海的区別

海はむかしから「頭がいい」「賢い」と評判でした。
なぜって人見知りをするし(人をちゃんと区別している)
初めてのものは決して口にしないし(用心深い)
木製のベッドをかじって壊したりしないから(なんでも大事に使う)

先住のぴょんさんが賢くなかったわけではありません。
ただ彼女はもっとおおらかで無邪気で、
人はみんないい人で、くれるものはなんでも食べちゃう。だけ。

はなこ夫も海と暮らし始めてすぐにその賢さを認めました。
彼にとってのいちばんの賞賛ポイントは、
けっして指をかまないように気をつけている、というところ。
おやつの小さなかけらを指先でつまんで差しだすと、
海は歯が皮膚に触れないようにとっても気をつけて、
そっとそっと受けとる、というのです。

はなこ夫は知らないのです。
海は、はなこが相手だと指ごと食べようとするということを・・・

もちろん、賢いのです。頭がいいのです。
だからこそ、人を区別(差別?)するのです。
はなこの指はかじってもOKだけど、
おじさん相手には用心したほうがいいとわかっているのです。

海、なんておりこう!!!


さて、今日(28日)はおじさんと一緒にハイデルベルクに行って、
アジアショップで日本のお米を買ってきました。
そのついでに買ったのは

輸出専用、という「おいしいお茶」↓
IMG_6095_convert_20131229025051.jpg
OISHIと書いてある↑本当かどうか飲んでみよう

怪しい「出前一丁」↓
IMG_6097_convert_20131229025140.jpg
日本でもまだ売ってるんですか、これ?↑

それからごま油やカレールーも。
お味噌もほしかったのですが、250g入りが1000円以上していたので断念
街はまだまだクリスマスデコレーションできらきら。
日本はきっともう門松な世界になっていることでしょう。


↓ぼくは今日はお留守番だったんだ
IMG_6015_convert_20131229025608.jpg
↑おりこうだから、ご飯がちょっと遅れたけど文句言わないよ

↓だから食休みする姿がおっさんくさいなんて言わないで
IMG_6017_convert_20131229025323.jpg
↑それより洗濯ものが一緒に写ってることを気にしたら?

今日は海のおみやげはなくてごめんね。
ああ、でもごま油が嬉しいなー。日本メーカーのものなのです。
ドイツで売られているものは某国産で、すごく薄いのです。
ごまの香りが微か~にするだけ。味も風味もなし。
濃いものはそのまま野菜にかけてお塩をふるだけでおいしいんですよね!

なので今夜のディナーはサラダ(だけ)





スポンサーサイト

クリスマスの光

クリスマスイブのミサのあと教会で、
「ベツレヘムの平和の光」というろうそくの灯をもらいました。
風があったので、消えないように持ってくるのが大変でしたが、
どうしても海に見せたかったのでがんばりました。

↓まぶしいね
DSC_0257.jpg
↑海と一緒にお祈りしました
 世界中のうさぎさんみんなに祝福がありますように

↓海のプレゼントはパパイヤと乾燥パイン
IMG_6061_convert_20131225193735.jpg
↑るこ丸さんからのイタリアンライグラスもこの日に開けました

↓「おいしいお顔して?」と言ったらこんなことに
IMG_6062_convert_20131225194719.jpg
↑なんでいつもより傾いちゃうの~

飼い主がもらったプレゼントも、うさぎものばかりでした!

↓うさぎのクッキー型とクッキーレシピ本
IMG_6082_convert_20131225193948.jpg

↓「ピーターラビット」の作者ポターの映画DVD
IMG_6084_convert_20131225194027.jpg

↓うさぎの絵のついたクリスマスのお皿
IMG_6081_convert_20131225193906.jpg

↓うさぎものじゃないけど、暖かい気持ちのこもった日本からの贈り物
IMG_6093_convert_20131225211126.jpg



↓このまえいただいたこれ、とても便利です!
IMG_6090_convert_20131225194102.jpg
↑特に桃のないこの時季、桃ジュースのないドイツでは貴重です。

クリスマスなので、さっそく作ってあげました。喜んで飲みましたよ。
クリスマスだからとカナダ産チモシー1番刈も出したけど、
こちらはちっとも喜びませんでした・・・

人間は食べ過ぎてお腹壊しても自己責任だし
正露丸という強い味方があるからいいけど(使用期限切れてるけど)
うさぎさんはそうもいかないので、クリスマスといっても
ご馳走、おやつは少しずつです。

もっとも、人間もご馳走があるわけではないのです。
はなこ地方では、日本のお正月と一緒で主婦に楽をさせてあげるために
クリスマスイブのディナーは茹でたソーセージとじゃがいも、だけ。
お正月はさらにひどく、ニューイヤープレッツェルという8の字パンを
コーヒーにひたして食べる、だけ。
いくらご馳走至上主義じゃなくても、さすがに殺伐としていて寂しいです・・

今朝の海はとっても元気で朝6時まえに起きだし、部屋中走りまわりました。
わたしはもう一度ベッドに入ってうとうとしていたのですが、
海の(彼なりのスピードで)走る足音は歓喜の鐘のよう。
起きたときに見た床一面に散らばった●は宝石のよう。

いいクリスマスです。


メリークリスマス

ぼくのおうちにもクリスマスツリーを飾ったよ
IMG_6068_convert_20131224223251.jpg


ぼくにも小さいツリーを買ってあげるってはなこ言ってたんだけど、
ちょうどいいサイズのがなかったんだって。
だからこのぼくのオーナメントは大きいツリーに一緒に飾ってもらったんだ
IMG_6019_convert_20131224222909.jpg



ぼくもプレゼントもらったよ!
IMG_6041_convert_20131224222953.jpg


クリスマス好き
DSC_0246.jpg
ちゅ


みんなも暖かで幸せで楽しいクリスマスを過ごしてね!


かい



眠る海

日本にも、うさぎのおやつに乾燥たんぽぽってありますよね?
きっとどのうさぎさんも大好きなんじゃないでしょうか。
海もたんぽぽが大好きです。

でも、ドイツで売られてる乾燥たんぽぽって・・・
日本だったら異物混入でクレーム殺到ものではないでしょうか。
明らかにたんぽぽではない葉や根っこが混ざってる。
枝も入ってる。昨日はナスの輪切りのミイラみたいなのが出てきた。

葉を乾燥させた、というより、
作物を植えるまえの畑の雑草を機械で根こそぎ掘り返し、
それを干して詰めただけ、にしか思えないクオリティー。
さすがに毒性のある植物は混ざっていないと信じたい。

ドイツって異物混入などに寛大なんです。
人間のやることだもの、とか、自然だもの多少は仕方ないわよね、な感じ。
(人間の)豆の缶詰にねずみの死体が入っていた事件があったのですが、
それさえ別にどうということにはなりませんでした。
ねずみも歩かないような場所のほうが怖いと思ってるみたいな・・・

本当は新鮮なたんぽぽがいちばんなんだけど、さすがに夜は氷点下になるので、
日々夜間に凍って昼間解凍されてるたんぽぽは見るからにまずそうです。


海は頭が左に傾いているので、眠るときはどこかに左ほっぺをのせるか、
体の左側を下にして横たわったりしています。

このまえ、初めてお腹を下にし顎を床につけて、ぺたーんと寝ているのを見ました!
(↓以下の写真は●が未修正ですので、お食事中のかたはご遠慮くださいませ)












↓ほらほら!両足を伸ばしてお腹と顎を床につけてるんです!
DSC_0215_convert_20131222211802.jpg

↓長いあいだ見ることのなかった寝姿が嬉しいです。
DSC_0220_convert_20131222211728.jpg
↑すみません、●は数が多いのと時間がないのとで隠すのをあきらめました。

11,12月と働いたお店の仕事も昨日で終わりました。
クリスマスまではなにかとばたばたしますが、それが終わったらあとは砂漠。
毎週行っている運動の会も、それ以外の活動も、1月半ばまでお休みです。
なに、この空虚感。
知り合いもみんな里帰りしたり家族と旅行に行ったりしているし、
なんか、あれですね・・・勉強でもするか・・・みたいな気になりますね(←M)

↓勉強なんかあとにして、おやつください
snap_usablog7716_2013120151317.jpg
↑出してください、おやつください、ごはんください

いけません!だいたい午後は寝てる時間でしょ!

↓あきらめて泣きながら(?)眠る海
IMG_6011_convert_20131222230842.jpg
↑ほっぺ毛布にのせて・・・かわいすぎます!!!
 あとでご褒美(←なんの?)におやつあげるからね!!!


かわいすぎるのって罪ですよね。



もうすぐクリスマス

このブログを読んでくれている非うさ飼いの友人知人からときどき
「うさぎを飼うのが大変って初めて知った」「すごく簡単だと思ってた」
というお声をいただきます。
それを知ってくれる人がいるだけでも、ブログを始めてよかったな、と思います。

うさぎは、飼育難易度の高い動物です。
もちろん海の難易度は病気のせいで例外ですが。
ほとんどのうさぎさんは海のような病気はせず、健康に長生きします。

最初に飼った黒うさぎはネザーでしたが、
非常に神経質で、ストレスがすぐに体調に反映される子だったので、
飼うのに相当気をつかいました。

その次にうちに来たのはMixの女の子、ぴょんさん。
この子は非常に無神経でおおらかで健康で、
乱暴者だったけどうっ滞など8年の生涯で5回起こしたかどうか。
なんて楽なんだろう!と驚きましたよ。
どんな動物でも雑種のほうが強いといわれますよね。

では、どうもネザーの血が混ざっているように見える海はどうでしょう。

↓見て!またるこサンタさんがきたんだよ!
IMG_5953_convert_20131218032358.jpg
↑ぼく、いい子にしてたからサンタさんたくさんくるんだよね
 (信じるものは救われる)

↓この葉っぱ、好き好きー
IMG_5945_convert_20131218032224.jpg

↓これ、はなこの?
IMG_5951_convert_20131218032312.jpg
↑ぼくだっておとなだよ!これ食べたいよ!

神経質で怖がりでお子ちゃまでお行儀がよく、賢い海。
うっ滞は年に数回、夏には毎年バテて点滴、
ちょっとしたことですぐ落ち込む海。

その海は、ドイツに来て以来すっかり強くなりました。
強く賢く勇敢で男らしいうさぎになりました。
そして、それは病気になってからも続いています。
病気ではあるけど、うっ滞は一度も起こしていません。
お腹こわしたりしたけど、ちっとも落ち込んでいません。
つまり、エンセではある以外は健康で元気なのです。
不思議です。あんなに神経質だったのに。

↓妹さんからはなこにクリスマスプレゼントだって
IMG_5975_convert_20131218184801.jpg
↑うさぎの毛布、あとでマーキングしなくちゃ

↓妹さんのカルシウムな思いやり、嬉しいね
IMG_5980_convert_20131218184843.jpg
↑でも、ぼくはこれいらないや

↓ぼくはこっちのほうがいいんだもん おやつ畑
IMG_5986_convert_20131218184927.jpg

きっと、この状態でさらにうっ滞まで起こしては目も当てられないから
うさぎの神さまが守ってくれているのでしょう。
神さま、ついでにソアホックも悪化しないようにお守りください。



ママとスカイプ

以前わたしがドイツに住んでいたのは安土桃山時代。
日本との連絡手段はお高い国際電話か手紙、
双方に機械があればファックス、といったところ。のみ。

ネットはまだそれほど普及しておらず、
うちにあったWindows92だか35だかは文字化けするので日本語ができず、
ときどき友だちにローマ字で電報を打つくらいでした。

それに比べると今は便利ですねー!
スカイプという、映像つき無料電話が!!
無料ですよ、無料!!
あらかじめ用件を箇条書きしておき、秒針をにらみながら電話で話した
あの日々が過去の笑い話(?)になるとは!
海外在住者の孤独感孤立感激減です。すばらしい。

↓ぼくもテレビ電話にうつってお話ししたんだよ
IMG_5929_convert_20131215204950.jpg
↑日本にいるママにもぼくが見えたんだよ

日本にいるとき、わたしが旅行などに行くときには、
海は母に預かってもらい、かわいがってもらっていたのです。
その母が海に「ママはね・・・」と言っていたので、
海にとってははなこ母が「ママ」で、はなこは「はなこ」なのです。

海がパソコンの映像を見ていたかどうかは不明ですが、
ママの声で「かいちゃん」と呼びかけてもらって嬉しそうに動いていましたよ。
七五三顔をして、ケージから出ようと出口でもじもじしていました。

↓先日うさぎのゲームを買いました
IMG_5931_convert_20131215205117.jpg
↑画家の観察力には問題ありだと思われますが

↓5歳以上から
IMG_5932_convert_20131215205223.jpg
↑ということは、海もできることになる・・・

↓これがコマ?
IMG_5933_convert_20131215205431.jpg
↑コマがほしくて買ったんでしょ、はなこ?(どきっ)

抜けて抜けて抜けまくっている海ですが、
大きな良い●をたくさん出して、食欲も旺盛でありがたいです。
牧草やおやつを入れてある秘密基地脇のかごにつかまり立ちをして
首を伸ばしておやつの袋を引っぱりだしたりします。
一度、不注意に置いてあった洗濯物にのってかご内にダイブまでしました・・

飲みこんでしまう量をできるだけ減らそうと毎日ブラッシング。

↓そのあとはもちろんご褒美だよね?
IMG_5962_convert_20131215205527.jpg
↑今日はこれがいいな

↓いとしいお尻
IMG_5967_convert_20131215205620.jpg
↑ずっとずっと見ていたいよ

今度はパパとスカイプしようね、海。
↑はなこ父が「パパ」
 はなこ夫はただの「おじさん」(笑)





換毛期な日々

みなさんのところのうさちゃんは抜けていませんか?
海はすっかり換毛期まっただなか、抜け毛キングになっています。
おじさんは「なぜこれから寒くなるのに抜けるんだ!」と悩んでいますが、
もちろん、抜けて減っているわけではありません。
密度の濃い、柔らかいふわふわの冬毛が体をしっかり覆っています。
かきわけても皮膚が見えないくらいです。
抜けているのは、使命を終えた夏毛。

ここ3日の収穫↓
IMG_5925_convert_20131212202158.jpg
↑ちょっとわかりにくいですね・・・

↓こんな感じ
IMG_5926_convert_20131212202321.jpg


ブラッシング中は舞い上がる毛もすごいので、
鼻の粘膜が繊細じゃなくてよかったなとしみじみ思うのです。
海が入ったあとにはベッドのなかにも毛が侵入していますので、
就寝中もときどき鼻の穴に訪問客があったりするもんで。

↓愛用のラバーブラシ
IMG_5928_convert_20131212202449.jpg
↑すごくよく毛がとれます。やわらかいので気持ちいいみたいだし。

静電気防止の、いいにおいのグルーミングスプレーを使っているので、
海の背中はすべすべふわふわで、一度頬をすり寄せたらもう離れられません。
飼い主の頭髪とはずいぶん違(以下略)


あと10日でクリスマス。

ドイツ人は基本的にクリスチャンですが、
現在では日本の仏教神道と似たような状況になっています。
つまり、お宮参りとお正月、お葬式のときだけ行く、みたいな。
(洗礼式とクリスマス、お葬式)
クリスマスが重要なのは、宗教的な意味ではなく、家族のイベントだから。
24日のイブをはじめに、25、26と家族で集まります。
なので、家族のいない人にとって、これほど孤独で残酷な期間はないらしいです。
お店や劇場やレストランなども24日の午後から閉まってしまうし、
友だちもみんながそれぞれの家族と団欒する日々。
そこで、ひとりぼっちの人々のためのイベントが用意されたりしています。
1日バスで遠足、とか、公民館でお茶の会、とか。
わたしもこちらには義理家族しかいないことだし、
できたらこういうところでお茶出しボランティアなどしたいものです・・・


↓はなこバイト先店内のツリー
DSC_0203_convert_20131212183012.jpg

↓クリスマスマーケットもあと少しで終わりです
DSC_0167_convert_20131212183716.jpg






クリスマスクッキー

おとといの金曜日、お友だちのうちに行きました。
クリスマスクッキーを一緒に焼くためです。
当然、海はお留守番でした。

焼き上がり、マーマレードを挟んだクッキー↓
IMG_5916_convert_20131208231056.jpg
↑このあと、チョコレートを塗ってくるみをのせます。
 が、完成写真は撮り忘れました。

日本だとクリスマスケーキですが、ドイツにはそれはありません。
ドイツの主婦ってもともと毎日曜日にはお茶のためのケーキを焼くので、
クリスマスに焼くのはクッキーなのです。
ツリーや天使の型を使って。
ええ、普通の場合は。

今回はわたしと、その家の11歳の坊やが争いつつ型ぬきしたので、
あひる(わたしの好み)とねずみ(坊やの趣味)ばかりに。

そのクッキーを、専用に売られているクリスマス柄のカンカンに入れて、
クリスマスの間つまんだり、お客さまに出したりして楽しむのです。
友だちは、とっておきのクッキーを棚の高いところにしまっておき、
クリスマス当日に食べようと開けたら1個も入っていなかったという
子どもたちの過去の犯罪を未だに許せず怒っていました(笑)

↓ぼくのおうちもクリスマスなんだよ
IMG_5913_convert_20131208220414.jpg
↑でもこの靴下はプレゼント用には小さいよ、はなこ

↓がんばってクッキー焼いてきてね、ぼくはぬくぬくしてるから
IMG_5912_convert_20131208231232.jpg
↑ヒーターはこのように立てかけて使っています。

海はつるつるしたものの上にのりたがらないし、
のってしまうと低温火傷の心配もあるんですよね。
特に足裏の毛の薄いところが心配。

立てかけておくと、海は寄り添ってお尻やわき腹を温めています。
頭を押しつけていることも。耳がぽかぽか

ヒーターを入れて以来、なぜか海は夜間静かになりました。
牧草も食べているけど、以前みたいに夜中に「もうないよー!」
と騒ぐことがなくなり、明け方5時半くらいまで静かなのです。
なぜだろう・・・
やっぱりヒーターがあるとぬくぬくで気持ちよくて安心なのかな。

↓友だちの坊やがわたしのために「海」を焼いてくれました
IMG_5915_convert_20131208220045.jpg
↑青いジャムがないから、青い目にならない!と言いながら。
 
ドイツの子どもたちは毎年お母さんを手伝ってクッキーを焼くので、
男の子も女の子も慣れていてとっても上手です。


そして土曜日。仕事に行くはなこを見送る海↓
snap_usablog7716_201312015759.jpg
↑ま、がんばってきてくれたまえ


動物園

この頃すっかり元気になって良いお顔になった海。
海部屋のなかを自由に歩きまわり、
わたしがおやつ棚に近づくと走ってきて催促し、
抱っこはいやだよ~と逃げたり、
構ってよと鼻でつんつんしてきたり。
食欲旺盛、●も大きくていい感じ。
4ヶ月まえは想像もできなかった元気っぷりが嬉しいです。

でも、もちろんいいことばかりではないのです。
もともと踵の毛が薄く、皮膚が赤くなるという
ソアホック初期だった海の足。

いまの海は、普通のうさぎのように軽快に歩けず、
特に方向転換する際には足を地面にこすりつけたままのため、
摩擦が大きくなっているのでしょう。
エンセになって以来、ソアホックは悪化してきています。

↓海部屋掃除のため、居間で待機する海
IMG_5902.jpg
↑いつもとちがうよ おちつかないよ

赤いだけだった踵部分、右足はかさぶたができてしまいました。
毎日、日本のうさぎ先生お薦めの納豆菌入りのスプレーをつけて
軽くマッサージしています。毛が生えてきますようにと念じながら。

↓早く掃除終わらせてくださいね
IMG_5903.jpg
↑そしてご褒美のおやつをいただきたいものです

このまえ、海を裏返して眼軟膏をつけているとき、
いやなことに気づきました・・・

海は頭が左に傾いているため、右手が外側にずれやすいのです。
食べたり飲んだりするときに頭を下に向けると特に、
右手がどんどん右にずれていき、戻してはずれる、をくり返しています。
そのせいなのでしょう。
右の手の平も毛が抜けて、露出した皮膚が赤く膨れたようになっているのです。
毛をかき分けないと見えない程度ではありますが、
首がこの状態でいる限り、改善されることはないのではないかと・・・

人間だって、右足をかばって歩けば左足に負荷がかかって、
痛くなったりマメができたりしますもんね。
治療中の歯のかみ合わせがちょっとずれてるからって、
首や頭が痛くなったりしますよね。
人間は絆創膏を貼ったり靴下をはいたりできるけど、
うさぎさんは・・・ 

そんなわけで薄暗い話題になってしまったので、
このまえの日曜日に行った動物園で撮った写真などを。
実際の名称は「野生動物パーク」みたいな感じ。
いたのは草食さんばかりで、
トラだのペンギンだのキリンだのといった
外国からの方々はいらっしゃいませんでした。

↓迫力のあるブタさん
IMG_5857_convert_20131204195541.jpg

↓ヤギさん なんか足が短めですね
IMG_5835_convert_20131204194830.jpg
↑どっしりしていてかわいいです

↓子どものためにポーズをとるヤギ
IMG_5842_convert_20131204195155.jpg
↑「ちがうよ、なんかくれると思ったんだよ」

↓ねじりんぼヤギ(ひつじか!?)
IMG_5840_convert_20131204195012.jpg
↑なかなか美人さんですねぇ

↓バンビ
IMG_5852_convert_20131204195317.jpg
↑森のなかを自由に走りまわっています
 いい動物園ですね

かわいいアルパカさんもいました。
けれど、柵のまえにいた男の子が動物に木の枝を投げたとかで、
お父さんに怒鳴られまくっていたので、なんとなく近寄れませんでした・・
でも、あれだけしっかり怒るのって偉いと思う。
動物をいじめるなんて卑怯なことは、曖昧にしちゃいけないと思うのです。
周りの人たちも、叱られて当然よね、という顔でした。


ふかふかでいいにおいの海。
今日もおやつの催促に忙しそうです。


七五三顔

7月に発病して病院に行ったときは、ボロ布のようだった海。
待合室にいた小さな女の子に「これ、なぁに?」なんて言われてしまい、
返事ができなくて思いきり無視してしまった飼い主。

その後、海はパジャマで休養し、
やがて室内着を着て起きていられるように。
秋には普段着になって普通の生活を始め、
最近はなんと、七五三のような正装をするときもあるのです!

↓ほら、七五三顔。撮影向けのいいお顔
IMG_5877_convert_20131204195851.jpg
↑えー・・・そうは見えませんか・・・?

父から届いたヒーターにお尻を押しつけてぬくぬくになって眠り、
とまどいながらも新しいお水入れから飲み、おやつを食べています。

そしてその翌日に母から届いた小包。WOOLYのペレット牧草。

↓海の希望どおりの、大きいほうの袋
IMG_5858_convert_20131204195628.jpg
↑ください。早くください。それ、ください。

↓くださいってば~!
IMG_5864_convert_20131204195727.jpg
↑はいはい。これ、大好きなのよね。

↓乾燥いちじくやパイン、パパイヤなども入っていたのですが
IMG_5894_convert_20131204202754.jpg
↑こちらはしまっておいてクリスマスプレゼントにしようかと。
 だから海には見せていないし、内緒なのです。

↓はなこ用にもいろいろたくさん入っていましたよーばばシャツまで!!
IMG_5899_convert_20131204202848.jpg
↑写真はその一部。ばばシャツは写っていません(笑)

↓うさぽかマットも入っていました
IMG_5907_convert_20131204202932.jpg
↑載っているだけでぽかぽかになるという優れものです

たくさんの人たちの愛情に囲まれて、
季節を問わず頻繁にサンタさんが来てくれている海。
こうなるとクリスマスを盛り上げるのは難しいという、嬉しい悩みが。

↓ケージをクリスマス仕様にして気分を盛り上げています。
IMG_5909_convert_20131204203014.jpg


みんな、いつもありがとう。海より。



12月!

さて・・・はなこが一番活性化する12月がやってきました。
お友だちにいただいたアドヴェントカレンダーも今日からスタートです!
IMG_5820_convert_20131201230301.jpg

インフルエンザもすっかり良くなり、仕事復帰し、
運動も再開し、クリスマスまでいろんなイベントもあります。
はりきっていくぞー!!

という飼い主のテンションがうつったわけではありません。
海が元気なのはこのところずっとです。
ペレットをあまり食べない・・と悩んだあの日々はどこへ。
1日2回、ご飯のたびに「3日食べてません!」と言いながら
食べています。知らない人が聞いたら本気にされそうな勢いで。

IMG_5785_convert_20131129184119.jpg
↑明け方に騒ぐとベッドに連れてきて一緒にうとうとします。

IMG_5787_convert_20131129184212.jpg
↑降りたくなると枕にちょっかいを出し始めます。

先日、日本の父から荷物が届きました。
海のものがいっぱい(というか、それのみ)がつまっていました!

↓いろいろ調べた結果、サイズ的にこれを選びました。固定式お水入れ
IMG_5814_convert_20131129184605.jpg
↑できるだけ低い位置に、ということで、今までと場所が変わってしまいましたが
 海は賢いのですぐ覚えてくれるでしょう・・・
 これで水入れをひっくり返すことはなくなります。

↓遠赤外線パネルヒーターの利点は山ほどあるのですが
IMG_5815_convert_20131129184648.jpg
↑使い勝手を考えてけっきょく一番シンプルなタイプのヒーターを。
 変圧器は父から海への愛のプレゼント

↓もちろん、おやつも!
snap_usablog7716_2013115142939.jpg
↑WOOLYのおやつ畑、以前サンプルでもらった「ぬか喜び」のほうは
 まったく食べてくれなかったのですが、
 このまえるこ丸さんにいただいたこのマンゴー味は大好きなのです。

↓おやついっぱいで、ぼく、すごいんだよ
IMG_5805_convert_20131129184406.jpg
↑ぼくの棚、いっぱいなんだよ!
(そのわりには何ですか、その眉間のシワ・・・)←換毛期ですかーあわわわ・・・

そうなんです。
その翌日、母からも小包が届いたので、海は世界一のリッチうさぎなのです。
そちらは次回にでも。

話は変わって、これ↓
IMG_5816_convert_20131129184720.jpg
↑ペットボトルのお茶のおまけだったのですが、便利なんです。

仕事場ではみんなが各自ペットボトルを持ってきているので、
どれが自分のかわからなくなったりするんですよ。
そこでこれが大活躍!!
そしてみんなに羨ましがられています。
「どこで買ったの?わたしもほしい~」とモテモテです。
おまけだったんだけど、けっこう売れるかもしれませんね。