手巻き寿司ランチ


youtubeなどの動画もそうですが、
こういうの↓けっこう多い・・・

↓「この作品は日本国内限定で配信しております」
DSCN2600_convert_20160828170029.jpg

テルマエ・ロマエを試し読みしたかったのに



予想最高気温36℃だった日曜日、
電車とバスを乗りついでお友だちの家に行ってきました。

↓友だち最寄り駅
DSC_0783_convert_20160831175427.jpg
↑炎天下はぜったい50℃ある

お友だち(日本人)と、そのお友だち(ドイツ人)と一緒に

↓手巻き寿司をいただきました
DSC_0781_convert_20160831175307.jpg
↑謎の「パンかけ醤油」がまんなかに


このお友だちのドイツ人は日本に住んでいたことがあって
日本語もある程度できるしお箸の使いかたもきれい。
首筋に漢字のタトゥーを入れていて、それはなにと訊いたら・・
日本の某アイドル歌手(男性)の大ファンなのだそうですw
スマホの待ちうけ画像もそのひとのアップ。
歌を再生して聴かせてくれ、日本に会いに行きたーい!と叫び
そのひとがどんなにすてきか語る様子はまさに恋する乙女。

いまはいいですよね。
ネットがあるから、遠く離れていてもそのひとの情報が入る。
ひと昔まえだったらどうだろう。日本でファンクラブにでも入って、
月いちかそこらで郵送されてくる会報誌を心待ちにするとか・・
プリントした写真を定期いれに入れておくとか・・
比べるといまはいい時代ですね~、
出演番組の動画だってネットですぐに見られたりしますものね。


「日本国内限定で配信されています」 


というのもありますが。
ええ、ありますけどね。




アボカドの芽が出たんです
食べたあとの種が丸くてかわいかったので洗って、
ぴかぴかになったらもっとかわいくなったので
外のプランターの空いたところに
ぐりぐりと押しこんでおいただけなのですが、
まっすぐで丈夫な芽がぐんぐん育っています。
かわいいんです

そのことをこの日友だちに話したら、
手巻き寿司に使ったアボカドの種をさっそく埋めてみていました。
調べたら、グリーンインテリアとしてもいい感じになりそうです


↓ぼくはバナナの木がほしいな
IMG_7095_convert_20160717210931_20160818204938b52.jpg
↑あと、りんごと桃とさくらんぼといちごと、それからねぇ・・・


ドイツ・はなこ地方、
天気予報によるとまだしばらくは暑い日が続くみたいです。
2週間ぶんの天気予報、
ある日突然内容ががらりと変わることもあるのですが今のところは。

でも、朝晩はかなり涼しく、爽やかな風が吹くようになりました。
明日から9月。
もうすぐ秋。





スポンサーサイト

おやつ


今朝、海の夢を見ました

これまでもたまに夢に出てくることはあったけど、
いつも いてあたりまえ の設定になっていて
夢のなかのわたしは特に海を気にしていないんです・・

今朝のわたしは海におやつをあげていて、
嬉しそうににこにこして食べる海を見ながら

そういえばずいぶん長いことおやつあげてなかった!
そういえばペレットだって何ヶ月もあげてない!
牧草だってあげてなかった、歯はだいじょうぶかな!
お水も交換してなかったんじゃない!?

って真っ青になってるんです。

夢のなかの海はいつもそうしていたように
牧草おやつをわたしに持たせたままかじっていました。


↓ぴょんさんと海、一見なかよしw
IMG_2690_convert_20160827170455.jpg
↑ケージがなければ即バトル開始の仲

といっても、ぴょんさんが攻撃するのでしかたなく
海は防御していたふうではありましたが。


ぴょんさんは、おやつでもりんごでもお野菜でも、
おいしいものはお行儀悪くwわたしの手から奪いとって
お気に入りの場所まで行ってひとりで食べていました。

うさぎってそんなものだと思っていたので、
海が来たばかりのころ、受けとって自分で食べると思って
中腰になってりんごを差し出したんです。
そしたら海は嬉しそうな顔をしてそのまま食べはじめました。
わたしに持たせたまま、腰にはおかまいなしにゆっくりと(笑)

性格のちがいなんでしょうね。
ぴょんさんは最後までそんなだったし、
海も最後までこんなでした。

夢のなかでも、海はわたしに持たせたまま食べてました。
なつかしかったです


↓お水を飲むぴょんさん
471198_108267813_1large_convert_20150718192816.jpg


↓ストーンベッドで涼む海
IMG_3118_convert_20160827170217.jpg


いろいろな個性。
唯一無二のあの子。



木曜日にまたまたうさ奈さんうさ太くん宅にお邪魔しました。
(いつもすみません・・

↓こんなすてきなカップで冷たい麦茶
DSC_0767_convert_20160827164802.jpg


↓それにこんなおしゃれなクレープ
DSC_0769_convert_20160827165045.jpg
↑ささっと作って出してくれました!

↓これね、うさ太くんと海がいるんですよ
DSC_0773_convert_20160827165149.jpg
↑なかよくくっついて♪

食べちゃうのかわいそうだったけど、
ふたり一緒のお腹におさまったということでw
未来のうさカフェメニューに決定

↓うさ太くんはお顔が換毛中
DSC_0775_convert_20160827165305.jpg
↑お鼻のうえにかわいい線がはいっています

いつもおねむタイムにお邪魔してごめんね。



本日予想最高気温36℃

昨日は恒例森をウォーキングの日でしたが、
午後7時の時点で32℃でしたので・・・

・・・・・・・さぼりました。死ぬもん。

プードルさんはひとりで歩いたのかな。
それとも別のひとにはりついていたのかな。









Category: 思い出

影のちから


去年の暮れのこと、海がいなくなったあと。
音楽の支えがどうしても必要だったころに
愛用のiPod nanoが壊れました。


↓それはこんなのです(念のため)
DSCN2598_convert_20160824190706.jpg
↑泣く泣く買い換えた新しいもの

ある日、室内着の大きなぶかぶかポケットから取りだしたら
表面ガラスにクモの巣みたいな見事がひびが
ぶつけた覚えもないのに、ひびでほぼ真っ白状態。
保護シールのおかげでかろうじて分解せずに済んでる状態。
さらに電源を入れると、液晶が破損して黒いシミがべったりと
なにかの呪いみたい。もう画面での操作はできませんでした。
本体脇についてるボタンで再生や音量調節はできましたが。

これには iTunesで購入した音楽だけではなく、
断捨離のため処分したたくさんのCDも入れてあるので
画面操作ができない = 選曲できない、というのはけっこう大変。
外ではまったく聴きとれない静かなクラシックや
講演会でのお話などいま聞く気になれないものも入ってますから。
最低限のものはスキップして飛ばしつつ、でも基本的には
順番に流れてくる曲を丁寧に聴くはめになっていた数週間。

そんなわけで新しいのを買うまでのしばらくのあいだ、
持ってたことさえ忘れていた曲を聴くことがけっこうあったんです。
そのなかのひとつ、むかしお友だちにいただいたCDのなかの1曲。
絶望について歌った曲。

視覚的に説明してみると、
絶望のどろ沼の底からはるか上空の月をみあげて
救いを求めて叫んでいるような曲です。

これが、とてもじゃないけど痛くて痛くて聞けなかった。
歌われている孤独の壮絶さをわたしも知っていると思ったけど、
それゆえに最後まではとても聞けなかった。

背後から刺しつらぬいて目のまえの壁に
じょうずに隠したはずの心の傷をはっきりと映しだす。
とてもじゃないけど正視できなくて途中でとめる。
次の曲にスキップする。

新しいのを買ってからはこれまで通りに、
気に入った曲だけをリストにまとめて再生したりして、
いまいち気分じゃない曲たちは隅へ追いやられました。


↓ぼく、はなこが音楽聴いてるときにね
IMG_7102_convert_20160717211237_201608182049417d4.jpg
↑リズムにあわせてとんとんしてもらうの、大好き


相手が音楽でも、向きあうべき時期、ってあるのかもしれません。
それから半年以上が経って、ふとまた聴いてみようと思いたちました。
そうしたら、今度は聴けたばかりか自分の心とぴったり重なって
背後から刺されるんじゃなくて、自分のなかに納まった、
と感じました。見事におなじサイズ。おなじ色。
おなじなので寄り添ってくれる。慰められる。わかりあえる。

認められなかったもの、正視できなかったものを
受け入れるまではいかなくても、
隣に立っていられるくらいには大人になったのかな。

同時に、暗いもの、ネガティブなものの持つちからについても
考えかたが変わってきました。
これまでは善いもの、幸せなもの、明るいもの、楽しいもの、
ばかりをすくいとって表現しようとしてきたけど、
影には影のちからがある。表裏一体で片方だけではうまく立てない。
ということに思い至って、そうしたらなんだか・・・


・・・やる気が湧いてきました(笑)



「うさかいドイツ日記」だけど、
うさぎのことじゃなくてもドイツのことじゃなくても
いろんなことを書いていきたいな、と思います。

すみません
全体の3分の2が前置きみたいな文章になってしまいました。
これからもよろしくお願いします。








むらまつり


夏休みのあいだは隣村の体育館が使えないので
体操の会はもっぱら森をウォーキングになります。


↓午後8時のいなか道
DSC_0757_(1)_convert_20160820220101.jpg

↓遠くからこちらを見ているプードルさんが
DSC_0758_convert_20160820215812.jpg

道幅3mほどの森のなかの道を歩くときに
わたしの左側足元にぴったりついて歩くので
蹴飛ばしそうになっちゃって非常に歩きにくいんです。

きっとまんなかを歩きたいんだろうと思って右端によけても
なぜかわたしの左側にぴったりと・・・
幅3mもある道でなぜプードルさんとふたり、
道から外れそうな端っこをくっついて歩いているのか。
飼い主さん(上の写真後方左のひと)はおしゃべりに夢中で
わたしとプードルさんがおかしなことになっているのには
まるで気がつかないのです。


週末ははなこ村の村祭りでした。

村祭りは毎年この時期にあるのですが、
お城のライトアップと花火は2年に1回。

↓お城といってもこの山のてっぺんにある(おととしの秋撮影)
DSCN1030_convert_20160823013458.jpg
↑規模の小さいものですが(現在も男爵さまがお住いです)

ライトアップといっても(ハイデルベルク城もそうでしたが)
ただ燃えているようにゆらめく赤い光に照らされるだけ。
花火の規模も、すみません、日本の花火を知っているとどうしても
23時に出かけていってまで見たいとは思えず・・・
深夜の外出にはリスクもありますしね(家庭内にw)

が、翌日村人たち(←複数)から責められましたよ
見なかったんですって!?寝てたんですって!?信じられなーい!!


↓日曜日にはアルペンホルンの生演奏がありました
DSCN2592_convert_20160822010546.jpg

↓ここは上記のお城の前庭です
DSCN2593_convert_20160822010703.jpg
↑楽譜・・・

↓こちらが入り口
DSCN2590_convert_20160822010139.jpg

↓地上には郷土博物館があって
DSCN2586_convert_20160822010027.jpg
↑糸車を公開中(実演もあるらしい)

↓空がなんだか秋っぽい
DSCN2582_convert_20160822005850.jpg
↑教会の後ろから覗いているのがお城(の一部)ですw


ずっと、寝たきりだったご主人の介護をして
そのあとは愛犬の介護をしてふたりを見送ったトレーナーさんは
もう何年も家を離れたことがなかったそう。
彼女のお姉さんとお友だちがそんな彼女を
インド17日間旅行 に誘いました。

これはインド出身の村の神父さまが中心に企画したツアーで
17日間にもかかわらず約30万円ととってもお得なんです。
30万円には往復の航空運賃、ホテル、食事代、交通費、
それにインド国内便まで含まれています。すごく安い!!

教会のツアーなので、インドのキリスト教の歴史などを学びつつ
現地出身者の案内で、現地のひととも触れあえるツアー。
いいなぁ、インドは一度行ってみたい国のひとつです。

でも日程表を見るとドイツ人仕様でけっこうハードです・・・
なかには「バス移動7時間」なんていう日も ・・・7時間・・・
朝食後に出発してお茶の時間には着く、ってとこですね

最低催行人数が15人だったのですが最初ひとが集まらず、
わたしも誘われたんです。
でも、わたしはドイツ人仕様のツアーの恐ろしさを知っています。
日本人の体力の限界を軽く超えます。
それに安いといっても、わたしには気軽に払える額ではないし

けっきょく15人以上が集まり、1月に出発できることに
いってらっしゃ~い、インドダンス習ってきてね(←?)
わたしは、インドへは・・・

↓いつか海と再会したらいっしょに行こうかな
IMG_7436_convert_20160717211330_201608182049423bb.jpg
↑スーツケースも歯ブラシもお財布も持たずにね!





ローマのおともだち


8月12~14日まで、
イタリアはローマ在住のうさ友メリィさんが遊びに来ていました


↓こんなすてきなおみやげを持って
DSC_0757_convert_20160815172250.jpg
↑シャンプーハット


ドイツ・スイス旅行中の2泊2日(3日目は早朝発だったので)を
ハイデルベルクで過ごしたメリィさん。
1泊目ははなこ家に、2泊目はうさ奈さんハイムにお泊り。

連日30℃超えというローマから来たメリィさん。
待ちあわせをした金曜日は14℃くらいだったでしょうか。
雨で肌寒かったんです・・
家からメリィさん用にジャケットやスカーフ、腹巻きを持参。
ハイデルベルク駅でうさ奈さんと3人でこんにちは。

メリィさんは、会長さんという大きなたれ耳さんと暮らしています。
イタリアへうさぎと渡航するにあたってネットでいろいろ調べていて
この海ブログを見つけてお声をかけてくれたのが最初でした。
海のこと、応援してくれて一緒に喜んでくれて一緒に悲しんでくれて。
そんなメリィさん、やっぱり初めて会う感は皆無でした!
3人ですぐに、むかしからの仲良しさんみたいになれました

↓まずは暖かいところでランチをしながら
DSC_0717_convert_20160814211305.jpg
↑観光の計画をたてようと思っていたけど

・・・おしゃべりが弾んでかなり長居しちゃいましたねーw
ここは某百貨店の屋上だったのですが、その後
エスカレーターでくだりながら各階の売り場に喜ぶメリィさん。

↓時期的にちょうどバイエルンの民族衣装が並んでいました
DSC_0721_convert_20160814211425.jpg
↑バイエルン州でのオクトーバーフェストと関係しているらしい

↓メリィさんは帽子のついたカチューシャが気にいって
DSC_0723_convert_20160814211726.jpg
↑店員さんに説明をうけ

↓会長さん(←うさぎ)に買おうかなと言いつつ試着
mr.jpg
↑かわいいー

↓うさ奈さんはこちらが気にいった模様
usanasan.jpg
↑すごく嬉しそうな笑顔です(見えないけど)

その後、両側にお店がずらりと並び観光客が集中する
ハイデルベルクのメインストリートを寄り道しながら歩いて、
高台にあるハイデルベルク城へ徒歩で向かいます。

↓急勾配
DSC_0731_convert_20160814212319.jpg
↑ケーブルカーもあるんですけど、若いから徒歩で

ものすごーく古い建物なので仕方ないんですけど、
いつもどっかしら補強・改装工事してるんですよね。
なのでこのときも一部足場を組んであるところを歩いたのですが、
すけすけではるか遠くに足の下の地面が見えるので
生きた心地がしませんでした 撮影しているよゆうなんか・・・

↓やっと到着
DSC_0734_convert_20160814212501.jpg

↓ガイドブックに必ず載っているハイデルベルクの景色
DSCN2531_convert_20160814212923.jpg

↓いま歩いてきた通りも見えます
DSCN2533_convert_20160814213125.jpg


この対岸に「哲学者の道」というコースがあって、
そこからだとお城と街が一緒に一望。
でも、お城のテラスにいるとお城は巨大すぎてうまく写りません・・


↓ふたりの後ろの、この建物(?)が撮影スポット
dfv.jpg
↑みんなこの窓から顔をのぞかせるんです

↓もちろん撮りましたとも!
zertz.jpg
↑もうちょっと右に寄ればよかった・・・

↓お城を背景に
oijuhg.jpg
↑・・・ 背景より人物と地面を優先に撮りました(←)


この日はメリィさんには海部屋に泊まってもらいました。
メリィさんはうさぎグッズいっぱいの部屋を喜んでくれて、
海にもいっぱい話しかけてくれました
あれ、ひとりでしゃべってる?と思うと海ケージに向かっていて。
実際に会うことはなかったのにブログを通して海を知ってくれていて
思ってくれて、お話ししてくれる。嬉しいです

朝起きたときにも海におはようを言ってくれて、
次の電車までの短い時間でしたがはなこ村をお散歩してから
ハイデルベルクのうさ奈さんハイムに向かいました。

↓うさ太郎さんもいらして、みんなで楽しいティータイム
DSC_0747_convert_20160816035055.jpg

↓メリィさんはうさ太くんに大喜び
DSCN2561_convert_20160816035409.jpg

小っちゃ~いと言っていました。
うさ太くん1・5kg。
メリィさんの会長さんは2・5kgあるそうです。抱き心地よさそう

↓にぎやかですね~・・とうさ太くん(?)
DSC_0754_convert_20160816035457.jpg
↑ねむねむタイムだったんだよね

ローマのおもしろい話をたくさん聞かせてくれました!
わたしも5年ほどまえにローマに1週間滞在したことがあるのですが、
やっぱり観光だけでは見えない部分ってたくさんありますね!
ドイツも同じくですが・・・

「憎むようになって初めて、ひとはその国を知る」
という日本人の言葉を以前読んだことがあります。

憎む、というのはちょっと大げさだとしても、
いい面しか見えてないうちはその国をわかっていない、
っていうのはすごく納得です。
どの国も、日本と同じにいい面悪い面両方ありますものね。

↓メリィさんからはこんなにかわいいうさグッズをたくさんと
DSCN2565_convert_20160814220631.jpg

↓イタリアのパスタやにしんのオイル漬け、リゾットのもと
DSCN2569_convert_20160816165010.jpg
↑(写ってないけど)オリーブオイルなどをいただきました

↓うさ奈さんからこのまえ旅行に行ったコンスタンツから
DSCN2570_convert_20160816165734.jpg
↑かっこいい野うさぎさんとハリネズミさん

それからおしゃれな虫除けリングをいただきましたよ。
日本製です。
森をウォーキングするときに手首か足首につけてみます!

それから・・・

↓こんな子も
DSC_0755_convert_20160814211016.jpg
↑ぷぷぷ 眉毛があるー(笑)

映画「ペット」に出てくる白うさぎのスノーボール。
ぬいぐるみがちょっとほしくなってたところだったので嬉しい


メリィさんはうさ奈さんハイムに一泊しうさ太くんと触れあって
翌日曜日の朝早く、チューリッヒへと旅立っていきました。
(と、うさ奈さんから連絡が)

わたしはといえば、
メリィさんが泊まってメリィさんのにおいが残る海部屋が
1泊しかしなかったのになんだか空っぽになっちゃって
2日しか一緒にいなかったのにすごく親しい存在になっていて
家族が帰っちゃったみたいな気分になりました。
初めて会ったのにしっくりなじむ。
個性的なのにやわらかい。
勇敢だけどかわいらしい。
出会えてよかった。

人生はどんどん豊かになってく。


みんな(うさ太郎さん、うさ奈さん、うさ太くん、ゆりさん、はなこ)で
メリィさんに会いにいこうか、なんてうさ奈さんと言っていたのですが、
車だと 12時間 かかるのだそうです・・・

そうなるとうさ太くんはちょっと厳しいですよね。
そしたらわたしはまたうさ太くんシッターとしてお留守番でも。
ローマもすてきだけど、
うさ太くんとふたりきりも同じくらいすてきですから





Category: うさ友さん

5.ときめき


具合が悪くなるとそれを自覚するべき神経も鈍ってしまうので
なかなか自覚できないことが多くなりました 

なんだかテンション低いな、楽しくないな、
PCまえにどれだけ座っててもなんの文章も出てこないな。
体がやたらと重いんだけど、太ったのかしら。

正座しているとき、全体重が足に乗ってしまう。
立ち上がるとき、テーブルに両手をついてしまう。
なんか、体全体脱力状態ですね。
ちなみに体重は変わっていませんでした。

ふと思いついて熱をはかってみたら37・8℃。

平熱が低いので普段なら7℃超えでもう気分悪いんですけど、
ここまで気づかないとは・・・ 人生って山あり谷ありですね。

体調に左右されない強靭な精神力がほしいです。
病気のときだけだったら休めばいいけど、
歳をとれば誰だって体力が落ちていくものだし
そのとき気力まで仲良く一緒に落ちてしまっては困るのです。


そんなわけで、老化を防止する役割も持つという
成長ホルモンについて読んでみました。

これは一般的な成長期が終わってからも分泌されていて
若々しさを保つ役目を担っているのだそうです。
見た目は自然まかせでいいと思うけど、
気持ち、気力、精神、魂の若々しさはできるだけ保ちたいですよね。
そのホルモンの分泌を促すものは・・・


 成長ホルモン分泌刺激因子

1.質の高い睡眠

2.運動

3.適正なタンパク質・アミノ酸の摂取

4.空の胃袋への刺激

5.ときめき



・・・5が異色に見えるのはわたしだけでしょうか。



ときめき → 胸がときめくこと   

ときめく → 喜びや期待などで胸がどきどきすること

(出典 goo国語辞典)



考えてみると、海と暮らしていたころは毎日ときめいていました。
胸がどきどきする、というより、胸のあたりがふわりとあたたかい感じ。
どうりで、うさぎなし生活になってから老けたはずです、はなこ

↓白いうさぎでおめめが青いというだけで
DSC_0681_convert_20160805033437.jpg
↑海と同じーなんて写真を撮ってしまう



先週の月曜日はトルコ人のお友だちとデートしてきました。

↓ハイデルベルクメインストリートのアイスカフェ
DSC_0686_convert_20160809195232.jpg
↑路上の席で嬉しそうな友だちw

↓メニュー
DSC_0683_convert_20160809194920.jpg
↑どれもものすごい量です

ここに載っているようなクリームやフルーツがつかない、
アイスだけのもあったのですが、いちばん小さいサイズでアイス3つ・・・
2つにしてもらいました。

↓それでもじゅうぶん多い
DSC_0688_convert_20160809195448.jpg

↓メインストリートは観光客でいっぱい
DSC_0685_convert_20160809195120.jpg


1~4までは自分で努力することができますけど、
5のときめきってどうなんでしょう。
意識してときめく、ってあまりできそうにないですよね。
笑うのも健康・免疫力アップにいいっていいますけどそれと似たような、
1~4と違ってまったく数値化できない感じがやっぱり異色なんですけど。

今日は水曜日ですが1日前倒しでハイデルベルクに行って、
またしてもトラムのなかで笑いをこらえて苦しかった事件が。

前方で向かいあわせに座った、赤の他人同士らしい青年2人が
それぞれうつむいてスマホを見ながら貧乏ゆすりしていたのですが
そのテンポがまったく同時で、しかもどちらも通路側の足で。

毎日腹筋運動してるんですけど、
公共の場で笑いをこらえるほうがよほど鍛えられるような気がします。




乾燥葛の葉販売中!


  kuzunoha2016-1.jpg


うさぎさんが大好きなおやつ乾燥葛の葉販売中です!

残りわずか11袋。

夏の食欲不振時にもこれがあると安心かも。

うさぎさん、大喜びしますよ♪


 保護うさぎのためのチャリティショップ 





Category: うさぎ保護

うさ太くんのおうちで


日曜日から火曜日までは
ハイデルベルクのうさ奈さんのおうちでうさ太くんシッター。

水曜日午前はお友だちのおうちでブランチ。
午後からは、3日の留守のあいだに
おじさんが機銃掃射した家のなかを片付け・掃除しまくり。

木曜日はハイデルベルクでのお仕事。

金曜日はなぜか熱を出し。

と、

いろいろ落ち着かず、忙しくしていました。



↓うさ奈さん作成、うさ太くんトリセツ
DSC_0650_convert_20160805032406.jpg

今回、うさ奈さんとうさ太郎さんご夫婦が小旅行に行かれたので
その間2泊3日でうさ太くんシッターをさせてもらいました。

日曜日にうさ奈さんハイムに到着したとき、うさ奈さんはまだ準備中。
対してうさ太郎さんは椅子にすわり、余裕のコーヒータイム。
トリセツ中の不明点やDVDプレイヤーの使いかたなど、
うさ太郎さんが説明してくださいました。
ふたりとも交互にうさ太くんを両手で包み、しばしのお別れを。

↓そしてふたりが出かけたあと
DSC_0649_convert_20160805032200.jpg
↑うさ太くんはしばらく引きこもっていました

が、13時におやつを用意すると
すぱーんと飛びだしてきて目が輝かせ、はやくはやくと催促w
あれ?置いていかれてしょんぼりしてたんじゃ・・(笑)?

この日は日曜日でお店などはどこも開いていないので
ちょっとお散歩に出た以外はおうちにいました。
本棚の本をどれでも読んでいいと言ってくださったので、
音楽を聴きながらアドラーの「人生の意味の心理学」を。
これはNHK(テレビ?)のテキストなのですが、
テキストだけでもじゅうぶんよくわかりました。なかなか有意義。

ソファで読んでいるうちにちょっとうとうとしてしまい、
がたっという音(ケージから出た音)に続き軽い足音が、
次に耳元でばふっと音がしたとき(ソファに飛びのった音)、
半分眠ってたので無意識にそれは海だと思ったんです。
そして目を開けたら、
白と黒のお顔がアップでわたしを覗きこんでいましたw


↓夜には一緒に映画を見ましたよ
DSC_0699_convert_20160805180448.jpg
↑邦題は「星の旅人たち」

これはお友だちが貸してくれたDVDで、
フランスからスペインへ続く巡礼の旅に出た人々の物語。
アメリカ映画で原題は The Way 、ドイツ語タイトルは Dein Weg。
まあ、どちらも「道」なのですが、日本語タイトルは意味不明です・・

リュックサックや寝袋を背負ってずっと歩くのですが、
主人公は道々、亡くなった息子の遺灰を撒いていくんです。
日本だと「遺骨」ですが、こちらだと「遺灰」。
映画のなかの息子さんはまるでグラニュー糖でした。
聞いた話ですが、アメリカでは遺骨を機械で粉砕するらしいです。

↓うさ太くんはソファで一緒に映画鑑賞
DSC_0694_convert_20160805180139.jpg
↑途中、頻繁に「撫でろ」催促w

うさ太くんには朝夜の点眼の必要があるんです。
目薬をさしてからごはん、と流れがあるのですが、
慣れないわたしだと手際が悪くて、
えーとペレット○○g・・・それからサプリはなんだっけどこだっけ
などとトリセツを確認したりサプリを探したり時間がかかって
うさ太くんもちょっとイラついたのではないでしょうか。
体重をはかる際、いくらお願いしても体重計に乗ってくれない、
目薬をくわえて放り投げる、などの暴挙が(←大げさ)

↓それでもいつものおうちだしテリトリーだし
DSC_0677_convert_20160805033006.jpg

↓落ち着いた様子で縦になったり横になったりしていました
DSC_0679_convert_20160805033159.jpg

二晩とも、消灯すると同時に牧草キューブを齧りはじめ
暗い室内にがりがりごりごりという音が響きわたりましたが
朝は人間が起きるのを大人しく静かに待っていてくれました。

↓朝ごはんのあと、はなこの隣でくつろぐ
DSC_0700_convert_20160805181513.jpg

↓いっしょにDVD鑑賞
DSC_0670_convert_20160805032855.jpg
↑ぜんぜん画面見てないですが

うさ太郎さんが見ていいですよと言ってくれたDVD群から
「ジャズ・ギター はじめの一歩」を。

・・・はじめの三歩、くらいでした。
知らないとよく聞き取れない用語もあったりして。
帰宅してからネットで少し勉強してみましたが
これが役にたつ日なんて永遠に来ないかと。。。

わたしははじめてのことや未知の分野が好きなので
これまで経験した仕事も習いごともいろいろばらばらで
統一性があまりないのですが、
いい大人なんだし、本当はひとつの方向を深く深く
つきつめていくほうがいいんでしょうね。
自分が本当に好きで夢中でなれるものを。


そんなわけで、昨日勉強したことをここでシェアします。

イモリ・・・両生類
ヤモリ・・・爬虫類

↑知らなかったんです!
世の中知るべきことがまだまだたくさんありますね!

月曜日はお友だちとお茶&ショッピングをしに
ハイデルベルク旧市街のほうまでお出かけ。

雨の火曜日は夕方までうさ太くんとふたりきりタイムを。
気温がさがって、うさ奈さんハイムもひんやり快適です。
うさ太くんは初日から普通になついてくれて
わたしの手からごはんもおやつも食べてくれたのですが
こんな感じだとうさ奈さんたちも安心して出かけられるのでは。

うさ太くんがケージに入っているときは
前面、ドアのところに目隠しの四角い布をかけるんです。
それをめくると、ドアのまえにおすわりしてこちらを見上げるうさ太くん。
別れがたくて、ショルダーバッグを肩に下げたままの格好で
何度も目隠しを上げてうさ太くんと目をあわせ・・・
40分くらい経過してからやっとうさ奈さんハイムをあとに。

電車、5分遅れて来たのですが
なんと車内アナウンスで謝罪があったのが衝撃でした。
謝るなんて・・・!!!! しかも5分程度で。
なにがあった。





Category: うさ友さん