動物病院1件目

検疫をのりこえ、長時間飛行機で旅をしてきたうさぎが
到着してすぐに体調を崩すことなんて十分にあり得ることだったので、
あらかじめうさぎを診られる獣医さんを調べておいてもらいました。
日本でもそうだけど、どの獣医さんもうさぎを診られる、
というわけではありませんからね、残念ながら・・・

日本の住まいのすぐ近所、歩いて5分のところに新しい動物病院ができたときは
ラッキー!と思ったものですが、一応うさぎも診てくれるか訊いたところ
即座に「すみません、うさぎは診ません!!」と言われてしまいました・・・
まあ、いいんです。診られないのに「診ます!」と言われるよりは。
そんなわけで最後の最後まで父を運転手に、車で30分の病院まで通いました。
その節はお世話になり(すぎ)ました、父。ありがとう。

幸い、海は到着後も体調を崩すことはなかったので、
すぐには行かずに済んでよかった。
ドイツにはうさぎのための予防接種があるのですが、
体調を整えてから行きたかったのでね。

予防接種は、

RHD(うさぎウィルス性出血熱)とMyxomatose(うさぎ粘液腫)のふたつ。

接種は任意で、義務ではありません。
前者は「うさぎウィルス性出血病」とも呼ばれるようです。


以前わたしたちがドイツに住んでいたある年にRHDが大流行して、
近所でもブリーダーさんのうさぎ30匹が一晩で全滅したことがあったのです。
空気感染するうえに死亡率が100%に近く、治療法のまったくない伝染病。
そのため、海にはぜったいに予防接種を受けさせようと思っていたのです。

近所のブリーダーさんがうさぎの予防接種をいつもお願いしているという、
「うさぎを診られる獣医さん」はここから車で40分ほど行ったところ。
あまり近くはないけど、いい病院ならこれからずっとお世話になりたい。
5月2日、この病院に行ってみました。

IMG_4342_convert_20130525030459.jpg
↑えっ、病院!?がーん・・・

結果は残念なものでした。日本の獣医さんとの比較するのは間違いかもしれないけど、
まず問診表などがなく、初診でいきなり診察台へ。
健康チェックと予防接種をお願いしたい旨を伝えると、
名前も性別も体重もなにも訊かず、うさぎをキャリーから出すこともせずに触診。
海を飛行機に乗せたこのキャリーは上に蓋があって深さもそれなりにあります。
そこに上から手を入れて海の頭をつかみ、歯を見ようとする。
うさぎの口は下のほうについているから、これだと首は直角以上に曲げられちゃう。
当然、海はいやがって暴れます。ちなみに女の先生です。50代前半くらいの。
そして注射を2本、これまたキャリーに入れた状態で肩をわしづかみにしてブスッ!
いくらキャリーが狭いとはいえ、うさぎがもがくスペースは十分あるのに。
さらにそのまま爪きりをしようとしたので、さすがに申し出て抱かせてもらいました。

終わったときには飼い主真っ青。海は真っ白。

予防接種の「注射手帳」みたいなものを作るときにやっと名前を訊かれました。

↓こんなの
IMG_4350_convert_20130526032820.jpg


IMG_4351_convert_20130526032904.jpg

日付と注射の種類、獣医師の署名。

RHDは1年に1回、うさぎ粘液腫のほうは半年に1回受けるそうです。

すごーく乱暴なことをされたようで海がかわいそうで胃がきりきりしてしまいましたが、
運転手兼夫は「この辺では獣医なんてあんなものだよ」と言います。
事実、乱暴にもかかわらず内出血しているとか液漏れしているということもなく、
海は当日も翌日も元気でぴんぴんしている・・・
飼い主の気持ちにも配慮した優しい診療は、日本でしか望めないのかもしれない・・・
でも、予防接種はともかく、具合の悪いときにあの先生に診せる気にはなれない。

・・・で、便利ですね、インターネット。
そしてドイツでもうさぎを診られる病院が多くないことで困っている人がいるらしい。
ドイツ版うさぎも診られる病院リスト を、見つけました!
そこに載っていた、比較的新しいらしい病院。ここから車で20分ほど。近い!
載っている口コミの評判も悪くない。緊急時には24時間対応してくれる。
海の爪もまた伸びてきているので、爪きりを口実に様子を見にいきましょう。

動物病院2件目です。





スポンサーサイト

コメント

No title

日本もドイツもうさぎの扱いをちゃんとしてくれない先生はいるもんですね。
海君もはなこさんもきち先生に慣れているから、胃から心臓飛び出るくらい\(◎o◎)/!診察だったのですね。
でも診察で怪我しなかっただけでもよかったです。

2013/05/26 (Sun) 18:46 | シュウまま #- | URL | 編集
シュウままさん

きち先生のような、飼い主のことも思いやってくれる先生に慣れていると
この先生にはびっくり真っ青、本気で顎が外れそうでした。
神奈川県にはうさぎの良い先生たくさんいますよね。
恵まれてたんだなー・・・と帰りの車のなかでしみじみ。でした。

2013/05/27 (Mon) 00:02 | うさ はなこ #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する