オランダ旅行3/3


その3 北海とライデンとオランダの雲

ホテルを出て正面の道をまっすぐに歩いて次の角を右にまがって
ずーっと歩くと大きな車道に出て、そこを渡って少し行くと海が見えてきます。

最初にこの街に降りたったとき、すぐに「海のにおい!」と思いました。
なつかしい、潮のかおりでいっぱいでした。
ここは「海辺のリゾート地」で、海が見渡せる場所には立派なホテルが林立しています。

ジュラ紀に、おじさんとドイツ北部に旅行にいったことがあります。11月でした。
北海に面した、対岸はデンマークという街で、名前は失念しました(笑)、が、
ここは息がとまるほど冷たくて強い風が休むことなく吹きつけ、
正面から吹かれると本気で息が苦しく、これが原因で死んでも納得、なほどでした。

今回は4月だったのでそこまで冷たくなかったけど、風の質、強さはあのときとおなじ。
おなじ北海です。海の荒々しさもあのときとおなじ。ゴッホの描く海の風景とおなじ。
海とともに生きる人々の暮らしの厳しさがつたわってきます。


↓ここをずっと行くと見えてきます
DSC_0011_1_convert_20170430233656.jpg


↓北海!
DSC_0036_1_convert_20170430233734.jpg


潮風のにおい、砂浜のにおい
DSC_0032_2_convert_20170430234030.jpg


↓ひとがちっぽけに見える、おおきなおおきな雲
DSC_0012_2_convert_20170430233804.jpg
↑あのしたはきっと雨が降ってる

↓雲がとってもすてき
DSC_0021_1_convert_20170430233835.jpg


↓砂浜は空の鏡
DSC_0029_2_convert_20170430233923.jpg



ここで貝をふたつ拾いました。
ひとつは猫屋敷の庭のどこかに、
ひとつはいつか日本に帰ったとき、あたらしいはなこ定住先に。

帰りのバスは15時発だったので、
アムステルダムに戻って少し観光することもできたのですが、
海辺でぼーーーーーっとするほうを選んでぼーーーーーっとしてきました。

ところで、アムステルダムへ行くには途中ライデンという街で乗り換えです。

このライデンという街にはちょっぴり感慨深いものがありまして。ここは
「思い出のアンネ・フランク」の著者ミープ・ヒースさんが初めて降りたったオランダの街なんです。

アムステルダムには「アンネの日記」のアンネ・フランク一家がナチスから逃れて
2年間隠れ住んだ家があって世界中から訪れるひとがいまも絶えることがありません。
その隠れ家生活を危険を冒して支えつづけたミープさんの自伝をむかし読んだんです。
本からは、オランダ人の強く太い優しさを感じました。
ミープさんはオーストリアの生まれです。第一次世界大戦のとき幼い子どもだった彼女は
戦後の食糧難から栄養失調になり、オランダへ送られます。
そこではたくさんの痩せ細った子どもたちのためにオランダ人の里親が待っていて、
自身が5人の子持ちでけっして豊かではなかった夫婦がミープさんを受けいれ、
栄養をつけようと一生懸命食べさせてくれます。
けっきょくミープさんはオーストリアへ戻ることなく、その家の家族になって暮らし、
のちにオランダ人と結婚して正式にオランダ人になっています。

「アンネの日記」が有名になったことでその支援者ミープさんは脚光を浴びますが、
ご本人は英雄扱いされることをよしとしなかったようです。
というのも、アンネはたまたま有名になってしまったけど、当時のオランダには
無名のユダヤ人を自宅にかくまっていた人が大勢おり、なかには密告されて逮捕され、
命を落とした人もいたのだそうです。

これはオランダだけの話ではなく、ドイツにもそういう人たちはいたのですが、
この自伝を読んで以来わたしはオランダ人に尊敬の念を抱いていました。
なので今回たくさんの人たちの暖かい親切に触れて、やっぱり!と感動したんです。

と、話だけ長くなりましたがライデンの写真はありません・・・w
ミープさんが見た第一次大戦直後の風景なんてどこにも残っていなかっただろうな。



↓ふたたびスローターダイク駅
DSC_0067_1_convert_20170501050708.jpg


↓駅も電車も、青と黄色が基調でした
DSC_0066_2_convert_20170501050641.jpg


ここからバスに乗ってふたたび7時間強の旅です。25ユーロ。
昼間のほうが少し安いんですね。
ただ、どういうわけか帰りのバスは外国人ばかりでした(自分もだけど)。
行きはドイツ人ばかりだったけど、帰りはドイツ語はまるで聞こえない世界・・・
インドやアラブ系の人ばかり。なぜ。
彼らのほとんどは途中駅フランクフルト空港で降りていきました。


↓車窓から見えた雲がすごかったんです
DSC_0075_1_convert_20170501050813.jpg


↓絵みたい
DSC_0076_1_convert_20170501050846.jpg


↓はなこの怪しいかばん
DSC_0077_1_convert_20170507004023.jpg


このバス、あちこちに行ってるんです。
一度使って安心だってわかったし便利だしお値段も良心的だし、
あこがれのマティス美術館にも行けちゃうかも・・・ フランスのニース。
と思って調べたら、ニースはダメです・・・ 16~18時間かかる しかも高い


ところで、帰りはアウトバーンが一部渋滞していてバスは1時間遅れました。
ぎりぎり、23時半の終電5分まえにハイデルベルクに到着。
荷物を受けとってホームまで走りました。
こういうときに限って定時に発車しますからね、ドイツ鉄道・・・


翌日本人が言うところによると、猫山さんははなこにおかえりを言おうと思って
寝室のドアを開けたまま寝ていたのだそうです(はなこ帰宅は0時前後でした)。
それがうっかり深く眠ってしまい、朝まで意識不明だったそうですw
その代わりにベイビーが迎えに出てくれていっしょにはなかい部屋に入り、
棚に飛びのってそこにあったハンドクリームを落とし、かなりすごい音をたてたのですが・・
猫山さん、疲れていたんですね。。。





スポンサーサイト
Category: オランダ

コメント

No title

とうとうオランダ旅行記完結ですね!
素晴らしい写真ばかりで、本当に選別が大変だったでしょう(笑)

北海の鏡のような砂浜綺麗・・・
だけど、その場にいったら畏怖を感じてしまいそうです
北海水産にはよらなかったんですねw

帰りのバスが外国人ばかりだった件、ふと思ったのですが
効率重視のドイツ人さんは、昼間はめいっぱい観光にあてて
夜間の移動をよしとするのではないでしょうか?!違うかな^^;
終電にまにあってよかったです。そして猫山さん、素敵(笑)

2017/05/09 (Tue) 01:46 | うさ奈 #- | URL | 編集
うさ奈さん

北海水産!
ってそういえばアムステルダムから近いんですね。寄りませんでした・・
わざわざ出向くほどのパッションは食にはないのでw

帰りのバス、謎ですね。
みんな途中で降りてしまって、ハイデルベルクまで乗ってたのは
わたしとドイツ人男性1名きりでした。

終電間にあってほんとよかったです~。
オランダから所持金10ユーロで帰ってきたので
タクシー代なんてなかったし(笑)

2017/05/09 (Tue) 04:42 | はなこ #- | URL | 編集
No title

青い空にもくもくの白い雲、そしてその空が写し出される砂浜の上の海水、
素敵な風景ですね。
ikeaの上の輝くような雲も本当に絵画みたいで綺麗♪

ニースか〜。
ここから5、6時間で行けるんですけどまだ行ったことないんですよね☆
ニースとモナコは行きたいんですけど。

5分前・・・
間に合ってよかったですね〜。
猫山さんって本当に可愛い方ですね(笑)

2017/05/09 (Tue) 05:20 | koume #- | URL | 編集

あぁ本当に綺麗な風景☆
潮風が香ってきましたよ〜

猫山さんて本当に優しいですね!
おかえりを言う為に...なんて感動しちゃう。
でも爆睡してたってところが面白くて、猫山さんてホント魅力的ですね〜(*´∀`*)

2017/05/09 (Tue) 09:17 | anbou #- | URL | 編集
No title

1枚目の写真、なんだか映画のワンシーン
みたいですね。
空を映す濡れた砂浜も素敵♪
でも、息が苦しいほどの強風なんですね。
ぼーっと過ごす時間って、大事ですよね。

車窓から見えた雲、雄大な感じですね~(^^)

終電間に合って、本当に良かったですね。
ああ、なんか猫山さんらしいエピソードですね(*´∇`*)

2017/05/09 (Tue) 20:24 | citystranger #TzD7Cqrk | URL | 編集
koumeさん

フランスはお隣の国、なんていうおめでたい感覚でいたのですが
緯度でいうとニースはイタリアにめりこんでるんですね!
スイスを横断してイタリアまで南下してから右に曲がる感じ(笑)?
時間かかるはずです・・i-181
5~6時間で行かれるなんていいなぁ。

IKEAですみません・・w あちこちにあるんですねi-201
でも雲が本当にすごいでしょう!

猫山さんはほんとに一緒にいて飽きない人です。かわいいです。

2017/05/10 (Wed) 00:51 | はなこ #- | URL | 編集
anbouさん

スケールの大きい海でした。
波の荒々しさも三浦半島とはまったくちがう(笑)
夏になっても泳ぐのは厳しいんじゃないかしら。

魅力的な猫山さんはダニに刺されて背中を赤くしていますが。
行くときも23時半まで起きていて見送ってくれましたし
本当に暖かくて優しい人ですi-189

2017/05/10 (Wed) 00:58 | はなこ #- | URL | 編集
citystrangerさん

1枚目、そうですね、こんな映画のシーンありそうです!
おしゃれなフランス映画かな。サスペンスかな(笑)
きれいな砂浜にはクラゲも落ちて?いました。ミズクラゲ。
砂のうえに残ったわんちゃんの足跡や貝殻を眺めながら
ぼーっとしてきました。贅沢な時間だと思います。

雲は大~きくて3Dでwすごかったです。

1時間も遅れるとは予想していなかったので焦りましたが
海は(例のごとく)だいじょうぶって言っていたのですが
凡人なのでやっぱり焦っちゃいました(笑)


2017/05/10 (Wed) 02:37 | はなこ #- | URL | 編集
管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2017/05/10 (Wed) 18:44 | # | | 編集
No title

やっと久々にPC開いたら、そこには見事なキューケンホフの世界が!!
もうもう、うっとりひたりながら、じっくり堪能させていただきました~♪

本当にすてきなところですね!
チューリップv-298がたくさん‥の私のイメージと全然違いました。
木もれ日の中、本当~にすてきな木々とチューリップたちのみごとな世界なんですねe-420 海くんが、すごく行きたがってたの、納得しました!

こんなに素敵なところなら、私もいつか行ってみたいです。
その時はやっぱり、ひとり(+うさぎたち^^)かな? 時間に追われず、のんびりゆっくり、心ゆくまでながめていたいです。風の気配、お花の香り、木々のざわめき、自然の流れ‥にひたって、ぼんやりしてたら、いつの間にか、光の傾きが変わってて、きっとまた違う色合いに広がって‥。
あ~、夢のような世界。 なかなかに難しそうなので、まずは、はなこさんの写真をたびたびながめて、ワープしてこようかなe-491

そして北海!! いいな~。雲が本当にきれいですね♪ 水面にも映ってて、一瞬、塩田かと思いましたよ(←どういう思考回路なのか‥e-330) 車窓からの景色は羊の大群ですね!

あっという間に、オランダ紀行が進み、だいぶ前になっちゃいましたけど、はなこさんって、本当に優しいe-266 黒うさちゃんの無事(と存在?^^)を確認しにいらしてくださってたんですね!? 無事に道路を渡れて、ほんとに良かったです!!

猫山さんの年齢は、ちょっと微妙そうな気がしたので、つきつめて考えるのは延期しました(笑) とてもすてきな方ですね。爆睡でお疲れとれたかな? 猫山さん代理で、ベイビーちゃんが、海くん&はなこさんを出迎えてくれたなんて、それもまた、嬉しいですね♪
ではまた、ゆっくり最初から、オランダ旅行編、楽しませていただきますね~e-53

2017/05/11 (Thu) 03:38 | はる #- | URL | 編集
非公開コメントFさま

そうなんです、オランダにも海はあるんですよ~。
なんだかスケールの大きな海と波で人がちっぽけに見えるでしょう。
日本の海とはやっぱりちょっとちがう感じ・・
ずっと突っ走ってきたのでひと休み・・・のつもりでしたが
やっぱり3日くらいじゃだめですね~、3か月くらい(←贅沢)

はい、猫山さん作ハンバーグ、おいしかったです♪
あえて焦げ目をつけてあるので香ばしくてね。
にんにくもたっぷりで・・翌日ふたりとも仕事だったんだけどw

2017/05/11 (Thu) 03:55 | はなこ #- | URL | 編集

はなこさーん🌷(。・ω・。)❁。🌷.*・゚ .゚・*.

夢のようなお写真たくさんありがとうございました
゜:。* ゜.(∩˘ω˘∩ )♡゜:。* ゜.・:*:・(*´エ`*)ウットリ・:*:・

キューケンホフという街の名前もはなこさんと出会ってなければ一生知らなかったかもなのに、空で言えるようになったし(笑)友人にここステキすぎるよ~🌷なんて話してます。

いつか行ってみたいな(*˘︶˘*).。.:*♡はなこさんありがとうございました。

追伸:リレロイボッホのマグカップが我が家にありますが、それを見る度猫山さん宅のエッフェルおしゃれ便器に気持ちを馳せています(笑)

2017/05/11 (Thu) 08:21 | とんきち #- | URL | 編集
No title

空と海がすごくきれい!
すばらしい写真ですね。実際にここにいたなんてうらやましいです。
千葉のIKEAと建物は一緒なのに、この違いはなんでしょうねー。
一枚目の写真、「ノッキンオンヘブンザドア」のラストシーンを思い出しました。
でもあれはドイツ映画だったからドイツなんでしょうね。
とにかくきれいです!

2017/05/11 (Thu) 23:13 | ナオミ #KxwGyqDc | URL | 編集
はるさん

お忙しかったんですね~ i-181
はるさんっていつも夜更かしさんなんですか?早起きさん?
コメントくださる時間が日本だと丑三つ時?みたいなんですが(笑)

多くの人が一面のチューリップ畑、と想像するようですが
キューケンホフはそんなものじゃないんですよ!すばらしいんです!
天国みたいだね~、って海と話してました。
こんなところに行くならやっぱりひとり(+うさぎたち)ですよね!
心ゆくまで、朝から晩まで見ていたい。
遅くなるとバスがなくなるといやなので6時半に撤退しましたが、
時間帯によって、光の角度によってまたちがう表情が見られますものね。
気温は数字のうえでは低かったのですが、寒かった記憶がないんです。
夢中で、なにも感じなかったんですね(笑)

北海もきれいでした。
潮風は日本と同じだけど、もっとさらさらした感じ。
あと、あれだけ波が荒くて風も強かったのに、
砂浜には海藻って打ち上げられていなかったんです。クラゲがいただけ。
だから浜全体がきれいに見えるんです。
ワカメとか落ちてるとおじさんの靴下みたいですからね。
塩田・・・そういうはるさんの思考回路、そして表現が大好きです!

黒うさちゃんはバスから一瞬見えただけなので存在を確認したかったのと、
黒だったので(野うさぎ色じゃなかったので)野生の子なのか
それとも捨てられたのか気になって。見に行ったからってわかるもんじゃないですけど、
でもすっかり慣れた様子で車道を渡って走っていったので
もう長いことこうして暮らしているんだと思います。逞しいですね。

キューケンホフの写真、楽しんでいただけてよかったですi-178


2017/05/12 (Fri) 04:35 | はなこ #- | URL | 編集
とんきちさん

こんにちは~i-189
写真、楽しんでいただけて嬉しいです!よかった!
たくさん撮ってきたかいがありました♪
とんきちさんの使われる絵文字、すごくすてきですね。
うっとりさ加減がよく伝わりますv-298

キューケンホフ、いつかぜひ行ってみてくださいね。

便器だけじゃなくマグカップもすてきなのがいっぱい売ってるんですよね。
見るたびに猫山家のエスプリ便器に気持ちを馳せて・・(笑)
便器冥利に尽きると思います(笑)!

2017/05/12 (Fri) 04:42 | はなこ #- | URL | 編集
ナオミさん

千葉のIKEAもこんな建物なんですね。
オランダのは広々とした場所にあるからなんか素敵っぽいのでしょうかw
ナオミさんはいろんな映画を見ていますよね。
この映画、Wikipediaでざっとあらすじを読んでみましが
(あらすじというほどの情報量ではなかった・・)
見てみたくなりました。DVD探してみようかな。

ありがとうございます!
実物はもっともっとすてきでしたよ!
また行きたいです。

2017/05/12 (Fri) 04:49 | はなこ #- | URL | 編集
No title

あらっ、時間ばれちゃってました?e-330
実は丑三つ時にひっそり、わらを綯いながら‥‥ではなく(笑)、
「超夜型」なんです。。紛らわしくてすみませんe-251

荒川うさぎの時に、時間がなくて、大体「2日=1サイクル」で寝ていたら、
ますます夜型が進行してしまい‥(←言い訳e-330e-330)

さらに今は、日中、動物病院とかに行けるよう、夕方から仕事してるもので、
いつもいつも、すごい時間になってしまってすみませ~ん。
今日は久々のお休みなので、人並みに!と思いましたが、やっぱりまた、日本時間の深夜になってしまいましたね‥反省。。

ワカメ見つけると「美味しそう♪」と思ってたけど、これからは「おじさんの靴下」に見えそうです(笑) 今度、海にも行ってみようかな?

2017/05/12 (Fri) 23:44 | はる #- | URL | 編集
はるさん

なるほど~。そういう生活サイクルだったんですね。謎が解けました(笑)
わらを綯いながらパソコンを使うはるさんを想像しています(笑)


荒川うさぎのときは本当に大変だったんですねi-181
2日が1サイクルではお肌が荒れませんでしたか。
あのときは日本にいたのになんのお手伝いもできなかったなぁ・・

すみません、だなんてそんなことないですよi-201
コメントが届いてもチャイムやサイレンが鳴るわけではないのでw
夜中でも深夜でも丑三つ時でも大歓迎です♪

実家近所の海辺ではむかしワカメが洗濯ばさみで干されてたんですよ。
それがどう見てもサラリーマンのおじさんの黒靴下にしか見えなくて。
幼い子どもに与える心象にも気を配ってほしかったです(←無理)


2017/05/13 (Sat) 04:22 | はなこ #- | URL | 編集
No title

こんにちは
今度はオランダの 雲のお写真シリーズですね
わたしは 車窓から見た1番目の写真が 一番好きです

貝殻のお話 オランダの貝が ドイツの猫屋敷と
いつか日本に 飾られるなんて
はなこさんは とても素敵なことを 思い付くのですね

あっ ソロモンの指輪 カラスのページまで読みました
はなこさんの大好きな チューリップ満載のキューヘンホフで
あの‼コクマルガラスに出会えたこと

そして今回の旅で 空港で黒いうさぎさんが 出迎えてくれたこと
海君そっくりのうさぎさんにも出会えたこと が
どんなに素敵なことだったのかを 改めて 気づくことができて
わたしもとても嬉しくなりました(*´∀`*)❤

あと ビリーちゃんのところへ いってくださったのですね
ビリーちゃんの飼い主様も とても良い方ですよね
優しいお気持ち 嬉しいです 本当に ありがとうございました

2017/05/13 (Sat) 15:58 | geohking #- | URL | 編集
geohkingさん

車窓からの雲、本当に描いたみたいにすごいでしょう?
大~きくて、ほんと人なんてちっぽけに見えちゃいます。

え、貝殻の思いつき、すてきですか?ありがとうございます♪
小さな貝なので庭のどこかに紛れちゃうだろうけど、
何十年たって粉々になってもたぶんずっとそこにあると思うんです。
日本のはなこ邸(←妄想)でも同じく。

「ソロモンの指環」、カラスの章まで進んだのですね!
コクマルガラスは、ローレンツ博士の描いたイラストを見ただけで
本物は写真でも見たことなかったんです。
なのにひと目で これが! ってわかりました。
感動のあまりストーカーになってましたよ(笑)チューリップに背を向けて。
キュウ、って鳴くんです。かわいいんです♪
オランダでこんなふうにうさぎに会えたことも感動でしたi-189

ビリーちゃん、geohkingさんがいつかリンクを貼っていらしたときから
気になってときどきお邪魔していたんです。
5月1日のお誕生日をいっしょにお祝いしたくてね・・
すてきな飼い主さんに慈しんでもらって本当に幸せでしたね。


2017/05/14 (Sun) 00:11 | はなこ #- | URL | 編集
No title

この写真すごいねー! 
初め見た時、「これは・・絵ですか写真ですか絵ですか写真ですか」と、1人繰り返してしまったわ。

雲の大きさも空の青さも日本とは違う! 海も遠浅なのかしら? ここ歩いたら気持ちいいだろうなぁ。

2017/05/21 (Sun) 16:56 | ゆーさん #- | URL | 編集
ゆーさん

ひつじ雲の写真、ほんとすごいでしょ!
実物はもっと立体感と存在感がすごかったよ。
ドイツでもこんなのは見たことない気がする。

風は強かったけど北海はなんともさわやかで気持ちよかったです。
ゆーさんもここで喜んでぼーっとしただろうなぁ。
いつかご一緒しますかi-178

2017/05/22 (Mon) 00:21 | はなこ #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する