FC2ブログ

今年も海(かい)の日


今年も 海(かい)の日 がやってきました 


↓ちらっ
画像 382_compressed_compressed



海の日だろうがクリスマスだろうが子どもの日だろうが、
海にとっては毎日が「いだずらするのに最適な日」「1年でいちばん楽しい日」でした。
これは、秘密文書を探っている現場の証拠写真を撮られたうさぎです↑





 さて、昨日、はなこ家ロッキー部屋にあたらしいエアコンがきました。
まえのがちょっとお歳を召したエアコンで少々怪しいところがありまして、
夏場にこわれて大騒ぎしても当日あたらしいのをつけに来てくれる、
なんてことはさすがお客さまサービスの良すぎる日本でもありえないので、
そのまえに無事にスムーズにつけ替えてもらえてよかったです


↓作業中、ロッキーちゃんははなこ部屋に避難
_20200722_145503_compressed.jpg
↑気になって、背伸びして見るものの自分ではのろうとはしないベッドのうえに


↓抱っこしてのせてあげました
_20200722_213546_compressed.jpg
↑ちょっと緊張?


↓このあと、へっぴり腰で歩きまわってにおいをかいでました
_20200722_213621_compressed.jpg
↑はじめてのお部屋を探検して楽しかったね、ロッキーちゃん


ロッキーちゃんがはなこ家にやってきたのは1年まえの8月10日。
長期戦になるだろうということはそのときに聞いていました。
あちこちで多頭飼育崩壊や遺棄などが起こってたくさんの子が保護されて、
こうなるとひとりひとりの、ほんとうの家族に出会える確率はどうしても低くなります。
けど、みんなみんなが、一生家族として大切にしてくれるおうちに行かれるように、
うさぎの神さまの御心のままに。(他力本願に聞こえる・・・







↓今月の読書
ダウンロード
↑図書館本


真面目で堅物で保守的な古典文献学者のスイス人、初老男性の主人公が
ある日古本屋で偶然手にしたポルトガル語の本「言葉の金細工師」。
本屋の主人が訳してくれた数行に強く惹きつけられた主人公は
休み時間に長年の職場だった大学から帰宅、そのまま夜行列車でリスボンへ向かう。
自費出版のこの本の著者に会いに。

その本は物語ではなく、著者の哲学的で深い思索の記録。
真面目すぎて繊細すぎて、家族との間に問題を抱え、
革命をとおして魂が引き裂かれる経験をした、神父になりたかった医師の記録。

リスボンで、主人公は会いたかった著者がすでに故人であることを知るけれど、
故人の知人や家族を訪ね、彼の魂の軌跡をたどる旅はつづく。

物語は重厚で、合間に主人公が訳していく本の内容はかなり難解で、
一読ではぜんぶは理解できなかったので、そのうち買っちゃうかもしれない。


わたしも日記をつけています。
それは自分がその日にしたことの記録だけではなくて、
考えたこと、感じたこと、思いついたこと、の記述の方が多いんだけど、
この本みたいに、自分が死んだあと誰かがわたしが書いたものを読んで
共感してくれることがあるとしたらどんなだろう、って想像してしまいました。


いずれにしろ、読まれるほうはともかく読むほうは、
そんな風に自分とは別の人生を生きられることは、悲しいまでに深い幸せにちがいないけど。
深く読みこみ、写真をすり減るほど眺め、ほとんど著者と同化しかねないほど深く読む。


それにしても、ヨーロッパ文学のなかには、人間の精神・魂はここまで深くなりえるのか、
って思わせるものが多くて、比べたらわたしの思考なんてちり紙みたいだ。


ドイツ語でいう、Seele(ゼーレ、魂)と Geist(ガイスト、精神)の違いがわかりませんでした。
ドイツ人が、動物にもSeeleはあるけど Geistはない、そこが人間との違いだ、って言うのを
なんどか聞いたことがあります。
Geistは一般的に 精神、心、魂、霊魂、幽霊、など
それから、「芸術家の魂」みたいな、知的感受性を呼ぶときにも使われます。


心、とありますが、ふつう「心に響いた」「あたたかな心」なんていうときには
英語でいう「ハート」をつかうし、「幽霊」「お化け」にも別の単語があるし、
Geistにはもっとずっと哲学的な響きがあってわたしにはどうもいまいち把握しにくい。
日本語でなんていうのがいちばんふさわしいのかわからないし。


でも、こういう本を読むと、彼らがなにを「Geist」と呼ぶのかなんとなくわかってくる。
たしかに、これなら動物にはない。
けど、わたしにもないような気がする。 ・・・






↓今日のおまけ
_20200723_112845_compressed.jpg

↑うさ友anbouさんがどこからか発掘した、はなこの連休の予定



・・・はなこ、忙しそう。







スポンサーサイト



Category: 今月の読書

海とおでかけ



お友だちとうさんぽ、お世話になった獣医さんに会いに、
はなこ祖父母の家におとまりに、と、海とはよくいっしょにお出かけしました。
日本で暮らしていたころの話です。

海は電車やバスや車の窓からそとを見るのがだいすきでした。
だいすきすぎて、わたしが席につくとすぐに、はやくふたを開けて!と騒ぎました。

ちかくに他の乗客がいないのを確認してキャリーのふたを開けると、
待ちかねてのりだした海はふちに両手をかけ、耳をぴんと立てて
目をまんまるにして窓の外を見ていました。


↓キャリーに入るのは嫌いだけど
120614_1647_01.jpg
↑乗りものはだいすきだった白うさぎ


↓目をまんまるにして一生懸命そとを見る
1828711697_188_20200625161241ec7.jpg



ふつう動物にとって、景色って前から後ろへとながれるものですよね。
横にながれる風景は、海の目にはどんなふうに映っていたんだろう。
なにを考えながら見ていたんでしょうね。

ふつうにしてたらありえないスピード。
トンネルに入るといきなり窓ガラスにうかびあがる自分のすがた。
鉄橋を渡るときの、ありえない高度。
ホームに停車中は、降車しては改札や階段にむかう人たち、
たくさんの足、たくさんのバッグ、アナウンス。



↓いつも目を見開いて、くいいるように見ていました
1828711697_114_20200625161240440.jpg



こうして外を見ているあいだは微動だにせず、おとなしく。
ときどきほかの乗客から「あ、うさぎだ!」「やだーかわいい!」なんて叫ばれても
窓の外の景色以外は海の世界には存在せず。
降りる駅が近づいたらキャリーに入ってもらいふたをしっかり閉めますが、
海はもっと見ていたくて暴れまくり、抵抗しまくり。
キャリーから飛びだすことはけっしてしなかったのですが、
人間だったら、まだ降りたくない!もっと乗ってる!と泣きわめく子どもだったかも・・・




↓バスからの景色は、電車とはまたちがう
121022_1518_01.jpg




飛行機の外は残念ながら見せてあげられませんでした。
真ん中席だったし、一応動物はキャリーから出してはいけないことになってたので、
座席にのせてキャリーから頭を出しているのを黙認してもらっただけでも。

そのかわり、空港からおじさんの家へむかう途中、
輝くような新緑のなかの、ドイツの田舎の風景を、
キャリーのふちに手をかけてしっかりと見ていましたよ。

夢中になっているうしろ姿。
ちいさな、白い、いとしい背中。

でも、どうして横にながれていく景色にそんなに夢中だったんだろう?


↓帰宅すると爆睡
画像 270_compressed
↑車窓の、たのしい夢をみているのかな



ドイツの海をずっとまえから応援してくれていたブログ友だちのまみちゃん(仮名)と
このまえ初デートしてきましたよ

彼女はわたしが月いちで通っている病院周辺をよく知っていて、
診察時間のあいまにランチデートしにきてくれたんです

夏らしい短い髪がさわやかなまみちゃん。軽やかな足元。
いつもわたしを応援して元気をくれる、すてきな友だちです
わたしの午後からの診察までの1時間ほどだったけど、
ランチしながらおしゃべりしてとっても楽しい時間を過ごしました


↓ふたりが楽しそうだから、すずめさんも寄ってきましたよ
_20200629_143608_compressed.jpg
↑いえいえ、もちろんおいしいものがほしいだけです・・・

↓はなこ、ごみはちゃんと拾ってね!
_20200629_192006_compressed.jpg
↑はなこが落としたんじゃないよ!


まみちゃんはかわいいうさぎな贈りものをいろいろ持ってきてくれました
そのなかの、うさぎじゃないけどかわいいうれしい贈りもの・・・



↓うふふ
_20200703_150341_compressed.jpg
↑はりねずみさんマスク



これからは、特別なお出かけの日にはこれをつけていきますよ
特別なお出かけ・・・ 素敵紳士とのデート勉強会のときとかね。