FC2ブログ

ポーランド旅行5/5


その5 ふたたびワルシャワ

ポーランド往復航空券をとるのを手伝ってくれた村山さんは
ポーランド滞在中頻繁に(ヨーロッパ版)LINEで困ったことがないか訊いてくれ、
ドイツへ戻る前日には、オンラインでのチェックインを忘れないようにと知らせてくれ、
空港からハイデルベルクへのバスで問題があったら連絡をくれれば
車で迎えにいくからね!(←けっして近距離ではない)とも言ってくれました。


↓修道院の一般公開されている回廊を見学
IMG_1332_convert_20171122044137.jpg
↑これは内部にあった本屋さんの看板(もちろんカトリック関連書籍のみ)

↓静謐 という言葉がぴったりの回廊
IMG_1327_convert_20171122044114.jpg

↓修道士さんが英語で案内してくれました
IMG_1319_convert_20171122044045.jpg
↑ふたりの女性はアメリカ人で、祖父の祖父あたりがポーランド人だったそう

↓修道士さんが歌ってくれたグレゴリオ聖歌が響く
IMG_1318_convert_20171122044022.jpg
↑清らかな空間

↓荷物をまとめて、車で対岸へ
IMG_1466_convert_20171204034122.jpg
↑去りがたい修道院

↓ヴィスワ川にもまたいつか会えますように
fyfyfy_convert_20171119074216_201711260334095bd.jpg
↑幸次郎スマホの画像

お昼すぎにふたたびワルシャワへ向かってドライブ。
幸次郎ご両親宅を経由して幸次郎マンションへ。
パソコンを借りて、翌日の飛行機のチェックインを完了。

そのあと、日曜日でしたので、幸次郎行きつけ(?)の教会のミサへ。

ミサというのはたいていの場合は日曜日の午前中に1回、
信者数のおおい教会だと2回あったり、
外国人のための英語ミサのある教会もあったりするのですが、
はなこ村のように教会過疎化の進んだところだと月に2回とかも

↓寒いなか、たくさんの人たちがなかへ入っていきます
88ffc8571c0261013586a518112d2673--warsaw-archi.jpg
↑よそ様の画像

ところがこの教会は1日に5回ミサを行うのだそう。
そして特別な祝日でもないこの普通の日曜日、
はなこ村教会の20倍以上はある広さの聖堂はいっぱい。
座るところがなくて、冷たい大理石の床に膝をついて祈る老若男女。
頭をたれて一心に祈る様子からその信仰心の深さが垣間見えます。

↓クリスマスでもないのに人でいっぱいだなんて
ff6275b3-f333-4acf-862c-3c50fe1aedb8_convert_20171119050317.jpg
↑わたしにはちょっとした衝撃でした(↑お借りした画像)

ミサはポーランド語なのでわたしにはわからないのですが、
カトリックのミサは全世界で形式が同じなので無事に(?)ついていかれました。

友だちといっしょにミサに与る、というのは特別なことなので
最後の夜をこうして過ごせたことは本当に幸せでした。

そしてわたしはふたたび初日とおなじホテルへ。
おなじ部屋が用意されていましたよ。すっかりマイルームです(笑)
またしても毒々しい色のシャンプーで髪を洗いました。
翌日はポーランド最後の朝。
ちょっとしんみりと窓から外を眺めていたら、なんとDB(ドイツ鉄道)の
トラックが通りましたよ・・・むか。こんなところでなにしてるんです、あなた

幸次郎といっしょにパン屋さんやスーパーマーケットにいきました。
こういうところって観光名所に匹敵する楽しさ。
雨のワルシャワ。ポーランド最後の日。

↓幸次郎宅でいろいろパンの朝ごはん
DSC_0215_2_convert_20171119041733.jpg
↑ミルクとはちみつたっぷりコーヒーがとってもおいしかった


さて、ここでずっとどう言ったものか悩んでいた話をしなくてはなりません。
お金のことってただでさえ話すのがむずかしい。
実はこの旅行のあいだ、外食も入場料もホテルもすべて幸次郎が払ってくれたのです。

ロココ時代にもおなじ歓待をうけたんです。
でもわたしは申し訳なくて自分の宿泊代くらい払わせてほしくて、
だけど日本語なら細かいニュアンスを伝えられても英語だとどうしても
あなたがぜんぶ払う必要はない、とか、わたしも払うことができる、みたいな
直接的すぎて感謝の感じられない言いかたになってしまって、
言いだしたもののこれ以上言ったら逆に相手を傷つけると察して引きさがったんです。。。
相手の親切を拒絶する、はねのけるみたいな感じになってしまうので。。。
うまく言えないなら言わずに受けとって、ありがとう嬉しい!と言うほうがいい。
幸次郎は首をかしげつつ、ポーランドではお客さまに対してこれが普通だから、
と言っていました。

今回はですね、じっくり時間をかけて原稿を(脳内で)書きあげ、
校正し修正し要約し書きたし文法を整え・・・をしたかいがあって
あなたが一生懸命働いて得たお金をわたしのために使ってもらうのは申し訳ない、
というところはなんとかうまく伝わってくれたみたいです・・
でもやっぱり、ポーランドではこれが普通だから、とさらりと断られました。
どうしてもと言うなら、その気持ちの分恵まれない子どもたちのために
カリタス(←振込先指定)に寄付してくれればいいから、だそうです。

幸次郎のことはずっと「兄のよう」と思っていましたが、
この旅のあいだはむしろお父さんでした。
が、おみやげに用意してあったお菓子をいろいろ持たせてくれ、
道中お腹が空いたとき用にといろんな種類のパンをひと口サイズに切って
つめた袋を持たせてくれるにいたって「もしかしてお母さん」疑惑が(笑)
こんなにしてくれてありがとう、お母さん(涙)

旅のあいだ、わたしが困ることがないようにいつも気を配ってくれた幸次郎。
ドイツではわたしはひとりですから、なんでもひとりでがんばっているのですが、
そのぶんこんな風に、(まあ言わば)甘やかしてもらえるのって
すごく安心で心地よく、嬉しかったです。

そうしてドイツへ降りたったら幸次郎と村山さんから無事確認LINEが届いていて、
ハイデルベルクに戻ったらうさ奈さんたちが起きていて迎えてくれました。
うさぎのにおい。ただいま!

うさ太郎さんにお借りしたスーツケースを空にしてお返ししました。
このスーツケースはすぐに、こんどはフランスに行く用事があったんです。
すごいですね、世界を旅するスーツケース。
どことどこへ行ったか、内側に書いておくといいかも?

翌朝はトーストサンドとヨーグルトのおいしい朝ごはんを3人でいただいて、
幸次郎が買っておいてくれたヴィエリチカ岩塩坑の解説DVDを
うさ奈さんとうさ太くんと3人で見て(うさ太郎さんは会社へ)楽しくおしゃべりして、
午後に猫屋敷に戻ってはなこの旅は終了しました。

ポーランドとドイツ、両方の友だちのあたたかさと親切と心強い支えが
旅行中にみた美しい街並みや風景や教会をさらに光らせてくれて、
また一生の宝ものがひとつ増えました。
みんなに感謝です



スポンサーサイト



Category: ポーランド

コメント

No title

素敵な写真いっぱい見られたわ~♪
わたくしも旅した気分になりました^^
ポーランドっていい所なのね。
行って良かったね!

2017/12/11 (Mon) 22:16 | ゆーさん #- | URL | 編集
No title

幸次郎さんがスマホで撮ったヴィスワ川の写真
はなこさんが 絵画の中にいるみたいで素敵です

修道院に宿泊したことや 岩塩抗の中にある 厳かな礼拝堂 盛大なミサ どれも貴重な体験をされたのですね

幸次郎さんとパンとミルクとはちみつがたっぷり入ったコーヒー を飲んだこと あたたかい素敵な思い出ですね
素敵な旅行記を拝見させていただけて わたしも幸せな気持ちになりました ありがとうございます💕

2017/12/11 (Mon) 23:48 | geohking #- | URL | 編集
No title

ポーランド旅行記完結ですね!
うちから送り出して、うちでおかえりなさいしたものだから
一緒に行っていた気分になってたけれど、こうして写真を
みると、やっぱり一緒に行ってないや・・・と(笑)

本当に素朴で素晴らしい景色ですね
修道院をバックに微笑むはなこさん(想像)も
すごく絵になってますね〜。やるなぁ幸次郎☆
旅行前には、うさ太郎の(世界をめぐる)スーツケースに
早く会いたいなんていってたんでしたっけw
行った先々でステッカーをゲットして、
ペタペタ貼っておけばよかったかも^^;

2017/12/12 (Tue) 01:45 | うさ奈 #- | URL | 編集
ゆーさんさん

うん、行ってよかったよ!!
旅行ってどこでも行くまえは気が重いんだけどね・・
特に飛行機に乗るとなると。
ゆーさんもいつかぜひポーランドいってみて!
(その節は幸次郎に案内を・・笑)

2017/12/12 (Tue) 04:39 | はなこ #- | URL | 編集
geohkingさん

ありがとうございますi-178
ちょうど雲が割れて陽光が降り注いだ瞬間ですね。
曇っていたのに・・・

観光名所を訪ねるのももちろんすてきだけど、
お友だちと一緒にキッチンでいただくおいしいパンとコーヒー、
やっぱり格別ですね♪
ポーランドの写真を楽しんでいただけたのなら嬉しいです!

2017/12/12 (Tue) 05:04 | はなこ #- | URL | 編集
うさ奈さん

うさ奈さんの優しいごはんで送りだしてもらって
こちらも嬉しくなるような笑顔で迎えてもらって、
そのことがポーランド旅行をますます素敵にしてくれてます♡

どこも素朴でやさしい景色でした。
はい、後ろから光があたって逆光ですが(笑)微笑んでおりますよ~
そうです、幸次郎はわたしよりも、
世界をめぐる貴重なスーツケースに会えるのを楽しみにしていたんです(笑)
空港でもすぐに「これが!」と言っていましたよ。
レディファーストですから、一応(笑)わたしに先に挨拶しましたけどね☆
行った国の記録を残しておいたらよかったのにー。


2017/12/12 (Tue) 05:22 | はなこ #- | URL | 編集
No title

荘厳な佇まいの修道院、神秘的な岩塩抗、盛大なミサ…、美しい!
素敵な旅行でしたね~♪
幸次郎母さんやお友達のみなさんの心遣い、優しさにもジーンときました。
喜びや悲しみ、人は心の中にさまざまなものを否応なく抱えていきますが、この旅行はまさに一生の宝もの、きっといつまでも、思い出すたびに心を温かく照らしてくれそうですね*^-^*

2017/12/12 (Tue) 20:40 | citystranger #TzD7Cqrk | URL | 編集
No title

一日に5回のミサ!?
しかもそんなに広い教会がいっぱいになるだなんてすごいですね。
ポーランドの人達、本当に信仰深いのですね。
私は行ったことがないですが、たぶんこちらもクリスマスでもない限り
そんなに集まっていないと。

外国語で細かいニュアンスを伝えるのって難しいですよね。
やはりどうしても直接的な言い方になってしまって
思ったように伝えられないんですよね。

ポーランド、楽しめたようですね^^
観光もですけど、お友達やその家族とも素敵な時間を
過ごせたようでいい思い出がいっぱいできましたね♪

2017/12/13 (Wed) 02:07 | koume #- | URL | 編集
citystrangerさん

同行者もカトリックでないとできない、貴重な旅でした。
本当にすてきな旅行でしたよ~♪
この先いつまでも、悲しいときも不幸なときも
道しるべになって温かく照らしてくれるような。
幸次郎母さん(笑)には感謝しかありません。
持たせてくれたパンはドイツの空港でバスを待っているあいだに
いただきましたが、すでになつかしいポーランドの味でした。

2017/12/13 (Wed) 06:32 | はなこ #- | URL | 編集
koumeさん

そうです、1日に5回のミサ!
クリスマスでも復活祭でもない、普通の日曜日ですよ!?
そこまでしないと信者をさばききれない(←・・)らしいです。
ドイツはなこ村の教会ですと普段のミサはせいぜい15~20人、
クリスマスだけは100人くらい来るみたいです。
日本人がお正月だけお参りにいくのと一緒かと・・www

外国語は手ごわいですよね・・
細かいニュアンスを伝えようと思ったらすごい長文になってしまう・・
しかも文化的背景のちがいもありますから、
こちらの意図通りに理解してくれるとも限らないし、ほんと難しいi-181

ポーランド、またいつか行かれたらいいな♡

2017/12/13 (Wed) 06:38 | はなこ #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する