FC2ブログ

水族館にいったよ



年末だから、というのではなく、わたしの職場はいつも忙しくて、
しかも、落ちついて作業してもスピードは大して変わらないような状況でも
ひとりで燃えあがって はい次!はい次!!とやる同僚がいるので、
毎日が「怒涛」という言葉にぴったりになっています。

くわえて通勤ラッシュ。
揺れる電車に耐えてつり革につかまっていると肩も腰も膝もやられて
さすがの脳内花畑・はなこもいささか(かなり)ネガティブになっています・・・
が、よくかんがえると、べつにここにとどまっている必要はないんですよね。
でも、わたしには夢がいくつかあって、その実現のためにお金がいるから、
しばらくはがんばりますよー。 都会の女 を楽しまなくちゃ!

このまえ、ここにはきれいなものがなにもない、と愚痴りましたが、
つまりは 自然がない、っていうことなんですよね。
つまり、わたしは緑や雲や雪や虫だらけ(←)が大好きなんですね。


遠くに森がみえる、一面の麦畑。
重く垂れこめる、暗い雲。
空いっぱいに響く雷鳴。
雨粒が葉にあたる音。
濃く立ちあがる、湿った土のふくよかなにおい。
それを胸いっぱいに吸いこむ喜び。


いまでは、都会では、雨がきらい。足元が濡れるのがいやだし、
濡れた人々でぎっしりの電車なんてイライラのもとでしかない。
そして、そんな自分もきらい。

もしかしてフランクフルトでアルプスを恋しがるハイジみたい!?(言ってみただけ)


そんなハイジ(←)を慰めるべく、うさ友増田さん(仮名)が
先月、しながわ水族館デートにさそってくれました
増田さんはご自身が子ども時代をアメリカで過ごしているので、
渡米してカルチャーショック、帰国してカルチャーショックを経験しているので、
いろんなことを話しあえて分かりあえてとても嬉しいのです。


↓まずはカモさんのお出迎え(?)
DSC_0344_compressed.jpg

↓水族館って日常とはまったくちがう空間みたい
DSC_0380_compressed.jpg

↓人が想像する宇宙人なんかよりずっと不思議で
DSC_0398_compressed.jpg

↓なんて神秘的で美しい
DSC_0396_compressed.jpg

↓おさかなって見てると心がまるくなる
DSC_0401_compressed.jpg

↓泳ぐペンギンさんを撮ったつもりが
DSC_0430_compressed.jpg
↑通りすぎたあとだったり

↓一瞬遅かったり
DSC_0431_compressed.jpg
↑水中のペンギンさんにはかないません

↓陸上のならだいじょうぶ
DSC_0424_compressed.jpg
↓この、いちばん右側の後ろすがた・・・

↓ずっと動かずに見上げているペンギンさん・・・
DSC_0427_compressed.jpg

↓見上げる先には、草原の景色の一面写真が
DSC_0426_compressed_compressed_compressed.jpg


増田さんが、故郷を恋しがっているんだと言いましたが、
これがペンギンの故郷の風景なのかよくわかりませんが・・・
そう思うとなんだかかわいそう

↓おさかなが見おろす(いや、見てはいなかった・・・)
タイトルなし_compressed
↑青いトンネル

↓青ってなんだかかこまれるとほっとする
DSC_0391_compressed.jpg
↑人間もむかーし太古のむかしこの色のなかに住んでいたから?

↓床のうえで動かない子は
DSC_0386_compressed.jpg
↑まるできのこ

イルカやアザラシ、健気で泣けるアシカのショーなどを見て、
ショー会場の天井にいたスズメたちを褒めたたえ、
館内のレストランで遅いランチ。
たくさんたくさんおしゃべりする、楽しいひととき。
もう10年以上もまえからいつもわたしを応援してくれる増田さんが
ここのショップで買ってくれた、きらきら光るカメさんのキーホルダー、
通勤バッグにつけて眺めては思い出しています。
増田さんだけじゃなくて、応援し幸運を祈ってくれる友だちがたくさんいること。

だからわたしは、人として怒りやどす黒い感情も持っていても、
それをうわまわる喜びがこの世にはあることをちゃんと知っている、
バランスのとれた豊かな人間になれるように、その方向を見失わないように。



↓村山さん(仮名)がドイツから贈ってくれた
DSC_0492_compressed.jpg
↑クリスマスのお菓子やチョコレート

↓そして本
DSC_0494_compressed.jpg
↑幸せの7つの柱

カトリックの修道士さんが書いたもの。
読むの、楽しみです



書いておきたいことがまだまだたくさんあります。
教皇さまミサに参加したことや、素敵紳士とふたりきりでランチしたこと
今年の夏、村山さん(仮名)と灼熱デートしたこと、
去年の冬、東山さん(仮名)とマンハイムデートしたこと、
六本木でクリスマスイルミネーションを見たこと、などなど、まだまだたくさん。

特に六本木クリスマスデートはクリスマスまえに書きたいので、
写真選びが済みしだい、がんばろうと思います!







スポンサーサイト



Category: うさ友さん

月曜日のデート


世間は昨日から連休なんですね。

わたしはものごころついた頃から祝日と無関係な仕事をしていたので、
(病院→販売→介護施設→ホテル・・・つぎは祝日ありになりたいものだ)
いまでもカレンダーの赤い数字は見えないからだになっています。
ドイツもいまごろはイースターの休暇ですね。
村山さんから、イースターグッズ50%OFFの現場写真が送られてきました

もちろん50%OFFというわけにはいきませんが、
わたしもこのまえ、うさ友のるこ丸さんとナオミさんといっしょに


↓新横浜にある
DSC_0008_87_convert_20190428124834.jpg
↑Rabbit DEPARTMENT(なぜ後半だけ大文字)に行ってきましたよ~


お友だちへのプレゼント以外、なにも買いませんでしたが。
ドイツからの引越しまえの断捨離で懲りたので、
「どうしても必要なもの」以外はもうなにも買わないと誓ったのです。
(例外→本)

それにしてもアレなんですよ。
ドイツって魅力的なものがほとんど売られていないので、
非常に節約しやすい国だったんです。
実際、生活必需品以外なにも買わなかった(例外→本)、という月が
年のうち10か月はあったのではないでしょうか。

だけど日本って・・・ 
すでに持ってるから買う必要はない、というものでも、
とってもきれいだったりすてきだったりかわいかったりうさぎ模様だったりするから、
つい購買欲がうずく・・・ そんなに高くないから買っちゃえば、と悪魔がささやく。
敗北する日は近いのでは、という不安が・・・


そうはいっても、


↓友だちが嬉しそうに選んで買っているすがたを見るだけでも
lkjhgftzj_convert_20190428124925.png
↑自分も楽しくなるから不思議です


お昼ごはんは健康的なおかずがたくさん並ぶバイキング。
うさぎ百貨店だけではなく、ほかにもかわいい雑貨屋さんがあって、
そんなお店をおしゃべりしながら見てまわりましたよ。
うさ友さんと過ごす時間はどこかゆったりしていていいものです。


↓ナオミさんとわたしがたのんだシナモンミルクティー
DSC_0009_87_convert_20190428124849.jpg


おしゃべりしていて気づかなかったけど、
シナモンの味、したっけ・・・?


↓こんなかわいいお菓子をいただきました
DSC_0011_82_convert_20190428125216.jpg
↑こんなお店があるの、知らなかった



話は変わって。
このまえ、あるご縁から英会話のクラスに出てきました。

わたしの頭のなかには「日本語」と「外国語」のふた部屋しかないらしく、
外国語部屋がドイツ語で埋まってしまった今、
116年まえはまあまあ話せたはずの英語がそこから駆逐されてしまったんです。
勉強しなおしたいな、でも日本にいれば話す機会もないし、面倒くさいな、
それにドイツ語がきれいに清掃されるのは嫌だしな、なんて思っていましたが、
先生がとても魅力的な方だったので行ってみました。

前置き(↑)が長くなりましたが、
わたしがドイツに住んでいたことを知っているその先生がみんなのまえで、
帰国してショックを受けたことを英語で話してください、と仰られました。

逆カルチャーショックはいろいろいろいろあります。
日曜日にもお店が開いていることとか、ブロッコリーが高級なこととか、
TVの多くのCMではミュージカルのように出演者が踊るとか。

でもこのとき咄嗟に頭に浮かんだのは、羽田空港のトイレのことでした。
入ったらフタが自動的に開いたんです!!!そして自動で流・・・

そんなことを、脳内の薄くなった英語情報をかき集めて、
半分はドイツ語になりかけながら必死に話しました。かなり疲れました。

日本のトイレがすごい、っていうのはいつも思うことですが、
先月来日した和田さん(仮名)もおなじく、これ見てーすごいでしょ!と
さしだしたスマホに写っていたのは、ウォシュレットの操作パネル。
・・・やっぱり・・・ 撮ると思った・・・ わたしも以前撮ったことがあります・・・


今年はイースター後のうさぎグッズ狩りはなしだったけど、
とても楽しい、豊かな復活祭をすごしました。
わたしも復活して、いろんなすてきなことを見つけなくては。


ではでは、みなさん、すばらしいGWをお過ごしください










Category: うさ友さん

金曜日のデート


スマホを使うようになって、LINEを使うようになって、
ドイツと日本の距離はぐぐんと縮まって、
ドイツにいたときも日本の家族、友だちの声は身近でした。
おやすみの日の朝はベッドのなかでごろごろしながら
メッセージを読んだり書いたり、写真を送信したり。

いま、日本にいるとそのときとおなじようにドイツは身近です。
なんとなく、離れたらドイツはうんと遠くになってしまって、
友だちの存在が実感できなくなってしまうような気がしていたけど、
夜、ベッドのなかでぬくぬくしながらドイツからのメッセージを読んで
返事を書いて日本の景色やトイレの写真を送信して。

そして、時差のおかげで、たったいま撮ったという写真を、
いま、この瞬間のハイデルベルクをベッドのなかで見る、
なんてすごいことができるときもある。タイミングがあえば。


↓もと職場の出口脇にあった湧水場
tzfgd_convert_20190420191406.jpg
↑例年通りのイースターデコレーションが

↓もと同僚の犬林さんが、うさぎを見るとはなこをおもいだす、と
kjiuesc_convert_20190420201000.jpg
↑バス待ち時間に撮って送ってくれました


↓そして、現在パリを旅行している東山さんからは
tgcvbnm_convert_20190420191315.jpg
↑イースターバージョンのエッフェル塔が


・・・すごいなぁ、インターネットって



さてさて、このまえの金曜日はうさ友anbouさんとデートしましたよ
anbouさんも、ドイツ-日本間でLINEを飛ばしあっていたひとりです。
「いちどサシで勝負したい」とのお申し出がありまして(笑)

場所は大都会(?)横浜。
ドイツで虫にまみれていたわたしには別世界のような都会っぷり。
ですが、実はこの日は2回めだったのでちょっと余裕でした。
1回めは和田さん(仮名)といっしょで、ちょっとうろたえましたが
横浜、86年まえまでは通勤で毎日歩いていたのですけどね・・・

色白できれいなanbouさんとお会いするのは3回めですが、
前2回は何人かのうさ友さんといっしょのうさオフ会だったので
サシで向かいあうのははじめてです。
みんなといっしょも楽しいけど、1対1もいいものですね。
じっくりいろんな話をして、もっと深く知りあえますから

ふたりともうさグッズ購入自粛中なので、ごくごく小規模に
うさぎものがありそうなお店をのぞいてみたりして。
幸い、どうしてもほしい!かわいい!!と燃えあがるものには
出会いませんでした。
その代わり、おしゃべりに燃えあがりましたよ。楽しかった!


↓こんなかわいいお紅茶をいただきましたよ♪
lpkjhugyft_convert_20190419221551.jpg
↑左上のティーバッグは本好きのためのお茶


これは前回もいただいて、ドイツで読書するときに飲んでいましたが、
さわやかでいい香りでとってもお気に入りでした♡
ほかのも試してみるのが楽しみ!

遅い時間までありがとう。とっても楽しい1日でした


↓こちらは来日した和田さん(仮名)からの贈りもの
DSC_0001_115_convert_20190410155820.jpg
↑大小のガラスのうさぎさん


和田さんと遊んだ日々のこともブログに書きたいし、
ドイツの思い出話もまだまだたくさんあるのに、時間がないこのごろ。
毎日、ブログや日記に記録を残しておきたいことがたくさんあるのに、
・・・時間がない・・・

そのくせ図書館で貸出カードをつくってもらったのが嬉しくて
読む本を増やしてさらに時間が・・・

日本は密度が濃いですね。








Category: うさ友さん

ドイツ最終日


ドイツ出国時に手荷物検査を受けたとき、
わたしのずっしりと重いリュックサックが引っかかりました。
おさいふやポーチや本など、係のおじさんが中身を出してチェックします。
リュックのいちばん底から出てきたのは、ふろしきで包んだ海の骨壺。
おじさんがわたしに目で「開けてもいい?」と訊いたので
もちろんですと答えたあと、うさぎの遺骨です、と言いそえました。
そうしたらおじさんはふろしきをほどく手をとめて「おお!」というと、
なかを見ることをせずに、すぐにまた包みなおしてくれました。 

・・・・・


海はこうして、2013年4月とは逆の方向の飛行機にのって
またいっしょに日本に戻ってきました。





ドイツ最後の日には、うさ友ゆりさんのおうちにお邪魔しました。

ゆりさんははじめは空港まで見送りにきてくれるはずだったんです。
だけど、空港いきシャトルバスのつごうで搭乗時間まですこし時間があったので
空港から車ですぐのゆりさんのおうちに寄って、
ゆりさんのかわいい子さんたちにご挨拶できることになりました。


↓元気に牧草をもりもり食べて
DSC_0024_40_convert_20190523121013.jpg
↑いい●をころころ出してるふたり


↓ゆりさんが出してきてくれた大好物のりんごの木を
DSC_0022_48_convert_20190316180105.jpg


↓いつもはシャイであまりそばに来てくれないクロップファーくんも
DSC_0019_52_convert_20190316180052.jpg
↑この日はわたしの手から食べてくれました

↓フリッツィーちゃんはいつも積極的
DSC_0024_44_convert_20190316180128.jpg


↓いつもはすぐ物陰にかくれてしまうクロップファーくんが
DSC_0025_47_convert_20190316180118.jpg
↑この日はかわいい姿をずっと見せてくれました


↓ゆりさんがだしてくれた、ドイツ最後のドイツのケーキ
DSC_0031_46_convert_20190316180138.jpg
↑いちばん右はケシの実のケーキ


これ、日本では見たことがないので、きっとなつかしくなるだろうな。
わたしにとっての「ドイツの味」。

ずっと病気で寝込んでいてごはんを食べていなかったせいで
回復してからも少しずつしか食べられなくて
ドイツで好きだったものを最後にもう一度、なんてことができなかったので
ゆりさんのおうちでこれを食べられてよかった

主にパンのはなしで、アレはドイツのほうがおいしいけど、
ソレは日本のほうがずっとおいしい、なんておしゃべりをしながら。
ドイツってパンの種類がおそろしく豊富でどれもおいしいんだけど、
日本みたいなおかずののったパン・・やきそばパン(は、なくてあたりまえだけど)や
コーンマヨネーズやグラタンみたいなのがのったようなパンって皆無です。
甘いパンはた~くさんありますし、そちらは日本よりおいしいかな、って
思うけど・・・これからの季節だともれなくハチさんがついてきますけどね
(↑菓子パンの糖衣をかじってるんです、ショーケースのなかですでに)

そのあと、ふたたびゆりさんに車で空港まで送ってもらいました。
みじかい時間だったけどおしゃべりできて、うさぎさんたちに会えてよかった。


6年まえに海と乗ったときとはちがう航空会社だったけど、
おなじ席・・・いちばん後ろの、すぐ後ろが壁の席・・・をとりました。
そして爆睡。
機内食はもちろん、
お友だちみんながすごくいい!って言っていた映画も無視で。

となりの席の日本人のおじさまに、
この飛行機のファーストクラスに〇×何子が乗ってるんだって!と
言われ、???誰ですかそれ???としか返せず、
彼の興奮に水を注いで機内ですでにカルチャーショックでありました
(有名な女優さんだったらしい)





Category: うさ友さん

おとまり


けっきょく大晦日と元旦だけでなくその後も臨時の職場で働き、
週末はおやすみで月曜日からは正規のお仕事。
しかも鍼が週に2回、マッサージが1回あるので週に3日は病院通い。
そのほかにもなにかと雑用がどっさりあって、
そのひとつ、ドイツ語の検定試験(←雑用)が今日おわりました。

学校の試験とちがって「試験範囲」なるものがあるわけではないので
なにが出るかは運の問題で、事前に準備できることは大してなかったのですが、
それでも終わるとなんというか心によゆうが戻ってきたというか、
ちょっと気をぬいて深呼吸できるようになりました。


↓雪のなか、いってきました
DSC_0021_39_convert_20190112050827.jpg


受験者はみんな外国人で、ドイツ語のレベルもそれぞれです。
なので、大事な注意事項はなんどもくりかえされます。
そのなかのひとつは、スマホの持ちこみ禁止。
みんな、用意されたビニール袋に名前を書いた紙といっしょにスマホをいれ、
試験官に預けなくてはいけません。

まだ持っている人はいませんか?
持っているのが見つかったら、その場で落第になりますからね。

そう何度も言ったあとで、ひとり受験者が足りないことに気づいた試験官。
〇〇さんはどこ?というと、彼女といっしょに来た友だちらしい女性が
電話をしてくると言って外に出ていったんです、いま呼びだします!と言って
ポケットからスマホを出し・・・ 

試験開始まえだったので、見逃してもらえましたけどね・・・


↓帰りがけにお茶したデパートの最上階カフェから
DSC_0018_49_convert_20190112050655.jpg

↓寒そうだけど、気温は0℃
DSC_0013_57_convert_20190112051506.jpg

↓トラム・バス乗り場
DSC_0014_49_convert_20190112050731.jpg




先週末は、以前から予定していたうさ友ゆりさん宅へおとまりに


↓ゆりさんのかわいい子さんたちに会ってきました
DSC_0022_40_convert_20190112050857.jpg


↓ふたりとも冬毛でもこもこです
DSC_0015_51_convert_20190112050931.jpg


このときはまだ雪は降っていなかったけど、ずっと外にいると寒いので、
夏にお邪魔したときみたいにベランダにすわって
うさぎたちを愛でながらおしゃべり、というすてきなことは残念ながらできず

でも、日帰りとちがっておとまりだとゆっくりおしゃべりできますね♪
お茶をたくさんいただいて、
ゆりさんが焼いてくれたココナツの香ばしいケーキをたくさん食べて。
うさぎの話、音楽の話、ドイツ生活の話、仕事の話・・・などなど。
ゆりさんとわたしの大好きなピアニストの曲をBGMに。


↓またいつか会いにいきたいな
DSC_0025_39_convert_20190112205227.jpg
↑かわいいかわいい、ふくふくのふたり


ゆりさんち近所にある、トルコ料理のレストランではやめのランチ。
バイキングなんです。熱くて濃い、おいしいお茶も飲みほうだい。
たくさんの食材をふんだんに使ったおいしいお料理。
日本では「1日30品目」なんていいますけど、
この日はここで30品目クリアしたと思います!

ゆりさんとも話したんだけど、ドイツ人って全然30品目いかないんですよね。
へたをすると1食「肉とじゃがいも」の2品目、なんてこともじゅうぶんある。
わたしの義理両親は、お昼にはちゃんと料理したお肉や野菜を食べたけど
朝と晩は、パンとチーズとハムだけでした。
それでも、だから病気がちということもなく、大きく頑丈なんですよね。
彼らが健康のために重視するのは、日光浴と運動と新鮮な空気かな。


↓乗りかえのマンハイム駅構内にあったプレゼビオ
DSC_0002_86_convert_20190112051050.jpg

↓うさぎさんがいました
DSC_0001_96_convert_20190112051120.jpg


↓日曜日には気温があがって雨が降るそう
DSC_0020_38_convert_20190112050801.jpg
↑この景色、もっと見ていたいのにな





Category: うさ友さん