ドイツのサプリ(人間用)

ドイツ・はなこ地方ではお魚が手に入りにくいです。
ハイデルベルクなどちょっと大きな街に行けば、
積みあげた氷のうえに横たわるたくさんの切り身を
見ることができます・・・が、ほとんどは正体不明。
おそらく淡水魚なのでしょう。
おまけにあまり新鮮なようには見えない。

高価だし、おじさんは食べないし、調理法もよくわからないしで
お魚を食べる機会はぐぐーーーんと減りました。

お魚に含まれるDHAなどのオメガ3、体にいいんですよね。
コレステロール値を下げるし、脳卒中や動脈硬化を防ぎます。
日本ではお魚プラス亜麻仁油で作ったサラダドレッシングで
このオメガ3をふんだんに摂っていた・・・はずです。
それがいまではおそらく皆無に近いでしょう。

そこで!!
こんなときの強い味方、サプリメントを買ってきました!!

↓じゃじゃーん
DSCN1667_convert_20150630005144.jpg
↑どうでもいい画像なので小さいままで

サプリ、一般市民用とビーガン用があるんです。
オメガ3について言うと、一般用は鮭由来の原料を使用、
ビーガン用はこちら↑亜麻仁油を使用しています。
わたしは両方あったらビーガン用を買うことにしていますが、
普段の生活ではお肉もお魚も乳製品もいただきます。

さ、これで漠然とした生活習慣病への不安が多少軽減、
と思って ♪るるるるる と箱を開けてみたら・・・

・・・みたらですよ、奥さん!!!

↓座薬ですかっ!!??
DSCN1668_convert_20150630005201.jpg
↑重要な画像なので大きく

2・5cmはありますー

わたし、喉が細いのかなんなのか、
日本の標準的なサイズの錠剤でもよくひっかけるんです。
なのでこれは無理!無理すぎます!!

シャンプーは開けて匂いを確かめても、
さすがにこれは食品なので開けてみようとは思いませんでした。
次回からは見てから買わないとだめかも・・・

でも、そういえば以前買ったビタミンCのサプリメントも
大きすぎて飲めなくてふたつに割って飲んでいたのを忘れてました。

それはラムネ状だったので割ってもOKだったのですが、
このオメガ3はぶにぶにしたゴムみたいなものに包まれていて、
中身は液体。油です。
せっかく買ったので仕方なく噛んでつぶしてみました。。。
まずいけど、死ぬほどまずいというほどではないので
今後はこうして飲むようにします。
でも、口に残ったゴム状カプセルのほうはどうしたらいいんだ・・・

みなさま、欧州でサプリを買われる場合はご用心ください。

↓人間は大変なんだね
DSCN1650_convert_20150628025519.jpg
↑海のビタミン剤だって割ってつぶして大変だったのよ

↓ドイツ、怖いとこだね・・・
DSCN1649_convert_20150628025502.jpg
↑ホームシックになっちゃうよね


ちょっとまえに14℃になって要腹巻きだったはなこ地方。
今週末は40℃の予報が出ています。

はずれますようにはずれますようにはずれますように!!!

ご一緒にお祈りください。






スポンサーサイト

うさ友さんからの本

少しまえの話ですが、
うさ友くう姫さんがお勧めの本、「トラちゃん」を送ってくれました。

↓「トラちゃん」
DSCN1652_convert_20150628025443.jpg


これは、作家の群ようこさんが動物大好きなご両親と弟さんと、
たくさんのいろんな動物と暮らした日々を綴ったエッセイ。
登場人物は、
犬、ねこ、文鳥、インコ、十姉妹、モルモット、はつかねずみ。

群ようこさんのエッセイっておもしろいんですよね。
わたしは通勤電車のなかでひとり吹きだしそうになって
困ったことが何度もあります。
この「トラちゃん」も思わず笑ってしまうユーモアたっぷり、
動物たちと一緒の大騒ぎの毎日に共感したり微笑んだり、
ちょっと泣いたりしながら楽しく読める1冊です。

わたしの家にも、物心ついたころからヒト以外の生き物がいて、
ヒトしかいなかった時期なんてないんじゃないかと思います。
いぬ、モルモット、文鳥、インコ、金魚、やどかり、うさぎ・・・
それから、うちではなく祖父母の家にいた鶏。

このオスの鶏はたしか従弟が縁日で買ってきたひよこで、
飼えなくなったかなにかで祖父母宅に養子にきたもの。
わたしが中学生くらいのころ、よく一緒に遊んだんです。

庭にあった鶏小屋の戸を開けるとすごい勢いで飛びだしてきて、
まず足に飛びかかり、羽を広げてぶわぶわになりつつ
足の甲をがんがんつつくのです・・・
どうも 親愛の情 か 挨拶 か 再会の喜び を
表しているらしいのですが(←あくまで推測)
痛くてしかたないので靴を脱いでそばの塀に避難。
すると彼は残された靴を散々攻撃し、
気が済むと温和でフレンドリーな鶏に戻ります。

一緒にいると、鶏にもいろんな表情があるのがわかります。
お水がほしいときにはそういう顔をしたし、
嬉しいときや困惑したとき、楽しいときにはそういう顔をしました。
困惑した、というのは、わたしがブランコにのせたとき。
膝にのせて両手で抱えながらブランコをこぐと、
もう目を白黒させて困り果てていました。

楽しいときは、わたしと妹がボール遊びをしたとき。
危ないので鶏には塀のうえにいてもらいます。
彼は右へ左へ首を動かしてボールを追い、
どちらかが取りそこねてボールを転がしてしまうと
塀のうえで大きな羽をばーっと広げて「失敗ー!」と言うのです。
そのときの楽しそうな顔。

↓りんごとバナナの瓶詰めに夢中
DSCN1658_convert_20150628025540.jpg

↓おてて、すべっちゃうね
DSCN1660_convert_20150628031940.jpg

↓おいしいよ
DSCN1665_convert_20150628032000.jpg

そんな鶏のことをふと思い出したのは、
このエッセイのトップバッターが金魚のよしこちゃんだったから。
金魚も鶏も生き物はなんでも、
たくさんの時間を一緒に過ごせば表情って見えてくるんですよね。

なので、なにを考えてるのかさっぱりわからない昆虫類にも
いつかは喜びや悲しみの表情が見てとれるのでしょうか。
そこまで一緒に過ごす勇気はいまのところありませんが。

↓曇りの日に撮った午後7時の空
DSCN1646_convert_20150628025208.jpg
↑太陽がまだあんな位置に!!早く沈んでください!


題名を失念した群さんの別のエッセイに、
彼女のお母さんがうさぎを飼っていたエピソードがありました。
そのうさぎの名前が、おじさん っていうんです・・・

わたしは、そのうさぎの顔を見てみたかった・・・







海のお気に入り

先週の金曜日に買った美白化粧水、
使いはじめて今日で5日です。

手の甲にできたシミが薄くなった!、ということはないですが
やっぱりアレですね、それまでの激安化粧品とは違います。
顔も手もしっとりすべすべしてきました
シミが消えないまでも、新しいのができないでいてくれるといいな。

日本は湿度が高くてじめじめむしむしの暑さが辛いですが、
空気中に湿気があると、太陽光を分散してくれるみたいです。
湿度の低いドイツの太陽光線は殺人的です。
布団なんて炎天に干しておけば、数分で殺菌完了。
ドイツに来て2年。
シミ、ソバカスがかなりの勢いで増えました・・・
真夏の欧州旅行の際にはご用心ください。


最近、海のお気に入りがまた増えました

↓OXBOW ナチュラルサイエンスのサプリメント
DSCN1372_convert_20150513202129.jpg
↑うさ友さんにいただいたサンプルを海が気に入ってくれたので
 ソアホックにもいいかな、と思ってセールの際に購入しました

↓下についてるシルエットはうさぎ、モルモット、チンチラ
DSCN1644_convert_20150625184732.jpg
↑ねずみと亀 ・・・亀・・・ お肌がつやつやになるんでしょうか

それから、

↓ドラッグストアの自然食品コーナーに置いてある、
DSCN1645_convert_20150625184756.jpg
↑人間の離乳食みたいなやつ・・・りんご75%バナナ25%
 添加物一切なしの果物100%

海は目の色を変えて飛びつき、お皿を洗ったようにきれいにしてしまいました。
そこらへんのお店で手に入るもので、海が喜ぶものがあるのって嬉しいです。
ただ、これはうさぎにとっては大容量、
無添加なので開封後は冷蔵庫で2~3日といったところでしょうか。
9割は人間が食べないといけませんね。
うさぎ用に小分け希望!!(←無理)

大喜びで食べるものが少しでもたくさんある、ということは
病気になったときに大きな助けになります。
これ↑なんか、粉薬を混ぜても食べてくれそうですし。


昨日はさくらんぼを少しだけあげました。

↓まだ食べちゃだめよ見るだけよ
DSCN1606_convert_20150625030955.jpg
↑いま小さく切ってあげるからね


↓消化が良くないので、ほんのちょっぴりです
DSCN1611_convert_20150625031021.jpg
↑エンセで食欲皆無だったときにも喜んで食べたさくらんぼ

↓なぜお皿の上で食べてくれないのか・・・
DSCN1625_convert_20150625031051.jpg
↑敷いたばかりの毛布、このあとすぐ洗うはめに

↓もうない・・・
DSCN1640_convert_20150625031110.jpg

↓お皿の上で食べてれば、その汁も飲めたのにねぇ
DSCN1641_convert_20150625031125.jpg


以前、オーストラリアに旅行に行った人から恐ろしい話を聞きました。
紫外線の強い地への旅行に際して、
その人は紫外線対策ばっちり完全防備で出かけました。
SPF値の高い日焼け止め、長袖の服、つばの広い帽子、日傘。
しかし、渡航前には考えもしなかった唯一の盲点は、唇。
乾燥防止のリップクリームはつけていましたが、
それは日焼け止め効果のないものでした。
結果、唇は焼けただれ、火ぶくれができてひどい目に遭ったのだとか。

↓ぼく、なにもしてないのに色白なのに
DSCN1642_convert_20150625031141.jpg
↑人間は大変なんだね


あなたがそうやっていつも幸せにぐーたらしていられるように、
はなこは外でも労働しますよ、喜んで。
でも、次回のお給料ではちゃんとしたリップクリーム買ってもいい?







ひとりショッピングといちごの葉

前回も書きましたが、
先週の金曜日はハイデルベルクでの家事手伝いがお休みでした。
お手伝いの日はゆっくりできる自分の時間はないので、
この金曜日にはお買いもの&のんびりタイムのために
ハイデルベルクに行ってきました。

いつもはしないお洒落をして、
ワンピースとサンダルで出かけようと思っていたのに
その日は18℃。曇りときどき雨。
残念だったけど、地味に変更して出かけました。

↓ハイデルベルク名所を巡る観光バス
DSC_0322_convert_20150621204155.jpg
↑屋根なしです
 乗っていたアメリカ人たちは全員寒そうに縮んでいました

↓観光名所のひとつ聖霊教会まえの広場には
DSC_0324+(1)_convert_20150621204259.jpg
↑寒いのにカフェのテーブルと椅子が並んでいました
 椅子にかかっている赤や青の毛布はひざ掛け用です
 そこまでして外でお茶する意味って・・・

↓古い、由緒正しい建物も
DSC_0325_convert_20150621204409.jpg
↑現実的なスーパーマーケットです

↓いろんなお店が並ぶ歩行者天国
DSC_0329_convert_20150621204511.jpg
↑みんな一気に秋の装い・・・

この大通りには日本にもある有名ブランドのお店を始め、
おしゃれですてきなお店がたくさん並んでいます。
はなこ村でお洒落をしても、
見てくれるのはヤギとニワトリ、
ランニングシャツ1枚で畑作業しているおじいちゃんくらいですが、
ここは都会でお洒落な人もたくさん歩いているので
きれいな服を着ていく甲斐もあるのです。

はなこ村にあるのはパン屋さんと雑貨屋兼郵便局、
最低限の日用品を並べる小さなスーパーマーケットくらいで、
唯一ある衣料品店はなぜかランジェリーショップ。
平均年齢のかなり高い村で、こんなランジェリーを誰が買うのか・・・
ウインドウに飾られている品を見る限りかなり濃厚なので
若い人向きではないよね、おばあちゃんってこともないよね、と
まえを通るたびにどうしても悩むのです。

これから紫外線が悪魔的に強力になる季節。
わたしとしてはかーなーり思いきったお値段の
美白化粧水を買いました。
あと、わあ、すてきなスカートというのを見つけたのですが、
お値段以前にサイズが・・・
首の下で着ればちょうど足首までの丈になる・・・かも・・・むなしすぎる。
まあ、そんなわけで、思う存分ひとり時間、たっぷり楽しみました

今日(日曜日)はおじさんが実家に行って、
海にいちごと葉っぱをたくさん持って帰ってきてくれました ←?

↓爆睡していた海の鼻先で葉っぱをはたはたさせてみたら・・・
DSCN1601_convert_20150621222321.jpg

↓目を覚ますなりお目目全開の良いお顔にw
DSCN1603_convert_20150621222352.jpg

↓手からちょっとずつ食べてほしかったのに
DSCN1604_convert_20150621222418.jpg

↓奪い取って食べる海
DSCN1605_convert_20150621222440.jpg
↑しかも向こうむき。撮影拒否ですか?

大喜びで食べるうさぎの姿、嬉しいものです
今日のこの姿だけで、海は一生どころか三生分くらいの
親孝行をすでにしています。尊い、尊い存在です。

前回も大好評だったうさぎのおやつ「乾燥葛の葉」、
保護うさぎのためのチャリティショップさんで今季の発売が開始されます!!

自然のものなので、いつでもほしいときに買えるわけではない葛の葉、
うさぎさんが喜ぶのでリピーターさんが多い葛の葉。

明日6月22日12時より販売開始 です。

海も大好きで、病気のときもこれだけは口にしてくれた葛の葉。
早起きして買わなくては・・・。

kuzunoha2015.jpg






ソロモンの指輪

ご存知のかたも多いと思いますが、
ローレンツ博士の著作に「ソロモンの指輪」というのがあります。
動物行動学入門という副題がついていますがちっとも難しいものではなく、
むしろ良質の動物エッセイといった感じでしょうか。
大好きで一生手元に置いておきたい本のうちの1冊です。

このなかに「ガンの子マルティナ」という章があります。
読んだことがない方のために簡単に要約すると、
孵化の瞬間にそばにいて、
ハイイロガンの生まれたての雛に母親と認識されてしまった博士が
その興味深い観察記録と苦労の日々を愛情こめて綴ったもの。

ガンの雛というのは常に鳴き声を発して
母親がそばにいるかどうかを確認するのだそうです。
その「そこにいる?」という問いに対してすぐに答えてやらないと
雛はひとりぼっちにされたと思ってわっと泣き始めるのだそうです。

その問いがくるのは、夜中なら1時間ごと。
1時間ごとにハイイロガン語で「ガガガ」と答えないといけない。
ローレンツ博士は苦労と憔悴の日々の果てについに
目を覚ますことなく「ガガガ」ということを覚えたそうです。


↓頭だけクールマットにのせてくつろぐ海
DSCN1532_convert_20150618185636.jpg
↑ヒーターは電源OFFになっています

↓カバーは洗い替え用に作ったものです
DSCN1530_convert_20150618185609.jpg
↑ワッフル生地を使ったところ、ひんやり感が薄く(?)なってしまいました・・・
 普通の薄手の生地のほうがよかったみたい


海は相変わらずわたしを呼ぶときにはヒーターを使います。
このヒーターのコードをひっぱる「ガガガ」に対して
わたしも最近目を覚まさないで返事をしていることに気づきました!!

あるとき、自分の声で目が覚めたんです。
海に「もうちょっと待ってて」「あと30分静かにしてて」と言う声。
しかも、だんだんと浮上してきた意識のなかで気づいたのは、
口を閉じたまま声だけ出している、恐ろしい自分の姿。
体を(口も舌も)動かすことなく、声だけ出している姿。

見ると海はヒーターを手前に倒してこちらを見ており、
一度ならず呼んだことがわかりました。
海は「ちょっと待ってて」などと言うとしばらく静かになるんです。
まさかそれを目を覚ますことなく言っているとは思いませんでした・・・
博士と同じです。なんか嬉しいです

この本にはうさぎは(数行しか)出てきませんが、
主に鳥たちと博士の交流がとても感動的で楽しいです。
ローレンツ博士のことがまちがいなく大好きになっちゃいます。


ドイツ・はなこ地方本日は雨で21℃。
海部屋の室温は24℃と昨日と変わっていないのに
なんとなくうすら寒く感じるのはうす暗いせいでしょうか。

海は夏仕様の秘密基地まえくつろぎスペースを出て、
おやつ棚まえに敷いてある毛布のうえでお昼寝しています。


↓写真を撮るはなこがうざいけど、眠くて動けない・・・
DSC_0256_convert_20150531222255.jpg

↓いちごさん、もっとたくさんほしいです(←夢のなか)
DSC_0259_convert_20150531222357.jpg


明日は金曜日のお手伝い仕事がお休みなので、
ゆっくりのんびりお買い物をしようと思っているんです。
たまにはきれいなお洋服を着て。
(↑いつも仕事着なので)
でも明日も雨なのかな。
予報は18℃だけど、予定していた服では寒いかな・・・残念。



金曜日のはなし

飼い主はなこは毎週金曜日にハイデルベルクへ行っています。
むかしホームステイしていたおうちで家事手伝いをしてるんです。
ご夫婦は当時からお年寄りでしたが、
いまはお年寄り度がさらにアップして、
4階建ての大きなおうちの管理に苦労しているのです。

お駄賃をいただいてます。
これで海のおやつを買うのがささやかな喜び。

ハイデルベルクははなこ村から25km。
乗ってしまえば電車で30分ほどの大きな街です。
日本では、電車到着の1分まえに駅に着いていれば十分ですが
ここでは10分ほどまえに着かなければなりません。
その理由は切符を買う自動券売機。

↓2年まえに妹が撮った券売機画像はなこつき
2013_0715_230304-P1010168[1]_convert_20150426220009
↑これはハイデルベルクの駅です

はなこ村駅にはこれが屋根もないホームに1台だけあります。
屋根がないため、雨の日は傘をさして、
晴れている日は画面に太陽が反射してまったく見えず。
切符を買うには、タッチパネルの画面に出てくるキーボードで
行き先駅名を入力しないといけません。
感度の悪いキーもあったりして、ただでさえ時間がかかる。
しかもお金をぴったり入れても受け付けてくれず、
理由も言わずに返してくる・・・
無人駅なので、文句をいう相手も相談する相手もいません。
本当に無駄に時間がかかってしまうのです。

いつもの仕事より留守時間が長いので、
夏場は海が心配で心配で、
来週からはもう秋まで行かない、と毎週決心しています。
なぜか毎週金曜日に限って猛暑になるし!!
でも、人のいい老夫婦ににこにこと「来週も来てくれる?」
なんて言われると・・・わたしの意志って水銀のように軟弱。

↓そんな海に強い味方、やわらかいクールマット
DSCN1566_convert_20150615013034.jpg
↑サイズ比較モデルははなこスマホ

ときどきバランスを崩して勢いよく転んでしまう海には
石などの硬いひんやりグッズは怖くて使えません。
それを知ったうさ友うさおさんが、
やわらかくてあらかじめ冷やす必要のないこれを
送ってくださったのです。

とても快適なんです、これ
ひんやりがとても心地よくて、しかもいつまでも持続する。
冷やすタイプのものだと、時間が経つとぬるくなっちゃいますけど、
これはいつまでもじんわり涼しい感触。
海はいまのところ頭だけのせてひんやりを楽しんでいます。


↓お野菜をもりもり食べ
DSCN1574_convert_20150615013309.jpg

↓クリスマスカードの冬景色を眺め
DSCN1579_convert_20150615013331.jpg

↓秘密基地にひきこもり
DSCN1569_convert_20150615013057.jpg
↑元気に過ごしています


ハイデルベルクは大きな街でお店もいっぱいあります。
このまえは路面電車でペットショップに行って、
海の大好きなおやつを買いました!
いつもの乾燥にんじん葉と乾燥たんぽぽのほかに

↓オーツ麦の葉っぱ
DSCN1589_convert_20150615013402.jpg
↑すごく青々していていいにおいです
 海は喜んでくれました


ハイデルベルク駅はさすがに大きいので券売機も何台もあります。
でもここは日本でいう京都や鎌倉のような観光地。
外国人旅行者が多いんです。
入力する行き先駅のスペルがよくわからない、とか、
片道往復1日周遊切符など何種類もある切符の
自分の場合どれを買えば得になるのかわからない、とか、
外国人の後ろに並んでしまうとこれまた時間がかかって・・・
(↑自分も外国人のくせに)
1秒差で電車が行ってしまい、30分以上待つことしばしば

ハイデルベルクには仕事の選択肢もあれこれあるけど、
これがあるからどうしても村の職場から離れられないわたし。

30分の距離なのに、ぜったい30分じゃ行き来できないんだもん!


ボディローション

ドイツは空気が乾燥しているので、特に冬はすごいです。
夏になってもかなりすごいです。
なにがすごいって、手や膝、踵のがさがさ度が。
もちろん、腕や脛、腿のかさかさ度も。

手や踵は寝るまえにハンドクリームをすりこみますが、
腕や足など面積の広いところは伸びのいいローションがほしい。
ところがドイツのボディケア用品って
全体的に香料が強いものが多いんです。
全メーカーを試したわけではないですが、
優しい香りのものにはなかなか出会えません。

無香料である必要はないんです。
でも、鼻が曲がるほど(←主観)匂うのはこまる。
つけて布団に入ってから花の香りにうなされるのは困るんです。

↓ぼくも匂いはないほうが嬉しいです
DSCN1544_convert_20150610180859.jpg

↓今日のブロッコリーは食べてあげてもいいよ
DSCN1545_convert_20150610180931.jpg

話は変わって500年まえに初めてドイツに来たとき、
スーパーのカートに土足の子どもを乗せているのを見て驚きました。
子どもを座らせる部分がちゃんとついてるのに、
食品を入れるところに、食品と一緒に乗せていたんです。

周りのドイツ人たちに
信じられない!あんな不衛生で自己中心的なこと、
日本人ならぜったいにやらない!!と叫んだものでした。が。
それから数年経ったら、日本でも見かけるようになりました・・

話は戻って、このまえ外国のドラッグストアで
商品のシャンプーのフタを開けてにおいを確かめてる人がいて、
信じられない!あんな不衛生なこと日本人ならぜったい以下略
と、ある日本人がどこかに書いているのを見かけました。

で、わたしはこれやってます・・・
だって買ってから匂いのせいで使えなかったら困りますから。
つまりアレですね、
カートの件も、わたしには何か言う権利はないんざますね・・・

そうして恥を忍んで嗅ぎまくった結果、
やっと「これなら!」と思う香りのボディローションを発見!!

↓コレ
DSCN1528_convert_20150610182736.jpg
↑背景はうさぎのクッションです

匂いのやわらかなもの、刺激の少ないものがほしかったら
ベビー用品コーナーへ行くしかないようですね。


36℃の灼熱地獄から毎日少しずつ気温が下がって
今日は最高気温24℃。
海部屋は23℃弱です。

海部屋が25℃を超えた週末にはぐでーんとしてた海ですが
涼しくなったとたん復活して超元気!

↓いくぞー!
DSCN1551_convert_20150610181004.jpg

↓ばびゅーん!
DSCN1549_convert_20150610180822.jpg

↓ひゃっほー!
DSCN1550_convert_20150610180837.jpg

↓どう?ぼく、かっこいい?
DSCN1555_convert_20150610180758.jpg

かっこいいよ、海!
かっこいいけど、でも・・・

↓しっぽの付け根にうんちがwww
DSCN1558_convert_20150610180739.jpg
↑どうやってつけたんでしょうね?


しょっちゅう内容が変わるので信用できない天気予報は
金曜日にはまた34℃まで上がると申しております。
36℃だったのも金曜日。なぜ毎回金曜日。

そして来週半ばには18℃になるそうな。

いいところだけ信用したいけど、
悪いところだけ当たるような気がする。





禿げ海

先週の木曜日から日差しがぐりぐりになって、
金曜日には36℃、快晴、
土曜日も引き続き猛暑、
今日、日曜日になってやっと多少ましになりました。

なんでましかって、雲があるんですよ!
雲があるのとないのとでは、ものすごーく違うんです。
日なたはくそ暑いけど、風は涼しいのも嬉しい。

今日は午前中の涼しい時間に海をベランダのテーブルにのせて
徹底的にブラッシングしました。
少しでも毛を減らして、快適に過ごしてもらうために。

頭が左に傾いた海は、顔の左半分に毛がたまりがち。
右のように自然に抜け落ちないんだと思います。
手で首を支えてほっぺの毛を軽く引っぱると、
もう束になってごっそり抜けてきます。
耳のつけ根あたりが特によく抜けるので、
抜けば抜くほど風通しがよくなるだろうとがんばった結果・・・

↓禿げました
DSCN1526_convert_20150607190637.jpg

↓禿げてしまいました
DSCN1523_convert_20150607190620.jpg

思いきり地肌が見えています。
もちろん、無理に引き抜いたわけじゃないんですよ
こんなに抜けちゃうなんて皮膚病の可能性が!?と思いましたが、
見えている肌はきれいな色で健康そのものです。

↓なにじろじろ見てるの?
DSCN1514_convert_20150607190704.jpg

幸い本人は気づいていませんので、永遠に黙っていようと思います。


先週、おじさんご実家に行った際、庭のいちごをいただいてきました。
お義父さんは趣味でお庭で野菜を作っていて、
いまの時季、かわいい赤いいちごが実っているんです。
売り物とちがって完全に熟してから摘むので甘いです。
海は大喜び(ええ、海のためにいただいてきたんです)

↓きれいに実を食べ
DSCN1505_convert_20150607194621.jpg
↑器用にヘタだけ残してあります(ブロッコリーも・・)

いちごの葉っぱを食べるうさぎの写真を見たので
試しにもらってきて海にもあげてみたのですが、
すぐに喜んで食べました!
ヘタは残すのに葉っぱはOKって、よくわかりませんが・・・

禿げたからブラッシングしたからさっぱりしたでしょ、海
DSCN1484_convert_20150531221120.jpg
↑ひんやりしたマットのうえが気持ちいいね、海

外が猛暑でも海部屋は25℃前後。
それでも先週の初めと比べると急に2℃あがっているので
海はごろごろしている時間が多いです。
体が慣れるまではちょっと辛いかもね(人間もですが)

一番いい季節の冬(とおまけのシッポ、春)がついに去り、
とうとう夏がやってきました~・・・(←すでに気力減退)
夏支度、始めないと。






そろそろ衣替え

じわじわと暑くなってきました、はなこ地方。
明日は36℃の予報です。
あまり信用できる天気予報ではないのですが。
なんたって情報が毎日朝と夜とで変わってるし、
別のチャンネルでは33℃って言ってるし。

そして職場のシフトミスにより、
わたしは1週間お休みになりました
もちろん、その仕返し(?)は来月来るのですが。
でもおじさんは仕事なので自分だけの時間だし、
すごーく豊かな気持ちになって嬉しいです!
お友だちにいただいたDVD「マレフィセント」を
お菓子とお茶を用意して海と一緒に見るんだうふふ

海のケージ内、海部屋も夏仕様に模様替え、
わたしのたんすの中身も夏物に入れ替えなくては。
やることはいろいろあります。


↓これ、ぼくの?
DSCN1460_convert_20150531221144.jpg
↑日本から海に届いた、愛情手作り乾燥野菜
 最近食欲旺盛な海に嬉しい贈りものです

それから、
うさ友くう姫さん(うさぎのブルちゃんファミリー)から敷きものが。
左に頭が傾いた海の右足が右にすべってしまう話を聞いて、
キルティングなら凹凸があるからだいじょうぶなんじゃないかと
きれいなマットを送ってくれたんです

↓縁が青に水玉、海にぴったりの模様
DSCN1474_convert_20150531221426.jpg
↑ひんやりした生地なので、夏は気持ちよさそうです

↓そしてこれは・・・
DSCN1491_convert_20150531220906.jpg
↑!!!

海・・・
こんなマットのうえでごろ寝やお食事だなんて、どこの王侯貴族様!? 
明らかに飼い主より格上ですwww
海、嬉しいね。
いつも海が暮らしやすいように、気持ちよく過ごせるようにと
考えてくれる人がたくさんいて、幸せだね。


先々週に行ったドイツのお葬式について書こうと思っていたのでした。
勝手がわからないので、なにか間違えたらどうしようと
緊張しながら行ったのですが・・・日本のほうがよっぽど複雑でした。

服装、黒の薄手のセーターとスカートをひっぱり出したのですが
これはセットではなく素材も黒の色あいも微妙~にちがったんです。
黒バッグは先々代うさぎにかじられた跡だらけだしw
失礼じゃなかろうかと。

ところが全然そんなことありませんでした!
基本、黒でさえあれば素材はなんでもいいようで、
フリース、綿100%、ジーンズ、靴はウォーキングシューズ、と
なんでもありでした
しかも胸元に銀のスパンコールがびっしりついてるものとか、
全体に銀のラメが入っていて、
動くたびに銀のさざ波が走るカーディガンとか。

さらにぜったいに黒でなくてもいいようで、
紺色のデニムの人やグレーのTシャツの人もいました・・・
髪の毛も髪留めも靴もストッキングも、
顔と手以外真っ黒のわたしは十分すぎるほど黒かったみたいです。
服装より、参列する気持ちのほうが大事なんですね、きっと。


↓冬毛布でのお食事もこれでおしまい
DSC_0280_convert_20150603024819.jpg

↓タオルはむかしまみちゃんにもらったおみやげ
DSC_0282_convert_20150603025101.jpg

↓そして食べ終わったあとは
DSC_0290_convert_20150603025222.jpg

↓掘ります!
DSC_0299_convert_20150603025512.jpg

↓齧ります!
DSC_0301_convert_20150603025613.jpg

↓食後の運動だよ
DSC_0297_convert_20150603025328.jpg
↑ブロッコリーが残ってますよ、うさぎ様

不思議ですよね。
ブロッコリー、株によって食べたり食べなかったりするんです。
わたしが(茹でて)食べても味は変わらないのに
なにかが違うんでしょうか・・・今回のは気に入らなかったのね


今日は祝日。
これからおじさん実家に行ってきます。
ご家族のほとんどが超ヘビースモーカーなので、
服にも髪にもにおいがついてしまうのがなのです。
そんなわけで毎回、あとはもう洗うだけ、の
野良仕事の服みたいなので行くので
「はなこはちゃんとした服を持ってないのかしら」と思われてるかも。

ふ。
いいのよ、それで。
なんたって海より格下だから(←関係なし)








海さんピアス

おとといも昨日も地震がありましたね、日本。

わたしのスマホには地震速報が入るんです。
(って、自分で設定したに違いないんですが)
それが、真っ黒な画面に白抜き文字で

地震発生 最大震度5強

って出るんですが、
これ、夜中に真っ暗な部屋で見るとものすご~く怖いんです
なんかアレですよ、「恐怖新聞」(古)みたいな感じなんです。
昼間見たって怖いのに・・・
もうちょっとデザインを工夫してもらえると嬉しいかも。
ニュースを開かないとどこが震源かわからないのも怖いです。

「恐怖新聞」と言っても、
わたしは子どものころから怖がりだったので
チラ見しただけでまともに読んだことはないのですが、
なぜ、ただでさえ怖い歯医者さんの待合室に
そんな恐ろしい漫画が置いてあったのか謎ですね。
これに比べれば虫歯治療のほうがましだ、と思わせる
心理的な効果でもあったんでしょうか。

ちなみに、ドイツでは病院や歯医者の待合室にあるのは
健康関連の雑誌、心安らぐ自然の写真雑誌、
ゴシップ満載女性週刊誌、子ども用の絵本などがあるだけで
漫画は置かれていません。

なんの話だかわからなくなってしまいましたが、
海さんは元気です。

↓・・・元気です
DSCN1486_convert_20150531221101.jpg

そろそろ暖かくなってきたので添い寝を嫌がるようになりました。
ベッドで寝ていても、すぐに起きて枕を掘りはじめます。
「下ろして」の合図です。
寝てるのにあきちゃったのかな、それともおしっこかな、
と思って下ろすと、今度は床のうえに転がって寝てます・・・

↓そろそろ毛布もしまわなきゃね
DSCN1487_convert_20150531221041.jpg
↑ボールで遊ぶ夢を見られるの?


先日、うさ友のみあさん(milkyway-mia)から、
すてきな手作りピアスが届きました

↓海ピアス
DSCN1373_convert_20150513202205.jpg

海の写真を印刷したものを使っているそうです。
こんなのできちゃうんですねー!すごい!

↓他にもうさぎさんモチーフのものを何点も送ってくれました
DSCN1492_convert_20150531220848.jpg
↑今度お出かけするときは、どれをつけていこうかな

↓ぼくをつけてって!
DSCN1488_convert_20150531221002.jpg
↑一緒にいくよ!

↓で、待ってるんですけど
DSCN1490_convert_20150531220930.jpg
↑目が覚めたら次はご飯

みあちゃん、本当にありがとう

ところでドイツは地震のない国ですが、まったくないわけではないんです。
10年以上まえの話ですが、北のほうで震度2の地震があり、
大騒ぎになったことがあったんです。
ただ基本的には地震のない国ですので、
普段の暮らしが地震をまったく想定外に置いてるんです。
お皿なんて、棚のうえ、壁にたてかけて飾ってありますし。

実際、うちも2m以上ある棚のうえに、
使っていないお鍋やケーキの焼き型などを思いきり積んであります。
おじさんの仕業ですが、棚からはみだして積んであります。
震度2あればじゅうぶん雪崩化するでしょう。
そのときおじさんが下にいたら、
地震に慣れていないドイツ人のこと、
ん、いまのなに!?などと固まっているうちにお鍋が直撃w

いえ、別に笑い事じゃないんですけどね・・・



    お知らせ


保護うさぎのためのチャリティショップさんにて、
前回大好評であっという間に完売となったusa-feさんのエコバッグ、
陶器作家GAJUMARUUSAGIさんの陶器マグネットが販売されます。

今回は、結石と闘うひなちゃんのために。
治療が長期に渡る可能性があるため、
今回の売り上げは100%ひなちゃんの医療費になります。

みなさまのご支援をお願いいたします。
入荷は6月3日を予定しています。

hina1506.jpg

ひなちゃん、がんばれ!
海と一緒に遠くから応援しているよ!


ひなちゃんについて、
詳しくは沖縄うさぎブログ十兎十色をご覧ください。