洗濯ばさみとヒーター

うさ友さんが通っている動物病院のうさぎの先生は
ヒーター使用の温度の目安を23℃としているそうです。

春になって少しずつ温かくなってきても、
23℃まではヒーターを入れておく。
体調によっては寒く感じるときもあるだろうし、
じっとしてると冷える日もあるだろうから。

うちは25℃以下だったらヒーターをオンにしています。冷えは大敵だし、
ペットヒーターは周りの空気を温めるほどの威力はないので、
必要なかったら離れて眠ればいいのだし。

このまえ母から届いた荷物のなかに、
わたしがお願いしておいたブツも入っていました。

↓それは、これ
IMG_7580_convert_20140927174155.jpg
↑そう、洗濯ばさみ

ドイツってこういう大きな洗濯ばさみがないんです。
物干し棹に干したバスタオルやシーツをがっつり挟むやつ。
あるのはこういう↓小さいやつだけ
D_001150067557_DE_710.jpg
↑画像まで小さいわ・・・www

この巨大洗濯ばさみで何をしたいのかというと

↓こんなこと
IMG_7579_convert_20140927174127.jpg

ヒーターだけじゃなく、夏のクールボードにも使います。

海はヒーターのコードをわたしを呼ぶために使いますので、
ヒーターそのものはオフのまま、夏の間もケージに入っていました。
それをオンにするようになったら、海は静かに眠るようになりました。
今までは夜間には何回かコードをひっぱってわたしを起こしていたのですが、
いまではヒーターに寄り添って明け方までずっと静かにしているのです。

↓ぬくぬくヒーターとうさ耳まくらにはさまれて安心だよ
IMG_7577_convert_20140927174058.jpg

海が日本でかかっていたうさぎの先生は、
ヒーターというのは暖を取るだけのものではない、と仰っていました。
ぽかぽかするヒーターに寄り添ったときにうさぎが思い出すのは
ママうさぎときょうだいたちとくっついて眠った赤ちゃんの頃の記憶。
守られて、安心で、幸せで、あたたかだったときの記憶。
ヒーターはそれを思い出させて、安心な気持ちにしてくれるのだそうです。

そのせいもあるのかな。
海は6時すぎまで静かに眠り、
このところ腰痛膝痛おばさんと化していたわたしを休ませてくれています。

あんまり静かだと心配になって、けっきょく夜中に起きちゃうんですけどね・・・



スポンサーサイト

海の冬毛布

わたしがうら若き乙女だったころ働いていた病院では、
東洋医学の先生が健康の秘訣についていつも呪文のように
「早寝早起き、一日30品目!」と唱えていました。

あ、まずいな、風邪ひいたかな、と思ったら
薬に頼るまえにまず30品目食べて10時まえに寝なさい!

えー、と思い渋々やってみたのですが、
これ、本当に効くんですよ。翌日にはけろりとしてるんです。
30品目ってけっこう厳しいですけど、
30に届かなくてもいいから1品目でも多く、と努力すると
体調もずいぶんちがってくるのです。

30品目。
ドイツではさらに厳しいです。
日本の食卓だと、ご飯とおかずのほかになんかの佃煮とか
なんかの煮物とかなんかのお漬物とか、いろいろありますよね。
ドイツでは、テーブルにのっているのはあなたのお皿とわたしのお皿、
その間に広がるのはテーブルクロスの美しい模様。
30どころか、大抵の場合は1日10品目以下。

このまえ中華のバイキングに行きました。
ここでもやし2本もいんげん1本も1品目と数えてがんばり、
なんと、1日35品目を達成しました!!
すごーい、はなこ、すばらしい!(←・・・一抹の虚しさ)

うさぎのペレットには必要栄養素がいろいろ入っていていいですね。
人間にもあればいいのに。ペレット。

↓といっても、海が食べるのはペレットだけではありませんが
IMG_7553_convert_20140926215609.jpg
↑昨日、母から嬉しい小包が届きました

見た目、割と小さなダンボールに入ってきたのですが、
開けたらすごい!出てくる出てくる・・・
どうやってこの箱にこれだけ詰めたのか・・・

↓なにひとつつぶれていないのに
IMG_7554_convert_20140926215731.jpg
↑はなこのものまでこんなに

母はむかしから「詰める」ということに絶大な才能を持っていて(大げさ)
わたしのスーツケースや船便荷物もよく詰めてくれたのですが、
ぜったい無理!わたしひと晩中がんばったんだから!という量の荷物も、
母の手にかかると無理することなく全部入るというミラクル。

税関などで「スーツケース開けてください」なんて言われたら
二度と元に戻せないことがわかっていたので、いつも恐怖でした。

そして海にはもうひとつ・・・

↓これ、ぼくの冬の毛布?
IMG_7567_convert_20140926215815.jpg
↑海の目の色によく似合う、すてきな毛布

↓そのうえにいるといつもの倍かわいく見えるよ、海!
IMG_7566_convert_20140926215953.jpg
↑触ってるだけでじんわりあったかいね

ちなみに、はなこ用のチョコボールは「みたらし団子味」。
食べるの初めて・・・

はなこ地方、すっかり初冬になりました。
キーボードにのった手をふと見ると、皮膚が高齢化しています。
また乾燥と戦う季節かいな・・・ハンドクリーム買ってこなくちゃ。

↓さっそく毛布と一緒にお昼寝
IMG_7569_convert_20140926215850.jpg

↓お皿に目をつぶされております・・・
IMG_7570_convert_20140926220249.jpg
↑広いのに、なぜわざわざここを選ぶんでしょうか





秋のはじまり

このところしばらくあたたかく湿度の高い日々が続き、
動くと暑くて、ドイツの残暑ね、と思っていましたが、
月曜日の午後から一気に寒くなりました。
冷蔵庫のような風が吹いています。
昨日は日中12℃ほどでした。

そして昨日は、暖房のための灯油がくる日でした。

はなこ家が住む家には全部で3家族が入っていて、
地下にあるタンクに入れた灯油はみんなのもの。
昨日は3000リットル入れたそうです。
つまりなにかあったら・・・家ごと吹っ飛ぶわけですね。

それはともかく、
昨日はその作業とか後処理とかその他諸々の都合で
暖房は夕方まで使えなかったのです。
おかげでお留守番だった海は冷えてしまいました・・・
冷えたといっても室温は22℃でしたが、
昨日まで24℃以上あったわけですから、かなり寒かったんです。


↓昨日は芯まで冷えちゃったんだよ
DSC_0003_convert_20140924195426.jpg
↑だから日向ぼっこが気持ちいいよ

夕方帰宅してすぐに暖房を入れ、
冷えた海を抱きかかえてお布団へ。
芯から温まっておねむになり、ぐにゃりとなったところを
ケージに戻してヒーターに押しつけて寝かせました。

そうしたら今朝はとっても元気!
ゆうべはしおれたハイビスカスだったのが、
今朝は満開のひまわりになってました

DSC_0002_convert_20140924195326.jpg

ドイツでは昨日、火曜日が「秋の始まり」でした。
本当に一気に秋になった感じ。
灯油も、ぎりぎり間に合ったって感じ。
いや、秋というよりむしろ冬みたいだけど・・・

スーパーにはクリスマスグッズがあふれかえっていましたよ。
トナカイのろうそく立て、ツリーに飾るオーナメント、
金銀のベル、サンタクロースのウェルカムボード・・・

クリスマスカード用の海写真、
早めの準備を、と思っていたけど、ちっとも早くないのかも。
お天気の悪い、撮影に適さない日が続いておりますが・・・
急がないと!!

↓ん?おいしいもののにおい・・・ふんふん
IMG_7551_convert_20140924210827.jpg
↑乾燥いちじくの袋を開けたので、そのにおいだね

この写真・・・↑・・・
なんだかうさぎじゃなくてちがう生き物みたい。
それはそうと。

前回量ったときは1.48㎏だった海の体重。

最近、抱きあげると以前よりずっと軽いように感じて、
なんだかちょっと悲しく、量るのが恐いような気がしていたのです。
ゆうべ、勇気をふりしぼって(←大げさ)量ったところ・・・

1.53㎏  ありました。


ちっとも減ってないし、痩せていませんでした。
なんか細く軽くなったような気がしていたのは、
ブラッシングしすぎて毛が薄くなったせい・・・!?

日本で健康時に1・55で「これ以上は太らせないほうが・・・」と
獣医さんに言われていたので、1.53・・・ちょっと要注意体重ですね。
重くなるとソアホックにもよくないので、
せめていまのままをキープするように今から気をつけます。
海をダイエットさせるのは恐いので。



あたらしい牧草入れ

転んで頭などをぶつけると怖いので、
海のケージにはトイレも牧草入れも食器も入っていません。
お水入れだけはプラスチック製のものが入っていて、
ときどきぶつかったりしているようですが、
こればかりは外せませんので仕方ありません・・・

まあ、プラスチックだし、丸くて角がないので
ぶつかっても大したことにはないっていない模様。

海はお友だちから譲っていただいたうさ耳マット数枚と
ミカプルさん(coume´s Room)作の
マシュマロクッションなどを愛用していて、
牧草はいつもその上に置いてありました。
寝ながらでも食べられるように。

ところがですね、最近ときどきそこでおしっこをしてしまうんです。
トイレが入ってないから、海が「ここをトイレにしよう」と決めても仕方ないし、
洗えばいいのでエコといえばエコだし、別にいいのですが、
牧草がだめになってしまうのはこまります。
日本から送ってもらった貴重な牧草だとなおさら残念。
そこで、

↓このようなものを「うさぎのしっぽ」さんで購入しました
499_1.jpg
↑藁を編んであるので、ぶつかってもだいじょうぶ

↓これを海仕様に切ったり縫ったり手を加えて
IMG_7544_convert_20140921195311.jpg
↑口の部分を広げたもので牧草が雪崩れになるという・・・

ちょっと難はありますが、牧草の無駄はなくなりました。
うさ耳マットには安くていつでも買えるドイツの牧草を(←差別)


今日は雨の日曜日でした。
朝、外を歩いたら、小さなかたつむりがいっぱい道を歩いていました。
かたつむりは大きいのもいましたが、今日はおうち部分が1cmくらいで、
しかもとてもきれいな淡い黄色の子たちがたくさん歩いていました。
きょうだいなのかな。みんな同じ色、同じ大きさなんですよ。
一箇所に固まっていたわけではないのですが、たぶんきょうだいですね。
小さいのに、あの伸びる目(?)をせいいっぱい伸ばして、
ちょっと生意気さんな姿がとってもかわいい。

おうちのない、裸の方々もたくさんおられました。
踏まないように地面ばかり見て歩くはめに。

↓おじさんがハムソーセージを買ってきました
IMG_7533_convert_20140920014056.jpg
↑1500g  海より重いです! 

これをひとりで食べるのです・・・さすが肉食民族。

↓むにに
IMG_7545_convert_20140921195343.jpg

↓きゅう~
IMG_7546_convert_20140921195506.jpg

お顔マッサージをしてブラッシングをして、
明日、お天気がよかったらクリスマス用撮影会をしようね、海!!

↓モデル料は明日葉1本じゃ足りないよ
IMG_7510_convert_20140920013502.jpg
↑事前に契約書の作成を希望します


・・・報酬はキスではだめでしょうか、うさぎ様。




待ちに待った小包

2014年9月18日木曜日に・・・

7月24日消印の

小包が届きました。
もう一度書きます。

9月18日に7月24日発送の小包が届きました

うさ友るこ丸さん(うちの王子は天才うさぎ)が
海のために心をこめて送ってくれた荷物です。
「Air Mail」で送ってくれた荷物です。
ええ、「航空便」です。「航空便
これは早いときだと5日ほど、
普通で1週間、ちょっと遅くてもせいぜい10日で届くのです。
それが約2ヶ月・・・これは船便の速度です。
まさか郵便局員が間違えて船に乗せたんじゃないだろうか・・・
怨念くすぶるはなこですが、
海の喜ぶ顔を見ると、黒い飼い主のままではいられませんね。

↓海の大好きなイタリアンライグラスと
IMG_7538_convert_20140920014023.jpg
↑はなこにもプレゼントが入っていました!

↓海には葛の葉も入っていて
IMG_7529_convert_20140920013634.jpg
↑目つきが怪しくなるほど夢中で食べています

↓同封されていたるこ丸さんの愛うさぎ王子さまの写真
IMG_7531_convert_20140920013914.jpg
↑ぴょんさんのそばに飾りました


わたしの亡き祖母は、いつもあくびのとき、声を出していました。
「あ~あ」とか「ふわ~」とか、つい声が出ちゃうみたいでした。
母と「歳取ると声が出ちゃうものなのかしらね」と言っていたのですが、
なんとおじさんも最近になってこれをやるようになりました。
そのまぬけな声を聞くたびに、自分はやるまい、気をつけよう、と
誓いを新たにするはなこですが、実は最近・・・

かわいいうさぎの画像を見ると「・・・・・うっふ」と声が出るように・・・!!
もう本当に無意識に、ついうっかりと、なんです。
電車のなかで誰かのブログを見ていても、うさぎの写真があるとつい
「・・・んっふー
と声が出てしまい、向かいの席の人に見つめられちゃったり。
いやー、これも歳のせいでしょうか。恥ずかしいー。
だってかわいいんだもん!これだけかわいいと無言でいられないんだもの!

・・・でも気をつけよう。怪しいおばさんにならないように。

そんなわけで、この王子さまの写真も見た瞬間に「・・・うふーん」でしたよ。
るこ丸さん、いつもいつも海とわたしに優しい気持ちをありがとう!
なかなか届かなくて、心配かけてごめんね。
わたしは首が成層圏あたりまで伸びてしまいましたよ・・・ふう。

↓ぼくのおいしいおやつ
IMG_7530_convert_20140920014211.jpg
↑大事に食べるんだ


↓スマホの待ちうけを海にしました!
IMG_7513_convert_20140920013541.jpg
↑やり方がわからなくて、ずっとできなかったんです

これも見るたびに「・・・う・・・」となって、
必死にコントロールを試みております。

かわいいって罪です。



遠足後日談

おじさん(夫)はいつも午後4時には帰宅します。

なので、わたしが遠足で遅くなった日にも、
海は明るいうちにへやんぽさせてもらい、
用意していったご飯をもらいました。

夜9時すぎに遠足から疲れ果てて戻り、
まずは居間のおじさんのところに行きました。
本当は玄関から海部屋に直行したいのですが、
そこはほら、まあ、ちょっとは気を遣うわけです。

そのときおじさんが「海はちょっと調子悪いみたいだ」と
言ったのです。
ペレットは残したし、野菜もぐずぐずとしか食べず、
●をせず秘密基地にうずくまってばかりなのだとか。

見にいくと海は基地にこもってはいましたが、
特に体調の悪い様子でもなかったので、

「わたしがいなかったからさみしかったのねきっと!!」
と言ってみました。
おじさんは「・・・へっ!」と鼻で笑いました。



その翌日、
わたしは仕事には行きましたがお昼すぎには帰宅して
海と一緒にいつもと同じように過ごしました。

おじさんが夕方帰ってきたとき、
海部屋には一面の●があり、
完食して空っぽのお皿と、
わたしの周りをぐるぐる走る海の姿が。

無言で海を見つめるおじさん。
それを横目で見つめるはなこ。



ふっ・・・ (←どす黒い優越感)
参ったか!! (←日ごろのストレス晴らし)



いやですね、
人間界には欲望や恨みや怨念が渦を巻いていて。
(はなこだけでしょ)

真っ白ふわふわで清らかすぎる海。
やっぱりうさぎは 

脊索動物門 哺乳綱 重歯目 天使科

だと思うのです。

秋の遠足

先日、近隣の5つほどの村からのメンバーたちと
秋のバス遠足に行ってきました。
行き先はマインツ。
車で1時間半程度の街なのですが、集合は7時。
朝早く帰りは遅くなるので、本当は行かないつもりだったのです。
お留守番の海がかわいそうだから。

わたしたち、大聖堂を見るのよ!博物館もよ!
とってもすごいんだから、あれは見なくちゃだめよ、
それにお昼ご飯はとってもすてきなんだから!と友だちに言われ、

そうね、きっとすてきね、でも今回はたぶん行かないわ、
と日本人的な曖昧な断り方をしたのが悪かったらしく、なぜか

はなこは参加費が払えないらしい

ということになっており、わたしのぶんは教会が出してくれることに・・・

そんなわけで、手配してくれた友だちの厚意を無駄にはできず
(↑日本人的)
けっきょく行ってきました。
今回はうさぎブログではなく、遠足ブログになります。

↓ぼくおりこうだからお留守番できるよ!
IMG_7441_convert_20140909013924.jpg
↑でもごはんの用意はしていってね

朝7時にバスに乗り、
そんなに早く着いてどうするんだろう、と思っていたら途中朝食タイムがあり、

↓8℃しかない朝、駐車場で立ったまま朝ごはん
IMG_7446_convert_20140913195735.jpg
↑パン数種類と、コーヒー、紅茶、シャンパン・・・(←朝っぱらから)

パンはともかく、人数分(約50人)のカップとシャンパングラス、
たためるテーブルを3つと椅子とテーブルクロス、
お湯の入ったポットをいくつも積んであるのがすごいというかなんというか。
しかもとっても寒いのに、朝食に1時間以上かけるあたり。
それなら出発を1時間遅くしてくれたほうがよかった、と思ったのはわたしだけ。
この朝食も遠足の楽しみのひとつなんだって・・・へー・・・

参加者の9割は高齢者。
みなさん、お仕事をしてらっしゃらないせいか体力気力がありあまっていて、
むしろ前日も翌日も仕事の若い層のほうが疲れており、完全に負けていました。
7時にバスに乗ってから夜9時に降りるまでしゃべりっぱなしなのがすごい!

はなこ村に比べると、マインツは大都会です。ええ、華の都です
すっかり村化(←?)して都会を忘れたはなこは、

↓すごーい、車がいっぱい!車線が3つもあるー!すごーい!
IMG_7505_convert_20140913200328.jpg


横浜や東京で働いていた華々しい過去はすでに前世のもの。

この遠足でいちばん楽しみだったのは、
聖シュテファン教会にあるシャガールのステンドグラス。

↓入るとすぐに青い光とパイプオルガンの演奏に迎えられます
IMG_7467_convert_20140913200604.jpg

↓シャガールの青、大好き
IMG_7468_convert_20140913200102.jpg
↑左下に見えてるのが人間です
 窓、大きいんです

聖堂や回廊、中庭などをガイドつきで見てまわったあと、中心街へ

↓聖シュテファン教会
IMG_7475_convert_20140913200739.jpg

↓中心街
IMG_7479_convert_20140913200025.jpg
↑わー、人がたくさんいるー!すごーい!

↓大聖堂を見ました
IMG_7493_convert_20140913200203.jpg

↓わたしは教会の回廊から見える中庭がとても好き
IMG_7485_convert_20140913200455.jpg
↑こんなところでうさぎと遊べたら・・・
 外敵は(上空から以外は)入ってこない、安心な閉じた空間。

昼食のあと、印刷技術を発明したグーテンベルクの博物館へ。
むかしの印刷機や、世界で初めて印刷された聖書、
世界の印刷技術などの展示を5階分、すみずみまで見て下へ戻ると、
わたしのグループの人たちはもう誰もいなかったという悲劇。
館内をあちこち見てまわっても誰もいません・・・
っていうか、みんな本当に展示物ぜんぶ見た!?
いや、ぜったい見てない。歩く速度はわたしのほうが速かったんだから。
きっとお茶かなんか飲みに行ったに決まってる・・・

という↑悪口(笑)を、そのあと出会ったほかのおいてきぼり組と言い合い、
けっきょく自分たちもお茶を飲んだりして、
あらかじめ聞いておいてよかったバスの駐車場へ。
おかしかったのは、このおいてきぼり組5人が全員若い層だったこと。
おばあちゃんたちとは行動のテンポがちがったんでしょうか・・・

↓バスの窓から見た、ある家の2階の窓
IMG_7447_convert_20140913201427.jpg
↑植木鉢・・・地震のある国では不可能なデコレーション

帰りのバスのなかでは合唱大会。
日本でいう「ふるさと」や「赤とんぼ」みたいな歌で、
みんな歌詞も楽譜もなしで嬉しそうに歌っていました。
わたしは知らない歌ばかりなので、聴衆になって拍手をする役。
いや、居眠りしなかっただけでもじゅうぶん偉いよ、わたし。
というか・・・みんな元気すぎ・・・

マッチ棒と化して夜の9時すぎに帰宅。
海の待つ部屋、暖かい部屋、牧草のいいにおいのする部屋。
ああ、まるで天国です。
疲れて寒くてかたまった心身が、ほぐほぐにほぐれていきます。

↓昨日はどこにいってたの?
IMG_7442_convert_20140909013853.jpg
↑大都会?ふーん・・・

恐らく、新宿のような場所を想像している海。




秋のうさぎ展示会

うさぎって頭や顔をいじられるの、好きですよね。

犬は撫でられたり、口や目の周りを触られるのが
あまり好きではないみたい。
むかし家族で飼っていた犬も、いま母が飼っている犬も、
顔を触ろうとするとすごくいやがります。

うさぎは仲間同士でグルーミングしたりするせいかな。
撫で撫ではもちろん、耳のなかや前歯を見たり、
目やにをとってあげたりしても平気でじっとしています。よね?

目やにを取ろうとすると海はぐりぐり言いながらじっとして、
目をきゅっと閉じて取ってもらえるのを待ちます。
目を閉じて。
この信頼が愛しくて心臓直撃されてばかり。
わたしの心臓は年齢より疲れてるのではと思うときが。

↓今日はおめめきれいだよ!
IMG_7427_convert_20140908220246.jpg
↑でもお顔がブレてるよ

↓このあたりでいちじくのいいにおいが・・・
IMG_7425_convert_20140908220329.jpg
↑うさ耳マットのうえにあるんだけど、ちょっと鼻悪い?

日本にいたとき、海は朝になると枕元にきて、
わたしのまぶたを舐めて起こしてくれたのですが、
なかなか起きないとだんだん目頭に移動してきて、
そこからぐいっと舌を入れて眼球を舐められたことあります。

一発で目が覚めましたよ・・・

まあ、携帯をぶつけられるよりは優しい起こし方ですが。


先日、また小動物展示会(というか発表会?)に行ってきました。
村の趣味のブリーダーさんたちが「作品」を見せあい、
プロに見てもらって評価してもらい、順位をつけたりするのです。
ジュニア部門もあり、子どもたちの「作品」も見ることができます。
うさぎのほか、ハトとにわとりもいました。
倫理的な疑問はともかく、うさぎはどの子もかわいかったです。


↓今回はロップちゃんがたくさんいました
IMG_7346_convert_20140826024633.jpg

↓アンゴラちゃん?
IMG_7336_convert_20140826024829.jpg

↓ちょっと小さいころのシュウくんみたい・・・
IMG_7338_convert_20140826024551.jpg

↓3㎏サイズのグレーうさちゃんたち、かわいい
IMG_7350_convert_20140826025254.jpg

うさぎのご飯やおやつに、乾燥させたコーンが入ってることがありますが、
ここでは生のとうもろこしを皮ごと丸ごとケージに入れてる人がいました。
皮を少し食べて、なかの黄色くて甘い実が見えてくると、
あとは鼻で皮を押し分けて、実を夢中になってかじっています。

へー、こんなの丸ごとあげても平気なんだ・・・?
海はコーン缶のを一粒あげたとき、見向きもしなかったけど。
一番ワイルドなブリーダーさんは実を丸ごとどころか
畑から根っこごと引き抜いてきたものをどかっと入れたりも。

うさぎたちはどの子もかわいかったし、
手の平サイズの赤ちゃんなんてもうどうしたらいいかわからないくらい。
だけどもしかするとわたしは、こういう展示会を見るのは
あまり好きじゃないかも・・・ ひとりだったら行かないと思います。



おめめも上手にきれいにできるようになって、
この頃では左目も目やにを取ってあげる必要はほとんどなくなりました。

↓きれいなおめめははなこの宝もの
IMG_7433_convert_20140908220419.jpg


おめめだけじゃなく、お耳もしっぽも、海は丸ごと宝ものだよ!



海のほうが

友だちからメールが来ました。

彼女はジェニーという若い娘さんに部屋を貸していたのですが、
その人がこのたび結婚して遠くに越すことになったので
「ジェニーは最後の日に近所の女性たちを呼んでグリル(パーティ)をしました」
と書かれていました。

ところで、わたしのスマホはドイツ語のメールが来ると
日本語に翻訳しますか?と尋ねてくださるのです。
せっかくなので(ヒマだったので)お願いしてみたのですがこれが



最後にジェニーは女性たちをグリルしました



だそうで、寝るまえに爆笑したせいで寝つきが悪くなってしまいました。
機械の翻訳って文法がおかしい場合が多いのですが、
これ↑は日本語として完全に整っていてそれがよけい怖さを増していました。



パーティといえば、昨日はおじさん(夫)の姪のバースデイパーティでした。
去年もあったのですが(普通誕生日は毎年ありますが、隔年でもいい)
そのとき来ていた彼女の友だちの赤ちゃんがすっかり人間らしくなっていて
子どもを見ると時の流れのはやさを痛感します。

↓おじさんが選んだ、姪へのプレゼント
IMG_7410_convert_20140906204452.jpg
↑姪はトカゲが好きで、肩にトカゲの刺青を入れています

それでも小さい子どもが遊んでいる姿はかわいらしいものです。
誰かのバッグについた房かざりを口に入れてよだれでべたべたにしていても、
そんな姿もなかなか微笑ましいものです。
それが自分のバッグでない限りは(笑)

だけどやっぱり思うのは、

・・・海のほうがずっと賢い。
・・・海のほうがずっとかわいい。
・・・海のほうがずっとお行儀がいい。
・・・海のほうがずっと聞き分けがいい。
・・・海のほうがずっと 以下類似文50行強


ほかにも2人ほど子どもを連れた人が来ていましたが、
おそらく彼女たちもこんな↑風に思っていたのかとwww


↓賢いからなんでも残さず食べるよ!
IMG_7411_convert_20140906204638.jpg


↓お行儀いいからひと口ずつきれいに食べるよ!
IMG_7414_convert_20140906204840.jpg

↓・・・ぼく、にんじんさんきらーい
IMG_7413_convert_20140906204711.jpg
↑・・・・・・

昼間、海部屋を掃除しました。
夕方に海がケージから出てきたとき、
そんなわけで秘密基地にはなにもありませんでした。

マットもない、牧草のはいったトイレもない、お水入れもない、
ご飯もなければタオルも敷いてない、紙風船もない・・・

その廃墟のような場所で海は困り果て、
わたしがベランダに干してあったマットを持って戻ったときには
怒りのためか悲しみのためか、部屋中をぐるぐる走りまわっていました。

↓ぼくの秘密基地を裸にしちゃうなんてひどいよ
DSC_0831_convert_20140906222431.jpg
↑おまけに夜はパーティでお留守番だなんてさ・・・


今度は逆に日本語で書いたメールをドイツ語に翻訳してもらい、
それを友だちに送ろうと思ったのですが、
案の定、海(かい)は 海(うみ、=英語のsea)と訳されていました。



おやつを待つ海

数字の9があまり好きではありません。

9の形は好きだし、
3が3つ入った美しい数だとは思うのですが、
このブログ左に出ている「月間アーカイブ」、
ここに○月の記事数(9)と出るのがいやで、
いつも月末には8か10にしようと努力しております。

月初めからきちんと計画的に書いていれば
怒涛の(?)月末を過ごす必要はなくなるのに。

思えば子どものころ、夏休みの宿題も怒涛の月末でした。
大人になったいまも、明日までにやらなければならないことは
夕方か夜に慌てて、つまり怒涛の月末です。
年内にやらなければならないことだって、怒涛の年末。

つまり、どの単位をとってみても、怒涛の月末。
このままでいくと人生の最後には怒涛の晩年になるんだろうなぁ、
と、自分の生き方を反省している今日この頃です。


↓おやつ棚のまえで、なにかもらえるのを待つ海
IMG_7396_convert_20140831190126.jpg

↓待ってるわけじゃないの、毛づくろいしてるだけ
IMG_7395_convert_20140831190047.jpg
↑・・・と見せかける、上品で優雅な待ちかたです

ここしばらく、海はお腹の調子がいまいちでした。
軟便にちかいばかりかと思えば今度は硬くて小さいばかり。
数も少ないので獣医さんでもらった整腸剤を与えればまた軟便。
そのくりかえしをベースに、ここ2回ほどうっ滞も。

それが、ここ数日とっても調子がよくなってきました。
涼しさに慣れたせいなのか、乳酸菌サプリのおかげなのか。
小さめではあるけど、形も水気も理想的な
朝も夜もころころといっぱい床に転がっています
幸せな光景です。

たとえば仕事でいやなことがあっても、
このを思えば鼻歌まじりに乗り越えられます。
同じいやなことでも、うさぎの具合が悪いときだともう
恐山の地下8階な気分になりますよね。


このまえ、友だちの車で隣々々々村に初めて行きました。
ほんの20分くらいの近場なのに、行ったことはなかったんです。
もっとも、そんなところたくさんありそうですが・・・

お天気がよくて空が青く雲がかわいいのに涼しい、という日で、
村を散歩してお茶して帰ってくるという3時間ほどのコースだったけど、
なんだか遠くまで旅した気分になりました。

↓特に観光名所じゃなくても、初めての村は新鮮で楽しいです
DSC_0841_convert_20140824193144.jpg

↓友だちお勧めの隠れ家っぽいカフェでお茶
DSC_0842_convert_20140824193323.jpg
↑梨のケーキ。上の部分は甘さひかえめのプリンです

↓修道院のハーブ園
DSC_0847_convert_20140824194454.jpg

なんとなく霞みのかかったような神秘的な写真が撮れたわ、
と思っていたのですが、よく見たらレンズに指紋がついていました・・・

↓なんだか箱根に行ったみたいな気分
DSC_0848_convert_20140824203505.jpg
↑箱根の空気を胸いっぱい吸ってきました

↓・・・あの、実は待ってるんですけど
DSC_0873_convert_20140904215256.jpg
↑夜には毛づくろいのふりもあきらめた海

あまりコロコロに近づくとくっついちゃいますよ。


日本は残暑で、また暑さが戻ってきたみたいですね。
猛暑、天候不順・・・人間だって参ってしまいます。
この夏はお友だちうさちゃんが4匹、お空に帰っていきました。
本当に残念で悲しいです。

はやく涼しく気持ちのいい季節になって
みんなが穏やかに健康に過ごせますように。