あめひめさまの本

このまえお裁縫をした日の夜、雨が降りました。

といっても、たいした量ではなかったらしくなにも聞こえなかったし、
朝になったら道路が湿っていた、というだけの話で、
うんざりされているのに気がつかないKYなまた太陽が出てきて
すぐにすっかりからからになってしまいましたが。

今日は久しぶりに図書ボランティアに行ってきました。
図書館のPCが壊れたせいで閉館、とか、祝日で閉館、
わたしの仕事の都合で行かれなかった日などが続き、
今日はほとんどひと月ぶりでした。

そして、このまえから気になっていた「あめひめさま」を探してみました。
わたしが持っていたのは子ども向けだったので
「あめひめさま」とひらがな表記でしたが、
「雨姫さま」でも翻訳が出ているみたいです。

↓ただの民話かと思っていたら、テオドール・シュトルム作でした
IMG_7060_convert_20140623205031.jpg

母が読んでくれたのはその名も「ドイツのお話」という子ども向けの本。
子ども用に短くまとめてあったのでしょうね。
原著は思っていたより長いものでした。
そして絵が・・・
幼いときに読んだ(眺めた)絵本の印象って
記憶よりももっと深いところに根をはっているんですね。
その深いイメージとちがいすぎる・・・誰が悪いんでもありませんが。

↓それにしてもこの巨大なあめひめさまってどうよ・・・
IMG_7061_convert_20140623205109.jpg
↑右下でのけぞってるのが主人公のマーレン

↓マーレンはどうやってあめひめさまを起こしたの?
DSC_0688_convert_20140623200803.jpg
↑起こすための呪文があるのよ

↓ふうん、じゃあはなこがんばってね
DSC_0691_convert_20140623200918.jpg
↑呪文だけじゃなく、支えてくれる恋人も必要らしいから無理なのよ

うさぎは湿度が低いほうが快適みたいなので、海のためにはいいのです。
たとえはなこの表皮が剥けても。
食欲旺盛だし、七五三顔だし、部屋中をぱかぱか走っています。
おまけに最近夜行性化してきています。
消灯後に暴れ、日の出まえに暴れています。頼もしいですね(←ヤケ)

今夜はおとなしく静かに眠ろうね。
寝るまえに「あめひめさま」読んであげるから。




追記
「ドイツのお話」、調べてみたらAmazonさんで中古品が76,000円~、でした!
そしてあの心にめり込んでいる挿絵は安野光雅さんでした!あらびっくり。




スポンサーサイト

コメント

No title

今アマゾンを覗いてきたよ。
このシリーズ、昔家にあったわ!
裏表紙に見覚えがあるw
もしかしたら、私も「ドイツのお話」を読んでいたかも(^▽^)

2014/06/23 (Mon) 22:48 | うずら #- | URL | 編集
No title

あめひめさま でかすぎ(笑)マーレンさんもそりゃのけぞりますね。。このお話、私は残念ながら読んだ事ないです~

2014/06/23 (Mon) 23:58 | メリィ #- | URL | 編集

幼い頃の思い出との乖離、結構、ありますよね〜(^_^;)
私も英国でずいぶん絵本を探しましたが、そもそも邦題しか知らなかったりして、店員さんに色々、聞いてもなかなか伝わらなくて、いざ見付けてみると、恥ずかしいくらいに雰囲気が違う挿絵だったり、題名や内容が日本向けに変わっていたり(^_^;)
図書館でも、五年目にして、ようやく見付けた本とかありますよ〜(笑)その探す過程が楽しくて、学芸員にヒントをもらったりしながら、「答えは絶対に教えないで〜!」とか言って(笑)で、やっと見付けたら、難し過ぎて読むのに一ヶ月近く掛かったり(^_^;)

でも、幼い頃の経験や思い出が、今の私を作ってくれたんだなぁと思うと、なんか嬉しくなっちゃいます(≧∇≦)
で、そばには、海君に負けないくらい元気なはぐがいて……いや、海君の方が元気かも(笑)
ウチも、なんか時々、早朝から暴れていますよ(^_^;) そういう季節なんですかね?(笑)

2014/06/24 (Tue) 00:49 | へたうま #- | URL | 編集
うずらさん

うちにも他に「アンデルセン」があったはず・・・
でもすごい高値がついてるのは「ドイツのお話」だけだったね。
やっぱり安野さんの挿絵のせいなのかな。
読んだことあるかどうか、がんばって思い出してー!

2014/06/24 (Tue) 02:08 | はなこ #- | URL | 編集
メリィさん

日本語版のあめひめさまは繊細で美しい絵だったの。
普通の人間より大きかったかもしれないけど、
このドイツ版ほどでかくはなかった・・・これじゃ山でしょ。

2014/06/24 (Tue) 02:10 | はなこ #- | URL | 編集
へたうまさん

ありますあります!絵だけじゃなく文章も、もっと詳しく書いてあったのに、って
思うことがよくあります。書かれてない部分まで知ってる気がしていたり(笑)
邦題を直接訳してみても通じないこと多いですよね。
このあめひめさまも全然通じなくて、見つけて読んでみたら
ちっともお姫さまじゃないんですよ。「雨子」みたいな、「雨女」みたいな・・・

挿絵のセンスは、日本人と欧米人とではちがいますしね・・
結末も、日本人的に残酷に思えるものは変えてあるってよく聞きますし、
グリム童話が特に有名ですよね。
英国ものも、子ども向けでもけっこうきつそうだから、
日本版と結末が違うのもずいぶんありそうです。
恥ずかしいくらい違う」って(笑)、どのお話だったんですか?

雨戸閉めて暗くしてあるのに、日が昇る早朝に暴れるんですよね・・・
体内時計か腹時計か・・・

2014/06/24 (Tue) 02:51 | はなこ #- | URL | 編集
No title

あめひめさま、でかっ!
近寄るだけでもかなりの勇気がいりますね・・・(^_^;)

支えてくれる恋人は、ウサじゃだめなのかしらん。
ねー、海くん。

2014/06/24 (Tue) 15:55 | mogu2 #Ao2fZFno | URL | 編集
mogu2さん

山のようにそびえ立つあめひめさま。
呪文を知っていたところで、怒鳴って届くのかどうか。

そうね、海が一緒に行って支えてくれたら・・・
ヒト科の恋人の100万倍ものパワーになりますね!

2014/06/24 (Tue) 20:51 | はなこ #- | URL | 編集
No title

あめひめさまのお話、面白そうですね!
こんど見付けたら読んでみたいです。
海ちゃんも、夜中げんきに走り回ってるんですね〜。
シロップくんも朝方、足音すごいですよ。

2014/06/24 (Tue) 23:08 | シロップ #- | URL | 編集
No title

あめひめさま、かなりでっかい女性だ、びっくり
お話は知らないのですが、呪文ってどんな言葉だろう・・・
支えてくれる恋人=海ちゃん゚+ラビュ★☆(*≧з)(ε≦*)☆★ラビュ+゚

2014/06/24 (Tue) 23:39 | かにこ #- | URL | 編集
シロップ母さん

シロップくん、放し飼いなんですよね?
その元気をケージ内で爆発させられたらすごい騒音ですよね・・
安眠妨害だけど、元気なのはいいことですよね!
あめひめさま、見つけたらどんなイラストだったか教えてくださいな。

2014/06/25 (Wed) 03:37 | はなこ #- | URL | 編集
かにこさん

川はひっそり 泉はほこり
森はなんとか(忘れた)畑のうえで
火おとこぴょんぴょん
目をさましてよ
かあさんが暗いところへつれてくまえに

という呪文でした。最後の一行が微妙に怖かったんですよ。
目をさましてくれない=雨が降らない、で、暗いところって・・・


2014/06/25 (Wed) 03:41 | はなこ #- | URL | 編集
No title

このシリーズ懐かしい!
そして実家にもあったような・・・
地元の図書館には禁帯出扱いであったと思います。
ディズニー版っぽいものとか結末がぼかしてあるものは
「参考図書」扱いになってて通常の書架に出さないようにしてました。

ところで今やってるゲームでうさぎのモンスターが出るのですが
「ラビットフット」っていう「脚ダン」技があって。
きっと設計した人はうさぎのこの習性?を知ってるんだなって思って
なんだか嬉しくなりました(^^;)

2014/06/25 (Wed) 05:23 | うさ@課外活動部 #- | URL | 編集
No title

「あめひめさま」初めて知りました〜
大きさにびっくりですね!(笑)
この本、探してみようと思います☆

日本は雨降りが続いて湿度高くムシムシしてます。
ノールはぐったりで
クーラー入れないと冷え冷えシートに腹這いでのびてます(^^;;

2014/06/25 (Wed) 16:23 | ブラックノール #- | URL | 編集
うさ@課外活動部さん

「参考図書」。そうなんですね。
そうして結末を「めでたしめでたし」に変えてあるものは
子どもに与えるべきではない、と聞いたことがあります。

この童話シリーズ、改めて調べてみると
すごい画家さんたちが絵を描いているんですね。
子どものころからずいぶん質の良いものに触れていたんだと
いまさら知りました。ああ、また読みたくなっちゃった。

足ダン技!?設計した人、うさ飼いさんかもしれませんよ!

2014/06/26 (Thu) 01:30 | はなこ #- | URL | 編集
ブラックノールさん

気温が高いだけじゃなく湿度があるから厄介ですねー。
人間にとってもですが、うさぎさんにとっては辛い季節ですね。
その点では、ドイツはうさぎを飼うのに適した気候かもしれません。

あめひめさま、わたしが持っていた絵本では
ここまで大きく描かれてなかったと思います。
一瞬ガリバー旅行記かと思っちゃいますよね(笑)

2014/06/26 (Thu) 01:34 | はなこ #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する