FC2ブログ

ポーランド旅行2/5


その2 ご両親のおうち

ポーランド第一泊目はワルシャワ郊外にあるホテル。
幸次郎が自宅マンションのすぐ近くのホテルに部屋をとっておいてくれました。


↓大きなベッドひとりじめ!!きゃー
IMG_1269_convert_20171119041811.jpg
↑手前のはうさ太郎さんにお借りした、世界を旅するスーツケース


ベッドは縦に寝ても横に寝てもどこもはみださないサイズ。
夏だったらごろごろしまくって遊ぶところだけど、
寒かったのと疲れていたのとでそれはできずじまい。残念。

↓バスルームにおかれたシャンプー(とせっけん)
IMG_1485_convert_20171122025922.jpg
↑実物はもっと毒々しい色をしていまして

おもいっきり着色料入ってます!という色あいと、香料入ってます!なにおい。
なんかだいじょうぶかなこれ、と思って使ったのですが、なんと意外なことに
翌日の髪はさらっさらでした

さて、ポーランド2日目は幸次郎の運転で
ワルシャワから300km離れた街、クラクフへ。
クラクフには幸次郎の従姉2人とその家族が住んでいます。
この日は2都市のあいだに住んでいる幸次郎の両親と従姉たちのお母さま、
娘たちに手作りのお菓子やお惣菜を運んでほしいというお母さまを訪ねつつの移動。

↓幸次郎実家、お父さまに溺愛されている猫
IMG_1484_convert_20171122031629.jpg
↑名前はコテック

コテック、というのはポーランド語で「子猫ちゃん」というような意味なのだそう。

・・・・・・。

だけどね、このコテちゃん、ものすごく巨大なオス猫なんです・・・。
こんな大きな猫生まれてはじめて見た! っていうくらいの特大サイズの6歳。
その名前が子猫ちゃん・・・

まあこれってつまりあれなんですね。
猫山さんが3歳をすぎたでかい猫を「ベイビー」と呼ぶのと同じ心理ですね、きっと。
コテちゃんが昼寝をしているときは、起こさないように電話線を抜いてしまといううお父さん。
そんなお父さんにあきれ果てている幸次郎には、
わたしのスマホも同じ理由でサイレントになっているとは言えずw

↓コテちゃん
DSC_0060_6_convert_20171122031221.jpg


幸次郎のお父さまは前回会ったとき、わたしにカードをくれたんです。
それは古いマリアさまの絵が印刷されたカードで、
カード自体とても古く、黄ばんで縁がもろくなっているようなものでした。
お父さまの母上の形見だそうで、おなじものを2枚持っており、その1枚をわたしに。
それをいまも持っていることを幸次郎から伝えてもらったのですが、
幸次郎自身は現場にいたにもかかわらず「そんな絵、あったっけ?本当?」と。

高齢で最近もの忘れが多いというお父さまが覚えているか更に不安になりましたが、
幸次郎の通訳にお父さまはまるで昨日のことのように「うん、はなこにあげたよ」と。
そして枕元に飾ってあるという、額縁にいれた自分のカードを見せてくれました

↓そんなお父さまといっしょに
IMG_1480_LI_convert_20171119042932.jpg


お昼ごはんはここでいただきました。
幸次郎のお母さまが出してくれたのはまず・・・

レモン入りミルクライス

まえにもブログのどこかで散々書きましたが、
お米を牛乳で煮てお砂糖で味つけをしたこの食べもの、凶器です。
それもレモンの輪切りが入っているのははじめて見た。
もちろんいただきましたよ、礼儀正しい日本人代表としてw
甘さ控えめで、レモンの風味がさわやかだったのが救いでした。

お皿を下げにきたお母さまに おいしかった? と訊かれて、はい! と。
でもつづけて おかわりする? と訊かれて けっこうです! と・・・。

おいしかったと答えておきながらおかわりしない、というのは失礼だったかしら
と反省したはなこ。次に出てきたパンケーキはがんばっておかわりしました。
お腹いっぱいだったけど、がんばればパンケーキ1枚くらいなんとか・・・と思い。
そしたらそのあとさらに巨大なりんごケーキが出てきてどうしようかと思いました


↓ガソリンスタンドからみえた教会
IMG_1475_convert_20171125052836.jpg

↓寄る時間なくて残念だったなぁ
IMG_1476_convert_20171125052855.jpg

↓どう発音するのか見当もつかないポーランド語
IMG_1477_convert_20171125052913.jpg
↑zmartwychwstanie とかね(←幸次郎の本のタイトル、意味は蘇生)


ちなみに、クラクフからの帰りにもご両親宅に寄ったのですが、
そのときにいただいたお昼ごはんは・・・

↓いためたじゃがいもと、赤かぶとわさびの煮物
DSC_0209_2_convert_20171125062116.jpg
↑そして牛レバー・・・

ぽっちりとのっているのがレバーです。
わたしはこれが苦手なので・・幸次郎に頼んで少しだけのせてもらいました。
まったく食べないのは申し訳ないかと(←日本人)

このわさびなのですが、日本のわさびとは種類がちがうのでしょうか。
わさびをすりおろしたものなのですが、辛くはないんです。
ただ、あのわさびの風味が・・・赤かぶ負けてるし。
ランチョンマットはお母さまが「日本的」だと思ったものを出してくれたのだそう。

このあと理香子さんのお母さま(幸次郎父の妹)のところに寄って物資を積んで、
渋滞にはまってからクラクフに到着。物資は無事に理香子さんの冷蔵庫に。



スポンサーサイト
Category: ポーランド

コメント

No title

色々とあたたかいおもてなしがあって充実した旅行でしたね!そういえばイタリアにはライスヨーグルトなるものがあって、そのままなんですがヨーグルトにお米が入っています。風邪ひいてぐったりしてた時に買い物も行けないだろうと、大家さんがくれた事があって一瞬、ヨ。。ヨーグルトにお米!?と思いましたが食べる物がほんとに何もなかったので食べてみるとあまくておいしかったです。ミルクとは少し違う感じなんでしょうね、きっと。ランチョンマット日本ぽいですね♪ おじいちゃんもステキ

2017/11/25 (Sat) 11:10 | メリィ #- | URL | 編集
No title

変わらぬ温かな歓迎、素敵ですね~。

形見の品を1枚下さったなんて、幸次郎さんのお父さまの
心の優しさとはなこさんのお人柄が感じられるエピソードですね。
額縁に入れて枕元に飾ってある、お父さまにとっては大切なカードだけに、ちゃんと覚えていてくださったのですね。

特大サイズのコテ君、耳の飾り毛の感じから、猫の最大種のメインクーンという種類かもしれません。お父さまにとっては、きっといくつになってもどんなに大きくなってもかわいい子猫ちゃんなのですネ。

国が変わると料理も…i-201
せっかくのご厚意を断るわけにもいきませんし、かといって苦手なものをふつうそうに噛んで飲み込むのって、けっこう大変なんですよね。

2017/11/25 (Sat) 21:58 | citystranger #TzD7Cqrk | URL | 編集
No title

その毒々しい色のシャンプーで髪がサラサラとは意外!?
だいたいそういう色や匂いのきついものってバサバサになるのに☆

大切な形見のカードをなんて素敵ですね^^
しかもちゃんと覚えていてくださるなんて。
お父様、はなこさんのことよほど気に入られたのでしょうね^^

暖かい手料理でのおもてなしってとても嬉しいのですが、
苦手なものだとちょっと困りますよね。
私もレバー苦手なんですよね。
食べられないことはないですが、決して食べたいものではなくて。
ミルクライスも聞いただけでもうダメそう^^;
でもやっぱりせっかく作ってくださったものを食べない訳にはいかないですものね。

2017/11/26 (Sun) 00:00 | koume #- | URL | 編集
メリィさん

ライスにヨーグルト!
なんかインドにもそんなのがあるって聞いたような・・・
やっぱりお米だから先入観が邪魔するのであって、
純粋に味わったらさっぱりと甘くておいしいのかも。
特に病気のときは口あたりよく食べられるのでは。

でも日本人だっておはぎ食べますよね。甘いあんこつきのライス。
わたしはあれも実は苦手なんですが・・

あたたかいおもてなし、とっても嬉しかったです♪

2017/11/26 (Sun) 01:02 | はなこ #- | URL | 編集
citystrangerさん

そうそうそれそれ!!それです!!メインクーン。
幸次郎が教えてくれたのですがど忘れしてしまって
思い出せずに苦しんでいたんです(←大げさ)
救ってくれてありがとう(笑)
なるほど、最大種なんですね~、納得です。巨大でしたもん。

ミルクライスは「甘いごはん」を脳が拒絶するのであって
味そのものはそんなに悪くないとは思うのですよ・・・
レモンの輪切り入りというのははじめてでしたが。
幸次郎の真似をして皮ごと食べてしまいました。

幸次郎がいないと会話ひとつできないお父さんとわたしなのに
ふたりだけが覚えていたことがある、っていうのはなんだか
お父さんとわたしに縦のつながりができたみたいで嬉しかったです♪


2017/11/26 (Sun) 01:16 | はなこ #- | URL | 編集
koumeさん

わたしも、翌日パサパサを覚悟して洗ったんですけどね(笑)
水がよかったのもあるかな。滞在中ずっとさらさらだったんですよ~。
ドイツの水だと謎のウェーブが出たりするんですけど。

koumeさんもレバー苦手ですか。
そう、わたしも食べられないわけじゃないんですけど。。。
それよりも不思議だったのはこのわさびのすりおろし煮込み(?)。
お肉やじゃがいもにつけて、ソースのようにして食べるらしいです。
レストランでも見かけたので、普通にあるものなのかな。

お父さま、あんなむかしのことを覚えててくれて
嬉しかったです♡

2017/11/26 (Sun) 01:25 | はなこ #- | URL | 編集
No title

縦に寝ても横に寝てもどこもはみださないベッドーー! わぁ~い
ほんと 正方形に近いですね 豪華ー! 時計の針みたいに回ってみたいです

ホテルの備え付けのシャンプー 次の日 サラサラになって よかったですね 緑とオレンジで可愛いですね 
わたしなら 持ち帰っちゃうな♡ そうか お水も きっと いいのですね

ポーランド料理をいろいろ味わえたのですね
たくさんのおもてなしに はなこさんのことを大好きで大切に思っている 
歓迎ぶりが伝わります
ミルクライス・・・ 惜しいですね コンソメ味にしてくれたら シチューみたいで美味しかったのにね

おじいさまからいただいたマリア様のカード 嬉しいですね 
きっと はなこさんは マリア様と おじいさんのお母さんと おじいさんの 大きな優しいパワーに 守られていますよね 

あっ うちの子 小型犬なのに MAXだあ(笑)

2017/11/26 (Sun) 19:06 | geohking #- | URL | 編集
geohkingさん

そうなんです、ほとんど正方形でね、
横にびろーんと寝てみたりしたけど、時計の針もおもしろそう!

シャンプーはすごい色だったけどレトロな感じでかわいいですよね♪
バスルームの壁のタイルの模様もなつかしい雰囲気でかわいかったです。
すごく静かだったけど夜中になにか不思議な声が聞こえて・・・
朝になってカーテンを開けたら、すぐ隣の敷地に牛がいました(笑)

そういえば豆乳鍋とかあるし、ミルク+お米でもコンソメ味だったら
ぜんぜん平気ですよね。いえ、甘いお米だって別に食べられるんですけど、
なんか急いで飲みこんじゃうんですよねwww

お父さまの母さまも守ってくださってるでしょうか、
だったら嬉しいな♡

お、そういえばマックス君はMAXですね(笑)!!
小さくても存在感は最大級ですものね!

2017/11/27 (Mon) 01:30 | はなこ #- | URL | 編集
管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2017/12/01 (Fri) 18:04 | # | | 編集
非公開コメントFさま

Fさん、レバーが大好きなんですね。
たしかにご主人が苦手だと食べにくいでしょうね~。
自分ひとりのためだけだと料理するのも面倒だしw

幸次郎父さまは手にカメラを持っているでしょう。
これでわたしを撮ってくれた(?)のです。
というか、さりげなく撮られていたというか(笑)
使いかたがよくわかっていないようだったので
ちゃんと撮れていたのは謎ですが。



2017/12/02 (Sat) 05:26 | はなこ #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する