FC2ブログ

はなこ母がきたよ3/3


パリからもどったのが水曜日の夜。
それから母が帰国する月曜日まではなんだかあっという間でした。

翌日はゆっくり休むことにして、
パリで買ったおみやげをこれは誰に、あれは誰に、と分けたりして、
おしゃべりしつつのんびり過ごしました。すくなくとも午前中は。
午後からはまた街をぶらぶらしに行ったけど。

母のドイツ滞在、後半のすてきな予定は すき焼きパーティー でした。
母はこのために日本から高野豆腐やしいたけを持ってきていたんです。
アジアショップにはわたしが探したかぎり焼き豆腐はなかったので、高野豆腐で。
しらたきはありました
イレギュラーなメンバーだったのは芽キャベツくらいで、あとは日本のすき焼きです

お友だちの和田さん(仮名)が、すき焼きのつくりかたを覚えたいと言っていたんです。
そこで、るり子のキッチンで母が説明しながらお料理。
おじいちゃんはもともと食べ慣れたもの以外は嫌がるせいもあって
るり子が18時まえにパンやプリンといっしょに寝室に押しこめてしまいました

牛肉は和田さんが買ってきてくれました。
お肉屋さんに、できるかぎりりうすくスライスして、と頼んだそうだけど、
日本にある「すき焼き用のお肉」よりはやっぱり厚みがありました。
(↑ハムをスライスする機械をつかったそうです)


↓炊き込みごはんとおみそ汁も
1539461661887_convert_20181027051654.jpg
↑はい、ナイフとフォークでいただきました(人物はるり子、和田さん、はなこ)


ひさしぶりの日本の味はとってもおいしくて、たくさん食べちゃいました。
お昼に食べた巨大ハンバーガーのおかげでお腹いっぱいだったんだけど。

和田さんは母にいまの日本のあれこれについて話を聞いたりして、
ふたりともとってもたのしかったみたい
るり子はしらたきがお気に入りでしたよ。
芽キャベツが意外とよかった。




凄まじい快晴の日曜日は、トルコ人のお友だち東山さん(仮名)ご夫婦が
車で迎えにきてSpeyerにつれていってくれました
東山さんは、わたしがはじめてドイツにきて通っていた語学学校で
となりの席だったお姉さんです。かれこれ2世紀くらいのつきあいになります。


↓母とはなこのうしろにあるのが、有名な大聖堂
y5juhm_convert_20181027051725_convert_20181106185252.jpg
↑ツーショットは今回はじめてかもしれない・・

↓東山さんにポーズを指示されるご主人と
DSC_0019_33_convert_20181027052030.jpg
↑自分もフレームにはいっていることに気づいていない母

↓大聖堂は実際に見ると奥行きがあってすごい迫力です
DSC_0034_32_convert_20181027051953.jpg
↑母はここでもキャンドルを灯していました

↓街をお散歩して、カフェの外席でアイスコーヒーを
DSC_0118_6_convert_20181106203118.jpg
↑外だとけっこう排気ガスだし、夏だと虫も飛んでくるけどやっぱり気持ちいい

・・・・・・かも。
もうすこし涼しかったら。

といっても、冷房なしなので店内のほうがむし暑いということも

↓もうひとつ、東山さんおきにいりの教会は
DSC_0067_13_convert_20181027051843.jpg
↑青の天井がすばらしく美しい

↓ここでもパイプオルガンの演奏(練習)をしていて
DSC_0070_11_convert_20181106203201.jpg
↑はなこ母は大喜びで動画を撮っていました


おふたりが夕飯をごちそうしてくれました

↓またしてもお外の席で
45serdftg_convert_20181027051640.jpg
↑東山さんとご主人とはなこ

ご主人のことも2世紀まえから知っていますが、
以前はもっと、なんというか立派な体型でいらしたんです。
そのままでは健康に問題があって必死にダイエットをしたと聞いていましたが
すっかり痩せて、道ですれちがってもわからないくらいに

↓母とわたしの飲みものはアイスティー
DSC_0134_7_convert_20181106205107.jpg
↑母のはラズベリー、わたしのはレモン グラスがとってもかわいい


ご主人は最近マツダの車を買ったのだそうで(届くのは来年1月だとか)
母と車の色について盛りあがっていました。マツダの赤はきれいなんだとか?
とてもやわらかく賢い東山さんのことも好きになってくれたようで、
言葉がつうじないなりにあれこれコミュニケーションして
通訳(はなこ)がトイレに行っているあいだなども滞りなく会話していた模様
暗くなり、肌寒くなるまでおしゃべりしました。


↓仏像が飾られているショーウィンドウのまえで
po7u6ytrgfd_convert_20181027051740_convert_20181106185137.jpg
↑ポーズをとる母とご主人・・・

仏像の膝のうえに商品が飾ってあったりして母びっくりw


ドイツとパリの思い出をぎっしりつめたスーツケースをもって
翌日は空港へ。バス乗り場まではるり子が送ってくれました。
母はずっと、帰りたくないなぁ、と言っていました。
それくらいドイツが気に入ってくれて本当によかった



↓空港はおそろしい
DSC_0010_43_convert_20181106220759.jpg


出迎えるときは、バカンスな雰囲気が心楽しくてわくわくする場所なのですが
見送りや、自分が日本を去るときにはまるで刑務所のように寒々しく見える(←主観)


↓2時間のあいだにこれだけの飛行機が飛ぶなんて
DSC_0007_42_convert_20181027052056.jpg
↑それを考えるのもおそろしい・・・


そのうち帰国するから、
これまでみたいに次に会えるのは1年や2年後、ってわけじゃないから
とくに悲しいつもりはなかったんだけど、別れる段になるとやっぱり・・・
いえ、母が最初に泣いたからつられちゃったんですよ~ しくしく
お見送りで、6歳くらいのハーフの女の子が、
たぶん、日本から遊びにきていたおばあちゃんのお見送りなんでしょうね、
立ちつくして、税関のむこうをみてずーっとしくしく泣いているんです。
うつるからやめて~

数世紀ドイツで暮らして、そのなかで誰かが遊びにきては帰っていったり、
わたしが帰国してまたドイツへもどったり、たくさんのお別れがありました。
とくに祖父母なんかは、もうこれきり会えないかもしれない、と思うのでしょうね。
わたしが最後の訪問を終えて祖父母宅を去るときはいつも、
門のまえでずーっとずーっとずーっと手をふっていて・・・
いちばん別れが悲しそうだった父方の祖母はいまも健在ですが(←余計)


母が帰還して3週間。ドイツは(ふたたび)晩秋になりました。
そろそろひと月用コンタクトレンズの替えどきです。







スポンサーサイト
Category: ドイツ旅行

コメント

No title

すき焼き食べた〜い♡
お肉、日本のような薄切りってないですよね。
イタリアはカルパッチョ用っぽい薄いのがあるにはあるのですが、
赤身のみなので焼いたり煮たりするとボソボソで・・・
お母様、はなこさんのお友達みんなとも楽しい時を
過ごせたようでよかったですね^^

本当に自分が行く時やお出迎えの時は空港や駅って
とってもワクワクするところなのに、
戻る時やお見送りの時ってとっても悲しい場所になりますよね。
私はいつも最初に泣くタイプです☆
我慢しててもどうしても涙が溢れちゃうんですよね^^;

2018/11/06 (Tue) 23:41 | koume #- | URL | 編集
koumeさん

母はすき焼きの材料の残りで煮ものを作っていってくれました。
やっぱり日本の味、母の味でおいしいんですよね~♡
お肉は、こちらのもやっぱり赤身でぱさぱさになっちゃいましたi-182
お肉なしで野菜をどっさり入れてもおいしいかも・・i-80

お友だちみんなのおかげで、
母は観光以外のドイツも楽しんでくれてほんとよかったです!

空港って、お別れのときは本当に悲しくて寂しい場所ですよねi-241
いまはね、ラインやメールがあってすぐに「無事着いたよ!」って
連絡とれるけど、それがなかった奈良時代は辛さもひとしおでした。

2018/11/07 (Wed) 04:41 | はなこ #- | URL | 編集
No title

素敵なお部屋でのすき焼きパーティー、さぞ話も弾んだ
ことでしょうね♪

言葉が通じなくてもなんのその、滞りなく会話して
楽しまれたお母様、素敵です!

外国人からみれば単にエキゾチックなイメージの一つ
なのかもしれないけれど、ショーウインドウに仏像って、
なんとも言えませんね~(笑)

2018/11/10 (Sat) 21:09 | citystranger #lTAvu5gA | URL | 編集

ドイツでのすき焼きや日本のお料理は美味しかった事でしょうね〜♪
お母さまとお友達と一緒の楽しい時間が伝わりますー^ ^
青の天井の教会ステキだな〜☆
実際に見たらもっと素晴らしいだろうな。

空港でのお別れで涙する気持ちわかりますー
ドイツ程遠くなくても私も実家が遠いので、始めの頃は帰省を終えて自宅に戻るとホームシック状態に陥ってましたっけ^^;
数世紀いたwドイツをはなこさんが離れる時は、号泣かな!?

2018/11/11 (Sun) 00:15 | anbou #- | URL | 編集
citystrangerさん

すき焼きパーティー、おいしかったです♡
ふさわしい食器がなかったし、ナイフとフォークだったけど
楽しかったです。

母はトラムのなかや街中でも、目があった人たちと
挨拶や微笑みを交わしあったりしてなにやら国際的でしたw

そうなんです、仏像はエキゾチックなデコレーションアイテムでして(笑)
実はるり子邸にも小さいのがひとつあるのですが、
その膝にはぬいぐるみのくまちゃんが座っているのです・・i-232


2018/11/11 (Sun) 05:16 | はなこ #- | URL | 編集
anbouさん

おいしかったです~i-237i-178
煮物はつくそうと思えば自分でもつくれるんだけど、
やっぱり母の味はちがうんですよね~i-241

青の天井の教会はパイプオルガンが響いてとっても素敵でした♪

国内でも、飛行機に乗らないと帰れないような場所だと
外国とたいして変わりませんよね、気持ち的にはi-241
それはホームシックにもなりますよ・・・

ドイツを離れるとき・・号泣というより死ぬような気がするかも。

2018/11/11 (Sun) 05:27 | はなこ #- | URL | 編集
No title

夢のようなドイツ、パリの旅行からひと月が経ちました。

ぬけるような青空に恵まれ、暑いくらいの日差しに包まれてまるで絵葉書の中にいるような毎日でした。

ドイツで頑張って暮らしているはなこさんに感動し、お友達の温かさに感激した日々でもありました。
言葉はわからなくてもハートで向き合えば気持ちは伝わるといういい経験もできました。

素敵な旅をありがとう~
心の宝石箱に大切にしまって思い出をかみしめています。

ハイデルベルクの街並みを・・・・
パリのセーヌ河を・・・・・
母娘で歩けた幸せを・・・・

すべての事に心より感謝しています。

ありがとう~~~



2018/11/11 (Sun) 18:18 | はなこ母 #- | URL | 編集
はなこ母さん

もうひと月経っちゃいましたー、はやいね!!
楽しんでもらえて、喜んでもらえて嬉しいですi-189

ほんとに母がいたあいだは毎日見事すぎる青空がつづいて、
暑くてまぶしくて大変だったけどおかげでどの写真もきれいで
神さまからの贈りものな毎日だったね。
いっしょのいい思い出いっぱいできてよかった♪

お友だちははなこの自慢のすてきな人ばかりだから、
今回知りあってもらえてよかったです。
いつか日本にも来てもらうから、
そのときはまたコミュニケーションしてねi-178

来てくれてありがとう!



2018/11/12 (Mon) 05:53 | はなこ #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する