FC2ブログ

ポーランド旅行1/5


その1 お友だちと旅行まえのあれこれのこと


11月8日から13日まで5泊6日のポーランド旅行。
今回もお友だちたちの優しさや暖かさにつつまれて、
そのことが旅の思い出を3倍も6倍もすてきなものにしてくれています。


行きは朝がはやく帰りは夜遅かったため旅行前後は
空港バス発着所により近いうさ奈さんハイムに泊めていただきました。

旅行まえはとっても忙しくて、疲れがでたのか体調いまいち、
ポーランドでちゃんと動けるかどうか、実はちょっと不安があったのです。
微熱もあるっぽかったし、人間関係で落ち込むことがあったりして、
その人のことを考えると胃がずんずん沈んでいくような気がしたりして。

わたしの「体調いまいち」のことを知っていたうさ奈さんは、
旅行の荷物を引きずってよろよろとやってきたわたしに
元気がでるようにと、お母さまお手製の梅干しをごはんに添えて出してくれました。
いまはお空にいるお母さまが手作りした、大事な大事な梅干し。
その思いやりがしみました
大きなお椀いっぱいの熱いおみそ汁もとってもおいしくて、
やわらかく炊いたお粥もおなかにやさしくて、
これはもう元気にならないわけにはいきません!
うさ太くんの隣で眠って癒しパワーを(無理やり)吸収して、準備完了!


↓その日の午後、ポーランドの首都ワルシャワに着きました
DSC_0026_7_convert_20171119033145.jpg


飛行機のなかでは2時間弱、爆睡してました
はたしてなにか食べものとか飲みものは出たんでしょうか・・・ 不明。
もっともわたしは飛行機にのると自動的に胃が閉じる体質なので、
なにが出ても出なくてもおなじなんですが。
(食べものいらない人は運賃が安くなるシステムがあったらいいのにー)

ポーランドはドイツより寒かったです。空気がきーんとして氷のよう。
迎えにきてくれた幸次郎(仮名)と入ったレストランでの熱々スープと


↓レモンとしょうがを浮かべたハイビスカスのお茶が
DSC_0029_9_convert_20171119033213.jpg
↑からだを芯からあたためてくれました


幸次郎は、ロココ時代に会ったときと比べると老けてましたw
あれから200年の歳月が流れて園子さんがいなくなったあと苦労もしただろうし、
お互いいろいろあったよね、と言いあい。

ポーランドの人たちはとっても素朴で純粋であたたかくて優しい。
女性は細やかでやわらかな心配りを忘れないし、
男性は徹底してレディファーストの紳士。
200年まえに来たときに感動したことのひとつです。
あのとき、どこか田舎のほうで車をとめて一面の麦畑を眺めていたとき、
働いていたご老人がそばにきて、挨拶をしたわたしの手をとると
地面に片膝をつき、からだをかかめて手の甲にキスしたことがあったんです!
映画でみた、むかしの貴族のお姫さまにするような礼儀作法に死ぬほど驚きましたが
幸次郎に言わせると古い世代の人(特に地方の)は今でもこうだとのこと。

幸次郎はさすがにそれはしませんが(というより都市部では絶滅種かと思われる)
それでも今回も相変わらず紳士ぶりは徹底していて、上着を脱ぐときは必ず手をかしてくれる、
レストランでは椅子を引いてくれ、座るタイミングにあわせて押してくれる。
車に乗るときも必ずドアを開けてくれ、乗ると閉めてくれる。
とうぜん、荷物は重くなくても持ってくれる。
それにわたしを、自分の対応範囲外にはけっして出さない。
わたしが早足になって先に行くと手をとって引きもどされる。
立ち止まって遅れると迎えにもどってくる。常に半径3メートル以内。

日本やドイツになれているわたしとしては、
車のドアなんて各自が自分で開けて乗りこんだほうがはやいよね!?って思っちゃう。
そしてふと思うのです。
それでいったい何秒の節約になる。そんなに急いでどこへいく。


↓夕方のワルシャワの街、
DSC_0032_8_convert_20171119074627.jpg


↓トラム乗り場
DSC_0038_9_convert_20171119033441.jpg
↑道ゆく人々の服装はなんとなくロシアっぽい


そうして初めのころは申しわけなくもあって、「自分でやるから大丈夫だよ~」なんて
いちいち汗をかいていたわたしですが、そのうちおまかせできるようになりました。
レディらしく(笑)


わたしの、容量いっぱいすぎてもうなにもダウンロードできなかったスマホには
うさ太郎さんが空きを作って入れてくれた英和・和英辞典が入っていて、
幸次郎との会話に大活躍してくれました


ポーランドは国民の95%がカトリック教徒です。
しかも信仰篤い敬虔な信者が ドイツに比べると 圧倒的に多い。
幸次郎もわたしもカトリックなので、今回はそっち方面な旅をしてきました。

初日と最終日はワルシャワで幸次郎とふたりでしたが、
真ん中のクラクフ4日間は、幸次郎の従姉の理香子さん(仮名)といっしょ。
この人は以前ドイツの大学に留学していたことがあって、ドイツ語を話します。
助かりました。英語、すっかり忘れててまずいわ・・・
6日間がんばって、やっと以前の勘が戻ったところで旅がおわるという・・・ね




スポンサーサイト
Category: ポーランド

コメント

No title

レモンとしょうがを浮かべたハイビスカスのお茶ってホント体が温まりそうだし、オシャレでステキ♡

ポーランドはそんなに紳士の国なのですね~
私も片膝ついて・・・とかされてみたいw
日本に住んでるとレディーファーストなんてありえないので、感動しまくるだろうな~
街の建物は綺麗だけど、寒さが何か伝わってきますー ブルブル

2017/11/19 (Sun) 16:42 | anbou #- | URL | 編集
anbouさん

ハイビスカスのお茶、おしゃれでしょう♪
おうちでも作れますね、はちみつたっぷりで。
風邪にも効きそう。

うふふ、片膝つかれてみたいですか(笑)
お姫さま扱いされるのは女の子/女性の憧れですよね。
大切に扱われるのはやっぱり嬉しいものです。

初日はすごく寒くて、持ってきた衣類だけでは無理!
という危機感がありましたが、
翌日からはかなりましになりましたよ。


2017/11/20 (Mon) 03:33 | はなこ #- | URL | 編集
No title

あら! 北朝鮮と日本人以外の男の人はみんなそんな感じかと思ってたけど、ドイツも違うとは意外。
なら、わたくしポーランド人と結婚しようかしら~
けど、度が過ぎると「自分でやります。うるさいな」ってことになる気もする。

あ、そんなことより、旅行楽しくて良かったね^^
写真また載せてね♪♪

2017/11/20 (Mon) 15:33 | ゆーさん #- | URL | 編集
No title

わざとらしくない自然な扱いとしてのレディファースト、
私も受けてみたいです(笑)
ちょうど今見ているドラマの主人公がアメリカ独立戦争の
戦いから現代に蘇った、その老人と同じ挨拶をする男性なのですが、
今でもその作法が残っていること自体、すごいですね。

でも、ポーランドの女性の方もそれに相応しい気遣いの
できる素敵なレディなのでしょうね~。

心から信じる教えと共に生きるポーランドのカトリックの
方々、さぞ心の温かい人が多いのでしょうね。
続きも楽しみです♪





2017/11/21 (Tue) 22:30 | citystranger #TzD7Cqrk | URL | 編集
No title

やさしいうさ友さんの 愛情たっぷりの やわらかく炊いたお粥
大事な梅干し あったかいお味噌汁 心にしみますね
レディーファーストの旅 ムフフ💕素敵ですね
やっぱり 大切にエスコートされるのは とても嬉しいものですよね
理香子さん ドイツ語ができて 良かったですね
日本人のはなこさんと ポーランドの理香子さんがドイツ語で お話
国際的ですね
お話のつづきが 楽しみです(((o(*゚∀゚*)o)))

2017/11/22 (Wed) 00:08 | geohking #- | URL | 編集
ゆーさんさん

いやいや、ドイツも日本よりはレディファーストだよ。
日本<ドイツ<ポーランド って感じかしら。
おじさんは「自分ファースト」な人だったけど、まあこれは例外で。

そうだね、ひとりにしてくれないのも長引くと辛いときもあるだろうね。
男性には言いにくいことだって出てくるだろうし。

デパートで女性下着売り場に突入したら
果たして幸次郎はついて来たのだろうか(試してみればよかった)


韓国人も日本人よりはレディファーストなの?




2017/11/22 (Wed) 02:16 | はなこ #- | URL | 編集
citystrangerさん

そんなお作法がのこっていたのは200年まえのことなので
いまはもう完全に消え去っているのかもしれません。
あのご老人もたぶんもう・・いや、わからないけどi-201
園子さんも理香子さんも穏やかで細やかでやさしくて
わたしが男性だったら守ってあげたくなるような女性でした。
ドイツ人女性に対してそう思ったことはないです(笑)

そんなドラマがあるんですね!おもしろそう!
日本のドラマ?

幸次郎蔵書のカトリック関係の本どっさり、
これもそれも読んでないの!?読まないとだめ!と言われ、
ドイツ語訳の出ているもののリストをおみやげにいただきました・・i-195

2017/11/22 (Wed) 02:28 | はなこ #- | URL | 編集
geohkingさん

そうなんです。お粥と梅干し、あたたかい心遣い。
疲れたからだと人間関係でささくれた心にしみましたi-189

レディファーストの旅(笑)、いいでしょうi-178
大切に扱われるのってやっぱりとっても嬉しいものです。
なにひとつ困ることがないようにしてくれることの安心感。
兄のよう、と思っていたけど、もしかするとお父さんでしょうか(笑)
↑幸次郎は4つ年上

理香子さんの、前回いっしょに遊んだ天使のようなかわいい坊やが
22歳、髭面のむさいおっさんになっていてすごくショックでしたi-181

2017/11/22 (Wed) 02:42 | はなこ #- | URL | 編集
No title

はなこさん、体調良くなかったのですね><
でもうさ奈さんの優しさとうさ太くんの癒しのパワーで
ちょっと回復しかましたか^^
とっても嬉しい気遣いですね。

ポーランドの方がそんなに紳士的だったとは!?
車のドアを開け閉めしたり、常に半径3メートル以内なんてすごい!
こちらでは見たことも聞いたこともありません☆
以前はドアを開けて女性を先にとか電車やエレベーターに
乗る時もまず女性がという感じでしたが、
最近ではそういう人もほぼ見かけなくなりました。
ついでにうちにいるのは「自分だけ」の人><
お姫様扱いされるだなんて羨ましい。。。

2017/11/22 (Wed) 22:57 | koume #- | URL | 編集
koumeさん

はい、旅行まえにあれこれ忙しくしすぎてダウン気味でしたi-195
これからは出力7割くらいに抑えて生きようかと・・w
でもやさしいご飯と、こんな友だちがついていてくれる!という嬉しさと
うさ太くんのにおいをすーはーしたおかげで元気が出ました!

イタリア男性って女性に優しいイメージがありましたが
そうでもないんですね!?それとも優しいのはマンマに対してだけ!?
わたしのドイツ人の知人女性に、男性と女性は対等よ!といつも言っていて
椅子なんて引こうものなら「自分でできます、バカにしないで!」などと
叫びそうな人がいますが、こういうのがいるせいもあるかもしれません、
こういったお作法が廃れつつあるのは・・

おじさんも常に自分だけの人でした!
そっくりですよね~、ご先祖がおなじだったりして(笑)


2017/11/23 (Thu) 05:14 | はなこ #- | URL | 編集
No title

ポーランド素敵ですね~ さらにお友達を訪ねに行くって素敵♪行く時もわくわくして気持ちが全然違いますよね! 私も訪ねれる友人は訪ねまくりました(笑) koumeさんも書いてましたが、イタリア人は自分の事しか考えてない人が多いので彼女は別として、電車やバスも我先にです!てめあほふざけんなと言いたくなってきますが、私の男友達(イタリア人)は彼女、友達関係なくはなこさんが書いていたような事してくれますよ。性格はイタリア人ぽくないイタリア人です

2017/11/24 (Fri) 15:34 | メリィ #- | URL | 編集
メリさん

そうそう!
友だちに会いに行くのってわくわく感も格別ですよね!
幸次郎のご両親のような高齢の方だとまたなおさら・・

イタリアは10日かそこら旅行に行った程度だけど
メリィさんとkoumeさんのおかげでイタリア人の生態に詳しくなってくw
我先に、って、高齢の女性も無視ですか?
てめあほふざけんな、って、メリィさんなら実際言ってそう(笑)


2017/11/25 (Sat) 04:45 | はなこ #- | URL | 編集
管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2017/11/28 (Tue) 21:57 | # | | 編集
非公開コメントFさま

日本人はもしかすると世界一せかせかイライラの人種かも。
でも大人なんだし、エレガントに生きないとね(笑)
よゆうとゆとりは大切。いつも腹八分目(←?)

2017/11/29 (Wed) 23:53 | はなこ #- | URL | 編集
No title

うさ奈さん、とっても優しいですね(^^)
旅行前に体調が良くないとちょっと不安だったりしますが、
温かい優しさとうさ太くんの癒しでパワーで
はなこさんが復活することができて良かったです☆

写真からキーンとする寒さが伝わってきます。
レモンと生姜を浮かべたハイビスカスのお茶、とっても美味しそう。体にしみますね〜(^^)

幸次郎さん、ステキです☆
日本人はレディーファーストに慣れてないので
最初は戸惑っちゃいますよね(^^;;
レディーファーストをスマートに対応できるはなこさんがまたステキです☆

2017/12/07 (Thu) 10:49 | ブラックノール #- | URL | 編集
ブラックノールさん

日々少なからず異民族(ドイツ人)と戦っているわたしにとって
うさ奈さんの優しさと思いやりはとってもあたたかくて嬉しいのです♡
外国へ行くまえに体調いまいちっていやですよね
勝手のわからない国で具合悪くなったらと思うと不安が・・
いくら幸次郎が注射器やメスを持参しているとはいえ(笑)

本当に初日は氷のような空気できんきんでした!
空港から出たとたん、寒っ!これはまずい!と思いましたが
湿度の加減もあるのかな、翌日からはましになってよかったです。

レディファースト、慣れると案外心地いいものです♪
このあとメンズファーストデイを設けて幸次郎のためにドアを開け、
彼に冷や汗をかかせました。

2017/12/08 (Fri) 03:24 | はなこ #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する