うさぎグッズめぐり

雨の水曜日。

うさ奈さんと、最後のイースターうさグッズ巡りをした日は
ドイツ人でさえ傘をさすほどの本格的な雨でした。

ドイツ人ってちょっとの雨では傘ささないんです。
濡れて歩くか、フードかぶって歩く。
なので外を見てドイツ人が傘をさしていたらこれはもう
「かなり降ってるな・・・」ってことになるんです。

復活祭の祝日は金曜日から月曜日まで。
そのあと、イースターグッズは値引きされるので
(お店によっては直前から安くしてるのかも)
しかも火曜日は用事があって行かれなかったので
かなり降っていたけど出かけました!
10時半にいつもの場所で待ち合わせです。

最初に見たお店にはもうチョコレートやお菓子以外
ほとんど残っていなかったので、
遅かったか・・とがっかりしかけたのですが、
そのあとはあちこちのお店に

SALE

50%OFF


と表示された、
それはそれは輝かしいイースターグッズコーナー!!
を見つけることができました!!

雑貨店DEPOTでは、
狙っていたものをいくつか半額でゲット。
その他にもたくさん買っちゃいました
なんたって半額ですからね!
もちろん、狙っていたけどすでに売り切れ、なんてのも。
ここは運ですから、仕方ないですね。

↓DEPOTでお会計中のうさ奈さん盗撮w
DSC_0198_convert_20160331024043.jpg

ここでわたしが買ったのは・・・

↓壁飾り、というか、絵というか
IMG_0517_convert_20160331162952.jpg
↑シルエットがぴょんさんぽいので狙ってたんです

↓キャンドルのいれもの
IMG_0512_convert_20160331025711.jpg

↓小物用のお皿
IMG_0505_convert_20160331025100.jpg
↑アクセサリーをのせました

↓ガラスのオーナメント(手前)
IMG_0508_convert_20160331025438.jpg
↑後ろは壁飾りです


イースターのまえにもうさ奈さんとお買いものに行きましたが、
そのときは「これかわいいですよねー」とか
「あっちにこんなのもありましたよ」なんて、
テンション高くわくわくと女子らしく(?)楽しみました。

が、

今回は50%の札に歓喜しつつも
なにやらふたりとも表面からは見えない
マグマのような煮えたぎる無言の情熱をもって
ひたすらグッズを買いものかごに入れまくっていたようなw
目が血走っていたかもしれませんwww

途中、わたしの元同僚に教えてもらった
安くておいしいというメキシコ料理のレストランでランチ。

メキシコ料理なんですけど、
わたしが頼んだのはトマトとバジルのスパゲティ。
(↑典型的なイタリア料理)
うさ奈さんはサラダとポテトつきのシュニッツェル。
(↑典型的なドイツ料理)

↓これ
DSC_0207_convert_20160331024523.jpg

シュニッツェルというのは要するにカツなんですけど、
日本のと違ってお肉を叩いて薄くしてあって、
多めの油かバターで焼いたもので、揚げてはいないんです。

ここではなこはピーチ味の甘すぎるアイスティーを、
うさ奈さんはビールを飲みました

↓背後のメキシカンな謎のオブジェに
DSC_0204_convert_20160331024358.jpg
↑ビールを分けてあげる嬉しそうなうさ奈さん


ごはんを食べて、座って休憩して
エネルギーを充電してからショッピング後半に突入です!

長くなるので後半はパート2にて。


↓はなこ、帰ってきたときのその姿、なに・・・
IMG_6408_convert_20160331030902.jpg
↑行商のおばさんかと思ったよ




スポンサーサイト

夏時間

雨で寒くてじめじめした復活祭が終わって
同時に夏時間になりました。
時計の針を1時間進めるんです。

そうすることで朝はこれまでよりうす暗く、
夜は1時間分長く明るくなるわけです。

だからなんだ、って気がしますけど(←厭世的)


↓新聞にもうさぎさんが載ってましたよ♪
IMG_0498_convert_20160328202550.jpg

↓左の写真はチョコレートうさぎです
IMG_0499_convert_20160328202627.jpg

↓左には「サマータイムになります」のお知らせが
IMG_0497_convert_20160328202522.jpg


復活祭のお祝いなので、チューリップを買ってきました

↓黄色いのと白いの
IMG_0503_convert_20160328203008.jpg
↑なんてかわいいんでしょうねぇ

ところで、お花ってやっぱり生きてるんですね。
花びらも葉もひんやりしてるけど、
無機物の冷たさとはちがう、ほんのり温かみのあるひんやり。

そして、さすがに生きているだけあって
けっこう動くんですね!ちょっとびっくりしました。
もちろん、ヒトの目にわかるような動きではないんだけど、

↓棚のうえの3本のチューリップさんたち
IMG_0504_convert_20160328202939.jpg


この人たちが、数時間おいて見ると、
位置が変わっていたり前後が入れ替わっていたり。
ほんとにけっこう動いてるんですよーへえー。

↓お友だちに配るうさぎクッキーを焼きましたよ
IMG_0500_convert_20160328202655.jpg

↓バターの染みたクッキングシートがかわいくて困る
IMG_0501_convert_20160328202721.jpg

復活祭。
半年目の命日。
海はうちに帰ってきてたかな。
一緒にお祝いしてくれてたかな。

↓ぼく、ここに転がってたのに
DSCN0415_convert_20160328202342.jpg

↓見えなかったの!? はなこ、まだまだだね
DSCN0376_convert_20160328202246.jpg



これからはわたしのことを「ゆーみー」と呼ぶ、
と宣言した同僚ですが、昨日「ゆーみー」と言っているところに
彼女の上司であるドイツ人同僚Sが通りかかり
「はなこでしょ、簡単なのになんで覚えられないの、はなこよ!」
と言われておりました。

その数時間後、Sさんは
ここで12年近く働いているトルコ人同僚に向かって
「えーと、あなたなんていったかしら・・・ちょっと来てくれる・・・」
と、なんとか威厳を保とうと姿勢を正して呼びかけていました。

12年・・・みんなすごいな。




あたらしい名前

聖金曜日。
雨で暗くてしめしめしています。
それでも、湿った空気には春の匂いが混ざっています。
緑の草の匂い。
昨日、近所で広範囲草刈りをしていたせいかも。
ドイツは今日から月曜日まで4連休です。

わたしの仕事は年中無休なんですけどね。

いまの職場は家から車で10分弱。
仕事は午前中の4時間だけなので、
海がいたときはすばらしく理想的な職場でした。
心配なことがあるときには
15分休みに一度帰宅することもできましたから。
(ええ、スピード違反すると15分でも往復できるんです)

ここに勤めはじめて2年が経ちました。
ところで、ここの職員のひとり、50代の女性が
わたしの名前を2年経っても覚えないんです・・・

職種が違うので、毎回顔をあわせるわけではありません。
外国人の名前が覚えにくいのもわかります。
それにしてもね・・・2年だし、「はなこ」は短いのに・・・

この人は、カザフスタン人の同僚の名前も覚えられず、
いつも勝手に「オルガ」って呼んでるんです。
「ロシア風の名前といったら、オルガ」という理由から。
その同僚の本当の名前は「ナタリア」といって
ドイツ人にもなじみやすい名前だと思うんですけど、
それなら日本人の名前はさらに難しいのかも・・・かも・・・?

そして、昨日ついに宣言されました。
あなたの名前、ちっとも覚えられないから、
今後は「ゆーみー」って呼ぶことにしたから!と。

これまでは「あのー」とか「ねえ、ちょっと」などと言っていたのを
これからは「ゆーみー」にするから、と。
なんとなくアジアっぽい響きだから、という理由で。

・・・・・・・そうですかね・・・・・・?
「ゆーみー」が・・・?


そんなわけで、はなこ、昨日からゆーみーです・・・www


↓身長30cm近いうさぎのチョコレート
DSC_0164_convert_20160306001148.jpg
↑こんなすてき(?)なものが見られるのもあと少し


来週は、イースターグッズプライスダウンを狙って
街に出ようと思います!



    おしらせ 

保護うさぎのためのチャリティショップさんにて、
近日中に新商品うさぎ柄のマスクケースが発売されます!

ハンドメイドうさグッズ作家usa-feさんのかわいいマスクケース。
これがあれば花粉症の季節も心楽しく過ごせちゃいそうです







まだまだ寒いです

まだまだ寒いです、ドイツ・はなこ地方。

朝は2℃とか3℃、
日中でも10℃いかない日が続いています。
曇天の毎日。春まであともうすこし。

日本から戻ってひと月が過ぎました。
仕事に行って買いものに行って家事をする、
いつもの日常です。

猫飼いのお友だちのうちに遊びに行ったり、
お友だちの息子さんの出るお芝居を見にいったり、
海がいなくなって以来ずっと行っていなかった
毎週金曜日夜の体操に復帰したりと
楽しいことがないわけではないのだけど、なんか・・・

 ・・・別におもしろい話でもないしね、

といううす暗い気分が脳の9割を占めていて
ブログテンション(←?)が低迷しておりました。

今月末で半年、というのが大きいかも。

なんででしょうね、
どうしてか、半年とか1年っていう区切りは
3ヶ月半とか125日とかよりずっと空洞感が大きい。
もう半年も経っちゃうのか・・・

おとといの土曜日、
薄氷の寒さのなか大きなお花屋さんに行ってきました。

イースターまえ最後の週末だからなのか、
大きな店内はすごい人。レジも長蛇の列。

↓イースターに春の花はつきものです
DSC_0191_convert_20160321180505.jpg

↓入り口ではうさぎさんが居眠りしてましたw
DSC_0188+(1)_convert_20160321180120.jpg

このうさぎさん、大きないびきをかいて寝ているんです。
電池で、いびきに合わせてお腹が上下しています(笑)

↓頭上にもイースターらしいデコレーションが
DSC_0189_convert_20160321180226.jpg

↓セットのお花は贈りものに喜ばれるようです
DSC_0190_convert_20160321180338.jpg

・・・!!
わたしも友だちへの贈りものを今週中に用意しなくちゃ!

↓明るく楽しい色彩のガーデンデコ
DSC_0192_convert_20160321180646.jpg

DSC_0193_convert_20160321180830.jpg


このあと、おじさんの希望で街を歩きまわって
すっかり冷えてしまったせいか午後からはなこはお熱。
昨日の日曜日は一日中お布団に引きこもっていました。

海の命日は27日です。
布団のなかからぼーっと壁のカレンダーを眺めていて
ふと(今さら)気づきました。
海の半年めの命日が、復活祭の日曜日だってことに。

イースター。
復活祭です。
日本だと一般的にはぴんとこないかもしれませんが、
わたしには、この日が命日にあたるということは
大きな大きな励ましであり、祝福です。
大きな暖かい手で頭を撫でてもらったみたいな。

うさ@さんからのキャンドルに火を灯して
一緒にお祝いしよう、海。


↓ぼく、毎日こんなふうにお祝いしてるよ!
1100432592_8_convert_20160321204112.jpg





「おでんわ」販売開始のおしらせ

   shop201603.jpg



保護うさぎのためのチャリティショップさんにて、
小林さゆりさんのかわいいイラスト「おでんわ」を使用した
ICカードステッカーとマグネットが販売されます。


3月13日18時より販売開始予定です。


売り上げは100%保護うさぎさんへの支援金になります。
おでんわに耳を傾けるうさちゃんの表情がなんともかわいく、
お部屋のなかやポケット、バッグのなかが
ほんわり空間になっちゃいそうです

ぜひお店を覗いてみてくださいね。






Category: うさぎ保護

春なので新しく

日本上陸の翌日に縦ロール化しに行った美容院で
男性なんだけど麗しい美容師さんにすぐ言われました。
いまお使いのシャンプー、あってないですね、って。
頭皮が赤くなって、乾燥しているのだそうです。

やっぱりなー・・って思いましたよ。
洗髪したすぐあとでも、常になんか痒いので。
日本にいたあいだはよくなっていたんですけどね。
こちらに戻ったらまた痒いんです。

もともと毎回同じジャンプーを使っているわけではなく、
そのときによってセールになってるものを
買っているんですけど、どれもダメ。

そんなわけで今日は思いきって
いつものわたしの シャンプー許容価格 を
はみだしたお値段のものを買ってみました。

↓それがこれ
IMG_0479_convert_20160309210306.jpg

↓ここが重要「動物実験反対マーク」
IMG_0480_convert_20160309210336.jpg
↑ここがはっきりしているメーカーのもの以外は
 決して買いません。はなこポリシーです。

コンディショナーだけは
以前からここのものを使っていてなかなかいいんです。
なのでシャンプーにも期待。
痒いの、よくなるかな。


おとといあたりは雪がちらついたはなこ地方。
晴れていても風が冷たく、
朝には霜であちこち白い景色です。

このところ、洋服や本やCDの整理をしています。

いらないものは潔く処分。
洋服などはこれまでの半分以下に減らしたので
棚のなかがすかすか。
でも、お気に入りの服だけが入っているわけなので
なんだか見ていて嬉しく、気持ちがいいのです

多少古い服であっても別にほころびてるわけじゃなし、
まだじゅうぶん着られると思うともったいないのですが、
近所に赤十字の古着回収コンテナがあるので
服が必要な誰かのところに届けてもらえるので
良心の呵責を覚えずに済み、ありがたいです。

↓こんなの
DSC_0197_convert_20160309210028.jpg


写真だとわかりにくいですが
わたしよりずっと背が高いコンテナです。
入れるところがちょうど顔の高さ。
なので、詰め込みすぎた袋を持ち上げるのが大変で・・・
小分けに限りますね・・・

↓青空でした
DSC_0199_convert_20160309210229.jpg
↑寒かったけど


日本に帰ったときに、
なつかしい自分の本棚から1冊の本を手にとりました。
死生学で有名なドイツ人、
アルフォンス・デーケン神父さまの著作です。

0648c.jpg


丸ごと読み返している時間はなかったのですが、
以前読んで気に入っていた箇所だけ、再読しました。

神父さまは8人きょうだいの3番目なのですが、いつも、
お母さんは自分を特別に愛してくれている、
きょうだいのなかで自分は特別に愛されている、と
感じていたのだそうです。

そしてそのお母さんが亡くなったときに、
他の7人のきょうだい全員が
それぞれにそう感じていたことを知った、というところ。

すばらしいお母さんですね。
きっとお母さんにとって、それは本当のことだったんでしょう。
本当にどの子も特別にかわいかったんだと思うんです。
多頭飼育の経験のある方ならわかりますよね。
でもそれが子どもたちに伝わっているというのがすごい。


もしいつかまた複数のうさぎと暮らす幸せを与えられたら
わたしもこのお母さんみたいになりたいな。


この頃の夢です。





チャリティショップのおしらせ

嬉しいおしらせです!

先週お知らせした保護うさぎのためのチャリティショップさんでの
オリジナル新商品発売日が決まりました

3月13日日曜日夜 の発売開始となります

チャリティショップさんのサイトには画像があがっています。
とってもかわいいおでんわうさちゃんのイラスト、
ICカードステッカー と マグネット の2件です。


午前中や正午の販売開始だと
時差の関係で乗り遅れてしまうはなこですが
夜なら大丈夫かも・・・ うふふふふふふ


     shop201603.jpg


売り上げはすべて保護うさぎさんのために使われます。
かわいいステッカーとマグネット、
うさぎを飼ってらっしゃらない方にも喜んでいただけると思います。
ぜひショップを訪問してみてくださいね!


Category: うさぎ保護

うさ太くんちにいったよ

毎回、新商品が出るたびにみなさんに喜んでいただいている
保護うさぎのためのチャリティショップさんに
人気イラストレーター小林さゆりさんの作品を使用した
オリジナル新商品が近々UPされる予定です

うさぎ柄のかわいいグッズが買えるだけではなく
その100%が保護うさぎさんのためになるなんて、
まさにうさぎ的なすばらしさです。
発売日が決定したらこちらでもお知らせする予定です。
楽しみにしていてくださいね~!


さて、
このまえの水曜日はまたうさ奈さんとデートしちゃいました
前回と同じお店を見てまわりましたが、
イースターが近づいてきたとあって
イースターコーナーが拡大、品数も増えていたんです!

うさ奈さんともその不思議について話しあいましたが、
うさぎの置きものや、オーナメントも食器類も、
日本円になおすとちっとも高価なものじゃないんだけど、
なぜかユーロで見ると「えー、高ーい」ってなるんですよね
ええ、日本円だったらむしろ安いくらいのものでさえ。
やっぱりユーロで暮らしていると他の日用品との比較の目があるので、
比べるとどうしても割高という感じがあるのだと思われます。

日本で にんにく1個が250円強 だったことを考えると
こちらのうさぎグッズなんてどれも本当に安いものなんですけどね。

↓この陶器のオーナメントを買いました
IMG_0478_convert_20160306002827.jpg
↑うさ奈さんとおそろいです

イースターグッズはイースター後に値下げされるので、
でもそのときまで売れ残っている保証は当然ないので
いくら考えてもわからないことで頭を悩ませるのです。
これは果たして残っているだろうか・・・
いま買っておくべきだろうか・・・
うーん・・・

ま、残っていたら縁があった、ということで。
(毎年思考はここに落ち着く↑)

↓街でランチしたあと、今回は初めてうさ奈さんちにお邪魔しました
DSC_0187_convert_20160306001108.jpg
↑うさ太くーん、会いたかったよー

うさ奈さんのおうちはとても閑静な住宅地にあります。
居間の窓はお庭に面しているので緑がいっぱい。
聞こえるのは鳥のさえずり(と、ときどき教会の鐘の音)
なんだかすごーく落ち着く空間です。
うさぎの匂い、牧草の匂いがするところも
うさ飼いが安心してくつろげる場所の絶対条件ですしね。

ケージのなかにいたうさ太くんはまだおねむの時間だったけれど、
点眼のためにうさ奈さんがサークルに連れ出しました。
目薬がいやなのか、知らない人(はなこ)が不審なのか、
毛布の端をかみかみして誤魔化すうさ太くん・・・www

点眼を終えてしばらくしたら、たくさん撫でさせてくれましたよ♪
うさ太くんは同じ模様のパン田うさ蔵と仲良しです。

↓一緒にご飯だよ
IMG_0470_convert_20160305213251.jpg

↓きみもどうぞ
IMG_0471_convert_20160305213416.jpg

↓遠慮しないで
IMG_0472_convert_20160305213453.jpg

↓一緒にご飯だよ
IMG_0474_convert_20160305213645.jpg
↑食べにくそうだけど、かわいい・・・

うさ奈さん手作りのチョコバナナケーキとお茶をいただいて
楽しくおしゃべり。戦利品を眺め、写真を撮ったりする午後。
その間に目が覚めて活発になってきたうさ太くん。
サークルのなかでトンネルを素早くくぐりぬけたり、
お顔を洗ったりちゃんとおトイレでちーしたりと、
かわいい仕草をたくさん見せてくれました

あとね、くるんとひと回りする技も何度も見せてくれましたよ。
おやつを差しだすと、反時計まわりに一周するんです。
うさ太くん、なんて賢い・・・

最初はうさ飼い同士としてブログを通して知りあったうさ奈さん。
会うたびにお互いのことをいろいろおしゃべりして、
うさ飼いである以外の部分も知りあうようになっていって
どんどん唯一無二の、なくてはならない一人になっていく。
うさ太くんと海が結んでくれたご縁で。


↓うさ奈さんにこんな本をお借りしました
Download.jpg


まだ初めのほうしか読んでいないんですけど、
わたしが、海とお別れして以来感じてきたこと、
思ってきたことととても似たことが書かれていて、
なんだかすごく泣けちゃうんです
わたしが感じてきたことは
決して自分に都合のいい妄想なんかじゃなくて
本当のことだったんだな、ってわかって
海が伝えてくれてるんだなってわかって。

大事に読んで、きちんと学ばせてもらおうと思います。


うさ奈さん、楽しい時間をありがとう。
イースター後のプライスダウンまで
このテンションで駆けぬけましょう(笑)!!





Category: うさ友さん

日本滞在・ラスト

まだまだ終わっていなかった日本滞在記、
今回で一気に片付けてしまいましょう。

今回の日本滞在では、懐かしい友だちとの再会、
約3年ぶりの家族や祖母との再会、
初めて会ったブログ友だち、
久しぶりの友だちとのお泊り、など
ひと月分以上のいろんな経験をさせてもらいました。

↓はなこ母とうなぎご飯を食べにいきました
IMG_0243_convert_20160302000750.jpg
↑たれがしみてすごくおいしかったです

↓ここでは女将さんが
IMG_0238_convert_20160302000655.jpg
↑着物でジャズを演奏してくれるんです

不思議なミスマッチ。
おいしい日本茶。

↓お店の外にはエアデールテリアさんが飼われていて
IMG_0249_convert_20160302000900.jpg
↑すぐそばの換気扇からうなぎのいい匂いが・・・

↓ぼく、うなぎはもらえないんです
IMG_0225_convert_20160302003611.jpg


母の運転で日本最後のお買いものに出ました。
ドイツで必要な細々したあれこれを買いにいくまえに、
カメラのキタムラに寄って海の写真をプリントしました。

ドイツで、近所のドラッグストアでプリントしてみたのですが、
出来上がりがどうもいまいちだったんです・・・
色が濃すぎるし、コントラストが強すぎて影がくっきり。
まあ、ドラッグストアですからね・・・

ところがカメラのキタムラはさすが写真屋さんです。
同じように自分で画面操作して、
3分とかからずに写真が出来上がるのですが
とても自然な色あいですばらしいんです
海のふわふわな毛の先にとまるお日さまの光までが
鮮明に写っています。すごーい

↓こんなかわいい写真もプリントしました
DSC_0754_convert_20160302010839.jpg

↓絵はがき大にしましたが
DSC_0524_1_convert_20160302010544.jpg
↑A4くらいにすればよかった・・・


そして、ここの駐車場を出るときに
横からぶつけられてしまったんです、母の車・・・
完全に相手の軽トラックのよそ見運転だったのですが、
車は運転席側のドアが思いきり壊れてしまいました。
粉々になった窓ガラスが、
膝にのせた写真の入った袋のうえに散乱しました。

母は救急車で運ばれてしまい、
無傷だったはなこは警察から調書をとられました。
事故なんて一瞬のあっという間だったので、
当然細部なんて覚えてないんですよ・・・
なのにぶつかった時点で母の車が完全停止していたのか
あるいはゆっくりとでも動いていたのかと訊かれ、
わからないと言ってもしつこく訊かれ、
答えによってはこちらにも責任ありとされてしまうのかしら、
母がどこの病院に運ばれたのかもわからないままだし、
と頭がぐらんぐらんしておりました。

幸い、母は軽いムチ打ちとわき腹の打撲だけで済み、
治療のあとすぐに帰宅できました。
救急車のなかがすごく寒かったと文句を言っていましたw

ちょっと感動したのは、
軽トラックの運転手さん、まだ20代前半と思われる男性が
事故のあと降りてくるとすぐに
申し訳ありませんでした!と頭を下げたこと。

あたりまえかな?

でも、わたしドイツの自動車学校で、
事故を起こした場合法的に罪が確定するまでは
決して謝ってはいけない、と教わったんですよ・・・

感動したことその2。
車の窓ガラスって怪我しないようにできてるんですね!
コップを割ったときのような鋭い破片ではなくて
ちょっとごつごつした小さい石みたい。
指でつまんでぎゅっとしても皮膚は傷つかないんです。
おおー・・・


そんなわけで・・・
嬉しいことからびっくりなことまで、初めての経験盛りだくさん。
本当に濃縮されたひと月でした。

↓2月13日羽田空港出発ロビー
DSC_0137_convert_20160302001139.jpg
↑閑散として見えますね・・・
 奥のほうはけっこう混みあっていたんですけど

↓うさ友さんたちがお見送りに来てくれました
DSC_0126_convert_20160302001718.jpg
↑七夕みたいなオブジェを背景に

海(のお骨)も一緒にテーブルにのって、
みんなで唐揚げ定食を食べました。
お別れしてからも
LINEでいまどこにいるとか話しあって。

スマホを機内モードにして飛行機が走りだしたとき、
日本ともみんなともこれでお別れなのかと思うと
涙がぶわっと出てきましたが、
展望デッキにいるみんながきっと
今この瞬間もこちらを見てくれている、
手を振ってくれている、と思ったら
なんとか堪えることができました。


ドイツ入国はなんら厳しいこともなくスムーズでした。
出国のときの厳しさとは大違い。
そもそも入国審査のカウンターに座っているのが
空港の職員だったんです。つまり民間人。
感じが良さそうだったり、ちょっと疲れた顔をしてたり、
パスポートを持って押し寄せる人々の群れの一角を
興味深そうに眺めていたり、
つまり感情が普通に顔に出る民間人だったんです。

出国のときにいたのは全員警察官で、
武装しているだけじゃなく、立ち居振る舞いが威圧的で
まったく感情が読めない、訓練された顔をしていたんです。

わたしより数日あとにドイツ出国したうさ奈さんは
特別厳しいことはなかったと言っていたので、
この日、1月16日がなにか特別な日だったのかも・・・


またドイツ・はなこ村での平和な毎日です。





Category: 日本