喜びのかたまり

悪いことばかりじゃない、と思うわけです。

もう朝の5時に起こされることもないし、
冷蔵庫の野菜の在庫を常に気にする必要ないし、
病院代はかからないし、
踵のケアとお腹マッサージの最中に
わたしの膝のうえで眠ってしまう海につきあって
30分以上固まってる必要もないし、
暑いの寒いの低気圧だのを気にする必要もないし、
帰りが遅くなっても気にすることもないし、
洗濯機をまわす回数もぐんと減ったし、
気楽でちっとも悪くない。

そう考えてるうちに景色がにじんで見えなくなってきますが。


うさ飼いさんならとうにおわかりのように、

早朝に起こされること、
おいしい野菜を常にそろえておくこと、
病院代、ご飯代のために働くこと、
寝顔を眺めること、
ふくふくに乾いたマットやタオルを取りこむこと、
できるだけ急いで帰宅して顔を見ること、

は、どれも大きな喜びでした。


うさぎって、なんていう存在なんでしょうね。
ナオミさんもブログうさぎと暮らすということのなかの
愛うさぎ花ちゃんの回想録に綴っていますが
うさぎがそばにいると普段は面倒くさい家事でさえ
光にあふれた大切な大切な日常の喜びになるのです。


うさ友のくう姫さん、シュウママさん、ちぃ♪さんから
海色のプリザーブドフラワーの入ったフレームが届きました。

↓青いお花は海くん、
DSCN2360_convert_20151023175025.jpg
↑パールははなこさんで、ふたりはいつも一緒、って
 (真珠ははなこの誕生石です)

さっそく海の写真を焼き増ししてきて入れました。
1~2枚でいいのに選べなくて、

↓けっきょく30枚も焼き増ししましたが・・・
DSCN2363_convert_20151023175155.jpg
↑サイズの問題でフレームに合う写真は限られました・・・

そのお店では最小がはがきより若干大きいサイズだったんです。

↓一緒に、六ちゃんのママtomo_tomoさんからも
DSCN2317_convert_20151022204043.jpg
↑うさぎ風呂敷に包まれた月うさぎのストラップとうさぎ懐紙が

それから箱に入っているのは

↓かわいいでしょう
DSCN2315_convert_20151022204108.jpg
↑うさぎとお月さまのお菓子です

↓海ケージのなかの写真の海が
DSCN2364_convert_20151102202147.jpg

↓いつもなにかを問いかけるような表情なので
DSC_0100_convert_20151102222417.jpg
↑目があうたびに「大丈夫よ」と言っています

↓手前にあるうさぎはろうそくたてです
DSCN2370_convert_20151102201945.jpg
↑右側の栗のいがは・・・カードなんです!

いがを左右に開くと、なかから栗が出てくるんです
ブラックノールさん(Black Rabbit)が
日本の懐かしいものを食べてはなこさんが元気になったら
海くん、きっと喜ぶから、と
お煎餅やたきこみご飯の素やふりかけ、お菓子を
このカードと一緒に送ってくださったのです。

海がつないでくれた、たくさんの優しい人たち。
いつも励ましてくれて、寄り添ってくれて本当にありがとう。


海は喜びのかたまりでした。
いつもにこにこしていました。

いったい、なんていう存在なんだろう、と思います。
海に限らず、うさぎっていうのは。

病気になってしまって、
あたりまえにできたことができなくなってしまって、
傾いた首では痛みや不快感もあっただろうに、
おやつを喜び朝を喜び、走って走ってはしゃいでみせ、
ころりと転がって幸せそうに眠り。

その顔にあきらめや悲しみが浮かぶことはなく、
かといって根性や努力が見えたこともなく、
あるのはただ常に希望や喜びや期待でした。

このブログを見てくださっている何人かの方が
「いつもにこにこしている、笑顔の海くん」と
海のことを表現してくれていますが、本当にその通りで。

ただただ、いまそこにあることを喜ぶ。そこにいることを喜ぶ。
その仕草、表情、姿そのものから喜びを発散する。
これはもうほんものの神さまの宝もの、
神さまが深い深い愛をこめて造ったとしか思えない存在。


わたしの好きな、読むと慰められる詩があります。
英国ではお葬式でよく読まれるのだと聞きました。
日本でも翻訳が出ているようですが、
著作権の問題などいろいろあるといけないので、
大雑把に自分で意訳したものですが、それはこんな詩です。



死なんて、なんてことないもの
わたしはただそっと隣の部屋に移っただけ
あなたとわたしの関係も距離も
これまでとまったく変わっていないのです

これからもわたしの名前をいつもと同じように呼んで
声を落としたり
悲しい声音になったりしないで

いつも一緒に笑いあったみたいに
これからも笑って、楽しんで、微笑んで、
そのなかでわたしのことを思って

あなたにとって人生はこれまでと同じ意味を持っているのです
なにもかも途切れることなく続いているのです
死はそのなかの、とるに足らない出来事のひとつ
わたしの姿が見えなくなったからといって
そこにいないということにはならないでしょう?

わたしはすぐそばであなたを待っているのです
ほんのつかの間、
次の角を曲がったところで

なにひとつ過ぎ去ることはなく
なにひとつ失われるものもなく
少ししたら、すべてはまた以前と同じようになるのです。
そのときにはこの別れのハプニングを思い返して
わたしたち、どんなに楽しく笑いあうのでしょうね!



 Death is nothing at all   
 ヘンリー・スコット・ホランド(英国の神学者・詩人)  


むかし、実話の臨死体験で死後の世界を垣間見た人が、
そこには自分の大好きな人たちが、
もう亡くなった人だけじゃなくまだ生きている人たちも、みんないた、
と話したという記録を読んだことがあります。
普通はまだ生きてる人も死後の世界にいるなんて妙ですが、
その人は死後も大切な人たちと一緒にいられることを知って
安らかに旅立っていったのだそうです。

それを思い出してこの詩を読むと、
それは本当なのかもしれないと思います。
「隣の部屋」からいつでもこちらを覗いたりこちらへ来たり、
現世の人間の曇った目には見えないだけで、
本当はみんなそばにいるのかもしれません。

天の国は
雲のかなたの遠い場所ではないのかもしれない。


↓そうだよ!
DSCN0497_convert_20151007163842.jpg
↑このぼくの(ぐーたらな)姿、いまも見えるといいのにな





スポンサーサイト
Category: ペットロス

コメント

No title

海くんとともにはなこさんがどれだけの人たちに幸せと愛を届けていた(いる)かがわかるね。

>その顔にあきらめや悲しみが浮かぶことはなく、
>かといって根性や努力が見えたこともなく、

このくだりにはっとさせられましたよ・・・。
ただ、あるがままを受け容れること。その難しいことを彼らは自然体でできているんだなーと。
それに比べたらニンゲンってどうしてこんなにも脆くて弱くて過去に執着するんだろう・・。

「隣の部屋」は、時間がたてばたつほどに近くなるよ。
そちらもずいぶん寒くなったでしょう。風邪引かないように気を付けて。

2015/11/03 (Tue) 09:12 | らす #PgkbvmFo | URL | 編集
No title

ざんざん振りの中野菜を買いに出掛けたり、掃除に時間がかかったり、お洗濯物が山のようだったり。
出掛けても落ち着かなくて、早く帰らなきゃと焦ってばかりだったり。
でも本当にこういうこともすべて嬉しく感じるんですよね。
可愛くて、優しくて、いつも笑顔でいさせてくれる大事な大事な宝物。
そんな宝物を失うのはどうしようもなく辛いことですよね。
でもその素敵な詩の通り、海くんはそうやって気持ちよさそうに寝たり、走り回ったりして待っているのかも。

2015/11/03 (Tue) 09:59 | koume #- | URL | 編集
No title

海くんケージの中も外も、優しい人たちの想いが溢れてますね^^
私もドイツに到着したら、まっさきに手を合わせにいきたいです!

うさぎさんって本当に神様からの贈り物ですよね
この世で一番かわいくて、いとしくて、かけがえのない存在
ヘンリーさんの詩も、とても素晴らしくて共感できます
1年前から通っている心理学の講座で学んだ考えともシンクロします
長くなるので説明は割愛しますが^^;
要は、人間も動物もみんな繋がっている。たとえ身体がなくなったとしても、というようなことです。。。

海くんは神様のそばにいったけど、思い出す人がいればその都度
同時に複数人だとしても、それぞれの人のそばに来てるんじゃない
かなぁなんて思うわけです。海くん、最高何人のところにいったかな^^

2015/11/03 (Tue) 11:21 | うさ奈 #- | URL | 編集
No title

うささんって、なんで毎日毎日を
そんなに新鮮に受け止めるんだろう?
見慣れた風景、毎日食べてるごはんやおやつに
なんでそんなに興奮したり感動したりするんだろう?

・・・って、空太と暮らしてて思いました。

そんなうささんだから、一緒に暮らしてるこっちも
彼らを見てるだけでしあわせになれるんでしょうね。

こちらからも隣の部屋を垣間見られるならいいのに。

2015/11/03 (Tue) 12:07 | mogu2 #Ao2fZFno | URL | 編集
管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2015/11/03 (Tue) 16:22 | # | | 編集
No title

海くんやはなこさんの為のステキな贈り物の数々。。。
ホントに海くんやはなこさんは、愛されているのですね。

季節毎に一日の室温を常に気にしていないといけなかったり、毛は抜けてないか目ヤニは出てないか、おやつきれてないか、外出したら早く帰らないと・・とかありとあらゆる事を毎日うさぎの為に考えて行動しているのですが、これが全く苦にならないんですよね。
これがなかったら、元々ぐうたらな私なんかはさらに堕落した生活になっていたかもしれません(~_~;)
はなこさんの言う通り、喜びのかたまりです。

海くんが空の彼方に旅立ったと思うと寂しいけど、ホントはいつも海くん部屋で走り回っていたり、秘密基地にいたり、はなこさんのそばにいるのかもしれませんね。
そう思うと、自然に微笑んじゃったりしますよネ。

2015/11/03 (Tue) 17:35 | anbou #- | URL | 編集
No title

外国の写真って大きいの??
たくさん写真にしたから、どうにか海君を切らないようにして日替わりで入るといいな(*^_^*)


姿がみえないのはこっちだけなのかもね。
海君からもシュウからも変わらずこっちはみえてるのかも。
それでもいいか(*^_^*)

2015/11/04 (Wed) 00:06 | シュウママ #- | URL | 編集

〉その顔にあきらめや悲しみが浮かぶことはなく、
かといって根性や努力が見えたこともなく、
あるのはただ常に希望や喜びや期待でした。
このこと、海くんを見ていると、それに、まめ太を見ていても、とっても良く分かります。
本当に、うさぎって、ただただ日常を喜んでくれて、それが私たちの喜びやエネルギーになりますよね。

みなさんからの贈り物、本当に素敵なものばかりですね。
ブラックノールさんのいがぐりカード、とってもかわいいです(*^^*)

英国の詩、素晴らしいですね。
友達にも紹介したいです。
当事者でないのに勝手なことを言って申し訳ないのですが、私は不思議と、海くんははなこさんのすぐそばにいるように感じますよ。

2015/11/04 (Wed) 00:41 | まめまま #- | URL | 編集
No title

初めて読んだ詩です。
いい詩ですね・・・紹介ありがとうございます。
はなこさんの訳もとても素敵です。
訳しながら海くんを近くに感じたのではないですか?
私も今花ちゃんをより近くに感じてます。

うさ友さんからの心のこもった贈り物も
はなこさんと海くんをより結び付けてくれてますね(^^)

2015/11/04 (Wed) 01:05 | ナオミ #KxwGyqDc | URL | 編集
No title

その顔にあきらめや悲しみが浮かぶことはなく、かといって根性や努力が見えたこともなく、あるのはただ常に希望や喜びや期待でした。

そう、うさぎは見返りを求めず、人間と違って、頑張ってることを誇示することもなく、私達に一緒にいさせてくれることで、とてつもない喜びを与えてくれますよね。

とてもいい詩ですね。はなこさんの訳もとても自然で、心にすっと入ってジンときました。

「隣の部屋」、普通はこちらから見えないのかもしれないけど、ひょっとして、ずーっと思ってると見えてくるのかな。

2015/11/04 (Wed) 03:57 | ゆり #- | URL | 編集
No title

うさ友さんから
海を越えてたくさんのステキな贈り物ですね☆
これは、はなこさんのお人柄ですよね(^^)
海くんが繋いでくれた絆ですね。

私がうさぎだったら、はなこさんに飼われたいな〜。
なんて思いました(^^;;

詩を読んで、なるほど!と思いながら涙がこぼれちゃいました。
日本のティッシュは柔らかいので
涙を拭いても鼻をチーンしても肌は大丈夫です(笑)

2015/11/04 (Wed) 10:05 | ブラックノール #- | URL | 編集
管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2015/11/04 (Wed) 22:33 | # | | 編集
らすさん

たくさんの人が海をかわいがってくれて想ってくれて本当に嬉しいです。

うさぎは他うさと自分を比較しないし、
過去を懐かしんであのときは良かった、って思うかわりに神さまに心から信頼して自分を待っているのは善いことばかりって、未来を信じてるのかも。人間もそうなれたら天国直行だね。

寒いよ~今朝は0℃でした!ぶるぶる。

2015/11/05 (Thu) 03:52 | はなこ #- | URL | 編集
koumeさん

日常のすべてをうさぎ様にあわせますよね。出かけるならうさぎの眠っている午後にしようとか、夜ご飯の時間までにはぜったい帰宅しようとか、お気に入り毛布が乾くように朝早く洗濯機回そうとか、遠くても新鮮野菜を売ってるお店に行ったりとか。飼ってない人から見ると「大変ね~」でしょうけど、これが喜び、幸せなんですよね。

見えなくても、きっといまごろ秘密基地で転がってるといいな。

2015/11/05 (Thu) 03:59 | はなこ #- | URL | 編集
うさ奈さん

心理学にもそういう考え方があるんですか?
お会いしたらぜひ講義をお願いします。
怪しいブログになると困るので避けましたが、宗教ともあちこちシンクロしてます。突き詰めて掘り下げてみたい気もしますが、一生かかりそう・・

ヘンリーさんの詩は、詩人の単なるロマンティシズムではなく神学の裏づけがあるからよけい心に響くのかも、って思います。

海、うさ太くんのところにも会いにいって、きっとおやつをちょっぴりいただいてるかもしれませんねw

2015/11/05 (Thu) 04:09 | はなこ #- | URL | 編集
mogu2さん

本当ですよね。
毎日朝晩あげてるご飯に大喜び。
いつものおやつにも大喜び。
人間なんて、同じおかずが連続すれば不満顔になったりするのに(←人によりますが)

空太ちゃんも、小羽さんと同じく喜びを発散していたんですね。

一瞬でもいいから隣の部屋を垣間見ることができたらどんなにか嬉しいのに。ね。

2015/11/05 (Thu) 04:13 | はなこ #- | URL | 編集
非公開コメントさま

あんなに小さかったのに、いないと火が消えたようです。うさぎと牧草のにおいに溢れてた暖かい部屋がただの四角い空間になってしまって。うさぎじゃなくても、ずっと一緒にいた子が見えなくなると辛いですね。身についた生活習慣、つい以前と同じように行動して、もう必要なかったことを思い出す・・・

でも、Oさんの子はたぶん本当にそばにいて話しかけていたのでは?うちの2代目うさぎぴょんさんはしばらくお部屋を走りまわっている気配がありましたよ。ケージをがたがたさせる音を父も聞いています。

そうですね、海は普通の子より気を配らなきゃいけないことがたくさんあったから・・余計手持ち無沙汰なのかもしれないですね。はい、いまは楽しかったこと、かわいかった仕草を思い出しても泣けますけど、おばあちゃんになって再会できるのを楽しみに日々ていねいに暮らしていこうと思います。ありがとうございます。

2015/11/05 (Thu) 04:22 | はなこ #- | URL | 編集
No title

病気になってたって、日々のお世話が大変だって、それも一緒に過ごせることが幸せ
どんな状態になってもうさぎさんって生き抜く
お互いがそばに寄り添うことで頑張れる
深い愛情がそこにあるからお互い癒される
海ちゃんのすやすやの寝顔
遠いところではなくすぐそばにあり、また会えるもんね

2015/11/05 (Thu) 16:27 | かにこ #- | URL | 編集

海くんのぐーたらな姿…
だいだいだいすきな口元…(*´ ˘ `*)♡
ごちそうさまです♡
なんてかわいいのでしょう!

すてきな詩ですね
ほんと、そうですよね*°
はなこさんのすぐそばでこの姿になってるのかも( *ˊᵕˋ )♡
きっと、海くんははなこさんを見つめてるのだわ!

そこにあることを喜ぶ、そこにいることを喜ぶ…
うさちゃんって、まっすぐに、純粋に生きるから
毎日を過ごすから
わたしたちのほうが勇気付けられますよね!

でーちゃんを迎え入れる前まで、わたしは体調不良が1年ほど続いて
散々な日々だったのですが
ひとって、守る存在ができると強くなるんだなあって感じてます
たくさんの笑顔を貰っています(*ˊᵕˋ*)
出会えたことに、とっても感謝しています

2015/11/05 (Thu) 18:02 | チップ #- | URL | 編集
anbouさん

すべての行動、予定はうさぎを中心に組み立てられるんですよね。室温や換毛やi-95が少ない目ヤニが出ているなど心配なこともたくさんあるけど、喜びのほうがずっとずっと大きい。毎日掃除機をかけてた海部屋も、誰も毛や牧草を散らかさない今はいつまでもきれいですけど・・・けど、寂しいですi-241

苦どころか、わたしは永遠に下僕でいたい(笑)

そうです、きっと見えないだけでその辺にいるんです。なんかね、最近以前の(発症まえの)海のにこにこ顔ばかり浮かんでくるんですよ。本当にそんな顔してそこにいるのかも。

2015/11/06 (Fri) 03:57 | はなこ #- | URL | 編集
シュウママさん

ドイツでは基本サイズがはがき大なの。
小さいサイズも焼いてくれるとこあるのかなぁ。
写真屋さん自体がもうあまりないからなぁ・・・

きっと向こうからは見えていて、
わたしたちが死んだときに初めて目が開いて見えるようになるのかも。そしたら「あのときはあんなに泣いてばかみたいだったなぁ」って笑いあうのかも。そうだといいね。

2015/11/06 (Fri) 04:00 | はなこ #- | URL | 編集
まめままさん

おやつもご飯も本当に喜んでくれるから、少しでもおいしいものを用意したくなっちゃって、それを喜んでくれるとすごく幸せになるし、なでなでだってしょっちゅうしてるのにいつも気もちいいi-178って言ってくれて・・もちろんせっかく買ったのに喜ばないおやつ、使ってくれないおもちゃなども(複数個)ありますがw!それでも、してあげられることがあるっていうだけで幸せ。一体なんなんでしょうね、うさぎっていうのは・・・

詩は、ちゃんとした翻訳を紹介してあげてください。わたしの訳はかなりはしょっていますので・・原文はもっと長いですi-201

当事者ほどわからないものなので、そう言ってもらえると嬉しいです。海、きっとそばにいますね!

2015/11/06 (Fri) 04:07 | はなこ #- | URL | 編集
ナオミさん

ありがとうございます。
むかし、なにかの小説に載っていた詩なんです。
そのときはちょっと心に引っかかっただけでそれ以上ではなかったのですけど、いま読むと違いますね・・原文はもっと長いのですが、大雑把に感じだけわかってもらえれば、と思って。

お別れの直後よりも、少し時間が経って落ち着くと近くにいる感じがしてきますね。海がいたときは、健康だったときの姿や動きは思い出しにくかったけど、このごろは元気いっぱい走る姿や笑顔ばかりが蘇ります。

花ちゃんとナオミさんは、わたしにとってはセットですよ。片方だけを思うことはなくいつも一緒です。きっと、本当にそうなんだと思います。

2015/11/06 (Fri) 04:45 | はなこ #- | URL | 編集
ゆりさん

ただ一緒にいるだけで大きな喜びで幸せで祝福。
蹴られたり牧草散らかしたり膝のうえでおもらししたりするのに、それでも幸せだなんてどういうことなんでしょうね!

隣の部屋は、わたしたちが地上で最後までがんばってその時間を終えるときに見せてもらえるのかな。魂の目になら。それとも思いをこらしてずーっと見ていたら見えてくるのかな。

詩は原文を読んでみてくださいね・・わたしの訳はちょっと刈りこみすぎているのでw

2015/11/06 (Fri) 04:52 | はなこ #- | URL | 編集
ブラックノールさん

>私がうさぎだったら、はなこさんに飼われたいな〜。

ブラックノールさん!すごく光栄で嬉しいです!
そんな風に言っていただけて。

わたしのはドイツのティッシュだったので鼻の周りがえらいことになりました・・

どの贈りものも暖かい励ましと慰めの共感がこもっていて、見るたびじわっとしちゃいます。海もきっとその周りを跳ねて「こんなのもらったよ、嬉しいね!」って言ってるんじゃないかな。

そうそう、歌舞伎パックはしばし飾ってありますよw

2015/11/06 (Fri) 04:57 | はなこ #- | URL | 編集
非公開コメントHさま

お別れの記憶がないのに「見た」ということは、本当にそのお兄ちゃんと一緒にいたのでしょうか?それとも頭のどこかではわかっているのかな・・・悲しいけど、死はその子の一部ですから、そこを受け入れないとその子丸ごとを受けとめたことにはならないですよね。時間がかかってもその方が受け入れ、乗り越えていかれますように。

Hさんはそんなお仕事をされているのですね。実はわたしの勤め先もその関連施設です(といってもわたしは雑用係ですが)。日々、いろんなことを教えられていますよ。

2015/11/06 (Fri) 05:06 | はなこ #- | URL | 編集
かにこさん

うさぎの体温が恋しいです。
今日は買い物に出たときに見た近所の鵞鳥にタックルして頬ずりしたい欲求と戦いました。動物ってみんな本当に癒される体温を持ってますよね。寄り添うだけで心からほかほかになります。海にとってもそうだったんだといいな。

わたしが死んで魂の目が開いたら「なーんだ、ずっとそこにいたの!?」って、嬉しくて大笑いしてしまうのかも。

2015/11/06 (Fri) 05:11 | はなこ #- | URL | 編集
チップさん

ぐーたら姿は幸せですよねぇi-178
安心してくれてる証拠ですものね!
この顔を見ているだけで幸せで、
それだけで1日が暮れたこともありました。

チップさん、体調不良が長く続いて辛かったですねi-241 頭痛の日が多かったのかな?守るものがいると強くなるし、笑顔って実はすごいパワーを持っているんですよね。だからでーちゃんのかわいい仕草を見て毎日毎秒笑顔でいると、心がぐんぐん元気になるんだと思います。でーちゃんも、どうすればママが喜ぶか学びとってママが笑うと嬉しくて、そんな風にお互いがお互いを幸せにしていく関係って人間同士では・・・あるのかなi-229

2015/11/06 (Fri) 05:19 | はなこ #- | URL | 編集
管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2015/11/06 (Fri) 22:56 | # | | 編集
非公開コメントFさま

写真、フレームに入るのは1枚だけなのに選べなくていっぱいプリントしちゃいましたが、いつでも見られるのっていいものですね。データだとパソコン開かないと見られないけど写真なら部屋に飾っていつでも眺められますから。そのうち壁中海写真になるかもしれません(笑)

サボテンに海の名前をつけてくださったんですか!ありがとうございますi-189 いつかぜひその「サボテンかいくん」を見せてください♪
もちろん、Mちゃんサボテンも。

いつも応援ありがとう。

2015/11/07 (Sat) 18:31 | はなこ #- | URL | 編集
管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2015/11/11 (Wed) 14:26 | # | | 編集
非公開コメントOさま

はじめまして。
ご訪問&コメントをありがとうございます。

そうなんですね、
うさぎさんって「いま」を全身全霊で受けとっていますね。
「いま」を精一杯生きてる。
もうすぐ2歳の愛うさちゃんと暮らしてらっしゃるんですね。
うさぎは毎日昨日よりかわいくなるので、
年を重ねるほどもっと近く、もっとかわいくなってきますよ。
Oさんとうさちゃんの日々が喜びに溢れていますように。

2015/11/12 (Thu) 03:06 | はなこ #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する