影のちから


去年の暮れのこと、海がいなくなったあと。
音楽の支えがどうしても必要だったころに
愛用のiPod nanoが壊れました。


↓それはこんなのです(念のため)
DSCN2598_convert_20160824190706.jpg
↑泣く泣く買い換えた新しいもの

ある日、室内着の大きなぶかぶかポケットから取りだしたら
表面ガラスにクモの巣みたいな見事がひびが
ぶつけた覚えもないのに、ひびでほぼ真っ白状態。
保護シールのおかげでかろうじて分解せずに済んでる状態。
さらに電源を入れると、液晶が破損して黒いシミがべったりと
なにかの呪いみたい。もう画面での操作はできませんでした。
本体脇についてるボタンで再生や音量調節はできましたが。

これには iTunesで購入した音楽だけではなく、
断捨離のため処分したたくさんのCDも入れてあるので
画面操作ができない = 選曲できない、というのはけっこう大変。
外ではまったく聴きとれない静かなクラシックや
講演会でのお話などいま聞く気になれないものも入ってますから。
最低限のものはスキップして飛ばしつつ、でも基本的には
順番に流れてくる曲を丁寧に聴くはめになっていた数週間。

そんなわけで新しいのを買うまでのしばらくのあいだ、
持ってたことさえ忘れていた曲を聴くことがけっこうあったんです。
そのなかのひとつ、むかしお友だちにいただいたCDのなかの1曲。
絶望について歌った曲。

視覚的に説明してみると、
絶望のどろ沼の底からはるか上空の月をみあげて
救いを求めて叫んでいるような曲です。

これが、とてもじゃないけど痛くて痛くて聞けなかった。
歌われている孤独の壮絶さをわたしも知っていると思ったけど、
それゆえに最後まではとても聞けなかった。

背後から刺しつらぬいて目のまえの壁に
じょうずに隠したはずの心の傷をはっきりと映しだす。
とてもじゃないけど正視できなくて途中でとめる。
次の曲にスキップする。

新しいのを買ってからはこれまで通りに、
気に入った曲だけをリストにまとめて再生したりして、
いまいち気分じゃない曲たちは隅へ追いやられました。


↓ぼく、はなこが音楽聴いてるときにね
IMG_7102_convert_20160717211237_201608182049417d4.jpg
↑リズムにあわせてとんとんしてもらうの、大好き


相手が音楽でも、向きあうべき時期、ってあるのかもしれません。
それから半年以上が経って、ふとまた聴いてみようと思いたちました。
そうしたら、今度は聴けたばかりか自分の心とぴったり重なって
背後から刺されるんじゃなくて、自分のなかに納まった、
と感じました。見事におなじサイズ。おなじ色。
おなじなので寄り添ってくれる。慰められる。わかりあえる。

認められなかったもの、正視できなかったものを
受け入れるまではいかなくても、
隣に立っていられるくらいには大人になったのかな。

同時に、暗いもの、ネガティブなものの持つちからについても
考えかたが変わってきました。
これまでは善いもの、幸せなもの、明るいもの、楽しいもの、
ばかりをすくいとって表現しようとしてきたけど、
影には影のちからがある。表裏一体で片方だけではうまく立てない。
ということに思い至って、そうしたらなんだか・・・


・・・やる気が湧いてきました(笑)



「うさかいドイツ日記」だけど、
うさぎのことじゃなくてもドイツのことじゃなくても
いろんなことを書いていきたいな、と思います。

すみません
全体の3分の2が前置きみたいな文章になってしまいました。
これからもよろしくお願いします。








スポンサーサイト

コメント

影があるから光があるんですよね、その通り!ブログは私もチッ!て思ったわりと後から考えるとどうでもいいグチ書いてたりしますよ(笑)あ、もうご存知でしたね フフフ。一応、人様の目があるのであれで控えめに書いているんですが、書くとスッキリしますよ☆内にこもるとよくないので秘密の日記でもアホー!とかコケろー!(小学生?)とか書いてもスッキリしますよ♪

2016/08/25 (Thu) 06:57 | メリィ #- | URL | 編集
No title

アルトシュラーさんが提唱した同質の原理という考え方があります
その時の気分やテンポに合った音楽を聴くことで、精神的に元気に
なっていくというものですが、まさにそれだと思いました!
悲しい気持ちは、元気な曲よりも悲しい曲の方が癒してくれる
というと、ご納得いただけるでしょうか?

うーん、でもよく考えると、以前のはなこさんにとっては同質と
思われたものがあわなかったということでしょうか?
同質だと思っていたけれど、やっぱり同質じゃなかったのかも?
ひらめくものの、最後まで分析しきれない私でした・・・^^;

はなこさんの綴る文章は本当に物語のように素敵なので
ぜひぜひ、これからもいろいろな文章を書いてくださいね♡
小説もかいてみてほしい♪

2016/08/25 (Thu) 17:32 | うさ奈 #- | URL | 編集
No title

ぶつけてもいないのに蜘蛛の巣状態って・・・
そんな簡単になってしまったりするのですね☆

確かに今まで聴いていた曲でも精神状態によって今は聴きたくないって時がありますよね。
今私に必要なのはノリノリのさぁ、やるぞ!という気になる曲かも。
焦るのみでイマイチやる気が出ずで^^;

2016/08/26 (Fri) 06:48 | koume #- | URL | 編集

はなこさんが海くんに、リズムにあわせてとんとん、としている姿を想像して、幸せな心地になりました。

私も、時間が経って聴くと、あれ、いい曲だな、と思うこと、あります。
でも、はなこさんはそんな風に強烈に感じられるなんて、感受性がとても高いのですね。
私は、なんか嫌だな〜とか好みに合わないな〜とか、あとは、何回聴いても頭に入って来ないな〜とか、そんな感じなので、そうやって具体的な言葉にできること、感じられることが素敵だと思いました。

良く考えたら、好きな曲なら、どんな風に良いか、プラスの感情でもマイナスの感情でも言葉にできますね。
私もいつか、好きでない曲でもそんな風に感じられると良いです(^^)

2016/08/26 (Fri) 08:45 | まめまま #- | URL | 編集
メリィさん

チッ!!と思うことがあるとしたら相手は常に某鉄道ですがw
それはご存知のとおり、わたしもブログに書いています(笑)
メリィさん、秘密の日記があるんですかw?

内にしまって大事にしてるとそのうち発酵しますからね・・・
発酵したネガティブのパワーには毒がありますから
風通しはよくしておかないとね!

2016/08/26 (Fri) 19:09 | はなこ #- | URL | 編集
うさ奈さん

同質ゆえの同族嫌悪だったかもしれません。
それは絶望が深すぎて境界すれすれまで行ってる歌で、そこまで落ちるもんかわたしはだいじょうぶとがんばっていたわたしのメッキを剥がそうとして、これがおまえの本当の姿だ!と言うもので、当時は突きとばして見なかったふりをするしかなかったような・・で、いまは聴けるようになったということは、いま境界すれすれってこと(笑)?あら?

同質の原理、よくわかりますー。当時は少し悲しくてメロディーのきれいな、優しい曲ばかりリピートしてました。enyaとかアヴェマリアとか(↑上記の曲にあたったのは事故です・・)アルトシュラーさんという方の提唱なんですね。うさ奈さん、いろいろ知っていてすごいです。これからもいろいろ教えてね。

2016/08/26 (Fri) 19:34 | はなこ #- | URL | 編集
koumeさん

覚えがないだけでぶつけていたのでしょうけど・・
イヤホン部分が画面に当たった状態でどこかにこつんとぶつけたら、タイミングの悪さでこうなってしまうのかもしれません。見たときはショックでしたよ~!!

焦るけど気が重くてやる気になれませんよね、心配事が大きいと・・そのときの気分にあった曲なら、音楽のちからってすごく大きいからきっとがんがんやる気になれるかも。そういう曲を選ぶのが難しくもありますけどね。

遠くから応援してますよ~
2ヵ月後には、あの心配はなんだったんだろう、って思っていることを祈っています。

2016/08/26 (Fri) 19:41 | はなこ #- | URL | 編集
まめままさん

ぴょんさんはなでなで、海はとんとんが大好きでとんとんしてるといつもすや~っと寝てしまったんですよi-189 気持ちよさそうにぐりぐり言いながら。

そうそう、まめままさんは歌手がクラシックの曲に歌詞をつけて歌っているようなの(ライトクラシックっていうんでしたっけ?)ってだいじょうぶですか?聴けます?

わたしはなんというか音楽にヘンに過敏なところがあって、落ちてるときに特定の音楽を聴くと奈落の底に行っちゃうんですi-201 音楽の持つパワーに対して弱いんでしょうね・・逆にそのときの気持ちにあった曲を聴くと雲のうえまで行けます。ので便利なのかも(笑)?

2016/08/26 (Fri) 20:32 | はなこ #- | URL | 編集
No title

私は強いストレスを感じると歌える音楽を聴きながら激しいウォーキングをします。耳で聴いて、声を出すことで、余計なことを考えずにいられるからです。激しいウォーキング?一般の人から見たら、軽いジョギングよりも速いかもです(笑)歩いて歩いて汗をかいてドロドロにならないといけないので、周囲の人はかなりひいています(^_^;)でも、気にしません。肉体的に疲労感を感じない限りは、ストレスの根源を考え続けるからです。精神的疲労感は辛いけれど、肉体的疲労感は心地いいです。それには音楽が必要なんです。でも、やっぱり何が何でも聴きたくない日もあります。でも、それは音楽があるという前提だから、聴きたくないと思うわけです。これが全てではないですけれどね(^ ^)

はなこさんのブログ、大好きですよ!
だからいつもすぐにコメントが書けないんです(^_^;)
ちゃんと書かなきゃって思っちゃうんです(^ ^)

2016/08/28 (Sun) 01:03 | へたうま #QmHJkZRE | URL | 編集
No title

「人間はストレスがたまると解消をするが、
ストレスがないと生きて行けない」
↑文章で書くとなんだか変ですが、
学者さんか評論家かがこんなようなことを言ってたのを思い出しました。
イヤな事も必要な事だったりするのかもしれませんね。
私はなかなか受け入れることができないので、
はなこさんはとっても大人だ!と思いましたよ〜(^^)

私もはなこさんのブログ好きです☆
これからも読ませていただきま〜す(^^)

2016/08/29 (Mon) 18:32 | ブラックノール #- | URL | 編集
へたうまさん

ストレスって抱え込むと発酵してえらいことになりますもんね。わたしが持っていない能動的に発散する方法をへたうまさんはしっかり持ってらっしゃるんですね。最近なんとか打ち勝って笑い飛ばせることも増えてきました。年の功で(笑)でもまだまだかな。もっと強くなれるように、体のほうも頑丈にしないと!連動してますからね。

そうそう、肉体的疲労感って心地いいです!疲れ果ててぐったり、ってなってもそれが心地いいし充実感がある。体があって生きてる、っていうのがじかに感じられるし。 わたしはあまり運動しないひとだったんです。子どものときも体育苦手だったし。最近になって動ける喜びみたいなのが湧き出してきたのですが、それについてもそのうちブログに書きたいな。



ありがとうございます。そう言っていただけて嬉しいです!
でもコメント考えすぎないで気軽に書いてくださいねw!

2016/08/29 (Mon) 19:23 | はなこ #- | URL | 編集
管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2016/08/29 (Mon) 19:41 | # | | 編集
ブラックノールさん

人間ってどんな環境にいても(反対の立場のひとから見ると羨ましい環境であっても)なにかしらのストレスってありますものね。ストレスがないと生きていかれない。なるほど。ストレスが本当にゼロの状態になったらたしかに逆にまずいというか、むしろ死にかけてる!?みたいになりますよねi-230

ストレスというか、悩みとか心の傷があってこそ喜びや幸せに厚みが加わるかな。100%いいことだけ、っていうのはきっとなんか軽薄だと思うので、傷だらけのほうが立派な大人になれるかな。

ありがとうございます♪
ずっと仲良しでいてくださいねーi-178

2016/08/29 (Mon) 19:42 | はなこ #- | URL | 編集
非公開コメントFさま

やっぱりとんとんが好きでしたか!?
ぴょんさんはなでなでが好きだったのですが、海はとんとんでした。Fさんも子守歌うたいながらとんとんしてあげたのですね。ママの歌は世界一。音痴だなんてぜったい思ってなかったからだいじょうぶですよ(笑)

2016/08/29 (Mon) 20:30 | はなこ #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する