うさ友さんからの本

少しまえの話ですが、
うさ友くう姫さんがお勧めの本、「トラちゃん」を送ってくれました。

↓「トラちゃん」
DSCN1652_convert_20150628025443.jpg


これは、作家の群ようこさんが動物大好きなご両親と弟さんと、
たくさんのいろんな動物と暮らした日々を綴ったエッセイ。
登場人物は、
犬、ねこ、文鳥、インコ、十姉妹、モルモット、はつかねずみ。

群ようこさんのエッセイっておもしろいんですよね。
わたしは通勤電車のなかでひとり吹きだしそうになって
困ったことが何度もあります。
この「トラちゃん」も思わず笑ってしまうユーモアたっぷり、
動物たちと一緒の大騒ぎの毎日に共感したり微笑んだり、
ちょっと泣いたりしながら楽しく読める1冊です。

わたしの家にも、物心ついたころからヒト以外の生き物がいて、
ヒトしかいなかった時期なんてないんじゃないかと思います。
いぬ、モルモット、文鳥、インコ、金魚、やどかり、うさぎ・・・
それから、うちではなく祖父母の家にいた鶏。

このオスの鶏はたしか従弟が縁日で買ってきたひよこで、
飼えなくなったかなにかで祖父母宅に養子にきたもの。
わたしが中学生くらいのころ、よく一緒に遊んだんです。

庭にあった鶏小屋の戸を開けるとすごい勢いで飛びだしてきて、
まず足に飛びかかり、羽を広げてぶわぶわになりつつ
足の甲をがんがんつつくのです・・・
どうも 親愛の情 か 挨拶 か 再会の喜び を
表しているらしいのですが(←あくまで推測)
痛くてしかたないので靴を脱いでそばの塀に避難。
すると彼は残された靴を散々攻撃し、
気が済むと温和でフレンドリーな鶏に戻ります。

一緒にいると、鶏にもいろんな表情があるのがわかります。
お水がほしいときにはそういう顔をしたし、
嬉しいときや困惑したとき、楽しいときにはそういう顔をしました。
困惑した、というのは、わたしがブランコにのせたとき。
膝にのせて両手で抱えながらブランコをこぐと、
もう目を白黒させて困り果てていました。

楽しいときは、わたしと妹がボール遊びをしたとき。
危ないので鶏には塀のうえにいてもらいます。
彼は右へ左へ首を動かしてボールを追い、
どちらかが取りそこねてボールを転がしてしまうと
塀のうえで大きな羽をばーっと広げて「失敗ー!」と言うのです。
そのときの楽しそうな顔。

↓りんごとバナナの瓶詰めに夢中
DSCN1658_convert_20150628025540.jpg

↓おてて、すべっちゃうね
DSCN1660_convert_20150628031940.jpg

↓おいしいよ
DSCN1665_convert_20150628032000.jpg

そんな鶏のことをふと思い出したのは、
このエッセイのトップバッターが金魚のよしこちゃんだったから。
金魚も鶏も生き物はなんでも、
たくさんの時間を一緒に過ごせば表情って見えてくるんですよね。

なので、なにを考えてるのかさっぱりわからない昆虫類にも
いつかは喜びや悲しみの表情が見てとれるのでしょうか。
そこまで一緒に過ごす勇気はいまのところありませんが。

↓曇りの日に撮った午後7時の空
DSCN1646_convert_20150628025208.jpg
↑太陽がまだあんな位置に!!早く沈んでください!


題名を失念した群さんの別のエッセイに、
彼女のお母さんがうさぎを飼っていたエピソードがありました。
そのうさぎの名前が、おじさん っていうんです・・・

わたしは、そのうさぎの顔を見てみたかった・・・







スポンサーサイト

コメント

No title

私も小学生の頃、鶏を飼ってたんですよ〜
攻撃されるのが怖くて、あまり触れなかった
ものの、名前をつけてかわいがってたのに。

母方の祖父は、時々やってきて鶏の成長具合を
確認。そろそろ食べ頃だな、というと数日後に
鶏小屋から姿が消え、謎の鶏肉が食卓にのぼる。

ヒヨコかわいいで私が欲しがって、何度か繰り返し
たものだから、祖父がやってくると鶏小屋の前に
立ち、王蟲の子供を庇うナウシカのように、
ダメー!と手を広げるのだけど、学校にいってる
間に。。。という。せつない思い出が蘇りました^^;

海くん、おててかわいい☆

2015/06/30 (Tue) 06:51 | うさ奈 #- | URL | 編集
No title

面白そうな本ですね^^
うちはネコと金魚のみでしたが、祖父母の家にはネコの他に九官鳥や犬もいました。
よ〜く喋る面白い鳥でした。

こちらも8時過ぎまで太陽が沈まず明るいです。
日本よりは日差しが強いですが、ヨーロッパのあのジリジリ焼けるような強烈さはないのでまだましです。
でもアレルギーの私はあまり当たると湿疹が出来ます><
日本では出来ないのに☆
ちなみにヨーロッパだと10分も当たっていると皮膚が焼けただれたようになります><

2015/06/30 (Tue) 08:04 | koume #- | URL | 編集
No title

おじさん・・・!おじさん・・・♪(´ε`*)
ほんと、どんなうさぎだか気になります!笑

はなこさん、いろいろな動物飼っていたんですね^^♪
犬も飼っていたとは、なんだか意外です!

金魚はわたしも幼稚園の頃飼ってたなあ・・・縁日でとった金魚
水槽のサイズいっぱいの大きさに成長してしまい(鯉のように・・・)
引っ越すときに川に持って行ったっけ・・・(´-ω-`)

鶏もいっしょに過ごしていると、表情がわかるんですね^^
でも、動物ってきっと、みんなそうですよね(*´v`*)

昆虫は・・・判りづらそうですけど(>ω<。)
愛でてるひとには、きっと判る・・・はず?
とてもじゃないけど、一緒に生活はできませんね(;ω;*)恐怖!

りんごとばななの瓶詰、ぺろ~り平らげてますね(* ´ ▽ ` *)
おてて、かわいい♡

2015/06/30 (Tue) 16:37 | チップ #- | URL | 編集

最後の おじさん に吹き出しました笑
とても気になります笑

その本、すごくおもしろそうですね!読んでみます(*^^*)

鶏とはなこさんのエピソード、なんてかわいいんでしょう!!
失敗!って言うんですね(≧∇≦)
ブランコに乗せて遊ぶところも想像して、思わずふふふ、となりました。

海くん、りんごとバナナの瓶詰め、美味しそうですねぇ♡
前の記事にコメントしそびれましたが、さくらんぼをくわえた海くん、白い顔に真っ赤な口元がとっても映えて、しかもこぼしちゃってて、愛らしかったです♡♡

ところで、前にコメントの返信をしそびれたのですが、私は新婚旅行ではケルンとライン川下り、ベルリンに行きましたよ!
どこも魅力的で、ずっと住みたくなりました。
ところで、ドイツ移住の件、実は保留になっているのです(;_;)
でもまだ、夢を追いかけ中です(*^^*)

2015/06/30 (Tue) 20:54 | まめまま #- | URL | 編集
うさ奈さん

お、おじいさま・・・豪快(?)ですね。
孫の情操教育についてはいったい・・・i-202
それともおじいさまにとっては鶏=食べるもの、
という図式があたりまえだったのかもしれませんねi-229
小学生だったうさ奈さんのお気持ちをおもうと
涙を禁じえませんが。。。

祖父母の鶏は、たしか鳴き声が近所迷惑で
どこかに連れていかれちゃったんですよ。
お友だちのいるいいところ、と言われた記憶が。

2015/07/01 (Wed) 02:16 | はなこ #- | URL | 編集
koumeさん

九官鳥、うらやましい!
わたしも九官鳥と暮らしてみたかったです。
しゃべる鳥って楽しいですよね。
しかもインコと違って(?)かなり意味がわかって言ってる風ですし。

8時に日没ですか~羨ましいです~
こちらは10時にならないと沈まないので大変です・・・沈まないと気温下がりませんから・・・ヨーロッパほど日差しが強くないなんていいですね、ニューヨーク。わたしもアメリカに越そうかしら。アレルギー性湿疹が日本ではできない、ってことは、外国の日差しは本当に厳しいってことですねi-238引きこもりになりたい。

2015/07/01 (Wed) 02:21 | はなこ #- | URL | 編集
チップさん

ね、どんなお顔のうさぎさんか気になりますよね!
その「おじさん」とのラブラブな暮らしについて、お母さまが人前で大声で語るので群さんは恥ずかしい思いをした、というようなエピソードが載っていましたよ。たしかに「おじさん」がうさぎとは知らない他人が聞いたら・・・(笑)

犬、意外ですか?そうかな。わたしが、というより家族で飼っていたんです。わたしが高校生くらいのころから。

鶏も金魚も、かわいがって毎日世話していると喜怒哀楽の表情がちゃんとわかるんですよね。水槽いっぱいの金魚、すごいです!縁日の子は弱くてすぐ死んじゃう場合が多いのに。このエッセイに出てくるよしこちゃんも鯉みたいだったようですよ。

海の右手は食べてると右に開いてしまうのですが、こうやって手を添えると・・・わたしの指にのっかる小さなおててが愛しくてでれでれです(笑)

2015/07/01 (Wed) 02:28 | はなこ #- | URL | 編集
No title

この本、私も大好きでした!
よしこちゃん、たしか弟さんにすごくなついてる、大きな大きな金魚ちゃんでしたよね♪

鶏さん、かわいい!!
信愛の情&再開の喜びを表してる部分で、「動物のお医者さん」に出てくるニワトリさんを思い出してしまいましたが(笑)

すごく魅力的な鶏さんですね~♪
羽を広げて、上から楽しそうに「失敗ー!」っていう鶏さん、とってもかわいいです。私も一緒に遊びたかった^^

週末が40℃にならないよう、遠く日本から祈っています!!
海くん、美味しいものいっぱい食べて頑張ってね♪

2015/07/01 (Wed) 02:31 | はる #t5aMAyEU | URL | 編集
まめままさん

ドイツでは都会のほうに行かれたんですね!
ベルリン、行ってみたいです。
田舎にいると華の都への憧れがw
で、保留ですか!? まさかこのブログを読んでドイツってなんて恐ろしいところなんだろう!と思ってしまったとか!?その通りですが(爆)、いいところもいっぱいありますよー!

鶏とは一緒に海岸に行ったこともありました。広い砂浜を見るなり大興奮して暴走しちゃって、散歩の犬を恐怖のどん底に叩き落してましたi-230

果物のおいしい季節になったので、海はさくらんぼとかいちごなどでお口を赤くしています♪ まめ太ちゃんも果物は好きかな?

2015/07/01 (Wed) 02:36 | はなこ #- | URL | 編集
はるさん

はるさんも「トラちゃん」読まれたんですね!
そうです、よしこちゃん、弟さんが毎日大事に世話をしていた巨大金魚ですi-179どのエピソードも動物への愛情にあふれていてすてきな本ですよね!

「動物のお医者さん」の鶏さん、ひよちゃん、でしたっけ。うちのもあんな風な立派な雄鶏さんでした。ケロッグコーンフレークみたいな。けっこういろんな感情表現をするんですよね~。本当に失敗したときだけ嬉しそうに(?)羽をいっぱいに広げるんです。

さきほど予報をチェックしたら39℃に下がってました・・・1℃差じゃ意味ないですが40よりましに見えるのはなぜw

2015/07/02 (Thu) 02:46 | はなこ #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する