FC2ブログ

あるお休みの日に


わたしがまだ若かった三畳紀、
勤め先にはなこ母よりすこし年上の同僚・田原さん(仮名)がいました。
当時、その人の娘さんはお嫁にいったばかり。
結婚してはじめてご主人との不協和音を感じたのですが
そのきっかけはパジャマだったのだそう。

家庭ってそれぞれいろいろですよね。
田原さんのおうちは自由で、おやすみの日には遅くまで寝坊したあと、
パジャマのままで朝ごはんを食べ、
パジャマのままでごろごろしながらテレビなどを見て、
なんの予定もない日だとそのまま着替えずに終わることもあるのだとか。

ところがご主人のほうは、パジャマというのは布団から出たら着替えるべきもの、
だらしがなくて気分が悪いから、パジャマでテーブルにつくのはやめてほしい、
そう言われて娘さんはびっくりしたのだとか。

田原さんは、結婚生活で重要な問題になってくるのはそういう小さな、
ほかにもたくさんあるであろうささやかな齟齬なのだと言っていました。
それをお互いがどこまで許容できるか。

秋に、同僚のひとりが結婚することになりました。
ドイツ人にはめずらしくふたりはいま別々に暮らしており、
結婚とほぼ同時にいっしょの生活を始めることになるのだそうです。
まわりの人たちは、籍を入れるまえにいっしょに住んでみないと、
そのあとであれこれ問題が出てきてももう逃げられないよ~、なんて
彼女を脅していますが・・いえ、たぶんその助言は正しいのでしょう。

で、わたしはどうしてもこういうとき、パジャマのことを思い出すのです。
結婚したらつぎはパジャマ。


↓水曜日にるり子とふたりで
DSC_0023_23_convert_20180901025132.jpg
↑こんなソーラーボートにのってきました

屋根がガラス張りの、サウナ状態になった部分(↑右側)と、
天候に応じて天井部分に覆いをかけることができる部分があるのですが、
わたしたちがのった船はまったく屋根なし状態になっていました。

↓ので、全身直火焼き状態です
DSC_0012_27_convert_20180901024147.png
↑さすがのるり子も暑がっていました

↓太陽光を利用してうごくので
DSC_0022_21_convert_20180901024449.jpg
↑静かでゆっくりです

↓アメリカ人観光客も乗っていました
DSC_0024_20_convert_20180901024627.jpg
↑まあ、大抵観光客ですよね・・地元民はわたしたちくらい・・?

↓あの大きな木
DSC_0023_24_convert_20180901024536.jpg
↑あのあたりでいつも和田さん(仮名)たちと遊びます

↓お金持ちたちのヨット
DSC_0020_13_convert_20180901024332.jpg

↓遊覧船にのったのはわたしは初めてだったけど
DSC_0010_36_convert_20180901024223.jpg
↑景色自体は徒歩でいつも見てるから・・でもやっぱり新鮮でしたよ


↓そのあと、川沿いにあるホテルのレストランでランチ
DSC_0032_21_convert_20180901024656.jpg

↓おおきな紫陽花
DSC_0034_19_convert_20180901024724.jpg

↓まっしろでなんてきれい
DSC_0035_18_convert_20180901024746.jpg


この日はしばらく涼しい日がつづいたあとの30℃。
前日まで、そして翌日からまたがくんと涼しくなったのですが、
よりによって30℃の日にわざわざグリルされにいったわたしたちは、
帰宅してから頭痛を起こして夕方まで寝込みました(笑)


そして今日で8月が終わる。
夏がものすごーく長かったのに、7月8月は短かったように感じる。
今日の新聞によると(もう夏はおわったことになっていて)、
今年の、これだけ暑く、日照時間が多く、雨が降らなかった夏も、
2003年の猛暑記録を更新するほどではなかった、とのことでした。
2003年・・あの、ヨーロッパでたくさんの人が熱中症で亡くなった年。
記録は更新しなかったけど、かなりいいところ(?)までいってたわけね。

夜の8時半にはすでに暗い。もうすぐ冬時間。

今日から長袖パジャマにします。





スポンサーサイト



コメント

No title

そういう違いありますよね。
うちは特にたくさん☆
耐えられないのがあり過ぎてもう無理と・・・
まぁ、半潔癖症の人間がとてつもなくだらしなく、
不潔な人とでは上手くいく訳がないのですが☆
やはりしばらく一緒に暮らしてみる期間は必要だと
私も思います。

ボート気持ち良さそうと思ったけれど、
全身直火焼きはツライ><
川にヨット!
すごいですね〜。
広い川だから可能なのでしょうね。

こちらも夏終了とテレビでやってます。
7時過ぎるともう暗くなり始めますしね。
私は3日前からすでに長袖パジャマです^^

2018/09/04 (Tue) 06:14 | koume #- | URL | 編集
koumeさん

そういう細かい、仕方ない違いはたーくさんありますよね。
まあ、うちの場合は問題になったのはそんな些細なレベルの
ことではなかったですが・・(笑)
ああ、潔癖症だと普通の人が相手でも目につくところがあるのに
不潔な人だとかーなーりー精神的にやられますね~i-201
はい、わたしも試用期間はあるべきだと思います。。
ドイツだと、籍抜くの簡単じゃないからなおさら。

ヨットがあるってことはけっこう深いんでしょうね、この川。
直火焼き、きつかったです・・
この夏最後のイベントと思ってがんばりました(笑)

そう、暗くなるのがはやくなったし
夜はじっとしてると冷えますね。
やっと熱いお茶がおいしい季節に・・♡


2018/09/04 (Tue) 19:00 | はなこ #- | URL | 編集
管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2018/09/04 (Tue) 19:09 | # | | 編集
No title

2003年にも 猛暑がすごい時があったのですね 
異常気象は ことしに限ったことではないのですね
日本は まだまだ 異常気象真っ最中 毎日 猛暑日&台風の被害も 
半端ではありませんよぉ(;^_^A

ドイツの緑豊かな自然 大きな木々や 大きな川の景色を見ていると 
とってもほっこりするのにね
地球は どうなってしまったのでしょうね?!

ホテルのランチ お外の場所が かなり 広いのですね
そうそう 真っ白な紫陽花って きれいですよね 
私は 紫陽花の中でダントツで 一番好きです(*´﹀`*)

はなこさん地方は もう長袖パジャマの登場なのですね
同僚さんは 2人で暮らすのかしら?! 今どきは ドイツも核家族?!
同居してからの カルチャーショックって いろいろありますよねえ
お姑さんとか大家族だと もっと大変というか 違いが多すぎて諦めが付く??
ヘタレなわたしには 絶対無理だわ・・・(笑)

同僚さんの お幸せを お祈りしております♡

2018/09/05 (Wed) 16:55 | geohking #- | URL | 編集
Fさん

ねー、台風i-183めちゃくちゃすごいみたいですねi-195

パジャマみたいな日常の細かいところってみんな違いますもんね。
わたしはパジャマは気にならないけど、
おじさんが夏に上半身裸で食卓につくのは我慢できなかったなぁ。
なにか着てくださいってお願いしたらそうしてくれたけど。

るり子の服、きれいで涼しげな色ですよね♡
そういえばそうかな?日本のおばあさまはあまりきれいな色、着ない?
ランチは大量でした・・i-181



2018/09/05 (Wed) 22:57 | はなこ #- | URL | 編集
geohkingさん

2003年は道路工事など屋外で働いていた若い人たちや
夜にはきっちり戸締りをする都市部の高齢者たちが
相当な人数熱中症で亡くなったのですよ・・・
日本の異常猛暑もはやく終わりますように、

ほっこりするのどかな景色だったけど、ひとつだけね・・
70代後半と思しき女性が上下とも細~いビキニを着て
日光浴していたのですよ・・いえ、自由ですけどねi-201なにを着ても!

ランチはなかでもいただけるのですが、
屋外大好きドイツ人るり子がさっさと外にすわったもので・・・
りんごジュースをほしがってハチが押し寄せて大変でしたi-181
(↑スズメバチの小さいのみたいな、肉食のハチです)

真っ白な紫陽花、本当に清楚で美しいですねi-189
日陰に置かれていたけど、ひだまりとはちがう光を放っていて
とても印象的に目に焼きついています。

ドイツでは子どもは成人すると割とすぐ家を出ることが多いみたい。
同僚は女友だちと住んでいたのですが、
このまえあたらしい部屋を婚約者といっしょに借りたそう。
親と同居ってたぶん滅多にないんじゃないかなぁ。
わたしの知っている人ではいわゆる二世帯住宅というのはいますけど。
一軒の上と下に分かれて、顔をあわさなくても済むような形態のね。

日本もはやく長袖パジャマになれますように。

2018/09/05 (Wed) 23:34 | はなこ #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する