫は保健室的なものが大好きです。
医薬品各種はもちろん、包帯や絆創膏や塗り薬、湿布薬。
捻挫用、打ち身用、擦り傷用、切り傷用。
骨折時用に添え木。筋肉疲労時用に赤外線ランプ。

買い込んだ量と使用期限を考えると、
使い切れずに廃棄する量のほうが使用量より多いと思われますが、
まあ、それはどうでもいい。役に立つものも(稀に)ありますから。

筋肉を温め、ほぐし、血行を良くする赤外線ランプ。
これ、もしかしたら海の首にいいんじゃないかしら。
と思って、ただいま獣医さんに問い合わせ中。
湯たんぽやお湯でしぼったタオルで1日に2回は温めているのですが、
このランプならきっともっと奥のほうからぽかぽかになるはず。
ちょっと当ててみたところ、海はじっとしてぐりぐり言って喜んだのです。
わたしの冷え性の足にはなんの効果もないようですが・・・

話は変わって。
妹がドイツで撮った写真を送ってくれました!

↓妹さん、帰るの?ぼくも一緒にいきたいな
2013_0721_155238-P1010312_convert_20131004203702.jpg
↑病気になる2日まえの海です。かわいいーーー

↓現在の海は秘密基地で爆睡中です
IMG_5388_convert_20131002162436.jpg
↑お弁当箱におでこを押しつけて
 ちょっとだらしないですよ、海さん

話は変わって。
このまえ、ブルーベリーのワインを買ってみました!
寝るまえにちょっと飲むと、胃がぽかぽかしてよく眠れるんですよね。
ワインというと普通はぶどうですが、今回はめずらしいのでこれを買いました。

↓320円くらい
IMG_5417_convert_20131004203402.jpg

ぶどうに比べると酸味がなくて、ちょっともたっとした味。
でも甘くて飲みやすかったです。
といってもわたしはお酒ですぐ気分が悪くなるため、
2、3口が限度。そのくらいならおいしくいただけます。

うさぎもアルコールに弱いので、
海へのおやすみのハグとキスを全部済ませてから、
今夜もぽかぽかになって眠ろう。





うさぎ家族 1

わたしが初めて飼ったうさぎはいまから12年まえ、
ドイツで誕生日プレゼントにもらった黒うさぎ。

当時はうさぎって一般的ではなく、
わたしはうさぎに血統書や品種があることも知らなかったので、
丸くて耳が短いその子を、うさぎってこんなだったっけ・・・?
と思って眺めたものでした。石器時代の話です。

1869712036_154.jpg
↑2001年6月に我が家にやってきた生後4ヶ月の男の子
 真っ黒なネザーランドドワーフ

名前は、ドイツ人も日本人も正しく発音できる名前、
といったら他になにも思いつかなかったので、テディ。

テディは近所のブリーダーさんの「要らない」うさぎでした。
というのも、彼はラビットショーで優秀賞をたくさんとっているような
美しいチャンピオンうさぎを繁殖させては(高額で)売っているのですが、
生まれる子のうち何匹かはショーに出せないうさぎって当然出るわけです。

テディの場合は、両親はブルーシルバーのきれいな色だったのですが、
生まれた6匹のうち1匹だけ、先祖返りの真っ黒に生まれたのです。
美しいうさぎの血統を維持していくために、こういう子は間引くのですね。
ひどい話だけれど、その人の家の庭にはサークルで囲いがしてあって、
なかに10匹ほどのブチうさぎが入っていました。2~3㎏サイズ。
ブチ模様が左右対称のうさぎを目指していく過程で、非対称の子は間引く、
つまりサークルのなかの子たちは食用にされるのです・・
人の目に美しい動物を作るうえでのバックヤード。
かわいい黒うさぎをもらったというのに、なんとも沈んだ嫌な気持ちで帰宅。

びくびくと木の巣箱にこもって1週間を過ごしたあと、
顔を寄せたわたしの頬をぺろぺろと舐めてくれたテディ。
そこからわたしのうさぎ世紀が始まりました。

それまでも小鳥やモルモットや金魚や犬と暮らしていて、
どの子もすごくかわいかったし大好きだったけど、
うさぎと出会ってみて、なんてこった!と思いました。
ありえない。信じられない。
こんなにかわいい生き物がこの世に存在する理由がわからない!
心臓のど真ん中にはまった感じ。愛しすぎて脳がついていかれない。
まさにうさぎに出会うためにわたしは生まれてきたんだ!という感覚。
朝に見せたかわいい表情を胸にしまって仕事に行き、一日中思い出し、
なのに帰宅してテディを見ると、朝よりもっとずっとかわいくなっている。
人間相手には、ここまで深く恋に落ちたことはありませんでした。
いくら語ってもきりがないし、ブログの容量をオーバーしかねないし、
うさぎ仲間はすでに経験済み、言わなくてもわかってくれると思うので
省略しますが、2001年6月、ここからわたしの世界は変わりました。

1869712036_90.jpg
↑うさぎのぬいぐるみで遊ぶテディ。
 毎分毎秒、ここで時がとまれ!と思いつつ眺めていました。

当時はうさぎの情報はほとんどなく、獣医さんもそれほどうさぎに詳しくなく、
飼い主の無知も加わって、テディは3歳までしか生きられませんでした。
ブリーダーさんは、その年に大流行した死亡率ほぼ100%の伝染病、
RHDのせいだろう、と言いましたが、
今おもうとあれは毛球による胃拡張だったかと。
胃にどんどんガスがたまってぱんぱんになり、獣医さんでも匙を投げられ、
具合を悪くしたその日の深夜に、お月さまに還っていきました。
最後にちゃんとわたしを呼んで、お別れの挨拶をしてくれました。

わたしの最初のうさぎ、ぶどう色の大きな目をした黒い子テディ。
あの子と出会っていなかったら、いま周りにいてくれる大好きなうさ友さんたち、
誰とも縁のないままわたしは猛獣飼いかなにかになっていたかも。
あの子が導いてくれた道を大切に、これからもぽくぽく進みたいと思うのです。



Category: うさぎ家族

お野菜

海部屋のドアは、内に向かって開くタイプ。
これまで海はいつもドアから離れた秘密基地にいたので
すっかり油断が骨の髄までしみこんでおりました。

今朝、ドアを開けたら、すぐそこをうろうろしていた海。
これからは気をつけないと!
あと10cmずれていたら、ドアでぶっ飛ばすところでした。

ドア付近で、海はわたしが持ってくる野菜を待っていたのです。
ペレットは日によってまったく食べないこともあるのに、
野菜だけはいつも大好き。
窓辺で育てている葉大根やイタリアンライグラスも大好き。

↓新鮮な野菜はこの世でいちばんおいしいんだよ
IMG_5395_convert_20131002162235.jpg
そういえば、ローリング中も口から離さなかったもんね・・・野菜。

それにしても、野菜を種から育てるのって難しいんだなぁと実感しています。
日本では苗を買ってきて、楽々収穫まで持っていかれたけど、
あれはプロの方があそこまできちんと育ててくれたからなんだなぁ、と。
葉大根はいいのですが、春菊、小松菜は、3cmくらい伸びたかと思うと
それ以上育つことなくひょろひょろとミイラ化して、枯れてしまうのです。
いま、3度目の挑戦で春菊だけはなんとか6cmに育ちました。
スーパーで売ってる春菊って、全長何cmあったっけ。
あそこまでの道のりははるかに遠い。
いや、ドイツの土、気候だから難しいだけ!?それともわたしの腕が悪・・・

↓大好きなペレット牧草、歩いてもらいにきます
IMG_5412_convert_20131002162803.jpg

↓バイトが決まったから、また買ってあげるからね!
IMG_5414_convert_20131002181929.jpg
↑「大きい袋のほうを買ってね」


↓うちの近所の広場から、よく気球が飛んでいます。
IMG_5191_convert_20130913183242.jpg

秋になったらたくさん見かけるようになりました。
4つも5つも飛んでいるときもあります。
火炎放射器の ゴゴゴォー! という音が聞こえてきます。
うちの上には落ちないでね、お願いだから。