クリスマスマーケット

雪が降りました。ドイツはなこ地方↓
IMG_5756_convert_20131128185748.jpg

外気温は0℃。
こうなるといつものスピードが出せないので、
仕事に行くのにいつもより早く出なくてはいけません。
海との別離が長くなります(涙)
特に帰りは車が凍結しているためすぐには走れず、
帰宅もその分遅くなります。

ハイデルベルクではクリスマスマーケットが始まりました!

小さな村などでは週末の2日間ほどマーケットが出て、
おばあちゃんの手編みのぬいぐるみや手作りろうそく、
有志の方々の焼いたお菓子などが並びます。
でもハイデルベルクほどの街になると規模がちがって、
期間も約4週間。
立ち並ぶ小屋にはすべて企業が入っているので
商品も普通にお店で売られているレベルになります。
このために組まれるツアーも多く、観光客が押し寄せます。

↓昨日、仕事の帰りにいろいろ撮ってみました
IMG_5765_convert_20131128185848.jpg
↑巨大クリスマスピラミッド

↓日本の繁華街より素朴な光で薄暗いです
IMG_5779_convert_20131128190437.jpg

↓色とりどりのろうそく
IMG_5766_convert_20131128185941.jpg

↓こちらはソーセージやホットワインの屋台
IMG_5767_convert_20131128190247.jpg

↓木のオーナメント
IMG_5776_convert_20131128190348.jpg
↑うさぎがあったら買うのに!

↓帽子屋さん・・・
IMG_5774_convert_20131128190148.jpg
↑・・・がなんだか怖かった

↓丈の低いツリーで森のように飾られた広場
IMG_5781_convert_20131128190531.jpg

昨日は水曜日だったのでまだよかったけど、
週末になるととんでもない人出になります。
わたしのアルバイト先もすごい混雑になる予定。

そんなわけで今回はクリスマスマーケットレポートでした。
海の出番はなし(←冷酷)

↓やっぱりこれ海ブログじゃなかったんだね
snap_usablog7716_201311411322.jpg
↑「ドイツ日記」だから、たまにはいいのよ


スポンサーサイト

お久しぶりです

ご無沙汰しておりました。
飼い主はなこはまだ流行まえ、仕入れたて(?)で新鮮そのものな
インフルエンザにやられてけっきょく10日間寝込んでおりました。
ドイツの病院って自然にまかせる主義なので、
高熱も理由があって出ているのだから、無理に下げるのはNG、
良くなるまで寝てなさい、と言われるだけなので、
いや、それわからなくはないけど、
でもなんのために病院に行ったんだというか、
歩いて往復し、待合室で待ったぶん、体力消耗しただけ、という
この空虚感はなにで埋めればいいのか・・・食欲はないし。

そんな飼い主からエネルギーを吸い取ってるのではないかと疑うほど
元気いっぱいすぎてどうしようもなくなっている我が家の白うさぎ。

↓そんなことないよ
IMG_5744_convert_20131125175712.jpg
↑はなこに合わせてうつろな顔してるでしょ、ぼく

この方が最近すっかり上手にケージに入れるようになったので
嬉しくて仕方ないらしく、用もないのに入ってみせるのです。
相変わらずピンボケ写真ですが、ご容赦ください。
いつかなんとかレフとかいうブレないカメラ(そんなのあるのか?)を
買うまでの辛抱ですので・・・購入は36年先の予定。

↓位置について
IMG_5716_convert_20131125175120.jpg

↓シュッ!
IMG_5719_convert_20131125175229.jpg

最初はだめだめでした。
普通は前足がかかった時点でその場所の高さを把握して、
後ろ足に入れるべき力の量を計算できるわけです。無意識ですが。
ところが海はそれができないため、力が足りずに足をひっかけるか、
必要以上にがんばりすぎてつんのめってこけるかのどちらか。
だから「ケージに入る」というより「転がり込む」のほうが近かった。

でもね、何回も(めげずに)くり返すうちに、
今では完璧に入れるようになったんです!!
過不足のない完璧な力加減で、かっこよく着地できるんです!
すごいねー海、すばらしいねー!!

↓でも出ることはできないので
IMG_5720_convert_20131125175346.jpg
↑出たいよ出たいよ

いちいち行って抱き降ろさなくてはいけないという・・・
高熱のある身でこれを何回もやられてさすがに堪えたので
ケージ扉は閉めて入れなくしてしまいました・・・ごめんね、海。

出るときは前足をまず床につけようとするため、頭も下になって、
前足だけでは支えきれず、バランスを保てないんですね。
もうごろんごろん転がってしまうのです。大怪我しかねない。

元気でなによりなのですが、
ときどき左眼をどこかにぶつけてしまったりします。

↓そんなときには軟膏の出番
IMG_5729_convert_20131125175508.jpg
↑もっとかっこいいとこ撮って~(泣)

人間の病院より海病院のほうが至れり尽くせりな気がする。
軟膏を見つめて世の無常について思いを馳せるはなこ。
あとひと月でクリスマス。



 

体重が増えたよ

普段は1・52~1・55㎏の間だった海さん。

病気をしてから一気に落ちた体重、
少しずつ順調に戻って昨日の時点で1・48㎏になっていました!!
足がまだそんなにしっかりしていないから、
あまり体が重くないほうがいいのかな?と思ったりしますが。
だいたい今くらいをキープできればいいかな?
重すぎはソアホックにも良くないですからね。

海はとっても元気です。
すこしまえまでは添い寝も大人しくしてくれたのに、
すっかり我が出てきて最近は「いやいやいやーっ!!」に(涙)
「降ろしてー!」と枕をすごい勢いでほりほり。
ええ、本人は枕を掘ってるつもりなんですよ。
だから悪気はないんですよ、わかっていますとも。
ミミズ腫れのできた顔を鏡で見てため息をつく飼い主。

その飼い主、現在体調不良のため、
みなさまのブログ読み逃げ状態となっております。
ブログの更新も滞るかもしれません。
お許しください。


昨日の朝のこと

↓今朝はプラス寄り0℃だったはなこ地方
IMG_5672_convert_20131112223738.jpg
↑白っぽい景色が寒々しくて寒いです。

昨日は12℃ほどあったのに、夜間に下がったんですね。
洗濯物が凍る季節の到来です。


昨日はお仕事でした。

海はぎりぎりまでへやんぽさせてあげるとして、
秘密基地に散らかっていた牧草はすべて片付け、
ケージのなかに新しい牧草をたっぷり入れ、
自分のしたくに忙しく動きまわっていました。

海部屋に戻ってふと見ると、
海がケージに入って牧草をぽしぽし食べていました・・・

ああ、できることがどんどん増えていくんだなぁ。
そう思って海をたくさん褒めたたえ賛美し、
牧草をさらに追加して出かけました。

↓もっと褒めて
IMG_5685_convert_20131112223641.jpg

仕事先に着いて少しして落ち着いたら
まるで普通のことのようにケージに入っていた海を思い出して
なんだか涙がぼろぼろ出てきてしまいました。
何事もないように段差を超えてケージに入っていた海を思って、
そしてそれがあたりまえすぎてあたりまえとも思わなかった
数ヶ月まえのことを思って。

最近の海はおやつを催促してわたしの膝に手をかけるので、
ケージの段差もそこまでは可能なはずです。
ただ後ろ足のほうはついてこないので、
ケージに入ったといってもスムーズにはいかなかったと思います。
ちょっと苦労したと思うのです。

それでも、「ぼくがんばった」でも「やりとげたぜ」でもなく、
当然のようにぽくぽくと牧草を食べている海は
とてもとてもかっこいいと思う。

そのあと、どっちみちもう時間だからと扉を閉めてしまったので
一瞬「あっ!」と思ったようですが。

↓またお仕事なのー?
IMG_5699_convert_20131112223834.jpg
↑はやくおやつ買ってね。どっさりね。


奇跡っていうのは、ご飯をおいしく食べられること、
息が切れるまで走れること、触りたいものに手を伸ばせること、
行きたい場所にすぐに駆けていかれること、
それらが当然のように与えられていること。
そしてそのことをわからせてくれる海のこと。

同僚に、病気だったうさぎが自分でケージに入ったのだと話したら、
詳しい事情を知らないその人は「あら、よかったじゃない!」と
さらりと言いました。
わたしも「そうなの」とさらりと言って、お茶を飲みにいきました。
(↑仕事は・・・?)



白い悪魔復活

うちに来たばかりのころから海は夜中に騒ぐ子でした。
ほぼ1~2時間おきにケージをかじかじしたり、
ロフトから何度も飛び降りたりして騒ぎ、
起きていって撫でたりなだめたりすると静かになるのですが、
1~2時間後には同じことのくりかえし。

かじかじできないようにバーベキュー網をつけたり
(↑かじらなくなったけど、爪を引っかけてしまって撤去)
内側にバスタオルを張ったりして工夫したのですが
しつこいうさぎの王道を行く海は一向に諦めず、
暗闇のなかでにこにこしている白い顔が悪魔に見えたものでした。

当時はフルタイムで働いていたので、
毎晩これをやられるとさすがに仕事に差しさわりがあって、
けっきょく敗北。夜間放牧状態に。

すると海はわたしの枕元で大人しく眠り、
たまに静かにトイレに行ったり牧草を食べたりしていたのです。


病気のときにはこれまた1~2時間置きにローリングするので、
海ってどうしても飼い主を朝まで眠らせない子なのね、と
苦笑したものでしたが、ローリングも、夜中に転ぶこともなくなり、
たまに「牧草ないよ」「おやつがほしいよ」コールをすることがあっても
全体としては静かに眠れるようになっていた今日この頃だったのですが・・・


最近、すっかり元気になった海はまたしても夜間暴れる子に
暗闇に浮かび上がる白い笑顔。

↓ぼくはいいんだよ。だって昼間眠れるもん
IMG_5665_convert_20131110230212.jpg

↓はなこも仕事なんかしないでお昼寝すればいいじゃん
IMG_5667_convert_20131110230252.jpg

そうだね。海のおやつ買うために働いたりしなくていいよね。

↓それはいやだ!!!
snap_usablog7716_2013110153158.jpg

さて、今日は本当はほかのことをブログに書こうと思っていて、
そのための写真を昨日今日と計47枚撮ったのですが、全部ぶれぶれ・・・ 
顔を洗っている場面なので動いちゃうのは仕方ないのですが、
でも、ジャンプしてる写真でもきれいに静止したみたいに撮ってる人、
いますよね。あれはカメラの精度によるのでしょうか。

海さん、もう少しゆっくり顔洗ってください。


かじかじ復活

世の中には週5日や6日で働いている方もいるというのに、
週2日だけのアルバイトで、ほかの日が忙しくなってしまった飼い主。
要領が悪いんでしょうね・・・大丈夫、そのうち慣れます。

そんなわけでブログの更新も滞っておりますが、
海はとってもとっても元気です!!
本当に生気にあふれた顔をしてるんですよ。
病気のときとは大違いです。
ぼんやりとして、とうもろこしの芯みたいだった顔が、
いまは黄色い実がはじけんばかりにいっぱいついてる感じ。

ケージのなかの毛布をぐちゃぐちゃにしてしまうので↓
IMG_5592_convert_20131106231022.jpg
↑直そうと思ってドアを開けるとすぐに出てこようとします。

↓遊ぶ時間じゃないでしょ!と言っても・・・
snap_usablog7716_2013114193550.jpg
↑出たいよ

↓出たいよ
snap_usablog7716_201311419400.jpg
↑出たいよ

さすがはうさぎです。
このあきらめの悪さは見事!

最近、病気以前もやっていたケージかじりが復活しました。
かじかじに気合いが入りすぎて夢中になりすぎて、
さきほどは転倒して水の入ったお皿を倒し、背中がびしょびしょに。
留守のときにこれをやったら、濡れたままでは冷えてしまうので
なにか対策を考えなくてはー・・・あああ。

給水ボトルを試してみましたが、使えませんでした。
水を飲もうと首を伸ばすと、いつもよりもっと傾いてしまうので、
鼻のほうが飲み口より低くなってしまって、
これではお水が鼻に入ってしまいます・・・

まあ、人がいなければ騒いで転がることもしないと思うのですが・・・
少し高い位置に取りつけられるお皿を買おうかな。




おいたさん

お腹を壊して以来、しばらく大人しかった海。
一昨日あたりから、再びぱかぱかと部屋中歩くようになりました。
以前よりも広範囲。
ティッシュの箱を点検し、わたしのノートを味見し、
長らく使っていない自分のトイレに顎をこすりつけ、
たたんであった洗濯物にマーキング。なかなか精力的です。

そして今朝、海部屋に入っていったらこんな状態に↓
IMG_5586_convert_20131103214652.jpg
↑大好きな乾燥たんぽぽ

↓好きなときに好きなものを食べるのがうさぎなんだよ
IMG_5587_convert_20131103215332.jpg
↑日が当たってのっぺらぼう 

またいたずらをするようになってきて、嬉しいような困るような。

暴露してしまえば、海がした一番ひどいいたずらはこれ↓
snap_usablog7716_201311014753.jpg
↑3年まえ、日本にて。
ちょっと部屋を出たすきに、ひのきのトイレ砂の入ったケースを開け、
掘って掘って掘りまくって楽しんだ模様・・・


↓「いひ」
snap_usablog7716_201311014137.jpg


いたずらするのは元気な証拠。
でも、ここまでひどいのはもうやらないでほしいですが。
海はいたずらもよくしたけど、怪我も多かったので(>_<)
これから更に気をつけなくては。

飼い主は昨日がアルバイト初日でした。
早起きして海を遊ばせ、お弁当を作って出勤。
土曜日だったのでおじさんは家にいたのですが、
彼はうさぎを抱っこできないので、
ご飯はあげてくれたけど、海は1日ケージのなかでした。

帰宅したわたしを見るなり顔を輝かせて入り口に駆け寄り、
「出して出してー」というかわいい海。
部屋いっぱい、牧草のにおい。
海の背中の、お日さまのにおい。

ずっと飲んでいたビタミン剤が終了してしばらく経って、
なぜかただよっていたビタミン臭はすっかり消えて、
海はまたうさぎらしいにおいになりました。