新はなこ村から


5月ごろにブログにて予告したお引越しがやっと済みました。

海といっしょに暮らした海部屋は置いてきてしまったけど、
あたらしい部屋は海もいっしょに暮らしているので「はなかい部屋」。

↓海はベッドサイドにいます
DSCN2690_convert_20161019180428.jpg


↓ベッドにはうさ友くう姫さんからいただいたきれいなカバーをかけて
DSCN2712_convert_20161020164505.jpg
↑はるさんからいただいたうさぎクッションを置いてあります。

友だちとうさぎとでいっぱいの部屋。
はなかい部屋はこうでなくちゃ!

新はなこ村は旧はなこ村より大きく、
なんと徒歩圏内にスーパーマーケットが3つも!あるんです!
(以前のところには小さい雑貨屋さんが1軒あるだけでした)
チラシを見て安いほうへ行かれるから便利です。

そんなはなかい部屋に、うさぎグッズが増えました
うさ奈さんからアメリカ旅行のおみやげをいただいたんです。

↓ニューヨークの景色の缶に入ったチョコレート菓子と
DSCN2688_convert_20161010001456.jpg
↑海色(白)のうさぎ一輪挿し

小さな野の花をちょこんと差したらかわいいでしょうね!
反対にすると穴のない普通の置きものみたいになります。

今回うさ奈さんはアメリカに住むうさ友のkoumeさんと
その愛うさぎRoyくんを訪ねたのですが→うさ奈さんのアメリカ旅行記
なんとkoumeさんはわたしへの贈りものをうさ奈さんに託してくださったんです。

アメリカのうさぎ文房具と
DSCN2686_convert_20161010001514.jpg

手作りのうさぎマグネット(左)
DSCN2685_convert_20161010001439.jpg
↑粘土で作った小さな小さなデコレーション
 にんじんさんののったトレイにはうさぎさんがついています。

うさぎさんは自分で着色できるように、そのままになっています。
白く塗って目を青くして海にしなくちゃ!

↓うさ奈さんには来年の週めくりうさぎカレンダーや
DSCN2714_convert_20161020164850.jpg

↓PEZの姿をしたUSBもいただきました(うさ奈さんちで撮影)

↑青い目の白うさだけど、この目つきがなんともw


どこへ行ってもうさぎとうさ友さんがこうしてついてきてくれる。
幸せですね
きっとわたしはいつか老人ホームに入ることになっても
これらを全部持っていって、やっぱり幸せでいると思います。
まあ、ホームではうさぎは飼えないだろうけど・・・やっぱりちょっとしょぼん


お引越しをして、ネット環境がまだ整っていません。
お友だちのブログも読めなくて寂しいです。。。
開通したらがんがんお邪魔させていただきますよー!
(いつになるやら・・・ふう)


↓ぼくもいっしょにおひっこししてきたよ!
IMG_7127_convert_20161020171727.jpg





スポンサーサイト

おひさしぶりです


ご無沙汰しております。

現在、ネット環境がよろしくなく
ほとんど接続できない状態になっています。

ブログを書いたり写真を縮小したりすることはできず、
お友だちのブログも時間がかかるうえに写真はほとんど表示されず
読み逃げどころか訪問もできない状態が続いています・・・

そんなわけで人生の楽しみの半分が欠けていてしょんぼりですが
なんとか元気に暮らしています。
ドイツは朝晩は寒くうす暗く、すっかり冬じみてきました。

もういつクリスマスが来てもおかしくない気配が満ちています。
そろそろ湯たんぽや腹まきの出番。

お店にも(9月上旬からすでにそうでしたが)クリスマスグッズが並んでいるので
海の写真のそばに飾ろうと、ツリーのキャンドルスタンドを買ってきました。

うちのかわいい子になにかを買ってあげるのっていつも嬉しいものですが
いなくなってしまうとそういうことはもうできなくなりますが
たまにチャンスがあるとやっぱり嬉しくなりますね。
意味はないといえばたしかにそうなんですが
海に買ってあげよう、と思うとそれだけで嬉しい。


今日はこれから久しぶりの歯医者さんです。
ゆうべ、あらかじめテンションをあげておこうと
紅茶にアルコール80%のラム酒を入れたものを飲みました。
わたしはアルコールはダメなのですがこのラム酒のにおいは・・・
独特なにおい、おとなのにおい。紅茶の香りに黄金色を添えるにおい。
うん、決して悪くないにおいです。
数滴しか入れなかったので味はほとんどなく、酔っぱらうわけでもなく、
歯医者さん用にテンションがあがった気配もありませんが
元気に楽しく行ってこようと思います!

いってきます。




LINEでスカイプ


うさ奈さんハイムで過ごしたある日、日本のうさ友るこ丸さん
スマホを使ってのLINEビデオ通話機能でお話ししました
これまでは映像つき通話はスカイプを使っていたんですけど、
買い換えた新しいはなこパソコンにはまだスカイプが入っておらず
(しかもIDもパスワードも忘れた・・・どこかにメモってあるはず・・・はず)

残念ながらはなこスマホがサイレントになっていたせいなのかどうか
るこ丸さんの声があまりよく聞こえず(あちらには聞こえていた模様)
話らしい話はできなかったのですが、リアルタイムうさ太くんを見てもらえました!
まだおねむタイムだったので、巣箱の穴から顔だけのぞいてる状態でしたが。

それにしてもるこ丸さんは半そで薄着姿。まだ暑いんですね、関東地方。
わたしなんかフリース着てましたよ~、室内20℃だったので。

次回はぜひお互いコスプレしておしゃべりしましょう!
一緒に死海マスクもいいよね!


↓うさ太くんの窓辺で庭を眺めるうさぎランプ
DSCN2676_convert_20161005174056.jpg
↑これだけ長期滞在するとすっかりはなこハイムな気分に


滞在中、所用にてハイデルベルク中心部まで出かけました。

↓ちょっと秋めいてきました
DSCN2664_convert_20161005032431.jpg

↓道行く人々は晩秋な服装です
DSCN2663_convert_20161005032416.jpg
↑ヨーロッパらしい風景ですが撮影者はなこのうしろは

↓自転車置き場
DSCN2665_convert_20161005032447.jpg

↓そして市バス
DSCN2666_convert_20161005032505.jpg


この日も以前のお勤め先に顔を出してきたのですが、
もうすぐ定年退職をする以前の同僚、孫の写真を見せるのが趣味でして
挨拶が済むとすぐにポケットからスマホを取りだす。
敵が目に入ると同時に拳銃を取りだす、みたいな勢いです。
忙しそうだったので5分くらいしかおしゃべりできなかったのですが
それでもお孫さんの写真・動画だけはしっかり見せていただきました。

だいたい、仕事中にスマホ持ってていいんでしょうか・・・

↓今回、うさ奈さんの蔵書からこちらを読ませていただきました
ダウンロード

これを読むとドイツ人の家はもれなくすべてぴかぴかになってるみたいですが
わたしの友人知人では常にぴかぴかなのは半分くらいでしょうか。
やはり家族がいて忙しい家庭の台所や老眼入ってるひとの台所などは
まあ普通に汚れていたり散らかっていたりするようなんですが。

いつ不意打ちしても常にモデルルーム並みの輝きを放っているのは
なんといっても義姉その1の家なのですが、
ここは本当に美しすぎて生活感ゼロなんです。
いつ行ってもキッチンにお鍋ひとつ、グラスひとつ出ていないってどうなの。
家のなか土足で歩いてるのに塵ひとつ落ちてないって。

なんでいつもこんなにぴかぴかなんですか、と聞いてみたところ
それはね、夫がいないからよ!(←若くして亡くなった)
でしたが・・・そういう問題じゃないような気がします。


それにしてもそろそろ本格的に秋です。
そろそろ街に焼き栗の屋台が出没する時季。
日本だと石焼き芋のおじさんが出るみたいなイメージですね。






うさ太くんとあと少し


うさ奈さんハイムバスルームにて、
お友だちにいただいたコレ↓に挑戦。

↓コレ
DSCN2661_convert_20161005032346.jpg
↑ミネラルたっぷり死海マスク

1回ぶんなんですけど、すごい量が入ってました。
顔だけじゃなく首にも厚塗りできちゃいました。
塗りたては濃い緑色なんですが、乾くと色が薄くなります。
で、厚さによって乾くのが早いところと遅いところとがあって
しばらくして鏡を見たら一面緑のまだらで妖怪みたいになってました。

夜だったし、けっこう怖かったのですが
うさ太くんはそんなゾンビはなこにも躊躇なく近寄ってくれました。
外見に惑わされず、ちゃんと中身を見てくれてるんですねぇ
なんてすばらしい

あ、パックの効果ですが、うーん、まあ、多少はすべすべになったのかな


↓うさ太くんは牧草キューブが大のお気に入り
DSCN2673_convert_20161005174024.jpg


↓深夜もごりごりやってます
DSCN2675_convert_20161005174037.jpg


↓ソファの上にて
DSC_0898_convert_20161005021316.jpg
↑下から見るこのお口がたまりません

スマホ縦写真、縮小がどうもうまくいきません・・・なんて小さくなっちゃうの


↓お花屋さんのやさしい色たち
DSC_0899_convert_20161005021337.jpg



わたしが見たり感じたりしたことが、わたしの現実


これ↑はうさ奈さんの本棚にあった「もっと動物たちと話そう」という、
ローレンさんのアニマルコミュニケーションの本にあった一節です。

以前お借りした「動物たちと話そう」の第二部といった内容らしく、
空に帰ったペットや野生動物との会話について書かれています。
これはちょっと読む側にも精神的に準備が必要な感じなので、
ぱらぱらと見ただけで読んではいないのですが、
この↑動物園のキリンさんのひと言が目にとまりました。

実にまったくその通り。

自分の心のありようによって世界って変わっちゃうんですよね。
たぶん、あなたとわたしとで一緒ににぎやかで華やかな街を歩いても、
並んでくっついて座って緑の草原を眺めても、
目に映るものは同じでも見えかたはきっとちがう。

同じひとりのわたしでも、気持ちの持ちようによって同じ景色が
なめらかな明るい球体に思えるときも
鋭いくらいに冷たくて痛い金属のように感じるときもあります。
不安で心臓が沈んでいるときに散歩に出て、
隣家のドア脇に放置されている自転車がなんとも侘しく見えて、
たくさん歩いて心臓が浮かびあがってから戻ってきてまたそれを見ると、
今度は生活という物語が感じられてほほえましく思えたりして、
自分でもバカなんじゃないかと思いますが(←たぶん本当にそうw)
これをいつも自分で帰り道にできるようなスイッチを作れたらな、と思うんです。
キリンさんはそれができてるんじゃないかな。


↓はなこ、まだまだだね
DSC_0131_convert_20161004011048.jpg
↑本当はスイッチだって要らないんだけどな


明日はうさ奈さんたち帰独日。
わたしのうさ太くんとのラブラブライフ、明日のお昼で終了です
うさ太くんが楽しみに待ってますよー!気をつけて帰ってきてくださいね!





ハリネズミさん


10月3日から心機一転(←日付に意味なし)新しいテンプレートになりました!
(↑ドイツ時間)

うさ友るこ丸さんが作ってくださった海オリジナルテンプレートです
これまでよりも写真を大きく載せられるようなのですが、
どのくらいまで大きくてもいいのかしばらくいじってみないと。
楽しみです。るこ丸さん、いつもありがとう。ちゅー


↓ぼくブログ、大きくて立派になったね!
DSCN1449_convert_20161004011146.jpg
↑それならしっぽまで写真に入ると嬉しいんだけどな

(↑それは無理)


さて、画像がないのが申し訳ないのですが、
実はこのまえすぐ間近で野生のハリネズミさんを見かけました。

いつも野良ねこのために玄関外に猫缶を出しているお友だち、
彼女の家に遊びに行って帰るとき、ドアを開けたらそこにいたんですよ!
野生のハリネズミさんが、こちらに背を向けて一心に猫缶食べてました。
まあるいかわいい、たわしのような背中。
けっこう大きく、海(1・5kg)と同じくらいありました。

わたしの足元から30cmほどしか離れてない位置です。
でも、さすがに動いたら逃げちゃうんじゃないかと思って
わたしは写真を撮ることもできず、固まっていました。

彼(?)はお皿を空にしたあとこちらをふり返り、
わたしの靴あたりを興味なさそうに数秒眺めたあと、去っていきました。
こんなそばに人がいても平気だなんてびっくりだし、感動しました。
かわいい背中をすぐ近くで見ちゃった!

というか、猫缶食べるのか・・・


↓わたしは相変わらずうさ奈さんハイムで幸せに過ごしております。
DSCN2649_convert_20161004014734.jpg


↓あどけないお顔してなにを見ているんでしょう
DSCN2647_convert_20161004014721.jpg
↑と思っていたら

↓はなこ、はやくうんち片づけろよ(じろり)
DSCN2645_convert_20161004014700.jpg
↑すみません・・

ソファまえのカーペットのうえに転がって、はなこが腹筋運動をはじめると
うさ太くんはソファから身を乗りだして不思議そうに見下ろしてくるんです。
床からだと、ちょっと開いて「ほえ~?」となったお口が見えて
あんまりかわいくて力が抜けてぐにゃんとなってしまいますwww

日本人の友だちに、学生時代に器械体操をしていた人がいるんです。
わたしとほぼ同年齢、身長や体型も似たような人なんですけど、
やっぱりずっと鍛えてた人ってなんか違うんですよね。
服を着てても、胴体が引きしまってしゃんとしているのがわかる。
比べるとわたしはどうもぐにゃりというかふにゃふにゃしているような。
あこがれたんです。あの凛とした姿、立ち居振る舞いに。

それに、なにかの非常時に体力や腕力が必要な場面になったとき
見かけ通りよわよわふにゃふにゃの役立たずなのはいやですよね。
そんなわけでこのところじわじわとがんばっているのですが・・・

ええ、なのでここでうさぎに癒されすぎて太ってるわけにいかないんです。
いかないんですよ。
なのに3kgばかり増えてました。
え!4日で3kg!!

うさぎ、危険すぎ。




うさぎのちから


そんなわけで、非うさ飼い歴が1年を超えたはなこですが、
実は現在1週間のうさ飼い生活を堪能中です

うさ奈さんご夫婦が旅に出ているあいだ
うさ奈さんハイムにてうさ太くんとふたりきりでお留守番なのです。

このところプライベートでいろいろ大変で
心身ともにくたくた、しばらく立ち上がれそうにない、と思っていたのですが、
うさぎのにおい、うさぎの存在が癒してくれています。

すごいですね、うさぎのちから!(←某サプリのはなしではありません)
ただそこに ぽて と座っている姿を見ただけで自分そのものに帰れる。
うさぎがそばにいる日々、という、なつかしい心のふるさとに帰れる。
本来のうさ飼いはなこに戻って、そこから次へ進む勇気がわいてくる。

うさぎがいる。
牧草のにおい、おやつのフルーツの甘いにおい、
おしっこのいいにおい、ご飯のこうばしいにおい。

ご飯をあげてなでなでしてトイレきれいにしてなでなでして
うんち拾ってなでなでして本を読みながらなでなでする暮らし。

うさ奈さんがテーブルにお花を飾っておいてくれたので、
持ってきた海のフレームを置いて一緒に過ごしています。


↓緑のお財布に入っているのはお骨の一部
DSCN2637_convert_20160930212201.jpg
↑かわいいバラとかわいい海


わたしは海がいなくなって以来ずっと早寝早起きという健康的な、
ある意味年寄りのような生活をしているのですが
うさ太くんって夜型なんです。
22時すぎくらいからどんどん活発になってきて撫でろ攻撃してきたり
ぶうぶういいながら腕を狙ってきたりお腹を掘ったり。
でれでれになりながら撫でているうちに夜は更けていき・・・


↓更けていき・・・
DSC_0876_convert_20160929224343.jpg


今朝は思いきり寝坊してしまいましたが(←8時でしたが)
うさ太くん、静かにおとなしく待っていてくれました
海は元気だったときはベッドに飛びのって、
後半はヒーターコードを引っぱってわたしを起こしましたが
うさぎってほんとにそれぞれの個性なんですね。どちらも愛しいです
それに久しぶりのヤング(死語)のような生活、いいですね!


↓おはよう
DSCN2638_convert_20161001211429.jpg


↓はなこスマホ、どけ~邪魔だ!
DSCN2639_convert_20161001211453.jpg


↓よく食べ、よく飲んでいます
DSCN2643_convert_20161001211509.jpg
↑魅惑のマフマフ・・・


9月に車で動物病院に連れていった友だちの猫さん、
1匹がすごい怖がりさんなんです。
友だちがいるあいだはいいんだけど、
ちょっと席を外してわたしとふたりきりになるとびくびくw
ちょっと動いただけでびくっとするので
肉食のくせにうさ飼いにビビるなんて情けないなぁ、と
(日本語で)言ってしまったのですが、言ってみて改めて
ああ、わたしってうさ飼いなんだよなぁ、としみじみ思ったんです。


うさ飼いでいたいな。
うさ飼いに戻りたいな。
分かれ道。


まさに今このときに
うさぎとじっくり一緒にいるこういう時間を与えられたこと、
うさ奈さんたちに本当に感謝です。ありがとう
うさ太くんのことは心配せずに
思いきりアメリカを楽しんできてください!