FC2ブログ

外国の外国人


わたしにはたくさんの非ドイツ人の友人、知りあいがいますが、
彼らはみんな、わたし同様かなり長いことドイツに住んでいます。

シリア人、トルコ人、カザフスタン人、イラン人、アルバニア人、
エジプト人、クロアチア人、ロシア人、韓国人、モロッコ人・・・その他いろいろ。


そして彼らはみんな、自分はもうその出身国の人間ではないような気がする、
って言います。わたしもそうです。日本人ではない気がする。

ドイツで暮らす、ということ、
場所ではなくドイツ人社会のなかで暮らす、ということは
日本で、日本社会にあわせて形づくられた自分のままでは無理で、
いちど自分を壊すか溶かすかして、あたらしい型にあわせないといけません。
そうやって、ドイツ社会でうまく生きようとがんばっているうちに
どうしても日本人としてのアイデンティティーは崩れていくのかも。

もちろん、かといってその非ドイツ人たちが、ではドイツ人になっていくのかというと
それは、国籍の話ではなく民族性の問題で、ほぼ100%ありえないと思います。
小さいときから住んでいるのでない限り、その国の人間になることはたぶん決してない。


わたしにとっては日本とドイツの大事さ、重さは完全におなじです。
どっちのほうがいい、なんてことはない。
どちらもまったくおなじに、大好きな部分があり嫌いな部分がある。
どちらもわたしの故郷だし、同時にどちらも異国。
じゃあ、そういうわたしはなんなのかっていうと、なんだか根無し草みたいな。


けっきょく、日本人とかドイツ人とかは関係なくて、
そしてそれはわたしだけの話じゃなくて、最終的、究極的にはただ、
わたしという人間である、っていうことだけが残るのかも。


↓お友だちとランチ
DSC_0017_45_convert_20190124052230.jpg
↑ブルーベリーとマンゴーのアイスティー


お友だちの娘さんがアルバイトしているお店に行ったんです
彼女が担当しているテーブルがどこかを訊いて、そこに席をとって。
こちらではチップをわたすのですが、それはテーブルの担当者に入るので、
せっかくならその娘さんにあげたいから。

まだ18歳の娘さんは姿勢がよくて、細い腰にエプロンのリボンをきゅっとしめて、
てきぱきと気持ちよく、かわいらしい笑顔で働いていました
若いっていいなぁ(笑)


↓お店のなかを撮ったらボケたんだけど
DSC_0018_50_convert_20190124052250.jpg
↑それがなんだかおもしろい味をだしている(と自分では思う)



そんなふうだから、暮らすためにドイツにきた当初は精神的にかなり辛く、
だけどそのうちドイツにしっかりあってくると楽になって自分になって、
そしてこんどは日本に帰ったときが、おなじようにすごく辛いんです。
こんどは日本社会にあわせないといけない。
「ドイツでのわたし」を内的に解体しないといけない。

もちろん、休暇で何週間、というときはなんでもありません。
おなじように、旅行や遊びなら、どこへいってもだいじょうぶ。

Ohne Wurzel。根っこがない。
どこの出身だろうと、みんなおなじような表現をするのがなんかすごい。



↓おまけ ドイツのティッシュペーパー
DSC_0002_90_convert_20190124052111.jpg


↓鳥さんの目つき
DSC_0003_88_convert_20190124052144.jpg



ティッシュは4枚重ねなので、いつも2枚ずつに分けて使いますw







スポンサーサイト



クッキーファクトリー


たしか12月17日だったと思うんです、
クリスマスカードをだしたのは。

そしてそれが届いたのは、

ドイツ国内 12月22日
イタリア 12月27日
フランス 12月29日
オーストラリア 1月2日
日本は地域によって差があるのか、12月22~25日


そして隣国ポーランドへは、昨日(1月16日に)届いたそうです・・・





さて、クリスマスのはなし、いまさら編です。

ドイツ人ってクリスマスにはクッキーを焼きまくるんです。
基本的にはクリスマスケーキってなくて、クリスマスクッキー。
12月に入ると大量に焼いて、きれいな缶に保存します。
クリスマス前後にお友だちのうちに行くと、お茶のお供に出てきます。

わたしもこれまで何回か村山さん(仮名)のおうちで
クッキーづくりを手伝わせてもらいましたが、今回は都合があわず・・・

が、その代わり(?)に和田さん(仮名)が、ふた家族ぶん一気に焼く!と鼻息荒く、
大量の道具をかついで来てくれました るり子の鼻息もかなり荒くて、
スーパーひと棚買い占めレベルの材料を用意していました・・・


↓和田さんがレシピの分量を倍にしてどんどん生地をつくります
DSC_0020_34_convert_20181225052522.jpg


ドイツってバターが安いんです。250gがだいたい200円くらい。
2年くらいまえはその半分の値段だったのですが、あがったんです
なので、日本だったらこんな使いかたできないよね、という豪快さで、
250gをナイフでざくざくカットして小麦粉とたまごと一緒にボウルに投入。
4種類焼いたので、4種類ぶんの生地をつくるのにバター4つ以上使用・・・


↓たまごはいくつ使ったことやら・・・
DSC_0021_35_convert_20181225052543.jpg


↓4種類のうちのひとつは型でぬくバタークッキー
DSC_0032_36_convert_20181225052616.jpg
↑ハートや星やツリーは定番だけど

↓イチョウの型ってはじめて見た・・・
DSC_0034_36_convert_20181225052726.jpg
↑焼くまえのすがた

そのほかは、

↓オブラートに生地をスプーンでのせるだけのココナツクッキーや
DSC_0037_33_convert_20181225052750.jpg
↑焼いたあとのすがた

手で三日月の形にととのえて焼くアーモンドクッキーなどを焼きましたが、

↓こちらはアーモンドとヘイゼルナッツの粉をたくさんつかうんです
DSC_0026_34_convert_20181225052646.jpg
↑そうして完成した生地は

・・・ じゃがいもそっくり

↓ほら
DSC_0040_26_convert_20181225052828.jpg
↑手前がはなこ作じゃがいも、むこうは和田さん作ごぼう

↓ついでにナメクジもつくりました
DSC_0039_29_convert_20181225052809.jpg
↑和田さんがナメクジという日本語を最近覚えた記念に


これらはすべてオーブンで10~15分。
なので焼いているあいだにつぎをつくって並べ、出してすぐにつぎを入れ、
あいまにはなこ作チキンカレーをみんなで食べて、またつくり・・・
完成したクッキーにパウダーシュガーをかけたり、チョコレートをぬったり。
なんと!おわったのは開始から6時間後でした!

クッキーの半分をつめた缶を持って和田さんが帰ったのは夜の10時すぎ。

村山さんちのクッキーづくりは家庭的であたたかい雰囲気でしたが、
今回のこれは工場レベルでした。
パン屋さんなどで売られている手作りクッキーがやたら高い理由がわかった。

だけど、大きなボウルいっぱいのバターとたまごと小麦粉のなかに
生地をこねるために手を入れるのは至福でした。すごい贅沢な気分

そんなわけで今年のクリスマスは、和田家とるり子家とでおなじクッキーを。



余談。

↓今年のクリスマスマーケットのホットワインのカップ
DSC_0011_60_convert_20181225052323.jpg
↑2018とはいったハイデルベルクオリジナル

年によって色もデザインもちがうのですが、今回のは大人っぽい黒。
濃い紺色、という人もいますが、わたしには黒に見えるよ?

これ↑はお友だちへのプレゼントに購入したもの。






おとまり


けっきょく大晦日と元旦だけでなくその後も臨時の職場で働き、
週末はおやすみで月曜日からは正規のお仕事。
しかも鍼が週に2回、マッサージが1回あるので週に3日は病院通い。
そのほかにもなにかと雑用がどっさりあって、
そのひとつ、ドイツ語の検定試験(←雑用)が今日おわりました。

学校の試験とちがって「試験範囲」なるものがあるわけではないので
なにが出るかは運の問題で、事前に準備できることは大してなかったのですが、
それでも終わるとなんというか心によゆうが戻ってきたというか、
ちょっと気をぬいて深呼吸できるようになりました。


↓雪のなか、いってきました
DSC_0021_39_convert_20190112050827.jpg


受験者はみんな外国人で、ドイツ語のレベルもそれぞれです。
なので、大事な注意事項はなんどもくりかえされます。
そのなかのひとつは、スマホの持ちこみ禁止。
みんな、用意されたビニール袋に名前を書いた紙といっしょにスマホをいれ、
試験官に預けなくてはいけません。

まだ持っている人はいませんか?
持っているのが見つかったら、その場で落第になりますからね。

そう何度も言ったあとで、ひとり受験者が足りないことに気づいた試験官。
〇〇さんはどこ?というと、彼女といっしょに来た友だちらしい女性が
電話をしてくると言って外に出ていったんです、いま呼びだします!と言って
ポケットからスマホを出し・・・ 

試験開始まえだったので、見逃してもらえましたけどね・・・


↓帰りがけにお茶したデパートの最上階カフェから
DSC_0018_49_convert_20190112050655.jpg

↓寒そうだけど、気温は0℃
DSC_0013_57_convert_20190112051506.jpg

↓トラム・バス乗り場
DSC_0014_49_convert_20190112050731.jpg




先週末は、以前から予定していたうさ友ゆりさん宅へおとまりに


↓ゆりさんのかわいい子さんたちに会ってきました
DSC_0022_40_convert_20190112050857.jpg


↓ふたりとも冬毛でもこもこです
DSC_0015_51_convert_20190112050931.jpg


このときはまだ雪は降っていなかったけど、ずっと外にいると寒いので、
夏にお邪魔したときみたいにベランダにすわって
うさぎたちを愛でながらおしゃべり、というすてきなことは残念ながらできず

でも、日帰りとちがっておとまりだとゆっくりおしゃべりできますね♪
お茶をたくさんいただいて、
ゆりさんが焼いてくれたココナツの香ばしいケーキをたくさん食べて。
うさぎの話、音楽の話、ドイツ生活の話、仕事の話・・・などなど。
ゆりさんとわたしの大好きなピアニストの曲をBGMに。


↓またいつか会いにいきたいな
DSC_0025_39_convert_20190112205227.jpg
↑かわいいかわいい、ふくふくのふたり


ゆりさんち近所にある、トルコ料理のレストランではやめのランチ。
バイキングなんです。熱くて濃い、おいしいお茶も飲みほうだい。
たくさんの食材をふんだんに使ったおいしいお料理。
日本では「1日30品目」なんていいますけど、
この日はここで30品目クリアしたと思います!

ゆりさんとも話したんだけど、ドイツ人って全然30品目いかないんですよね。
へたをすると1食「肉とじゃがいも」の2品目、なんてこともじゅうぶんある。
わたしの義理両親は、お昼にはちゃんと料理したお肉や野菜を食べたけど
朝と晩は、パンとチーズとハムだけでした。
それでも、だから病気がちということもなく、大きく頑丈なんですよね。
彼らが健康のために重視するのは、日光浴と運動と新鮮な空気かな。


↓乗りかえのマンハイム駅構内にあったプレゼビオ
DSC_0002_86_convert_20190112051050.jpg

↓うさぎさんがいました
DSC_0001_96_convert_20190112051120.jpg


↓日曜日には気温があがって雨が降るそう
DSC_0020_38_convert_20190112050801.jpg
↑この景色、もっと見ていたいのにな





Category: うさ友さん