うさぎのお薬

おとといのことですが、海を連れて病院へ行ってきました。
前回、奥歯が少し尖っているので定期的にチェックを、と
言われていたのです。
前回と比べて変化なしだったので、次回は2ヵ月後。


↓動物病院の受付。ほらほら!ダッチうさぎの絵が・・・
DSC_0023_convert_20130625190016.jpg
↑ちょこっと見えている黒い頭は人間のものではありません。
 黒猫さんです。PCのキーを踏んだりしているようですが
 大丈夫なんでしょうか・・・


実は今回はもうひとつ目的がありました。
それは、うっ滞のお薬について先生に訊くこと。

日本のうさ飼いさんのほとんどは、冷蔵庫にプリンぺランなどを
常備しているかと思います。我が家もそうでしたし、いまもそうです。
日本からもらってきた粉薬、乾燥剤と一緒にビニール袋に密閉し、
さらに黒い紙袋に入れて冷蔵庫に入れてあります。
何事もなくてたまに使うだけなら、半年はもつ量がストックされています。

海は、うちで飼ったほかの子たちと比べるとうっ滞を起こしやすく、
しかも一度重症になって入院したこともあるので、
あれ、ちょっと変?と感じたらすぐに対処できるようにしてあるのです。

先生はわたしが用意しておいたメモ用紙のPrimperanと書かれた下に
「ドイツではこれは動物には使わないんだよ」と言いながら
別の薬品名を書いてくれました・・・くれましたが、読めない・・・
そして「じゃあ、これを出しておくからね!」と元気よく言われ、
まだストックからあるから今度でいいんです、といい損ねたわたし。
まあ、ちゃんと保存すれば何年ももつとのことで、いいんですが・・・

そしてもらったのがこれ↓です。
snap_usablog7716_201362202110.jpg
↑赤い蓋の容器に入った薬と、シリンジ。

添付の説明書に、1日2回、ナイフの先っぽくらい、と書いてある。
ナイフの先!?先端がなんですって!?
金髪のかわいい看護師さんがにっこりと「ええ、ナイフの先にのるくらいの量」
口を開けたままの呆然顔のわたしに、もっと説明が必要と思ったのか、
「台所に普通にあるナイフで粉をすくって、先端に残った分をあげてくださいね」

・・・。
・・・アバウトすぎやしませんか。
日本では1回分ずつ分包されてるんですが。

帰宅してからやってみましたが、すくいかたによってかなり分量が変わる。
おじさんに訊いて、だいたい耳かき1杯分ほどらしいとわかったのですが、
それだと、この容器なら当分なくならない。どっさり入ってる。
これで診察料込みで1600円くらい。安すぎてなんか心配・・・
この薬の効果、威力を試す日が来ないといいのですが。


さて、今日載せた写真たち、これはつい最近購入したスマホで撮ったものです!
本業はネット&電話なのに、デジカメよりもハイクオリティという不思議。
SonyのXperiaというやつです。さすが日本製!
これからはこれですばらしい海の写真をたくさん撮れます。

↓カモミールを頭に載せた海(♂)
DSC_0012_convert_20130625195400.jpg
↑あんまりかわいくてうっとりです(←親ばか)




スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する