FC2ブログ

ヴュルツブルク初日


24日の午後からはじまったクリスマスも今日26日でおわり、
明日からはお店も通常営業になります。

クリスマス鬱、クリスマスストレスという言葉があるくらい、
一年で最大のイベントなだけに気合いも準備も大変そう。
しかもドイツではクリスマスは家族のイベントなんですね。
なので、一緒に過ごす家族のいない人は
普段の倍、さみしい思いをすることになります。

さみしい人はさみしくて鬱になり、
家族がたくさんいる人はそのぶん準備に時間とお金がかかり、
いずれにしてもストレス半端ないようで・・・

世間に満ちる、この、
「クリスマスなんだからとびきり特別に楽しく喜ばしく過ごさなくては」
という強迫観念、なんなのでしょう・・・
わたしにとってはクリスマスは心の問題なので、
べつにひとり部屋でパンとミルクの晩ご飯だっていいと思うのですが・・・
というかむしろそのほうがクリスマスを思うにはふさわしいような気も・・・

なんて言ってはいけませんね
るり子がわたしをも家族の一員として扱ってくれたので
わたしもそれなりのクリスマスのストレス楽しさを経験できました

ブログに書きたいと思っているのは

1.プレゼントストレスで頭がショートした村山さんとランチ
2.和田さんとクリスマスクッキーを6時間かけて焼いた
3.クリスマスイブお茶会で康夫96歳に告白された
4.クリスマス当日、聖歌隊の本番。

などなど、いろいろあるのですが、そんな楽しくも疲れる日々の果てに、
いま、ヴュルツブルクにきています


↓ヴュルツブルク
DSC_0019_39_convert_20181227051827.jpg
↑なんの建物かは不明、明日調べる


このまえ、プチ旅行にいってきますなんて楽しげ(?)に書きましたが、
実はかなり切実に疲れていて、ただひたすらひとりになりたかったんです
家にいるとなにをしていてもおじいちゃんに中断させられ、集中できない。
おじいちゃんが部屋にこもって出てこないときでも、それが30分でも数時間でも、
いつ来る?もう来る?まだ? と神経がぴりぴりしてけっきょく集中できない。

るり子はいつも、
ドイツにいるあいだにドイツのきれいな街をたくさん見ていって、と言ってくれるので、
この旅行にも喜んで送り出してくれました

そんなわけで鈍行で2時間半のんびりと流れる風景をながめて、
到着したヴュルツブルク。旅行中の気温は-2℃から+5℃くらい。
パソコンと湯たんぽ、電気ケトルを持参(笑)
電気ケトルがないと部屋で好きなだけお茶を飲めませんからね

今日は着いたのが午後だったので、夕方からのコンサートが唯一の予定。

↓広場にこんなかわいい子が
DSC_0022_37_convert_20181227051920.jpg

↓ハイデルベルクにはないパン屋さん
DSC_0023_40_(1)_convert_20181227051955.jpg
↑Kilian(キリアン)というのはこの街の守護聖人の名前です

クリスマスの祝日3日めの今日は、この聖人の名前を持つ教会、
聖キリアン大聖堂にて、バッハのクリスマスコンサートがおこなわれました。

↓すばらしい聖堂と音響にうっとり
fdvb_convert_20181227082256.jpg

↓奥にあるのが聖キリアン大聖堂
DSC_0052_20_convert_20181227053648.jpg

↓街もクリスマスデコレーションでとてもきれい
DSC_0041_28_convert_20181227053620.jpg
↑すごく寒かったけど

↓これは午後5時半です
DSC_0043_25_convert_20190523120957.jpg
↑まっくら・・・


駅の売店でほうれん草のパイみたいなパンとお水を買ってお部屋へ。
いいですねぇ、しずかにひとり、音楽を聴きながらパソコンにむかって
お茶をたくさん飲む。

わたしはホテルに勤めているので、いろんな宿泊客を見ています。
1泊はないけど、研修や学会などで何泊もする人の部屋には入ります。
そうすると、人ってほんといろいろで、
電気ケトルはもちろん、マイカップ(←陶器で重い)やスプーンも持参の人、
まくらや毛布持参の人、ぬいぐるみをいくつもお連れのかた、
あと、目覚まし時計を3つ、枕元に置いてる人など、いろんな人がいます。

わたしは旅行というと必要最低限な衣類や洗面具だけを持ち、
あくまでも観光重視と思っていましたが、ホテルライフを楽しむなら
こんなふうに自分のお気に入りグッズやこだわりグッズを持ちこんで
部屋での時間をリラックスして過ごすのってなんかいいなぁ と思って、
いいなぁ、と思ったことはすぐ真似する派ですので(笑)今回さっそく。

明日はおもいきり寝坊をして、お昼からどこかへ行こうかな。





スポンサーサイト
Category: ドイツ旅行

コメント

No title

クリスマスイブに康夫さんに告白された!?
きゃ〜っ🤗
とっても気になる〜☆

一人旅いいな〜。
私もぶらっと旅に出たいなぁ。
おじいちゃん、やっぱり相当なストレスになっているのですね^^;
ゆっくり、のんびり、楽しんでくださいね。

2018/12/28 (Fri) 02:10 | koume #- | URL | 編集
koumeさん

うふふi-80i-178
しかも康夫はクリスマスプレゼントに独和辞典をくださったんですi-178
ポケットサイズで持ち歩ける、便利な1冊です。

るり子には、ひとりなんてつまらなくないの?って訊かれたけど
ひとりにはひとりの楽しさがあるんですよね~。
自由で気まま、ゆったりのんびり自分のペース。
koumeさんにもちかいうちにチャンスが来ますように♡

2018/12/28 (Fri) 06:33 | はなこ #- | URL | 編集
No title

家族のイベントとしてのクリスマスというのも、
それはそれで大変なのですね~。

旅行に行かないと、自分の時間をゆったり過ごせ
ないなんて、辛いですね(´_`。)

カップはまだしも、スプーンまで持参する人が
いるのですね。マイスプーンでないと、何か
落ち着かないのでしょうかね~。
でも、みなさんそれぞれホテルライフの過ごし方を
心得ているところが素敵ですね。

はなこさんもリフレッシュできましたか?(^^)

2018/12/28 (Fri) 21:20 | citystranger #TzD7Cqrk | URL | 編集
管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2018/12/28 (Fri) 22:52 | # | | 編集
No title

私もはなこさんと同じで両行の荷物は必要最低限。
ホテルライフを楽しむ発想は無かったです。
そんな風だからドイツ人の荷物はあんなに大きく、重そうなんですね。
いつも何をそんなにたくさん持ち歩くんだろうと思ってたんです。
女性でも体力あるし、持ち歩く大変さより行った先での快適さを重視してるんでしょうね。
ホテルでの仕事に興味があるので楽しく読ませて頂きました。

一人旅、ゆっくり楽しんでください (^^)

2018/12/29 (Sat) 00:00 | かみーれ #j3jfKb1k | URL | 編集
citystrangerさん

家族のためのクリスマスをするのも大変そうです~i-201
特に村山さんのように仕事を持っている人はショート寸前(笑)

人と一緒だとゆったり好きなように過ごせない、っていうのは
性格も大きいと思うので、憧れは傍若無人i-189

食器を持参の人もいますよ(笑)
シャンパンと一緒にグラスも持ってきて(たぶん)乾杯!とか。
あとスリッパはわかるけど、靴を何足も持ってきていたり。
服にあわせて、とか、これは雨の日用、とかなんでしょうか・・
ハンドソープも持参の人、けっこういますしね。

citystrangerさんからのメールで元気出てきましたよー!!

2018/12/29 (Sat) 03:02 | はなこ #- | URL | 編集
非公開なF子さん

おじいちゃんだけじゃなく実はるり子からも
ちょっとした用事でかなり頻繁に呼ばれるので
部屋にいても常に耳を澄ませて待機している状態でして。

ほんと、ひとりっていいものですi-80
観光に行ってもいいし行かなくてもいい。
ごはん食べてもいいし食べなくてもいい。
ああ、死ぬまでひとりで暮らしたい(笑)

肩からくる、薬の効かない頭痛もよくなってきて
毎日寒いけど楽しく過ごしています♪

2018/12/29 (Sat) 03:02 | はなこ #- | URL | 編集
かみーれさん

かみーれさん、コメントありがとうございます♪

わたしもずっと、ホテルはほぼ寝るだけの場所と思ってました。
でも宿泊客を見てると、部屋にいる時間も楽しもうという人が
けっこういて、そういうのって豊かでいいなぁ、と。
シングルの部屋がせまかったのか、廊下にマットを広げて
ヨガ&瞑想してた人もいましたしね・・(笑)
日本人と似ているという都市伝説があるようだけど、
ドイツ人ってもっと自由ですよね、あらゆる意味で。

ありがとう、あと2日ゆったり楽しみます。

2018/12/29 (Sat) 03:05 | はなこ #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する