金曜日のカメのはなし


先週のはなしですが、金曜日の体操がおわった午後9時半。
外は雷雨になっていました。すさまじいどしゃ降り。真っ暗。
さっきまで青空だったのに、雷の轟音。

隣村体育館までわたしは毎回歩いていくのですが
ほかのみなさんは車。
帰りだけ誰かしらに乗せていってもらいます。
でも、車まで走っただけでびしょぬれになりそうな大雨。
みんなで入り口のところでしばし待つことに。

そのときに、ひとりが飼っているカメの話をしてくれました。

そのひとの庭には池があって、そこにカメが2匹います。
手の大きいひとなら片手でつかめるかも、というサイズ。
最近、彼女が仕事にいっているあいだに、
カメたちは池を出て庭を出て放浪の旅に出てしまうのだそうです。

知りあいに見つかればそのまま帰ってくるのですが、
このまえは道路横断中に車に轢かれそうになって、
運転手が隣の市の動物愛護センターに連れていったそうです。

これはあとからわかった話で、
当初は行方不明になったカメを探して歩きまわり、
あちこちに電話をしてやっと見つけたのだそうです。

ところが、どういうわけか愛護センターには
同日に保護された同種のカメが3匹いて、
彼女のカメはほかの誰かが連れ去ったあとでした・・・
彼女は愛護センターからそのひとに連絡してもらい、
ちゃんとただしい自分のカメと交換するように頼んで、
翌日また愛護センターまでカメを迎えに行くのだそうです。

カメ飼ってるひとってそんなに多いんでしょうかw
しかも放浪癖のあるカメってどんな種類なんでしょう。
こんど見にいってみようと思います。

みんなで
甲羅に名前と電話番号を書いておきなさいよ!と笑い、
待ちきれずにちっとも小降りにならない雨のなかに出ていきました。

駐車場まで20メートルくらい。
真っ暗なので足元が見えず、水たまりにつっこんでしまいます。
びしょぬれになり、水を蹴って走って、笑いながら車まで。
いい大人たちが「きゃー、冷たーい!」と叫びながら。

これ、運動するのと同じ種類の楽しさですね。
頭ではなく、からだの感覚の喜び。

水たまりに足首までつっこむ感触。
跳ねあがった水を蹴る感触。
塗れた髪がおでこにはりつく感触。
口のなかにはいってくる雨粒。
運動後の火照ったからだがびしょびしょになっていく。

なんだかすごく楽しくて、
このまま家まで走ってもいい!と思いました。
(↑徒歩約15分の距離)
大人としての理性が押しとどめましたけど

↓雨あがりのハイデルベルク
DSC_0572_convert_20160722174243.jpg
↑ホストファミリーのお庭でおしゃべりするうさぎ


実は、明日から火曜日まで2泊3日で
ラビットシッターをしに行くんですよ~うふふふ
暑苦しい態度や視線や鼻息がうさぎさんのストレスにならないように
冷静に自分をコントロールしつつ過ごしたいと思います。




スポンサーサイト

うさぎブログだけど


↓ひどい快晴のハイデルベルク市
DSC_0636_convert_20160727012014.jpg

昨日(26日)から3日間開催されるパラリンピックの展覧会に
お友だちの車で行ってきました。
昨日はオープニングセレモニー。
ハイデルベルク市長の挨拶や開催者の開会の辞などが・・・

合計1時間強


熱がこもって暑い会場内にずっと立っているのはけっこう辛く、
わたしはときどき失礼してすみっこで水分補給していました。
日本ではかかったことの(たぶん)なかったプチ熱中症に
ドイツの暑い日にはよくかかるもので・・

↓この裏に隠れて水を飲んでいましたw
DSC_0605_convert_20160727011134.jpg

↓パラリンピックの歴史や競技についてのパネル
DSC_0606_convert_20160727011242.jpg

展覧会自体は北京から来ていて、説明書きは英語のみ。
で、ぜんぶわかったとは言えませんが

これまでパラリンピックにもオリンピックにも、
スポーツ全般に興味のうすかったわたしにもとてもおもしろかったです。
すごいなぁ、すごいなぁ、と感心しながら見てまわり、
なんだか新しい(分野の)世界が開けたような気分でした。

車用の車椅子ステッカーを配っていたり、
義手や義足の実物が展示されていたり、
ドキュメンタリーフィルムが上映されたりしていましたが、

友だちが知りあいと話しこんでいるあいだひとりで見ていたら
なぜか車椅子メーカーのおばさんにつかまってしまい、
車椅子の性能、機能、選ぶポイント、お値段など
買う予定も(いまのところ)ないのに詳しく説明していただきましたw
なんだか引きこまれて、いろいろ勉強しちゃいましたよ。

わたしは高齢者介護施設に勤めていたので
車椅子は日常的にそこらにある冷蔵庫のようなアイテム(?)
毎日のように押したり引いたりしていたのですが
それは基本的に他人が押すことを前提とした車椅子。

↓会場に展示されていたのは
DSC_0633_convert_20160727011918.jpg
↑いろんなタイプの車椅子で

使うひとの、上半身をまっすぐ支えるための筋力の状態によって
背もたれの高さや肘かけの有無が決まるのだそうです。

↓左のはオーソドックスなタイプ
DSC_0618_convert_20160727015936.jpg
↑右のは背もたれが低く、でも肘かけつきです

↓はなこが気にいったのはこちら(←気にいってどうする)
DSC_0625_convert_20160727011636.jpg
↑背もたれが低く、肘かけがないタイプ

↓モデル・はなこ
123.jpg

グリップの位置でわかるように、
背もたれは腰の少しうえ、と低いので、腕が後ろにまわせるし、
肘かけがないので上半身の自由が妨げられないんです。
その代わり、疲れてもゆったりもたれかかることはできないので
長時間のお出かけは(わたしには)大変そうです。
座っている、というより、なにかのうえに乗っている感じ。

↓友だちも試していました
ppp.jpg
↑男性は車椅子スポーツ専門トレーナーさん

会場には本物のユーザーさんも大勢いらしてましたが、
彼らに比べると初心者(?)の操作は酔っ払い運転並みでした・・
どこに進んでくるかわからない。
目指す位置を誤ってひとの群れに突っこんでくる。
不用意にバックしてひとの足を轢く。
そのうちみなさん学習して、
初心者操作の車椅子が近づいてくると逃げるように(笑)

↓ビギナーたち
DSC_0627_convert_20160727173122.jpg
↑上映フィルムはだれもみていない・・・

ハンドリム(漕ぐときに手でつかむ部分)は握ってはいけなくて、
親指と、人差し指のつけ根を使うんです。
ユーザーさんだとひと漕ぎで相当先まで行かれるのですが、
わたしだと1mも進まなかったりして
どれだけの筋力、しかも普段使わない筋肉が必要か、
そしてそれでスポーツまでできちゃうひとたちってすごいんだなぁ、と。

↓これは競技用
DSC_0608_convert_20160727011338.jpg

わたしは知らなかったのですが 
この↑駆動輪がハの字型に広がっているのはゲーム中に
ほかの車椅子と接触したときに手を挟まないためだそうです。
同様に、足の部分も保護されるようになっています。

興味深くておもしろかったですよ。
こうした、開発・製作する側の工夫、トレーナーさんの努力。
勝ち負けは別として、
こうしたすべてを通してパラリンピックに行きつくのは喜びでしょうね
次回開催されるときは、テレビにはりついちゃいそうですw


で、今回はいったいなんのブログだったんでしょうね。
カテゴリーをなににするべきか悩みますw

でも、やっぱりうさぎブログなので最後にうさぎ写真を。
ショップで撮ったこの子はいっぱい撫でさせてくれてかわいかった

↓ちょっぴりはぐちゃん風?
DSC_0641_convert_20160727012617.jpg

↓こちらはみんなたれ耳さん
DSC_0637_convert_20160727181631.jpg

↓うちのかわいいたち耳さん
DSC_0570_convert_20160713223054.jpg
↑なんてきれいなおめめなんでしょう


今日は27℃予報ですが、風が涼しいので助かります。
いい気持ち




湿度だけじゃなく


腹立たしいのは、電車のブレーキが故障したことじゃないんです。
それによって2時間以上も待たされたことじゃないんです。

↓乗らないでください
DSC_0610_convert_20160722180020.jpg
↑それ以外の情報のない案内板

ハイデルベルクからはなこ村方面へ向かう途中午後3時ごろ
電車のブレーキが故障して走行不可能になったそうです。
単線だったため、
その電車を動かさないことには後続が通れません。
その作業に午後8時ちかくまでかかったこと自体は仕方ない。

でも、なんの案内もアナウンスもないってどういうことーーー

駅構内のインフォメーションにはひとが殺到して大行列、
そのひとりひとりに窓口の係員が説明しているのですが、

アナウンスすればそれだけで済むのに・・・!!!

インフォメーションで聞いてきたひとがしゃべっているのを聞いても
ひとによって、あと30分で開通するらしい、とか
4番線から出る電車はだいじょうぶらしい、とか、いろいろ。

何時まで走りません、とはっきり言ってくれれば
バスを使うとかタクシーを使うとか、やりようがあるじゃないですか。
でも、電車そのものには乗れるので(乗るなと書いてあるけどドアは開く)
降りたとたんに走りだしたらすごくいやだしな、とか考えちゃう。
待って待って、やっと走りだしたときにはみんな歓声をあげてました。
これまたアナウンスなしに無言で発車しましたが、
油断してちょっと降りていたひとなどいなかったのでしょうか。

はなこ村駅へは途中で電車を乗り換えなければいけないのですが、
今度はその乗換電車が1時間来ないことがわかって・・・

・・・おじさんに迎えにきてもらいました(車で往復20分)

うまくいかないことや自分の不運はすべて笑いとばす、
をモットーにしているはなこですが、
精神・肉体ともに疲れると笑う元気もなくなりますね

木曜日はハイデルベルクでお仕事の日なので、
今週もまたまた寄っちゃいましたよ、うさ奈さんハイム

↓はなこ、また来たの~?
DSC_0590_convert_20160722175646.jpg



おととい、20日はうさ奈さんのお誕生日だったんです。
おめでとう、をしに行って、ケーキをいただいちゃいました。
あれ?逆じゃ・・?

↓おいしそうなケーキよりどりみどり
DSC_0607_convert_20160722175803.jpg

↓みかん入りチーズケーキ?っぽいのをいただきました
DSC_0609_convert_20160722175902.jpg
↑和フォークはブラックノールさんからの金沢土産だそうです

バースデイ当日はうさ太郎さんと
高級日本食レストランでお祝いしたといううさ奈さん。
おいしそうなお話をお聞きしました。

うさ奈さんによると、去年のうさ奈さんのお誕生日にわたしが
来年のお誕生日はドイツですね、とコメントしていたらしく、
ああブログを通して知りあってからもう1年以上が経つのかー、と
6本足の時間にしみじみを通りこして恐怖さえ感じました。

ブラックノールさんはわたしにも贈りものをくださったんです

お誕生日おめでとうと書かれた白うさぎさんのカードを添えて、

↓白に青の海くんのイメージ、と選んでくれたお皿
DSC_0611_convert_20160722181141.jpg

↓うさぎ付箋とうさぎごはん型
DSC_0612_convert_20160722181833.jpg

涼しげなゆずのゼリーのお菓子も入っていましたよ。
ブラックノールさん、旅先でも海とわたしのことを思ってくれて
本当にありがとう お皿、一生大切にするからね。

うさ奈さんとはまたしても色えんぴつで言うなら48色くらいの
ありとあらゆるいろんなテーマでおしゃべりをして
ずいぶん笑ったりもして楽しく過ごしました

↓おねむタイムのはずだったうさ太くんですが
DSC_0585_convert_20160722175551.jpg
↑けっこう活発にはなこの周りをまわったりしてくれました!


この日は本当に交通機関についていなくて、
うさ奈さんちに行くときにもトラム乗り過ごしちゃったんですよ。
ひと駅戻りました・・・
なぜって、駅の売店でお水を買ったときに見かけたこのブラシが

↓ヘアブラシなんですけど
DSC_0573_convert_20160722174418.jpg
↑あんまり巨大なんで笑いのツボ直撃で

おかしくておかしくて笑いをこらえるのが大変で苦しくて
ひとり通路に立って震えていたのですが、
トラムに乗ってからこの画像をるこ丸さんに送ったら
「ゴリラ用!?」って返事が来て

いったんおさまった笑いが再発。
慌ててスマホを伏せて口元を押さえ咳こんだふりなどしていたら

あらー・・・ 
遠ざかる降車駅。

ものすごく暑かった水曜日、深夜に大雨が降ったせいで
この木曜日はむしむしにむし暑かったのですが、
高いのは湿度だけじゃありませんでした。
密度も濃かった。あらゆる意味で。

疲れて朝まで一度も目覚めませんでした。おめずらしい。





Category: うさ友さん

ドイツだから


おじさんが、某SATURNという家電オンラインショップで
PC用のなにかをなんとかする機械を買いました。
それが届かなくて届かなくて待つこと3週間。

昨日メールが来ていて、

ご希望の品は在庫なしにつき現在ご注文いただけません

ということだったそうで
おじさんは噴火爆発炎上していました。

生まれてからずっとドイツで生きているのに
いまだにドイツに慣れていないのでしょうか。

いつだったかは洗面台のしたに置く小さい棚を買って
組みたてようとしたものの部品がどこを探してもひとつ足りず、
メーカーに電話して訴えたところ

担当者が休暇中ですので2週間後にもう一度お電話ください

と言われて

部品ひとつ送るくらい担当者じゃなくてもできるだろーっ!!
と噴火爆発炎上しておりましたが、慣れないものなんですね。


そんな恐ろしいドイツですが、
わたしも先週土曜日にちょっとした危機に見舞われました。
サプリを喉につまらせたんです

↓これ
DSC_0564_convert_20160719175544.jpg
↑薄いピンクのは日本のキューピーコーワゴールド


ドイツのサプリの箱って完全に封がされておらず、
隙間に指を入れてなかを覗くことができるので、
ある程度サイズが小さいのを確認してから買ったのですが
だめでしたねぇ・・喉を通過するまでに10分くらいかかりました。
首を動かすと痛いので、電柱化したまま部屋に立っていました。
これでもほかの商品と比べるとかなり小さめだったんですけどね。

キューピーコーワは横から見ると薄いんですけど
ドイツのは中心部が円、どの角度から見てもこの↑姿なんです。
凶器ですね。耳まで痛くなってしまいました
それでなくても今日は36℃の予報なのに(←関係なし)


↓海Tシャツと一緒に届いたバースデイプレゼント
DSC_0554_convert_20160715210115.jpg
↑某中学校の給食献立予定表


わたしが中学生だったのはカンブリア紀のことなので
時代は変わっていて当然なのですが
給食の内容、本当~~~に変わりましたね。
もっとも、学校によっても違うんでしょうけど。

セサミトーストとかキャロットパン、ハニーレモントースト。
グリンピースごはんに枝豆ごはん、かき揚げ天丼。
これだけバランスよく栄養をとっていたら
頭も自動的に良くなろうってもんじゃないでしょうか。

あっ、そういえばはなこ中学校はそもそも給食じゃなかった・・!!


↓海くん場所を最近かえてみました
DSC_0559_convert_20160718185529.jpg
↑これは本棚のうえです

ケージ、本当はそろそろいい加減片付けたほうがいいんですけど、
海くんに、といただいたいろいろなものを
ケージの中に上に側面に飾ってあってその移動先がないし、
ケージはあっても別に邪魔になるわけでもないので
ついそのままになっています。

でも、本棚のうえの海はケージ内よりも広く高いところにきて
なんだか涼しげにしてますね
夏のあいだはここがいいかな?


それにしてもアレですよね、
前回記事に1週間がはやすぎると書いたばかりなのですが
またしてもまたしても「あれ~、明日はまた木曜日~?」ですよw
木曜日、3日に1回くらい来てますよね。


木曜日。
その次はまた金曜日。
金曜日の体操は今週が最後。
そのあとは夏休みで、9月末まで体育館が使えなくなるんです。
(↑子どもたちの合宿や夏祭などに使うらしい)
もっぱら、森をウォーキングになるのですが、
夜8時ではまだまだ日射しの強いドイツ・はなこ地方。
ミイラ化せずにはいられませんよね。







バースデイ・プレゼント


最近1週間がやたらと早く感じられます。
木曜日はハイデルベルクでプチお仕事。
金曜日は隣村体育館で体操。
なのですが、
あれ~、また明日はハイデルベルクの日?もう?
って毎週思います。
大人になると時間の足が6本くらいになりますよね。

ところで、お友だちになったおばあちゃんはこのまえ
パリでテロがあったの、あれ、ひどいわねぇ!
と現在形で仰るので、
え、いつの話ですか、今日ですか、なにかありましたっけ、
と言ったところ、
3週間くらいまえよ、ほら、続けてブリュッセルでもあったでしょ、
とのお返事。

・・・・・・・・・・・。

半年以上まえの話ですよね???

80歳以上になると
時間の足はそれこそムカデ並みの本数になるのでしょうか。


そんなわけで今週もまた木曜日がありました。
でも、この木曜日は特別でしたよ、
だってうさ奈さんのおうちに寄ってついにお尻を触(以下自粛)


↓うさ太郎さんに甘えるうさ太くん
DSC_0549_convert_20160715170111.jpg
↑うさ太郎さんは幸せものですね

↓妻1~3号に囲まれるうさ太くん
DSC_0550_convert_20160715165807.jpg
↑うさ太くんも幸せものですね


だけど(?)わたしも負けないくらいの幸せものなんですよ
なぜってこの日、るこ丸さんからのすてきな贈りものを受けとったんです。

るこ丸さんは、うさ奈さんには手作りうさ太くんグッズを、
はなこには誕生日プレゼントを、
一緒にうさ奈さん宅に送ってくださったのです
航空便なのに1ヵ月かかったのは誰の責任なのか、
いまのところ判明していないのですが。
海外在住のほかの日本人からはクレームが来ていないのでしょうか。
それともみなさん無事に届いた安堵感から、
届いただけでもありがたい!なんて思ってしまうのでしょうか。

それはともかく・・・

はなこ宛てのかわいい手提げにはいっていたのは

↓うさフェスのおみやげ
DSC_0552_convert_20160715210001.jpg
↑手のひらサイズのかわいい小物いれ

↓うしろにはしっぽ
DSC_0553_convert_20160715210217.jpg
↑なかの生地もうさぎさんつきです

なにを入れようかなぁ、コインだとなかが汚れちゃうよね、
と考えていたら、るこ丸さんから「梅干し」との提案が。
梅干しを持ち歩く女。
いや、梅干し、こっちには売ってないから。

↓それからハリネズミさんシール!
DSC_0551_convert_20160715213447.jpg
↑実は最近ハリネズミにはまっているんです

ジョー君、わたしもハリネズミグッズもらったよー(←私信)


それから・・・

↓ぴょんさんバッグ
DSC_0556_convert_20160715210303.jpg
↑これ持ってたら夏のお出かけも楽しくなりそう

それからそれから・・・

↓海くんTシャツ・・・
DSC_0557_convert_20160715210347.jpg

これらはうさ奈さん宅で出してみたのですが、
これはちょっと泣きそうでその場では広げられませんでした・・
さりげないふうを装ってまた袋に戻し、

↓帰宅してから広げてみました
DSC_0558_convert_20160715210454.jpg
↑I´m so glad that I found you

うんうん、わたしはそう思ってるよ。
海もそう思ってくれてるかな。

るこ丸さんは 着てね、と言ってくれたけど、
着てるあいだ泣いてそうで着られないかも・・・
でもこれ着てぴょんさんバッグ持って歩いたら最強ですね!
ひとりで異次元、天界を歩いているようなものです

るこ丸さん、いつもありがとう
なのに今朝は5時半にLINEしてごめんね・・
(↑ドイツのサプリが喉につまった!と日本の早朝に訴えた)


この日はゆりさんがうさ奈さんに預けておいてくれた、
マヨルカ島のおみやげのアーモンドのお菓子も受けとりました。
ゆりさん、はるばる遠くからありがとう

それからそれから、
うさ奈さんからも日本の日焼け止めジェルをいただきましたよ。
なんと虫除け効果もある、夏の屋外、優れものです!
ドイツにも日焼け止めはありますが、べとべとになっちゃうんです
もちろん、もっと高価なものはそれなりに良いのかもしれませんが、
普通のお店で普通の価格で買ったものはべとべとなんです・・・
これを塗った手でスマホをいじると指紋まみれになっちゃう

日本のはすばらしいです!
さらさらでなんて気持ちがいいんでしょう
伸びもいいし、白くならないし、つけてます!感もない。
日本にいるときはあたりまえだった日本の良さを実感します。

うさ奈さん、運んでくださったうさ太郎さん、ありがとう!


↓ぼくも日焼け止めしたほうがいいの?
1896682358_222.jpg







Category: うさ友さん

冷たい夢

昨日の金曜日はいつもどおり体操がありました 

トレーナーさんは先週休んだぶんをとり戻そうとしたのか、
単に動きまくって頭を空っぽにしたかったのか、
はたまた自暴自棄だったのかいつになく飛ばしました・・・
いつもは音楽にあわせてのエアロビを20~30分、
そのあとはマットに転がって全身ストレッチなのです。

が、昨日はエアロビ 50分。

腕をふりまわし体をひねり飛んで跳ねての全身運動なので
30分でもじゅうぶんハードなのですが 50分。

そのあとのストレッチでは
数名がマットのうえで動かなくなっていました(笑)

いや、でもさすがの若いわたし(他が60代なので必然的にw)も
帰宅したときはぐったり、汗びっしょり、前頭葉頭痛に見舞われて
疲れすぎて逆にさっぱり眠れませんでした

でも、汗いっぱいかくのって気持ちいいですね。
シャワーのあとの爽快さったら
体操、週2回くらいあるともっといいんだけど。

↓今朝の朝食、その名も「ワールドチャンピオンパン」30円
DSC_0532_convert_20160709165344.jpg
↑名前の由来不明 全長約12cm

表面に芥子と胡麻、裏にひまわりの種。
なかにも正体のわからない穀類かなにかが入っていました。
栄養ありそう、と思ってはじめて買ったみました。
とてもおいしかったけど、おじさんは「鳥の餌みたい」と・・・
肉食人種・おじさんは、わたしの食べるものをすべて
うさぎの餌 か 鳥の餌 と呼ぶのです・・・


ところで、毎週木曜日はハイデルベルクへ通うはなこ。
以前ホームステイしていたおうちでお手伝いをしています。
このおうちのお庭は草木や花がいっぱいで、
そのぶん虫もいっぱいで、
なんとこのまえは足なしトカゲさんに出会えました!
 (足なしトカゲ過去記事/画像なし)

前回見たのより小さくて、全長10cmくらい。
頭なんてあずき粒よりも小さいのに、
ちゃんと一人前に舌をちろり、とさせるんですよー

前回の子もそうでしたが・・このひとたち、人見知りしないんですね。
でも人懐こいわけでもないんです。
かわいいねと声をかけてもほっぺをつついても微動だにせず。
ナンパお断り。 って顔ですね・・・ 冷たいんだから


↓ぐりぐりグリルの木曜日
DSC_0529_convert_20160708192806.jpg
↑予想最高気温32℃の日


ところで、わたしの冷たい夢(←相手が冷血動物だから)のひとつは
コバンザメをくっつけて泳ぐことでした。
でもこれやっぱり叶いそうにないんです。
わたしは泳げないし、コバンザメにとって
わたしはくっついてもなんの利益もない相手だから。

もうひとつの冷たい夢はカメレオンと握手すること。
あのミトンみたいな手で指を ぎゅ、ってしてもらえたら・・・
こっちはいつか叶うかな。


あたたかい夢のひとつは、いつかまたうさぎさんと暮らすこと。
そしてもっともっとあたたかい夢は、


↓いつかまたきみに会うこと
IMG_4359_convert_20160708193439.jpg


↓そこから見えてますか?
DSC_0528_convert_20160708192623.jpg
↑溶けかかったはなこのすがた・・・


・・・今日も暑かったです。



白い花束


先週の金曜日は体操の会が中止になったのですが、
それはトレーナーさんのわんちゃんが亡くなったためだと
あとから聞きました。

シェルターから引きとって11年半。
14歳のゴールデンレトリーバーで、ずっと病気がちでした。

ドイツでは亡くなった動物に花を贈る習慣はないのですが、
お花が残されたひとを慰めてくれることに変わりはないと思って、
友だちと相談して一緒に花を買うことに。
わたしが代表でお花屋さんに行って、
1000~1200円くらいの予算で白い花束をお願いしました。
あまり大げさな花束だと相手もひいちゃうかと思って
小さめに控えめに、と思って設定した予算でしたが、

↓思いきり立派な花束でした・・・
DSC_0524_convert_20160705191410.jpg
↑花に関してはドイツ感覚になりきれていませんでした

↓バラが5輪もはいっています
DSC_0527_convert_20160705191619.jpg
↑ちなみにお値段は1100円でした(←中間をとったらしい)

わんちゃんの飼い主さんは最初不思議そうな顔をしましたけど、
説明したら喜んでくれましたよ。
動物火葬場からもらった骨壺パンフレットを見て
あれこれ悩み、考えていたようですが、
けっきょく海のと同じデザインでクリーム色に決めたそうです。
ただし海のは高さ11cm。
彼女のわんちゃんは30㎏以上あったので
高さ26cmの壺になるようです。存在感ありそうですね。


↓昼間はお友だちのおうちで鱒をいただきました。
DSC_0521_convert_20160705191307.jpg

お腹部分にレモンのスライスを入れて表面に塩こしょう。
ホイルにつつんでオーブンで焼いたものです。

息子さんの希望で手巻き寿司セットも登場。

↓ご飯をお釜ごとテーブルに出すあたり・・・
DSC_0520_convert_20160705191158.jpg

具はツナのみ。
というのも、息子さんはこれが大好物で、これしか食べないのです。
細かく刻んだたまねぎとマヨネーズとレモンとでわたしが混ぜましたが、
友だちがそこにさらに塩を入れようとしたのでびっくり。
うちのおじさんもそうなんですが、この家族も
塩をかなりたくさん使うんです。なんにでも塩をどっさり。
わたしはほとんど使わない派なのですが、
そうするとおじさんは自分で塩をふり足しています。
いつも低すぎだったわたしの血圧がこのところ標準なのは
塩のせいか年のせいか。

↓うさぎの食生活がいちばん健康だよ
1896682358_77_convert_20160705191818.jpg


遺骨でダイヤモンド、ってありますよね。
メモリアル・ダイヤモンドと呼ばれるらしいですが、
遺骨から抽出した炭素を精製して作られるものです。
友だちが持っていた骨壺パンフレットにその案内も載っていて、
彼女は、
でも、夫の遺骨はそのまま埋めちゃったのに
犬はダイヤにして身につけてるなんて、ひとが聞いたらなんて言うかしら、
としきりと気にしているのです。小さな村だといろいろ大変ですねぇ・・





言葉のちから


毎週金曜日は体育館で体操があるのですが、
今回はトレーナーさんの都合で中止になりました。
そしたら近所の仲間が
ふたりでウォーキングに行きましょう!と誘ってくれて
山のなかをおしゃべりしながら行進してきました。

ひんやりした森をぬけて
一面に広がるみごとなビール畑を横に眺めながら、
ひと月くらい会っていたなかった彼女の話を聞きながら。

森のなか、湿ったところを歩いてきたせいで
ふたりとも靴に泥がこびりついてしまいました。
すると、主婦暦がわたしよりも長い友だちがにっこりと
洗濯機で洗うといいのよ、と仰いました。

せ、洗濯機・・・!!??

わたしはいつもお風呂場でブラシでこすっていますが、
彼女はネットに入れて洗濯機で洗っているそうです。

やったことないの?ブラシじゃ手間かかるじゃない、
という彼女に、なにと一緒に洗ってるんですかと訊いたところ

夫のズボンとか息子のパンツや靴下と。

とのことでした。
すさまじいですね。

↓途中で見かけた新築中の家
DSC_0519_convert_20160702184419.jpg

↓見事にレンガを積んだだけ
DSC_0518_convert_20160702184259.jpg


それとも靴を洗濯機で洗うのって普通なんでしょうか 


前回、音楽について書きましたが、
わたしは子どものころから音楽が大好きでしたが、
うさぎを飼ってからはあまり聴かなくなってなっていました。
居間のスピーカーで聴くのも、イヤホンで聴くのも
うさぎのたてる物音が聞こえなくなるのがいやだったので、
音楽を聴くのは通勤時のみ。その習慣も、
職場が車で10分の距離になってからはなくなりました。

海がいなくなってからは黒々と横たわる空虚な時間がこわくて
逆に1日中音楽から離れられない状態になりました。

音楽はそれだけでもひとに寄りそい励ましてくれますが、
歌詞のある歌(←この場合は「歌」だけでいいのか・・)を聴いて
言葉のちからもずいぶん大きいんだなぁ、と最近思うわけです。

春といっても、四季のひとつを表すだけの言葉じゃありませんよね。
花だって、植物のひとつの形態だけを意味しているわけじゃありません。

同じ言葉でもメロディーにのせるとまた違う色あいになるし、
わたしが日本人だからそう感じるんですけど、
ひらがなカタカナと漢字の組みあわせ方によって表情が変わるのも
ああ、日本語ってすごくいいなぁ、って思うんです。視覚的にも。

もっともっと言葉を正しく、
その言葉の正しさ以上に正しくつかえるようになりたいな。


↓ある年の夏、おしいれ探検中の海さん
1605853767_24_convert_20160702184824.jpg

↓こういうところがすごく楽しいんだよね
1605853767_35_convert_20160702184839.jpg

↓・・・・・・
1605853767_222_convert_20160702184902.jpg


うさぎのいるくらしは世界最強です。