FC2ブログ

今年も海(かい)の日


今年も 海(かい)の日 がやってきました 


↓ちらっ
画像 382_compressed_compressed



海の日だろうがクリスマスだろうが子どもの日だろうが、
海にとっては毎日が「いだずらするのに最適な日」「1年でいちばん楽しい日」でした。
これは、秘密文書を探っている現場の証拠写真を撮られたうさぎです↑





 さて、昨日、はなこ家ロッキー部屋にあたらしいエアコンがきました。
まえのがちょっとお歳を召したエアコンで少々怪しいところがありまして、
夏場にこわれて大騒ぎしても当日あたらしいのをつけに来てくれる、
なんてことはさすがお客さまサービスの良すぎる日本でもありえないので、
そのまえに無事にスムーズにつけ替えてもらえてよかったです


↓作業中、ロッキーちゃんははなこ部屋に避難
_20200722_145503_compressed.jpg
↑気になって、背伸びして見るものの自分ではのろうとはしないベッドのうえに


↓抱っこしてのせてあげました
_20200722_213546_compressed.jpg
↑ちょっと緊張?


↓このあと、へっぴり腰で歩きまわってにおいをかいでました
_20200722_213621_compressed.jpg
↑はじめてのお部屋を探検して楽しかったね、ロッキーちゃん


ロッキーちゃんがはなこ家にやってきたのは1年まえの8月10日。
長期戦になるだろうということはそのときに聞いていました。
あちこちで多頭飼育崩壊や遺棄などが起こってたくさんの子が保護されて、
こうなるとひとりひとりの、ほんとうの家族に出会える確率はどうしても低くなります。
けど、みんなみんなが、一生家族として大切にしてくれるおうちに行かれるように、
うさぎの神さまの御心のままに。(他力本願に聞こえる・・・







↓今月の読書
ダウンロード
↑図書館本


真面目で堅物で保守的な古典文献学者のスイス人、初老男性の主人公が
ある日古本屋で偶然手にしたポルトガル語の本「言葉の金細工師」。
本屋の主人が訳してくれた数行に強く惹きつけられた主人公は
休み時間に長年の職場だった大学から帰宅、そのまま夜行列車でリスボンへ向かう。
自費出版のこの本の著者に会いに。

その本は物語ではなく、著者の哲学的で深い思索の記録。
真面目すぎて繊細すぎて、家族との間に問題を抱え、
革命をとおして魂が引き裂かれる経験をした、神父になりたかった医師の記録。

リスボンで、主人公は会いたかった著者がすでに故人であることを知るけれど、
故人の知人や家族を訪ね、彼の魂の軌跡をたどる旅はつづく。

物語は重厚で、合間に主人公が訳していく本の内容はかなり難解で、
一読ではぜんぶは理解できなかったので、そのうち買っちゃうかもしれない。


わたしも日記をつけています。
それは自分がその日にしたことの記録だけではなくて、
考えたこと、感じたこと、思いついたこと、の記述の方が多いんだけど、
この本みたいに、自分が死んだあと誰かがわたしが書いたものを読んで
共感してくれることがあるとしたらどんなだろう、って想像してしまいました。


いずれにしろ、読まれるほうはともかく読むほうは、
そんな風に自分とは別の人生を生きられることは、悲しいまでに深い幸せにちがいないけど。
深く読みこみ、写真をすり減るほど眺め、ほとんど著者と同化しかねないほど深く読む。


それにしても、ヨーロッパ文学のなかには、人間の精神・魂はここまで深くなりえるのか、
って思わせるものが多くて、比べたらわたしの思考なんてちり紙みたいだ。


ドイツ語でいう、Seele(ゼーレ、魂)と Geist(ガイスト、精神)の違いがわかりませんでした。
ドイツ人が、動物にもSeeleはあるけど Geistはない、そこが人間との違いだ、って言うのを
なんどか聞いたことがあります。
Geistは一般的に 精神、心、魂、霊魂、幽霊、など
それから、「芸術家の魂」みたいな、知的感受性を呼ぶときにも使われます。


心、とありますが、ふつう「心に響いた」「あたたかな心」なんていうときには
英語でいう「ハート」をつかうし、「幽霊」「お化け」にも別の単語があるし、
Geistにはもっとずっと哲学的な響きがあってわたしにはどうもいまいち把握しにくい。
日本語でなんていうのがいちばんふさわしいのかわからないし。


でも、こういう本を読むと、彼らがなにを「Geist」と呼ぶのかなんとなくわかってくる。
たしかに、これなら動物にはない。
けど、わたしにもないような気がする。 ・・・






↓今日のおまけ
_20200723_112845_compressed.jpg

↑うさ友anbouさんがどこからか発掘した、はなこの連休の予定



・・・はなこ、忙しそう。







スポンサーサイト



Category: 今月の読書

コメント

難解な本の話やゼーレとガイストの違いとかちょいとワタシには難しすぎる話のシメがコレーー💦
アホがバレる、、、いやバレてますが、たまには脱力するアホ話も必要かと思いましてー^^;
予定通り遂行中でしょーかw
ワタシはスケジュール通り黒歴史満喫中です(≧∀≦)


ゼーレとガイスト

2020/07/24 (Fri) 10:23 | anbou #- | URL | 編集
anbouさん

え?ぜんぜんアホ話じゃないでしょ!
こういうユーモアって大好きですよーi-237
こうしてわたしのスケジュール帳を盗み見・・いえi-201
わたしの連休に思いを馳せていただいてとても嬉しいです!
昨日は実際(頭が)爆発しましたし、今日はエロ妄想・・まだしてませんが。
土曜日は暗黒かぁ。エロより難しそうだ。

2020/07/24 (Fri) 16:27 | はなこ #- | URL | 編集
No title

ロッキーちゃんは慎重派なんですね(^^)

今日の暗黒レベルはどのくらいでしたか?
明日は一転して極楽!
とっても良さそうだけれど、運勢ではないから、
自分で極楽にしないとなのね~(=v=)~*☆

2020/07/25 (Sat) 21:20 | citystranger #TzD7Cqrk | URL | 編集
citystrangerさん

ものすごく慎重派なんです。びくびくさんでしてi-229
床のうえはすぐ慣れて、楽しそうに探検して歩いてました!

昨日はね、天気は暗黒でしたね。バケツ雨で。
でもコロナ後初めてのミサの日だったので
わたし自身は黒ずんではいませんでしたよ♪

そうそう、自分次第でいつでも変えられるんですよね。
ちょっと修行が要るけども・・・

2020/07/26 (Sun) 17:53 | はなこ #- | URL | 編集

昔読んですごく気に入った、
スーザン・ケイって人のファントムって小説があるんです。
異説オペラ座の怪人みたいな話で、
宝塚歌劇の演目にもなってるのですが。
その中で、愛犬の死を悲しんでる主人公に神父様が、
「動物には精神がないから天国に行けない」的なことを言う場面があって、
主人公共々、私も「?!」ってなったのですが。
今思えば、はなこサンの書いてる様な意味だったのかも。
私はガッツリ日本に染まってるので、
外国の作家さんの本は、上手く理解できないことがあって、なかなかムズカシいですー。。。

2020/07/26 (Sun) 21:30 | はる。 #u6lKHnok | URL | 編集
No title

Nachtzug nach Lissabon! 図書館にもあってベストセラーだし、手に取ったことはあるけど、難しいそうなので戻してしまいました😅😅
動物にSeeleはあるけど、Geistはないって、私はまだ聞いたことがないのですが、今度機会があったら話の種にしてみようと思います。

Geisteswissenschaftっていうといろんな専門分野が含まれるし、Geistってきっと幅広い意味があるんですね。

2020/07/27 (Mon) 01:55 | ゆり #- | URL | 編集
はる。さん

魂 と 精神 があってそれが違うものだということはわかるんです。
そして天国にいくのが魂だったら、日本と同じですよね?
でも動物には精神がなくてだから天国にはいかない、とくるから
じゃあ精神ってなんのことを言ってるの???って混乱しちゃう・・・
それに、化けて出るなら魂のほうかと思うんだけど、Geistが幽霊とは!
ここら辺は、キリスト教とは関係なく、西洋の文化なのでしょうね。
西洋ものには「ペットは天国に行かれない」場面がけっこう出てくるものね。

異説オペラ座の怪人!?おもしろそうですね!ミステリータッチなのかな?

わたしは自分で字が読めるようになってすぐに手にとったのが
そもそも海外文学だったので慣れてるんですよ~

2020/07/28 (Tue) 16:45 | はなこ #- | URL | 編集
ゆりさん

ドイツの友人に「この本大好き!」という人、多いです。
これはもしかするとドイツ語で読んだほうがわかりやすいかもしれないな。

Geisteswissenschaftはほとんど人文学系ぜんぶが含まれるんですよね?
そんなだとGeistの意味がよけいわからなくなります~i-201
つまりは「人間」ってことなのかも?
そしてGeistだけがいる天国なんてわたしは行きたくないです。


2020/07/28 (Tue) 16:54 | はなこ #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する