FC2ブログ

去年の6月の思い出


重くなりすぎたパソコンのため、閲覧データを消去したところ、
以来、なぜかスタートページに入ってくる居住地とそこの気温が
オスロ13℃ となっていて、毎回

ああ、わたしいまオスロにいるのか~、13℃!? うわ、最高~
となっております。気分だけは。


暑くなりましたね
梅雨があけておかげで湿度がさがって風がさわやかになりました。
熱風ですが。

周期なのか気候が最適だったのか出歩く人間が少なかったせいか、
春から初夏にかけてずいぶん毛虫さんがたくさんいるなと思っていましたが、
この夏は都心でもセミが元気に合唱してるし、ほとんど見かけなくなってた
黒い大きな蝶やトンボがたくさん飛んでいます

いいですね、元気な命たち


ところで、ブログの管理画面の仕様がなぜだか変わりました。
そのため、もともとなぜか不具合のあったはなこパソコンでは、
あたらしい記事を書くための画面に入れなくなりました。

いまは人のパソコンを借りて書いていますが、更新は超不定期になる予定・・・
人さまのパソコンでは画像の取りこみが不便なので、あたらしい画像もなくて
なので無駄に保存されていたむかしの画像で今回は更新します。
ということで、去年の夏のお話です

夏といっても6月でしたが、気温は毎日30℃を超えて本気で夏でした
滞在していたドイツでのある一日、


↓友だちの村山さん(仮名)の(冷房のない)車でお出かけ
DSC_0002_127_compressed.jpg


↓とにかく暑かったので、村山さんが選んだ先は
DSC_0011_96_compressed.jpg
↑鍾乳洞ガイドツアー

↓なかが11℃だと聞いて
DSC_0012_80_compressed.jpg
↑焦げそうな太陽のした、車に上着を取りに戻る村山さん

ツアーはぜんぶで10人ほどの団体。
1日中なかを案内しているというおじさんはほぼ冬みたいな装備。
1日中11℃のなかを歩きまわり立ちどまってはl解説しているものだから
夕方には冷え切ってしまうのだとか。その仕事、わたしやりたい。

鍾乳洞のなかは撮影してもいいのですが、フラッシュは禁止。
なかは鍾乳洞保護のため最低限の光しかなくて、
おまけに足元がでこぼこつるつるで危なっかしく、写真は撮りませんでした。


↓なので、ポストカードを
DSC_0003_133_compressed.jpg
↑こんなのがいっぱいありました


なかに1時間半いたら、サンダルの足先がさすがに冷えて気持ち良かったけど、
外に出たとたん解凍されて腐りそうになったことをよーく覚えています。


その後、ちかくのかわいい街を散策・・・ 楽しむには暑すぎましたが


↓過ぎてしまうともっと楽しめばよかったと思う、夏によわいはなこ
DSC_0034_48_compressed.jpg

↓ドイツらしい、ほんとにすてきな街並み
DSC_0007_107_compressed_201907040856156a4.jpg

↓いちばん暑い時間帯、人の姿はほとんどなく
DSC_0036_42_compressed.jpg

↓日よけは出ているものの
frtyuiokjmnb_compressed.jpg
↑暑い屋外でランチ

日陰をえらんで歩き、かわいいお店をみつけても長居はできません。
店内も暑いから・・・暑いの大好きドイツ人の村山さんもさすがにばててました。


↓にもかかわらず、またドライブして修道院へ
DSC_0010_100_compressed.jpg

ここは宿泊もできるんです。
ホテルとしてではなく、修道院生活を体験できるというか瞑想のためというか。
なので、思いきり寝坊、とか、現地の料理を楽しむ、とかはできないけど、
自律のために1週間くらい滞在してみたい。涼しいときに(←)

夕方からはじまったミサに参加しました 
少人数で、小聖堂で、こじんまりとアットホームですてきでしたよ

その後またひたすら走り、ネッカー川沿いの道を走り、
20時をすぎてやっと気温が多少ましになってきたころ。

↓10月に母ともきたNeckarsteinachという街で夜ごはん
DSC_0042_38_compressed.jpg

↓500mlのりんごジュースを一気飲みするはなこを
-p0oi5_compressed.jpg
↑おもしろがって撮影する村山さん

やっと座っているとお尻が燃えあがるような熱波が去って、
食べながら飲みながらお互いの近況や友だちのことなどを報告しあって、
旅行のときの写真を見せあったりしました。ゆったりと楽しく。


↓22時まえ、やっと涼しい風が吹く
DSC_0056_22_compressed.jpg

↓ひと晩中、ここに転がっていたい
DSC_0057_19_compressed.jpg
↑なんなら一生でも


村山さんは歩いて5分のところに住むご近所さんで、
図書館ボランティアや教会活動やエアロビ会などで一緒するほかは
いつもおうちにお邪魔してランチやケーキとおしゃべりすることが多かったので
こうして遠出したのは実ははじめてだったかもしれない。


村山さんのお誕生日は5月です


5月はほかにも家族や友だちの誕生日が集中しています。
今年はコロナ中だったので、海外の友だちへははやめにカードや贈りものを出しました。
いずれも郵便局で、かなり遅れるか最悪届かない可能性もあります、と言われましが
結果からいえば、遅れはあったもののすべて無事に届きました。

航空便でハイデルベルクは10日~2週間、パリへは1か月半。
ワルシャワへは3か月ちょっとかかりました・・・ポーランド、なにごと。
ポーランドは、コロナでもなんでもなかったときもいつも時間がかかるので、
9月にはいったらクリスマスカードを発送しないといけませんね

そんなわけでポーランドの幸次郎(仮名)からはおととい
バースデーカードありがとう!とのLINEがきました・・・。




スポンサーサイト



今年も海(かい)の日


今年も 海(かい)の日 がやってきました 


↓ちらっ
画像 382_compressed_compressed



海の日だろうがクリスマスだろうが子どもの日だろうが、
海にとっては毎日が「いだずらするのに最適な日」「1年でいちばん楽しい日」でした。
これは、秘密文書を探っている現場の証拠写真を撮られたうさぎです↑





 さて、昨日、はなこ家ロッキー部屋にあたらしいエアコンがきました。
まえのがちょっとお歳を召したエアコンで少々怪しいところがありまして、
夏場にこわれて大騒ぎしても当日あたらしいのをつけに来てくれる、
なんてことはさすがお客さまサービスの良すぎる日本でもありえないので、
そのまえに無事にスムーズにつけ替えてもらえてよかったです


↓作業中、ロッキーちゃんははなこ部屋に避難
_20200722_145503_compressed.jpg
↑気になって、背伸びして見るものの自分ではのろうとはしないベッドのうえに


↓抱っこしてのせてあげました
_20200722_213546_compressed.jpg
↑ちょっと緊張?


↓このあと、へっぴり腰で歩きまわってにおいをかいでました
_20200722_213621_compressed.jpg
↑はじめてのお部屋を探検して楽しかったね、ロッキーちゃん


ロッキーちゃんがはなこ家にやってきたのは1年まえの8月10日。
長期戦になるだろうということはそのときに聞いていました。
あちこちで多頭飼育崩壊や遺棄などが起こってたくさんの子が保護されて、
こうなるとひとりひとりの、ほんとうの家族に出会える確率はどうしても低くなります。
けど、みんなみんなが、一生家族として大切にしてくれるおうちに行かれるように、
うさぎの神さまの御心のままに。(他力本願に聞こえる・・・







↓今月の読書
ダウンロード
↑図書館本


真面目で堅物で保守的な古典文献学者のスイス人、初老男性の主人公が
ある日古本屋で偶然手にしたポルトガル語の本「言葉の金細工師」。
本屋の主人が訳してくれた数行に強く惹きつけられた主人公は
休み時間に長年の職場だった大学から帰宅、そのまま夜行列車でリスボンへ向かう。
自費出版のこの本の著者に会いに。

その本は物語ではなく、著者の哲学的で深い思索の記録。
真面目すぎて繊細すぎて、家族との間に問題を抱え、
革命をとおして魂が引き裂かれる経験をした、神父になりたかった医師の記録。

リスボンで、主人公は会いたかった著者がすでに故人であることを知るけれど、
故人の知人や家族を訪ね、彼の魂の軌跡をたどる旅はつづく。

物語は重厚で、合間に主人公が訳していく本の内容はかなり難解で、
一読ではぜんぶは理解できなかったので、そのうち買っちゃうかもしれない。


わたしも日記をつけています。
それは自分がその日にしたことの記録だけではなくて、
考えたこと、感じたこと、思いついたこと、の記述の方が多いんだけど、
この本みたいに、自分が死んだあと誰かがわたしが書いたものを読んで
共感してくれることがあるとしたらどんなだろう、って想像してしまいました。


いずれにしろ、読まれるほうはともかく読むほうは、
そんな風に自分とは別の人生を生きられることは、悲しいまでに深い幸せにちがいないけど。
深く読みこみ、写真をすり減るほど眺め、ほとんど著者と同化しかねないほど深く読む。


それにしても、ヨーロッパ文学のなかには、人間の精神・魂はここまで深くなりえるのか、
って思わせるものが多くて、比べたらわたしの思考なんてちり紙みたいだ。


ドイツ語でいう、Seele(ゼーレ、魂)と Geist(ガイスト、精神)の違いがわかりませんでした。
ドイツ人が、動物にもSeeleはあるけど Geistはない、そこが人間との違いだ、って言うのを
なんどか聞いたことがあります。
Geistは一般的に 精神、心、魂、霊魂、幽霊、など
それから、「芸術家の魂」みたいな、知的感受性を呼ぶときにも使われます。


心、とありますが、ふつう「心に響いた」「あたたかな心」なんていうときには
英語でいう「ハート」をつかうし、「幽霊」「お化け」にも別の単語があるし、
Geistにはもっとずっと哲学的な響きがあってわたしにはどうもいまいち把握しにくい。
日本語でなんていうのがいちばんふさわしいのかわからないし。


でも、こういう本を読むと、彼らがなにを「Geist」と呼ぶのかなんとなくわかってくる。
たしかに、これなら動物にはない。
けど、わたしにもないような気がする。 ・・・






↓今日のおまけ
_20200723_112845_compressed.jpg

↑うさ友anbouさんがどこからか発掘した、はなこの連休の予定



・・・はなこ、忙しそう。







Category: 今月の読書

海とおでかけ



お友だちとうさんぽ、お世話になった獣医さんに会いに、
はなこ祖父母の家におとまりに、と、海とはよくいっしょにお出かけしました。
日本で暮らしていたころの話です。

海は電車やバスや車の窓からそとを見るのがだいすきでした。
だいすきすぎて、わたしが席につくとすぐに、はやくふたを開けて!と騒ぎました。

ちかくに他の乗客がいないのを確認してキャリーのふたを開けると、
待ちかねてのりだした海はふちに両手をかけ、耳をぴんと立てて
目をまんまるにして窓の外を見ていました。


↓キャリーに入るのは嫌いだけど
120614_1647_01.jpg
↑乗りものはだいすきだった白うさぎ


↓目をまんまるにして一生懸命そとを見る
1828711697_188_20200625161241ec7.jpg



ふつう動物にとって、景色って前から後ろへとながれるものですよね。
横にながれる風景は、海の目にはどんなふうに映っていたんだろう。
なにを考えながら見ていたんでしょうね。

ふつうにしてたらありえないスピード。
トンネルに入るといきなり窓ガラスにうかびあがる自分のすがた。
鉄橋を渡るときの、ありえない高度。
ホームに停車中は、降車しては改札や階段にむかう人たち、
たくさんの足、たくさんのバッグ、アナウンス。



↓いつも目を見開いて、くいいるように見ていました
1828711697_114_20200625161240440.jpg



こうして外を見ているあいだは微動だにせず、おとなしく。
ときどきほかの乗客から「あ、うさぎだ!」「やだーかわいい!」なんて叫ばれても
窓の外の景色以外は海の世界には存在せず。
降りる駅が近づいたらキャリーに入ってもらいふたをしっかり閉めますが、
海はもっと見ていたくて暴れまくり、抵抗しまくり。
キャリーから飛びだすことはけっしてしなかったのですが、
人間だったら、まだ降りたくない!もっと乗ってる!と泣きわめく子どもだったかも・・・




↓バスからの景色は、電車とはまたちがう
121022_1518_01.jpg




飛行機の外は残念ながら見せてあげられませんでした。
真ん中席だったし、一応動物はキャリーから出してはいけないことになってたので、
座席にのせてキャリーから頭を出しているのを黙認してもらっただけでも。

そのかわり、空港からおじさんの家へむかう途中、
輝くような新緑のなかの、ドイツの田舎の風景を、
キャリーのふちに手をかけてしっかりと見ていましたよ。

夢中になっているうしろ姿。
ちいさな、白い、いとしい背中。

でも、どうして横にながれていく景色にそんなに夢中だったんだろう?


↓帰宅すると爆睡
画像 270_compressed
↑車窓の、たのしい夢をみているのかな



ドイツの海をずっとまえから応援してくれていたブログ友だちのまみちゃん(仮名)と
このまえ初デートしてきましたよ

彼女はわたしが月いちで通っている病院周辺をよく知っていて、
診察時間のあいまにランチデートしにきてくれたんです

夏らしい短い髪がさわやかなまみちゃん。軽やかな足元。
いつもわたしを応援して元気をくれる、すてきな友だちです
わたしの午後からの診察までの1時間ほどだったけど、
ランチしながらおしゃべりしてとっても楽しい時間を過ごしました


↓ふたりが楽しそうだから、すずめさんも寄ってきましたよ
_20200629_143608_compressed.jpg
↑いえいえ、もちろんおいしいものがほしいだけです・・・

↓はなこ、ごみはちゃんと拾ってね!
_20200629_192006_compressed.jpg
↑はなこが落としたんじゃないよ!


まみちゃんはかわいいうさぎな贈りものをいろいろ持ってきてくれました
そのなかの、うさぎじゃないけどかわいいうれしい贈りもの・・・



↓うふふ
_20200703_150341_compressed.jpg
↑はりねずみさんマスク



これからは、特別なお出かけの日にはこれをつけていきますよ
特別なお出かけ・・・ 素敵紳士とのデート勉強会のときとかね。






預かりさん募集


このブログでもいつだったかおしらせしましたが、
滋賀県うさぎ多頭飼育崩壊の件でまたまたおしらせがあります。

ここでの保護うさぎさんたち、まだ若い子が多くみんなとってもかわいいです
里親さんを募集しているので、うさぎさんと暮らすことをお考えのかたはぜひ
「買う」のではなく「里親になる」こともお考えいただければと思います。
たくさんのかわいい子さんたちがあたらしい家族を待っていますよ

ところでこの滋賀の件では80匹超が保護されたのですが、
その子たちは現在ボランティアの預かりさんたちのおうちにいます。
その方たちが順次動物病院へつれていったりお世話をしているのですが、
なんといってもボランティアの数に対してうさぎの数が多すぎます。
そのうえ妊娠していたうさぎから生まれた赤ちゃんが約40匹加わりました。
この子たちがもうすこし成長したら、個別のケージが必要になりますが、
すでにキャパオーバーしている預かりさん宅にそんなスペースが用意できるはずもなく、
預かりさんを緊急募集しています。→預かり様宅募集のお願い


いちばんいいのは、すぐにずっとのおうちに行かれること。
里親さんも随時募集しています。→里親募集について


うさぎ飼育用品があるから預かれるよ~、とか、
以前飼った経験があるから預かりならできるかな、という方がいらっしゃいましたら、
ぜひご一考お願いします。決心するなら今です!


物資支援などについても、こちら→だるまうさぎレスキュー別館 をご覧ください。


保護っ子たちの現在の状況についてはブログ→ うっとこのこ を見てくださいね。


↓ちびっこさんたちも待ってますよ~
DSC_0357_convert_20200628120116.jpg
↑なにこのつぶらな瞳・・・ときめきすぎて死ぬかも


↓ああ、手の平で包める白うさ
DSC_0407_convert_20200628120157.jpg
↑こんなかわいいものが存在するこの宇宙って心臓発作レベル



↓大きくなってもかわいいよ
111025_2315_01.jpg
↑いっぱい幸運をはこんでくれるよ



↓ここから次元のちがう話

はなこ村図書館はもうしっかり平常営業になっています。
席数は減らされてるし、滞在時間を短く、のアナウンスははいるけど。

駅からちょっと歩くので、昨日は着いたら汗だくになってました。
なので、冷房の風がほどよく落ちてくるいちばん涼しい場所で
しばらく涼んでいたのですが、それは心理学の棚のまえで、
目のまえには各血液型トリセツ的な本が(←心理学なのか?)
わたしはO型なので、汗がひくまでのあいだその本を立ち読みしていました。

もともと血液型も星座も、それで性格が判断できるなんて信じていないんだけど、
それにしても本気で当たっていなくてそれはたとえば、

×気分の上下が激しい
×食べものをくれた人になつく
×会いたい、ワイワイしたい、独りはいやだ
×お金持ってると全部使っちゃう
×お笑い番組が好きだ
×他人に自分がどう見られているか気になる
×お酒飲めなくても飲み会に参加するのが大好き

など。

だけどところどころにけっこう当たってる・・・と思うところもあってそれは、

〇身に覚えのないアザがある。そこかしこに。
〇身に覚えのない切り傷もある
〇調味料を「たぶんこのくらい」で入れる
〇はじめて行く場所なのに事前に地図を見ない


身に覚えのないアザなんて、ないときがないくらいいつもあるし、
アザより少ないけど切り傷もある・・・
でも、これってはたしてO型の特権なんでしょうか。みんなそうなのかも?
A、AB、Bなどぜんぶ読んでるほどのヒマはなかったけど、
もしかしたらぜんぶおんなじことが書・・・あっ、そんなことありませんね、もちろん!
それはともかく図書館がふつうに使えるようになって嬉しいです!
読みたい本をさがして館内を歩くのがけっこう大変なので
(↑無精)(↑この図書館にはない本だってあるし)(↑探すのが無駄なときも)
行ってすぐに受けとれるぜいたくな予約本がマイブームですが。





ロッキーちゃんのまいにち


ロッキーちゃんにはお気にいりのくつろぎポイントがいくつかあります。

へやんぽ用牧草入れがおいてある、棚のまえ。
冷暖房の風が落ちてくる、べつの棚のまえ。
キッチンのテーブルのした。


↓そしてソファのうら。
_20200623_192950_compressed.jpg
↑・・・見つかっちゃったわ!


↓カメラにぷいっとするそのうしろ姿がかわいすぎる
_20200623_192926_compressed.jpg
↑足元のシミは先代ぴょんさんのおしっこの跡(いまだに)


うちに来たばかりのころはあちこち探検していたロッキーちゃんですが、
最近ではこのポイントのうちのどれかでまったりしていることが多いです。
父がソファのうえにひろげたシーツの、ロッキーちゃん専用遊び場では
掘ったりもぐったり引っぱったりとけっこう大騒ぎしますが、
じっとしている時間のほうがずっと多い。
これまで団体生活で、弱肉強食なところもたぶんあって落ち着かなかったから、
いまひとりでゆっくりできる時間を楽しんでいるのかもしれないけど。


そういえばおなじく女子のぴょんさんもそんな感じだったっけ。
そんな感じじゃなかったのは海ですが、こっちが特殊だったのかも・・・
おんなじ場所に毎日大喜びで大はしゃぎでお祭りでしたからね・・・


里親募集中のロッキーちゃん、推定そろそろ2歳(?)の女の子。
ぴょんさんとちがってケージの外での粗相は一切なく、好き嫌いもなし。
海とちがって飼い主の寿命を縮めるようないたずらも一切しません。
うさぎ初心者さんでもだいじょうぶ。おだやかな良い子さんです



↓・・・ぼくだって良い子さんなんだよ
120816_2319_01.jpg
↑ぼく、はなこのテンション上げてあげたんだ




おうち時間の充実をはかるべく、楽器を買いました。


本当なら、むかし習っていたことがあって、73年間弾いていないとはいえ
基礎はできている(はずの)ピアノがよかったのですが、
予算と置き場所の問題であきらめました。
こちらは老後のお楽しみにします


ドイツにいたころ、川沿いの原っぱであつまっては楽器をひいている人たちがいて、
知らない人同士で合奏したりうたったりしていて、
持ちはこべる楽器があるといいな、ってうらやましく思っていたのもあって
過去に1年間しか習っておらず基礎がぐらぐらの楽器をもういちどはじめようかと・・・
思ったのですが・・・ 腕がひどい筋肉痛に 肩も痛い


ちなみに日本では ドレミファソラシド をつかいますが、
ドイツでは CDEFGAHC なので、
ドイツで習っていたとき、はじめちょっと苦労しました。
先生に「Eのところからもう一度!」といわれると焦ってわからなくなったり
それにはなんとか慣れたのですが、今回買った教本はなんと!
ハニホヘトイロハ でした・・・ ハードル高い


だけど、習っていたころは楽器をレンタルしていたので、
これはこれからずっとの自分の楽器だと思うとけっこう嬉しいです うふふ