うさ太くんちでドイツうさオフ

5月25日水曜日。
ハイデルベルク中央駅のお花屋さんまえに10時。
ドイツ在住うさ友ゆりさんと待ちあわせです。

先月末(→過去記事はこちら)、
うさ奈さんと一緒にゆりさん宅におじゃまして
ドイツうさ女子オフ会第1弾を開催しましたが
第2弾の今回の会場はハイデルベルクのうさ奈さん宅です
ゆりさんはおとまり。
次の日に用事のあったわたしは残念ながら夕方までの参加です。

↓相変わらず静かでおちつくうさ奈さんハウス
DSC_0326_convert_20160526185840.jpg
↑鳥さんの声がきこえます

↓ゆりさんはすぐにうさ太くんにめろめろに(笑)
DSC_0320_convert_20160526194908.jpg
↑ゆりさんはうさぎさんネックレスをしていました

↓うさ奈さんが作ってくれたお鍋には
DSC_0331_convert_20160526185957.jpg
↑たち耳たれ耳うさちゃんのにんじんが

いろんなお野菜が入っていてとてもおいしかったです。
うさカフェメニュー・和風。

この日はまめままさんからいただいた海ブローチを海の代わりにつれていって
うさ太くんとツーショットしたかったのですが・・・

↓かじかじ
DSC_0313_convert_20160526185333.jpg

↓かじかじ
DSC_0314_convert_20160526185450.jpg

金属なのでおいしくはないし歯ごたえもいいとは思えないのに
そばに置くとすぐに口に入れてしまいます・・・
直接触れないようになっているとはいえ裏側には針もついているし、
危ないからと取りあげようとしても

↓やだ!
DSC_0317_convert_20160526185604.jpg
↑返さないよ!

なぜかお気に入りです・・・

↓せいいっぱいのツーショット
DSC_0346_convert_20160526191045.jpg

↓一方のゆりさんはうさ太くんにどろどろです(笑)
DSC_0354_convert_20160526194526.jpg

3人でうさ太くんを愛でながら、
お留守番のフリッツィちゃんクロップファーくんのことや
海やぴょんさんのことを話し、なにをどう話しても結論は
うさぎってなにをしていてもどっから見てもかわいいね ということに。

ときどきうさぎ以外のことについても話したりしながら(音楽とかドイツのこととか)
うさ奈さんの好きなバンドのライブ動画を見せてもらったり
お茶を飲んだりお菓子をつまんだり(こちらで買ったコアラのマーチとか)

↓うさ太くんを撫でまくるゆりさんを撮影するうさ奈さんを
DSC_0343_convert_20160526190604.jpg
↑うしろから撮影してみたりとか

↓撫でられておまんじゅう化w
DSC_0350_convert_20160528174006.jpg


女子力高いうさ奈さんの焼いたマーブルマフィン、
とってもおいしかった

ドイツ鉄道ってなにかと不便な点が多かったりするので
ゆりさんもわたしも長距離を電車に乗ることはほとんどなく、
切符の手配に不慣れなせいでちょっと大変だったりしたのですが
一度そこさえクリアしてしまえば電車で1時間半程度。
これならしょっちゅう(とまではいかなくても)行き来できちゃいそうです!

↓ゆりさんにいただいたうさぎペーパーナプキンと
DSC_0357_convert_20160526221506.jpg
↑うさ奈さんにいただいたうさぎシールやクリップなど

イースターの時期にはかわいいうさぎ柄のペーパーナプキンや
シールや細かいオーナメントなどがたくさん売られていますけど、
たくさん入っているものは買っても使いきらないんですよね
ナプキンなどは20枚くらい入っているし、
かわいいからって何種類も買っちゃうとモノが増える一方・・・
それをこうやってみんなで分けっこするのっていいですね!
分けようと思うと選ぶのも買うのも何倍も嬉しくなりそう
ふたりがそばにいてくれて本当に感謝です

ドイツでうさ友さんたちと日本語でおしゃべり。
楽しい時間はあっという間にすぎて、
うさ太くんを抱いたうさ奈さんとゆりさんが玄関でお見送りしてくれました。




うさ太くんに、海のストーンベッドを使ってもらうことになりました。

↓海のお気に入りで、夏にはいつも愛用していたひんやりストーンベッド
IMG_3114_convert_20160526195945.jpg

ドイツへ来るときに一緒に持ってきたけど、
エンセファリトゾーンを発症してしまったために
ドイツでは1度も使うことがなかったストーンベッド。
(↑転倒することが多かったため、硬いものは使えなかったんです)

思い出がいっぱいつまったストーンベッド。
うさ太くんに引きついでもらえて本当によかった。
うさ太くんが夏を快適に過ごしてくれたら海も喜ぶよ!

↓うさたくん、これ、きもちいいんだよ
IMG_3062_convert_20160526195842.jpg




スポンサーサイト
Category: うさ友さん

虫さんのはなし


  画像はありませんが、虫さんのはなしです 


毎年のことですが、ドイツの春夏の日射しは強烈です。
本日の最高気温は27℃だったようですが
(↑はなこ地方の話)
炎天下はもう100℃くらいあったようです(←主観)

曇っていたから散歩に出たのに、みるみる晴れてきました

↓はなこ家ホームドクターの庭は
DSC_0307_convert_20160522223340.jpg


↓かわいいお花がにこにこしていて和みます
DSC_0306_convert_20160522223152.jpg
↑なんなんでしょうね、このかわいさ


一番日が高い時間に出てしまったのは失敗でした
どこをどう歩いても影がなく、太陽ぐりぐり・・・熱い(←暑いではなく)
ので、はなこ村のはずれの森のなかに入ります。
森のなかは影になっていて、ひんやりしていていい気持ち。
はい、涼しくて湿気がある、となると、虫さんもけっこういます。

小さな羽虫などがけっこう顔や手に当たるんですよね。

↓こんなに広い空間なのに
DSC_0310_convert_20160523000015.jpg
↑これだけ接触するということは敵(←)の数がいかに多いか

もっとも、縦に考えてみれば、
そしてそこらに生えている植物の丈を考えてみれば、
地上約2m圏内に虫が集中するのは当然かもしれません。
それより上には違う種類の虫がいるのか、誰もいないのか。


バラしますが、うさ奈さんは蝶が嫌いなのだそうです。
鱗粉をまき散らしながら襲ってくるのだそうです。
わたしはバッタに襲われたことなら何度かあります。
飛びかかってくるんですよね!

動物(哺乳類)だと動物好きな人を見分けて寄ってくるけど、
昆虫は自分を恐れている人を見分けて寄ってくるんでしょうか。

むかし、カマドウマが大の苦手なわたしのうさ友さんが
深夜ひとりでパソコンを見ていたときに
画面の上から突如カマドウマが顔を出したそうです。

彼女は死ぬほど驚いて相手をデコピンして飛ばしました。
が、敵(←)は起きあがると再び走り寄ってきたそうです。
3回ほど部屋の向こうへ飛ばしたものの敵は懲りてくれず、
ついに彼女は部屋の外へ逃げ出したのだそうです。

よく知られた話ですがカマドウマは好音性なので、
彼女のように悲鳴をあげつづけている限り、寄ってくるんですよね。
恐れないためには、まず相手をよく知りましょう。
とは言いますが、画像が怖いので検索できない気持ち、
よーくわかります・・・


余談ですが、はなこパソコンは「鱗翅目」を変換できず、
「臨死」になって臨死体験についての記事がいっぱい出てきました・・・


↓足腰を鍛えるべく、がんばって歩きました
DSC_0308_convert_20160522223508.jpg
↑否応なく日光浴もしてきました


そうして汗だくになって帰宅したら、
みるみるうちに曇ってきて雷が鳴って大雨が降りだしました・・・
アスファルトのうえで干からびてたナメクジさん、
濡れたらまた生き返るといいのに。










悲しみとか孤独とか

ご報告が遅れましたが、
はなこ村郵便局で1㎏超えと判断された小包、
隣村で出したら1㎏以内で無事7ユーロで発送できました!
どういうことなんだろ。

雑貨屋のついでに郵便局をしているはなこ村とちがって
隣村の郵便局は専門の郵便局。
営業時間も長いし、封筒なども各種売られているし
受付のお姉さんは美人で親切
もしかしたら夏休みなんてないかもしれないし。
(↑はなこ村はあるんですよ!けっこう迷惑
多少距離があってもこれからはそっちへ行こうと思います!

いつだったかナオミさんが「いま日本で流行っている」と言ってた

↓アドラーの心理学
IMG_0729_convert_20160501230028.jpg
↑を、うさ奈さんにお借りしました

おもしろかったです!勉強になりました。
そうは言っても、だからなにかに応用できるとか
なにかの参考になるというほどには理解していませんが

アドラー先生は劣等感が力に変わる説を提唱しましたが、
似ているようないないような話で
孤独や寂しさ、悲しみが力に変わると言った人もいました。
ムスターカスという、アメリカの心理学者です。


「もし悲しみがその人自身のものとして受け入れられ、
その存在の中核で感じとられるなら、そのとき、
苦しみは他の人間やすべての生きものへの情けへと成長する。
苦しみによって心が開かれ、悲しみのなかから陽気さと、
歓喜の新しい感情が起こってくる」


なんとなく自分の経験やたくさんの友だちの話を聞いていて
なんとなくわたしが感じていたことが見事に言葉になってるような。
悲しいことも苦しいことも孤独だってないほうがいいような気はするけど
でも、それらのなかから輝きだすものは、
幸せや喜びだけのなかから顔を出すものをはるかに凌駕すると思う。
根本から質が違うので、咲いた花だけ見比べることはできないけど、
悲しみや寂しさのなかから開いたものの尊さは見事すぎる。

こうした、世間一般にはないほうがいいとされているものたちが
こうまで輝きを放つというのはどういうことなんだろう。
だとしたら、
死だってこの世から見えるのとは別の姿を持っているかもしれない。

そのことをいつかわかりたいと思う。
わたしが死ぬまでにわかるといいな。

歳をとっていろんなことを知れば知るほど
この世界がどんなにすばらしいところかわかってくる。
未来へと進んで、いつか海のいる場所のことを知りたい。


↓はなこの知りたいことみんな
DSCN0948_convert_20160517222137.jpg
↑ぼく、とっくに知ってるよ!





うさ太くんちにお泊りしたよ


 おしらせ

お引越しの予定があります。
住所を交換している方々には後ほど
新しい住所をお知らせします。
はなこ宛お手紙はしばらくお休みしてくださいね。


さて、今週の木金はおよそにお泊りに行ってきましたよ。
どこかというと・・・うふふ、
ゴーゴーうさ太のうさ奈さんのおうちへです

お友だちの家にお泊りなんて、
中学生のとき以来・・・かもしれないです。
気合いを入れ(すぎ)て早朝から目を覚ましていました。
ハイデルベルクの元職場に寄って用事を済ませ、
お昼すぎにうさ奈さん宅に到着です。

↓うさ太くんが迎えてくれましたよ
DSC_0265+(1)_convert_20160514033055.jpg

覚えててくれたのかな、
前回お邪魔したときよりリラックスして
すぐに近くにきてくれました!模様がかわいいですねぇ

↓うさ奈さんはこんなかわいいお昼を用意してくれていました
DSC_0260+(2)_convert_20160514033546.jpg
↑かわいーい!ミッフィーカフェのランチみたい


これは将来開く(予定の)うさぎカフェ定番メニュー化決定ですね!
中辛だそうだけど辛くなくておいしかったです
バーモントカレーは中辛でも辛くないんですって!初めて知りました・・・
いつも甘口派のわたしのカレーワールドが広がりました。


↓うさ太くんの毛並みは柔らかくてふわふわすべすべです
DSC_0287+(1)_convert_20160514033339.jpg
↑撫でているだけで5~6時間経過しちゃいそう

↓久しぶりのうさぎのにおい
DSC_0286_convert_20160514033248.jpg
↑牧草とうさぎの、幸せなにおい


久しぶりに嗅ぐと、
これなくしてよく平気で生きているもんだと我ながら思います。
人間って案外逞しいんですね(←?)


うさ友さんが日本から送ってくれたDVD、
2本持っていって一緒に映画鑑賞したのですが
それ以外の時間は見事にしゃべりっぱなしでしたww

夕方、一緒にお買いものに行って食材を購入。
うさ奈さんが持っていたスーパーの広告に載っていたレシピの
じゃがいものお料理を作りました。アレンジしましたが。
なぜってレシピ通りだと 長ネギを複数本 使うんです・・・
わたしは長ネギが苦手なのですが、それを隠してうさ奈さんに
ブロッコリーで代用してもおいしいよ的なことを言い変更したのですが
実はしっかりバレていました・・・以前カミングアウトしてたらしいです

わたしは生き物のなかでバッタだけはどうも苦手なのですが、
長ネギってなんかバッタに似(以下略)

そうして完成したドイツ料理(?)、お庭でいただきました

↓鳥の声と
DSC_0270_convert_20160514172416.jpg
↑緑のにおいいっぱいでいい気持ち

↓うさ奈さんとビール
DSC_0273_convert_20160514224910_convert_20160514230321.jpg
↑お洋服、かわいい

ドイツのビールって日本では有名ですよね。
ドイツといえばビール。
でも、日本のビールのほうがおいしいらしいです。
おじさんも以前日本でキリンビールを飲んだときに
ドイツのよりずっとおいしいと言っていたので、
日本人の舌にあうあわないという問題ではないみたい。

↓ソファベッドがはなこのベッドになりました
DSC_0282_convert_20160514033202.jpg
↑ばふばふと楽しそうに走るうさ太くん

うさ太くんのケージが頭のうえにあったので
うさぎのにおいや気配が届きます。
なつかしいな。うさぎと一緒の夜。

窓辺には大きなうさぎランプが灯っていたのですが、
とても明るいので写真に撮るとただの光のかたまりに

翌日の午前中もうさ太くんを撫でたり見つめたりしながら
心理テストをしたりして楽しく過ごしました。
木を描いたんです。
うさ奈さんがそれを見ながらいろいろと分析してくれました。
興味深いですね。木、だけであれこれわかるなんて。
それによるとはなこには引きこもり傾向があるらしいですw
現在だけの話なのか、常にそうなのか。
実際、ここしばらくは(精神的に)引きこもっていましたがw
外出は普通にしてたんですけど、
精神的には能動性をまったく欠いて音楽聴いてぼーっとしてました。
おかげで24時間×数日、脳内音楽リピートに悩むはめに。

でも、今回いつもと違う別世界(←大げさ)に滞在したおかげで
すっかりリフレッシュして安心しました。
しがみつかなくても、
どこに行ってもそこは祝福に満ちたいい場所なんだなってわかって。


うさ太くんがねむねむタイムになったころ、外に出ました。
うさ奈さんち近所のオーガニックのお店に
お昼を食べに行ったんです。
ズッキーニとトマトのチーズ焼きと大量のマッシュポテト。
すっかりお腹がいっぱいに。

うさ奈さんとトラムの駅まで歩いてお別れです。

楽しい午後と夜と午前をありがとう。
うさ太くんにまた会わせてね。
次はいつかな~、楽しみですね!ふふふ。


↓そうそう、これなんですけど
IMG_0749_convert_20160505184830.jpg

元職場でなにに見えるか聞いたところ、
1人は一発で「うさぎの鼻でしょ!」と当て(なんて見事な・・・!)
1人は「全然わかりません、なんですかそれ」、
もう1人は「はなこが持ってるものならうさぎのなにかでしょ」
でした。すぐに当てた1人(ドイツ人)、非動物飼い、すごいですね!!




Category: うさ友さん

村の郵便局

日本へ小包を送るには何種類か方法があるのですが、
一番いいのは1㎏まで7ユーロ、というものです。
安いし、なんといっても速い。
ただし、紛失など事故があった場合保証はなし。

これまで事故にあったことなどないし、
保険をかけるほど高価なものを送るわけでもないので
これを愛用しているのですが、おかしいと思うのはこれ、

~1㎏ 7ユーロ。
~2㎏ 17ユーロ。

重さが倍になるとお値段は倍以上になっちゃうんです。
いえ、倍にならなくても1㎏をちょっとはみだしたら
2㎏分のお値段になっちゃう。
なのではみださないようにがんばるか、
いっそ2㎏にしちゃうか、貧乏人はせこくがんばるのです。

このまえ、2つの小包をつめました。
2つあるキッチンスケールではかって
どちらも900g前後であることを確認して郵便局へ・・・

「1㎏12gあるので17ユーロです」
「あ、こっちも1㎏を20gはみだしてますね~17ユーロです」

・・・・・・・。

持って帰ってきました・・・・・

でも、家ではかるとやっぱり900gなんです。
前回も1㎏以下に抑えたはずの小包が5gの超過で
2kg扱いになったことがあるのですが、
うちのふたつあるはかりがふたつとも間違っているのか、
それともまさか・・・ 
いえいえ、そんなことはないですよね!
いくら村の郵便局が家族経営で本来は雑貨屋さんで
非常に仕事がゆる~い・・といっても!!

来週、隣村の郵便局に行こう。
(↑やっぱり疑ってる)


話は変わって、いつだったか日本はうさフェスだったんですね
うさ友のくう姫さんから「海くん」が届きましたよ
くう姫さんはいつも海を探しては送ってくれるのです

↓海くんポーチ!(がま口?)
IMG_0731_convert_20160505184730.jpg

↓なかも白うささんです
IMG_0732_convert_20160505184759.jpg

この花柄の部分の生地がなんだかなつかしい感じ。
むかし、こういう素材のパジャマ持ってたなぁ。
あったかくて幸せな手触り。

↓それから・・・
IMG_0730_convert_20160505184645.jpg
↑ミニバッジのほうはどこにつけようかなぁ?

↓くう姫さん命名「海くんのお鼻」w
IMG_0749_convert_20160505184830.jpg
↑うふふふふ


↓ぼくのお鼻?
42758423_1481696996_197large_convert_20160501230135.jpg


ぷぷぷー! 似てるわー 
思わずちゅーしたくなっちゃいます!


そしてドイツから日本へは、封書もはがきも切手代は同じ。
たまには絵はがきでも・・・と思っても、
同じ料金ならたくさん書ける手紙のほうがいいかな、とか、
いやですねぇ、セコい人間は・・・
あれこれ考えて先へ進みやしない。ふう。






幸せな金曜日

待ちに待った4月29日の金曜日。
この日は、ブログを通して知りあったうさ友ゆりさんと
初めてお会いする日だったんです。

ゆりさんはわたしと同じように、
ドイツ人の旦那さまとドイツで暮らしているうさ飼いさん。
メールでおしゃべりするようになって1年くらい。
そのゆりさんちにうさ奈さんと一緒にお邪魔してきました


↓今回はうさ友くう姫さんにいただいた
IMG_0644_convert_20160501223447.jpg
↑海リングが一緒です


うさ奈さんの住むハイデルベルクからだと1時間半の距離。
そこから25kmしか離れていないはずのはなこ村からだと、
2時間半の道のりです・・・


↓ここで乗り換え、マインツの駅
IMG_0646_convert_20160501223545.jpg

IMG_0650_convert_20160501223628.jpg


ゆりさんは車で駅までお迎えに来てくれていました。

ブログやメールでやりとりしているうさ友さんは
実際にお会いしてお顔を見るのが初めてでも
ちっともそんな気がしないものですが、今回もその通り。
すぐにむかしからの仲良しさんみたいになっちゃいました
ドイツのことやうさぎのことだけではありません。
なんと3人とも神奈川県に縁があるので、
地元の電車やお店の話題なんかも弾んじゃうのです


ゆりさんは2匹のうさぎさんと暮らしていて、
その2匹はベランダにある大きなうさぎハウスに住んでいます。

↓男の子のクロップファーくん
IMG_0722_convert_20160501224724.jpg

↓女の子のフリッツィーちゃん
IMG_0710_convert_20160502162846.jpg

ふたりはきょうだいなんです。とっても仲良し!
うちも、女の子のぴょんさんのほうが人なつこくて
男の子の海のほうは控えめだったのですが、
このおうちでもフリッツィーちゃんのほうが積極的でした。

お外で新鮮な空気とお日さまに当たっているせいもあるのか
牧草はとっても甘くてこうばしい、いい香りがしていて、

↓ふたりとももりもり食べてます
IMG_0716_convert_20160501224644.jpg

↓見るたびに食べてます
IMG_0714_convert_20160501225558.jpg

そのおかげかふたりともとってもいい●をぽろぽろ。
お腹の調子も良さそうで、とっても元気です!

うさ飼いの例にもれず、ゆりさんのおうちはうさグッズだらけ
窓辺にもテーブルのうえにも洗面所にもうさぎさんがいます!
ゆりさんが着ているのももちろんうさぎTシャツ。
うふふーん。幸せ空間です

↓ゆりさんがお昼を用意してくださいました
IMG_0662_convert_20160501224132.jpg


↓ここにもうさぎさんがー!!!
IMG_0664_convert_20160501224219.jpg


↓お茶菓子がのっていたお皿もうさぎさん
DSC_0260_convert_20160501223257.jpg
↑写ってないけど、マグカップもうさぎさんでした


お昼をいただいたあと、すぐそばの森へお散歩に。
太陽がちょっと出たり、また雲ってしまったりのお天気だったけど、
歩くにはちょうど気持ちいい気温でした。

↓おばあちゃんたちもお散歩しています
IMG_0704_convert_20160501224606.jpg
↑新緑がとってもきれい

↓お池にはカモさんがいました
IMG_0706_convert_20160502171139.jpg


↓ゆりさんとうさ奈さんを後ろから・・・
DSC_0253_convert_20160501223045.jpg


森のなかにはめずらしい鳥たちのいるバードハウスや
めずらしい白い鹿のいる場所もあったのですが、
そちらの写真はうさ奈さんのブログゴーゴーうさ太にお任せw

おうちへ戻ってお茶を飲みながらうさ話。
ふたたび、うさぎさんたちを眺めます。

↓お顔を洗うフリッツィーちゃん
IMG_0673_convert_20160501224322.jpg
↑・・・と、左側にはクロップファーくん・・・黒いので見えません


↓たくさん食べてお顔も洗って
IMG_0674_convert_20160501224459.jpg
↑満足ねむねむ


朝から夕方遅くまでお邪魔したのですが、
ずっとしゃべりっぱなし、笑いっぱなし。
あっという間に時間が過ぎてしまいました。
帰宅されたゆりさんのご主人にもお会いできてよかった

ご主人の運転で駅まで送っていただきました。


↓もうすぐハイデルベルク
DSC_0261_convert_20160501223357.jpg
↑時刻は20時少しまえ


はなこ村に着いたときには21時を過ぎていましたが、
まだうすぼんやり明るかったのでよかったです。
しかし・・・日が伸びましたねぇ・・・もうすぐ夏が・・・ 憂鬱


↓ゆりさんに帰りがけにこんなかわいいものをいただきました
IMG_0743_convert_20160502183501.jpg
↑まんなかのたまご型のは、ひつじミルクの石鹸です


↓そしてクッキーマイスターを目指すうさ奈さんは
IMG_0727_convert_20160501225917.jpg
↑フリッツィーちゃんとクロップファーくん


↓海とうさ太くん
IMG_0726_convert_20160501225848.jpg
↑を、作ってきてくださいました


おふたりとも、とってもすてきなものをありがとう!!


↓みんな海と一緒にいます
IMG_0728_convert_20160501225955.jpg
↑みんな、海が結んでくれた縁ですからね


海がいたときは毎日毎日「海はすごいね、本当にすごいねぇ!」って
言っていました。いなくなったいまも、そう言ってるんです。
だって、本当に海はすごいんだもの。
海がいなかったら一生出会うこともなかったはずの人たちと
こんなに仲良くなれて、一緒に楽しい1日を過ごせるんだもの。

いまの仕事も、仕事内容は最初は不本意だったけど
海のためにいい条件が揃っていたから始めたんだけど、
その結果どれだけたくさんの宝ものをもらったことか。

海は本当にすごいんだよ!!


↓そう?
DSCN0209_convert_20160502181255.jpg




Category: うさ友さん