冬の小鳥と贈りもの

今日のはなこ村、またまた雪で真っ白です。

冬のドイツではペットショップはもちろん、
スーパーやドラッグストアにも野鳥用の餌が売られています。

↓それはこんなの
Parus_caeruleus_5_Luc_Viatour_convert_20150131200724.jpg
↑他サイトから借用

鳥の餌がお団子になっているもので、
ベランダの天井から下げたり、専用のバードハウスのなかに下げたり。
雪が降ってご飯が見つけられない野鳥たちのための餌です。
本格的な大雪で餌不足が深刻なときには、
普段滅多に人里に姿を見せないキツツキなども食べにきます。

冬の小鳥ってかわいいですね
どの子もふくふくに丸くなって、
地面を急いでとんとんとん、と跳ねる姿の愛らしさったら、
ついつい街中であっても「うふふー」とにやけてしまいます(わたしだけ)

スーパーマーケットにもイースターのお菓子が並びはじめました!
イースターのシンボルといえばうさぎ、たまご、ひよこ、などですが、
お菓子もこういったものをかたどっています。
うさぎ型やたまご型をしたチョコレートに砂糖菓子。

↓パッケージはかわいいのですが
DSC_0384_convert_20150129042809.jpg

↑なかのお菓子はいらないので、うちでは買いません

だって甘すぎて食べられないんですもの・・・
子ども用なんでしょうね(はい、見るからにそうですよね・・・)

大人なわたしはこういうお菓子よりもうさぎグッズがいいです。

↓うさ友のはるさん(新・うた君日記@はる)から嬉しいお届けものが
DSCN0614.jpg
↑うさぎさんのリボンやシール、そして懐中しるこ

おしるこ、懐かしくて優しい味がします。心身共に「ほー」となります。
うさぎさんのシルエットがついているのはブックカバーとスケジュール帳です
スケジュール帳は今年のはもうあるので、これはおこづかい帳にすることに。
来年は中身の手帳だけ買えばこれを使えます。嬉しいな

↓そして海には・・・
DSCN0615.jpg
↑猫さん用「もみふみクッション」

はるさんのおうちの斜頚うさちゃんもこれが大好きだったそうです。
ふわふわしたものが大好きな海にぴったり!

↓お友だちみたいにやわらかいよ
DSCN0613.jpg

↓ふみふみすると気持ちいいよ
DSCN0629.jpg
↑大好きなふかふかクッションやふわふわ毛布に囲まれて幸せそうです

↓そしてなんとぴょんさんまで!
DSCN0730.jpg
↑ぴょんさんハンカチ。ぴょんさん、見えてるかなー

おととしお月さまに還ったうたちゃん、
いまごろぴょんさんと遊んでくれてるかな?

はるさん、暖かいお気持ちをたくさんありがとう
ブログの更新、楽しみにしていますよ。ふふふ。

↓ケージに入ったご褒美、マンゴーを食べる海
DSCN0697.jpg
↑とってもいいにおいなので人間も食べたくなっちゃいます

最後に、去年あるお店で見かけて軽くショックだったうさぎの置き物を・・・

↓・・・・・・・・
1422371822942_convert_20150129050110.jpg
↑・・・・・・・





スポンサーサイト

復活しました

インフルエンザがやっと良くなって楽しくなってきました!

病気のときって普段楽しいことも楽しくなくなっちゃいますよね。
本も読みたくない、インターネットはなんか疲れる、
音楽聴いても、ドレミの羅列にしか聞こえない・・・

前回(おととし)インフルにかかって病院に行ったときには
話を聞いて「インフルですね」って言われただけだったのですが、
今回はそれ以外の病気の可能性もあるかもしれないからと
超音波、尿検査、血液検査もしてくれました。
(胃薬もくれたし、行った甲斐があった・・・

超音波って、まずゼリーみたいなのをお腹に塗りますよね。
今回笑っちゃったのは、あれ・・・
日本だとちゃんと人肌に温めたものが用意されているのですが、
この病院のは冷た~いままでした。
「はい、冷たいよーびっくりしないでねー」という声とともに
冷たい物体がお腹にびしゃ!と・・・
思わず「ひゃっ!」って言っちゃいました
うーん、異文化ですねぇ。

↓思えばはなこが寝込んでいるあいだは平和だった・・・(遠い目)
DSCN0678.jpg

↓ブラッシングされる危険はなかったもん
DSCN0680.jpg

↓いやだよ、って言ってるのにどうしてするの?
DSCN0682.jpg
↑海がいつかうさ飼いになったらわかるわよ(←いつだ)

今日は棚の引き出しをひとつ空けようと思って整理していて、
入っていた海のハーネスと給水ボトルを別の場所にしまうことにしました。
ハーネスはもちろんとっておくけど、もう使わないからね。

↓いちばん上は「うさぎふく」さんのハーネス
DSCN0727.jpg
↑下のふたつはうさ友さんたちからのプレゼント

↓このふたつは裏もかわいいんです
DSCN0726.jpg

↓よく似合ってかわいかっ・・・(←過去形) あ、いまもかわいいよ
DSCN0725.jpg

↓給水ボトルはもう使うことはないだろうけど・・・
DSCN0729.jpg
↑・・・やっぱりとっておくことにしました


いつだったか街へお買いものに行ったときに大きな通りのお店のまえで
バギーにのった小さい女の子とそのお父さんが階段に座っていました。
お買い物のお母さんを待っていたのかな?
そのとき、赤ちゃんに毛が生えたくらいの女の子が奇声をあげ、
その拍子に口から飴が転がり落ちちゃったんです。

お父さんがかがみこんで拾ったので
おお、えらい、ちゃんと拾ってごみ箱に捨てるのねと思っていたら
お父さんは石畳を転がったそれをまた女の子の口へ・・・

家のなかにも土足で入る人たちですから、
地面に対する好意(?)も日本人とはちがうんでしょうね。たぶん。

こんな風に育てられ病院では薬をくれず。
その結果ドイツ人たちはおそろしく丈夫に育つんでしょうか。
わたしの知る限り、食物アレルギー、花粉症、動物アレルギー、喘息、
といった問題のある人って、ひとりもいないんです。

わたしもここで暮らしてたら頑丈になれるのかしら~(甚だ疑問)






まくらと仲良し

しばらく更新がとまっていました。

海のことを心配してくださったみなさま、申し訳ありませんでした。
寝込んでいたのは飼い主のほうです。
海はおそろしく元気です。


先週の土曜日あたりから胃痛腹痛と微熱があって、
背中も重いしなんだか力がはいらない。
でもどの症状も「病気です!」というほどひどくはなく。
食べても飲んでも胃が痛く、続いてお腹も痛くなる。
ほとんど食べていないのに胃もお腹も張っている。

去年インフルエンザにかかったときにも書いたのですが、
ドイツの病院って滅多に薬をくれないんです。
「安静にしてなさいね、1週間もすれば治るわよ」という感じ。
なので行こうかどうしようかいつも迷うんです。
だって、寒いなか行って、ひたすら待たされて、ただ戻るのって、
無意味っぽくないですか
家で寝てたほうが回復時間の短縮になるような。

そんなわけでしばらく寝込んでいたのですが、
今日になってもひどくならないかわりに良くもならない。
熱も胃痛も腹痛もまったくの横ばいなので、さっき行ってきました。病院。

そしたら、またしてもインフルエンザでした・・・
今年のはそういうタイプなのだそうです。
もっと劇症の人もいるそうです。

そして・・・なんと今回はお薬をくれました!
胃が痛くて食べられないので、胃薬を・・・(←対症療法)
インフルエンザそのものは「治るまで寝てなさいね」でした。

そんなこんなでなかなか更新できなかったのですが、
このまえうさ友のmogu2さん(いっしょにごはん。)から
愛うさぎ小羽さんのついたかわいい年賀状とともに、

↓海に大きな嬉しいびわの葉おやつが届きました!
DSCN0611.jpg

↓大喜びでばりばり食べています!
DSCN0653.jpg

↓こっちゃん、これおいしいよ
DSCN0648.jpg

↓それからはなこにもこんなにかわいいうさグッズ
DSCN0675.jpg

この付箋、かわいいですよね
以前、友だちへのプレゼントに買ったことはあるのですが
自分では持っていなかったので嬉しいです!

↓それにころりとかわいいちりめんうさぎ
DSCN0619.jpg
↑白うさぎ これはデジカメにつけました

mogu2さんはいつもブログでおいしいものを紹介してくれるうさ友さん。
ドイツでの素材が許す限りを参考にさせていただいてます。
これからもかわいいこっちゃんの写真、いっぱい載せてね!
かわいいものたくさんありがとう


そうして寝込んでいる間に過ぎてしまった先代うさぎぴょんさんの命日。
天の国に新しく生まれて今月18日で2年でした。
ベッドのなかでずっとおもってたよ、ぴょんさん。

1435187791_7.jpg

女の子のせいかな、海よりやわらかくてふわふわで
抱きしめると桜吹雪の春みたいに幸せにしてくれたぴょんさん。
大好き、っていうのは、どんなに時がたっても変わらないんですね。

1435187791_38.jpg

そして、翌日19日には母の愛犬ランもお空に旅立っていきました。
ホワイトテリアの女の子。14歳。

↓妹さん(左)と一緒に
DSCN5227_convert_20150121042408.jpg

お別れに行かれなくてごめんね。
でも、今だって、手を振ったらそこから見えてるよね?
こちらのことは心配しないで、そこでおいしいものいっぱい食べて
おばあちゃんに抱っこしてもらって幸せに暮らすんだよ。



日本では長らくかかったことのないインフルエンザに
2年連続してかかったはなこ。
これは年齢のせいなんでしょうか・・・

もっともドイツって日本ほど大流行するわけでもなく、
予防接種を呼びかけるわけでもなく、
かかったら「治るまで寝てなさいね」なんですよね。

ドイツ在住日本人が以前予防接種を受けに病院にいったら
これは高齢者など弱い人のためのものであなたは必要ありません、
と言われ、してもらえなかったという話を聞いたことがあります・・・
ドイツ・・・異文化だわ。



ぼちぼちうさぎ

先日、職場でゴミを運ぶ仕事をしました。
事務所で不要になった紙類が大きなダンボールに入っていて、
それを建物外にある大きなコンテナまで運ぶ仕事です。

ダンボールは大きくてひとりでは持てないので、
わたしと、もうひとりカザフスタンから来ている女性が一緒に運びました。

外気温は約5度。
カザフスタン人の彼女は出口のまえで一瞬ひるむと、
「上着とってくるからちょっとここで待ってて!」と叫び
ロッカールームへ飛んでいきました。

出口からコンテナまでは10メートルほど。
特に急がなくても、3分もあれば終わる作業です。
それに室内が十分暖かかったので、わたしは薄着のままで平気でした。
その3分のために上着を着込み、マフラーまでして出てきた彼女に
「カザフスタンって冬、寒いんじゃないの?」と聞いたら、
「寒いわよ、マイナス40度くらいで、雪が胸の高さまで積もるの!」とのこと。
そんなところで育っても、寒さに強くなるっていうわけじゃないんでしょうか。
それとも、それゆえに寒さへの防衛本能が身にしみついているのでしょうか。

↓ぼくはいつもぬくぬくだよ
DSC_0369_convert_20150106024354.jpg
↑外、寒いの?そんなの知らなーい

このまえの土曜日に入った雑貨屋さんで、
なんとなんとイースターグッズコーナーが出来ていました!
まだ1月なのに!

↓まだたったこれだけのスペースですが
DSC_0376_convert_20150114043150.jpg
↑棚の下に置かれたダンボールのなかにきっともっと入ってる・・・


ドイツでは季節商品の売り出しが年々早くなっていて、
クリスマスのお菓子やサンタクロース型のチョコレートなどが
9月の下旬からスーパーに並びはじめます。季節感皆無。
おじさんのような古い人間だと、
クリスマスのお菓子は12月に入ってから食べるべき!!
じゃないとクリスマスの特別感がないじゃないか!!
と怒ります。

今年の復活祭、イースターは4月5日ですので、
これまたクリスマス同様季節感皆無、早すぎるのはたしかですが、

・・・うさぎグッズが出るのに早すぎるなんてことありませんよね

これからが楽しみです♪
あちこちのお店をチェックしなければ。
これからどんどんざくざく出てくるはず。
うふふふふふふふふふふふふふふふ


ところで、クリスマスからお正月にかけてハイになっていた海は
すっかり落ち着いて普通のまじめなうさぎになりました。
はい、体調が悪いわけではなく、普通にまともになったんです。
お祝い気分が世間から消えたせいでしょうか。
敏感で繊細なんですね

なぜかいまいち喜ばなかったペレット牧草がなくなったので
昨日、新しい袋を開けました。
中身はまったく同じ・・・はずなのですが新しいのになったとたん

↓はやくください
DSCN0660.jpg

↓待ちきれません
DSCN0661.jpg

↓おいしー・・・
DSCN0663.jpg

ロットの違いはあるかと思いますが、ここまで違うんでしょうか。
すごい食いつきです。


はなこ地方、今日はひさーしぶりに晴れました!
青空に白い雲。
ずっと雨か雪かくもりだったので、白い雲がかわいいです。
太陽はまだまだ弱いので大して暖かいわけではないのですが、
それでも晴れていると寒さの角がとれてまろやかになる感じ。
お日様にあたって草木もふうっとほころびるせいか、
緑のにおいがかすかに混ざって、ちょっと春みたいです。

こうして春になっていくのね~と幸せを感じ、
さ、せっかくだからお洗濯しましょ、と思い、
干そうとしてベランダに出たら大雨になっていました・・・




オフ会の思い出

↓はなうさコレ3
IMG_7384_convert_20141226205949.jpg
↑ドイツ・エルツ山脈地方で買った木製うさぎ


インターネット上(内?)で知りあい仲良くなった同じ趣味の人たち。
その人たちと「では、実際に会ってご飯でも食べようか」
とかなんとかすることを「オフ会」というのですよね。

このまえ、にんじん千切り大会をしていて、
ふと、ずいぶん昔の生まれて初めてのオフ会のことを思い出しました。

ネット内でうさぎの話をし、写真を見せあって盛りあがっていたうさ飼いたち。
そのうち、場所と時間の都合のつく4人で待ちあわせすることになったんです。

もちろん、お互い顔を知らない相手なので、目印を決めなくては。
うさぎ仲間なので、目印といえば当然 に ん じ ん ですよね?
場所は土曜日夜の渋谷駅、ハチ公像まえ。

わたし、それまで週末の夜の渋谷に行ったことがなかったんです。
なので行ってみてその人の多さ、その混雑ぶりに驚きました。
目印がにんじんじゃ甘かったかも。
もっと大きな、たとえばうさ耳カチューシャとかじゃないとだめだったかも。
と不安になったのですが、案外そんなことありませんでした。
ほかににんじんを持っている人がいなかったのと、
にんじんの色が意外と暗いところで目立つものだったせいもあって、
目指す人物のひとりを発見できました。

わたしはにんじんをバッグと一緒に下げて持っていたのですが、
その人物、ちょっと不安そうな顔の、長い髪をしたうら若い乙女は
祈るように胸のところで重ねた両手ににんじんを握りしめていたのです。
いや、目立ちますね、この持ち方。
すごい人の数だったにもかかわらず、
オレンジ色のにんじんを縦に握りしめた彼女の姿は
まるで光を放っているかのように浮かびあがって見え、
周りにたくさんいるはずの人間たちは背景に沈み込んでしまいました。

わたしは、自分もにんじんを持っているくせに
彼女の姿に横隔膜あたりを刺激され、笑いが止まらなくなってしまいました。

他の2人、もともと友だち同士のこの2人はどうしていたかというと、
ハチ公像の後ろに隠れてにんじんを握ったわたしたちの姿を
盗撮していたという・・・ 

初めてのオフ会、とっても楽しかったです
たったいま初めて会ったばかりなのに
お互いの趣味や仕事やうさぎのことをよく知り尽くしているので
すぐに話は弾み、お互いを「●●ちゃん」と呼んで、
まるで幼馴染のような親しみを感じました。

それまでの人生の9割をインターネットなしに過ごしたわたしにとって
こういう関係、こんな風に友だちになれることって本当にあるんだ、
というのが、ものすごく新鮮でした。
しかも、ここまで深く、親しい、なんて。
初めてみる顔でも、なんかまったく違和感ないんですよね。
想像したこないけど、想像とまったく同じ!みたいな。

さて、このまえおじさんがAmazonさんで買い物をするというので、
送料がかからないと仰るので便乗してこれを・・・

↓これを・・・
DSCN0601.jpg
↑のちにはがきとして使える卓上カレンダー

↓それからもうひとつ、これ・・・!!!
DSCN0599.jpg

DVDです。
アメリカ映画みたいですが、日本では公開されたのかな。
見た人、いますか? 検索したけど見つけられませんでした

「クリスマスうさぎ」(←直訳)

孤児で言葉を話さなくなった女の子が森で怪我をしたうさぎを見つけ、
それをきっかけに周りの人たちの愛情を感じて
徐々に元気になっていく・・・というようなものらしいです。
内容はともかく(←)、うさぎがいっぱい出てくるみたいなので!
見るのが楽しみです!おじさん、テレビちょっと使わせてー!

↓はなこ、またカレンダー増やしたの・・・
DSCN0603.jpg


だから、このブログを通してお友だちになってくださったみなさんも
実際に会ったらきっと違和感まったくないと思うんです。

いつかお会いしたいですね。
夜の渋谷で、にんじん持って。



Category: 思い出

診療スタートだったのに

6日を最後に土日祝日の団体さまが立ち去り、
動物病院も7日から診察開始でした。

歯のチェックと健康診断に海を連れていきたいんだけど、
急がないし、最初は混むだろうから、
来週あたりに予約の電話をいれよう、と思っていたんです。

そうしたら昨日7日の夜に連絡が。
先生が7日未明に亡くなったとのこと。

朝、ベッドのなかで冷たくなっていたのだそうです。51歳。


↓海がここまで元気になったのも先生のおかげ
DSCN0492.jpg
↑元気・・・?ただのぐーたらに見える・・・

ここは奥さんも獣医さんで、
そもそも重体の海をいちばん最初に診てくれたのはこの人なのですが、
子どもがいるのか介護が必要な家族がいるのか、
だんなさんがいないときだけ出る、みたいな感じだったんです。
この人が病院を続けてくれるといいんだけど・・・うーん。

病院、ちがうとこ探さなきゃいけないかも

↓なに悩んでるの、はなこ?
DSCN0531.jpg
↑海のふりかえり方

でも、先生はクリスマスから新年まで休暇で、
最後に家族といっぱい幸せな日々を過ごしたんだと思うし、
先生のおかげで助かった動物さんもいっぱいいて、
また一緒に新年を迎えられたことを喜んでる飼い主さんもいっぱいいると思う。

うちもそうだよね、海?



↓ベッドのうえのうさぎカレンダー
DSCN0597.jpg

↓海ケージのうえのうさぎカレンダー
DSCN0596.jpg

あと、卓上式のもあったらもっといいかも・・・(←エンドレス)





ベルリンからのおやつ

今年も花火で騒々しく年が明けた・・・と思ったばかりなのに
あれから3日、みたいな気分なのに実は今日はもう6日。
1年の始まりからこのスピードでは、あっという間に夏になりそうです。

夏に・・・・・・・

いーやーだー

それはともかく、はなこ家海部屋壁際では、
かわいく年が明けました

↓うふふ
DSCN0505.jpg

年が明けてから土日祝日が連続したので(今日6日も祝日です)
やっとやっと明日から普通の毎日が戻ってきます!
動物病院も通常営業になるし、お店も普通に開いているし、
そういう安心って・・・ありがたいですね

図書館も体操も再開して忙しくもなりますが。

↓昨日はハイデルベルクに行って
DSCN0501.jpg

↓カレンダーを買ってきました
DSCN0553.jpg

クリスマスグッズが50%オフになっていましたが、
カレンダーって下がらないんですね・・・ 年末くらいに下がるのでしょうか。
そういえばAmazonさんでうさぎカレンダーを検索していて気づいたのですが、
過去のカレンダーっていうのも売られてるんですね!
2014年とか2010年とか・・・ 新品も中古もありました。
うさぎの写真が毎年ちがうから、ほしい人がいるんでしょうね!
ええ、ほしい人、いますね~ ←ここに ・・・

ハイデルベルクは寒かったです
すぐそばにネッカー川が流れているのですが、
ここを渡ってくる風がシベリア並みに冷たいんです。
気温は2度くらいあったけど、体感はマイナスでした。

なんと、ここより北にあるベルリンのほうが少し気温が高いみたいです。
ベルリン在住のうさ友さんブラックノールさん(Black Rabbit)情報です。

ブラックノールさんは昨年秋に、黒うさノールちゃんを連れて渡独。
慣れないドイツ生活を楽しみつつがんばっているうさ友さんです。
今回、ご主人がお仕事で少しのあいだ日本へ戻られたとかで、
なんと、海におみやげを買ってきてくださったのです

↓海の大好きな乾燥りんごとパイン
DSCN0455.jpg
↑牧草おやつ いちごさん

うさぎの座ぶとんは暖かくなってきたら使えます。
ブラックノールさん、ご主人さま、本当にありがとうございます
どのおやつも海は大好き!
そして乾燥パインはちょうどストックが切れていたので、とても嬉しいです。

黒いのはユニクロ・ベルリン支店のヒートテックとタイツ。
わざわざわたしにまでありがとう

ベルリン、ドイツの首都。大都会です。こことは大違い(笑)
ユニクロがあるなんてすごいですねー。
昨日、ハイデルベルクに行くのにさっそく着ていきました。
3年まえにわたしが買ったのより進化していて
柔らかくて手触りがよく、ぽかぽかでした!

↓手作りはがき
DSCN0480.jpg
↑下段真ん中はノールちゃんと海カードの2ショット

↓え、はなこ、またカレンダー買ったの・・・?
DSCN0536.jpg

↓あっ!ぼくの牧草入れがない!
DSCN0583.jpg

↓ぼくの・・・しくしく
DSCN0573.jpg
↑牧草入りトイレ、熱湯で洗って日干し中

↓よしよし、泣かないのよ 
DSCN0587.jpg
↑だったら早く牧草ちょうだいよ



はなこパソコン、11月以来いっさいの動画が見られなくなっています・・・
ブログに載っている動画も見られないため、
それについてはコメントもできず・・・申し訳ありません
今年はわたしも動画載せちゃおうかなっと思っていたのに
あれですよ・・・出る鼻は打たれる。
じゃなくて、出鼻をくじかれる、でしたっけ。なんか似てるー。

お正月休みは異空間なので、
明日から本当の2015年が始まる気分です。

がんばります



はなこ地方の年明け

大晦日には毎年テレビで同じ番組が流れるドイツ。
それはなぜか英国の寸劇で、15分程度の番組なのですが、
40年ほどまえから毎年毎年、大晦日に放映されているんです。

Dinner for one(ひとりぼっちのディナー)

登場人物は90歳の誕生日を迎えるミス・ソフィーと執事のジェームス。
ミス・ソフィーは毎年4人の友人とこの日を祝ってきたのですが、
その4人はすでに他界し、ディナーはひとりぼっち。
それでも食卓に4人分の席を用意し、
執事のジェームスが代わる代わる4人の代役を演じるんです。
シェリー、シャンパン、料理には赤ワイン・・・と
ミス・ソフィーの望むままに乾杯して4杯ずつを飲み干すジェームス。
そのうちろれつが回らなくなり、足がもつれ・・・
画面には映らない観客の爆笑。

↓言葉はもちろん英語ですが
DSCN0466.jpg

↓言葉が十分わからなくても楽しめます
DSCN0467.jpg

どうしてドイツでこれが大晦日の定番になったのかは不明ですが、
とにかく大晦日というとこれ、あちこちの局で流しているので、
チャンネルを替えれば何回でも見ることができます。

大晦日にはこれを見なければ、みたいな強迫観念が芽生えてきます。
日本の紅白みたいなものでしょうか(←そうか?)

そして0時ジャストからばんばん上がる打ち上げ花火。
村や市が上げるのとは別に、あちこちの家が個人で上げるんです。
スーパーには打ち上げ花火のセットがどっさり売られています。
みんな、この寒いのに庭や通りに出て花火を上げては騒いでいます。
規模は小さく高度も低く、音だけがやたらすごい。
これをたくさんの家が上げるので、大した騒ぎになります。
寝てても目が覚めてしまいます・・・(←去年そうだった)
これだけうるさいとさすがの海も落ち着きません。
そこで、今回は起きていて新年を迎えることにしました。

↓ぼく、花火は怖くないんだけど
DSCN0472.jpg
↑あんまりたくさんだとやっぱり落ち着かないよ

おととしの新年は日本で、
左手でぴょんさんを、右手で海を撫でながら年を越しました。
今年も3人がいいね、ということで、ぴょんさんのペンダントも一緒に。

↓ぴょんさんの毛と骨のかけらを入れたペンダント
DSCN0478.jpg
↑防水なので一緒に泳いでもだいじょうぶだそうです(やらないけど)

花火、ピークは年明け30分ほどですが、そのあともぱらぱらと上がり続け
やっと静かになったのは1時をずいぶん過ぎたころ・・・

↓そして元旦の朝食はニューイヤープレッツェルです
DSCN0473.jpg
↑これをコーヒーと一緒になにもつけずに食べるだけ

これ、もっと大きいのもあるんです。
うちはふたりだけなのでこのサイズ。
もっとも、わたしはブタさんパンを食べたので、
これはおじさんが朝ご飯と午後のお茶の2回に分けて食べてました。

年末年始。
動物病院が休みになるこの時期は不安です。
もし具合が悪くなったらどうしよう、と思うので、
いつもとちょっとちがうとすぐ不安になったりして・・・
元気すぎてちょっと頭がどうかしたんじゃないか、とか。

そうなんです。
海さんは元気すぎて元気がいきすぎてすごいんです。
もう走る走る。野菜もペレットもすごいスピードで完食。
おやつの袋に体当たりし、牧草入れにつっこみ、
元旦くらい添い寝してという飼い主の甘えを叩きつぶし、
枕を殴り毛布を掘り、ベッドから下ろすとまた走り・・・

寝たのが遅かったのに、なにその元気。
飼い主のほうは頭皮にシワが増えた気分なのに・・・

もっとも、午前10時過ぎに沈没しましたが。

↓沈没姿、空撮
DSC_0366_convert_20150103032201.jpg

↓つま先がはみだしています
DSC_0367_convert_20150103032344.jpg
ほら、↑ここ

年が明けたとはいえ、あちこちに飾られたクリスマスツリーはそのままなので
ドイツの新年って、新年っていう気分にならないまま過ぎ去るような。
2015年。
今年の目標は。

ブログ、月に12回は更新したいです・・・


↓ぼくはおいしいものをいっぱい食べるのが目標
DSCN0406.jpg
↑そしてもっともっと元気になるよ!