ふたたび猫山さんち


うさ太くん、春のニューヘアスタイルコレクション
 ↓↓↓
DSC_1902_convert_20170226010318.jpg


DSC_1887_convert_20170226061523.jpg


DSC_1885_convert_20170226061436.jpg


注・この白いライン、普段は耳のあいだに向かってまっすぐなんです。



職場に、横浜に日本人の友だちがいるというドイツ人女性がいます。
本人は日本語を学んだことはないそうだけど、
友だちから覚えたという挨拶はけっこう豊富です。

おはようございます。こんにちは。ありがとう。
朝ごはん(←?)
どう?(←調子はどう?のことらしい)

日本語を使いたいらしくて、
特に必要がなくてもわたしの顔を見るとそばへ来て挨拶してくれます。

昨日、仕事を終えて帰ろうとしたら奥からこの人が走り出てきて
「邪魔だー!」と叫ぶのでびっくりしました。

相手もわたしのリアクションを見てびっくりしたようで
「お別れするとき、日本語でそう言うんでしょ?」と。

お別れするとき?さようなら、じゃないんですか? と言うと、

「ううん、もっとくだけた言い方。友だちがよく言うの。邪魔だ、って」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・。

もしかして「じゃあ、また」って言ったんですか!?

彼女は嬉しそうににっこりしました。「うん、そう。それ



↓正味4日のうさ奈さんハイム滞在を終えて、猫屋敷に帰還しました
DSC_1815_convert_20170222182159.jpg


うさ太くん撫で放題、ネット使い放題の幸せな4日間。
ここには猫しかいないし(←失礼)、ネット不便環境だけど、でも・・・

ママもベイビーもわたしを歓迎してくれたらしく、
向こうから寄ってきて足に体をこすりつけ、背中を撫でさせてくれました

↓ベランダからはなこを睨む見つめるママ
DSC_1814_convert_20170222182140.jpg
↑いいね、そこ、特等席だね


↓うさ友くう姫さんが、海に贈りものを届けてくれました
DSC_1659_convert_20170122205026.jpg
↑いろんな種類のサンプルペレットです

↓もう海におそなえできるものはなにもなかったので嬉しい
DSC_1664_convert_20170113060801.jpg
↑これがここにあるだけで、部屋にうさぎの幸せなにおいが広がります

↓おやつのにおい、牧草のにおい、うさぎのにおい
IMG_6301_convert_20170228220557.jpg
↑幸せな日々のにおい


猫屋敷ではインターネット接続がないので、わたしはSIMカードを使っています。
これが30日間という期間型で、容量は5GB、3GB、1GB、200MBから選べます。
ずっと毎月5GB分を払っていて、いつ空になるか毎月恐々けちけち使っていました。
けど、けっきょく毎月余るんです・・・月末には動画祭りをしますが、それでも余ります。
ので、2月は3GBにしました。期限切れまであと24時間ですが、1GB余ってます。
3月は思い切って1GBにすることにしました。

意外とそんなに使えないものなんですねぇ・・・
それともわたしのけちけちが勝った、ということでしょうか。







スポンサーサイト

窓のむこう


街灯が灯るりはじめる午後6時すぎにウォーキングに行きました。
この日は夕方から強風になって、滅多に強い風が吹かないはなこ地方のこと、
楽しそう!と思って出かけたんです。

袖から出ている両手を風がぐいぐい押してくるのも、
髪がめちゃめちゃに乱されるのも楽しかったです。
風に撫でてもらってるみたい。ぐしゃぐしゃと。

家のなかでは明かりが必要な暗さです。
シャッターを下ろしていない、カーテンも引いていないうちってけっこう多くて、
窓のむこう、家のなかが覗けちゃうのもなかなか楽しいのです。
頑固そうなおじいちゃんが新聞を読んでいたり、
奥さんが座ってピールを飲んでいるそばで旦那さんがお料理していたり、
小さな子どもがテレビを見ている後ろ姿とか。
もちろん、じろじろ見たりはしませんw けど、
こんな風に暮らしのひとかけらが見えるのってなんとも心楽しくてわたしは好きです。

ドイツ人にはこんな風になかを見られても平気、っていう人けっこういるみたいです。
なにを隠そう、わたしも見られてもまったく気にならないタイプです。
べつに悪いことしているわけじゃないし、室内はきれいに片づけてあるし・・・
ときどきカーテンを引かずにパジャマに着替えようとして!!!と思ったりしますが。

おじさんは、電気をつけたらすぐにシャッターを下ろす人でした。
そして、猫山さんもただちにカーテンをひく人です。
他人に家のなかを見られたくない、というのがその理由。
人ってそれぞれですねぇ。


なにを隠そう(?)、実は火曜日から5泊でうさ太くんシッターに来ています


↓はなこそっちのけでジュニアのお世話をするパパw
DSC_1845_convert_20170224001316.jpg

↓うさ太くんのほうが薄く見えるw
DSC_1846_convert_20170224001345.jpg
↑ジュニアに負けるな!ゴーゴーうさ太


火曜日の夕方にうさ奈さんハイムへ来て、すぐにスーパーへ買い出しに。
ばら売りよりもお買い得なので、うっかりにんじん1㎏買ってきてしまいました。
毎日にんじんばかり食べています。

うさ奈さん、残りは置いていきますので、使ってね
そしてたまねぎひとつもらいました~(←私信)
あ、それから強風のため上のベランダから薪がひとつ落ちてきました。
外に転がしてありますのでよかったら使ってください。
(↑他人様のものだけど)


↓髪型を変えてみたうさ太くん
DSC_1902_convert_20170226010318.jpg
↑春ですもんね

おでこが換毛中なのでハンドグルーミングしたところ
DSC_1892_convert_20170226005533.jpg
↑割れ目ができてしまいました・・・

↓割れ目が気に入らなかったのかジュニアに八つ当たり
DSC_1899_convert_20170226005614.jpg
↑パパ、やめてよ~(泣)


↓昨日、はなこ留学時代のホストファミリーのおうちにお邪魔してきました
DSC_1857_(1)_convert_20170226001155.jpg


4月に奥さんが小旅行に行くあいだ、
認知症のあるご主人と一緒に泊りがけでお留守番することになったはなこ。
この日は奥さんと一緒に近所をお散歩して、
パン屋さんや銀行や郵便局などがどこにあるか案内してもらいました。
わたしがここに暮らしていたデボン紀とはいろいろ変わってしまっているので・・

家々のあいだを抜けるとき、まだ午後の明るい時間帯でしたが、
暖かいせいか窓を全開にしているおうちがかなりあって、なかが丸見えでした。

奥さんは横目でおうちのなかをちらちらと覗きながら
よその家のなかを見るのって楽しいのよね、とわたしに囁きました。
そして、見られるのは好きじゃないからわたしならカーテン引くけど、と仰るのでした。



東山さんのおうちへ


雨でうす暗いドイツ・はなこ地方ですが、気温はずいぶん上がりました。
朝晩でも10℃近くあるなんて!!
といっても太陽が出ないと日中もそれ以上上がることはないのですが。

不思議なもので、室温は変わっていないのに薄い靴下でも平気だったり、
布団のなかで湯たんぽを蹴とばして体から離したりしてるんですよね。
体が自然と春モードになってきているのでしょうか。
猫たちも活発になってきてますしね。



半月ほどまえの話ですが、お友だちの家に遊びにいってきました。

わたしがハイデルベルクの語学学校に通っていたカンブリア紀、
おなじクラスにトルコ人の女性がいました。
トルコはドイツより東なので、東山さん(仮名)とします。
当時すでにドイツ人のご主人がいた東山さんはわたしのドイツのお姉さん。
いまでは大学受験を控えた17歳の息子さんがいます。

この人のおうちにお邪魔して朝から晩までおしゃべりしてきたんです

↓ふたりぶんのテーブル
DSC_1720_(1)_convert_20170214004144.jpg

↓パンとハム、東山さんお手製のジャム
DSC_1723_convert_20170214004211.jpg


彼女は内臓のどこかが悪いせいで足がむくんでしまい、
改善のためにプールに通っているんです。
専門の療法士さんがいる、リハビリ用施設内のプールです。
このまえ、そこで一緒になる仲間たちとランチパーティをしたそうです。

土曜日の午後。会場は東山さんの家。
時間帯が平日昼間のリハビリ仲間なので、メンバーはおばさんばかり。

いつもはプールで顔をあわす仲間たちがせっかく陸上で揃ったので
記念に写真を撮りましょう、という話になったそうです。
挨拶だけして自室にこもっていた17歳の息子さんにカメラマンの役を。
東山さんは彼の部屋のドアをノックして
「息子さん、写真を撮ってほしいからちょっと出てきてくれる?」と言いました。
が、息子さんからの応答はありません。

東山さんは今度は強めにドアをたたきましたが、やはり無反応。

ドアを開けて、こちらに背を向けてヘッドフォンをしている息子さんに
「息子さん、写真をお願いしたいんだけど!!」と大声を出しましたが
相手は振りむきません。

しまいに東山さんは息子さんの肩をつかんで
「息子!写真を撮りたいんだけどっ!!」と怒鳴ったそうです。

すると息子さんは立ち上がってみんなが集まっている居間へ行き、
入口のところで片手を腰にあて、顔をちょっとななめにしてカメラ目線に・・・

仲間たちが笑うまいと震えているのを察した東山さんは
あんまり恥ずかしくて耳まで燃え上がってしまったそうです。
それでも努めて平静を装ってしずかな声で、
「息子さん、あなたの写真じゃないの、わたしたちの写真を撮ってほしいの」
と言ったそうですが、いまになって恥ずかしさが再燃したのか

「まったくうちの息子ときたらー!!」とわたしのまえで怒るのでしたw


↓そんな東山さんといのししのいる公園までお散歩
DSC_1736_convert_20170222181654.jpg
↑前日が雨だったので地面はどろどろ・・

↓泥のなかにおいしいものがあるのでしょうか
DSC_1735_convert_20170222181625.jpg

↓一生懸命たべています
DSC_1727_convert_20170203043544.jpg
↑無心な表情がなんともいえずかわいいです

↓いのししとはなこを交互に撮影する東山さん
DSC_1731_convert_20170203043635.jpg
↑わたしの自慢の、優しい友だち


家に帰って猫山さんにこの息子さんの話をして、一緒に笑いました。
(ごめんね、東山さん・・)
いまは家族のいない猫山さんは、こういう、
家族や家庭というあたたかな関係での微笑ましいエピソードを喜ぶんです。


↓うさ友ゆりさんにいただいたミニうさぎカレンダーも2月に
DSC_1822_convert_20170222182322.jpg
↑高さ10cmくらいのかわいいカレンダーです


↓ツヴェルガーのカレンダー
DSC_1823_convert_20170222182342.jpg
↑2月は絵本「小さなへーヴェルマン」の挿絵


お出かけして、人と会って、
初めての場所を見たり初めての経験をして家に帰る。
喜んでおかえりを言ってくれる人がいて、くつろげる場所があるから
ここからどこへだって出かけていかれる。

猫山さんも言っているとおり、家族、って血のつながりだけじゃないですね。
誰だって家族になれる。国がちがっても、種類がちがっても。

というのは、猫山さん以外の人間には決してなつかなかった猫山ママが
最近になってわたしをこの家の人間と認めてくれて、
一緒の椅子に座りにきたり、話しかけたりしてくれるようになったんです。

猫山さん以外の人間がごはんをあげても決して口をつけない。
決して触らせない。決して口をきかない。近寄らない。
その徹底した忠誠心をひそかに尊敬していたので、
そんなママが心を許してくれたのはちょっと嬉しいです




Category: お友だち

働いてました


ご無沙汰しております。生きてます。

2月になったらお仕事が一気に入ってきて、
今週は週休2日、なんていう勤勉なことになっていました。
そのまえにですね、旧はなこ村の病院へ行ったら帰りの電車が30分なくて、
日曜日に仕事に行ったら帰りの電車が40分なくて、
どちらの駅も屋根はあるものの寒さをしのげる建物はなく、
周りにお店の一軒もないので骨の髄まで冷えきってしまったんです。
気温が2~3℃しかない日でしたから。

で、発見したのですが、寒さって体力を奪うんですね!(←いまさらの発見)
両日とも夕飯後から深夜まで、深夜から翌日まで眠りましたが疲れはとれず、
とれないまま連続勤務に突入してしまったため、
ブログもメールのお返事も滞っておりました。

・・・なんて書くと悲惨に聞こえるかもしれませんが、楽しいんですよ
どんな経験も、それを経験できるっていうのはすてきなことです。
どんな経験も、かならず身になりますから。


そんなわけで書きたいこともたまっていたのですが
書けずにいるうちに大部分を忘れてしまいました(←)
ので(?)、今回は最近買ったものの話などを・・・


このまえ、職場を出てすぐ目のまえにある本屋さんで、
カレンダー70%OFFセールをしていたんです。

↓最後のひとつだったツヴェルガーのカレンダーを買っちゃいました
DSC_1695_convert_20170127202301.jpg


大好きな画家ツヴェルガーのカレンダーは毎年ほしいと思っていて、
でもカレンダーとしては決して安くなかったので毎年見送っていたんです。
でもご覧のとおり↑カレンダーというより絵としての部分が大きいので、
これなら何年も飾って眺められるし、と思って購入。70%OFFだったし。
この前に立つたび、じーっと見入ってしまいます


ドイツのここが好き、とわたしが思うことのひとつは、
ベジタリアン用メニューやビーガン用の食材が充実しているところ。
日本も最近ではそうなってきているのかな?

↓このまえは卵黄不使用のマヨネーズを見つけました
DSC_1746_convert_20170204190712.jpg


普通のマヨネーズに比べると少々コクに欠けるけど、さっぱりしていてとてもおいしい
コレステロールの心配もいらないし、お値段は普通のマヨネーズと同じ。
それならこっちを買うよね!健康的だし!と言いながらサラダに使って
さっそく猫山さんと食べたのですが、そのサラダにゆで卵が入っていたので・・・
卵黄不使用の意味あり・・?とふたりで笑ってしまったのでした。


それからそれから・・・


↓チューリップ
DSC_1791_convert_20170220000534.jpg


これね、買ったときにはまだつぼみで、白かったんです。
先端がうっすらとやさしいピンクの子が2本ばかり混ざっていて。
それが翌朝見たら全員ピンクになっていてびっくりでした。


↓かわいいー
DSC_1802_convert_20170219235148.jpg
↑たまねぎとにんにく・・台所な風景


しかも日が当たりすぎて
チューリップだかバラだかわからないくらい開いちゃいましたが


↓これは村山さんからのいただきもの
DSC_1743_convert_20170204190541.jpg
↑楽しいデザインのチョコのつめあわせ


こういうのをお夕飯のあとにつまむ幸せなひととき。
熱い紅茶。
ろうそくの灯り。


このチョコのトッピングのひとつが、赤い胡椒粒でした。
赤いから見ためはかわいいんですけど、チョコに胡椒・・・
大人っぽい味がするのかな、と食べてみました。
猫山さんが先に(←毒見)。わたしがあとから。
猫山さんの顔から想像したとおりの味がしたので吹き出してしまい、
胡椒片が喉のどっかにはりついてしまって咳き込んで大変でしたが


ささやかで穏やかで楽しい、普通の日々。
大きな幸運よりもずっとずっと愛しい日々。





すべてに時が


海とお別れして以来ずっと飲んでいた睡眠導入剤、
1月から飲まなくてもまったく平気になりました。

ずっとこれがないと眠れなかったんです。
内科で、別件で血液検査を受けた際に服用中の薬の有無を訊かれたとき、
薬には必ず副作用があるし、習慣性もあるものだからやめなさい、
って言われてたんです。でも。

飲まないで布団に入ると3時間も4時間も眠れない。
明け方になって疲れてしまってけっきょく飲む。
すると翌日午前中は辛くてだるくて仕方がない。
ので、やっぱり寝るまえに飲んじゃう。

そんなことをずっとくりかえしていたのに、
ある日、なんの努力も決意もなくふと今日はいいや、って思って、
途中で起きちゃったら飲めばいいと思って薬を枕元に置いて、
そしたら2~3回目を覚ましたけどすぐにまた眠ってしまって
気がついたら朝でした

最近は眠れないどころか布団に入るとすぐに眠ってしまって、
実はベッドのなかでぬくぬくと考えごとをするのが大好きなわたしは
眠れなかったあのころもそれなりに楽しかったな、なんて・・・w



旧はなこ村で何年も親しくしていただいてる友だち、村山さん(仮名)。
はなこのドイツのお母さん的存在です(はなこ母より若いんだけど)。
それまではお互いの家まで徒歩5分だったので、
「いまからお昼食べに来ない?」「行く行くー」なんて
ささやかに楽しく嬉しいことがしょっちゅうできていたのですが、
いまはちょっと遠くなってしまいました

それでも村山さんはつながりを絶やさないように、
機会あるごとにランチや村のイベントに誘ってくださいます

↓先日は一緒に焼きりんごを作りました
DSC_1689_convert_20170124053617.jpg
↑完成画像なし

・・・だって、かわいい赤いりんごが茶色くなって出てきたから・・・

↓ランチは村山さんお気にいりの手巻き寿司
DSC_1690_convert_20170124053800.jpg
↑チューリップ

3年まえははなこと同じ身長だった息子くんが、
まだ15歳なのに180cm超え・・・2m目指してるの!?なんで!?やめてよ!
でも、それでもお母さんに甘えてけっこうくっついたりしてるので・・・
肩に頭をもたせたりしてるので・・・ 見てると微妙なものがあります。

ドイツの学校って落第があるんです。
この息子くん、今回はかなりすれすれでなんとかなったらしく、
来年は落第を予想されているみたい。
1学年年下の生徒にまざって1年やりなおすわけなので、思春期のプライドが・・・
と思うのですが、本人は「なったらなったで別に平気」なんだそう・・・
そして村山さんに「平気とか言ってる場合かー!!」と火を吹かれていました。


↓村山さん、おとぎ話の竜みたいだね
DSCN0796_convert_20170208204721.jpg


だけど、お医者さまがなんて言おうと実際体に良くはなかろうと、
あの時期のわたしにはあの薬がどうしても必要だった。
言われたから一応やめようと理性は考えて努力もしてみたけど、
心のどこかでは必要だってわかってて、やめられない自分を認めてました。
けっきょく、なにごとにも「時」がある。


すべてに時がある  Alles hat seine Zeit. (伝道の書 第三章)


家のポストに各教区の「教会報」みたいなのが入るんです。毎月。
その月のミサの時間や、教会のイベントについてのお知らせなどが載っているもの。
表紙は写真と、それに添えられた聖書の言葉。

海がいなくなったすぐあとに届いた教会報の表紙の言葉が、
この「すべてに時がある」だったんです。


  生るるに時があり、死ぬるに時があり、植えるに時があり、収穫に時があり、
  殺すに時があり、いやすに時があり、こわすに時があり、建てるに時があり、
  泣くに時があり、笑うに時があり、悲しむに時があり、以下略(←無礼)


出会うのに時があり、別れるにも時がある。
病むのに時があり、癒しにも時がある。
つまり、「その時はいずれ必ず来る」。
必ず。
良いことも悪いことも。





雪どけ


ながいあいだ氷点前後をうろうろしていたはなこ地方、
おとといあたりからプラス℃になり、日中は10℃近くになっているようです。
(毎日チェックしているわけではないけど)

寒かったせいなのか高騰しまくっているお野菜価格、そろそろ下がるかな・・
毎日猫山さんとふたりでバケツ一杯食べていた野菜いろいろサラダ、
食べられなくなってもう何日たつか・・・
安定してお安いのはじゃがいも、にんじん、たまねぎだけなので
このごろこればかり、変化をつけるべく肉類の出番が増えています。 


それでも進むとしたらその先には春しかありえないわけで。
秋や冬になることはないわけで。
お花屋さんにはチューリップが並びはじめました!!


貧乏でも節約しなければならないときでも貯金しなくてはいけないときでも
どうしてもどうしても誘惑に負けてついつい買ってしまう。
誰にもそんなもののひとつやふたつはあると思いますが、、わたしの場合は



1.うさぎグッズ

2.音楽

3.チューリップ


なので、店頭でチューリップを見るとすごくすごく困るんです 

春。
悩ましい季節ですね。

まだ2月だけど。



先日、うさ友のtomo_tomoさんから海カレンダーが届きました!!

tomo_tomoさんは毎年海カレンダーを作ってくださるんです。
最初のカレンダーは海と一緒に記念撮影しました。
ふたつめのは去年わたしが帰国したときにいただいて、
みっつめがこのまえ猫山家のポストに届きました


↓今年もまた一緒にすごそうね
DSC_1697_convert_20170127202400_20170204190846c7c.jpg
↑絵はがきは「だるまにはまった海くん」ですw

うさぎだるまの絵なんて初めて見ました!
このブログから写真を選んで印刷して、手間をかけて作ってくださるtomo_tomoさん、
いつも本当にありがとう



そしてうさ友ナオミさんからも嬉しいものが届きましたよ


↓心までぽかぽかうさぎさん靴下と
DSC_1753_convert_20170205203153.jpg
↑招福まめ熊手

説明文によると、「福をトリこみ、金運をかき集める縁起物」なのだそうです!
金運・・・ほしいですね(笑) チューリップが買えるくらいは(←)


↓それからすばらしき日本の伝統(?)うさぎガチャ!
DSC_1696_convert_20170127202325.jpg
↑ケーキの王様、海くんです


ナオミさん、あたたかい贈りものをありがとう
今年もよろしくね。



プラス℃にあがり、雨が降ったりしたもので
長いこと景色を白く染めあげていた雪がついに溶けて消えました。

朝、ブラインドをあげたら白かった庭が緑になっていて、
何日も何日も冷たい雪の下に閉じこめられていた草たちがちゃんと緑なので
とても感動してしまいました・・・ えらいね。がんばったね。


↓もみの木以外は裸の枯れ木だけど
DSC_1747_convert_20170204190752.jpg
↑芽吹いたらあっという間に緑になるんだろうな


春の喜びを損なうのは、春の次に来るのが夏だという事実なのですが、
春が来ればイースターも来るわけなので、春の喜びはやっぱり損なわれないのです。





Category: うさ友さん