ハンブルクに着いた

これまたなかなか着かないなーと思っていた
るこ丸さん(うちの王子は天才うさぎ)からのお届けもの、
9月12日発送の小包が10月29日に届きました・・・

なんかね、そりゃあ人間のやることだもの、間違いだってあるでしょう。
でも、ちょっと件数多すぎますよね・・・ 以前は年に1件もなかったし。

そして、今回気づいたことがあります。

↓これはナオミさんからの封筒についていたシールですが、
IMG_0065_convert_20141031230521.jpg
↑今回のるこ丸さん便にも同じものが貼られていました
 ドイツの税関を通ったときに貼られる、チェック済みシールです。

税関、ハンブルク。

ハンブルクって、海があって港があって船の入る街なんです。
空港もありますが、日本からの直行便は入っていない街なんです。

そして他の、ごく普通の日数で届いた手紙や小包についているのは
フランクフルト空港のシールなんです。

・・・船できた可能性大

ちなみに、シールの下からちょろりと見えている青いのは、
日本で貼られる「航空便」シール。
なので、航空便として受け付けたはずなんです。

はずなんです・・・。


↓それはどっちでもいいけど、なにが入ってたの?
IMG_0071_convert_20141031231404.jpg
↑最近ちっともじっとしない海さん

↓入ってたのはね、
IMG_0074_convert_20141031230724.jpg
↑海への愛情たっぷりの葛の葉と愛のひと言

↓それからはなこのお菓子
IMG_0075_convert_20141031230553.jpg
↑おお、梨味のグミ!にゅうめんもおいしそう

このラーメン、「頂」という名前がいかにも味の頂点を極めていそう。
労働のあとで気持ちを引き締めていただきたいような命名です。

葛の葉って、さくさくぱりぱりと音がするんです、食べるとき。
夜、ケージに戻ったときにもらえるドライフルーツを食べ終わると、
海はマットのうえに置かれた葛の葉に気づきます。

消灯後の真っ暗な部屋のなかで聞くさくさくぱりぱり・・・
いい音です。
見なくても、おいしいお顔で食べてるのがわかるから。
布団のなかで、うふふふーってなっちゃいます。

ところで、ドイツはこのまえの日曜日から冬時間になりました。
日本との時差は8時間になりました。
ちょっと遠くなった気分・・・
だって、今までは朝6時に起きると日本は午後1時だったのに、
いまでは2時なんですもん。(←だから?)

時計を1時間遅らせるのですが、
これは土曜日にさっさと変更してしまう人もいれば、
日曜日に起きてから家中の時計を回す人もいます。
わたしは日曜日の人です。
なので、枕元のスマホを見て
「7時半。ってことは本当は6時半だからまだ寝ていられるわ
と思ったのですが、スマホって自分で勝手に変更するんですね・・・
実は本当に7時半だったんです。ひどい・・・

こういう日に待ちあわせをすると、1時間間違えて来る人が必ずいます。

↓何回説明してくれてもぼくにはよくわからないんだ・・・
DSC_0148_convert_20141029224544.jpg
↑だからいつも通り、ぼくの6時に起きてるよ

そんなわけで5時に起こされるはなこ。
その代わり、夜は早めにおねむになる海。

冬時間が始まってしばらくは、いつもより早く起き、早く寝ることになります。



おしゃぶり昆布でテンションあげて仕事に行きますよー!
るこ丸さん、いつもありがとう!!大好きーちゅー。


スポンサーサイト

このまえのケーキの話

先週の月曜日に、お友だちの家でお昼をごちそうになりました。
この友だちはサーモンや貝、エビなどが好きなのですが、
家族はだれもこういうものを食べないので、
料理するときにはいつもわたしを呼んでくれるのです。

前々回はムール貝どっさりのパエリア。
今回はサーモンのクリームスパゲティ、いかすみパスタでした。

いかすみって食べたことなかったのですが、
想像していたより無個性な味なんですね。
見た目のインパクトの割に控えめでおとなしい。

そのとき、このまえの共通の友人60歳おめでとうパーティの話になりました。

この↓高さ約15センチのケーキ
DSC_0140_convert_20141029211047.jpg
↑バラ模様のバタークリームに銀の粒を散らした、
 ウェディングケーキみたいなやつ・・・

このあたりの主婦たちは果物をたっぷり使った、
見た目は素朴な感じのケーキをよく焼くのですが
この↑ケーキを焼いた人はプロのパティシエみたいなケーキばかり焼くそうです。
色をつけたクリームでデコレーションしたり、お砂糖のお人形を飾ったり。

きれいだけど、着色料や余計な飾りを使うのはわたしは好きじゃないわ、
という友だち。
彼女も、生地のうえに季節の果物を積み上げた素朴なケーキが得意です。

それでなんとなく、103年まえに妹と行ったタイ旅行を思い出しました。

↓タイ・バンコクのお店で見たデコレーションケーキ
87_convert_20141029193914.jpg
↑素朴派の彼女が見たら卒倒しそうな気が
 わたしもこれはちょっと・・・食べたいとは思わないかも

それにしてもパーティのときは、
みなさん夜の11時にもかかわらず、お皿に2切れ3切れとのせて
コーヒーと一緒にもりもり食べる姿はデザートというよりメインディッシュのようで、
辞退したわたしに「今日はいいのよ、ダイエットのことなんか忘れても!」と
勧めてくださったのですが、そういう問題じゃなくて胃の都合なんですが、
ドイツ人は翌朝胃がもたれたり気分が優れなかったりしないのでしょうか。

白状してしまうとうら若い乙女のころに暮らしたドイツで
わたしは成長期を脱して以来変動のない体重を
わずか数ヶ月で約10㎏ 増やしたことがあります。

これにはふた通りの言い訳考えられる説があって、
ひとつはドイツの食事内容のせい。
もうひとつは脳のせい。

人間というのはもともと集団で狩りをする動物だったので、
仲間からはぐれてひとりになるということは飢え死にを意味したそうです。
今でも生まれて初めての一人暮らしや外国暮らしなど、
群れからはぐれた的な状況に陥ったと脳が判断した場合、
とにかく食べられるうちに食べておけ、と指令を出すのだそうです。

まあ、どちらにしても、けっきょくは自己コントロールができなかった、という、
自分のせいなんですけどね・・・

↓・・・・・・・・・・へえー
DSC_0097_convert_20141029224631.jpg
↑そんな白い目で見ないで、海
 日本に帰ったらするすると元の体重に戻ったんだから

そんなわけですので、外国でひとり暮らしを始めるみなさま、
体重計は買っておくことをお勧めいたします。
ちなみに海は、台所にある普通のキッチンスケールではかります。
小麦粉やお砂糖と仲間なのです。かわいいですね

ケーキの材料と一緒・・・ かわいいー(←・・・)




海の色の帽子

先日、いつもは日本円で60円くらいするヨーグルトが
30円セールをしていたので買いにいきました。

果肉がごろごろ入っていておいしいヨーグルト。
いつもはパイナップルとかバナナにいちご、
マンゴーやさくらんぼなど、まともなものがあるのですが、

今回売り場にあったのはなぜか、

↓いちご&チョコボールと
IMG_0016_convert_20141026214655.jpg
↑杏&はちみつ、それに「おばあちゃんのりんごケーキ」味

買ってはみましたが、どういう味なんだろう・・・
未だ冷蔵庫に大事にしまったままになっています。


ところで、最近日本からの郵便にやたら時間がかかる事件が多発していまして、
5日で届くものもあれば2ヶ月かかることもあるという具合で、
それがどういった理由で振り分けられるのかさっぱりでして、
なんだかだんだん煮立ってきました。

首を長くして待っていたものがやっとやっと無事に届くと、
日本人はなんとなく「無事に届いただけでもありがたい」と
思ってしまいがちで、それはたしかにそうなんですが
本来正しいことではありませんよね。
航空便なのに2ヶ月かかるなんて。

それでも、やっとやっと届くとやっぱり無事でありがたいと思います。
それが手作りの、唯一無二の、真心のこもった品だとなおさらです。
9月5日に発送された品が、今月21日に届きました・・・

↓ナオミさん(うさぎと暮らすということ)の手作りお帽子
IMG_0002_convert_20141024213043.jpg
↑海のためのオリジナルデザインです

この夏、ナオミさんちの愛うさぎまおちゃんとおそろいの帽子を
希望者に作って送ってくださるというすてきなお知らせがありまして、
いいなぁ、とは思ったものの、海は頭にものを載せることができないので
うちはだめだなぁ、とがっかりしていたのです。
そしたらナオミさんが、ケージに飾ってもらえれば嬉しい、と言ってくださったので、
ナオミさんが帽子にこめてくれる暖かい気持ちが海を見守ってくれると思って
お願いすることにしたのです。それが8月。いえ、もう言いますまい。

そろそろ2ヶ月、という時を越えて(←結局まだ言う)
やっと届いたすてきな帽子。海の色で、かわいくてかっこいい!

↓帽子と一緒にケージに飾るためのプチハンガーも入っていて、
IMG_0001_convert_20141024213006.jpg
↑その細やかな心遣いがとっても嬉しかったです

ハンガーには飾れるところが2つついているのですが、
これは8月に届いためぐゆきさん(まったりうさライフ)からの麦わら帽子も
一緒に飾れるようにと考えてくださったのだそうです。
すごく嬉しかったです・・・なんて優しく、細やかな思いやり。

↓海、すごく似合ってかっこいいよ!
IMG_0010_convert_20141026214305.jpg

↓お耳に飾っても似合うね!
IMG_0020_convert_20141026214457.jpg
↑あら、ちょっぴり乙女な雰囲気(笑)?

↓ナオミさん、すてきなお帽子、ありがとう
IMG_0021_convert_20141026214532.jpg

↓海はすごいね
IMG_0064_convert_20141026223830.jpg
↑こんなにたくさんの気持ちがここで守ってくれてるよ

ナオミさんのブログには、ナオミさんお手製の帽子をかぶった
かわいいうさちゃんたちのお写真がたくさん載っていますよ。
どの子も似合って、すてきに被って、とってもかわいいです!
写真集にできたらいいのにな・・・

うさぎはなにをしていてもかわいいので、
なにをしていても写真集にしたくなっちゃうのですけど、
きっと売り切れ必至ですよね。

さて、おやつの時間です。
ヨーグルト・・・どれを先に試そうかな。





日本食とシュウくん巾着

先日、隣村に住むナイジェリア人の男性が、
祖国からの(面識のない)お客さまのために
案内、通訳をするというお仕事をしたそうです。

その方は大変なお金持ちだったらしく、
なんと家族や友人たちへのお土産に
ベンツを100台 買っていかれたそうです・・・

彼の話はナイジェリアの貧富のあまりにも極端な差へと続くのですが、
聞いていたわたしと友だちの頭はベンツ100台にとどまり、
それっていくらだろう、それだけあったらわたしなら何を買おう、と
果てのない妄想の海へと漕ぎ出してしまい、
ナイジェリアの社会問題についての話は右から左でした。

友だちはそのとき、
わたしなら家中の窓を全部新しくするわ、と思ったそうです。

わたしなら、APDの2番刈りとイタリアンライグラスを5、6年ぶん。
あ、あと自分用には来年のスケジュール帳がほしいです

でも、たとえスケジュール帳プラスミッフィーのボールペンも買えるとしても、
わたしはこの富豪さまと立場を交換するつもりはありませんよ。
なぜってわたしは世界でいちばん持ってるから。

↓ほら!
IMG_7694_convert_20141018220857.jpg
↑こんなに自堕落なくつろいでかわいいうさぎ!

↓それから
IMG_7647_convert_20141013014022.jpg
↑くう姫さん(うさぎのブルちゃんファミリー)からのうれしい日本食

どれもおいしそうでしょう!
うまく写っていませんが、味噌ラーメンもあるんです(カレーうどんの下に)

くう姫さんはいつもこうして、自分が外国にいたらなにがほしいかな、って考えて
そしてまさにわたしがあったらいいと思っていたものをチョイスしてくれるんです
日本食はドイツでは貴重なので、普段は開封したら大切に少しずつ食べて
おせんべいなら湿気るまで大事に食べて、そして次を開ける・・・のですが、
このまえはなんと!ラーメンを食べてほうじ茶をいれ、
デザートにポッキーを食べるなんていう贅沢ができちゃいました!
くう姫さんのおかげです、いつもいつもありがとう。
友だちでいてくれるだけでも嬉しいのに・・・

↓海にも嬉しいおやつとイタライが
IMG_7648_convert_20141013014114.jpg
↑大好きな青マンゴーまで!

↓ポッキーってえんぴつサイズだけかと思ってたんだけど
IMG_7688_convert_20141018220826.jpg
↑こんな長さのもあるんですね

しかも紫いも味とか!
本当にスイートポテトの甘くて優しい風味がしてとってもおいしかったです。
高級デザートみたい。


それからシュウママさんからもプレゼントが届きました。


↓今年の8月1日にお空に還ったシュウくんの、
1413907351605.jpg

↓笑顔のついた手作り巾着です
IMG_7672_convert_20141023204805.jpg

見た途端に涙がぼろぼろとこぼれました。
海と一緒に優しく遊んでくれたシュウお兄ちゃん。
海のお友だちはこれでみんなお月さまに還ってしまいました。

↓一緒にうさんぽしたんだよね、海
IMG_3377_convert_20141022185157.jpg

↓おっとりしていて静かなのにすごく存在感がある、
IMG_3416_convert_20141022185323.jpg
↑お鼻のところがちょっとグレーなのがたまらなくかわいいシュウくん

↓生地やフェルトにシュウくんのにおいがついていて
IMG_7658_convert_20141013210511.jpg

↓シュウくんだよ、って言ったら手をかけてました
IMG_7660_convert_20141015192930.jpg


思い出も、日本食も、巾着も、友だちも海も、
ベンツ100台なんか交換する価値もありません。

↓お友だちだよ、永遠にね
IMG_7669_convert_20141013210544.jpg


はなこ地方、おとといから気温がぐぐんと下がりました。
母によると、日本も同じようなのだとか。
風邪をひかないよう、あったかくしてお過ごしくださいね。




お誕生パーティ

前回の更新からかなり時間が経ってしまいました。

月62件はちょっときついので、
せめて60件を目指そうと思ってたんですけど(←嘘)

いつかお話したお友だちのバースデイパーティ、昨日だったんです。
それで準備したり練習したりと、ちょっとばたばたしていました。
そんなわけで、本日はパーティブログです。

↓ぼくのブログなのに、ぼく主人公じゃないんだね
DSC_0077_convert_20141011191749.jpg

前回も書きましたが、ドイツ人は10年毎の誕生日を大切にしていて
かなり盛大に祝うのですが、昨日のパーティもなかなか盛大でした。
60~70人は来ていたかと。

友だちは体操の会とアコーディオンオーケストラの会に入っていて、
まずその仲間、関係者たち。
幼稚園の先生をしているので、その同僚たち。
そして兄姉が5人いて各自が結婚して子どもがいるので、
家族だけでも相当な人数だったのですが、
そのうえ学生時代の友人なども来ていて、すごい人でした。

↓はなこ席から会場を眺める
DSC_0121_convert_20141019211326.jpg

↓ナプキンは星型
DSC_0120_convert_20141019211227.jpg
↑かわいいのにかんたんなんです

アコーディオン演奏やちょっとしたゲーム、
ステテコを使ったお笑いファッションショーやギター弾き語りなど、
みんないろいろ趣向を凝らしていました。

そしてわたしたち体操の会の出し物、パニックオーケストラ・・・
わたしは練習の時点でちょっと引きました・・・

受けを狙ったおふざけオーケストラなので、
わざとシャツをズボンからはみ出させたり、
ぶかぶかの上着をだらしなく着たり。
というのはいいのですが、リーダーの指示によると
「体の不自由な人を演じろ」と。
つまりみんな足をひきずったり、目が見えないふりをしたりするんです。

日本人だとあまりやりませんよね・・・? 抵抗ありません・・・?
そもそも、見るほうだって不愉快じゃないでしょうか・・・
え、わたしが真面目すぎなの? いや、うーん・・・
仲間はわたしの背中を叩いて「そこがおもしろいんじゃない!」と言います。
うーん・・・
まあ、白けさせてもいけないし(←日本人的気遣い)
ひとりだけやらないというわけにもいかないので、
腰が痛い人のフリをすることにしました・・・腰が痛いのは本当だし。

そしてそれがなんと大ウケ。
メンバーはみんなノリノリでアカデミー賞級の演技っぷり。
CDの音楽に合わせて自転車用空気入れで演奏する真似。
観客は総立ちで手拍子、口笛、そしてアンコール・・・

終わって席に戻ったとき、意外と疲れたせいもあって
わたしの意識ははるか後方、銀河系の外れまで行ってしまいました。
みんなは地上で成功を喜びあっていましたが。

↓食後のデザート、ケーキ
DSC_0138_convert_20141019211420.jpg
↑どれも直径30センチ以上

一番右に写ってるケーキなんて、高さが15センチありました。

夕方6時開始で最後のプログラムが終わったのが夜の11時。
そのあとがコーヒータイムなのです。
夜の11時にコーヒーとケーキ・・・

おじさんは毎晩10時まえには寝てしまうし、
海をケージに入れることができないので、
海は秘密基地でわたしの帰りを待っています。

そこで、一番早く帰る人の車に乗せてもらって帰宅したのは11時半すぎ。
ほかの人たちはまだまだ飲んで食べて騒いでいました。

↓遅くまで大変だったんだから、足裏のケアは今夜はいいよ
DSC_0109_convert_20141019211141.jpg
↑はなこのために言ってるんだよ、いいんだってば


出番のまえに倉庫みたいな場所で着替えをしたんです。
わたしは家から着ていったので、
上着をはおって帽子をかぶるだけだったのですが、
ほとんどの人は脱いで着直していました。が。
男性も一緒なんですよね、倉庫、ひとつしかありませんから。
はー、みんな平気で着替えるんだー、と感心して見ていました。
変に騒ぐほうが変みたい。別になんてことないんですね。
成熟した大人としては、これが普通なのかも。
だとすると、足をひいて歩くのも、ちがう次元から見るべきなのかも?




絶賛換毛中

読み返してみるとブログって(いや、読み返すまでもなく)
うちの子との幸せな日々の大切な記録なんですね。

だから、せめて1日おきくらいに更新したいものだ、と思っていたら、
このまえ偶然見かけたブログの月の更新数が62件でして、
なんて熱心ですばらしいんだろうと感動したんです。

62件はともかく、もう少し情熱(と体力気力)がほしいところです。

ドイツ・はなこ地方は一時冬の寒さでしたが、
ここ数日は比較的暖かい日が続いています。
暖かい、というほどではないけど、10月としては暖かです(どっち?)
お店にクリスマスのお菓子やグッズが並んでいるのを見るたび、
その分だとクリスマスが去ったらすぐに復活祭のうさぎが並ぶかも・・・
と思い、うふふふー♪とスキップをして周りの人々を戦慄させています。

だけど、「もうクリスマス!?」とみんな言うけれど、
たしかにお菓子を売るにはちょっと早すぎる気はするけれど、
あと3ヶ月ですよ?
クリスマスプレゼントのために少しずつ貯金をしよう、なんて思っていたけど
もうすっかり手遅れじゃないですか・・・

現在超絶換毛期の海さん。
↓先日、居間へ連れてきてブラッシングしました
IMG_7629_convert_20141013013850.jpg
↑なぜって、海部屋は掃除機したばかりだから

↓ついでに居間をすこしおさんぽ
IMG_7639_convert_20141013013929.jpg

↓やはり海部屋以外ではあまり動きません
IMG_7643_convert_20141013013805.jpg

この頃とても元気な海は
わたしが龍角散(←人間用のど飴)の袋を開けると
走り寄ってきてひざに手をかけおねだりし、

かがんでケージ掃除をしているわたしの背後から近づいて、
立ち上がって背中(というかお尻)に両手をかけたりします。

立ち上がって、手をかける。

そんなことができるようになったんですね。
うるうるして振り返ると、とても良いお顔の海がじっと見返してきます。

生まれてきてよかった。

そんな、普通なら稀有なはずの瞬間が毎日何回もあるような。



ブログをいつも訪ねてくださるみなさま、
オリジナル海さんクリスマスカードほしいです!と思ってくださる方、
いらっしゃいましたら、非公開コメントにてご住所をお知らせください
すでにわたくしが住所を存じ上げている方々には
強制的にお届けさせていただきます。ふふ。

不要になった夏毛が抜けたあとには、
きめの細かい、柔らかくてふわふわの、天使の羽のような毛が生えています。

天使。
なんてクリスマスにふさわしい。



  追記

海さんクリスマスカード、いったん締め切らせていただきます。
ありがとうございました!




世界一の子守唄

はなこ地方、ゆうべはどしゃぶりのバケツ雨だったそうです。

夜中の2時に雷が鳴り響きどこか近所に落ち、
おじさんは開いていた洗面所とお風呂場の窓を
閉めてまわったのだそうです。

わたしは5時に海に起こされるまで意識不明でした・・・

考えてみるとすごくないですか?
雷が轟いても起きないのに、
海の「ガガガガ」ではすぐ目覚める。
うさ飼いの鏡かもしれ(以下略)

↓ぼくは朝型うさぎだから早起きなんだよ
DSC_0086_convert_20141011191925.jpg

土曜日ですし、せめて6時まで寝ませんか、うさぎ様、と言っても
朝型の海は「いいえ、もう目が覚めてしまいましたから」と仰います。
そして薄暗い部屋のなかを歓喜に満ちて
ぱかぱかぱかぱかと走りまわるのです

この元気いっぱいの幸せな海の姿、ずっと眺めていたいです。
眺めていたいんです・・・気持ちのうえでは。
でも、朝に弱い夜型飼い主は、休みの日はどうしても誘惑に勝てず、
海のぱかぱか音を子守唄にまた眠ってしまう・・・
愛は眠気に負けるのです。

海は青い布団のうえを右にむかって走り、
カーペット部分を左にむかって走ります。
布団部分は足音がしないのですが、カーペットのところはぱかぱかと。
なので聞いていると、
しーん・・・ぱかぱかぱかぱかっ!・・・しーん・・・ぱかぱかぱかぱかっ!

↓ぱかぱかぱかぱかっ!
DSC_0082_convert_20141011191834.jpg
↑左にむかっています

写真だけ見せたら、誰もうさぎだとは思うまい・・・


来週、体操仲間のひとりが60歳の誕生日を迎えます。
ドイツではこの10年毎の誕生日を盛大に祝う習慣があって、
いつもはパーティをしない人でも、この年だけは騒ぎます。
この体操仲間も、自宅ではなくどこかのホールを借りるのだそうです。

体操仲間はみんな招待されたのですが、
ひとりが思いついて、みんなで「パニックオーケストラ」をしようのこと。
なんでも自転車につかう空気入れ、あのポンプを使って
景気のいい曲を演奏する(フリをする)のだそうです。
白いブラウスに黒いズボン、黒い帽子。
襟元にはペーパーナプキンで作った大きなリボンタイ。
・・・仮装ですか・・・

こういうパーティに呼ばれるのは初めてなのでよくわかりませんが、
呼ばれた人はみんな出し物をするものなのでしょうか。ね。
だいたい空気入れをどう使うのかもさっぱりなのですが、
そもそもうち空気入れはないんですけど・・・

↓やっと起きたの、はなこ? 今度はぼくが眠いよ
DSC_0075_convert_20141011191654.jpg

うさぎの体温、あたたかさって芯から癒されますよね。
ふわふわ。
すべすべ。
ふくふく。
撫でていると本当に気持ちよくて心地よくて幸せで、
外が大雨でも陽だまりのなかにいるみたい。

そんなわけでまたついうとうとと・・・



おなかにちょうちょ

わたしが通っている図書館では、ときどき読み聞かせの会があります。
ボランティアのおじさんがきて、小学校低学年の子どもたちが集まって。

一緒に図書ボランティアをしている友だちもそういうのに関心があって、
彼女に日本のことをいろいろ聞かれるうちに話は紙芝居のことに。

少人数が相手なら絵本の読み聞かせもいいけど、
大人数なら紙芝居っていうのがあるのよ、と話したところ、
とっても興味を持った様子で、自宅のパソコンで調べまくったようです。

そしたら、ドイツ語では紙芝居はKamishibai。
ツナミ とか ハイク などと同じく、日本語そのまま。
そのカミシバイを貸し出してくれる図書館と作品のリストを印刷してきて、
わたしたちも村の幼稚園でやってみましょうよ!はなこが読むのよ!
と仰るのです・・・ なぜ読み手がわたくしなのでしょうか・・・
わたしはページ(?)をめくる役でけっこうです。

その作品リストのなかに、Schmetterlinge in Bauch というのがありました。

Schmetterlinge ・・・ ちょうちょ(複数)

in ・・・ 中に

Bauch ・・・ お腹

お腹にちょうちょ?

友人によるとこれは「恋に落ちた、恋をしている」のことで、
つまり心がふわふわめろめろ状態のことらしいのです。
彼女は「よく考えるとおかしな表現ね」と笑い、
日本語ではなんて表現するの?と聞きました。

・・・ええ、聞かれたんですけどね・・・

日本語ではなんて言うのですか?


↓飼い主の苦悩(?)をよそに、海は元気いっぱいです。
DSC_0052_convert_20141007213305.jpg

↓ぼくの秋は食欲の秋
DSC_0055_convert_20141007213556.jpg

なんでももりもり食べ、●を床一面に落とし、
このところなかったくらい元気いっぱい。
お皿まで投げてみせます。
海のお皿、陶芸が趣味の父が作ってくれたもので、
小さいけどかなりずしりと重たいのですが、
縁をくわえて1mくらい投げちゃいます。
すごーい、海! すばらしいね!!

↓秘密基地周辺だけではなく、おやつ棚のまえにも行って
DSC_0046_convert_20141007213201.jpg
↑敷いてある毛布をほりほりしてぐしゃぐしゃにするのが日課

発病以来、遊びらしい遊びをしなかった海の、
久しぶりの、遊びとしか思えない(意味のない)行動。

↓とても調子が良さそうで、良いお顔になっていて嬉しいです!
DSC_0064_convert_20141007213832.jpg


9月下旬からおじさんと共に休暇を取っていましたが、
明日からはまたいつもの日常になります。

海がこれだけ元気でいてくれると、
仕事に行ってても安心なので嬉しいです。


でも「3歳以上から」と指示のある紙芝居、
タイトルが「恋してめろめろ」では内容はどうなんでしょうね・・・
選んだのはほかの物語なのですが、ちょっと気になります。




どんなに見ていても

昨日金曜日は祝日でした。
涼しいけれどからりと晴れた、気持ちのいい日。
日本人のお友だちが遊びに来てくれたので、
いつ食べようかと大事にしまってあったキラキラざらめを
袋を傷つけないようにそっと開封してみたところ・・・

↓なかもうさぎでした!
IMG_7603_convert_20141004202851.jpg

↓ざらめ、きれーい 宝石みたいです!
IMG_7610_convert_20141004203150.jpg
↑お友だちにも喜んでいただきました

↓おじさん(夫)がはりきって作った牛肉料理
DSC_0033_convert_20141004203509.jpg
↑となりはにんじんサラダです

友だちはおかわりしてたくさん食べてくれたので、
おじさんは満足で幸せだった模様・・・
わたしだと大して食べませんので(笑)

午後の暖かな海部屋では海がお昼寝をしていまして

↓真横になって眠っていました
IMG_7607_convert_20141004203042.jpg

↓この手が・・・!
IMG_7608_convert_20141004203114.jpg
↑かーわいーい

↓お口もかわいい・・・
IMG_7606_convert_20141004203004.jpg

うさぎってどうしてこんなにかわいいんでしょうね。
わたしはうさ飼いになって13年経つのですが、
そして眠るうさぎや顔を洗ううさぎ、食べるうさぎの姿を毎日見ているのですが
一向に慣れたり飽きたりしないのが本当に不思議です。
いくら見ても見足りない。どんなに長い時間見ても見飽きない。
なにをしていても、どんな瞬間も今まで以上にかわいい気がして。

ペットショップに行くと、よく生後1ヵ月ほどの子うさぎが売られています。
両手ですっぽり包めちゃうくらいの小さな小さなふわふわ。
かわいくてかわいくて、見てるだけでとろけちゃいます。

うちのうさぎたちは、お迎え時点で一番若かったのが生後4ヶ月。
あとのふたりはすでに大人うさぎでした。
でも、だからって小さい子ほどかわいくないなんてこと、
決して、ぜったい、間違っても、ないんです。
うさぎは賢い動物なので、大人でもじゅうぶんヒトに馴れます。

うさ友さんのブログで、子育て中のうさぎママの愛情深い姿を見るたびに、
海のママは、海のいまの暮らしの様子を見て喜んでくれるだろうか、
満足してくれるだろうかと考えます。
うさぎのパパのことはあまり考えません(笑)
だって、たぶん彼は自分に子どもがいることさえ知らないのではないかと

だけど、たとえその生涯が短いものだったとしても、
心から愛され、大事にされ、慈しまれたら、
きっとその子のママも、うさぎの神さまも喜んでいると思います。

またひとり、闘病していた勇敢なうさぎさんがお空に還ってしまったけど、
がんばり屋さんのそのかっこいい姿は天にも地にも永遠に記憶されるはず。

ぎんちゃん、ゆっくり休んでね。



お友だちは犬飼いさんなので、海のことも犬式に撫でてくださり、
そして食べている野菜を横から触ってもちっとも怒らないことに驚いていました。
犬は食べ物に手を出すと怒ったり威嚇したりするのに!って。
ヤギや羊やお馬など、草食さんはそういう性質なないのではないでしょうか?
うさぎ以外はよく知りませんが・・・

↓ぼく、草さんいっぱい食べて元気だよ!
IMG_7619_convert_20141004203418.jpg


最近、以前のように嬉しいときに頭を振って走るようになりました!
すごーい、海!すばらしい!!


キラキラざらめ

特に用もなく、休暇中のおじさんとIKEAに行ってきました。
家具屋さんを見るのはむかしから大好き。
IKEAは家具だけじゃなくて食器とか花瓶とか額縁とか
ろうそく立てやランプ、布団カバーなどなど
いろいろたくさんあって楽しいんですよね。
そして、ここもクリスマスになっていました・・・

↓ツリーやデコレーション
DSC_0025_convert_20141001005756.jpg

↓オーナメント
DSC_0027_convert_20141001220043.jpg


↓家具の展示もクリスマスバージョンで
DSC_0020_convert_20141001005509.jpg

ここで、なんと村のお友だち2人にばったり出会いました。
IKEAは村から車で30分ほど離れているのに、
同じ日、同じ時間、広い店内の同じ場所に村民が4人揃うなんて!
普段気がつかないけど、偶然って意外と頻発しているものなのかも。



話は変わりますが、「こねこのぴっち」という絵本、ご存知ですか?
ふっくらころころのかわいいこねこ・・・・ではなくて、
黒くてなんだか栄養足りてなさそうな(失礼)こねこのぴっち、
絵の線や色がとても味わい深い絵本です。

先日、うさ友のtomo_tomoさんからすてきな贈りものが届きました

↓「こねこのぴっち」をずらりと囲むうさぎが楽しいハンカチ
IMG_7583_convert_20140927174234.jpg
↑わたしもこんな風に囲まれて睨まれたい(←?)

↓もう1枚もうさぎのいる光景
IMG_7595_convert_20141001182406.jpg
↑ハンカチというより絵としてすてきなので、部屋に飾ります

↓そしてうさ飼いなら誰でも知っているお店「濱うさぎ」の・・・
IMG_7589_convert_20140927174314.jpg
↑海さん、どいてください(笑)

↓「キラキラざらめ」
IMG_7593_convert_20140927174431.jpg
↑tomo_tomoさん、ありがとうございます(ちゃんと三つ指ついてます↑)

かわいいパッケージですね
うさ友さんにプレゼントするために、ここのお菓子は何度か買いましたが
自分に買ったことはなかったので嬉しかったです


海が発症した去年の夏、
日本のうさ友さんたちがとても心配してくれて、
同じ病気の介護の経験のある方をすぐに紹介してくれたのです。
その人がtomo_tomoさん。
彼女の愛うさぎ六ちゃんは、海より半年ほどまえに発症したのです。
優しいうさ友さんたちの素早い対応のおかげで
わたしは海が退院するまえにtomo_tomoさんにいろいろ相談に乗っていただき、
介護に便利なグッズや心構え、飲み水やご飯や体のケアなど
細かいところまでアドバイスをいただくことができました。

もし、こういった事前のアドバイスなしに
あの悪夢のような状態だった海が帰宅していたら・・・
ぜったいになにかの手落ちやミスがあって、
海はいまの姿にまで復活していなかったと思います。

六ちゃんのお世話がまだまだ大変だったうえにお仕事をされていたのに、
わたしの相談メールに毎回すぐにお返事をくださって、
どんなに救われ、支えていただいたことか・・・
本当に本当に感謝です。ありがとう。

六ちゃん、これからも海と一緒にがんばろうね。


↓おまけ。IKEAにあったグミ系お菓子はかり売り
DSC_0028_convert_20141001005907.jpg
↑いんげんにしか見えないものや、釣りの餌のようなものが・・・