動物病院にいってきたよ

はなこ地方、週末は快晴でした

もうね、冬は本当に太陽が出なくていつも曇ってどんよりしてて
昼間でも部屋のなかがなんか薄暗いんです。
なので久しぶりに太陽が出ると気持ちがはればれします。
家中明るいし、外を歩くと おお、影ができる~♪ なんて・・・

気温は低いけど日曜日もよく晴れて気持ちよかったのに、
月曜日、海の通院日は大雪でした。
予約時間が早かったので、本格的になるまえに帰宅しましたが、
とにかく寒いので車のなかごうごう暖めていってきましたよ。

↓病院にて。ぶるぶる。
DSC_0507_convert_20150223212952.jpg

海はお出かけ時にはお買い物かごに入ってもらいます。
キャリーは上にフタのあるものと、横にあるものの2種類があるのですが、
どちらも使用が難しいんです。
海は病院が怖いので、出そうとするともがいてローリングしてしまいます。
なので、離陸と同時にこちらの胸に押しつけるようにして抱かないと危ない。
そのためには開口部の広いただの買い物かごが一番いいんです。
海のにおいのついた毛布とカイロが一緒に入っています。

動物病院・・・
新しい先生を迎えて再開した病院に行ってきたのですが、
うーん・・・ちょっと残念でした。
女の先生はとっても優しいし感じがよかったけど、
あんまりうさぎに詳しくないんじゃないかなー・・・という疑惑が拭えず。

そもそも診察室に入って初めて海を目にしたとき、
先生は はっと息を飲んで「いつからこの状態なんですか!?」と
激しい勢いで聞いたんです。
一瞬なんのことを言われているのかわからず、ぽかんとしてしまいましたが、
一緒に入ってきた、以前からいる助手の女の子、
いつも「わたしたちのカイは元気?」と言ってくれる女の子が冷めた声で
「カイはずっとまえからこの状態で、今日見えたのは別件です」と
言ってくれました。
ってことは・・・
まさか首が傾いたから連れてきた、と思われたんですか・・・
つまり、事前にカルテに目を通していないんですね

お腹の具合、●の状態について相談したかったのですが、
答えはどうも要領を得ず(←プロに対して失礼ではありますが)
お耳掃除の手際がかなりワイルドで
もうけっこうですやめてください、という言葉が前歯の裏まで出かかり、
臭腺のお掃除も頼みたかったけどそれはやめて
歯のチェックだけしてもらいました。

・・・・・・・・・・・・・ちがう病院、探そう。

でも海は勇敢にがんばりましたよ
帰りの車内ではずいぶん落ち着いて、目をまんまるにして
窓の外、ずんずん降ってくる大粒の雪を眺めていました。

↓がんばったご褒美にパンをあげました
DSC_0501_convert_20150223212815.jpg

↓パンを持っているごつい手ははなこのではありませんw
DSC_0499_convert_20150223212650.jpg

↓一生懸命食べる姿、なんてかわいい・・・
DSC_0498_convert_20150223212526.jpg

ドイツの黒パン。硬くてみっしりしていてやたら重たいパン。
ドイツのブリーダーさんたちはこれを乾燥させて、
かちかちに硬くなったのをうさぎに与えるんです。
歯が伸びないように日本ではかじり木を与えますが、
こちらでは木屑はとんがっていて危ないし、
食べてしまうのもあまり良くないと考えるらしく、
与えるのは石のように硬いこのパン。

これ、元が密度の濃いパンなので、
干してかちかちになったやつはもう手では割れません。
なので、こうして↑食べさせても、海がいくらがりがりかじっても
口に入る量は大したことないんです。
海はこれが大好きなのでたま~に(数ヶ月に1回くらい)←セコい
こうしてかじらせています。

そして今日2月24日は海と初めて出会った記念日、

ハッピー海記念日 でした。

もう6年になります。
2年くらいまえに感じるのに。
もう6年も一緒に暮らしてるんですねー。
未だにかわいい末っ子、お子ちゃまな海なのに、
そろそろ推定7歳になります。

7歳。
これからの暮らし方とか、いろいろ考えてしまいますね。

DSCN0705.jpg

うちの子になってくれて、本当に本当にありがとう、海。






スポンサーサイト

バレンタインと歌舞伎

なんと金曜日の18時から土曜日の12時まで

      断 水

でした。
はなこ通りの水道管が破裂したのです。

水道工事のおじさんが一軒一軒をまわって断水をお知らせ。
「18時から止まりまーす!」
って、15分まえに言われても!!

真っ先に考えるのは海のこと。
夕飯と明日の朝の分の野菜はもう洗ってあったので
海のことはもう心配いりません。

ちょうどシャワーを浴びようとしていたところだったので
フルスピードでそれを済ませ、
空いていたペットボトルやバケツに水を入れました。

はなこ家ははなこ通りのちょうど真ん中あたりにあるのですが、
窓から顔を出して見たら、
おじさんはまだ数軒先のお宅を訪問中。
村のおじいちゃんおばあちゃんたちは断水のことを聞くと、
どこの水道管が破裂したのか、とか、なぜ破裂したのか尋ね、
おじさんもその度丁寧に通りの向こうを指さしてしゃべっています。
あのー、そんなことしてるから連絡が遅いんですね・・・
一番端のお宅がお知らせを受けるのは18時すぎになりますよ・・・

断水でいちばんイヤなのはトイレです。
食後のお水もお茶も控えます。
海はいいなぁ。飲み放題、し放題で・・・
飼い主がバケツを持ってばたばたしていても、
海はひとり、ひとつ上の次元で白く輝きながらくつろいでいました。


すでに過去の話ですが、バレンタインデイだったんですね。
ドイツではそれはほとんど呪わない祝わないので忘れていました。
が、うさ友さんたちは覚えていてくれましたよ

るこ丸さん(うちの王子は天才うさぎ)から海に白いうさぎの

うさけつブローチ   ←商品名


が届きました!
いや~、いいですね、このネーミングセンス!!

↓ぼくのおともだちだよ
DSCN0826.jpg

↓弟みたいだね、おんぶしちゃうよ
DSCN0829.jpg

↓しっぽ対決もしてみたんだ
DSCN0827.jpg
↑どっちのしっぽがかわいい?

どっちが立派かと言われれば、それはブローチ。
だって、体の大きさがちがうのにしっぽは同じサイズなんだもん。

↓バレンタインチロルチョコももらったよ
DSCN0806.jpg
↑悪いけど、チョコははなこのよ

↓チロルチョコは王子さまとかえでちゃんつき
DSCN0807.jpg


↓そしてこんなかわいい「のぞきうさぎ」も一緒に来ました
DSC_0431_convert_20150212233659.jpg
↑「のぞきうさぎでーす!よろしく!」

↓・・・・・・がつっ! 
DSC_0433_convert_20150212233756.jpg
↑「あっ」

↓・・・・・・
DSC_0434_convert_20150212233846.jpg
↑「・・・・・・」

↓海にはお友だち拒否されたようですが
DSCN0752.jpg
↑のぞきうさぎはこんな風にかわいく飾るんですよーかわいいー

それから・・・

るこ丸さん・・・

あなたのこういうセンスが大好き(バレンタインにふさわしく、告白

↓歌舞伎マスク
DSCN0749.jpg

↓使用説明書
DSCN0750.jpg

さあ、あなたが見てみたいと思うのは

① パック中のはなこの姿

② パック後のつるぴかはなこの姿

のどちらでしょう。


これはやっぱりパジャマじゃなくて、着物を着て使用したいですね。
かつらもなんとかしたいところですが、
そこは仕方がないので自前の髪で・・・

以上、断水レポート、ドイツからはなこがお送りしました。











動物病院再開

ドイツの自動車学校って初めからいきなり路上です。

わたしは安土桃山時代にドイツで免許をとりましたが、
生まれて初めて運転席に座り、
生まれて初めてアクセルを踏んで路上に出て
他の車と一緒に走ったときの恐怖は昔のことすぎてもう忘れました。

が、わたしは繊細な乙女だったので(←表現の自由)
免許をとってからもずっと運転が怖くて緊張してどきどきして、
すぐ後ろにいかにも「遅いんだよ!」と言いたげに
知らない車に5cm(←主観)とあけずにぴったりくっついてこられると
本気で怖くて頭に血がのぼってぐらぐらしたりしていました。

あれから十●年。

動物と暮らしているとみんなそうだと思いますが、
自分が倒れたらこの子はどうなる、っていう不安、ありますよね。
この子のためにも自分は健康でいなくてはならないし、
出かけたら必ず生きて帰ってこなくては、と思うわけです。
大げさと思う人もいるかもしれませんが、
出かけて、また無事に帰ってくることは当然でも何でもありません。

歳をとって面の皮の厚みが増したということもありますが、
いまのわたしは運転中に頭に血がのぼるようなことはなく、
後続車に煽られてスピードをあげるようなこともありません。
海のところに生きて帰ることの大事さに比べたら、
後ろの人(たち)のイライラなんか屁でもありませんよね。

もっともわたしだって50km制限の道は(約)50kmで走っています。
なにも20kmで走っているわけではありません。
だから、抜かしたがるほうが悪い!スピード違反です!

そんなわけで、今日も無事に帰ってきたよ、海!

↓おかえり
DSC_0438_convert_20150219213148.jpg
↑このステッカー、るこ丸さん(うちの王子は天才うさぎ)がくれたんだ

免疫強化、ソアホック改善の望みをかけたサプリ「うさぎのチカラ」、
与え始めて1週間が過ぎました。
体重2kg以下の海には1日2粒。
ただし最初のひと月は倍量を与えてくださいとのことなので、
毎日4粒与えています。

嫌いではないけど、喜んで食べるほど好きなわけでもないらしく、
進んで食べるのは1粒くらい。あとは放置です・・・
新しいものに慣れるのに時間のかかる海のこと、
しばらくすればよく食べるようになるとは思うのですが、
サプリは指定の分量を摂らないと効果はありません。
バナナに混ぜたりジュースに溶かしたりりんごをすりおろしたり、
いろいろ試してみましたが、実はなんのことはありませんでした。
ちょっと砕いてペレットに混ぜておいたら全部食べました
まだ1週間なので(当然)なんの変化もありませんが・・・

はやく効果が見えてくるといいね、海!
元気に気持ちよく食べて走って眠っている姿、
毎日毎日いつまでも見ていたいよ。

↓なんの話?
DSC_0422_convert_20150212222229.jpg
↑ぼく、いまペレットの夢見てるんだ、邪魔しないで

↓なんの話?
DSCN0738.jpg
↑ぼく、いま瞑想してるんだ、邪魔しないで

↓なんの話?
DSC_0427.jpg
↑ぼく、いま乾燥いちご食べてるんだ、邪魔しないで


動物病院、再開しました

亡くなった先生の奥さまと、もうひとり女性の獣医さんが入って
2人体制で診ていくらしいです。
HPの写真を見る限り、とても優しそうな先生です

海、来週は健康診断に行くよ!
だいじょうぶ、ぜったい安全のろのろ運転するからね!





明日葉とカレンダー

はなこ地方、相変わらず寒いです

わたしたちが住んでいる家には全部で3家族が入っていて、
雪かきは1週間ごとの交代制なのです。が。
なぜかうちが当番の週に限って降るんです・・・
でももう2月も半ばだし、降ったとしても積もるほどじゃないかな。
そうだといいです。

ドイツは北国なので、防寒具が充実しています。
去年わたしが買った上着はとっても暖かくて、
これを一枚上に着ただけで寒さはまったく感じません。
ただ、ドイツの服はどれもわたしには大きいので、
この上着(ジャンパー)を買ったのは子ども服売り場。

サイズは身長で表記してあるのですが、
恐ろしいことに子ども服なのに「170cm用」っていうのがあるんです・・
知人の息子さんで12歳で170cm超えというのがいて、
12歳はたしかに子ども、行くなら小児科ですが、170cmそのものは。
子ども服の定義はいったいなに。
デザインでしょうか。ね。

わたしは158cmなので、160cm用を購入。
でも袖が長すぎてます
ちなみにその上着を買ったお店はチェーン店で、
日本でいうユニクロみたいなもの。
つまり、同じものを着ている人に会う確率がとても低い、
というわけではないんです。会うとしたらそれは子ども。
なんとなく気恥ずかしくて、
とてもあったかいけど、短時間のお出かけにしか着ていませんw

いろいろばたばたしていて更新をさぼっていましたが
海はとっても元気です。部屋中を走りまわっています。
「すごいねぇ!」「かっこいいねぇ!!」と声をかけると
はりきってますます元気に走るところがかわいくてかわいくて

本人もなにか言ってもらえるのを期待してか、
ちょっと足を休めてはとってもかわいい顔でわたしを見るんです
それが仕事に行く間際だったりすると辛いものがあります・・・
ごめんね、海・・・朝はあまり時間とってあげられないのよ。

↓お出かけするの?
DSCN0796.jpg

↓ぼくより大事なの!?
DSCN0792.jpg

↓いいよ、ぼくひとりで牧草さん食べてるから
DSCN0797.jpg

↓あ、これおいしい(←もう夢中)
DSCN0793.jpg




先日、うさ友がじゅうさん(まる君との生活)から手作り乾燥明日葉が届きました

↓海の大好きな乾燥明日葉と、乾燥いちごまで!
DSCN0732.jpg

↓それにかわいいほりほりマットと乾燥パパイヤ
DSCN0731.jpg
↑黄色くてかわいいので実はほしかったマットです
 乾燥パパイヤはちょうどなくなったところでした。どうしてわかったのかしら!

乾燥いちご、とーってもいい香りなんです!
生のものはここまで匂いませんよね。
もうおやつ棚のなかは甘いおいしい香りでいっぱい。
開けるたびに(あげるつもりじゃなくても)海が飛んできます。

がじゅうさん、いつもおいしい明日葉をたくさんありがとう。
本人は「ただの茎だから・・・」と仰いますが、
これだけの量、全部手でスライスして乾燥させるのに
どれほどの手間と時間がかかっているか・・・
乾燥してさえこの量です。
いったい元はどれほどの量だったのか・・・
いつも、あげる子のことを思いながら丁寧にカットしているのだそうです。
そんな暖かい思いがこもっているからか、
海は具合の悪いときでもこれだけは喜んで食べるんです。
本当に助かってます

引き続き、とってもすてきなカレンダーも届きました!

↓海の先輩六ちゃんのママtomo_tomoさんが
DSCN0711.jpg
↑手作りの海カレンダーを送ってくださいました

封筒から取り出したカードを先に読んで、カレンダーとのことだったので
どんなカレンダーを送ってくださったのかな、うさぎかな、と思い
わくわくして出してみたら・・・びっくりです!!
どこかで見慣れたかわいいうさぎの写真が(笑)!!

ブログに載せた写真を1枚1枚選んでは印刷してくださった、
世界でただひとつのオリジナル海カレンダー。
これはくつろぎタイムにいつでも眺められる、
そして朝目が覚めたときにまっさきに目に入るところにかけました
毎日見るのが、そして毎月めくるのが楽しみです

↓うれしー
DSCN0737.jpg
↑ tomo_tomoさん、本当にありがとう
 そういえば、六ちゃんはうさぎのチカラ、食べましたか?(←私信)



このまえ、近所のお友だちの家にお邪魔しました。
彼女は誕生日やクリスマスに届いたカードを全部棚のうえに飾っていて、
わたしからの海カードも一番手前に飾られていました。

彼女とのおしゃべりのほうに気を集中させながら何気なくそれを見て、
自分が出したカードだと認識するまえに「あ、かわいいうさぎ!」と
思った親ばか・・・

ありますよね、そういうこと。


・・・ありますよね? ね???





贈りものと新しいサプリ

朝は明るくなるのが少しはやくなり、
太陽も少しずつ力強くなってきました、はなこ地方。

それでも外気温はマイナス4℃。
ほんのちょっとベランダに出ただけでも手が凍ります。
そんな日でもきちんと犬の散歩に出かける隣人。

はなこ家の右隣に住む老夫婦は犬を2匹飼っているのですが、
大型犬なので老人が連れて歩いただけでは十分な運動になりません。
そこで奥さんのほうがトラクターに犬を入れた檻をくくりつけたものを
運転して、雨の日も雪の日もそこらの山に連れていき、
そこで放して存分に走らせるのです。

このトラクター、畑のあぜ道でおいもを運んだりするためのもので
免許はいらず、時速6km。
大きなタイヤのうえに座るための板と申し訳程度の屋根がついてるだけ。
つまり運転者はまるっきり外にいるわけなので、
おばあさんがこれを雪のなかのろのろ運転している様子は・・・

見ているだけで寒いんです 寒すぎます

しかも3~4時間くらい犬を放牧しているようなので、
その間おばあさんはどこにいるのやら・・・よく死なないな、と思ってしまいます。
頑丈なんですね!ドイツ人!!

暖かい部屋でぬくぬくしている海の幸せはぬくぬくだけではなく、
大好きなおやつに押しつぶされる幸せまであります

↓・・・はなこ、重いです・・・
DSCN0667.jpg
↑このまえ、うさ友うさおさんから海に嬉しい箱が届きました

うさおさんは海と同じく斜頚を患っているうさぎ、梵天ちゃんの飼い主さんです。
梵天ちゃんは海よりあとに発症しましたが、
うさおさんの愛情をいっぱい受けてぐんぐん良くなってきています。

↓梵天ちゃん・・・
1936989553_208.jpg
↑見上げる瞳がかわいすぎます

↓首の傾きも、ちょっと首を傾げてる程度に見えます
1937127531_160.jpg
↑もふもふしたくなっちゃいますねぇ

ついこのまえ、8歳になったそうです!
おめでとう!おめでとう、梵天ちゃん!!

今回、牧草やおやつや水素水、ビタミン剤などと一緒に

↓新発売のサプリ「うさぎのチカラ」のサンプルも送ってくれました
DSCN0666.jpg
↑これなら軽いからたてかけてもいいよ(←眠そうな海・・・)

ここしばらくあげていたうさぎの免疫強化サプリ「ビオネルジー」。
もののサイトに「シリンジで無理やり飲ませてでも与える価値がある」と
書かれていたのでがんばっていたし、実際かなり調子がいいのですが、
なんといっても気がちがったみたいに嫌がるんです・・・
シリンジから落ちる1滴ごとに首を振って、逃げようと必死になって。
いくら体に良くても毎日これではひどいストレスになってしまいます・・・

うさおさんは専門店さんにこの「うさぎのチカラ」を勧められたそうで、
ビオネルジーはそのままでは口にしない梵天ちゃんにあげると
ぽりぽりと食べてくれたのだそうです。
そして、もしかしたら海くんにもいいかも、とサンプルを送ってくださったのです!

どきどきしながら与えてみたところ・・・食べました!!!
わー、自分で食べてくれるとなんて楽なんでしょう

梵天ちゃんはこれを与え始めて3週間経つのですが、
下になっている目の様子が目に見えて改善されたのだそうです。
目に入らないようにまつげを抜く、という痛い辛い治療ともさようなら。



もちろん、薬ではなくサプリメントなので、
 改善が100%これのおかげ、とは言い切れず、
 またどの子に対しても効果があるとは言えないのですが。



注文したものはまだ届かないのですが、楽しみだな~。
それまではビオネルジーを2~3日おきに減らして与えています。

↓そして柔らかいジェルの入った冷え冷えマット
DSCN0670.jpg

うさおさんはいつかわたしが、転んで頭を打つと怖いから、
硬い冷え冷えグッズはもう使えない、と書いたのを覚えてくれていて、
この柔らかいマットを送ってくださったのです
涙が出るほど嬉しかったです・・・

↓おまけにはなこにまですてきなものが
DSCN0671.jpg
↑このうさぎのカップは・・・

↓口元にあてるとうさぎになれちゃうカップ
DSCN0672.jpg

たしかミカプルさん(coume´s Room)がお顔に当てたかわいい写真が
ブログに載っていましたよね?ってことは、おそろ~い

↓これはな~んだ?
DSCN0724.jpg

↓ぼくのえさ入れトイレ、お名前いりだよ!
DSCN0722.jpg
↑かっこいいでしょう!

↓3枚入っているので、海のケージにも貼ろうかな
DSCN0673.jpg
↑わたしのスマホにも貼っちゃおうかな

うさおさん、嬉しいものたくさんありがとう!!


お昼を過ぎてベランダに出てみたら、プラス3℃になっていました。
朝より7℃もあがってる!
そしてこれだけ違うとずいぶん暖かく感じられます。

むかし、マイナス40℃のシベリアで仕事をしていた人が
マイナス20℃のモスクワに行ったら暑くて暑くて、
帽子もコートもとってセーター一枚で歩いた、なんて話がありました。
そんなものなんですよね。



ねず捨て山

ドイツにはクリスマスのひと月ほどまえから、

↓こういうのを飾る習慣があります
51sM+CQHE5L.jpg
↑キリストの生誕場面の馬小屋

大抵はまず馬小屋のミニチュアがあって、
そのなかにマリアさまとヨゼフさま、牛や馬やひつじ飼いのお人形、
そしてキリストを拝みにきた東方の3人の博士たちのお人形。
24日クリスマスイブの晩に、飼い葉おけのなかに
赤ちゃんのキリストの人形を寝かせます。

友だちの家ではこれを屋根裏部屋に保管してあるのですが、
なんと最近ねずみが出るようになって、
この「3人の東方の博士たち」を食べてしまったのだそうです・・・

他にも夏服とか革の旅行かばんなどもかじられたそうですが
友だちは博士たちを食べたことをいちばん怒っていて、
屋根裏にねずみとりの罠をしかけたのです。
聖家族は食べなかったんだから偉いと思うけど・・・
(↑もしかすると敬意を払ったのかもしれないし)

うちから徒歩10分程度の農作業専門店に行けば
ねずみ用の罠は2~300円から買えます。
いちばん安いのは、板のうえに針金の罠がついたシンプルなもの。
しかるべきところを踏むと罠が跳ね上がり、
足やしっぽなどを挟む(というような生易しいものではないですが)タイプ。
もっと高価なものは小さなケージ状になっていて、
餌につられてねずみが入ると扉が閉まり、生け捕りにするタイプ。
友だちは当然こちらを購入。
なかにチョコレートを仕掛けて、これまでに9匹を捕獲。

捕まえたねずみを裏山に放しにいくのはご主人の役目なのですが、
ただいま出張で留守にしているため、
そして友だちはねずみが怖くて触れないため、
先日一緒に捨てに行きました。

↓罠ごとバケツのなかに入れて運びます
DSC_0407_convert_20150204184228.jpg
↑かわいいんだけど・・・

どうして捕まえても捕まえてもまだいるのかしら、と言う友だちに
同じのがまた戻ってくるのかも、博士たちがおいしくて、と言ったら、
捨てたあとしきりに後ろを気にしながら山をおりる友だち。
まさかついてきてないでしょうね、と言うので笑っちゃいました

この一家のおもしろいところは捕獲したねずみを全員写真に撮っていて、
カールとかオットーとかメラニーとか名前をつけて共有しているところ。
日本でいうLINE、こちらで主流なのはwhats Appというアプリなのですが、
これを使ってグループ(家族)全員が写真や文章を見られるんです。

この子↑は「カールⅡ世」になりました。

いま、本当に同じ子が戻ってきているのかどうか、
背中にインクで印をつけようか、というアイディアがあるのだそうです。
いいですね。日常生活をぞんぶんに楽しむって。

↓農作業専門店の事務所
DSC_0417_convert_20150204184657.jpg


はなこ地方、雪はつもるほどには降りませんが
毎日マイナスの風が吹いて寒いです。
それでも朝は明るくなるのが少し早くなりました!

春になってあたたかくなれば、
ねず捨て山のねずみたちも食べるものがたくさんあって
友だちの屋根裏に入り込むことはなくなるかもしれませんね。
博士たちの味が忘れられない場合を除けば。

↓外がいくら寒くても、家のなかには春のように幸せなうさぎ
DSCN0708.jpg

↓こんな姿を毎晩見られるわたしは
DSCN0709.jpg
↑外がどんなに寒くても仕事が大変でもお財布が空っぽでも


・・・・・以下略。