おくりもの


海は午前0時すぎに帰天したので命日は27日なのですが
わたしにとっては26日の深夜がお別れのときでした。
あれから1年。
長かったような、短かったような。
あのふわふわに最後に触れたのは1年もまえだったかしら。

何度も心に描いて、幾度も触れ幾度も抱きしめた1年。

ふわふわの手触りや安心する体温や愛しい重さを
本当に感じたように思えるまで何度も幾度も思い描いた1年。


DSC_0571_convert_20160713223134.jpg


一緒に暮らしていたときもいつも海のこと考えてたけど
寒くないか、暑くないか、快適に過ごしているか考えていたけど
いなくなってからはもっと海そのもののことを考えてたと思う。


DSC_0569_convert_20160713223014.jpg


海のケージにはいつもペット用ヒーターが入っていたのですが、
そのコードには齧り防止蛇腹ガードがついていて、
海が内側からそれをひっぱるとコードがケージ金網をこすって
ガガガガガーッ!というかなり派手な音が出たんです。
海はわたしを呼ぶのにそれを使っていました。

毎朝、目を覚ますと力いっぱいそれをひっぱって、
おひさまの笑顔で顔を出しおはようと言う。
扉を開けてスロープをセットするのを待ちかねて
喜びではじけんばかりの勢いで飛びだし、
わたしがスロープを片づけご飯を用意するあいだ、
部屋中を走りまわる。


うれしいね
うれしいね
朝がきたよ

おはよう 
おはよう!


言葉がなくても、喜びって伝染する。
見てるとこちらもうれしくなってきて、
疲れていようとこれから仕事だろうと外は嵐だろうと
朝がうれしくなってきてわたしまでにこにこしてしまう。

そしてわかったのは、喜びというのは心に跡を残すということ。
海がいなくなってからも心のどこかにその名残りがあって、
喜ばしい感覚がときどき揺らめく。
疲れていたりこれから仕事だったり海だってもういないし
うれしいことなんてこれといってないときでも。
わたしが取りこんだ海の一部が うれしい って言う。

もらったもの
おひさまのよろこび
おくりもの

それを我がものとし、ふくらませ、誰かに分けること伝えること。
それができたら、それはきっと天の国の花になって
海もぴょんさんもみんなもそれを見てきっと喜んでくれる。


IMG_5299_convert_20160717210324_201609091854036b9.jpg


IMG_5395_convert_20160717210439_2016090918544785e.jpg


あなたたちがそこにいるから天の国とつながる。
そこから言葉が降ってくる。
伝えて、天の花をここに咲かせたい。

天と地とで同じ花が咲く。
天の国と連動していく。


海、天に生まれて1年。

1歳、おめでとう。





スポンサーサイト
Category: ペットロス

夢のはなし


このまえ、なんだかすごくとっても印象的な夢を見ました。
ひとの夢のはなしってあまりおもしろくないと思うけど
書かせてください。


わたしは図書館みたいな場所で古い旧約聖書を読んでいました。
最後のページに「初版 1036年」と印字されていたので、
千年まえの本なんて触っちゃいけなかったんじゃないかと思い
そっと書架に戻したら座っていた椅子がゆらゆらと上昇しはじめました。
わたしの頭は天井にぶつかってしまいます。
けれど隣で同じように昇っていった青年の頭上には穴があいていて、
彼はそこを抜けてうえの階へ行かれるようなのです。
どうして?と訊いたら彼はにっこりと
「だって僕は未来へ進みたいから」と。
ふと下を見たら、わたしの真下の床には穴があいており、
わたしは階下(過去?)へは行かれるらしいのです。


その階に留まることにして椅子を降り、書棚のあいだをぬけたら
そこは家具屋さんみたいな場所でした。
ひとりのドイツ人の少女が大きな姿見にはりついています。
彼女は顔にコンプレックスがあって整形手術を受けたがっており、
だけどその鏡に映っているのはコンプレックスが解消された、
美しく完璧な姿で、彼女はそこから目を逸らすことができず、
その母親が「それは所詮鏡像なのよ!」と彼女を揺すっています。

ソファのまえを通ったらそのソファが
座ってちょうだい、とっても楽よ、死ぬまで座っていたくなるわよ、
と誘います。


それを無視して出口のほうへ行ったら、壁に張り紙がしてあって
「過去に戻りたい方、時間制限厳守のこと」と書かれていました。
わたしと友だち(誰かはさっぱりわからない)は係員を呼んで
過去に行きたいと申し出ます。


金髪の(ドイツ人の)年配の女性がわたしを扉へ導きながら
過去を変えたら現在も輝かしいものに変わりますよ、と言います。
あなたも変えたんですか?と訊いたら彼女は涙ぐんで
わたしはずっと迷っていて決断できなくて
ずっとこの建物から動けないでいるんです、と言いました。


扉のむこうは、結婚まえおじさんがひとり暮らしをしていた村で、
まだ若くて、髪が濃くて(←)お腹の出ていない(←)おじさんが
これからホストファミリー宅に、留学中のはなこを迎えに行こうと
車を磨いているところでした。


さあ、もうあなたとはつきあえない、結婚もしない、と言おう。
そうして戻ったらわたしの現在は変わっている。


若さで溌剌としたおじさんはわたしに気づいて驚いた顔をし、
それから嬉しそうに笑うとこちらへ歩いてきます。

さあ、言うぞ!

・・・というところで目が覚めてしまいました・・・



ただ、目覚める寸前のほんの一瞬のあいだにわたしは
もしそうなったら海は!?と思ったんです。
そして海がつないでくれたうさ友さんたちはどうなるの!?
って。

目が覚めて、自分がいまどの時代にいるのか
しばらくわかりませんでしたが、空のケージがあって
うさ友さんからのLINEが届いていて、朝でした。


わたしのいちばん初めに出会ったうさぎテディは
おじさんからのバースデイプレゼントだったので、
おじさんとお別れしていたらテディに出会うことはなく、
ぴょんさんにも海にも出会うことはなく、
うさぎつながりの友だちの誰とも、
ブログを通しての友だちの誰のことも存在さえ知らなかった。


それなら・・・ やっぱり過去は変えない。
最初からやり直せるのだとしても、
やっぱりこの道を選ぶと思います。
これは正しい道だった。


そう思う。
そう願う。


↓9月1週目 最後のウォーキング
DSC_0831_convert_20160910190255.jpg
↑プードルさんと少年も一緒

↓お馬さんともしばらくおわかれ
DSC_0828_convert_20160910190217.jpg
↑翌週からはまた体育館での運動になります


↓日がどんどん短くなって
DSC_0832_convert_20160910190335.jpg
↑8時少しすぎでもうこんなにうす暗い


夏も終わりです。




お友だちのうちへ


このまえ、お友だちのうちに車で行ってきました。
はなこ村からだいたい15分ちょっとのところ。
車で行くのは初めてなので1時間くらいかかった気がしましたが。


↓着いたら玄関に置き手紙が。
DSCN2607_convert_20160908003825.jpg
↑買いものに出ています すぐ戻るからね


↓ふと、裏を見てみたら・・・・・
DSCN2608_convert_20160908011108.jpg
↑切るなんて切るなんて切るなんて(涙)


車を持っていない彼女と猫2匹を乗せて獣医さんに行きました。
大型キャリーに2匹を押しこんだ総重量は10kg強。
ふたりで車に積みこんで獣医さんへ。
帰りがけにひと袋20㎏の猫トイレ砂をふた袋購入。
ふたりで車に積みこんで帰宅。
普段車なしでどうやって暮らしてるんでしょうね?
パワフルすぎる。


猫たちはノミ予防をしてもらったんです。
そのときに診察室を跳ねていたやつか、
家のなかにすでにいたのかは不明ですが
はなこはノミに刺されました・・・


しばらくいろいろ忙しくしていてブログがお留守になってます。
お友だちブログにも伺えなかったり、
読み逃げになったりしていてごめんなさい。


↓家の鍵用に買ったキーホルダー
DSCN2609_convert_20160908011214.jpg


みんな「これ、うさぎじゃないでしょ!」って言うんだけど
うさぎですよね!?うさぎに見えますよね!!??
これは絵本のキャラクターで、
手に持っているのはまくらです。


↓青いってだけですでにうさぎじゃないよ
IMG_7020_convert_20160717210855_2016081820491057e.jpg
↑青くていいのはおめめだけだよ!



  ↓↓↓ 絵本画像追加しました ↓↓↓

51Cy9YWbzaL_convert_20160917170729.jpg



わたしが立ち読みした限りでは
これがなにものか(うさぎとかねずみとか)は書かれてなくて
リサガスやムーミンみたいな想像上の生きものみたいです。




9月


8日はわたしの先々代黒うさぎテディの
17日は一時預かりっこのシエルちゃんの
そして27日は海の命日。

そんな9月の最初の日に
うさ友さんちのうさちゃんがお空に旅立ちました。

9月はどうしてこんなに多いんだろ。
夏をがんばってのりこえて、そのぶん体力が落ちちゃうのかな。
若い子元気な子ならちょっとした食欲不振で済んでも、
そうじゃない子たちにとっては。


そんな9月。
ちょっと沈んでた9月。濃霧たちこめてた9月。

うさ友anbouさんちの黒い子アンちゃんが、お空に帰ってしまいました。
テディと同じ8日のことでした。
同じ黒いネザーどうし、命日がおそろいだなんて・・・

ずっと続いてた食欲不振とスナッフル。よくなったり悪くなったりしながら。
お薬に手伝ってもらいながら一所懸命がんばっていたアンちゃん。
アニマルコミュニケーションを受けたときに
コミュニケーターさん(動物とお話しができるひと)を通して
「ママのこと、大好き!」と言っていたアンちゃん。
ママにその大事なひとことを伝えることができてよかったよね。


↓大好きだったクッションのうえのアンちゃん
a.jpg


ボールさんや、ママお手製の黒うさ模様のご飯皿、
うさ友さん手作りの陶器の牧草入れ、
海ともおそろいの、足裏にやさしいマット。
愛情いっぱいの愛用グッズにかこまれて暮らした日々。

今年1月にお会いしたとき、
黒うさぎのネックレスを嬉しそうに見せてくれたanbouさん。
アンちゃんも大好きだったにちがいないその笑顔が
また戻ってきますように・・・


そして今朝、またおともだちうさちゃんの訃報が入りました。


ああ、なんだかどんどんここよりも天国のほうが
ずっとずっと親しく幸せなよい場所になっていきます。
みんないる。
9月はその扉が大きく開く月なのかな。


ぐぅちゃん
アンちゃん
茶太郎さん


そちらでどうかどうか幸せに。







Category: ペットロス

ローマのうさぎ


7月まではサングラスや麦わら帽子やストール
夏らしい涼しげなアクセサリーを並べていたお店が
8月に入ったとたんフェルトの帽子や肩かけなど
すでに秋モードになっていたのを見て驚いたものでしたが
9月に入ったとたん某スーパーマーケットには
レープクーヘンなどのクリスマスのお菓子がお目見えしたそうです。
サンタクロース型のチョコレートが並ぶ日も間近でしょう



8月にイタリア・ローマからメリィさんが遊びにきてくれて以来、
5年まえに行ったローマ旅行のことを思い出したりしていました。

なにかというと

↓バチカン市国を訪ねて
42758423_1417937253_2large_convert_20160831023416.jpg

↓大聖堂のうえからローマを眺めて怖い思いをしたあと
42758423_1417937183_102large_convert_20160831023337.jpg

↓バチカン博物館に入ったときに
42758423_1417936825_243large.jpg

↓いたんですよ~、うさぎさんが
42758423_1417937147_37large_convert_20160831023309.jpg

大理石のことですから、きっといまも同じ場所にいることでしょう。

↓大聖堂で
42758423_1417937047_115large.jpg
↑ぴょんさんと海の健康を祈った2011年10月




おなじ景色を見ていても、
寝不足でぼうっとしていたり嬉しいことがあってわくわくしていたり
やる気に満ちてはりきっていたり歯が痛くて不愉快だったり
そのときそのときで景色の見えかたは変わってくる。
おなじ景色なのに。
おなじわたしなのに。


道の先っていうのは見えないからわからなくて
わからないから、失敗したらどうしよう、とか
こわい目にあったらどうしよう、って考えちゃう。

でも、ふりかえってみればわたしの道には
家族やたくさんの優しい友だちやうさぎたちがいて
彼らと一緒のたのしい幸せな思い出がたくさんたくさんあって、
いいことばかりじゃなかったけど、
いいことのほうがずっとずっと多い。

それなら、この先の道を信頼していけないことなんてない。

まだ出会っていない、大好きな友だちになる誰かがいる。
わたしと一緒に暮らしてくれるうさぎがいる。
なにかが欠けてもまた新しいなにかが加わって、
人生が10だとしたらいつも10なんだと思う。
ときどき9や8になっても、またちゃんと10になる。
最後には。


いいことやたのしいことがいっぱい待ってるよ、って海が言うんだよ。


↓だってぼくすごいんだから!
IMG_6199_convert_20151113203909.jpg


数日涼しい日がつづくみたいだけど、
今週半ばからまた30℃以上にもなるという予報が。
本当?もう9月なのに?