さみしい人たち

はなこ村にとってもすてきなおうちがあります。

広いお庭には鮮やかな色とりどりの花が咲き乱れて、
門からかわいい扉へと、レンガの小道が続いています。
2階部分は丸く張り出したテラス。
お洒落な、縦に細長い大きな窓。

特にすばらしいのは12月に入ってから。
テラス一面に飾りつけられる金色のライト。
エレガントで、一色なので品があるし、色あいも暖か。
一階の窓から見えるのは天井まで届くくらいの
大きな大きなクリスマスツリー。
赤いリボン。たくさんのガラスオーナメント。

先々代うさぎのテディと暮らしていたころ、
この家のまえを通るたびにしみじみと眺めていました。

きっとまだ若いご夫婦が、
小学生くらいの子どもたちと暮らしているんだろうな。
幸せそのもの、家庭の暖かさいっぱいの家族なんだろうな。
当時、とっても寂しかったわたしは
勝手にそんな想像をしていました。


2年と少しまえから勤めはじめた隣々村の職場。
親しくなった人がはなこ村に住んでいると言うので
どこどこ?と聞いたら、
なんと彼女がこの憧れのおうちの住人だったんです。


数年まえまでは、お母さんと一緒に住んでいたそうです。
お母さんが亡くなられてからは、ひとり暮らし。
クリスマスのライトアップも豪華なツリーも、
そのお母さまが母娘ふたりでも寂しくないようにと
いつもはりきって飾っていたのだそうです。

彼女は今でもお母さんがしていたように庭の手入れをし、
クリスマスには家をきれいに飾るのだそうです。


↓はなこ村の住人、5匹のヤギさん
IMG_0571_convert_20160421024912.jpg

↓怪しいやつがきた、とこちらを見つめています
IMG_0572_convert_20160421025119.jpg

↓わたしがしゃがんだら、
IMG_0574_convert_20160421025729.jpg
↑勇気あるひとりが近寄ってきました

↓あとのもこわごわとついてきます
IMG_0582_convert_20160421025820.jpg

↓でも、ここまでです
IMG_0584_convert_20160421030157.jpg
↑なにも持ってないのがわかったのかも?

↓花たちもきれいだけど
IMG_0570_convert_20160421024831.jpg

↓芽を出したばかりの新緑が
IMG_0567_convert_20160421024750.jpg
↑日があたるとエメラルドみたいに光ってみえます

↓風が吹くと
IMG_0565_convert_20160421024717.jpg
↑透明な緑の粒が降ってきそう


優しくて穏やかで芯が強くて
うらやましいくらいにきれいなわたしの友だちは、
ご両親亡きあと勃発した遺産争いが原因で
3人いる兄妹と絶縁状態。
(↑全員がお互いと絶交した状態)
毎晩、誰もいない寂しい家に帰宅するたびに
彼女はひとりきりで泣いているのだそうです。


どんなに幸せそうに見えても
どんなにうらやましく思えても。


わたし、というちっぽけなフィルターを通して見るかぎり、
相手のことなんて100分の1もわかることはできない、
そのことを常に心にとめておこう、と思う。


不幸そうに見えても、
かわいそうに見えても、
本人はとても幸せ、っていうパターンもありますし。


はなこ村、昨日は大雪でした
明後日は晴れるといいなぁ。

↓あさって、どこにいくの?
DSC_0348_1_convert_20160418033556.jpg
↑海のお友だちうさちゃんに会いにいくんだよ!





スポンサーサイト

10時45分まえ

はなこ村の近隣5つくらいの村のお知らせを集めた
情報誌みたいなものが週に1回届きます。

子どもサッカークラブ人員募集 とか
寄付のためのバザー開催 とか
村人の死亡通知 とか
アルバイト募集 とか
企業・レストランの広告 とか
子猫里親募集 とか

昨日、ふと目についたのがアルバイト募集の広告。
仕事内容の次に加えられた一文。

ドイツ語能力必須

移民が多いドイツ、
はなこ村周辺にもたくさんの外国人が住んでいます。
なかには、ドイツ語がほとんどできない人も。
そういう人は来てもらってもちょっと困っちゃうので
ある程度ドイツ語ができないとだめよ、と言っているわけです。

でも・・・
申し訳ないけど、赤ペンを出して訂正したくなっちゃうのです。

方言能力必須

って。

もちろん、ドイツ語ができるのは前提ですけど、
標準語ができたからって同僚と問題なく話せるわけでは
ないんですよね~
ハイデルベルクの語学学校でドイツ語を習っていたとき
どのクラスにいっても 語学学校の定説、というのがあって
それは

学校の外では誰もドイツ語を話さない

というものだったんです(笑)
つまり、講師と外国人だけが標準語を話す、と。

現在もはなこは職場などで方言に悩まされています
話していて、この人の言うことすごくよくわかる!!と思うと
大抵それは北ドイツ出身の人。
村のお友だちも、楽しくおしゃべりできるのは北のほうの人です。

特に大変なのは、東ヨーロッパ出身の同僚たち。
こういう人たちの多くは語学学校へは通っておらず、
現地で、つまり方言を学習している人たちです。
ヨーロッパの言葉は互いに親戚関係にあたるし、
学校でドイツ語を習ってるのでそういうことも可能なのですが、
お国訛りのうえに方言となると・・・
シフトの都合でこういう人たちばかりと仕事になる日は
もうはなこ日本に帰りたい・・・(泣)と思うのです。。。

もちろん、わたしに語学の才能がないのが問題なんですけどね。
謙遜ではなくて、本当の話です。
客観的に見て、わたしのヒアリング能力は相当低いんです。
日本語でも聞き間違いますからね

話さなくても通じあえた、わたしの大事なうさぎたちが恋しい。

↓ある晴れた日のはなこ通り
IMG_0559_convert_20160421024243.jpg

↓この花、海が喜んで食べたなぁ
IMG_0561_convert_20160421024331.jpg

↓これはなんの花だろう
IMG_0563_convert_20160421024437.jpg

↓これはかかりつけの病院
IMG_0566_convert_20160421024517.jpg

↓その庭のチューリップ
IMG_0590_convert_20160422182610.jpg
↑かわいいー


↓ところで、これって9時15分すぎですよね!?
IMG_0598_convert_20160422183505.jpg


はなこ地方の方々はviertel(4分の1)zehn(10時)て言うんです。
日本語らしくすると、10時にむかって15分すぎた、でしょうか。

長針がここまで9時に近かったら、普通は9時15分すぎ、
って日本人の感覚だと思っちゃうんですが・・・
もちろん、9時15分と言っても通じるんですけどね。
でも、これ↑だと感覚的には「10時45分まえ」

他の国の言葉ではどうなんでしょうね。
少なくとも英語では、この場合やっぱり9時の味方かと。

そして、9時45分のことは
10時にむかって4分の3(=45分)過ぎた、と言います。
45分のことを、4分の3・・・
最初のころはここに気をとられすぎて、よく間違えました・・・
10時45分かと思っちゃうんです。
そして怒られてしょんぼりだったのですが、
最近、北ドイツ出身の友だちもよく失敗することを発見!
彼女の出身地でもこういう言い方はしないのだそうです。
冷蔵庫に貼りつけた小さなメモに時計の絵と
その下に 10時まで4分1過ぎ と書いてあったんですw


↓ぼくは何語で言われてもぜんぶわかるよ!
DSC_0147_convert_20160418033451.jpg
↑特に「バナナ」はいつでも聞き取れるんだ!



   追 記  

「最初のころはよく間違えた」と書きましたが、
実は昨日も間違えました
らすさんからいただいたコメントでそのことに気づいたんです。
未だにしっかり把握していないという見事な証拠でした
4分の1と4分3、それが9時より何分あとなのか
完全にごっちゃにして間違えて書いてしまったんです・・・

らすさんまで混乱させてしまってごめんなさいね
おかげで気づきました。ありがとう。



ムーミンパスタがきた

このまえ、村のお友だちの家に遊びに行きました。

ランチのあと、お茶を飲んでいたら
その家の息子さんが学校から帰ってくるなり言いました。
ぼく、もう○○人と○○人とは口きかないよ!
○○料理レストランにも二度と行かないよ!
あの人たち、犬や猫を食べるんだって!
犬や猫は友だちだもん!

学校で、お友だちになにか聞いたんでしょうね。
お母さんが、やんわりとたしなめて言いました。

犬や猫が友だちだっていうのは正しいし、
あなたがもう○○料理は食べない、って決めるのはいいわ。
でも、だからといってその国の人を悪く言ってはいけません!
どの国にもそれぞれの食文化があるのだし、
わたしたちだって牛やブタを食べるんだから。

息子さんはむっとした顔で反撃します。

牛やブタは利口じゃないからいいんだよ、食べたって。
犬や猫みたいに賢くないもの。

お母さんも負けません。

そんなことはありません!
どんな動物だって、それぞれの環境のなかで賢いの。
じゃなかったら地球が始まって以来(←さかのぼりすぎ)
生きてこられたわけがないでしょう!
それに、うちでは料理したことないけど、
わたしたちドイツ人はうさぎだって食べるでしょ。
それがはなこにはどんな風に見えると思ってるの!?

一瞬しんとなった部屋のなかで
なぜかふたりから見つめられるはめになったはなこ。
お母さんの味方をして、彼に怖い顔をしてみせるべきか、
息子くんの肩を持って微笑んであげるべきなのか・・・
凍りついた数秒のあと、
息子くんはむっとしたまま部屋を出ていってしまいました。


息子くん、人生で初めて食と命について考える。


かと思ったらすぐに忘れたらしく、
戻ってくるとゆうべの残りのポークを
がつがつとお行儀悪く食べていました。
(わたしたちのお昼はレンズ豆とトマトのスープでした)


花が咲き始めて、少しずつきれいになってきて、
週末あたり満開かな、と思っていたら嵐になったりして、
満開を見ないうちに散っている木がたくさんあります。

↓日差しが強いので、太陽が出ると初夏のようですが、
DSC_0217_convert_20160414162425.jpg


↓雲って雨が降るとかなり寒い
DSC_0224_convert_20160415170229.jpg


しばらく高齢化していました。
湿度が特別低いわけでもないのに、手がかさかさ。
寒いわけでもないのに腹巻きしないとすぐ腰痛。

そんな、しょんぼり気味のはなこに、
メルニコフ∞ラボのらすさんから
楽しい贈りものが先日届きましたよ

↓うさちゃんとピーターラビットとムーミンの切手
IMG_0550_convert_20160415200531.jpg
↑ひとりのおっさんが異彩を放っていますが

↓入っていたのは・・・
IMG_0548_convert_20160415200430.jpg
↑ムーミンパスタ!

↓ミィとニョロニョロの姿が見えますでしょうか
IMG_0552_convert_20160415200458.jpg
↑ムーミンとスナフキンも入っています

(最初、変換で 砂付近 と出た・・・ なるほど)

お食事が楽しくなっちゃうパスタ。
トマトソースで食べようかな。スープに浮かべようかな。
らすさん、わくわくしちゃう贈りもの、ありがとう!!

↓おいしいものは日々の幸せ
1612840228_96.jpg

↓ぼく、おいしいの大好き!
1612840228_150.jpg






それからもうひとつ

ハイデルベルクの語学学校に通っていた
オルドビス紀のこと。

その学校ではひと月でテキスト1冊を終え、
翌月には上のレベルへ進む構成になっていました。
そのたびに講師も替わります。

ある月の担当講師はまだ若く経験の少ない女性で、
その代わり溢れんばかりの情熱のある、
赤毛のショートヘアがかわいらしい先生でした。

彼女はその熱意でもって辞書を使うことを禁じました。
わからない単語があったらわたしにきいて!
ドイツ語の説明をきいて、ドイツ語で学習して!
赤ちゃんだってみんなそうして言葉を覚えるんだから!

ところが、彼女の説明、わかりにくいんです・・・
これはわたしだけじゃなく、
スイスフランス語圏、イタリア、英国、米国など
様々な国からのクラスメイトたちが全員同じ意見で、
なかには机の下に隠して辞書をひく生徒もちらほら。
ついに先生は辞書を持ってくること自体を禁止しました。

そんなある日、テキストのなかにわからない言葉が。
彼女の説明はこう↓です。

いい?想像してみて。
あなたの親友がイケメンで大金持ちの男性と結婚しました。
新婚旅行は世界一周、彼女は働く必要などまったくなく、
夫の休暇にはマイヨットでエーゲ海をクルージング。
そんな親友を見たときに、あなたが持つ感情のことよ。
さ、どう?

クイズです。
みなさんはこの話を聞いて、どんな感情を持ちますか。


このまえ、50%OFFで買ったものがもうひとつあります。

↓それはこれ
IMG_0510_convert_20160331025519.jpg
↑これ、なんですか

これはネジを回して床に置くとかたかたかたと跳ねる、
・・・ええ、子どものおもちゃです・・・
ひよこの形をしたものがよくあるんですけど、
これはうさぎで、たったひとつの売れ残りさんでした。

変なうさぎ、と思ったものの、
最後のひとつだしいまなら半額だし、
(半額にこだわるほど高価なものでは決してない)
どうしても連れて帰りたいような気がする・・・と
レジに持っていきました。

↓走りますよ~
IMG_0516_convert_20160331025805.jpg

↓おおっ、けっこう速い!
IMG_0515_convert_20160331025908.jpg

↓しかも進路を変更してカメラに突進
IMG_0513_convert_20160331030155.jpg


このブレ具合がね・・・誰かを思い出すじゃありませんか

↓だれを!?
DSCN0137_convert_20160406013535.jpg

↓それよりぼくにおみやげは!?
DSCN0377_convert_20160328202307.jpg


赤毛の先生の説明を受けて、
わたしはノートに「よかったね、という感情」と書きました。
でも、テキストを読み進むとどうも辻褄があわないんです。
なんかヘン。
そこで帰宅して禁じられた独日辞書でこの言葉をひくと、

妬ましい、嫉妬する と出ているじゃありませんか!!

しばらくかたまったあと、先生の真剣な表情を思い出して、
彼女の肩を無言でそっと叩いてあげたい気持ちになりました。
きっと苦労してるんですねぇ 



生徒にドイツ語の意味を説明するというそれだけのなかに
その人の価値観とか人生観がにじみ出てしまうのって怖いですね。
(↑もしかしたら国民性の違いもあるかもしれない)

それに、わたしは船酔いするので、
世界一周(←たぶん豪華客船で)や
エーゲ海でのクルージングはできれば遠慮したいので、
まったく羨ましいとは思わなかったんです。


奥が深いですね。






ハンティングのつづき

ハンター 
ハンター
うさグッズハンター
はーなーこー

(↑るこ丸さん作・この日のテーマソング)

ランチ中にLINEでるこ丸さんに実況中継したので
なんとなくるこ丸さんも一部一緒に過ごした気がします。

そのランチのまえの話ですが、

↓40%OFFのvilleroy&Bochにてお買いもの
DSC_0201_convert_20160331024239.jpg

ここはブランドでさすがにお高いので、
値引きされてるときじゃないとちょっと自分には買えません。
ほしかったうさぎのティーカップがまだあったので、
40%OFFだし、いいよね!ってことで自分にご褒美。

↓有名ブランドですが梱包はこんな
IMG_0518_convert_20160331163345.jpg

↓うさぎさんティーカップ
IMG_0520_convert_20160331163415.jpg
↑うふふふふふふ

重い大荷物を持って歩きまわり、
お店に入るたびに傘を閉じ、また開き、
かなり疲れた、と気づいたのは家に帰ってから。
このときは雨に濡れても消えない炎が燃え盛っていました。

↓フレームの上のうさぎさんも
IMG_0507_convert_20160331025224.jpg

↓ペーパーナプキンもオーナメントも
IMG_0521_convert_20160331163444.jpg

↓イースター壁掛けも
IMG_0506_convert_20160331025144.jpg
↑OSTERNはイースターのことです

みーんな半額!すごーい

ふたりとも、メインのバッグのほかにエコバッグとか
お店の袋などを肩から腕から下げて行商人スタイルw
夕方帰宅したときには体はかなり疲れていましたが
心は楽しかった時間と充実感でいっぱい
早く寝ればいいものをパジャマで海部屋に立ち尽くして、
戦利品を順番に手にとり眺めてはにやにやしているだけで
すっかり夜が更けてしまいました。

↓うさ奈さんから手作りクッキーとネイルシールと
IMG_0511_convert_20160331025622.jpg
↑ピーターラビットの手帳をいただきました

うさぎクッキーは海にお供えして、0時近くに布団に入りました。

そして次の日。
いただいたクッキーの袋を開けてみたら・・・

すごいんです!!!

なかに入っていたのは

↓うさ太くんと海
IMG_0524_convert_20160331163830.jpg

↓まめ太くんとノールちゃん
IMG_0525_convert_20160331163910.jpg

↓それからドイツ在住のうさ友ゆりさんのおうちの
IMG_0526_convert_20160331163935.jpg
↑フリッツィーちゃんとクロップファーくん

まだ一度もお会いしたことのないうさ友ゆりさん。
暖かくなったらぜひ会おうね、と言っているんです。
うさぎさんたちに会いに、うさ奈さんと一緒に行こうかな、って。
うさ奈さん、そのときのために作ってみたんですね!

↓こちらがゆりさんちのうさちゃんです!
IMG_0390_convert_20160401162748.jpg

黒い子がクロップファーくん、男の子。
ヒマラヤン模様の子がフリッツィーちゃん、女の子。
ふたりはきょうだいです。

かわいいなぁ
なでなでしに行きたいです。近いうちにきっと!!

↑大量のうさグッズに押されてちょっと欠けちゃいました
海の顔にもひびが・・・
ごめんなさい・・・

↓イースターにゆりさんが「海くんみたい」と
IMG_0502_convert_20160328202752.jpg
↑青い目白い子のはがきをくださいました

おててが・・・(笑)
いたずらしてどっかを掘りまくったようですねぇ